ズボンプレッサーおすすめ8選|使い勝手のいい商品の選び方も解説

CORBY(コルビー)『3300JC』
出典:楽天市場

「スラックスにきれいな折り目をつけたい」
「プレスするだけだから全て同じじゃない?」

ズボンプレッサーを購入しようと考えているけど、全て同じに見えてしまい、何を基準に選んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。


しかし実は、ズボンプレッサーは各メーカーの機種ごとに、プレス時間や収納サイズ、ズボン以外にも使用できる消臭機能など、機能性に違いがあり、目的に応じて選ぶ商品が変わってきます。

本記事では、これからズボンプレッサーを購入しようと考えている方に向け、どんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読めば、基本的な機能や目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。


目次

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

◆本記事の公開は、2020年01月17日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ズボンプレッサーとは|仕組みも解説

 

ズボンプレッサーとは、スーツをはじめ、センターライン(縦の折り目)のあるスラックスやパンツを作ることができる専用家電。2枚のアイロンのような熱プレートで、スラックスを挟むことでセンターラインを作る仕組み。タイマー式のものが多く、朝の支度をしながらでも使うことができます。

基本的には、もともとセンターラインを維持するためのものですが、アイロンや仕立て後などに使用することで、センターラインがないスラックスなどでも使用できます。スーツスタイルの方、スラックスをはく機会が多い方におすすめの商品です。

ズボンプレッサーの種類

ズボンプレッサーには大きく「縦型」と「横型」の2種類があります。それぞれに特徴があり、サイズや収納方法も変わるので、しっかり確認しましょう。

縦型タイプ:立ったまま使用でき、収納にも困らない

 

ズボンを立ててプレスする縦型は、設置面積が少なく、部屋にそのまま置いて使えるのがメリット。毎日手軽にケアしたいという人におすすめ。

ちなみに、機種によってサイズは異なりますが50cm角ほどのスペースがあれば収納することができます。ウォークインクローゼットなどに収納する予定なのであれば縦型のものがおすすめです。

横型タイプ:ズボン全体を均一にプレスできる

 

横型は、横に置いてプレスするので場所を取りますが、ズボン全体を均一にプレスできるので、できるだけしわをなくし、折り目をしっかりつけたい人におすすめです。

使用する際はより広いスペースが必要で、最低でも100cm角ほどのスペースが必要となります。ちなみに、横型でも使用後は立てて収納できるため収納スペースはさほど必要ありません。

ズボンプレッサーの選び方

それでは、ズボンプレッサーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】プレス時間
【2】タイマー機能があるか
【3】シワを防ぐシートの有無
【4】便利な付加機能


上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】プレス時間をチェック

 

プレスする時間はメーカーや機種によって異なりますが、だいたい10分〜30分程度。毎朝出勤前にプレスしたい人の場合、短時間でできるタイプが便利です。ちなみにプレス時間が短いものは設定温度が高く、そのため熱による除菌機能も使えます。

しかし、短時間でも高温を当てると生地を傷める可能性があり、高級紳士服での使用には向きません。オシャレ着や高級紳士服をプレスしたい人は、低温で長時間かけるタイプがおすすめとなります。

【2】タイマー機能があるかチェック

 

タイマーが備えられたズボンプレッサーも多くなっています。タイマーがあれば、セットしてそのままにしていても自動でスイッチが切れるので忙しい方でも安心。

細かくタイマーの設定が可能なものであれば、さまざまなタイプのズボンに対応できるのでより使い勝手がよくなるでしょう。タイマーがついているかを確認するのは大切ですが、同時に設定の細かさもチェックしておきましょう。

【3】シワを防ぐシートの有無をチェック

 

ズボンプレッサーによってはプレスシートが搭載されているものもあります。このタイプのものであれば生地のすべりが良くなり、セットしやすくなるのみでなくシワの発生やプレスの失敗などを防止してくれます。

使いやすいズボンプレッサーを求めているのであればシートがついているものを選ぶといいでしょう。

【4】便利な追加機能をチェック

 

プレスする能力以外に、便利な付加機能もチェックしましょう。

除菌機能は、プレスの熱によって雑菌を除菌するもの。また、熱やフィルターで汗やタバコの臭いを分解するのが消臭機能。このように、より便利に衣類のケアをする機能がついた機種もあります。

さらに、縦型にはジャケットハンガーが付いたものがあります。脱いだ上着をかけておけば、翌朝、プレスしたスラックスと一緒に着ることができるので便利です。

ポイント:メーカーごとの個性も理解しよう

熱や時間、プレスする圧力など、ズボンプレッサーはメーカーによって個性があります。それらについて把握しておけば、購入時の参考になります。例えば、東芝は薄地のズボンで15分、厚手で30分が目安ですが、その高温を活用して除菌機能や消臭機能を実現しているのが魅力です。ツインバード工業は約10〜13分と短時間で完了するので、忙しい人に向いています。

高級紳士服をもっているのなら英国のコルビーでしょう。低温で約30分かけてプレスし、生地を傷める心配がありません。同社はホテル向け専用モデルやアイロン台も製造しており、耐久性にも優れています。メーカーの特徴を把握しておけば、自分に合ったズボンプレッサーを選択しやすくなるでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
TOSHIBA(東芝)『HIP-L36』
TOSHIBA(東芝)『HIP-T100』
CORBY(コルビー)『4400JTC』
Twinbird(ツインバード)『SA-D719B』
CORBY(コルビー)『3300JC』
Twinbird(ツインバード)『SA-4625』
TOSHIBA(東芝)『HIP-T56』
LG styler『S3MF』
商品名 TOSHIBA(東芝)『HIP-L36』 TOSHIBA(東芝)『HIP-T100』 CORBY(コルビー)『4400JTC』 Twinbird(ツインバード)『SA-D719B』 CORBY(コルビー)『3300JC』 Twinbird(ツインバード)『SA-4625』 TOSHIBA(東芝)『HIP-T56』 LG styler『S3MF』
商品情報
特徴 長いズボンもプレス&除菌できる横型タイプ ズボンのプレス&除菌と同時に上着の消臭も可能 高級感あふれるデザインが魅力の上級モデル ガラスパネル採用で二重線などの失敗なし! 伝統と技術に支えられた高性能スタンダードモデル ポケットに入れた小物を入れる収納スペース付き プレス熱で除菌 独自のスチーム技術で簡単リフレッシュ
サイズ/重量 高さ75×幅538×奥行853mm/約6.2kg 高さ約1075×幅約514×奥行約482mm/約11.5kg 幅460×奥行360×高さ1,090mm/9.8kg 約455×405×900mm/約7.8kg 幅460×奥行360×高さ1,090mm/9.8kg 430 × 400 × 900mm/約6.2kg 1065×485×515cm/約10kg 1850×445×585mm/約8.3kg
種類 横型 縦型 縦型 縦型 縦型
プレス時間 約15分 約15~30分 15分・30分 約13分 30分 10分 15分 リフレッシュ:しっかり67分/標準48分/おいそぎ20分 乾燥:自動乾燥120分/室内乾燥120分・240分
プレス温度 約75℃ 約75℃ 約60℃ 約60℃ 約60℃ 70℃ 75℃
ジャケットハンガー - あり あり - あり なし あり あり
タイマー機能 - あり あり - あり なし なし あり
消臭機能 - あり - あり - なし あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月7日時点 での税込価格

ズボンプレッサーおすすめ8選

それでは早速、ズボンプレッサーのおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

長いズボンもプレス&除菌できる横型タイプ

長いズボンも一度にプレスできる大型プレス面をもった横型ズボンプレッサー。セッティングはプレスシートにズボンの両脚をはさんで上板を閉めるだけ。プレスシートが二重線を防ぎ、折り目をキッチリつけることができます。プレス熱による除菌も可能です。

プレス時間は10~15分で、オートオフ機能が付いているので離れていても安心。コードを本体に巻き取ることができるコードリール式で、さらに持ち手も付いているため、移動や後片付けが簡単におこなえます。

ズボンのプレス&除菌と同時に上着の消臭も可能

プレスシートにセットするだけで二重線を防止し、折り目もキッチリつけられる縦型ズボンプレッサー。タイマー機能(15〜30分)によって、生地の厚さに合わせたプレスがおこなえます。パワフルモードにすれば、プレス熱による除菌が可能。

さらに、大型ファンと消臭フィルターによって上着を消臭できるデュアルケアシステムも搭載。ズボンをプレスしながらでも単独でも使えます。小物収納ケース、携帯電話などを充電できるコンセント、移動に便利なロック付キャスターなどが付いています。

高級感あふれるデザインが魅力の上級モデル

コルビー4400JTCは、マホガニーのフロントボードにトリムを配し、高級感あふれるデザイン性を重視した高級ズボンプレッサー。内側にはクッションパッドがあり、ズボンの厚さやダブルの折り返しにも対応します。

ズボンを自動的に引き伸ばして、膝の出やシワなどを整えるストレッチャーバー・システムを装備。サーミカーブコントロールによる加熱によって、生地を傷めずやさしくプレスすることができます。ジャケットハンガー、アクセサリー棚のほか。ネクタイハンガーは本体内部に収納することができます。

Twinbird(ツインバード)『SA-D719B』

ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式消臭ガラス簡単ブラックSA-D719B
出典:Amazon この商品を見るview item

ガラスパネル採用で二重線などの失敗なし!

パンツプレスSA-D719は、前板に飛散防止フィルム付きガラスパネルを採用。見た目がクールなだけでなく、セット状態が外からも見え、二重線やヨレなどの失敗を防ぐことができます

片手で簡単にセットできるレバー式で、セット後に生地伸ばしができる2段ロック機能も搭載。プレス面の目安温度は約60℃、約13分でプレスを完了します。ズボンの臭いを消す消臭シートや小物収納スペースも付いています。毎日、ケアしたいという人におすすめの1台です。

CORBY(コルビー)『3300JC』

コルビー3300JC-BKブラックズボンプレッサー収納式ネクタイハンガー付3300JCBKCORBYプレス生地に優しい30分タイマー機能付就職祝いプレゼントおしゃれモダン音楽・ファッション新生活新生活応援 コルビー3300JC-BKブラックズボンプレッサー収納式ネクタイハンガー付3300JCBKCORBYプレス生地に優しい30分タイマー機能付就職祝いプレゼントおしゃれモダン音楽・ファッション新生活新生活応援 コルビー3300JC-BKブラックズボンプレッサー収納式ネクタイハンガー付3300JCBKCORBYプレス生地に優しい30分タイマー機能付就職祝いプレゼントおしゃれモダン音楽・ファッション新生活新生活応援
出典:楽天市場 この商品を見るview item

伝統と技術に支えられた高性能スタンダードモデル

1930年に英国で創立されたズボンプレス機のトップメーカーCORBY(コルビー)。高性能で信頼性のある製品は世界中のホテルで採用されています。なかでも3300JCは縦型のスタンダードタイプです。

温度が約60℃近くまで上がった後、生地に最適な温度を保ちながらプレスする独自のサーミカーブコントロール、シワなどを整える独自のストレッチャーバー・システム(自動引き伸ばし機能)を装備。ネクタイハンガー、ジャケットハンガー、アクセサリー棚も付いています

Twinbird(ツインバード)『SA-4625』

ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL ツインバードズボンプレッサーパンツプレス自立式2段ロックダークブルーSA-4625BL
出典:Amazon この商品を見るview item

ポケットに入れた小物を入れる収納スペース付き

二重シワ防止のプレスシートとセットの際にヨレを確認することができる2段ロックで、仕上がりに違いを感じられます。縦型なので着替えるときにそのままセットしやすいです。

小物を置くことができる収納スペースがついているので、プレスする前にポケットに入っている物を出し置いておくことができ忘れ物防止にもなります。本体はスリムな設計になっており、部屋に置いたままでも省スペースで済みます。

プレス熱で除菌

プレートを開いて挟みレバーを下げるだけとかんたんにセットすることができます。二重線がついてしまう事を防ぐため、プレスシートがついています。

また、プレス熱で除菌もできます。プレス内に消臭繊維が内蔵されており、スッキリ消臭もしてくれます。プレスが終了すると自動的に電源が切れる仕様になっています。

ジャケットハンガー付きなので、ジャケットとパンツをセットにしておけます。

LG styler『S3MF』

【送料・配送設置無料】LGスタイラーlgstylerホワイト・ミラーlgスタイラーs3mfs3wfスチームウォッシュ&ドライ 【送料・配送設置無料】LGスタイラーlgstylerホワイト・ミラーlgスタイラーs3mfs3wfスチームウォッシュ&ドライ 【送料・配送設置無料】LGスタイラーlgstylerホワイト・ミラーlgスタイラーs3mfs3wfスチームウォッシュ&ドライ
出典:楽天市場 この商品を見るview item

独自のスチーム技術で簡単リフレッシュ

LG独自のスチーム技術を使い3ステップで衣類を簡単リフレッシュ。スチーム気流を庫内で循環させ、消臭とシワ伸ばしはもちろんの事、花粉・菌・ウイルス・ダニを軽減させる事ができ、目に見えない衛生管理を行います。

ドアの内側にはズボンをセットすることができ、ボタンを押すだけでセンタープレスラインをきれいに保ちお手入れ完了です。カシミヤなどデリケートな素材の衣類には低温乾燥でお手入れでき、毛皮や革製の衣類もエアフレッシュコース選択で対応できます。

Wi-Fi機能搭載なので遠隔操作で仕上がり時間確認やコース追加もできます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ズボンプレッサーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのズボンプレッサーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ズボンプレッサーランキング
楽天市場:ズボンプレッサーランキング
Yahoo!ショッピング:ズボンプレッサーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ズボンプレッサーの使い方

スラックスの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ここからは、ズボンプレッサーの具体的な使い方についてご紹介します。

Step.1:ズボンの折り目を合わせる

最初にしっかりとズボンの裾をもって、折り目をしっかりと合わせるようにしましょう。ここでずれてしまうとシワができたり、余計な場所に折り目ができてしまいます。そのため端から端までしっかりと折り目が合っているのかを確認することが大切です。

Step.2:スボンプレッサー本体に挟む

折り目をしっかりと合わせたら本体に挟みます。プレスシートがついているタイプの場合、その内側にしっかりと挟んでください。プレスシートが2枚のタイプの場合、プレッサー、シート、ズボン、シート、プレッサーの順番で重ねることになります。シートがついていないタイプの場合、プレッサーに挟むだけでOKです。

Step.3:スイッチを入れて15分ほど待つ

セットしたらあとはスイッチを入れるだけです。一般的には15分ほどでプレスが完了します。タイマー機能がついているものであれば、完了するとそのままスイッチが切れます。

ズボンプレッサーを使う際の注意点

 

注意点は主に3つ

濡れたズボンや霧吹きはNG
ズボンプレッサーは水分に触れると故障してしまうため、シワを伸ばすために霧吹きをする、濡れたままのズボンをそのままプレスするのは控えましょう。

ウールもNG
ウールはデリケートで傷みやすいため、ズボンプレッサーは使わない方が無難なので、スチームアイロンでシワをとった方がいいでしょう。

股下のシワはアイロンを使う
股下やお尻のシワはズボンプレッサーで取ることができないので、アイロンで伸ばしましょう。

その他のアイロン商品をチェック 【関連記事】

ジャケットなどに使用できる商品も

ズボンプレッサーの種類ごとの特徴や選び方、おすすめ商品、そして使い方や注意点などをご紹介しました。

商品を選ぶ際は、種類ごとの特徴を確認した上で、プレスにかかる時間、タイマー機能、シワを防ぐための内部シートを確認すると、使い勝手のいい商品を見つけられます。さらに、便利な付加機能などをチェックすると、ズボンだけでなく、ジャケットなどにも使用できるため、より用途の幅が広がるはずです。

近年のズボンプレッサーは、本当に多機能な商品が発売され、スーツのスラックスはもちろんのこと、ジャケットなどにも使用できるので、使い勝手はとてもいいはず。ぜひ本記事を参考に、より便利で使いやすい商品を見つけてくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部