モンブランボールペンおすすめ10選|【マイスターシュテュック・PIXなど】

モンブランボールペンおすすめ10選|【マイスターシュテュック・PIXなど】
元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター
杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

コピーライター、歌舞伎役者、シトロエンのトップセールス、支配人兼ソムリエとしてフレンチレストラン経営、モノ系雑誌の編集ライターを経て現在好事家フリーライター。 編集時代は文房具やスーツケース、ガジェットなどに関するコンテンツを多数担当。 またブルゴーニュとシャンパーニュの「古酒」専門フレンチレストラン、オーセンティックなカウンターBarを経営していたため、ワインはもちろん、スピリッツ・リキュール・日本酒・焼酎にも造詣が深い。

モンブランといえば、高級文房具の代名詞ともいえるドイツの最高級ブランド。ホワイトスターとよばれる、白いロゴマークを一度は見たことがあるのではないでしょうか。機能性の高さには定評があり、性別、年代を問わず世界中にファンがいます。この記事では、monoライターの杉浦直樹さんと編集部が、マイスターシュテュックやスターウォーカーなどのシリーズの特徴や選び方、おすすめの10商品をご紹介します。


ビジネスマンを魅了するモンブラン

ボールペン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

「筆記具の王様」とも呼ばれるほどの機能性の高さを誇るモンブラン。

モンブランの正式な表記は「MONT BLANC(モンブラン)」。シンボルマークは、ヨーロッパ最高峰のモンブランに積もった雪をモチーフにしています。モンブランはレザー用品やフレグランスなどとともに万年筆、ボールペンの老舗メーカーとしても有名。

この記事でご紹介するモンブランのボールペンは、見た目のよさ書き味のよさもさることながら、シリーズによってサイズやペン先のタイプインクの種類替え芯の互換性が異なっていること。

それぞれの特徴と自身の好みがうまくマッチングすると、最高の1本が手に入るかもしれません。

モンブランのボールペンの選び方 monoライターに取材

monoライターの杉浦直樹さんに取材をして、モンブランのボールペンを選ぶ際のポイントを5つ教えていただきました。インクの種類やペン先のタイプをよくチェックすることが大切です。ぜひモンブランのボールペン選びの参考にしてください。

シリーズから選ぶ

モンブランのボールペンには、さまざまなシリーズがあり、いずれもユーザーに高く評価されています。代表的なシリーズをご紹介しましょう。

ブランドを代表する「マイスターシュテュック」

「マイスターシュテック」は、モンブランの代表作・定番と言われる、人気の高いシリーズです。重厚感のある上品な見た目で、重要な書類を記載する際や公式な場などで使うのに最適な1本です。

なお、マイスターシュテックは、シリーズのなかでさらにさまざまなシリーズに派生しています。はじめて買う人に最適な「クラッシック」、コンパクト&すぐれた収納性の「モーツアルト」、バランスにすぐれた「ル・グラン」など、それぞれのシリーズが高いクオリティで人気を集めています。

近未来的なデザインの「スターウォーカー」

伝統的なモンブランのなかで、少し異色なのが「スターウォーカー」シリーズ。比較的華やかで、近未来を想像させるスタイリッシュなデザインで、人間工学に基づいた快適な書き心地を実現しています。普段使いできるボールペンを探していて、割とスタイリッシュなデザインが好きな人なら、「スターウォーカー」がぴったりだと思います。

また、上部にある半透明なキャップは、モンブランのシンボルマーク「ホワイトスター」の刻印が浮かび上がる仕掛けが特徴的です。カラーも黒やクリップ部分がレッドゴールド仕上げなど、さまざまなバリエーションから、お気に入りの1本を探すことができます。

ただし、「スターウォーカー」シリーズは若干重めのものが多いので、ペンの軽さを求める人は別のシリーズを検討したほうがいいかもしれません。

著名デザイナーとコラボした革新的なフォルム「モンブランM」

ニューヨーク近代美術館や、ロンドンのデザインミュージアムにも作品を収蔵される経歴を持ち、家具・家電・インテリアなど幅広く活躍する世界的デザイナーのマーク・ニューソンが、伝統的なモンブランのボールペンに革新的な息吹を吹き込んだ異色のシリーズ。「M」はマーク自身の名前であり、「MONTBLANC」の「M」でもあります。

マグネットの力により、キャップのホルダー部分が、いつでもペン尻のモンブランのロゴマークと一直線になるよう考案され、ペンの品質はもちろん、見た目の美しさにもこだわった逸品です。

比較的手が届きやすいエントランスモデル「PIX」

「モンブランのールペンがほしいけど、あまり高級なものは……」という人は「PIX」を検討してみては、いかがでしょうか。無駄なものをそぎ落とし、機能性を追い求めた「バウハウス(ドイツ)」の理念に影響を受けて創り出されました。

ブラックのイメージが強いモンブランのなかで、毎年のように新しいカラーを取り入れているPIX。コーラルレッドやブルーなど、まわりとはちょっと違うものを持ちたい人に向いています。

ちなみに、他のシリーズには万年筆もラインナップされていますが、この「PIX」はボールペンとローラーボールのみの展開となっています。

軸の太さで選ぶ

モンブランのボールペンの軸は、比較的太い12~15mmが多くなっているので、手の大きな人に向いているといえるでしょう。しかし、「マイスターシュティック モーツァルト」「PIX」は10~11mmと細めのタイプになるので、手の小さい女性にも扱いやすくなっています。

なお、携帯することが多い場合、長さ110mm前後のコンパクトタイプが持ち運びやすいと思います。

インクの種類で選ぶ

モンブランのインクには「油性」と「水性」の2種類があります。

油性:耐水性が高く、雨などによってにじむことが少ないのが大きな特徴になるので、重要な書類などに記載する際は「油性」を選びましょう。

水性:裏写りする点が気になりますが、筆圧が弱い人にも書きやすいという利点があります。海外では、水性インクのペンは「ローラーペン」と呼ばれているので、購入の際の判断のひとつにしてください。

ただし、水性インクのペンは、寝かせたまま書くとインクが出にくいので、必ず立てた状態で書く! ということに注意が必要になります。

リフィルの互換性で選ぶ

ボールペンは、書いているうちにインクがなくなり書けなくなってしまいます。そんなときに用意したいのがリフィル(替え芯)です。初期段階では、ブラックのインクがセットされているケースが多いですが、リフィルを交換することで、青や赤、オレンジなど好きな色で字を書くことができます。

ただし、注意しなければいけないのがリフィルの互換性です。モンブランのボールペンの多くはリフィルに互換性があるため、問題なく使えるようです。

しかし、「マイスターシュテュック モーツァルトシリーズ」など、一部のペン軸が短いタイプでは使用できないこともあるので、購入する際に対応のリフィルについても調べておくと無難です。

リフィルは、細字(0.8mm)・中字(1.0mm)・太字(1.4mm)と3種類の太さがあります。好みに合わせてチェンジしましょう。

ペン先のタイプで選ぶ

ペン先の仕組みはノック式、ツイスト式、キャップ式の3つに分けられます。しかし、そのうちのノック式は比較的安価で見た目も安っぽい場合があり、社内での打ち合わせなどで使う分には問題ないでしょう。

ですが、もしあなたがなにか大きな商談に挑む際、安価で安っぽいノック式を使っていたら、相手からの信頼を失ってしまう場合も。

その点、モンブランのボールペンなら歴史と伝統があり、そういった事態にはならないでしょう。選ぶなら「どんな場面でも使えるツイスト式やキャップ式」と、覚えておくと安心です。

ツイスト式:軸をひねるとペン先が出てくる仕組み。すぐに書き始めることができるため、字を書く機会が多い人から重宝されています。

キャップ式:キャップを外すというアクションが必要になりますが、スーツの胸ポケットや内ポケット、カバンのなかをインクで汚す心配はありません。

使用するシーンや好みで選ぶ monoライターがアドバイス

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

「筆記具の王様」と呼ばれるモンブランは、車でいうとメルセデス・ベンツのような存在。高級で信頼性が高く、まさに王道を行くイメージです。マイスターシュテュックなどはまさにそんな感じの1本ですね。

ただメルセデスにおいてもコンパクトなAクラスなどがあるように、モンブランにもスタイリッシュな「スターウォーカー」やスリムな「PIX」シリーズなどがあります。使用するシーンや好みで選んでみてください。

モンブランのボールペンおすすめ10選 monoライターと編集部が厳選!

これまでご紹介したポイントを踏まえ、さまざまなシリーズがあるモンブランのボールペンのなかから、monoライターと編集部が厳選したものをご紹介します。自分へのご褒美や知人へのプレゼントとして購入する際の参考にしてみてください。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

モンブランでも「ド定番のものはちょっと……」という方にはこの3本。「スターウォーカー メタルボールペン」はプラチナコートのボディと地球をイメージしたブルーのペン尻がCool!「(Montblanc M)RED ボールペン」は強い個性を主張します。「ボヌール ウィークエンド ボールペン」は白いボディにブルーのラインが清潔感を醸し、エレガントながらも可愛さを併せ持つ、女性に選んでいただきたい1本です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカー メタル ボールペン(118877)』

MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカーメタルボールペン(118877)』 MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカーメタルボールペン(118877)』 MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカーメタルボールペン(118877)』

出典:楽天市場

サイズ(軸の太さ×全長) 最大軸径(約)12.5mm×長さ(約)13.5cm
インクの種類 油性
重量 (約)58g
ペン先のタイプ -

近未来的なボディが特長の1本

老舗メーカーであるモンブランのボールペンでありながら、どこか近未来的なフォルムのスターウォーカーシリーズ。そのなかでも、とくに異色なのがこのメタルボールペンです。

ペン尻は、月面から見た地球をイメージしているとのことで、ロゴマークの下に青い半球があしらわれています。

ボディはプラチナ仕上げのシルバーで、ほかのシリーズに比べると、重量感があり、ペンが安定しやすく、しっかりとした字を書くことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONTBLANC(モンブラン)『(Montblanc M)RED ボールペン(117601)』

MONTBLANC(モンブラン)『(MontblancM)REDボールペン(117601)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) -
インクの種類 油性
重量 約36g
ペン先のタイプ キャップ

エイズ撲滅運動のサポートも担うデザイン

世界的なデザイナーであるマーク・ニュートンとのコラボシリーズです。モンブランのなかでも珍しいレッドボディですが、こちらを1本購入することで、5ユーロがエイズ撲滅運動を行っているグローバルファンドに寄附されます。

もちろん、ボールペンとしてのモンブランクオリティはそのまま。緩やかな曲線が軽やかな書き味を保証します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ボヌール ウィークエンド ボールペン(118503)』

MONTBLANC(モンブラン)『モンブランボヌールウィークエンドボールペン(118503)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) -
インクの種類 油性
重量 (約)32g
ペン先のタイプ キャップ

コンセプトは女性の解放

ボヌールシリーズのテーマは1920年代のファッション革命。フォルムに女性らしさを残しながら、ブルーとホワイトのボディが、コルセットから解放された女性の自由を表現しています。

そのため、ペン全体のサイズも他のシリーズと比較すると、やや小ぶり。バックやポケットのなかでも邪魔にならないサイズになっています。エレガンスでスタイリッシュなデザインは、オンでもオフでも幅広く活躍できそうですね。

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン (2866)』

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックボールペン(2866)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックボールペン(2866)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックボールペン(2866)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックボールペン(2866)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックボールペン(2866)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) 12mm×14cm
インクの種類 油性
重量 (約)23g
ペン先のタイプ ツイスト型

プラチナ仕上げのスリーリングが際立つ

マイスターシュテュックのなかでも、ラグジュアリーな逸品です。プラチナ仕上げのスリーリングに彫られたMONTBLACのロゴと、ホルダー部分のナンバーシリアルが高級感を味あわせてくれます。

購入時はブラックのインクになっていますが、リフィルを交換することにより、ピンクやブラウン、ロイヤルブルーなどの色ペンとしても利用可能です。

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ローラーボール(2865)』

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックローラーボール(2865)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックローラーボール(2865)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックローラーボール(2865)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックローラーボール(2865)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックプラチナクラシックローラーボール(2865)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) -×14cm
インクの種類 水性
重量 (約)24g
ペン先のタイプ キャップ

マイスターシュテュックの水性インクタイプ

こちらは、マイスターシュテュッククラシックシリーズでも、水性インクを使用するタイプです。モンブラン樹脂を使用したディープブラックのボディや、白く輝くロゴマークは、油性タイプのボールペンともそん色はなく、ていねいに手作りで組み立てられています。

リフィルが2本同梱されているので、ふだんから手書きが多い人でも安心して使えます。

MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブラック ボールペン(114797)』

MONTBLANC(モンブラン)『PIXブラックボールペン(114797)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブラックボールペン(114797)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブラックボールペン(114797)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブラックボールペン(114797)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) 11.5mm×13.5cm
インクの種類 油性
重量 (約)20g
ペン先のタイプ キャップ

バウハウスの影響を受けた機能重視のボールペン

伝統を踏襲しながら、「バウハウス」の建設ムーブメントの影響を受けた機能性重視の1本です。

機能性重視と言いながらも、モンブラン樹脂のボディとキャップには、プラチナ仕上げのロゴが施されており、洗練された存在感を示しています。

シンプルゆえに飽きの来ないデザインは長く使い続けることができます。

MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブルー ローラーボール(114809)』

MONTBLANC(モンブラン)『PIXブルーローラーボール(114809)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブルーローラーボール(114809)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブルーローラーボール(114809)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIXブルーローラーボール(114809)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) 1.2mm×13.5cm
インクの種類 水性
重量 (約)20g
ペン先のタイプ キャップ

「モンブランなのに青? 」と驚かれるかも

機能性を重視したPIXシリーズの水性ボールペンです。こちらの特徴はなんといってもボディカラー。「モンブラン=黒」のイメージを壊す、鮮やかなブルーのボディです。

持ちやすさを考えた緩やかな曲線が、長時間握っていても疲れを感じにくくしていることもPIXの特徴。さらに水性のインクなので、書き心地も非常に軽やかです。

MONTBLANC(モンブラン)『StarWalker Doué ボールペン(118873)』

MONTBLANC(モンブラン)『StarWalkerDouéボールペン(118873)』 MONTBLANC(モンブラン)『StarWalkerDouéボールペン(118873)』 MONTBLANC(モンブラン)『StarWalkerDouéボールペン(118873)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) -
インクの種類 油性
重量 (約)44g
ペン先のタイプ ツイスト

人間工学に基づいた握りやすいグリップ

細身のボディながら、ペン先に近い部分はややふっくらした曲線を描いています。モンブランらしいブラックのボディにふっくらしたメタルのグリップがどこかユーモアを感じさせます。

しかし、この曲線こそがこのシリーズのポイント。人間工学に基づいた握りやすさと書きやすさを追求したデザインになっています。

プラチナ仕上げのクリップ部分には、シリアルナンバーも打たれており、末永い相棒として活躍してくれそうです。

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック ホワイトソリテール レッドゴールド クラシック ローラーボール(113324)』

MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックホワイトソリテールレッドゴールドクラシックローラーボール(113324)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックホワイトソリテールレッドゴールドクラシックローラーボール(113324)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックホワイトソリテールレッドゴールドクラシックローラーボール(113324)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュックホワイトソリテールレッドゴールドクラシックローラーボール(113324)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) 9mm×10.6cm
インクの種類 水性
重量 (約)43g
ペン先のタイプ ツイスト

エレガンスでありながら落ち着いたディティール

モンブランの定番ともいえるマイスターシュテュッククラシックのホワイトバージョンです。貴重なホワイトラッカーとレッドゴールドの組み合わせが、華やかでかわいらしい印象を与えます。

こちらのシリーズは軸も9mmと、他のシリーズに比べると細身なので、手が小さい人にも握りやすいペンです。そのうえ水性インクを使用しているので軽やかな書き心地になっています。

MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ヘリテイジ コレクション ルージュ &ノワール スペシャルエディション(114724)』

MONTBLANC(モンブラン)『モンブランヘリテイジコレクションルージュ&ノワールスペシャルエディション(114724)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブランヘリテイジコレクションルージュ&ノワールスペシャルエディション(114724)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブランヘリテイジコレクションルージュ&ノワールスペシャルエディション(114724)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブランヘリテイジコレクションルージュ&ノワールスペシャルエディション(114724)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブランヘリテイジコレクションルージュ&ノワールスペシャルエディション(114724)』

出典:Amazon

サイズ(軸の太さ×全長) -×12.5cm
インクの種類 油性
重量 (約)35g
ペン先のタイプ ツイスト

スネークのクリップがポイント

思わず「モンブランで、スネークのクリップなんてあるの? 」とたずねてしまいそうな1本です。企業110年を記念して生み出されたシリーズで、モンブランのパイオニア精神を象徴しているといわれています。

重要な会議などの場所に持ち込むのは推奨できませんが、こちらのペンももちろんモンブラン樹脂でコーティングされ、スリムで書き心地もバツグン。筆記具としての役割をけしておろそかにはしていません。

「モンブランボールペン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカー メタル ボールペン(118877)』
MONTBLANC(モンブラン)『(Montblanc M)RED ボールペン(117601)』
MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ボヌール ウィークエンド ボールペン(118503)』
MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン (2866)』
MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ローラーボール(2865)』
MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブラック ボールペン(114797)』
MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブルー ローラーボール(114809)』
MONTBLANC(モンブラン)『StarWalker Doué ボールペン(118873)』
MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック ホワイトソリテール レッドゴールド クラシック ローラーボール(113324)』
MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ヘリテイジ コレクション ルージュ &ノワール スペシャルエディション(114724)』
商品名 MONTBLANC(モンブラン)『スターウォーカー メタル ボールペン(118877)』 MONTBLANC(モンブラン)『(Montblanc M)RED ボールペン(117601)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ボヌール ウィークエンド ボールペン(118503)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン (2866)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック プラチナ クラシック ローラーボール(2865)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブラック ボールペン(114797)』 MONTBLANC(モンブラン)『PIX ブルー ローラーボール(114809)』 MONTBLANC(モンブラン)『StarWalker Doué ボールペン(118873)』 MONTBLANC(モンブラン)『マイスターシュテュック ホワイトソリテール レッドゴールド クラシック ローラーボール(113324)』 MONTBLANC(モンブラン)『モンブラン ヘリテイジ コレクション ルージュ &ノワール スペシャルエディション(114724)』
商品情報
特徴 近未来的なボディが特長の1本 エイズ撲滅運動のサポートも担うデザイン コンセプトは女性の解放 プラチナ仕上げのスリーリングが際立つ マイスターシュテュックの水性インクタイプ バウハウスの影響を受けた機能重視のボールペン 「モンブランなのに青? 」と驚かれるかも 人間工学に基づいた握りやすいグリップ エレガンスでありながら落ち着いたディティール スネークのクリップがポイント
サイズ(軸の太さ×全長) 最大軸径(約)12.5mm×長さ(約)13.5cm - - 12mm×14cm -×14cm 11.5mm×13.5cm 1.2mm×13.5cm - 9mm×10.6cm -×12.5cm
インクの種類 油性 油性 油性 油性 水性 油性 水性 油性 水性 油性
重量 (約)58g 約36g (約)32g (約)23g (約)24g (約)20g (約)20g (約)44g (約)43g (約)35g
ペン先のタイプ - キャップ キャップ ツイスト型 キャップ キャップ キャップ ツイスト ツイスト ツイスト
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モンブランのボールペンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのモンブランのボールペンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:MONTBLANC(モンブラン)ランキング
楽天市場:筆記具(モンブラン)ランキング
Yahoo!ショッピング:モンブラン ボールペンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

一生物にふさわしいモンブランのボールペンを

今回は「筆記具の王様」と言われるモンブランから、ボールペンをピックアップしてご紹介してきました。

モンブランのボールペンは、購入時のコストとしては、文房具のなかでも群を抜いているように感じるかもしれません。しかし、大切にメンテナンスをしながら使えば、一生の相棒となること間違いなしなので、結果的にコスパもよいと言えるでしょう。

また、ネーム入りサービスもあるので、ぜひ利用して、末永く使えるものにしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/05/26 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】大学生ペンケースおすすめ23選|おしゃれで持ち運びやすい・大容量タイプ】

【2020年】大学生ペンケースおすすめ23選|おしゃれで持ち運びやすい・大容量タイプ】

大学生の必須アイテムペンケース。ペンだけではなく、ハサミや修正テープなどを持ち運ぶ機会もあるので、収納力や携帯のしやすさもチェックしながら、お気に入りのペンケースを見つけたいところです。そこで本記事では、住まいづくりナビゲーターの神村さゆりさんと編集部が選んだ大学生向けおすすめ商品23選と、大学生向けペンケースの選び方を紹介します。


ペリカンのボールペンおすすめ11選|定番のシリーズから限定品まで豊富にご紹介

ペリカンのボールペンおすすめ11選|定番のシリーズから限定品まで豊富にご紹介

ペリカンといえば、誰もが知る高級筆記具メーカー。ペリカンマークがついた格調高い筆記具を、あなたも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ここではペリカンの筆記具のなかでも、ボールペンにしぼってご紹介。小物王でフリーライターの納富廉邦さん監修のもと、長年愛用したくなるペリカンボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【多機能ペンのおすすめ9選】人気のジェットストリームやパイロットも!

【多機能ペンのおすすめ9選】人気のジェットストリームやパイロットも!

1本で複数のボールペンやシャーペンを使い分けることができる「多機能ペン」。手荷物が少なくて済むのはもちろんのこと、実際に書くときにもわざわざペンを交換する必要がありません。この記事では、そんな多機能ペンの選び方とおすすめ商品を、ボールペンに精通しており「小物王」である納富廉邦さんに伺いました。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてください!


ゲルインクボールペンおすすめ10選【高級タイプや多色ペンも!】

ゲルインクボールペンおすすめ10選【高級タイプや多色ペンも!】

水性インクのなめらかさと、油性インクの耐水性を兼ね備えたゲルインクボールペン。ゲルインクを開発したサクラクレパスをはじめ、三菱鉛筆、ゼブラ、パイロット、ぺんてるなどから、たくさんのゲルインクボールペンが販売されています。この記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、ゲルインクボールペンの選び方とおすすめの商品を厳選! 通販サイトの人気売れ筋ランキングも紹介するので、ぜひチェックしてください。


油性ボールペンおすすめ10選|書き味滑らかな多色タイプもご紹介!

油性ボールペンおすすめ10選|書き味滑らかな多色タイプもご紹介!

この記事では、受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、油性ボールペンの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。ビジネスで使われる油性ボールペン。最近では低粘度のインクも開発され、油性ボールペンのよさはそのままに、書き味のよい製品もたくさん発売されています。本記事を参考に、ぜひ自分好みの油性ボールペンを見つけてください。


関連するブランド・メーカー


MONTBLANC(モンブラン)

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「アウトドアチェア」。キャンプを快適にさせてくれるアイテムです。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはChuda『モバイルバッテリー』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る