トラックボールおすすめ5選【親指・人差し指・手のひらなど操作別や大玉タイプも】

トラックボールおすすめ5選【親指・人差し指・手のひらなど操作別や大玉タイプも】
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、トラックボールの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。パソコンの操作に欠かせないマウスですが、操作するのにスペースが必要ですし、動かすときの音が気になることもあります。トラックボールを使えば、マウスとしての本体位置はそのままで、指先だけで操作することできます。ボタンに機能を割り振れるものもあり、作業を効率的に進めることも可能です。ITライターの海老原 昭さんが解説している選び方のポイントやおすすめ商品を参考に、自分に合ったトラックボールを探してみてください。


トラックボールの選び方 ITライターに聞いた

ITライターの海老原 昭さんに、トラックボールマウスを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

キーボード、マウス、文房具、コーヒーカップなどが散らかったデスク
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

通常のマウスからトラックボールにすると、デスクスペースをより有効的に使えるようになります。

接続インターフェースで選ぶ

ITライター

トラックボールの接続は主にUSBまたはBluetoothで行います。

Bluetoothの場合、ケーブルがないので配線がすっきりし、設置場所の自由度も高まりますが、電池を入れ替えたり、充電する手間がかかります。USBの場合は充電の手間はかかりませんが、最近のUSB Type-CポートしかないノートPCなどで使う場合、製品に付属するケーブルがType-Cに非対応だと、USBハブなどを別途用意する必要があります。また、中には無線ではあるもののBluetoothではなく独自形式を採用しているタイプもあり、パソコン側にUSB接続のアダプターを付ける必要があります。

最近は高性能な製品ほどBluetoothに対応している傾向が強く、汎用性という点でも多くの機器で利用できるので、パソコンが対応しているなら、Bluetooth接続のモデルを選んでおけばいいでしょう。

ボタン数や機能で選ぶ

ITライター

シンプルなトラックボールは2ボタン構成が基本ですが、高度な製品になると、ボタンが増えたり、スクロールホイールなどが付いています。

たとえば、ボタンの数が多ければ、OSの基本機能(クリック、右クリック)に加えて、付属のソフトウェアでブラウザの「進む」「戻る」など特定の機能を割り当てることもできますし、スクロール機能についても、上下だけでなく左右へのスクロールができるなど、単にカーソルを動かすだけでなく、効率よく作業するために付加機能が使えるものがあります。また、手首への負担を減らすため、角度を変えられたり、着脱可能なパームレストが付属しているものもあります。

パソコンを操作する時間が長いほど、体への負担が腱鞘炎(けんしょうえん)や肩こりといったかたちで現れやすくなりますが、高機能なトラックボールには、こうした負担を軽減してくれる効果も期待できるのです。

ロジクール『ワイヤレストラックボール MX ERGO(MXTB1s)』

独自の調節式ヒンジで使いやすい角度に調整できるモデル。8つあるボタンは自分好みにカスタマイズも可能!

>> Amazonで詳細を見る

ボールを操作する指の位置で選ぶ

ITライター

トラックボールは、操作するボールの位置によって大きく分けて3タイプあります。

基本は、手のひらで大きなボールを操作するタイプで、ボールは直径50mm以上ある、ずっしりしたタイプになります。このタイプは手首を多少動かす必要がありますが、デザインが左右対象のものが多く、右利きでも左利きでも利用可能。

次に、人差し指(および中指)で操作するタイプで、これはボールが左に寄っている右利き専用機と、左右対象な両利き用に別れます。指先だけで操作できるので、手首への負担は減りますが、多ボタンタイプは右利き用のみ。

最後に、親指で操作するタイプの製品で、こちらも右利き専用です。人差し指用と同様に指先だけで操作できますが、スクロールホイールが付くなど、よりマウスに近い操作感の製品が多い傾向にあります。

いずれも根強いファンがいるタイプであり、優劣は付けにくいですが、左利きでなければ指先操作型のほうが使いやすいでしょう。

エレコム『USBトラックボール 親指操作タイプ(M-XT2URBK)』

親指で操作するタイプ。のせ心地にこだわった設計で快適に操作ができ、メンテナンスのしやすさも◎

>> 楽天市場で詳細を見る

トラックボールのおすすめ5選 ITライターが選ぶ

ここまで紹介したトラックボールマウスの選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロジクール『ワイヤレストラックボール MX ERGO(MXTB1s)』

出典:Amazon

サイズ 132.5×99.8×51.4mm
重量 259g(メタルプレートあり)
接続方式 2.4GHz(Unifying対応)、Bluetooth
使用電源 充電式リチウムポリマー電池(500mAh)
ボールの位置 親指
総ボタン数 8個
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

角度調節も可能な親指トラックボール

ロジクールは親指で操作するタイプのトラックボールを長く販売していますが、その最新版がこの「MX ERGO」です。手首への負担を減らすため、20度の角度が付けられていますが、角度調整ヒンジを使うことでスタンダードな0度にも設定できます。

ボタンは8つ付いているほか、左右へのチルト(傾け)も可能なスクロールホイールも付いており、カスタマイズしてひじょうに多彩な機能を割り当てられます。

接続はBluetoothまたは、同社独自のUnifying(レシーバーは本体に付属)で、2台のPC間で切り替えて使用できる「FLOW」機能にも対応。複数のPCを使っている人にも便利です。欠点は右利き専用の配置なので、左利きの人には使いづらいこと。

ハイエンドモデルだけに高価ですが、慣れると便利な一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンジントン『Orbit Scroll Ring Trackball(KT-2337)』

ケンジントン『Orbit Scroll Ring Trackball(KT-2337)』

出典:Amazon

サイズ 105×130×48mm
重量 168g
接続方式 USB
使用電源 -
ボールの位置 正中線
総ボタン数 2個
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

シンプルな入門用トラックボール

ケンジントンの入門用トラックボールが「Orbit」シリーズです。

接続はUSB(Type A)で、Type-Cしかないパソコンで使うには変換コネクターかハブなどが必要になります。正中線にボールがある左右対象タイプではありますが、手のひらでボールを操作するExpertMouseと異なり、Orbitシリーズは直径40mmの中型ボールを人差し指と中指で操作するタイプになります。

ボタンは左右に1つずつですが、ボールの周りにスクロールリングが付いており、ページのスクロールはこれでスムーズに行えます。Orbitシリーズにはさらにスクロールリングもないタイプがありますが、ウェブブラウザーなどを使うなら、やはりスクロール機能はあったほうが便利なので、こちらがおすすめです。

価格も安いので、トラックボールの入門機として最適な一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エレコム『ワイヤレストラックボール 人差し指操作タイプ(M-DT1DRBK)』

出典:楽天市場

サイズ 94.7×124.4×47.9mm
重量 約112g
接続方式 2.4GHz
使用電源 単3形電池
ボールの位置 人差し指
総ボタン数 8個
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

人差し指で軽く操作の8ボタントラックボール

国内のパソコン用周辺機器メーカーであるエレコムも、トラックボール製品を販売しています。

人差し指タイプと親指タイプの両方を販売しており、ラインナップも多彩です。この『M-DT1DRBK』は、人差し指タイプのワイヤレス接続トラックボールのスタンダードモデルに相当します。接続は独自形式で、USB接続のレシーバーが付属します。また有線モデル『M-DT1URBK』もあります。

ボールの直径は34mmですが、比較的軽めで、人差し指でも軽快に操作できます。ボタン数は8つあり、スクロールホイールを含めて10種類の機能を登録できます。ボールが軽めな方が使いやすいと感じる人向けの機種になります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンジントン『ExpertMouse ワイヤレストラックボール(K72359JP)』

出典:Amazon

サイズ 130×157×65mm
重量 -
接続方式 Bluetooth、2.4Ghz
使用電源 -
ボールの位置 正中線
総ボタン数 4個
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

巨大なボールが特徴的なトラックボールの決定版

トラックボール製品を古くから販売し続けている米ケンジントン社が販売する、ハイエンドなトラックボール。名前がマウスなので少しややこしいですが、直径55ミリと巨大なボールを見ればマウスと間違えることはないでしょう。

高精度な光学センサー「ダイヤモンドアイ」により、正確な操作が得られるとともに、ボールの周りに配置されたスクロールリングでページの閲覧も快適になります。接続はBluetoothまたは独自形式のどちらも利用でき、独自形式用のレシーバーは本体に内蔵可能です。左右対象なので右利きでも左利きでも問題なく使え、4つの大きなボタンには付属のTrackballWorksソフトでさまざまな機能を割り当てられます。

また、付属のパームレストをつければ、手首への負担も最小限に抑えられるなど、トラックボールを知り尽くした老舗ならではの配慮も万全。大玉派のトラックボールユーザー向けのゴールといえる製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エレコム『USBトラックボール 親指操作タイプ(M-XT2URBK)』

出典:Amazon

サイズ 94.7×124.4×47.9mm
重量 約154g
接続方式 USB
使用電源 USBバスパワー
ボールの位置 親指
総ボタン数 5個
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

親指操作タイプの入門モデル

エレコムが販売するトラックボールのうち、親指操作タイプがこちらの『M-XT2URBK』です。有線タイプですが、無線タイプの『M-XT2DRBK』もあります。

カスタマイズ可能なボタン数は5つで、チルト(傾け)操作も可能なスクロールホイールも付いています。親指タイプと人差し指タイプは、ホイールとボールをどちらの指で動かすか、またボタン類の配置がどちらが好みかで選ぶとよいでしょう。

繊細に操作したい人は人差し指用、ボタン操作のほうが多い人は親指用がそれぞれおすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ロジクール『ワイヤレストラックボール MX ERGO(MXTB1s)』
ケンジントン『Orbit Scroll Ring Trackball(KT-2337)』
エレコム『ワイヤレストラックボール 人差し指操作タイプ(M-DT1DRBK)』
ケンジントン『ExpertMouse ワイヤレストラックボール(K72359JP)』
エレコム『USBトラックボール 親指操作タイプ(M-XT2URBK)』
商品名 ロジクール『ワイヤレストラックボール MX ERGO(MXTB1s)』 ケンジントン『Orbit Scroll Ring Trackball(KT-2337)』 エレコム『ワイヤレストラックボール 人差し指操作タイプ(M-DT1DRBK)』 ケンジントン『ExpertMouse ワイヤレストラックボール(K72359JP)』 エレコム『USBトラックボール 親指操作タイプ(M-XT2URBK)』
商品情報
特徴 角度調節も可能な親指トラックボール シンプルな入門用トラックボール 人差し指で軽く操作の8ボタントラックボール 巨大なボールが特徴的なトラックボールの決定版 親指操作タイプの入門モデル
サイズ 132.5×99.8×51.4mm 105×130×48mm 94.7×124.4×47.9mm 130×157×65mm 94.7×124.4×47.9mm
重量 259g(メタルプレートあり) 168g 約112g - 約154g
接続方式 2.4GHz(Unifying対応)、Bluetooth USB 2.4GHz Bluetooth、2.4Ghz USB
使用電源 充電式リチウムポリマー電池(500mAh) - 単3形電池 - USBバスパワー
ボールの位置 親指 正中線 人差し指 正中線 親指
総ボタン数 8個 2個 8個 4個 5個
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする トラックボールの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのトラックボールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トラックボールランキング
楽天市場:マウス(トラックボール)ランキング
Yahoo!ショッピング:トラックボールランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ITライターからのアドバイス トラックボールを選ぶうえで

ITライター

ボールの掃除しやすさにも注目

トラックボールは読み取りに使用するボールを直接手で触るため、どうしても手の脂などでボールが汚れてしまいます。今は直接読み取り機構が汚れることは少ないのですが、ボールが汚れると滑りが悪くなり使いづらくなります。定期的にボールを外して、ボールそのものを中性洗剤で洗ったり、ボール受けになっている部分を拭き取ったりと、メンテナンスが必要です。

ほとんどの製品は裏側に穴が開いており、ここからボールを突き出すことで外せますが、穴が小さめだとペンや棒などが必要になります。一方、大型ボールを搭載したモデルでは、上からボールを持ち上げるだけで外せるものもあります。なお、ボールそのものはサイズが合っていれば、たとえば大理石や水晶などを削ったものでも利用可能です。ただし、読み取り方式によっては、素材を選ぶことがあるので注意しましょう。レーザー方式は光学式よりもかなり多くの素材に対応します。

そのほかのマウス関連の記事はこちら 【関連記事】

ITライターの酒井麻里子さんにお話をうかがい、ワイヤレスマウスのおすすめ5選と選び方をご紹介します。出張や社外での仕事、パソコンを使ったゲームをするときなどにワイヤレスマウスを使う方も多いのではないでしょうか。

ITライターの酒井麻里子さんに聞く、静音マウスの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。PC操作に便利なマウスですが、図書館や授業中、深夜の作業では小さなクリック音でも気になるものです。このような環境でPCを操作することが多い方は、静音マウスを使うと便利ですよ!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る