手軽におしゃれにPCを整理する・守る!CPUスタンドおすすめ8選

ybaymy cpuホルダー 吊り下げ cpuスタンド デスクトップ用 コンピューターホルダー 調節可能なウォールPCマウント ほこり対策 pc 吊り下げ 耐荷重25kg ブラック 人間工学オフィス製品家具
出典:Amazon

本記事では、CPUスタンドの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介。また、記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、ぜひ売れ筋や口コミも確認してみてください。


目次

ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。


モニターは机の上に置き、スペースの節約のため、PCを床に置いている方もいらっしゃると思います。そんなとき、PCにホコリがたまることを不安に思ったり、模様替え時にもっとかんたんに移動させたいと思う方も多いと思いのではないでしょうか。

そんなとき便利なのが「CPUスタンド」。PCをホコリから守ったり、PCの移動がラクになりメンテナンスしやすくなります。また、形状や素本によって、デスク周りをおしゃれにすることも可能。

本記事では、CPUスタンドの種類や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。本記事を読めば、CPUスタンドの基本的な選び方を知ることができるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

CPUスタンドとは

CPUスタンドとは、PCを設置するためのスタンドのこと。パソコンを設置する際、デスクの上だけでなく、床へ直に置く場合もあります。そんなとき、CPUスタンドを設置することで、移動もしやすく、また、床と空間ができることで、冷却や掃除もしやすく、パソコンの性能を発揮させることも可能。

現在では、大きいCPUを設置できるタイプや、横に設置できるタイプなど、タイプやサイズも様々です。本記事を参考に、ぜひ自分にピッタリの商品を見つけてください。

CPUスタンドの形状・タイプ


CPUスタンドには、「キャスター付きタイプ」「取り付け/マウントタイプ」「ボックスタイプ」の3種類があります。それぞれの特徴をしっかり把握していきましょう。

キャスター付きタイプ:移動がラクちん!

キャスター付きタイプは、キャスターが付いていてゴロゴロと床の上を移動させられるタイプ。

例えば足元に置いたタワー型PCで、たまに背面のポートにアクセスする必要がある場合などに便利です。

取り付け/マウントタイプ:しっかり固定で安心!

取り付け/マウントタイプは、マウントなどでPCをしっかりと抱え、机の下などに固定できるタイプ。

デスクの上ではなく、下に設置するため、小型PCなどで置き場を節約したい場合にピッタリです。

ボックスタイプ:ホコリから守る!

ボックスタイプは、PC全体をボックスの中に入れ、覆ってしまうタイプ。

遺物などをボックスで守れるため、事務所などでサーバーをホコリなどから守りたい場合にピッタリのタイプです。

CPUスタンドの選び方


それでは、CPUスタンドの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

・素材
・耐久重量
・サイズ


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】素材をチェック


CPUスタンドの素材は、インテリアに大きく関わる部分、こちらも一つひとつ解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▼プラスチックタイプ:安価で軽量なタイプ

プラスチック製のスタンドは安価で軽量ですが、耐荷重や耐久性がやや低めになる傾向があるほか、見た目に安っぽく見えてしまうこともあります。

床に置いて使うケースが多く、あまり目につかないとはいえ、インテリアなどと合わないのは考えものです。

▼金属製・スチール製・木製:インテリア性が魅力のタイプ

金属製やスチール製のスタンドは取り付け/マウントタイプなどが多く、PCのメカニカルなデザインと相性がいいため、インテリア性高く配置することができます。

また、木製のスタンドは、デスクが木製の場合、相性がよくなります。色合いも確認しなければいけませんが、ナチュラルな雰囲気になるため、木製もおすすめの素材です。

【2】耐久重量をチェック

スタンドを選ぶとき、使いたいPCのサイズに合っていることはもちろんですが、耐久重量にも気をつけましょう。デスクトップPCの場合、金属製ケースやガラスのパネルなどを使っていると、構成によっては20kg近くなることもあります。

プラスチック製のスタンドでは耐久重量が10kg前後というものもあるため、使っているうちに壊れてしまうこともあり得ます。自分のPCの重さを考えて、しっかり支えられる製品を選びましょう。

【3】サイズをチェック

大前提の話になりますが、自宅などで使っているパソコンのサイズに合わないと、使うことができません。そのため、乗せることができるか対応幅もチェックしましょう。

なお、パソコンケースにサイズは、ミニタワー、ミドルタワー、フルタワーなどがあります。同じサイズで共通の規格になっているわけではないので、購入後に後悔しないよう実寸を出しておきましょう。

エキスパートのアドバイス

ITライター

背面のケーブルの長さも考慮しよう

PC用スタンドを選ぶ時、PCケースや机の下に収められるようにするのはもちろんですが、意外と忘れがちなのが、背面に出るケーブルの長さです。接続するケーブルの硬さやコネクターの形状にもよりますが、パソコンやスタンドそのもののサイズよりもおよそ10cm程度、余裕を持たせた方が安全です。

その結果、机から余分にはみ出してしまうこともあるため、その場合は横向きに収めてみるなど、運用面での工夫が必要なこともあります。

おすすめ4選|キャスター付きタイプ


上記で紹介したCPUスタンドの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。まずは、キャスター付きタイプの商品です。ぜひ参考にしてください。

サンワサプライ『CPUスタンド(CP-030)』

サンワサプライ『CPUスタンド(CP-030)』

出典:Amazon

本体サイズ W500×D479(取っ手を含む)×H281mm
重量 4.9kg
スタンド形状 キャスター付き
耐久重力 50kg
素材 スチール(エポキシ樹脂粉体塗装)

2台まとめて設置可能なCPUボックス

タワー型PCを2台収納できるCPUスタンドです。一度に2台まとめておけるので、隣同士の席のPCをまとめたり、サーバー用PCと普段使いのPCをまとめるといった使い方が可能です。

スタンドとしてはブックエンドのようなパネルでPCを挟み込むタイプで、パネルを動かすことで1台だけ支えることもできます。企業のオフィスや学校など、複数のパソコンを使う環境で便利なスタンドです。

サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』

サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』

出典:Amazon

本体サイズ W96~320×D400~280×H120mm
重量 0.5kg
スタンド形状 キャスター付き
耐久重力 20kg
素材 PP樹脂

安価で軽量、対応ケースも多彩

CPUスタンドとしては定番ともいえる人気製品です。上から見るとX字になっており、交差するバーを動かして幅を自由に調節できるタイプです。

PCは四隅の突起部で支えますが、スポンジゴムが付いており、傷付ける心配がありません。対応幅が10mm〜255mmと幅広く、耐荷重が20kgあり、スリムケースからフルタワーまで、ほとんどのPCをしっかり支えてくれます。

キャスターは四隅に加えて中央にも1つあるため、重いケースもしっかり支えて、たわんだり、移動時にガタつくことがありません。

折りたためるため、使わないときもコンパクトに収納できるなど、CPUスタンドに求められる性能はしっかり抑えていながら、安価さが魅力です。とりあえず迷ったらこれで決まりでしょう。

コクヨ『CPUスタンド EAS-CS480NC』

コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』 コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』 コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』 コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』 コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』 コクヨ『CPUスタンドEAS-CS480NC』

出典:Amazon

本体サイズ W295×D480×H203mm
重量 -
スタンド形状 キャスター付き
耐久重力 294N(約30kgf)
素材 本体/スチール、キャスター樹脂部/PA6(ナイロン)

幅調整ができスリムタイプから大型サイズに対応

ねじ・ボルトにより185~265mmまで幅調整が可能です。コンピューターを乗せた状態で幅を調整でき、しっかりと固定されるので、安定性も抜群です。

本体には取っ手やキャスターがついているため移動もスムーズにおこなえます。前輪の2つにはストッパーがついており、机の下などで動かないように固定できます。

また、スチールボディでオフィス用品とマッチしやすいデザインとなっています。

ドミホーム『キャスター付き台車』

ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドミホーム『キャスター付き台車』

出典:Amazon

本体サイズ 約W400mm×D250mm×H70mm
重量 約1.2kg
スタンド形状 キャスター付き
耐久重力 約18kg
素材 本体/合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン加工)、キャスター/ABS

おしゃれな木目調のシンプルCPUスタンド

側板なしのシンプルなデザインによりコンピューターだけでなく、机の下のカバンや書類の収納にも便利です。

キャスターがついているため掃除のときなどは移動もできます。
2個の車輪にはストッパーがあり、普段はストッパーで位置を固定できます。

長く愛用いただくために耐久性や耐汚性にこだわり、天板や稼働板にはキズや水に強いメラミン加工を施しています。

ドリス『PCカート PIA』

ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』 ドリス『PCカートPIA』

出典:Amazon

本体サイズ W140×D580×H175mm
重量 約2kg
スタンド形状 キャスター付き
耐久重力 15kg
素材 合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン加工)

PCのヒートアップを防ぐ通気スペースを確保

4つのキャスターが付いているためスムーズな移動ができ、掃除がしやすいです。カート後方にはコードを収納できるスペースがあり、ホコリ対策として蓋もついています。

色はブラックとホワイトメープルの2種類です。

天板部分等の板にはメラミン加工が施されているため、キズや水に強いです。

おすすめ2選|取り付け/マウントタイプ


続いては、取り付け/マウントタイプのCPUスタンドです。ぜひ参考にしてください。

ベルテック『PCホルダー(EGCP-400)』

ベルテック『PCホルダー(EGCP-400)』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 -
スタンド形状 取り付け/マウント
耐久重力 最大12kgまで
素材 スチール、プラスチック、ゴム

机の下にPCを吊り下げ固定

デスクの天板にねじ止めして吊り下げるタイプのCPUスタンドです。床置きのスタンドと比べて足元が空くため、ロボット掃除機などと共存しやすいこと、ホコリなどを吸い込みにくいといった利点があります。

対応するPCのサイズは、幅が30mm〜220mm、高さが230mm〜450mm、重さが最大12kgまでと限られていますが、前後の移動に加えて左右に回転することもでき、スタンドに置いたままでドライブ類などへのアクセスも柔軟に行えます。

サイズ的な制限に問題がなければ、オフィスなどでの利用にもおすすめです。

StarTech.com『シンクライアントCPUホルダー ACCSMNT』

StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダーACCSMNT』

出典:Amazon

本体サイズ W80×D118×H95mm
重量 0.66g
スタンド形状 取り付け/マウント
耐久重力 5kg
素材 スチール、プラスチック

ディスプレイ裏にPCを装着

ディスプレイを壁やディスプレイアームなどに固定する「VESAマウント」に、超小型PCを取り付けるためのCPUスタンドです。

超小型PCは、Intelの「NUC」やアップルの「Mac mini」など、幅70mmで5kgまでの製品に対応しています。

ディスプレイの裏側にVESAマウント(75×75または100x100)がある場合、ここにスタンドをねじ止めし、PCを設置できます。

ディスプレイ背面に置かれるため、アクセスはしにくくなりますが、一体型PCのように使えるため、デスクの上はすっきりと作業しやすくなります。小型PCを使っている人は要チェックです。

おすすめ1選|ボックスタイプ


最後は、ボックスタイプのCPUスタンドです。こちらもぜひ参考にしてください。

セイテック『防塵ラック Tidy Box CPU W5』

セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』 セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』 セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』 セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』 セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』 セイテック『防塵ラックTidyBoxCPUW5』

出典:Amazon

本体サイズ W300×D600×H550mm
重量 14kg
スタンド形状 ボックスタイプ
耐久重力 35kg
素材 スチール(透明板はアクリル)

大事なPCを埃(ちり)や劣悪な環境から守る

PCをすっぽり収納できる箱型のCPUスタンド(CPUボックス)です。前面にアクリル製の扉があり、さらに外気が入り込む部分にはフィルターが被せられている防塵(ぼうじん)仕様のため、埃などの侵入を完全にシャットアウト。

背面には最大で2つまで空冷ファンを取り付けられ、内部の熱を効率よく放出してくれます。サーバーなど、常時動作させておくが、ホコリなどの要因で故障や不調の原因にしたくない重要なPCを入れておくのにピッタリです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
サンワサプライ『CPUスタンド(CP-030)』
サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』
コクヨ『CPUスタンド EAS-CS480NC』
ドミホーム『キャスター付き台車』
ドリス『PCカート PIA』
ベルテック『PCホルダー(EGCP-400)』
StarTech.com『シンクライアントCPUホルダー ACCSMNT』
セイテック『防塵ラック Tidy Box CPU W5』
商品名 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-030)』 サンワサプライ『CPUスタンド(CP-031)』 コクヨ『CPUスタンド EAS-CS480NC』 ドミホーム『キャスター付き台車』 ドリス『PCカート PIA』 ベルテック『PCホルダー(EGCP-400)』 StarTech.com『シンクライアントCPUホルダー ACCSMNT』 セイテック『防塵ラック Tidy Box CPU W5』
商品情報
特徴 2台まとめて設置可能なCPUボックス 安価で軽量、対応ケースも多彩 幅調整ができスリムタイプから大型サイズに対応 おしゃれな木目調のシンプルCPUスタンド PCのヒートアップを防ぐ通気スペースを確保 机の下にPCを吊り下げ固定 ディスプレイ裏にPCを装着 大事なPCを埃(ちり)や劣悪な環境から守る
本体サイズ W500×D479(取っ手を含む)×H281mm W96~320×D400~280×H120mm W295×D480×H203mm 約W400mm×D250mm×H70mm W140×D580×H175mm - W80×D118×H95mm W300×D600×H550mm
重量 4.9kg 0.5kg - 約1.2kg 約2kg - 0.66g 14kg
スタンド形状 キャスター付き キャスター付き キャスター付き キャスター付き キャスター付き 取り付け/マウント 取り付け/マウント ボックスタイプ
耐久重力 50kg 20kg 294N(約30kgf) 約18kg 15kg 最大12kgまで 5kg 35kg
素材 スチール(エポキシ樹脂粉体塗装) PP樹脂 本体/スチール、キャスター樹脂部/PA6(ナイロン) 本体/合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン加工)、キャスター/ABS 合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン加工) スチール、プラスチック、ゴム スチール、プラスチック スチール(透明板はアクリル)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする CPUスタンドの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのCPUスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:CPUスタンドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、CPUスタンドの種類や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、CPUスタンドの形状・タイプごとの特徴をしっかり掴んだ上で、インテリア性に関わる素材をチェックし、耐久重量、サイズが安心してPCを乗せられるものであれば、きっと使いやすい、安定感のある商品を見つけられるはずです。

掃除やデスクの整理、また、熱の放出など、様々な用途で使えるCPUスタンド。よりデスク周りを整理したいという方にとってはピッタリの商品ですので、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリのCPUスタンドを見つけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/15 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


PS4 Pro HDDおすすめ8選|【内蔵・外付け】バックアップや録画にも

PS4 Pro HDDおすすめ8選|【内蔵・外付け】バックアップや録画にも

PS4 Proのストレージ容量を拡張するならHDDの増設をご検討ください。内蔵HDDと外付けHDD、それぞれメリットが異なります。ここでは、ITライターの海老原 昭さんと編集部が厳選したPS4 Pro HDDのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、グレードアップ用にHDDの購入を検討している方は、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


バッファロー無線LANルーターおすすめ12選|簡単接続・Wi-Fi6対応モデルも

バッファロー無線LANルーターおすすめ12選|簡単接続・Wi-Fi6対応モデルも

ご家庭でスマートフォンやパソコンを使用する場合、無線LANルーターがあれば快適に使用することができます。なかでもバッファローは定番メーカーで、新規格Wi-Fi6適合モデルはじめ、多くの無線LANルーターを出しています。ここでは、IT&家電ライターの秋葉けんたさんと編集部が厳選したBUFFALO(バッファロー)の無線LANルーターのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【2021年】防水Bluetoothスピーカーおすすめ24選|音質・コスパで厳選! IPX7も

【2021年】防水Bluetoothスピーカーおすすめ24選|音質・コスパで厳選! IPX7も

お風呂やキッチン、水場で音楽が楽しめる防水Bluetoothスピーカー。ワイヤレス機能はもちろん、軽量・コンパクトサイズで手軽に屋外へ持ち出せます。この記事では、防水・防塵性能を表すIPXの解説とともに、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんとオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんら専門家が厳選した高音質・高コスパモデルなど防水Bluetoothスピーカーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


作業効率をグッと上げるMac対応マウスおすすめ13選|デザインと機能に注目

作業効率をグッと上げるMac対応マウスおすすめ13選|デザインと機能に注目

「ずっとMacbookを使っていたが、せっかくならおしゃれなマウスも使いたい」「作業効率を上げるために、新しいマウスが欲しい」MacbookやiMacのユーザーの方はマウスを使用せず、トラックパットを使用したり、Magic Mouseを使用している方が大半だと思います。また、もしマウスを購入するならMagic Mouse一択という方も多いですよね。しかし実は、Magic Mouse以外にも、おしゃれで高機能なマウスも各社発売しているので、Macブランドにこだわらなければ、自分に合ったマウスを手に入れられるかもしれません。本記事では、Mac対応マウスの選び方やおすすめ商品をご紹介。Macのデザインにも引けを取らないおしゃれで機能的な商品を紹介しています。本記事を読めば、どんな機能の、どんな種類のマウスが使いやすいか、一定の基準ができるはずですので、ぜひ参考にしてください。


PS4向けUSBメモリおすすめ15選【プロ厳選ランキングも】ゲーム動画に最適!

PS4向けUSBメモリおすすめ15選【プロ厳選ランキングも】ゲーム動画に最適!

「ゲーム動画をUSBメモリに録画保存して配信したい」「PS4のセーブデータをUSBメモリにバックアップしておきたい」など、さまざまな理由でUSBメモリがほしい方もいるのではないでしょうか。PS4で選びたいUSBは3.0以上。容量によって使い勝手が異なるので、用途や目的に合った商品を選ぶことが大切です。この記事では、PS4向けのUSBメモリのおすすめ商品と選び方を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。