PS4におすすめのスピーカー9選|サブウーファー・サラウンド環境で楽しむ

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』
出典:Amazon

高音質・高画質でプレイできるPS4は、ゲームのみならず、臨場感のある音楽、実写のような映像を楽しむことができます。そのポテンシャルをより引き出すには、周辺機器の充実が欠かせません。

本記事では、SONYから発売されているPS4に最適なスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

ゲームキャスター
吉﨑 智宏

ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。 東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。 代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。 配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。 「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。   ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。 大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。 他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!   今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。 趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」 モットーは「面白そうな事は全てやる」

PS4に向いているスピーカーとは

床に置かれたPS4とコントローラー
Pixabayのロゴ

PS4に向いているスピーカーは、サブウーファーを搭載しているものがおすすめです。日常的に使っている薄型テレビやモニターでは、どうしてもスピーカーの音質に制限(限界)があります。低音域を充実させる、より迫力あるサウンドにしたいなら欠かせないアイテムです。

なお、立体的に聞こえる音響のサラウンド対応だと、音の方向・高さまで再現してくれるので、FPS系ゲームも場合はプレイの質や腕前に関わることも。PS4でゲームをする際、音にこだわるなら、この記事をしっかりチェックしておきましょう。

PS4におすすめのスピーカーの選び方

それでは、PS4におすすめのスピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】まずは接続端子をチェック
【2】ワイヤレス接続はPS4に向かない
【3】使い方にあわせてスピーカーのタイプを選ぼう
【4】「5.1ch」対応で臨場感をアップ
【5】サブウーファー搭載で重低音に響きをプラス
【6】30W以上の出力で大音量にも対応


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】まずは接続端子をチェック

PS4の接続端子には限りがあるので、まずどんな端子が使えるのか確認しておきましょう。

▼HDMI・光デジタル端子を搭載した商品

 

入力端子で選ぶ場合、ゲーム接続に不可欠なのがHDMI端子です。HDMIはゲーム音楽を高音質にするためにも必要な端子であり、さらにHDMI分配器を購入すれば、スピーカー・ゲーム・テレビを効率よく接続できます。

光デジタル端子は、デジタル音声を出力する際に余計な音をカットして、メインの音のみきれいに出力してくれます。

双方の端子がある方がよいですが、自分の好みによって使い分けることも可能なので、それぞれの端子の役割を知っておくといいでしょう。

▼PS4Proなら4K伝送対応商品

 

音質はもちろんのこと、画質にもこだわりを持つなら、4K映像に対応したHDMI端子搭載モデルを選ぶことがおすすめです。テレビはすでに多くのものが4K対応になっていますが、接続する入力端子も4K対応であることが必須。さらに8Kレベルの画質にしたいなら、それ相応のケーブルが必要になります。

【2】ワイヤレス接続はPS4に向かない

 

通勤・通学の際に音楽などを聴くヘッドホンやイヤホンと、iPhone・android携帯をBluetooth接続している方も多いと思いますが、PS4は送信に対応していないので、使うことができません

正確に言うと、PS4もしくはテレビの音声出力にBluetooth送信機を追加すると使えるようになりますが、音声に遅延が起こる可能性があり、映像と音楽が一体化しているゲームで使うには向いていないでしょう。

【3】使い方にあわせてスピーカーのタイプを選ぼう

ゲームをメインに楽しむか、音楽・映画・テレビをメインで楽しむかによってスピーカーのタイプが分かれてくるので、自分に合ったものを選びましょう。

▼「ゲームモード」搭載モデルでゲームを中心に楽しむ

 

はじめてPS4向けスピーカーを買う方は、「ゲームモード」が搭載されたものがよいでしょう。「ゲームモード」はゲーム専用の設定に変えられるだけでなく、ゲームに適した音響設定もかんたんにできます。

まずはゲームモードを試してから、自分の好みにあったスピーカーの設定に切り替える、というのがおすすめの手順のひとつです。

▼「サウンドバータイプ」で音楽も楽しむ

 

「サウンドバータイプ」の特徴としては、とにかく設定がかんたんで、置く場所に困らず、音質をハイレベルにあげられることです。設置もしやすく、Bluetooth対応製品ならスマホとの連携もできます。音楽を聴く機会が多い人は「サウンドバータイプ」が向いているでしょう。

▼「ホームシアタータイプ」で映画も楽しむ

 

複数のスピーカーを配する「ホームシアタータイプ」であれば、ゲームのみならず映画鑑賞においても臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。異なる場所に置いたスピーカーからそれぞれの音が聞こえるので、1点から音が聞こえるスピーカーよりも広がりのある音を感じることができるでしょう。

後方スピーカーのリアルサラウンドなら2000円~、前方スピーカーのバーチャルサラウンドなら20000円~が目安になります。

【4】「5.1ch」対応で臨場感をアップ

複数方向からのサウンドに包まれるサラウンド機能をより重視するのであれば、5.1ch以上のスピーカーがおすすめです。サイド・後ろにまで配したスピーカーで音の発生している方向がはっきりと分かるので、FPSゲームにも没入できるでしょう。

【5】サブウーファー搭載で重低音に響きをプラス

 

重低音域を再生するサブウーファー。メインのスピーカーでは再現できない低音域を補助する役割があります。

通常のスピーカーに機能をプラスすることになるので、その分予算も気にする必要がありますが、サブウーファーが付いているスピーカーシステムも数々のメーカーから発売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

【6】30W以上の出力で大音量にも対応

 

出力は大きければ大きいほど大音量を出すことができますが、一般の家庭で使用するのであれば30Wの出力があれば満足できるサウンドを楽しめるでしょう。

ゲーム以外にも映画や音楽を臨場感たっぷりで楽しみたい場合は、出力に比例して音の迫力も増すので、30W以上の製品も候補になってきます。 

音響をどれだけ自由にカスタマイズできるかに注目 ゲームキャスターがアドバイス!

ゲームキャスター

PS4が登場してから年月は経ちましたが、より、ゲームの趣向が多岐にわたってきました。そんななか私が大切にしているのが「手軽な音響カスタマイズ」です。

ゲージをいじる事でEQ(イコライジング)を変え、『Detroit: Become Human』のような映画的なゲームは低音のゲージを上げて重厚感をよりたっぷりと、『GTAV』は高音ゲージを上げて、爽快感を際立たせて楽しんでいます。

ゲームの味わいが変わってお手軽により深く楽しめます。音響の自由度の広さが私の選ぶポイントです!

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Pioneer(パイオニア)『コンパクトフロントスピーカーシステム(HTP-CS1)』
YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast BAR 400(YAS-408)』
Logicool(ロジクール)『オプティカルインプット対応 スピーカーシステム + サブウーファー(Z625)』
Razer(レイザー )『Leviathan 5.1ch サラウンドサウンドバー(RZ05-01260100-R3A1)』
JBL(ジェービーエル)『Bar Studio(JBLBARSBLKJN)』
YAMAHA(ヤマハ)『YAS-108』
BOSE(ボーズ)『Bose Solo 5 TV sound system』
TOSHIBA(東芝)『レグザサウンドシステム(RSS-AZ55)』
SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』
商品名 Pioneer(パイオニア)『コンパクトフロントスピーカーシステム(HTP-CS1)』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast BAR 400(YAS-408)』 Logicool(ロジクール)『オプティカルインプット対応 スピーカーシステム + サブウーファー(Z625)』 Razer(レイザー )『Leviathan 5.1ch サラウンドサウンドバー(RZ05-01260100-R3A1)』 JBL(ジェービーエル)『Bar Studio(JBLBARSBLKJN)』 YAMAHA(ヤマハ)『YAS-108』 BOSE(ボーズ)『Bose Solo 5 TV sound system』 TOSHIBA(東芝)『レグザサウンドシステム(RSS-AZ55)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』
商品情報
特徴 高音質機能搭載、収納にも困らない バーチャル音響3Dサラウンドモードを搭載 サブウーファー搭載でとにかく低音の響きがいい 臨場感あふれるダイナミックサラウンドサウンド コンパクト&壁掛けも可能! 基本性能充実のコンパクトモデル スリム型でさまざまなスペースに設置可能 テレビ背面に設置できるすっきりデザイン 独自の技術で3次元の立体音響を実現
スピーカーユニット 2chスピーカーシステム、アンプサブウーファー サウンドバー、サブウーファー サテライトスピーカー×2、サブウーファー×1 フルレンジドライバー×2、ツィータードライバー×2、ダウンファイアーサブウーファー ツイーター×2、ウーファー×2 サウンドバー、サブウーファー - サテライトスピーカー×2、サブウーファー バースピーカー×3、サブウーファー
接続端子 HDMI×3、アナログ×2、4K対応 HDMI、光デジタル1、3.5mmステレオミニ 3.5mmステレオミニプラグ×2、2chステレオRCAピンジャック、オプティカル入力 光デジタル、3.5㎜ミニジャック HDMI(ARC)、光デジタル、アナログ、USB HDMI、光デジタル、3.5mmステレオミニ 光デジタル、同軸デジタル、3.5mmアナログ HDMI、光デジタル音声入力 (光コネクター 角型ジャック) HDMI(eARC)×2、光デジタル、ステレオミニ
最大出力 40W サウンドバー:100W(50W+50W)、サブウーファー:100W 400W(PEAK)、200W(RMS) - - サウンドバー:30W×2、サブウーファー:60W 30W 80W(非同時駆動、JEITA) 400W(非同時駆動、JEITA)
サラウンド 2.1ch 2.1ch 5.1ch 2.0ch - 2.1ch 3.1ch
モード切り替え マナーモード、映画/ゲームモード、ステレオモード、ニュースモード、ミュージックモード ステレオモード/サラウンドモード/3Dサラウンドモード - ゲーム、音楽、映画 - ステレオモード/サラウンドモード/3Dサラウンドモード ダイアログモード オート、映画、音楽、クリア音声 オートサウンド、サウンドモード、ボイスモード、ナイトモード
Bluetooth あり あり なし あり あり あり あり なし あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

おすすめ4選|サウンド機能重視

サウンドに注目したおすすめ品をご紹介します。

Pioneer(パイオニア)『コンパクトフロントスピーカーシステム(HTP-CS1)』

パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B) パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B) パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B) パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B) パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B) パイオニアHTP-CS1コンパクトフロントスピーカーシステムBluetooth対応ブラックHTP-CS1(B)

出典:Amazon

高音質機能搭載、収納にも困らない

立体感のある音を体感できる「映画/ゲームモード」だけでなく、セリフや声が聞き取りやすくなる「ステレオモード」「ニュースモード」、さらにライブ感が味わえる「ミュージックモード」と、モードが多彩。

左右が分かれたセパレート型になっており、横置き・縦置き対応。さまざまなテレビのサイズや形に馴染むデザインになっています。

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast BAR 400(YAS-408)』

バーチャル音響3Dサラウンドモードを搭載

ヤマハのバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」により、天井から包み込むような音響空間を再現するフロントサラウンドシステムスピーカー。

「クリアボイス機能」によって、ナレーション音声がはっきり聞こえ、BGMや効果音が多く発生する中でもゲームのストーリーにしっかりと入っていくことができます。

高さは60cmのスリムな設計で、壁掛け設置にも対応しています。

Logicool(ロジクール)『オプティカルインプット対応 スピーカーシステム + サブウーファー(Z625)』

ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証 ロジクールPCスピーカーパソコン用Z625最大出力400Wステレオ2.1chサブウーファー付属オプティカルRCA3.5mm入力対応PCスピーカー国内正規品2年間メーカー保証

出典:Amazon

サブウーファー搭載でとにかく低音の響きがいい

200WのRMS出力と400Wの最大出力が大迫力のパワフルサウンドを実現。サブウーファー搭載で重低音の再生も充実のスピーカーです。

指先ひとつで、右サテライトスピーカー上の電源、音量、低音、ヘッドフォンジャックなどにかんたんにアクセスができる設計になっています。RCA入力搭載であらゆるデバイス動作が可能です。

Razer(レイザー )『Leviathan 5.1ch サラウンドサウンドバー(RZ05-01260100-R3A1)』

RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック RazerLeviathanサブウーハー付デジタルサウンドバー【日本正規代理店保証品】RZ05-01260100-R3A1ブラック

出典:Amazon

臨場感あふれるダイナミックサラウンドサウンド

ゲーム、音楽、映画の3モードを標準装備したコンパクトサイズ。独立したパッシブタイプのサブウーファーで重低音の再現も充実しています。

サブウーファーに加え、サウンドバーに搭載された、高音から低音まで再生するフルレンジドライバー、さらには高音用スピーカーである2つのツイーターが相乗効果を生み出し、明瞭な中音域と印象的な高音域の再生を実現します。

置き場所に困らないコンパクトサイズな点も魅力で、PCやスマートフォン、タブレット、テレビにも接続可能です。

おすすめ5選|デザイン性重視

機能性のほか、クールでスタイリッシュなデザイン、コンパクトなのものをセレクトしてみました。

JBL(ジェービーエル)『Bar Studio(JBLBARSBLKJN)』

JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】 JBLBarStudio2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応ブラックJBLBARSBLKJN【国内正規品】

出典:Amazon

コンパクト&壁掛けも可能!

本製品はJBLのサウンドバーシリーズの中では比較的コンパクトなモデル。付属の壁掛け用ブラケットを使用することにより、壁面への設置が可能です。

より迫力ある重低音を体感できるデュアル・バスポート設計により、さまざまなコンテンツに対応。JBLサラウンドモードで、追加のケーブルやスピーカーなしで高音質サウンドが楽しめます。

YAMAHA(ヤマハ)『YAS-108』

基本性能充実のコンパクトモデル

エントリーモデルながら、ヤマハのバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」やセリフやナレーションが聞きやすくなる「クリアサウンド機能」を搭載したサウンドバー。

幅890x奥行き131x高さ53mmと、ひじょうにコンパクトなつくりで、テレビの前においてもじゃまになりません。2機種のBluetoothを同時接続できる「マルチポイント接続」も便利です。

BOSE(ボーズ)『Bose Solo 5 TV sound system』

BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品] BoseSolo5TVsoundsystem[並行輸入品]

出典:Amazon

スリム型でさまざまなスペースに設置可能

サウンドバータイプの一体型スピーカー。シンプルでスリムなデザインで、さまざまなお部屋環境にも自然にフィットします。

ダイアログモードに切り替えれば、テレビやニュースの音声もクリアに聴き取れます。リモコンの調整ボタンで、低音をお好みに調整可能。Bluetoothにも対応しており、タブレット端末などとの接続もかんたんです。

TOSHIBA(東芝)『レグザサウンドシステム(RSS-AZ55)』

テレビ背面に設置できるすっきりデザイン

レグザテレビと組み合わせることで、対応リモコンでの操作が可能。上質な重低音、立体感のあるサウンドが楽しめます。円筒形の両端に3インチの高性能ウーファーを搭載し、相互の振動を抑えることで、迫真の重低音再生を実現しています。

総合出力80WハイパワークラスDアンプがその音質を支えています。テレビの背面に置くことですっきりし、インテリアを邪魔しません。

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』

ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応 ソニーサウンドバーHT-Z9F3.1chAlexa対応ハイレゾ4KHDRHDMI付属DolbyAtmosDTS:XBluetooth対応

出典:Amazon

独自の技術で3次元の立体音響を実現

音の高さ方向の表現力を加える独自開発の「Vertical Surround Engine」機能が特徴。前後左右方向の表現力を加える「S-Force Pro Front Surround」機能と合わせることにより、3次元の立体感ある音楽が再生できます。

高音質デジタルアンプ技術は、ハイレゾ音源を忠実に再現できます。サウンドオプティマイザーにより音量を下げても高音質を保つことができるので、マンションにお住まいの方や深夜に使用する方におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする PS4向けスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのPS4向けスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホームシアターシステムランキング
楽天市場:ホームシアターシステムランキング
Yahoo!ショッピング:ホームシアターシステムランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのPS4関連製品の記事はこちら

まとめ

本記事では、PS4のスピーカーの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の4つのポイントを押さえておきましょう。

【1】まずは接続端子をチェック
【2】ワイヤレス接続はPS4に向かない
【3】使い方にあわせてスピーカーのタイプを選ぼう
【4】「5.1ch」対応で臨場感をアップ
【5】サブウーファー搭載で重低音に響きをプラス
【6】30W以上の出力で大音量にも対応


音質や臨場感、音量など重視するポイントを決めてアイテム選びをすると、効率的に目的の商品にたどり着けるでしょう。お気に入りのスピーカーで魅力的なサウンドをお楽しみください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


高音質でインテリアにもなる!ミニコンポおすすめ12選|タイプ別の特徴も解説

高音質でインテリアにもなる!ミニコンポおすすめ12選|タイプ別の特徴も解説

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。本記事では、ミニコンポについて、タイプ別の特徴や音質のチェックポイントといった選び方、そしておすすめ商品をご紹介。インテリアにもなるモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカーアクセサリ , スピーカー , スマートスピーカー

センタースピーカーおすすめ13選|低・中・高音域まで高音質商品をご紹介

センタースピーカーおすすめ13選|低・中・高音域まで高音質商品をご紹介

映画などのセリフを聞こえやすくするセンタースピーカー。手軽に導入できて誰にでも使いやすいアイテムです。しかし、出力方式や音の広がりなど、商品によって音の聞こえ方が変わります。ここでは、センタースピーカーのおすすめと選び方のポイントをご紹介。ヤマハやオンキョーなど人気メーカーの製品もピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてください。後半には、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , テレビ , オーディオ

極上の音質を楽しみたい人のための『ヤマハのスピーカーおすすめ13選』

極上の音質を楽しみたい人のための『ヤマハのスピーカーおすすめ13選』

本記事では、極上の音楽を楽しめるヤマハスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事後半では、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、ぜひ売れ筋や口コミを確認してみてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

おしゃれな壁掛けスピーカーおすすめ7選|重低音が魅力のモデルも紹介

おしゃれな壁掛けスピーカーおすすめ7選|重低音が魅力のモデルも紹介

スマホで音楽や動画を再生したり、テレビで映画を観たりゲームをしたり。そんなスマホやテレビにももちろんスピーカーは付いていますが、音質のよい音楽を聴きたいのであれば、壁掛けスピーカーがおすすめです。本記事では、壁掛けスピーカーについて、選び方やおすすめ商品をご紹介いたします。音質やコスパのいい商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

EDM用スピーカーおすすめ商品6選|大音量・高音質なモデルも紹介

EDM用スピーカーおすすめ商品6選|大音量・高音質なモデルも紹介

EDM制作用のモニタースピーカーは、DJや楽曲制作者にとっての必需品と言えます。では、EDMをDTMで制作するには、いったいどんなポイントをおさえたスピーカーが適しているのでしょうか。本記事では、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)をDTM(デスクトップ・ミュージック)で制作する際に適したスピーカーの選び方と、おすすめのスピーカーをご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。