iPhone用バッテリーケースおすすめ5選|ワイヤレス充電やデータ転送可能モデルも

iPhone XR Smart Battery Case - ホワイト
出典:Amazon

iPhoneを何年も使っているとバッテリーが劣化して消耗が激しく、バッテリーがいつなくなるかハラハラする、なんてことがありますよね?

とくに動画やゲームを長時間観たりプレイしたりし続けると、なおさらです。モバイルバッテリーを使うのは、ケーブルがわずらわしくてイヤ。そんなユーザーには、バッテリー内蔵のiPhoneケースがおすすめです。これらのケースは、地面に落としたときに、本体をガードしてくれます。基本、ケースの厚みはバッテリー容量で決まってきます。

本記事では、iPhone用バッテリーケースについて、選び方とおすすめ商品を紹介。記事後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


目次

IT・家電ライター
河原塚 英信

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。 テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。 生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

iPhone用バッテリーケースとは

 

iPhone用バッテリーケースとは、モバイルバッテリーが搭載されたiPhoneケースのこと。モバイルバッテリーを持ち歩かず、コンパクトに充電ができます。

●メリット

一番のメリットは、ケースとモバイルバッテリーが一体となっているため、別でモバイルバッテリーを持ち歩く必要がないこと。カバンが重くなることもなく、また常に充電できる環境があるため、外出先でも重宝します。

また、見た目・操作性は通常のiPhoneケースとほぼ同じため、操作を邪魔することもありません。ON・OFFスイッチがある製品もあり、好きなタイミングで充電することもでき、バッテリーの持ちも良くなります。

●デメリット

メリットの多いバッテリーケースですが、デメリットもあります。それは防水耐性がないこと。バッテリーが搭載されているため、ケース自体に水が付くと故障の原因になります。iPhoneには防水機能が付いた機種が多いですが、ケースをつけることで防水耐性がなくなるのはデメリットです。

また、ある程度重量も重くなってしまいます。コンパクトで操作自体はスムーズに行えますが、持っているのはやはりバッテリーです。慣れてしまえば気になりませんが、重量は覚悟しておきましょう。

iPhone用バッテリーケースの選び方

それでは、iPhone用バッテリーケースの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】バッテリー容量
【2】見た目の薄さやデザイン性
【3】機能性


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】バッテリー容量をチェック

 

バッテリー内蔵ケースを選ぶうえで、まず気にしなければならないのがバッテリー容量です。せっかく買ったけど容量がまったく足りないのでは意味がありません。自分が使っているiPhoneのバッテリー容量を確認し、それを目安にするといいでしょう。

容量が大きければバッテリー切れの心配は減りますが、そのぶんケースも大きくなります。逆に、バッテリー容量が小さければ、ケースも薄く重さもあまり感じません。

ちなみにiPhoneで言えば、バッテリー容量はXが2,716mAh、8は1,821mAh、8 Plusは2,691mAh、7は1,960mAh、7 Plusは2,900mAhと推定されています。最低一度は自分がもつiPhoneをフル充電できればいいでしょう。

【2】見た目の薄さやデザイン性をチェック

 

バッテリー容量が大きいほど、バッテリー部分がボコっと目立ったり、ケース全体が分厚くなったりしがちです。見た目がスタイリッシュなケース、バッテリーが内蔵されているとは思えないほど薄いケースもあるので、容量とともに薄さもチェック。

一方で、分厚くて大容量であれば、それだけたくさん充電できますし、落下からiPhoneをガードしてくれる効果も期待できます。デザイン性と実用性から、バランスの取れたものを選びましょう。

【3】機能性をチェック

 

バッテリー内蔵ケースは、iPhoneにケースを装着すればOKという、シンプルなものが多いです。いずれの製品も、ケースを装着したままで、iPhoneのバッテリーとケースのバッテリーを充電してくれます。

一方で、ケースごとに違いがあるとすれば、ケース自体を充電する際に必要なケーブルが、LightningケーブルなのかmicroUSBケーブルなのか。そして、内蔵バッテリーの残量をLEDで表示してくれるかどうかと、何段階で表示してくれるかどうかの違いがあります。使いやすいタイプのものを探して選んでみるようにしましょう。

「iPhone用バッテリーケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『iPhone XS Smart Battery Case』
Apple(アップル)『iPhone XR Smart Battery Case』
JOYROOM『Backup battery charger case』
Feob『iPhoneX/XS/10 対応 バッテリーケース』
Lifeproof『 fre Power Battery Case for iPhone 6』
商品名 Apple(アップル)『iPhone XS Smart Battery Case』 Apple(アップル)『iPhone XR Smart Battery Case』 JOYROOM『Backup battery charger case』 Feob『iPhoneX/XS/10 対応 バッテリーケース』 Lifeproof『 fre Power Battery Case for iPhone 6』
商品情報
特徴 ワイヤレス充電にも対応! 純正品ならではの安心感 ワイヤレス充電も対応! 純正品ならではの安心感 超軽量&コンパクトを実現! カラバリも豊富 シンプルなデザインで残量もひと目でわかる 4つのプルーフ(防水、防塵、防雪、耐衝撃)で保護
対応機種 iPhone XS iPhone XR iPhone 6、6s、6Plus、6sPlus、7、7Plus、8、8Plus IPhoneX/Xs/10 IPhone 6
重量 - - 74g - 123g
バッテリー容量 - - 2,500mAh(iPhone8/7/6)、3,500mAh(iPhone8/7Plus、iPhone6sPlus) 6500mah 2600mah
カラー ブラック、ホワイト、ピンクサンド ホワイト、ブラック ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、レッド、ネイビー ブラック ホワイト
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月3日時点 での税込価格

iPhone用バッテリーケースおすすめ5選

上記で紹介したiPhone用バッテリーケースの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

過充電や過熱を感知すると自動的に停止してくれるものや、赤、黒などカラーバリエーションが豊富なものなど、紹介する商品を参考に、自分の機種にふさわしいバッテリーケースを探してくださいね。

Apple(アップル)『iPhone XS Smart Battery Case』

Apple(アップル)『iPhoneXSSmartBatteryCase』

出典:apple

IT・家電ライター

ワイヤレス充電にも対応! 純正品ならではの安心感

iPhoneの純正品ということもあり、ケースの取り外しのしやすさは明らか。内側はマイクロファイバーで本体をしっかりガードし、外側はサラサラとした質感のシリコン製です。

ケースを装着すると、ケースと本体両方のバッテリー残量をiPhoneのロック画面と通知センターに表示してくれるのも純正品ならでは。

また、Qi規格の充電器に対応しており、ケースと本体を同時にワイヤレス充電可能です。容量は明らかにされていませんが、通話は最大33時間、インターネット利用は最大21時間に延長されるとのこと(本体、ケースともにフル充電時)。

価格は他モデルに比べれば割高ではありますが、純正品ならではの安心感がありますので、予算に余裕がある方にはぜひ検討していただきたい製品です。

Apple(アップル)『iPhone XR Smart Battery Case』

Apple(アップル)純正iPhoneXR(6.1インチ)SmartBatteryCaseスマートバッテリーケース[Qiワイヤレス充電対応](ホワイト)MU7N2ZA/AMU7N2ZAA Apple(アップル)純正iPhoneXR(6.1インチ)SmartBatteryCaseスマートバッテリーケース[Qiワイヤレス充電対応](ホワイト)MU7N2ZA/AMU7N2ZAA Apple(アップル)純正iPhoneXR(6.1インチ)SmartBatteryCaseスマートバッテリーケース[Qiワイヤレス充電対応](ホワイト)MU7N2ZA/AMU7N2ZAA

出典:楽天市場

IT・家電ライター

ワイヤレス充電も対応! 純正品ならではの安心感

聞いたことのないメーカー名が多い、iPhone用のバッテリーケース。正直、なかにはケースの脱着を繰り返していて、すぐにケース側の接続端子が壊れてしまったこともあります。

また、ネットストアでしか販売していないメーカー製は、サポート体制にも不安がつきものです。そうした不安を感じずに購入できるのが、Apple純正のケースです。

ケース外側は、シリコーンのやわらかい触り心地で、手にもフィットします。Qi規格の充電器に対応するほか、USB‑PD対応の充電器を使えば急速充電が可能です。バッテリーの残量が本体だけでなく、iPhoneのロック画面上と通知センターでも確認でき、さすがApple純正! と思える仕様です。

バッテリー容量は非公開ですが、iPhoneとケースを同時に充電しておけば、通話は最大39時間、インターネット利用は最大22時間に延長されます。

JOYROOM『Backup battery charger case』

JOYROOM『Backupbatterychargercase』 JOYROOM『Backupbatterychargercase』 JOYROOM『Backupbatterychargercase』

出典:楽天市場

IT・家電ライター

超軽量&コンパクトを実現! カラバリも豊富

超軽量かつコンパクトなので、バッテリーケースだということを気にせず持ち歩けます。パールの質感のボディは高級感があり、カラーバリエーションも豊富。ケースのパーツが3つに分かれる仕組みになっていて、着脱しやすいのもポイント。

また、充電放電を最適化しているため、一般的なバッテリーケースと比べてスピーディに充電できます。バッテリー容量はiPhone8/7、6s用が2,500mAhでiPhone8/7Plus、6sPlus用が3,500mAhです。

Feob『iPhoneX/XS/10 対応 バッテリーケース』

Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』 Feob『iPhoneX/XS/10対応バッテリーケース』

出典:Amazon

シンプルなデザインで残量もひと目でわかる

出っ張り部分などなくシンプルなデザインで滑らない触り心地です。画面以外はすべてカバーし、取り外しも簡単です。

電池残量は4段階表示でひと目でわかり、ワンタッチで給電のオン、オフができます。

6500mahと大容量のため約25時間の連続通話が可能です。

Lifeproof『 fre Power Battery Case for iPhone 6』

Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』 Lifeproof『frePowerBatteryCaseforiPhone6』

出典:Amazon

4つのプルーフ(防水、防塵、防雪、耐衝撃)で保護

LIFEPROOFの特徴である4つのプルーフで携帯を保護します。

WATERPROOF(防水性能)は水深2mまで耐えられ、持続的な水没にも耐えるため水中撮影が可能です。

DIRTPROOF(防塵性能)は日本工業規格で定められた最高規準IP6Xを満たしています。砂浜などで使用しても大丈夫です。

SNOWPOOF(防雪性能)は外部から雪や氷の侵入を防ぐため、雪の中でも安心です。

SHOCKPOOF(耐衝撃性能)は高さ2m(タブレットは1.2m)の落下にも耐えられます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする iPhone用バッテリーケースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのiPhone用バッテリーケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ケース型モバイルバッテリーランキング
楽天市場:ケース型バッテリーランキング
Yahoo!ショッピング:iPhone バッテリーケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

最低限、知っているメーカーを選ぼう


iPhoneのバッテリー内蔵ケースは、Amazonなどの通販サイトで探すとさまざまなモデルが販売されています。ただし、製造元や販売元が聞いたことのない名前のケースが多く、不具合が多いものや、接続部分がすぐに壊れるものなども少なくありません。

また、ケースに内蔵されているものに限らず、バッテリーは発火などの危険性があることにも注意。そのため、iPhoneのバッテリーケースは安さだけで選ばず、できるだけ知名度の高いメーカー、もしくは最低限きちんとしていそうな自社サイトのあるメーカーや代理店から購入することをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


スマホ用リングライトおすすめ5選|光量・質を細かく調整できるモデルも

スマホ用リングライトおすすめ5選|光量・質を細かく調整できるモデルも

本記事では、スマホ用リングライトの種類や選び方をご紹介します。クリップタイプとスタンドタイプの、タイプ別におすすめ商品を厳選しました。スマホ用リングライトがあれば、自撮りやYouTube撮影などのクオリティも一段と上がるはずです。撮影時に使い勝手のいい商品を選ぶために、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 携帯電話アクセサリ , スマートフォン・携帯電話

Androidスマホケースおすすめ5選【素材と選び方】手帳型や耐衝撃・防水タイプも

Androidスマホケースおすすめ5選【素材と選び方】手帳型や耐衝撃・防水タイプも

この記事では、Androidスマホケースの選び方とおすすめの商品を紹介します。スマホケースを選ぶ際には、耐久性とあわせてデザイン性も重要です。手帳型からクリアケース、本革のもの、ストラップホールつきなどの商品があるので参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 携帯電話アクセサリ , Android , スマホケース

iPhone用フィルムおすすめ18選|割れない、覗かれない、目にやさしい

iPhone用フィルムおすすめ18選|割れない、覗かれない、目にやさしい

iPhoneの画面をかんたんに保護できるフィルムには、表面硬度や透明度、ブルーライトカット機能など商品によってさまざまな種類があります。本記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんと編集部が選んだ、おすすめのiPhone用フィルムを紹介します。選び方やガラスフィルムの機能もあわせて解説しますので、ぜひ自分にあったiPhone用フィルムを見つけてください!

tag icon 日用消耗品 , 携帯電話アクセサリ , iPhone

【旅行や出張に活躍】海外で使える充電器のおすすめ3選|USBタイプ・小型・iPhoneにも

【旅行や出張に活躍】海外で使える充電器のおすすめ3選|USBタイプ・小型・iPhoneにも

ガジェットライターの渡辺まりかさんに、海外で使える充電器の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。スマートフォンやタブレット、携帯電話などを充電するために使用する充電器ですが、海外で使用するためには、対応した充電器がないと使用できません。充電器には、急速充電に対応した商品、多くの国に対応した商品などさまざま存在します。どのような点に注目して商品選びをすればよいのか、見分け方を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon パソコン周辺機器 , 携帯電話アクセサリ , パソコン

自撮り棒おすすめ16選【三脚付き&安い&コンパクトなど】動画撮影に役立つ人気商品も!

自撮り棒おすすめ16選【三脚付き&安い&コンパクトなど】動画撮影に役立つ人気商品も!

スマホでのセルフィー(自撮り)に欠かせない「自撮り棒」。セルカ棒とも呼ばれています。ライトやミラーがついたものや、Bluetoothタイプ、リモコン付属のものなど種類も豊富。本記事では自撮り棒の選び方とおすすめ商品をご紹介。自撮りだけでなく、動画撮影にも役立つ人気のモデルもピックアップ!また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon 携帯電話アクセサリ , スマートフォン・携帯電話

関連するブランド・メーカー


Apple(アップル)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。