ゲーミングマウス『Razer Basilisk』は使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ゲーミングマウス『Razer Basilisk』は使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ゲーマーの間で知名度の高いRazerのゲーミングマウス『Basilisk』。ワイヤレスとなった後継機『Basilisk Ulitimate』が登場した今でも、有線の安心感から根強い人気を誇っています。「世界最先端のFPS(一人称視点のシューティングゲーム)向けゲーミングマウス」と銘打っており、コアなゲーマー向けにさまざまな工夫が施されているこの商品を、今回は実際に購入して特徴や操作性などを検証してみました。


Basiliskを実際に購入して使ってみた

Basilisk箱

アメリカでゲーム周辺機器を多く開発している「Razer」。なかでも『Naga』『Viper』『Death Adder』など、ヘビの名を冠したマウスは、多くのゲーマーに愛用されています。

操作のしやすさ、マウスの感度や遅延の少なさなど、実際にゲームに使って体感してみないと、ゲーミングマウスの使いやすさはわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『Basilisk』を実際に購入し、操作性や使いやすさを検証してみました。

Basiliskとは? 公式サイトの情報などを調査

Razer『Basilisk』は、2017年11月に発売された右手用の有線ゲーミングマウス。ハードなFPSのプレイにおける、さまざまな配慮が施されたマウスです。

解像度は最大16,000DPI、移動速度は450IPSという高性能。またスクロールホイールをまわすときにかかる負荷の調整ができたり、左側にあるDPIスイッチでマウスの感度を一時的に変えることができます。

ほかにも長時間のゲームプレイでも疲れにくいフォルムや、5,000万回のクリックにも耐えられるという耐久性も特徴のひとつです。

Basiliskのセット内容は?

Basiliskセット内容

『Basilisk』のセット内容はマウス本体と説明書、DPIクラッチボタンの長さ調節をするためのアタッチメントが2種類。説明書の文字は小さいですが、日本語を含めたさまざまな言語に対応しています。

Basiliskの評判や口コミをまとめてみた SNSやECサイトでの評価は?

Basilisk口コミ

多くのゲーマーたちの間で愛用され、高い評価を得ている『Basilisk』ですが、なかにはネガティブな評価をしている人も。ここでは、実際にあったさまざまな評判や口コミをご紹介していきます。

Basiliskのポジティブな評判や口コミ

有線であることが気になる人も多いかもしれませんが、「ケーブルが細くやわらかいので苦にならない」という評価が多かったです。

また公式でも特徴として謳っている「ホイールの負荷調整」「DPIスイッチ」も使いやすいと評判のようでした。

Basiliskのネガティブな評判や口コミ

とくに目立っていたのは、管理ソフト「Razer Synapse 3」がいまだベータ版なうえ、「不具合が多い」という意見。コアにFPSをプレイする人にとっては気になる点でしょう。

また「使っているうちにチャタリング(1回クリックしただけなのに、ダブルクリックと認識されてしまう現象)が多発した」という声もありました。

Basiliskを実際に使って検証 検証レビュー

Razer『Basilisk』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「握りやすさ」「操作性」「カスタマイズ」の観点から、それぞれ検証していきます。

Basiliskのデザインは?

まずは、『Basilisk』の外観から見ていきましょう。このマウスならではの独特なフォルムになっていますよ。

上から見たところ

Basilisk上から

フォルム自体はいたってシンプル。傾斜が比較的ゆるやかで、どんな持ち方にも対応できそうです。左側のスカート部分は、親指をしっかりフォローしてくれますよ。

Basiliskランプ

パソコンに接続すると、ホイール部分とマウス下部のロゴが発光します。Razer製品をあらわすヘビのロゴがかっこいいですね。一定時間ごとに赤になったり、緑になったりとカラフルに変化します。

もうひとつ特徴的なのは、ホイール下の2つのボタン。デフォルトではマウス感度を切り替えるために使うもので、ポインタが速くなったり遅くなったりします。

横から見たところ

Basilisk横から

2つのサイドボタンは、デフォルトでは前方は「戻る」、後方は「進む」の機能が割り当てられています。

サイドボタンの下側にあるのはDPIクラッチボタン。デフォルトでは「押している間だけ、一時的に設定しておいたDPIに変更する」機能があります。素早い操作が必要なときはDPIを上げ、そうでないときは通常に戻すという感じですね。これはゲーミングマウスならではの機能です。

Basiliskクラッチボタン

DPIクラッチボタンは、アタッチメントで短くすることもできます。

Basiliskクラッチボタン蓋

DPIクラッチボタンを使わないのであれば、フタでふさいでしまうと邪魔になりません。

裏から見たところ

Basilisk裏

上下端と右側にある大きなソールが特徴的。触ってみるとツルツルで、滑りがよさそう。中央のセンサーのまわりにもソールが配置されています。

Basilisk裏ランプ

右側についているのは電源ランプではなく、「プロファイルランプ」というもの。管理ツールで設定した内容を最大4つまで保存することができ、ランプ下のボタンで切り替えることでランプの色が変わっていきます。

Basiliskスクロール調節

上側には、スクロールホイールのかたさを調節できるダイヤル。かためでグリグリ音をさせることも、やわらかい回転で無音にすることもできます。

Basiliskの握りやすさは?

『Basilisk』の握りやすさはどうでしょうか。「かぶせ持ち」「つかみ持ち」「つまみ持ち」をそれぞれ試してみました。

Basilisk手のひら

筆者の手の大きさはこんな感じ。ハンドボールが握れない、男性としては小さな手です。

Basiliskかぶせ持ち

手のひらでマウスを覆うように持つ「かぶせ持ち」を試してみました。

まずは「かぶせ持ち」から。手のひらが自然にフィットし、親指もちょうどサイドボタンにかかる感じです。DPIクラッチボタンは親指を少し前方に伸ばさないと届きませんが、ほんの少しの距離なのでさほど気になりませんでした。

ホイール下のDPI切り替えボタンが指の根本にかかっており、こちらはかぶせ持ちでは少し押しにくいかもしれません。

Basiliskつかみ持ち

手のひらの位置はそのままに、指先を立ててつかむように持つ「つかみ持ち」を試してみました。

「つかみ持ち」をすると親指がDPIクラッチボタンからさらに離れてしまいました。逆にホイール下のDPI切り替えボタンとの距離は縮まっており、かぶせ持ちのときよりも押しやすくなった印象です。

Basiliskつまみ持ち

手のひらの位置を後ろに下げて指先を立てて持つ「つまみ持ち」を試してみました。

こちらは「つまみ持ち」です。もはや親指がDPIクラッチボタンに届きません。逆にホイール下のDPI切り替えボタンは指のほぼ真横にあり、格段に押しやすくなりました。

DPIクラッチボタンを使いこなすか、ホイール下のDPI切り替えボタンをメインに使うか、持ち方によって変わってくるのではないでしょうか。

Basilisk重さ

重さはスケールにケーブルを乗せない状態でおよそ105gと軽いため、長時間のゲームプレイでも疲れにくそうです。筆者もFPSを3時間ほど連続プレイしましたが、まったく疲れは感じませんでした。

Basiliskの操作性は?

有線マウスなので、ペアリングはUSBケーブルをパソコンにつなげるだけ。バッテリー切れの心配をしなくていいのは有線の強みですよね。ケーブルの長さにもゆとりがあるので、とりたててケーブルが邪魔と感じることはありませんでした。

左右クリック、サイドボタンともにクリック音はそれほど大きくありません。静かな環境でもそれほど気にならないかなと思いました。サイドボタンは大きくて押しやすいのですが、親指の曲げ伸ばしが大きくなる分、疲れやすいかもしれません。

Basiliskホイール

ホイールはデフォルトだとかなりかため。少し力を入れてまわしても、あまりスクロールしてくれないうえ、音も気になります。裏面の負荷調整ダイヤルを「-(マイナス)」の方向にまわしておいたほうがいいかも。めいっぱいまわすと、無音・無感触になって快適です。ただし、このダイヤルでスクロールの速さを調節することはできません。

また、ホイールは中ボタンにもなっています。デフォルトでは、これを押すことで自動スクロールができるように

中ボタンを1回押した後、上か下にスクロールすれば、再び中ボタンを押すまで自動でスクロールします。ホイールをまわせばスクロールスピードが上がりますが、文字を読みにくくなってしまうので必要がない場合はいじらないほうがいいかもしれません。

BasiliskDPI切り替えボタン

DPIを切り替える2つのボタンは、デフォルトでは800・1,800・4,500・9,000・16,000DPIに切り替え可能。下ボタンでDPIを下げ、上ボタンで上げます。

ただ1,800DPIでも結構な速さ。16,000DPIだと速すぎて、もはや操作不能です。ふだん使いにするなら、DPIは変更しないほうがいいでしょう。

BasiliskDPIクラッチボタン

同様にDPIクラッチボタンも、ゲーム以外の用途では使う機会はないかもしれません。

Basilisk試し書き

ペイントツールで絵と文字を書いてみました。デフォルトのままでも快適。ゲーム以外の用途なら、あまり設定をいじらないほうがいいかも。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

Basilisk管理ツールDLページ

『Basilisk』の管理ツール「Razer Synapse 3」は、下記URLからインストールできます。ファイルサイズが大きく時間がかかりますが、完了するまで気長に待ちましょう。

Razer Synapse 3 ダウンロードページ

管理ツールはパソコンに常駐するため、パソコンを立ち上げるたびにRazerのロゴが表示され、少し重くなってしまうのが泣きどころ。また不具合の報告が多いようですが、筆者が使ったときは幸いにも不具合は出ませんでした。

カスタマイズ

Basilisk管理ツールボタン割り当て

マウスの各ボタンについて、割り当てるキーを選択します。ほとんどすべてのキーを割り当てることができ、Windows標準アプリを起動することもできるので、ゲーム以外の用途でも重宝するでしょう。

『Basilisk』はマウス操作をデフォルト以外に4種類まで登録可能です。「Fortnite」用、「Call of Duty」用といったように、ゲームによって異なる設定を登録しておくと便利ですね。切り替えもマウス裏面のランプの下にある、プロファイルボタンを押すだけなので、かんたんですよ。

BasiliskカスタマイズHypershift

マウスのボタンのいずれかを「Hypershift」キーとして選択しておくと、先ほど割り当てた操作とはまた別のキー操作を割り当てることができます。

たとえばDPIクラッチボタンを使わないなら、Hypersiftキーとして登録。これを押しながらほかのボタンを押すことで、標準として割り当てた操作以外の別の操作を新しく割り当てることができます。単純に割り当てられる操作の数が増えると考えていいでしょう。

パフォーマンス

BasiliskDPI設定

「パフォーマンス」の画面ではマウス感度(DPI)を設定できます。標準で5種類のDPIがセッティングされていますが、この数値は自由に変更可能。必要がなければ、変更できるDPIを2種類まで減らすことも。

ライティング

Basiliskライティング設定

「ライティング」はマウスの発光をコントロールするタブです。明るさを変えたり、一定時間無操作でライトを消して省電力にしたいときに使いましょう。ライトの光り方を変えることもできますよ。

マウスパッド表面較正

Basiliskマウスパッド表面較正

「マウスマット表面較正」というタブも。こちらはRazerの別売りマウスパッドがないと使わない機能。登録したマウスパッドに合わせて、マウスの精度を最適化してくれるというものです。

「Mouse Tester」で『Basilisk』の遅延をチェック

Basiliskマウステスター

上の波と下の波が対称になっていれば遅延が少ないということ。独立した点があっても、バラバラすぎなければOKです。

「Mouse Tester」というアプリで、マウスの遅延をチェックしてみました。上の波と下の波がほぼ規則的に並んでいます。バラけた点もないので、遅延はほぼないということ。さすがは有線マウスといったところですね。

筆者は『Basilisk』を使ってFPS(一人称視点のシューティングゲーム)をプレイしましたが、遅延を感じることはまったくありませんでした。

Razer(レイザー)『Basilisk』

RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1 RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1 RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1 RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1 RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1 RazerBasilisk有線ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02330100-R3A1

出典:Amazon

サイズ 幅75×奥行124×高さ43mm
重量 107g(ケーブル除く)
最大解像度 16,000DPI
ボタン数 8個

Basiliskはゲーミングマウスの定番! レビュー総括

Basiliskチャート

Razer Basiliskを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

Razer『Basilisk』を実際に購入して商品の特徴や操作性を検証しました。

ボタンが多いうえにカスタマイズの自由度が高いため、有線のゲーミングマウスを探している人におすすめできます。ゲーミングマウスとしての使いやすさはもちろんのこと、ふだん使いのマウスとしても優秀だと感じました。

『Basilisk』は、ワイヤレスに対応した最新バージョン『Basilisk Ultimate』もあります。少し高価ですが、こちらもチェックしてみてください。

Razer(レイザー)『Basilisk Ultimate』

RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1 RazerBasiliskUltimateゲーミングマウス高速無線11ボタンチルトスイッチFocus+センサー20000DPI充電スタンド付Chroma【日本正規代理店保証品】RZ01-03170100-R3A1

出典:Amazon

サイズ 幅60×奥行130×高さ42mm
重量 107g(ケーブル除く)
最大解像度 20,000DPI
ボタン数 11個

そのほかのマウス関連の記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:micksrate、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【コスパも機能も!】ガジェットレビュアーおすすめの中華マウス6選

【コスパも機能も!】ガジェットレビュアーおすすめの中華マウス6選

ネットショップなどでマウスと調べると非常に多くの商品が販売されています。使いやすさやデザインのいいモデルもある反面、壊れやすかったり見た目だけのマウスというものも多いです。数多くのガジェットを購入、レビューしてきたガジェットレビュアーの東雲八雲さんにおすすめの中華のマウスを選んで頂きました。はじめてマウスを選ぶという人もぜひチェックしてみてください。


バーチャルキーボードおすすめ7選|仕組みと選び方、マウス機能も紹介

バーチャルキーボードおすすめ7選|仕組みと選び方、マウス機能も紹介

レーザーで投影したキーをタッチして文字の入力を行なう「バーチャルキーボード」。少し前までは想像もできなかったアイテムで、はじめて見る方は驚くかもしれません。今回は、ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、そんな時代の先駆けとなるバーチャルキーボードをご紹介していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年】中華キーボードおすすめ10選|ゲーミング用から仕事用まで紹介

【2021年】中華キーボードおすすめ10選|ゲーミング用から仕事用まで紹介

キーボードといえば、パソコンの要(かなめ)。ブログの記事の執筆やプログラミング、メール作成、小説の執筆などキーボードなくしては成り立ちません。専門に作るメーカーも増え、毎年数百種類ほどが新製品として販売されています。この記事では家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアーの東雲八雲さんにオススメの中華キーボードを選んでもらいました。比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


中華製Bluetoothキーボードおすすめ5選|高コスパ・メカニカル式も

中華製Bluetoothキーボードおすすめ5選|高コスパ・メカニカル式も

多くのガジェット媒体にて執筆してきた、ガジェットレビュアー・東雲八雲さんに中華製のBluetoothキーボードの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。Bluetoothキーボードは、スマートフォンやパソコンの文字入力で活躍する入力デバイスです。本体デバイスとは無線のBluetoothで通信するので、入力先とのケーブル接続がいらずデスクの上もスッキリします。しかし、多くの製品が販売されており、違いがわからずその中から選ぶのは意外と大変でしょう。本記事を参考にして、最適な中華製のBluletoothキーボードを選んでくださいね。


マウスバンジーおすすめ7選|FPSゲームの強い味方! デスク周りスッキリ

マウスバンジーおすすめ7選|FPSゲームの強い味方! デスク周りスッキリ

パソコンでゲームをする際、マウスのケーブルが邪魔になったことがあるなら、ケーブルを浮かせた状態で固定してくれるマウスバンジーがおすすめです。素早く正確なマウス操作が必要になるFPSゲームで効果を発揮します。ここでは、ITライター・酒井麻里子さんが選ぶマウスバンジーの選び方とおすすめ7選についてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Razer(レイザー)

新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る