【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!
オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。ウォークマンなどの専用プレーヤーよりもスマートフォンで音楽を聴くことが主流となった現在は、ヘッドホンは有線モデルよりもBluetoothワイヤレスが多数を占めるようになりました。しかし、ワイヤレスゆえに気をつけるポイントがいくつかあります。そこで、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんにBluetoothヘッドホンの選び方のコツについて教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


Bluetoothヘッドホン選び方のコツとは? オーディオ・ビジュアル評論家が解説!

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、Bluetoothヘッドホンを選ぶときのポイントを
5つ教えてもらいました。

スマホや音楽プレーヤー、PCなどBluetooth対応製品が多い現在、Bluetoothヘッドフォンがあると便利です!

音質などスペックは要チェック

オーディオ・ビジュアル評論家

コーデック(圧縮方式)もチェック

ひと昔前まではBluetoothヘッドホン=音が悪いというイメージがありましたが、最新モデルではドライバーなどハードウェアの進化やコーデック(音の変換や圧縮の形式)と呼ばれる音声伝達方式の多様化などによって、有線ヘッドホンに遜色(そんしょく)のない音質をもつ製品も登場してきました。

もちろん利便性は重要ですが、音質に満足できないのであれば長く使い続ける気持ちになれません。まずは、音の気に入ったBluetoothヘッドホンを探し出しましょう。

ちなみに、コーデックはaptXやaptX HD、LDACなどに対応している製品がおすすめです。

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』

高音質なapt-Xに対応、S-Logic採用でULTRASONE特有の広がりのあるサウンドが楽しめる小型軽量Bluetoothヘッドフォン。

>> Amazonで詳細を見る

屋外使用がメインなら密閉型一択

オーディオ・ビジュアル評論家

密閉型は音漏れも少ない

Bluetoothヘッドホンは、ワイヤレスの利便性から屋外での使用がメインとなってきます。電車内やオフィスなど、人の多い場所で使う場合は音漏れが気になるところ。そういったシチュエーションをあらかじめ想定して、ヘッドホンのハウジング(スピーカー部分などを保護する)部分は開放型ではなく密閉型をチョイスしましょう。

実際、Bluetoothヘッドホン製品は大半が密閉型ですが、なかには開放型のモデルもあります。音場的な広がり感がよく、音色的なクセの少ない開放型ヘッドホンのサウンドはたしかに魅力的ですが、利用は室内のみに留めるのが無難です。

AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』

しっかり耳を覆う密閉型なので音漏れの心配も少ない! ノイズキャンセリング機能もついていて移動中の騒音をカットして音楽に集中できる。

>> Amazonで詳細を見る

騒音を大幅カットするならアクティブノイズキャンセリング機能

オーディオ・ビジュアル評論家

ノイキャンはピュアな音を耳にとどけてくれる

最近は外からのノイズを抑えるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホンが増えてきています。

実際、屋外使用時に騒音を低減してくれるアクティブノイズキャンセリング機能は、どんなシチュエーションでもピュアなサウンドを楽しめますし、音が耳までよく届いてくれることから音量を小さくすることもできます。

電車内など騒音レベルの高い環境でヘッドホンを利用するなら、やや高価となりますが、アクティブノイズキャンセリング機能搭載製品を候補に入れてみてください。

BOSE(ボーズ)『Noise Cancelling Headphones 700』

環境に合わせて11段階のノイズキャンセリングレベルを自由にコントロール! アナウンスを聞いたり、ちょっとした会話のときはボタンひとつで一時停止できる。

>> Amazonで詳細を見る

操作性が好みの製品をチョイスするのもアリ

オーディオ・ビジュアル評論家

操作性の善し悪しで選ぶのもあり

Bluetoothヘッドホンはプレーヤーとの接続切替や楽曲操作、音量調整、電話の受話操作などが行えるなど、かなりの多機能さを持ち合わせています。最新モデルでは、スマートフォンなどを音声操作できる製品も登場してきました。

こういった機能性の高さから、Bluetoothヘッドホンにはさまざまな操作ボタンが配置されています。

製品によっては、タッチパッド操作などを採用したモデルもあります。どの操作体系も慣れれば特に問題ありませんが、操作性の好みでチョイスするのもひとつの選び方です。

音質や機能性で製品を選びきれなかったら、最後は操作性の善し悪しで購入する1台を決めるのもおすすめです。

JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』

人間工学に基づいたデザインでフィット感・操作性が快適! SiriやGoogle Nowにも対応していて便利に使える。

>> Amazonで詳細を見る

バッテリー駆動時間は10時間前後が目安

オーディオ・ビジュアル評論家

だいたい2~3日程度使用可能

バッテリー持続時間は長ければ長いほどよいですが、その分重量が重くなってしまうというジレンマがあります。

そうはいっても、持続時間が短すぎる製品だと、いざというときにバッテリー切れしてしまい、せっかくの音楽が楽しめません。バッテリー持続時間は10時間前後を目安にしましょう。

このくらいの持続時間があれば、多くの人は2~3日ほど使用することができます。とはいえ、こまめに充電することも心がけましょう。

Skullcandy(スカルキャンディー)『Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』

バッテリーは最長24時間駆動可能! 10分の充電で4時間再生可能な急速充電にも対応している。

>> 楽天市場で詳細を見る

Bluetoothヘッドホンおすすめ6選 オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ

ここまで紹介したBluetoothヘッドホンの選び方のポイントをふまえて、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』

出典:Amazon

Bluetooth規格 Ver.4.2
コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC
連続再生時間 最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
重さ 約255g
色展開 ブラック、プラチナシルバー
ノイズキャンセリング
有線ケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

最新高級ヘッドホンのベストセラーモデル

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しただけでなく、シチュエーションを検知して自動的に効き方をコントロールしてくれる、とても優秀なBluetoothヘッドホン。

LDACやaptX HDなどのコーデックに対応しており、ハイレゾ音源なども高音質サウンドで楽しむことができます。

30時間というロングバッテリーも嬉しいポイント。イコライザー機能で好みの音に調整できるなど、完璧な機能性を持った製品に仕上がっています。

実際の音質も良好で、メリハリのよい、それでいて細かい部分の表現もしっかり伝わる、良質なサウンドを楽しむことができます。多機能、かつ高音質の全部ありヘッドホンを求めたい人に。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE(ソニー)『Noise Cancelling Headphones 700』

BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』 BOSE(ソニー)『NoiseCancellingHeadphones700』

出典:Amazon

Bluetooth規格 Ver.5.0
コーデック -
連続再生時間 最大20時間
重さ 250g
色展開 ブラック、ラックスシルバー、ソープストーン
ノイズキャンセリング
有線ケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

機能性とスマートなデザインを両立した最新モデル

アクティブノイズキャンセリング・ヘッドホンの元祖、BOSEの最新Bluetoothヘッドホン。これまでの製品に対してデザインを一新し、若者から女性まで、幅広い人が違和感なく装着できるようになりました。

アクティブノイズキャンセリング機能やイコライザーによる音色調整など、スマートフォン用アプリを活用することで、好みに合ったきめ細やかな調整を行うことができます。

GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応している点もうれしいポイントです。音質は、これまでのBOSE製品を継承するメリハリのしっかりした表現に解像感の高さが加わった、良質なサウンドを持ち合わせています。

ノイズキャンセリング機能のよい製品がほしい人に。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』

ULTRASONE『GoBluetooth』

出典:楽天市場

Bluetooth規格 -
コーデック apt-X
連続再生時間 17時間
重さ 165g
色展開 ブラック
ノイズキャンセリング -
有線ケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

シンプル&コンパクトながら良質な音が魅力

ドイツのヘッドホンメーカー、ウルトラゾーンにとって初めてとなるBluetoothヘッドホン。

オンイヤー(耳に乗せる)タイプのイヤーパッドを採用し、小型軽量の本体を持ちますが、S-Logic Basic技術や40mm口径のマイラー振動板採用ドライバーを搭載し、aptXコーデックに対応するなど、同社が誇る高音質技術を惜しみなく投入しています。

結果として、このサイズ、この価格からは想像できない明瞭でメリハリのしっかりしたサウンドを楽しむことができます。機能性はオーソドックスな内容ですが、折りたたんでコンパクトに持ち運べる点といい、とても使い勝手のよい製品です。

とにかくコンパクトで屋外で使いやすい製品がほしい人に。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Skullcandy(スカルキャンディー)『Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』

Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 Skullcandy(スカルキャンディー)『CrusherANCサブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』

出典:Amazon

Bluetooth規格 Ver.5.0
コーデック aptX HD
連続再生時間 最長24時間
重さ 308g
色展開 BLACK、BLACK/TAN、MOAB/RED
ノイズキャンセリング
有線ケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

振動だけでなく音響パーソナライズの高性能さも魅力

センサリーベースという振動ユニットを搭載し、迫力のサウンドを楽しむことができる超個性派モデルの最新モデル。

スライドキーで調整できる振動のほか、アクティブノイズキャンセリングや紛失した際に最後のBluetooth接続場所を知ることができるTileなど、多様な機能が搭載されています。

とはいえ、最大の魅力はAudioDo社の技術を用いたパーソナルサウンドでしょう。アプリによるサウンドチェックに対して手動で答えていくタイプですが、独自のアルゴリズムがとても優秀なのか、左右の耳でここまで音の捉え方が異なるのかと驚かされるくらい、的確な調整をおこなってくれます。

迫力だけでなく、聴き心地もよいヘッドホンです。迫力ある低音が好みの人におすすめの製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』

AIRbyMPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』 AIRbyMPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』 AIRbyMPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』 AIRbyMPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』 AIRbyMPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』

出典:Amazon

Bluetooth規格 Ver.4.1
コーデック SBC
連続再生時間 20時間(ANC利用時14時間)
重さ 230g
色展開 ブラック
ノイズキャンセリング
有線ケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

ノイキャン搭載ながら1万円を下まわるハイコスパ

中国MPOWが、日本人向けに専用チューニングを施した日本専売ブランド「Air by MPOW」の展開をスタート。その最初の製品としてラインナップした3製品のひとつがこの「X4.0J」。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しつつ、1万円以下で購入ができるため、コストパフォーマンスの高さに驚くばかりですが、音質的にもかなりの追求がなされていて、日本人のサウンドエキスパートによる監修がおこなわれています。

自然な広がり感と音色傾向をもつ、良質なサウンドを楽しませてくれます。とはいえ、コスパ重視の人にとってかなり魅力ある製品だと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』

JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE500BT』

出典:Amazon

Bluetooth規格 Ver.4.1
コーデック -
連続再生時間 最大約16時間
重さ 155g
色展開 ブラック、ホワイト
ノイズキャンセリング -
有線ケーブル -
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

独特の西海岸サウンドが魅力

スピーカーで有名な老舗オーディオブランド、JBLのBluetoothヘッドホン。機能性はいたってシンプルですが、SiriやGoogle Nowにボタンひとつでアクセス可能など、最新モデルならではの利便性も備えています。

折りたたんでコンパクトに持ち運べたり、16時間持続してくれるバッテリーなど、使い勝手のよさも持ち合わせています。

なによりも、JBLらしい、ヌケのよいエネルギッシュなサウンドは聴いていてとても楽しく、多くの人におすすめできる製品です。

JBLスピーカーのサウンドが好き、という人にはこちら一択でおすすめします。

「Bluetoothヘッドホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』
BOSE(ソニー)『Noise Cancelling Headphones 700』
ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』
Skullcandy(スカルキャンディー)『Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』
AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』
JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM3)』 BOSE(ソニー)『Noise Cancelling Headphones 700』 ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』 Skullcandy(スカルキャンディー)『Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』 AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』
商品情報
特徴 最新高級ヘッドホンのベストセラーモデル 機能性とスマートなデザインを両立した最新モデル シンプル&コンパクトながら良質な音が魅力 振動だけでなく音響パーソナライズの高性能さも魅力 ノイキャン搭載ながら1万円を下まわるハイコスパ 独特の西海岸サウンドが魅力
Bluetooth規格 Ver.4.2 Ver.5.0 - Ver.5.0 Ver.4.1 Ver.4.1
コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC - apt-X aptX HD SBC -
連続再生時間 最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時) 最大20時間 17時間 最長24時間 20時間(ANC利用時14時間) 最大約16時間
重さ 約255g 250g 165g 308g 230g 155g
色展開 ブラック、プラチナシルバー ブラック、ラックスシルバー、ソープストーン ブラック BLACK、BLACK/TAN、MOAB/RED ブラック ブラック、ホワイト
ノイズキャンセリング - -
有線ケーブル -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Bluetoothヘッドホンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのBluetoothヘッドホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーバーイヤーヘッドホンランキング
Yahoo!ショッピング:Bluetooth ヘッドホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオ・ビジュアル評論家からアドバイス Bluetoothヘッドホン選びに迷ったら……

オーディオ・ビジュアル評論家

有線ケーブル対応製品は便利

バッテリー切れを起こしても音楽を聴き続けることができる有線接続両用タイプは、意外と便利だったりします。

もし、これまでBluetoothヘッドホンを使用した際にバッテリー切れを頻繁に起こしてしまったことがあるという人は、この有線接続ケーブルが用意されている両用タイプを選びましょう。

ちなみに、有線接続はBluetoothワイヤレスに対して音質的にも有利な面があるため、自宅では少しでもいい音を楽しみたい、という人にとっても魅力的な製品となっています。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ヘッドホンスタンドおすすめ12選|【劣化を防ぎ、おしゃれに収納】

ヘッドホンスタンドおすすめ12選|【劣化を防ぎ、おしゃれに収納】

使った後はついつい置きっぱなしがちなヘッドホンですが、それでは見栄えも悪く、ヘッドホンの劣化にもつながります。そこで、「ヘッドホンスタンド」を使ってみてはいかがでしょうか。ヘッドホンをすっきり収納できるだけでなく、ヘッドホンの劣化も抑えることができます。今回は、プロの家電販売員のたろっささんと編集部がヘッドホンスタンドの選び方、特徴的なヘッドホンスタンドのおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

ソニーショップ店長である野田博之さんと編集部が選ぶSONY(ソニー)のイヤホンの選び方&厳選商品をランキング形式でご紹介します。ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルも続々登場。自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。


2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場で使われているヘッドホンです。本記事では、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶモニターヘッドホンをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

オーディオを楽しむ際に欠かせないヘッドホン。ヘッドホンにはさまざまな種類があり、選ぼうとしても迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶおすすめの2020年最新ヘッドホン32選をご紹介します。新しいヘッドホンの購入を考えている方は、参考にしてみてください。


骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンは、鼓膜を介さずに外の音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンです。骨伝導ヘッドホンは頭骨経由で内耳(ないじ)の蝸牛(かぎゅう)を振動させ、脳に信号を届けます。本記事では、ガジェットライターの武者良太さんに選び方とおすすめ商品、また骨伝導ヘッドホンと同じく外音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンを番外編として紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る