卓上糸ノコ盤おすすめ7選|小型・金属も切断できるモデルも紹介

RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤 TFE-450』
出典:Amazon

DIYで木材やプラスチック、ラミネートなどの切断加工に大活躍する卓上糸ノコ盤。加工したい材料を固定できるので、作業がとても楽に行えます。

ここでは、DIYアドバイザーの末永 京さんと編集部が厳選した卓上糸ノコ盤のおすすめと選び方をご紹介します。

後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主
末永 京

DIYアドバイザーで3児の母。 埼玉県川口市にある『インテリア&カフェToiToiToi』店主。 DIYワークショップ講師、店舗や住宅のDIYプロデュース、内装リフォームなど。著書に『シェルフを作ろうはじめてのDIY』㈱パッチワーク通信社がある。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

卓上糸ノコ盤の選び方

それでは、卓上糸ノコ盤の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】作業場所
【2】作りたいもの
【3】使う材料の種類と厚さ
【4】切断能力
【5】装着できる刃の種類
【6】そのほかの便利機能


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】作業場所をチェック

 

卓上糸ノコ盤を使用する場所は決まっていますか? 卓上糸ノコ盤は作業時にかなり大きな音がするものもあります。そのためご自宅の一室などで作業する予定の方は静音タイプを選ぶといいでしょう。

また、木屑がまわりに散らばるのを防ぐために集塵(しゅうじん)機をつなげるタイプなどを選ぶと、部屋を汚すことなく作業することができます。

【2】作りたいものをチェック

 

すでに卓上糸ノコ盤を使って作りたいものが決まってる場合は、どんな作品なのかによって選ぶ機種が違ってきます。もし大きな作品を作りたい場合、重要になってくるのが「フトコロ寸法」です。

フトコロ寸法とは糸ノコ刃からアームの根元までのこと。大きな材料を扱う場合にここの寸法が短いと、切っている最中にアームの根元に材料がぶつかってしまい加工することができません。作りたい作品の大きさより余裕のあるフトコロ寸法のものを選ぶといいでしょう。

また傾斜機能があるのもなら角度切り(材料の斜め切り)をすることができます。くりぬき作業を多くされる場合は、クイックアームのものを選ぶといいでしょう。

【3】使う材料の種類と厚さをチェック

 

卓上糸ノコ盤ではおもに「木材」「プラスチック」「金属」のカットをすることができます。その機種によって「切断能力:木材〇〇mm」と記載してありますが、ひとことで木材といっても、種類によってかたさが大きく異なります。

【4】切断能力をチェック

 

切断能力で重要になるのが「ストローク量」です。ストローク量とは糸ノコ刃が上下に移動する幅の長さのことで、このストローク量が大きいほどパワフルでかたいものもカットできるということです。かたい材料を切る予定の方はストローク量を確認してくださいね。

また、1分間で刃が上下する回数をあらわす「ストローク数」にも注目。数値が大きいほど切断スピードが速くなるので、作業の効率がよくなります。

【5】装着できる刃の種類をチェック

 

糸ノコ刃には「ストレートタイプ」と「ピンエンドタイプ」の2種類があり、どちらも取り付けられるタイプもあります。うまく使い分けるとよいでしょう。

▼ストレートタイプ

切断能力が高めでかたい素材向き。六角レンチを使って固定するため、取り付けにやや時間がかかる。

▼ピンエンドタイプ

やわらかめの素材向き。取り付けが比較的かんたんにできる。

【6】そのほかの便利機能をチェック

 

便利な機能がついた機種なら作業効率もアップします。必要なものをチェックしてみましょう。

▼変速機能

ストロークの速度を調整、変更できる機能。曲線もうまく仕上げることができます。

▼傾斜機能

材料を斜めに切るときに便利。傾斜できる角度や方向はモデルによって違いがあります。

▼フリーアーム

アーム部分が曲がるように設計された機構。刃の交換がしやすくなっています。

▼ブロアー機能

木くずや金属くずを吹き飛ばしてくれる機能。

卓上糸ノコ盤おすすめ7選

それでは、卓上糸ノコ盤のおすすめ商品をご紹介。それぞれのメリットを比較してみてくださいね。

エキスパートのおすすめ

PROXXON(プロクソン)『コッピングソウテーブル ローエンドモデル(27081)』

プロクソン(PROXXON)コッピングソウテーブルEXNo.27088 プロクソン(PROXXON)コッピングソウテーブルEXNo.27088 プロクソン(PROXXON)コッピングソウテーブルEXNo.27088 プロクソン(PROXXON)コッピングソウテーブルEXNo.27088
出典:Amazon この商品を見るview item
DIYアドバイザー・インテリアショップ店主:末永 京

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

ビギナーにおすすめの扱いやすい機種

はじめての卓上糸ノコ盤におすすめなのがこちらです。卓上糸ノコ盤の最低限の機能を搭載しており、非常にシンプルで扱いやすいのが特徴。コンパクトで軽いので、まるでミシンを扱うような気軽な感覚で糸ノコ作業をすることができます。

ストローク量が小さくフトコロ寸法も短いので、厚いものや大きいものの作業には不向きですが、小さくてやわらかい材料の加工を気軽に楽しみたい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

HiKOKI(ハイコーキ)『卓上糸のこ盤(FCW40SA)』

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主:末永 京

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

作業内容や材料に応じて自在に調整が可能

さまざまなものを加工したい方におすすめなのがこちらの卓上糸ノコ盤です。フトコロ寸法が406mmあるので作業しやすく、テーブル傾斜は左45度〜右15度に調整できるので角度切りもストレスなくおこなえます。

またダイヤル操作でストローク数の調整ができるので、作業の状況によって変えられるのもうれしいポイント。機能のバランスがとてもいい機種です。

エキスパートのおすすめ

RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TF-5400)』

リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TF-5400676329A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TF-5400676329A
出典:Amazon この商品を見るview item
DIYアドバイザー・インテリアショップ店主:末永 京

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

くり抜き作業メインの方はコレ!

くり抜き作業を多くされる方におすすめなのがこちらの卓上糸ノコ盤です。卓上糸ノコ盤でくり抜き作業をする際は糸ノコ刃を外したりと手間がかかりますが、こちらはクイックアーム機構つきでアームが上に持ち上がり、とてもらくに作業することができます。

また集塵機をつなげると上下からのダブル集塵により木屑の散乱を最小限にすることができるので、木屑が気になる方にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

Dewalt(デウォルト)『糸のこ盤 スクロールソー(DW788)』

DEWALTデウォルトDW788糸のこ盤スクロールソー(並行輸入品) DEWALTデウォルトDW788糸のこ盤スクロールソー(並行輸入品) DEWALTデウォルトDW788糸のこ盤スクロールソー(並行輸入品) DEWALTデウォルトDW788糸のこ盤スクロールソー(並行輸入品) DEWALTデウォルトDW788糸のこ盤スクロールソー(並行輸入品)
出典:Amazon この商品を見るview item
DIYアドバイザー・インテリアショップ店主:末永 京

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

大きな材料も扱える本格派のための機種

卓上糸ノコ盤を使って本格的な作業をされたい方におすすめなのがこちらです。

フトコロ寸法は508mmもあり大きな材料の加工にぴったり。ストローク量は19mmあり、かたい材料のカットも安心です。そしてこの機種の最大の特徴は「ダブルリンクアーム」による低振動。振動が少なく静音なのでご自宅での作業も安心です。ただ重さが29.5キロあるので、置き場所を決めてから購入されることをおすすめします。

エキスパートのおすすめ

DREMEL(ドレメル)『万能糸のこ(MOTO-SAW)』

Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー) Dremel(ドレメル)万能糸のこMOTO-SAW(モトソー)
出典:Amazon この商品を見るview item
DIYアドバイザー・インテリアショップ店主:末永 京

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

場所を取らず気軽に導入できるのが魅力

固定すると卓上糸ノコ盤として使え、取り外すと手持ちの糸ノコとして使うことができる一台二役の万能糸ノコです。

サイズは従来の卓上糸ノコの4分の1というコンパクトさ。本体と付属品がキャリーケースにまとめて収納できるので、置き場を選ばず家庭でも気軽に使うことができます。切断能力は低いのでかたいものや厚いものの切断には向きませんが、バルサ材などのやわらかいもののカットにはいいですね。

藤原産業『SK11 卓上糸鋸盤(SSC-400PE)』

SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE SK11卓上糸鋸盤フトコロ400mmテーブル250×410mmSSC-400PE
出典:Amazon この商品を見るview item

振動や騒音が少ない卓上糸ノコ盤

一定の重量があり、フトコロ寸法、テーブルサイズともに安定した設計の卓上糸ノコ盤。テーブル角度が最大45度まで傾斜するため、斜めの切断も可能です。

木くずを吹き飛ばしてくれるエーブロー機能のほか、集塵機を取り付けることもできるので、快適な作業環境をつくれます。

RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TFE-450)』

リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A リョービ(RYOBI)卓上糸ノコ盤TFE-450676700A
出典:Amazon この商品を見るview item

刃の交換もかんたんにできる

錆や歪みのないアルミダイカスト製テーブルを採用している卓上糸ノコ盤。切断能力は木材50mmに対応し、ストローク数、ストローク量ともにじゅうぶんな性能をもっています。

糸ノコ刃の交換がかんたんにできる「クイックブレードチェンジ機構」でストレートタイプの刃のほか、ピンエンドタイプの刃にも対応。集塵機の取り付けも可能です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
PROXXON(プロクソン)『コッピングソウテーブル ローエンドモデル(27081)』
HiKOKI(ハイコーキ)『卓上糸のこ盤(FCW40SA)』
RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TF-5400)』
Dewalt(デウォルト)『糸のこ盤 スクロールソー(DW788)』
DREMEL(ドレメル)『万能糸のこ(MOTO-SAW)』
藤原産業『SK11 卓上糸鋸盤(SSC-400PE)』
RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TFE-450)』
商品名 PROXXON(プロクソン)『コッピングソウテーブル ローエンドモデル(27081)』 HiKOKI(ハイコーキ)『卓上糸のこ盤(FCW40SA)』 RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TF-5400)』 Dewalt(デウォルト)『糸のこ盤 スクロールソー(DW788)』 DREMEL(ドレメル)『万能糸のこ(MOTO-SAW)』 藤原産業『SK11 卓上糸鋸盤(SSC-400PE)』 RYOBI(リョービ)『卓上糸ノコ盤(TFE-450)』
商品情報
特徴 ビギナーにおすすめの扱いやすい機種 作業内容や材料に応じて自在に調整が可能 くり抜き作業メインの方はコレ! 大きな材料も扱える本格派のための機種 場所を取らず気軽に導入できるのが魅力 振動や騒音が少ない卓上糸ノコ盤 刃の交換もかんたんにできる
フトコロ寸法 300mm 406mm 400mm 508mm 250mm 400mm 400mm
ストローク数/量 ストローク数:1800min-1(回/分)/ストローク量:12mm ストローク数:400~1600min-1(回/分)/ストローク量:19mm ストローク数:950~1100min-1(回/分)/ストローク量:15mm ストローク数:400~1750min-1(回/分)/ストローク量:19mm ストローク数:1100~1800min-1(回/分)/ストローク量:8mm ストローク数:1500/1600min-1(回/分)/ストローク量:18mm ストローク数:400~1600min-1(回/分)/ストローク量:18mm
テーブルサイズ 160×160mm 200mm×398mm 248×248mm - - 250×410mm 250×380mm
サイズ 約250×280×430mm(幅×奥行き×高さ) 280×545×320mm(幅×奥行き×高さ) 248×590×490mm(幅×奥行き×高さ) 約500×750×310mm(幅×奥行き×高さ) 約380×390×205mm(幅×奥行き×高さ) 約630×250×325mm(幅×奥行き×高さ) 約605×295×320mm(幅×奥行き×高さ)
重量 約3kg 14kg 17kg 約29.5kg 1.1kg 11kg 12kg
対応可能な刃のタイプ ストレート ストレート、ピンエンド ストレート - - ストレートタイプ、ピンエンドタイプ ストレートタイプ、ピンエンドタイプ
搭載機能 ドアロックボタン・集塵アダプター 変速機能・傾斜機能(左45°・右15°)・ブロアー・集塵機取り付け可能・LED作業ライト付・刃物カバー付 ダブル集塵・傾斜機能(左20°・右20°) 低振動 変速機能・集塵機取り付け可能 ブロー機能、角度調整、集塵機取り付け可能 ブロー機能、角度調整、集塵機取り付け可能
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月19日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 卓上糸ノコ盤の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの卓上糸ノコ盤の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:卓上糸ノコ盤ランキング
楽天市場:卓上糸のこランキング
Yahoo!ショッピング:卓上糸ノコ盤ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

卓上糸ノコ盤は手軽に曲線加工を楽しむことができるツールです。しかし選び方を間違えるとご自身が作りたかったものが思うように作れなかったり、使いたい材料が切れなかったりすることもあります。

事前にご自身の作りたいもの、使いたい材料をイメージし、その加工に適している機種かどうかをしっかり確認してから購入されることをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ノコギリおすすめ16選|切りたい素材別に、使いやすくて便利な商品を紹介

ノコギリおすすめ16選|切りたい素材別に、使いやすくて便利な商品を紹介

DIYでとてもお世話になるノコギリ。これからDIYをはじめてみたいと考えるとノコギリは最初の購入候補になることも多いのですが、いざ購入しようとするとたくさん種類のノコギリが売られていて、口コミもたくさんあるため少し迷ってしまうかもしれません。本記事では、ノコギリの選び方とおすすめ商品をご紹介します。さらに、記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ノコギリ , 工具 , DIY

電動ノコギリおすすめ17選|木や枝を切るモデルから、丸ノコ・ジグソーまで紹介

電動ノコギリおすすめ17選|木や枝を切るモデルから、丸ノコ・ジグソーまで紹介

木材や金属などをスピーディーに切断できる電気ノコギリは、DIYや家具の解体など幅広い用途で扱える便利なアイテム。ただ、レシプロソーや丸のこなど、さまざまな種類があるため、どれを購入するか迷ってしまうかもしれません。本記事では、電気ノコギリの選び方やおすすめ商品を詳しくご紹介。それぞれの内容を参考にして、ぜひ自分の使い方に合う電気ノコギリを手に入れてください。

tag icon ノコギリ , 工具 , DIY

チェーンソーおすすめ13選|DIY・庭木・林業向けの商品や、その見分け方も紹介

チェーンソーおすすめ13選|DIY・庭木・林業向けの商品や、その見分け方も紹介

木材の剪定や庭の枝切り、さらには林業の現場でも使用されるチェーンソー。近年ではDIYが一般化したことでユーザーも増え、商品ラインナップも小型軽量モデルからプロ仕様の大型モデルまで、とにかく幅広くなりました。そのため、いざ購入しようと思っても、初心者の場合、何を基準に選んでいいのかわからないですよね。そこで本記事では、チェーンソーの基礎知識や選び方、そして、各用途に合わせたおすすめ商品をご紹介。一般向け・プロ向けの違いや見分け方の解説、さらには、DIYや庭の手入れ、林業向けなどの各おすすめ商品を紹介しています。本記事を読めば、自分にピッタリなチェーンソーの選ぶことができるはず。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon ノコギリ , 工具 , DIY

DIY用ジグソーおすすめ17選|初心者用からプロ用まで・機能も解説

DIY用ジグソーおすすめ17選|初心者用からプロ用まで・機能も解説

木材や軟鋼板を切るのに使うDIY用ジグソー。普通のノコギリや丸ノコでは時間のかかる作業も素早く終わらせることができます。また、曲線や円形の切断もできるため、製作の幅が広がる便利なアイテムです。本記事では、DIY用ジグソーについて、選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon ノコギリ , 工具 , DIY

丸ノコのおすすめ13選|切りやすい商品や、取り回ししやすい商品も紹介

丸ノコのおすすめ13選|切りやすい商品や、取り回ししやすい商品も紹介

丸ノコはDIYブームにより家庭用の小型タイプから電動式で木材が一気に切断できるプロ仕様のものまで幅広く販売されるようになりました。本記事では、DIYアドバイザー・野口僚さんへの取材をもとに、丸ノコの選び方とおすすめの商品をご紹介。通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon ノコギリ , 工具 , DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。