PR(アフィリエイト)

メンズベルトおすすめ10選【おしゃれで高品質】ビジネスやプライベートでも!

メンズベルトおすすめ10選【おしゃれで高品質】ビジネスやプライベートでも!
メンズベルトおすすめ10選【おしゃれで高品質】ビジネスやプライベートでも!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ふだんなにげなく腰に着けているベルト。素材をはじめ、バックルの形状やデザインなど、実はさまざまなタイプがあるので選ぶのに迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、メンズベルトの選び方の説明とおすすめ商品を厳選。シチュエーションや用途に合った上手な使い分けなども説明しています。

記事の後半にはAmazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦
メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、70ほどのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 また、ライター向けのコミュニティを「DMMオンラインサロン」で運営中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

おしゃれでかっこいいメンズベルト ファッションにアクセント!

ベルトといえば、ズボンがずり落ちたりしないようにしてくれる重要なファッションアイテムです。しかしベルトの役割はそれだけではありません。ベルトひとつで着ているもののイメージも大きく変わります。そのためにも、ビジネス用・カジュアル用・ゴルフ用などシーンに合ったベルトを身に着けたいもの。

またベルトはギフトとしても喜ばれるアイテムです。素材やタイプにこだわって贈る相手にぴったりのベルトを選びましょう。

メンズベルトおすすめ5選【ビジネス】 高級ブランドも

それでは、メンズベルト【ビジネス】タイプのおすすめ商品をご紹介します。

dunhill(ダンヒル)『リバーシブル ベルト』

dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』 dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』 dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』 dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』 dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』 dunhill(ダンヒル)『リバーシブルベルト』
出典:Amazon この商品を見るview item

高級紳士服として人気のあるメーカー「ダンヒル」製

マットカラーのブラックとネイビーの2色を使い分けできるリバーシブルタイプ。バックルを引いてくるっと回転させるだけで簡単に色を変えることができます。

このベルトは、ストリンガー(替えベルト)システムにも対応しているので、いろいろなカラーや材質をスーツに合わせて身に着けることができるのもメリットです。

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 106cm(調節可能)
素材 牛革
カラー 外側ブラック/内側ネイビー

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 106cm(調節可能)
素材 牛革
カラー 外側ブラック/内側ネイビー

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)『B2153 28mm BELT / BRIDLE』

WhitehouseCox(ホワイトハウスコックス)『B215328mmBELT/BRIDLE』 WhitehouseCox(ホワイトハウスコックス)『B215328mmBELT/BRIDLE』 WhitehouseCox(ホワイトハウスコックス)『B215328mmBELT/BRIDLE』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

汎用性を意識! 幅広く使えるプレーンベルト

フォーマル、ビジネス、カジュアルと幅広く使えるユーティリティな「プレーンベルト」。オールマイティに使えるベルトを備えておきたい人におすすめの1本です。

ホワイトハウスコックスは品質に定評のある革小物ブランド。耐久性の高いブライドルレザーを使っているので長持ちかつ、軽量に仕上がっています。

バンド部分の幅も汎用性を意識した設定で、本当に幅広く使えます

ベルト幅 2.8cm
サイズ展開(全長) 98、103、108、113cm
素材 ブライドルレザー
カラー ブラック、ハバナ

ベルト幅 2.8cm
サイズ展開(全長) 98、103、108、113cm
素材 ブライドルレザー
カラー ブラック、ハバナ

Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』

Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』 Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』 Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

若い男性に人気の有名ブランド「オロビアンコ」製

ビジネスバッグや財布や、名刺入れなどファッション小物も多数ラインナップするオロビアンコのレザーベルト。バックルとベルトループにロゴを、剣先にはエンブレムがあしらわれています。

切りっぱなしのデザインで、スーツ用はもちろん、カジュアルにも使えるところがポイント。箱付きなのでプレゼントにも最適です。

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 119cm(調整可能)
素材 牛革
カラー ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ワインレッド

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 119cm(調整可能)
素材 牛革
カラー ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ワインレッド

Paul Smith(ポール・スミス)『ポールスミスコレクションメンズレザーベルト』

高級感のある革製のビジネスベルト!スーツ用に最適

デザインはいたってシンプルですが、青と赤の糸を使ったステッチやベルト穴がカラーリングを施したカンヌキになっているなど細かい部分にもこだわった作りがこのベルトの魅力。

上質で高級感のあるスーツ用のビジネスベルトとしてドレスコードを満たしながら、おしゃれを楽しむことができるなど満足度の高いベルトです。

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 116cm(調整可能)
素材 レザー
カラー ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 116cm(調整可能)
素材 レザー
カラー ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン

CALVIN KLEIN(カルバン クライン)『本革リバーシブルレザーベルト』

シンプルデザインで30代~50代まで着用できる

アメリカ発の世界的なファッションブランドであるカルバンクラインのスーツ用のビジネスベルト。ビジネススタイルには定番となるブラックとブラウンのリバーシブルカラー。

デザインもシンプルでどんなシーンでも、どんなスーツスタイルでも合わせることできる汎用性の高さが魅力です。

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 106~116cm(調節可能)
素材 本革
カラー ブラック×ダークブラウン

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 106~116cm(調節可能)
素材 本革
カラー ブラック×ダークブラウン

メンズベルトおすすめ5選【カジュアル】 プレゼントにも!

次に、メンズベルト【カジュアル】タイプのおすすめ商品をご紹介します。

Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュ レザー ベルト』

Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュレザーベルト』 Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュレザーベルト』 Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュレザーベルト』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

大人っぽいバランスのメッシュベルト

カジュアルなスタイルにマッチするメッシュベルトです。メッシュはラフな印象が強いのですが、素材は落ち着きのあるレザーで、バックルには真鍮(しんちゅう)を使っているので大人っぽいバランスに整えています

ややカジュアルなジャケパンスタイルや、セットアップスタイルにピッタリ。オンオフ問わず、そんなコーディネートが多い人におすすめしたいアイテムです。見た目が涼しげなので、季節でいうなら春夏シーズンに向いているベルトですが、ダークカラーなら秋冬でも対応できます。

メッシュレザーベルトのなかでも選んで間違いがないのは、レザーベルトで名高いイタリアブランドのもの。上質感があるので大人なコーディネートにもなじみます。

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 101、106、110、116cm
素材 牛革
カラー ブラック、ダークブラウン

ベルト幅 3.5cm
サイズ展開(全長) 101、106、110、116cm
素材 牛革
カラー ブラック、ダークブラウン

Y-3(ワイスリー)『Y-3 LOGO BELT』

Y-3(ワイスリー)『Y-3LOGOBELT』 Y-3(ワイスリー)『Y-3LOGOBELT』 Y-3(ワイスリー)『Y-3LOGOBELT』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ロゴがさり気ないカジュアルなリングベルト

カジュアルな印象でサイズ調節がしやすく、気軽に使えるのが「リングベルト」のいいところ。ベルトをアクセサリー感覚で使うことに慣れていない人の入門編としておすすめです。ナイロンやキャンバス地などのカジュアルな素材が定番なので、あまりにもラフな印象になり過ぎないよう、カラーやデザインで落ち着きを補完することが必要です。

また、リングベルトは比較的リーズナブルな価格で手に入りますので、ふだんは選べないようなブランドでも手が届くかもしれません。そんな視点で選んだのが、黒を基調としたこのベルトです。使いまわしやすくブランドのロゴがさり気なく効いていて、コーディネートの絶妙なアクセントになってくれます。

ベルト幅 3.8cm
サイズ展開(全長) 118、125、130cm
素材 ポリエステル、ナイロン
カラー ブラック

ベルト幅 3.8cm
サイズ展開(全長) 118、125、130cm
素材 ポリエステル、ナイロン
カラー ブラック

GUCCI(グッチ)『ダブルG ベルト』

ハイブランドのおしゃれなベルトでプレゼントにも

カジュアルドレッシーなスタイルに最適なメンズベルト。剣先にはダブルGのロゴアクセサリーがワンポイントでついていてさりげなくおしゃれ感をアピールできます。

上質なカーフレザー製で、彼氏へのプレゼントにも喜ばれるでしょう

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 80~110cm(5cm刻み)
素材 カーフレザー
カラー ブラック

ベルト幅 3cm
サイズ展開(全長) 80~110cm(5cm刻み)
素材 カーフレザー
カラー ブラック

DIESEL(ディーゼル)『レザーベルト』

ダメージジーンズなどデニムと相性がいい白ベルト

ホワイトレザーとブラックのバックルのコントラストがとってもおしゃれなDIESELのベルト。ベルトホールにはさりげなくディーゼルのロゴがあり、着け心地をアップさせてくれます。

スタイリッシュなデザインなので、カジュアルシーンはもちろんカジュアルドレッシーまでカバーできるのもポイントです。

ベルト幅 3.3cm
サイズ展開(全長) 85~105cm(5cm刻み)
素材
カラー

ベルト幅 3.3cm
サイズ展開(全長) 85~105cm(5cm刻み)
素材
カラー

栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅 シンバックル(RC-074L) (BLACK)

栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK) 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅シンバックル(RC-074L)(BLACK)
出典:Amazon この商品を見るview item

ジーンズなどカジュアルな私服にあう国産ベルト

国内のタンナーとして有名な栃木レザーが発売するレザーベルト。約4mm厚のレザーに細身のシンプルなバックルが付き上質感を演出してくれています。

バックルはスナップボタン式なので、簡単に着脱ができるので、好みのバックルに付け替えることも可能。20~30代の若者だけでなく50代や60代でもカジュアルに着用しやすいのも魅力です。

ベルト幅 3.3~3.4mm
サイズ展開(全長) 109.5cm(サイズ調整可能)
素材 レザー
カラー ブラウン、ブラック、ホワイト、レッド、ダークブラウン、タン、ネイビー

ベルト幅 3.3~3.4mm
サイズ展開(全長) 109.5cm(サイズ調整可能)
素材 レザー
カラー ブラウン、ブラック、ホワイト、レッド、ダークブラウン、タン、ネイビー

おすすめ商品の比較一覧表

画像
dunhill(ダンヒル)『リバーシブル ベルト』
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)『B2153 28mm BELT / BRIDLE』
Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』
Paul Smith(ポール・スミス)『ポールスミスコレクションメンズレザーベルト』
CALVIN KLEIN(カルバン クライン)『本革リバーシブルレザーベルト』
Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュ レザー ベルト』
Y-3(ワイスリー)『Y-3 LOGO BELT』
GUCCI(グッチ)『ダブルG ベルト』
DIESEL(ディーゼル)『レザーベルト』
栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅 シンバックル(RC-074L) (BLACK)
商品名 dunhill(ダンヒル)『リバーシブル ベルト』 Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)『B2153 28mm BELT / BRIDLE』 Orobianco(オロビアンコ)『レザーベルト』 Paul Smith(ポール・スミス)『ポールスミスコレクションメンズレザーベルト』 CALVIN KLEIN(カルバン クライン)『本革リバーシブルレザーベルト』 Anderson’s(アンダーソンズ)『メッシュ レザー ベルト』 Y-3(ワイスリー)『Y-3 LOGO BELT』 GUCCI(グッチ)『ダブルG ベルト』 DIESEL(ディーゼル)『レザーベルト』 栃木レザーベルト(スムースレザー)35㎜幅 シンバックル(RC-074L) (BLACK)
商品情報
特徴 高級紳士服として人気のあるメーカー「ダンヒル」製 汎用性を意識! 幅広く使えるプレーンベルト 若い男性に人気の有名ブランド「オロビアンコ」製 高級感のある革製のビジネスベルト!スーツ用に最適 シンプルデザインで30代~50代まで着用できる 大人っぽいバランスのメッシュベルト ロゴがさり気ないカジュアルなリングベルト ハイブランドのおしゃれなベルトでプレゼントにも ダメージジーンズなどデニムと相性がいい白ベルト ジーンズなどカジュアルな私服にあう国産ベルト
ベルト幅 3.5cm 2.8cm 3.5cm 3cm 3cm 3.5cm 3.8cm 3cm 3.3cm 3.3~3.4mm
サイズ展開(全長) 106cm(調節可能) 98、103、108、113cm 119cm(調整可能) 116cm(調整可能) 106~116cm(調節可能) 101、106、110、116cm 118、125、130cm 80~110cm(5cm刻み) 85~105cm(5cm刻み) 109.5cm(サイズ調整可能)
素材 牛革 ブライドルレザー 牛革 レザー 本革 牛革 ポリエステル、ナイロン カーフレザー レザー
カラー 外側ブラック/内側ネイビー ブラック、ハバナ ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ワインレッド ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン ブラック×ダークブラウン ブラック、ダークブラウン ブラック ブラック ブラウン、ブラック、ホワイト、レッド、ダークブラウン、タン、ネイビー
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メンズベルトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのメンズベルトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:メンズベルトランキング
楽天市場:メンズベルトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

メンズベルトの選び方 ベルト幅や素材など

ベルト選びのポイントは大きく分けて5つ! ベルトの幅や全長以外にも、素材やデザイン・カラーも重要なファクトです。それぞれどのようなものを選べばよいか紹介します。

素材で選ぶ

 

ベルトの代表的な素材には「レザー」「ナイロン」「布」があります。素材別に向いているシーンも異なるため、その場にあったものを選びましょう。

ビジネスシーンには、革製のベルトを

 

革製のベルトは、上品さと高級さを兼ね備えていて、フォーマルなシーンやビジネスシーンに向いています。革製とひと言で言っても、牛革・クロコダイル・スエードなどさまざまなタイプがありますが、きっちりとした印象を求められるビジネスシーンには、牛革もしくはスムースレザーのものを選びましょう。

スムースレザーとは、表面がさらりとした手触りで、光沢があり、上品なツヤがあるレザーです。雄牛の本革と同様「デキる男」を演出してくれます。

カジュアルシーンには、ナイロン・綿・キャンバス地など

 

カジュアルシーンで身に着けるなら、ナイロン・綿・キャンパス地など軽めの素材を選ぶといいでしょう。着るものにあわせて、豊富なデザインやカラーのものから選べます。服やパンツとは反対色のベルトを、差し色として使うのもおしゃれです。ビジネス用のベルトよりも少し太めのものをチョイスするのもポイントです。

また、黒や茶などダークなカラーのベルトを選ぶとビジネス用でも使えるので、あまり予算はないけれどベルトを新調したいというときにおすすめです。

おしゃれにこだわる人は本革

 

アメカジ系の本革ベルトなら、ビジネスシーンで使用する本革ベルトのような堅苦しさはなく、ラフでハードな印象のファッションにもぴったりです。

アメカジ系ファッションとは、デニムやチノパン、ネルシャツなど無骨でワイルドな印象を与えるファッションを指し、ワークブーツを合わせることも多いです。そんなワークブーツに合わせて、幅が広めの本革のベルトを選ぶことでファッションにも一体感が持てます。

ベルト幅で選ぶ

 

ベルトの幅にも細めや太めのものがあり、それぞれに適したシーンがあります。またベルトの太さによってファッションの印象も大きく変わります。

ビジネスシーンには幅が細いタイプを

 

商談やプレゼンなど改まったビジネスシーンでは3cm程度の細めのベルトを選びましょう。太すぎるとカジュアルな印象になり堅いビジネスシーンにはふさわしくありません。また細いベルトでも、ドレッシーになりすぎて違和感があるでしょう。

ビジネスシーンには3cmまでの革製ベルトがぴったりです。できればカラーも黒や黒茶などダーク系を選びましょう。

普段使いには太めの幅がおすすめ

たくさんのベルト
Pixabayのロゴ
たくさんのベルト
Pixabayのロゴ

カジュアルなファッションなど、オフタイムに選ぶベルトは、幅広のものがいいでしょう。ベルトも、チョーカーやブレスレットのように、おしゃれアイテムと考え、目立たせるのもテクニックのひとつです。チノパンやデニムに太めのベルトをして、カジュアル感を出しましょう。

スーツに太めのベルトをしてもカジュアル感がでるので、仕事中は細めのベルトをして、アフターは太めのベルトに変えて遊びに出かけるのもいいかもしれません。

適切な長さや穴の位置で選ぶ

 

ベルトにも適度な長さがあります。どのくらいの長さのものを選べばいいか確認しましょう。

スマートに身に着けるなら5つ穴の3番目

 

ベルトの適正な長さは、空腹でも満腹でもない平常の状態で、5つ穴の3番目でピンをさせるものとされています。5つある穴のまんなかが平常時であれば、食べすぎたり、大きめサイズのパンツを履いたりしたときにも穴2つ分の余裕があるので、調節しやすいです。

ほかの人から見た場合もスマートな印象を与えるので、とくに人前に出ることがある場合などは、ジャストサイズのベルトを身に着けるようにしましょう。

自由な位置に挿すことができるメッシュベルト

 

リボン状の革の紐を編み込むようにしてつくられたメッシュベルトは、ベルト穴がないため、好きなところにピンをさして使えます。大きめサイズのシャツに、すこし緩めでピンをさしてつかうのもおしゃれです。

ただし、ピンをさしたあとのベルトが長すぎても短すぎてもバランスが悪くなります。メッシュベルトを選ぶ際も、スタンダードな5つ穴のベルトで3番目にピンをさしたときのベルトの長さと同じくらいのものを選びましょう。

デザインやカラーもチェック!

おしゃれなベルト
Pixabayのロゴ
おしゃれなベルト
Pixabayのロゴ

ベルトにもさまざまなデザインやカラーがそろっています。カラーで迷ったときは、ふだん履いている靴と同じカラーか、同系色のものを選びましょう。靴とベルトが同系色の場合、全身のバランスがとれて一体感が出ます。

同様の理由で、ベルトを贈る場合も、相手がいつも履いている靴の色に合わせるか、靴の色を確認できない場合は、シンプルな黒のベルトを選ぶと、贈られた相手も使いやすいでしょう。

プレゼントにはブランド品も検討!

 

お礼やお祝いでベルトを選ぶ際には、ハイブランドのものを選ぶのもいいでしょう。毎日のようにベルトを使っていても、ハイブランドのものを買う機会がない相手にはきっと喜ばれるでしょう。品質もよい素材を使っているので、長く使ってもらえます。

ただし、ベルトを贈る意味として、「長寿」などの肯定的な意味もありますが、「浮気防止」「束縛」といった勘違いされそうな意味合いもあるので、贈る相手には注意したほうがよさそうです。

レザーベルトは経年変化も計算に入れて活用! ファッションライターからのアドバイス

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ベルトは意外と負荷のかかるアイテムなので、使い続けているとどうしても使用感が出てきてしまいます。レザーベルトの使用感は味としてとらえることもできますが、フォーマルやビジネスといった品格が必要なコーディネートでは絶対にNGです。

そこで、下ろしたてのレザーベルトは品格のあるコーディネートで使い、使用感が出てきたらカジュアルなコーディネートで使うようにするといった戦略を立てて長く愛用するのがおすすめです。

カジュアルな服装はルールが厳密ではありませんので、上品なレザーベルトをあえて合わせることで、引き締め役として活用するという手もあります。

メンズパンツ関連の記事はこちら 【関連記事】

TPOに合わせたベルトで隠れたおしゃれを楽しもう

ふだん何気なく身に着けているベルトですが、素材や太さ、長さで印象ががらりと変わる重要なファッションアイテムです。オンオフで両用できるベルトもありますが、やはり改まったシーンとプライベートな時間でのベルトは使い分けたいもの。また使い分けることによって、気持ちもビジネスモードやオフモードにスイッチが切り替わります。

こちらの記事で紹介した選び方とおすすめ商品を参考にして、TPOに合ったベルトを見つけてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button