ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】

ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

AV評論家の折原一也さんに、ヘッドホンリケーブルの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。へッドホンのケーブルを付属品から交換する「リケーブル」。もともとの目的は付属のケーブルが断線してしまって交換する修理のものでしたが、現在はケーブルの素材による音質向上を目的とするリケーブルも趣味として楽しまれています。イヤホンでの愛好家も多いリケーブルですが、ヘッドホンではイヤホン以上に接続端子のバリエーションがあります。ゼンハイザー、SHURE、ソニー、AKG、オーディオテクニカと高音質愛好家にとって定番の機種を中心に紹介いただきました。ぜひ折原一也さんの解説を参考に、自分のヘッドホンにぴったりのリケーブルを見つけてください。


ヘッドホンリケーブルの選び方 AV評論家が解説

AV評論家の折原一也さんに、ヘッドホンリケーブルを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ヘッドホンとケーブル・変換プラグ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ヘッドホンのケーブルってどれも同じだと思ってませんか? じつは、素材や端子など違いがあるんです。

自分のヘッドホンに適合する端子を選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

プレイヤー側のサイズ確認を忘れずに!

ヘッドホンでリケーブルをする際には、まずリケーブル機種の端子を確認しましょう。たとえばソニーやBeatsのヘッドホンは3.5ミリのヘッドホンケーブル、ゼンハイザーは独自のLEMO社製プラグ、SHUREのヘッドホンはMMCX端子ベースですが接続部が特殊です。さらにオーディオテクニカはA2DC端子と、メーカーごとに適合するケーブルの種類が異なります

純正ケーブル以外を購入する場合には、〇〇用と対応機種が明記されているケーブルから選びましょう。プレイヤー側も3.5ミリ端子以外に、据え置き用で用いられる6.3ミリ端子などもあるので事前に確認しておく必要があります。

高音質化ならバランス接続を検討

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

接続する機器で対応可能か確認

リケーブルによって高音質化を図るなら、まずはバランス接続タイプの導入がおすすめです。バランス接続では左右の音声信号を分離できるので、音のセパレーションがよくなり音信号の純度が高まります。

ただし対応するヘッドホンは限られるうえに、導入には再生するプレイヤー側もバランス出力に対応する必要があります。バランス接続では4.4mmの端子、2.5mm端子、据え置き用ではXLR端子によるバランス接続も。 バランス接続を考えている場合には、接続する機器の端子も確認しておきましょう。

ソニー『MUC-S12SB1』

ソニーのヘッドホンMDR-1A、h.ear on(MDR-100A)等とウォークマンを高音質の4.4mmバランス接続できるヘッドホンケーブル。

>> Amazonで詳細を見る

音質にも影響のある線材もチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音質をどう変化させたいかイメージしてから選ぶ

イヤホンケーブル選びでは、音声信号を伝送する「線の素材」を変えることで音質変化を楽しむことができます。比較的多く用いられる素材が「OFC」と呼ばれる無炭素銅ですが、 とくに高純度の銅が含まれている「PC-Triple C」の素材は、不純物が少なくピュアな高音質に。また、銅線材は低音にパワーが入るタイプが多いです。

高級ケーブルでは銀も用いられ、高域が繊細できらびやかな音質が楽しめます。音質の変化を目指すなら、自分の利用しているヘッドホンに対して、どのように音質を変化させたいかをイメージして選びましょう。

サエクコマース『SAEC SHC-U320FSH』

SHREのSRH1840・1140をヘッドホンアンプなどでより高音質で聴きたい人に向けてPC-Triple C導体を採用したリケーブル。そのほかSENNHEISER HD650用、HD800用もある。

>> Amazonで詳細を見る

ヘッドホンリケーブルのおすすめ5選 AV評論家が厳選

ここまで紹介したヘッドホンリケーブルの選び方のポイントをふまえて、AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー『MUC-S12SB1』

ソニー『MUC-S12SB1』

出典:Amazon

ヘッドホン側端子 非磁性体金メッキ4極ミニプラグ
プレイヤー側端子 4.4mmバランス標準プラグ
線材 OFC
バランス接続
ケーブル長さ 約1.2m
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

バランス接続でさらなる高音質体験ができる

MDR-1Aシリーズをはじめとしたソニーの有線ヘッドホン向けの純正交換ケーブル。4.4mmのバランス接続対応で、同社の音楽プレイヤー「ウォークマン」など多くのプレイヤーでバランス接続による音質向上が可能です。

ケーブル構造には超高級ケーブルで知られるKIMBER KABLE(R)社との協力によって開発された8芯Braid(編み)構造。ハイスペックな同社の高音質技術をソニー純正として楽しめるケーブルでもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フルテック『ADL iHP-35Hx』

出典:Amazon

ヘッドホン側端子 ハイエンド・グレードCF-H800(SENNHEISER用両端コネクター)
プレイヤー側端子 6.3mmステレオジャック
線材 OCC
バランス接続 -
ケーブル長さ 1.3/3.0m
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音質だけでなく耐久性にもこだわったケーブル

ゼンハイザーのヘッドホンHD800用リケーブルです。フルテックは自社で高品質ケーブルと端子を開発している老舗ブランドで、線材にはOCC素材を採用。端子には非磁性ロジウムメッキ処理が施されています。

特殊ナイロン糸の撚り線により耐久性にもすぐれているのも特徴。HD800のケーブルが断線した際の交換用ケーブルとしても役立つでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サエクコマース『SAEC SHC-U320FSH』

サエクコマース『SAEC SHC-U320FSH』

出典:Amazon

ヘッドホン側端子 SHURE SRH1840/1440用
プレイヤー側端子 6.3mmフォーンプラグ
線材 PC-Triple C
バランス接続 -
ケーブル長さ 1.5/3.0m
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ストラタム構造で奥行きのある音を楽しめる

シュアの開放型ヘッドホンSRH1840/SRH1440用リケーブルです。据え置き用機器で用いる6.3mmの標準ステレオ端子に向けたPC-Triple Cの素材で、中心部に導通性能の高い単線を、高帯域が流れる外周部には極細線を配するストラタム(層)構造を採用しています。

同じシリーズのラインナップとしてゼンハイザーのHD650用、HD800用も展開しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AKG『C200』

AKG『C200』

出典:Amazon

ヘッドホン側端子 Mini-XLR3ピン
プレイヤー側端子 3.5mmミニジャック
線材 6NOFC
バランス接続 -
ケーブル長さ 1.2m
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

純正ケーブルよりも高純度を目指す方に

AKGのヘッドホン向けに純正品のハイグレードケーブルとして登場したリケーブルです。

おもにK712 PRO、Q701をはじめとしたプロフェッショナルモデルに向けた機種で、プレイヤー接続には3.5ミリ端子、ヘッドホン側にはMini-XLR3pinを採用。線材には6Nグレード(純度99.9999%)のOFC導体を採用しており、純正ケーブルよりも純度の高いサウンド伝送を実現しています。

布製カバーで取り回しがよいのも魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オーディオテクニカ『AT-B1XA/3.0』

オーディオテクニカ『AT-B1XA/3.0』

出典:Amazon

ヘッドホン側端子 A2DCコネクタープラグ
プレイヤー側端子 XLRMコネクター(4ピン、LR独立バランス接続)
線材 6N-OFC+OFC
バランス接続
ケーブル長さ 3m
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイエンドのヘッドホンアンプをさらに音質向上

オーディオテクニカのフラッグシップ開放型ヘッドホンのハイエンドATH-ADX5000専用リケーブル。ATH-ADX5000をバランス接続して高音質化するもので、線材には6Nグレード(純度99.9999%)のOFC導体を採用した極太のケーブルです。

ヘッドホン側のコネクタはオーディオテクニカが自社開発したA2DCで、プレイヤー側はXLR端子で据え置きオーディオ接続向き。ハイエンドの据え置きヘッドホンアンプに接続する方の音質向上におすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ソニー『MUC-S12SB1』
フルテック『ADL iHP-35Hx』
サエクコマース『SAEC SHC-U320FSH』
AKG『C200』
オーディオテクニカ『AT-B1XA/3.0』
商品名 ソニー『MUC-S12SB1』 フルテック『ADL iHP-35Hx』 サエクコマース『SAEC SHC-U320FSH』 AKG『C200』 オーディオテクニカ『AT-B1XA/3.0』
商品情報
特徴 バランス接続でさらなる高音質体験ができる 音質だけでなく耐久性にもこだわったケーブル ストラタム構造で奥行きのある音を楽しめる 純正ケーブルよりも高純度を目指す方に ハイエンドのヘッドホンアンプをさらに音質向上
ヘッドホン側端子 非磁性体金メッキ4極ミニプラグ ハイエンド・グレードCF-H800(SENNHEISER用両端コネクター) SHURE SRH1840/1440用 Mini-XLR3ピン A2DCコネクタープラグ
プレイヤー側端子 4.4mmバランス標準プラグ 6.3mmステレオジャック 6.3mmフォーンプラグ 3.5mmミニジャック XLRMコネクター(4ピン、LR独立バランス接続)
線材 OFC OCC PC-Triple C 6NOFC 6N-OFC+OFC
バランス接続 - - -
ケーブル長さ 約1.2m 1.3/3.0m 1.5/3.0m 1.2m 3m
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする ヘッドホン リケーブルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのヘッドホン リケーブルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リケーブルランキング
楽天市場:リケーブルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

AV評論家からのアドバイス ヘッドホンリケーブルを選ぶうえで

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイエンドヘッドホンからより高音質へ

交換元となる機種がゼンハイザー、SHURE、ソニー、AKG、オーディオテクニカと高音質愛好家にとって定番の機種を中心にご紹介しました。いずれも数万円から10万円以上にもなる高価格帯の機種。やはり、ヘッドホンのリケーブルは高音質ヘッドホンを手に入れた方が、さらに上の高音質を目指すカスタマイズ手段と考えるべきでしょう。

アンバランス接続のヘッドホンをバランス接続すると高音質化の効果がとくに大きいです。再生側機器の条件がそろっている方はバランス接続から試してみましょう。

高音質をめざす商品の関連記事はこちら リケーブルでハイグレードに

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに聞いた、高級イヤホンの選び方とおすすめの商品を紹介しています。

オーディオ&ビジュアル製品のエキスパートである折原一也さんへの取材をもとに、おすすめのハイレゾ対応イヤホンとその選び方をご紹介します。

SONYの「ウォークマン」は、スマートフォンにない魅力や性能をもっています。一番はっきりするところがその音質。スマートフォンでは表現しきれない音をウォークマンは鳴らし切ってくれます。

ハイレゾプレーヤーを選ぶときにどこに注目して選ぶべきか、そのポイントとおすすめ商品を5点紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

テレビ画面とブルーレイレコーダーやゲーム機、PC、HDDレコーダーなどをつなぐのに便利な「HDMI切替器」。ただのHDMIケーブルだけの場合いちいち差し替える必要があり面倒ですが、切替器があればカンタンに操作することが可能です。そこで、HDMI切替器の選び方を解説するとともに、IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんと編集部が選んだおすすめの製品を紹介します。


Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

ハンズフリーでの通話から音楽まで楽しめるBluetoothヘッドセット。スマホとも連動できて便利なアイテムですが、こまかいスペックや機能が多く、何を基準に選べばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶBluetoothヘッドセットのおすすめ商品10選をご紹介します。また、選び方の解説もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。


【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

モニターヘッドホンとは、スタジオやテレビ局でよく使われているヘッドホンのことで、プロ以外にもDTMや楽器使用、リスニング用として普段使いすることもあります。そこで、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部がによるモニターヘッドホンの選び方から、おすすめの商品までご紹介します。オーディオテクニカやAKG、SONYなどさまざまなメーカーがありますので、記事を参考にぜひ自分に合った一台を見つけてください。


新着記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


エアーポットおすすめ12選│ステンレス・ガラス製・大容量・保温できるタイプも!

エアーポットおすすめ12選│ステンレス・ガラス製・大容量・保温できるタイプも!

電気を使わず保温・保冷ができるエコなアイテム「エアーポット」。一度沸騰させたお湯を入れておけば毎回お湯を沸かす必要がなく、かんたんに温かい飲み物を飲むことができます。本記事では、家電販売員のたろっささんと編集部が厳選したエアーポットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る