Bluetoothヘッドホンおすすめ4選|高音質な商品を選ぶための基礎知識も解説

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM4 BM
出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホンをご紹介します。

また、より音質にこだわりたい方のために、コーデックについての基礎知識もご紹介しています。ぜひ参考にしてください!


目次

この記事を担当するエキスパート

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

Bluetoothヘッドホンの魅力

 

ケーブルをなくし、ワイヤレスで音楽を楽しめるBluetoothヘッドホン。断線の心配もなく、またスマートフォンやタブレット、PCにもBluetoothが標準装備されているので、かんたんで手軽に接続することができます。

また、近年ではBluetoothの音質も大きく改善され、より高音質に音楽を楽しむことができるようになり、ますます魅力的な製品となってきています。

本記事では、そんなBluetoothヘッドホンの選び方やおすすめ商品を、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、ご紹介していきます!

Bluetoothヘッドホンの選び方

それでは、Bluetoothヘッドホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】音質やスペックは、コーデック
【2】屋外使用がメインなら密閉型
【3】ノイズキャンセリング機能
【4】好みの操作性
【5】バッテリー駆動時間
【6】サイズと重量


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『Bluetoothヘッドホンのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】音質やスペックは、コーデックをチェック

 

ひと昔前まではBluetoothヘッドホン=音が悪いというイメージがありましたが、最新モデルではドライバーなどハードウェアの進化やコーデック(音の変換や圧縮の形式)と呼ばれる音声伝達方式の多様化などによって、有線ヘッドホンに遜色(そんしょく)のない音質をもつ製品も登場してきました。

もちろん利便性は重要ですが、音質に満足できないのであれば長く使い続ける気持ちになれません。まずは、音の気に入ったBluetoothヘッドホンを探し出しましょう。

ちなみに、コーデックはaptXやaptX HD、LDACなどに対応している製品がおすすめです。

【2】屋外使用がメインなら密閉型をチェック

 

Bluetoothヘッドホンは、ワイヤレスの利便性から屋外での使用がメインとなってきます。電車内やオフィスなど、人の多い場所で使う場合は音漏れが気になるところ。そういったシチュエーションをあらかじめ想定して、ヘッドホンのハウジング(スピーカー部分などを保護する)部分は開放型ではなく密閉型をチョイスしましょう。

実際、Bluetoothヘッドホン製品は大半が密閉型ですが、なかには開放型のモデルもあります。音場的な広がり感がよく、音色的なクセの少ない開放型ヘッドホンのサウンドはたしかに魅力的ですが、利用は室内のみに留めるのが無難です。

【3】ノイズキャンセリング機能をチェック

 

最近は外からのノイズを抑えるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホンが増えてきています。

実際、屋外使用時に騒音を低減してくれるアクティブノイズキャンセリング機能は、どんなシチュエーションでもピュアなサウンドを楽しめますし、音が耳までよく届いてくれることから音量を小さくすることもできます。

電車内など騒音レベルの高い環境でヘッドホンを利用するなら、やや高価となりますが、アクティブノイズキャンセリング機能搭載製品を候補に入れてみてください。

【4】好みの操作性をチェック

 

Bluetoothヘッドホンはプレーヤーとの接続切替や楽曲操作、音量調整、電話の受話操作などが行えるなど、かなりの多機能さを持ち合わせています。最新モデルでは、スマートフォンなどを音声操作できる製品も登場してきました。

こういった機能性の高さから、Bluetoothヘッドホンにはさまざまな操作ボタンが配置されています。

製品によっては、タッチパッド操作などを採用したモデルもあります。どの操作体系も慣れれば特に問題ありませんが、操作性の好みでチョイスするのもひとつの選び方です。

音質や機能性で製品を選びきれなかったら、最後は操作性の善し悪しで購入する1台を決めるのもおすすめです。

【5】バッテリー駆動時間をチェック

 

バッテリー持続時間は長ければ長いほどよいですが、その分重量が重くなってしまうというジレンマがあります。

そうはいっても、持続時間が短すぎる製品だと、いざというときにバッテリー切れしてしまい、せっかくの音楽が楽しめません。バッテリー持続時間は10時間前後を目安にしましょう。

このくらいの持続時間があれば、多くの人は2~3日ほど使用することができます。とはいえ、こまめに充電することも心がけましょう。

【6】サイズと重量をチェック

 

Bluetoothヘッドホンを持ち運んで使用する場合に注目したいのが、サイズと重量です。長時間使用が可能なモデルほど、バッテリーも大きくなり、それに比例して、サイズや重量も大きくなる傾向にあります。

サイズが大きいモデルの場合、「電車の中で、人の手がヘッドホンにぶつかった」ということもあります。また、重いモデルを使用する場合、「音質は楽しめても、首が疲れる」ということもありますので、どこで使用するか、使用時間はどれくらいかも考え、商品を選んでみてください。

(★)ポイント:対応コーデックについて

本項でお伝えするのは、少し上級者向けの知識となりますが、本当に音にこだわりたい方はぜひ確認してみてください。

「(1)音質やスペックは、コーデックをチェック」で少し触れましたが、Bluetoothに限らず、ワイヤレスオーディオ機器全般にはコーデックと呼ばれるデータ圧縮形式が存在します。これは、オーディオ機器からオーディオデータをヘッドホンに送信する際のデータの圧縮形式を指します。

コーデック形式の図解

Photo by マイナビおすすめナビ

そのオーディオデータのやり取り、つまり、Bluetoothで音楽を再生させるには、このコーデックが一致していないとできないのです。Bluetooth対応のヘッドホンやイヤホンにはほぼすべてに『SBS (SubBand Codec)』と呼ばれるコーデックが装備されているので、「Bluetooth対応」と書かれていれば問題ありません。

その上で、さらに音にこだわりたい場合は、下記のコーデックを確認しておきましょう。

コーデック形式 一覧
SBC(SubBand Codec)

すべてのBluetooth機器に標準装備されているコーデック。製品によっては遅延(音楽と動画のズレなど)が発生するものの、普通に音楽を聴く分には不自由しないタイプ。

AAC(Advanced Audio Coding)

iPhoneなどのApple製品、Amazon music、Spotifyなど、ストリーミングなどでよく使用されるコーデック。MP3よりも高音質でデータ送信が可能なため、様々な機器で重宝されているタイプ。

aptX

上記2つのコーデックの音質を担保しつつ、遅延を少なくさせたコーデック。実は、ワイヤレスオーディオ機器の性能を進化させる一端を担った、高技術のタイプです。

aptX HD

ハイレゾに近い高音質を再現できるコーデック。データ送信速度は高速なため大容量のデータ転送が可能なため、高音質な音楽を楽しみたい方におすすめのタイプです。しかし、オーディオ機器に対応していないと使用できないため注意が必要です。

aptX LL

aptX HDの進化版のタイプ。aptX HDの高音質を担保しつつ、遅延をより少なくしたのがaptX LLです。音と映像の微細なズレも結果に左右されるようなゲーミングなどで好まれるタイプです。もちろんこちらもオーディオ機器に対応していないと使用できないので注意してください。

エキスパートのアドバイス

オーディオ・ビジュアル評論家

有線両用タイプも意外と便利

バッテリー切れを起こしても音楽を聴き続けることができる有線接続両用タイプは、意外と便利だったりします。

もし、これまでBluetoothヘッドホンを使用した際にバッテリー切れを頻繁に起こしてしまったことがあるという人は、この有線接続ケーブルが用意されている両用タイプを選びましょう。

ちなみに、有線接続はBluetoothワイヤレスに対して音質的にも有利な面があるため、自宅では少しでもいい音を楽しみたい、という人にとっても魅力的な製品となっています。

Bluetoothヘッドホンおすすめ4選

ここまで紹介したBluetoothヘッドホンの選び方のポイントをふまえて、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズ キャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM4)』

ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4:LDAC/AmazonAlexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ最大30時間連続再生密閉型マイク付2020年モデル360RealityAudio認定モデルシルバーWH-1000XM4SM
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

最新高級ヘッドホンのベストセラーモデル

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しただけでなく、シチュエーションを検知して自動的に効き方をコントロールしてくれる、とても優秀なBluetoothヘッドホン。

LDACやaptX HDなどのコーデックに対応しており、ハイレゾ音源なども高音質サウンドで楽しむことができます。

30時間というロングバッテリーも嬉しいポイント。イコライザー機能で好みの音に調整できるなど、完璧な機能性を持った製品に仕上がっています。

実際の音質も良好で、メリハリのよい、それでいて細かい部分の表現もしっかり伝わる、良質なサウンドを楽しむことができます。多機能、かつ高音質の全部ありヘッドホンを求めたい人に。

エキスパートのおすすめ

BOSE(ボーズ)『Noise Cancelling Headphones 700』

BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック BoseNoiseCancellingHeadphones700ワイヤレスヘッドホンノイズキャンセリングBluetooth接続マイク付最大20時間再生タッチ操作AmazonAlexa搭載トリプルブラック
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

機能性とスマートなデザインを両立した最新モデル

アクティブノイズキャンセリング・ヘッドホンの元祖、BOSEの最新Bluetoothヘッドホン。これまでの製品に対してデザインを一新し、若者から女性まで、幅広い人が違和感なく装着できるようになりました。

アクティブノイズキャンセリング機能やイコライザーによる音色調整など、スマートフォン用アプリを活用することで、好みに合ったきめ細やかな調整を行うことができます。

GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応している点もうれしいポイントです。音質は、これまでのBOSE製品を継承するメリハリのしっかりした表現に解像感の高さが加わった、良質なサウンドを持ち合わせています。

ノイズキャンセリング機能のよい製品がほしい人に。

エキスパートのおすすめ

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』

ウルトラゾーンGoBluetooth小型ヘッドバンドヘッドフォンwithMicとリモート(ブラック) ウルトラゾーンGoBluetooth小型ヘッドバンドヘッドフォンwithMicとリモート(ブラック) ウルトラゾーンGoBluetooth小型ヘッドバンドヘッドフォンwithMicとリモート(ブラック) ウルトラゾーンGoBluetooth小型ヘッドバンドヘッドフォンwithMicとリモート(ブラック)
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

シンプル&コンパクトながら良質な音が魅力

ドイツのヘッドホンメーカー、ウルトラゾーンにとって初めてとなるBluetoothヘッドホン。

オンイヤー(耳に乗せる)タイプのイヤーパッドを採用し、小型軽量の本体を持ちますが、S-Logic Basic技術や40mm口径のマイラー振動板採用ドライバーを搭載し、aptXコーデックに対応するなど、同社が誇る高音質技術を惜しみなく投入しています。

結果として、このサイズ、この価格からは想像できない明瞭でメリハリのしっかりしたサウンドを楽しむことができます。機能性はオーソドックスな内容ですが、折りたたんでコンパクトに持ち運べる点といい、とても使い勝手のよい製品です。

とにかくコンパクトで屋外で使いやすい製品がほしい人に。

エキスパートのおすすめ

AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

ノイキャン搭載ながら1万円を下回るハイコスパ

中国MPOWが、日本人向けに専用チューニングを施した日本専売ブランド「Air by MPOW」の展開をスタート。その最初の製品としてラインナップした3製品のひとつがこの「X4.0J」。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しつつ、1万円以下で購入ができるため、コストパフォーマンスの高さに驚くばかりですが、音質的にもかなりの追求がなされていて、日本人のサウンドエキスパートによる監修がおこなわれています。

自然な広がり感と音色傾向をもつ、良質なサウンドを楽しませてくれます。とはいえ、コスパ重視の人にとってかなり魅力ある製品だと思います。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズ キャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM4)』
BOSE(ボーズ)『Noise Cancelling Headphones 700』
ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』
AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズ キャンセリングステレオヘッドセット(WH-1000XM4)』 BOSE(ボーズ)『Noise Cancelling Headphones 700』 ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』 AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』
商品情報
特徴 最新高級ヘッドホンのベストセラーモデル 機能性とスマートなデザインを両立した最新モデル シンプル&コンパクトながら良質な音が魅力 ノイキャン搭載ながら1万円を下回るハイコスパ
Bluetooth規格 Bluetooth5.0 Ver.5.0 - Ver.4.1
コーデック SBC、AAC、LDAC - apt-X SBC
連続再生時間 最大30時間 最大20時間 17時間 20時間(ANC利用時14時間)
重さ 250g 165g 230g
色展開 3色 ブラック、ラックスシルバー、ソープストーン ブラック ブラック
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング -
有線ケーブル -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Bluetoothヘッドホンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのBluetoothヘッドホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーバーイヤーヘッドホンランキング
Yahoo!ショッピング:Bluetooth ヘッドホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。この記事では、Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

iPhone用イヤホンおすすめ26選|高音質・ノイキャン・マイク付きも

iPhone用イヤホンおすすめ26選|高音質・ノイキャン・マイク付きも

高音質の製品からリーズナブルなものまで、選べるモデルが多いiPhone用イヤホン。フィット感にすぐれたものや、ワイヤレスで耳から外れにくくスポーツシーンでも音楽を楽しめるものもあります。この記事では、iPhone用イヤホンを選ぶときのポイントを解説し、ITライターの傍島康雄さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , iPhone , オーディオ

ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品・高音質・マイク付きモデルなど紹介!

ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品・高音質・マイク付きモデルなど紹介!

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、Lightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。音質の良いモデルや、通話などにも使用できるマイク付きタイプも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon iPad , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ10選|ワイヤレス・高音質でコスパ抜群

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ10選|ワイヤレス・高音質でコスパ抜群

パワフルなサウンドが魅力のJBL。ここでは、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんと編集部が選んだJBLのヘッドホン・イヤホンと選び方のポイントをご紹介します。記事後半には通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので参考にしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【価格別】カナル型イヤホンおすすめ31選|重低音モデルからハイレゾ対応まで

【価格別】カナル型イヤホンおすすめ31選|重低音モデルからハイレゾ対応まで

カナル型イヤホンの選び方や、価格別おすすめ商品を紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。