Razer【ヘッドセット】おすすめ商品5選|オーバーヘッド/イヤホン/ネックバンド

Razer【ヘッドセット】おすすめ商品5選|オーバーヘッド/イヤホン/ネックバンド
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターが選ぶRazerヘッドセットおすすめ商品5選をご紹介します。オンラインゲームの人気とともにヘッドセットをつけてボイスチャットを楽しみながらゲームをする人も増えてきています。そこで、ゲーマーからも評価の高いゲーミングデバイスメーカー「Razer」のヘッドセットについて、ITライターの海老原 昭さんにお話をうかがいました。選び方のポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にして快適なゲーミング環境を整えてみてください。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


Razerヘッドセットの選び方 ITライターに聞く

ITライターの海老原 昭さんに、Razerのヘッドセットを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ヘッドセットをしてゲームをする人々

Photo by Anthony Brolin on Unsplash

ゲーミングブランドとして有名なメーカーのRazer。ヘッドセットにはどんな特徴があるのか一緒にみていきましょう!

接続方法で選ぶ

ITライター

有線にするか無線にするかはプレイするゲームで選択

ヘッドセットには有線タイプと無線タイプがあり、有線タイプにはさらにAUX接続(オーディオケーブル)とUSB接続のものがあります。

有線と無線の違いはケーブルの有無に加えて、バッテリーの有無と、遅延の有無があります。バッテリーについては、本体が若干重くなることと、定期的にバッテリーを充電する必要があるので、その手間と、ケーブルがないことによる自由度の高さのトレードオフになります。

また遅延については、主人公の本人視点でのアクションゲームFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)など、タイムラグにシビアなゲームの場合は、遅延ゼロの有線式に軍配が上がります。

とはいえ、今は無線型が主流となっていますし、やはりケーブルがないのは便利なので、ミリ秒レベルの遅延も命取りになるようなシビアなプレイをするのであれば有線を、それ以外であれば無線を基準に考えるといいでしょう。

Razer(レイザー)『Kraken』

手軽に使える有線タイプのヘッドセット。迫力あるサウンドと長時間でも快適に使える装着感が魅力! カラーもグリーン・ピンク・ホワイトなど全5色から好みの色が選べる。

>> Amazonで詳細を見る

形状で選ぶ

ITライター

音質や臨場感を重視するならオーバーヘッド型を

Razerヘッドセットはゲーミング向けのオーバーヘッド型と、主にストリーマー(配信者)向けの軽量なネック型、そして普通のイヤホンと同じ、インイヤー型の3種類に分かれます。

オーバーヘッド型は頭の上から被るように付けるタイプで、音を再生するドライバーのサイズも大きく、音質や臨場感を重視するユーザー向けです。小さな音も聞き逃しにくいのですが、サイズが大きいため、持ち歩くのにはあまり向いていません。

ネック型やインイヤー型は軽量・コンパクトで場所も取りませんし、スマートフォンなどで使うのにも便利ですが、ドライバーのサイズも小さく、音質面ではオーバーヘッド型に一歩譲ります。

どちらがいいかは目的にもよるので一概に言えませんが、ゲーミングという目的に限定するならオーバーヘッド型が一歩リードしていると言えるでしょう。

Razer(レイザー)『Ifrit + USB Audio Enhancer』

軽量でフィット感のいいネックバンド型のヘッドセットに、2人の音声を1台で配信できるUSBオーディオのセット。最初の1台に!

>> Amazonで詳細を見る

そのほかの機能で選ぶ

ITライター

振動・イルミネーション・擬似サラウンドを体感!

Razerヘッドセットには「Razer HyperSense」という機能があります。これは、ゲーム内の周波数に合わせてイヤーパッドが振動する機能で、視覚や聴覚に加えて触覚面でもゲームを楽しめる機能です。

この他にも、イルミネーションによる装飾機能「Razer Chroma」や、長時間装着する際の負担を減らすジェルパッド内蔵のイヤーパッド、擬似サラウンド機能「THX Spatial Audio」など、ゲームを一層楽しむための様々な機能が備わっています。

ヘッドセットを選ぶ際は、こうした機能面にも注目しましょう。

Razer(レイザー)『Nari Ultimate』

タイムラグの少ないワイヤレスのオーバーヘッド型。THX Spatial Audioの360°サラウンドにHyperSenseテクノロジーの振動で、いままでにないゲーム体験ができる!

>> Amazonで詳細を見る

Razerのヘッドセットおすすめ5選 ITライターが選ぶ

ここまで紹介したRazerのヘッドセットの選び方をふまえて、海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer(レイザー)『Kraken』

Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Kraken』

出典:Amazon

形状 オーバーヘッド型
接続方法 3.5mmアナログ
重量 322g
その他、機能 50mmドライバ、冷却ジェル注入型クッション、格納式単一指向性マイク
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

高コスパの入門向けゲーミングヘッドセット

ベストセラー機種だった「Razer Kraken Pro v2」の後継モデルという位置付けの、アナログ接続式オーバーイヤー型(耳を覆うタイプ)のヘッドセットです。

50mmのドライバーを搭載し、ダイナミックで迫力あるサウンドが楽しめます。ヘッドバンド部のクッションが増量しているほか、上位モデルと同じく冷却ジェル入りのイヤーパッドが採用されており、長時間装着していても耳が暑くなったり痛くなりにくく、プレイヤーの負担を軽減してくれます。

定評あるRazerサウンドを手頃な価格で満喫できる、入門向けとしてもコストパフォーマンスが光る一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer(レイザー)『Nari』

Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari』

出典:Amazon

形状 オーバーヘッド型
接続方法 ワイヤレスUSBトランシーバー、3.5mmアナログ
重量 -
その他、機能 THX Spatial Audio、冷却ジェル注入型クッション、ゲーム/チャットバランス、Razer Chroma
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

遅延極小の無線接続ヘッドセット

独自方式の無線接続(2.4GHz帯)により、遅延が少ないワイヤレス接続を実現したステレオヘッドセットです。

本体自体はアナログ接続ですが、付属するUSBレシーバーをPC(またはPlayStation 4)に接続することで、ワイヤレスヘッドセットとしても機能します。

無線接続の距離は最大12mで、部屋の中であれば自由なポジションでゲームが楽しめます。上下方向の差もわかる立体音響技術「THX Spatial Audio」に対応しており、FPSなどで敵の位置をより正確に把握することが可能です。

ヘッドセット上のイルミネーションがサウンドに合わせて変化する「Razer Chroma」を搭載しているほか、50mmのドライバーやクーリングジェル入りイヤーパッドなど、定評のある装備も押さえており、ワイヤレスゲーミングオーディオの入門機としておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer(レイザー)『Nari Ultimate』

Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』 Razer(レイザー)『NariUltimate』

出典:Amazon

形状 オーバーヘッド型
接続方法 ワイヤレスUSBトランシーバー、3.5mmアナログ
重量 -
その他、機能 Razer HyperSense、THX Spatial Audio、冷却ジェル注入型クッション、ゲーム/チャットバランス
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

サウンドを触覚でも味わえる最高峰ヘッドセット

「Razer Nari」の機能をベースに、「HyperSense」を搭載し、音だけでなく体感でも臨場感溢れるプレイを可能にしたRazerヘッドセットの最上位モデルです。

「HyperSense」はイヤーパッド部に振動ドライバーが搭載されており、爆発音などに合わせてイヤーパッドが振動することで、サウンドだけでなく体感でゲームを楽しめる機能です。

映画でも音以外に動きや匂いなども体験できる「4DX」などが流行ですが、まさにこうした流れを汲んだ機能といえるでしょう。ゲームの世界にどっぷりと没入したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer(レイザー)『Hammerhead V2』

Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』 Razer(レイザー)『HammerheadV2』

出典:Amazon

形状 イヤホン型
接続方法 3.5mmアナログ
重量 18.4g
その他、機能 10mm特大ダイナミックドライバー、フラットケーブル、二重フランジアタッチメント
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

小さくてもダイナミックなサウンドを実現

いわゆるインイヤー(耳に装着するタイプ)のイヤホン型ヘッドセットです。

イヤホン型としては大型の10mmドライバーを搭載し、小さいサイズから想像する以上のダイナミックなサウンドを再生します。イヤーピースは標準でダブルフランジ型(返しの部分が2つ付いているタイプ)となっており、高い遮音性を発揮して、ゲームプレイに没入させてくれます。

本機の接続はアナログですが、USB Type-CやLightningといったスマートフォン向けの端子を搭載したモデルも登場しています。

ただ、PCでも使うことを考えるとアナログ接続のものがいいでしょう。コンパクトなので、普段はスマホとセットで使い、ゲームプレイ時に差し替える、といった使い分けをするのにぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer(レイザー)『Ifrit + USB Audio Enhancer』

Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』 Razer(レイザー)『Ifrit+USBAudioEnhancer』

出典:Amazon

形状 ネックバンド型
接続方法 3.5mmアナログ×2、USB
重量 -
その他、機能 調節可能なコンデンサーマイク、2ソース同時入力機能
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ストリーミング配信者向けのセット製品

ネックバンド型の「Razer Ifrit」と、USB DACである「Razer USBオーディオエンハンサー」がセットになった製品です。別々に購入することもできますが、最初の1台としてはセットになった本バンドルが便利です。

もともと「Ifrit」は配信者向けに作られた軽量なヘッドセットで、マイクにノイズ防止のフランジカバー(風防)も付属しているあたりにこだわりが見られます。

本来はアナログ接続なのですが、同梱の「USBオーディオエンハンサー」を使うことでノイズの少ないデジタル接続が可能。

また、「USBオーディオエンハンサー」はアナログ入力を2系統持っているため、「Ifrit」を2台繋げることで、プレイヤーと解説など、2人での配信も容易に行える特徴があります。

サラウンド機能などはありませんが、配信デビューしたい人の入門用としては最適な1台です。

「Razerのヘッドセット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Razer(レイザー)『Kraken』
Razer(レイザー)『Nari』
Razer(レイザー)『Nari Ultimate』
Razer(レイザー)『Hammerhead V2』
Razer(レイザー)『Ifrit + USB Audio Enhancer』
商品名 Razer(レイザー)『Kraken』 Razer(レイザー)『Nari』 Razer(レイザー)『Nari Ultimate』 Razer(レイザー)『Hammerhead V2』 Razer(レイザー)『Ifrit + USB Audio Enhancer』
商品情報
特徴 高コスパの入門向けゲーミングヘッドセット 遅延極小の無線接続ヘッドセット サウンドを触覚でも味わえる最高峰ヘッドセット 小さくてもダイナミックなサウンドを実現 ストリーミング配信者向けのセット製品
形状 オーバーヘッド型 オーバーヘッド型 オーバーヘッド型 イヤホン型 ネックバンド型
接続方法 3.5mmアナログ ワイヤレスUSBトランシーバー、3.5mmアナログ ワイヤレスUSBトランシーバー、3.5mmアナログ 3.5mmアナログ 3.5mmアナログ×2、USB
重量 322g - - 18.4g -
その他、機能 50mmドライバ、冷却ジェル注入型クッション、格納式単一指向性マイク THX Spatial Audio、冷却ジェル注入型クッション、ゲーム/チャットバランス、Razer Chroma Razer HyperSense、THX Spatial Audio、冷却ジェル注入型クッション、ゲーム/チャットバランス 10mm特大ダイナミックドライバー、フラットケーブル、二重フランジアタッチメント 調節可能なコンデンサーマイク、2ソース同時入力機能
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Razerヘッドセットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのRazerヘッドセットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:PCゲーミングヘッドセットランキング
楽天市場:ゲーミングヘッドセットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ITライターからアドバイス Razerのヘッドセット選びに迷ったら……

ITライター

イヤーパッドに注目

Razerのヘッドセット製品は、最近イヤーパッドに冷却ジェルを充填し、布製のカバーを採用したものが増えています。

以前は合皮製のカバーを採用していたのですが、汗を吸い込まないため、長時間着用していると蒸れて着用感が悪くなっていました。

このほかにも形状記憶フォームを採用するなど、イヤーパッドひとつ取っても長時間のプレイ時に負担が少なくなるよう、さまざまな改善が加えられているので、新製品と旧製品をくらべる場合は、価格だけでなく装着感にも着目するといいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スマホ用VRヘッドセットおすすめ5選【VR動画やゲーム向きの商品も紹介】

スマホ用VRヘッドセットおすすめ5選【VR動画やゲーム向きの商品も紹介】

IT・テックライターの石井英男さんに、スマホ用VRヘッドセットの選び方のポイントやおすすめ製品を取材しました。VR(バーチャル・リアリティ)とは仮想現実のことですが、これまで一般的だった3Dとは違って、360度の立体的な仮想世界をリアルに体験できるようになりました。最近では、リコー『RICOH THETA』で撮影した360度動画、DMM.comのVR動画、YouTube VRなど、誰でも気軽に体験できるスマホ用のVRコンテンツも人気です。また、VRで映画を見れるサービスも登場しており、今後も新たな使い道が増えるかもしれません。本記事のスマホ用VRヘッドセットのおすすめ商品や選び方を参考に、ご自身にぴったりな商品を探してみましょう。


VRヘッドマウントディスプレイおすすめ4選【解像度が高い商品を紹介】

VRヘッドマウントディスプレイおすすめ4選【解像度が高い商品を紹介】

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、VRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)の選び方と、おすすめの製品を紹介します。近年、VR HMDやスマートグラスといったウェアラブル端末の小型化、軽量化が進んでおり、仕事や健康管理、医療などの分野にも用途が拡大していくと考えられ、注目を集めています。VR HMDに対応するアプリは多く、映画館でVR HMDを使って映画鑑賞するサービスなども始まっており、身近なものになりつつあります。重さや接続方法、視野角の違いなどが商品によってさまざまで、どれを選べばいいのか悩みますよね。IT・テックライターの石井英男さんの選び方やおすすめ商品を参考に、自分にあった一台を見つけてください!


【2020年版】犬用トイレトレーおすすめ19選|ワイドサイズや固定できる商品も紹介

【2020年版】犬用トイレトレーおすすめ19選|ワイドサイズや固定できる商品も紹介

ドッグトレーナーの長根あかりさんへの取材をもとに、2020年版犬用トイレトレー19選をご紹介します。トイレのしつけにも役立つ犬用トイレトレーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

ゲームライターの辻村美奈さんに聞いた、PCゲーム選びのポイントとおすすめの商品を紹介します。FPSやRPG、シミュレーションゲームなどさまざまなジャンルのものが販売されているPCゲーム。オンラインでいろんな人と対戦できるものも。「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」など、有名なものもご紹介するので、本記事をPCゲーム選びの参考にしてくださいね。


【美白化粧水おすすめ18選!】美容ライターが選ぶ|美しい肌に導く

【美白化粧水おすすめ18選!】美容ライターが選ぶ|美しい肌に導く

美容ライターでエイジング美容研究家の遠藤幸子さんに聞いた、美白化粧水選びのポイントとおすすめの商品を掲載。「美白化粧水」とうたえるのは医薬部外品の商品のみで、さまざまな化粧品メーカーからいろんな美白化粧水が販売されています。まず真っ先に考慮すべきなのは、自分の肌質に合うかどうかということ。また、配合されている美白有効成分、使用感が好みかどうか、継続して使いやすいかなど、選ぶ際に大切になるポイント。遠藤幸子さんのアドバイスを参考に、自分の肌質や肌の悩みに合った美白化粧水をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの化粧水ランキングも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


関連するブランド・メーカー


Razer(レイザー)

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る