輪行袋の選び方&おすすめ8選|縦型と横型のタイプごとに紹介

OSTRICH(オーストリッチ)『SL-100 輪行袋』
出典:Amazon

電車などを使って自転車を手荷物として運ぶ輪行。いつもの場所とは違った景色のなかを走るのは楽しいものですが、輪行の規則に適した商品を選ばなければ、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

この記事では、輪行袋の特徴や選び方、そして、縦型と横型に分けておすすめ商品をご紹介。人気のオーストリッチやモンベルをはじめ、ピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

自転車ジャーナリスト
菊地 武洋

80年代から国内外のレースやサイクルショーを取材するベテランジャーナリスト。分かりやすいハードウエアの評論は定評が高く、近年はロードバイクのみならず、クロスバイクのインプレッションも数多く手掛けている。グランフォンドやセンチュリーライドなど海外ライドイベントにも出場経験を持つ。単行本の他、自転車産業振興協会でプロ向け教本の監修も手掛ける。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「スポーツ・自転車」カテゴリーを担当。TVやYouTubeでスポーツ観戦することがもっぱらの休日の過ごし方。自身も格闘技を習うなどアクティブに活動している。まずは見た目からを信条に、スポーツウェアやアクセサリー選びにも情熱をそそぐ。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

輪行とは

 

輪行(りんこう)とは、鉄道や船、飛行機などの公共交通機関を利用し、手荷物として自転車を運ぶ手段のことをいいます。もとは競輪選手が自走では行くことができない遠くの競技場へ移動する際、自転車を列車に持ち込んだことから生まれた言葉のようです。

今では選手だけでなく、サイクリングを愛好する人の間にも広まっている輪行。自転車で走れる距離には限界がありますが、輪行なら自宅から遠く離れた街や自然のなか、さらには海外でも乗り慣れた自分の自転車で走りを満喫できるとあって人気がますます高まっています。

サイクリストの活動範囲を大きく広げてくれる輪行ですが、利用する際は各交通機関の規定を確認する必要があります。大きさや袋の素材など、輪行に関するルールがこまかく設定されていることもありますので、事前に各社のホームページなどで必ず確認するように心がけましょう。

輪行袋の選び方

 


それでは、輪行袋の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】移動手段
【2】用途に応じた形状(縦型・横型)
【3】ホイールポケットの有無
【4】スペック


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】移動手段をチェック

 

輪行袋を大きく分けると、電車利用を前提とした軽量タイプと飛行機用のバイクケースの2種類があります。傷や破損を嫌うのであれば飛行機用のハードケースが理想ですが、滞在型の旅行以外では現実的とは言えません。

ナイロン製の輪行袋にはロードバイク、ツーリング車&MTB、折りたたみ車用があり、収納可能という意味で大は小を兼ねますが、軽さとサイズは小さい方が旅先でのフットワークが軽くなります。

【2】用途に応じた形状(縦型・横型)をチェック

 

袋の形状には縦型と横型の2種類があります。横型は後輪を外さずに収納できるメリットがあるため、初心者が好む傾向にあります。しかし、鉄道会社によって若干の違いはありますが、たとえばJRだと3辺の合計が250cm以内、重さ30kgでなければ車内に持ち込めないという規定があるため、横型では持ち込めないサイズになってしまいます(両輪をはずすタイプの横型なら可)。

一方、両輪を外して収納する縦型の多くは250cm以内に収まるメリットがあります。反面、フレームと後輪を固定するエンドに金具を装着するなどのひと手間がかかります。これらのメリット・デメリットをふまえ、用途に応じた商品を選ぶことが重要です。

【3】ホイールポケットの有無をチェック

 

輪行袋は、輪行袋内にホイールのポケットがあるかないかによって、収納時の手間に大きな差を生みます。ポケット付きの場合、フレームとホイールを縛って固定する必要がないため手軽ですが、輪行袋内でホイールが動きやすくフレームと接触しやすくなるので注意が必要となります。

逆にポケットなしの場合は、当然ですがフレームとホイールを縛って固定する手間がかかる反面、しっかりと固定できるため、ホイールとフレームの接触を気にする必要はなくなります。はじめて輪行袋を使用する方は、ポケット付きの方が使いやすいかもしれませんが、固定する手間を惜しまないなら、自分で固定するタイプがおすすめです。

【4】スペックをチェック

 

収納時に自転車が一部でもはみ出ていると電車に持ち込めません。シートポスト一体型のフレームで、身長が180cmを超える人は輪行袋からサドルがはみ出しがちなので、ボトムブラケット~サドルトップを計測し、買う前に確認しておきましょう。また、飛行機輪行は2019年5月1日からハードケースのみの受付になっている航空会社もあります。ルールが厳格化してきているので「なんとかなる」と過信せず、航空会社のホームページで確認しましょう。

そして、重量も輪行袋選びの重要なポイントのひとつです。一般的に耐久性と反比例し、軽さを求めれば耐久性が低くなります。それでも軽量な製品が出てくるのは、走行中の軽さやコンパクトさがとても大切だからです。輪行の多いライダーになると、飛行機用、電車用、緊急用携帯輪行袋と使い分ける人も多いようです。

輪行袋おすすめ5選|縦型


上記で紹介した輪行袋の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をそれぞれご紹介していきます。さまざまなスペックの輪行袋が厳選されていますので、用途に応じた商品選びの参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

OSTRICH(オーストリッチ)『SL-100 輪行袋』

オーストリッチ(OSTRICH)輪行袋[SL-100]ブラック091281 オーストリッチ(OSTRICH)輪行袋[SL-100]ブラック091281
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ジャーナリスト:菊地 武洋

自転車ジャーナリスト

携帯性にすぐれた縦型最軽量モデル

輪行袋のトップメーカー、オーストリッチのロード用最軽量モデルです。生地が薄く、携帯時はボトルケージに収まるほど小さくなります。ホイールポケットはなく、フレームをホイールで両サイドから挟みストラップで固定するタイプです。

中級者以上のユーザーをターゲットにしている製品ですが、初心者でも最初は少々時間がかかるかもしれませんが、問題なく作業できるはずです。エンドを保護する金具とフレームカバーは付属しないので、別途購入したほうがいいでしょう。

エキスパートのおすすめ

OSTRICH(オーストリッチ)『ロード320 輪行袋』

OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋[ロード320]グレーリア用エンド金具(旧)付属 OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋[ロード320]グレーリア用エンド金具(旧)付属 OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋[ロード320]グレーリア用エンド金具(旧)付属
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ジャーナリスト:菊地 武洋

自転車ジャーナリスト

バランスのとれた人気モデル

重量、収納性、価格のバランスがとれた縦型輪行袋の人気モデルです。ホイールポケットがあるので収納性が高く、慣れれば10分もかからずに輪行できます。ボトルケージには収まらないので、走行時はサドルの下にバンド留めします。

材質にPE250D/CLCを採用し、重量は500gです。この商品よりも定価で350円ほど安く、180g軽いロード220と迷うところですが、はじめての輪行袋ならば耐久性の高い、こちらの方がおすすめです。

R250(アールニーゴーマル)『縦型軽量輪行袋』

R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック R250(アールニーゴーマル)縦型軽量輪行袋ブラックエンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属R25-M-RRB-100BKEKブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

必要な付属品がすべてセットされた輪行袋

エンド金具など必要な備品がすべて付属する便利なオールインワンパッケージです。フレームを保護するカバーやスプロケットカバーなども付属しています。付属のストラップで機材がしっかり固定できコンパクトにまとまること、巾着タイプで収納がしやすいことなど総合的な満足度が高いバッグといえるでしょう。

TIOGA(タイオガ)『ロード ポッド』

薄くて強度のある70デニールナイロンを使用

コスパにすぐれる軽量の輪行袋のひとつ。必要最低限の付属品がついているので、購入してすぐに使えます。他メーカーの輪行袋に比べてサイズが少し小さめなので、持ち運ぶ自転車のサイズが入るかは事前に確認するようにしましょう。

GORIX(ゴリックス)『輪行袋 縦タイプ(Ca4)』

GORIX(ゴリックス)輪行袋縦タイプ自転車ロードバイククロスバイク持ち運び輪行バッグ(収納ポーチ付き)折り畳み車載電車(Ca4)オレンジ GORIX(ゴリックス)輪行袋縦タイプ自転車ロードバイククロスバイク持ち運び輪行バッグ(収納ポーチ付き)折り畳み車載電車(Ca4)オレンジ GORIX(ゴリックス)輪行袋縦タイプ自転車ロードバイククロスバイク持ち運び輪行バッグ(収納ポーチ付き)折り畳み車載電車(Ca4)オレンジ GORIX(ゴリックス)輪行袋縦タイプ自転車ロードバイククロスバイク持ち運び輪行バッグ(収納ポーチ付き)折り畳み車載電車(Ca4)オレンジ
出典:Amazon この商品を見るview item

輪行ビギナーにも安心の説明書つき

はじめて輪行にチャレンジする人には心強い、説明書つきの商品です。ショルダーストラップのほか、自転車に乗っているときはコンパクトに折りたたんで持ち運べる収納袋、ホイール固定用のベルトが4本など、付属品も充実。素材には210デニールナイロンとオックスフォード生地が使われています。購入しやすい手ごろな価格もうれしいですね。

輪行袋おすすめ3選|横型


続いては、横型の輪行袋のおすすめ商品をご紹介いたします。こちらもぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

Pocket in(ポケットイン) ファルコン『PI-1 超軽量コンパクト 輪行バッグ ロードバイク/クロスバイク用』

Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062 Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062 Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062 Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062 Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062 Pocketin(ポケットイン)超軽量輪行袋PI-1撥水加工ナイロン輪行袋(ロードバイク用)R062
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ジャーナリスト:菊地 武洋

自転車ジャーナリスト

ポケットに入る超軽量バッグ

ブルベ(制限時間内での完走を認定するロングライドのサイクリングイベント)などに参戦し、走るショップオーナーとして知られるProject-Kの栗田秀隆さんのアイデアを具現化した超軽量輪行袋です。カタログ値は200gですが、実測はさらに軽いと言われており、「もしも……」のために携帯する人も多く、ジャージのポケットに入るほどコンパクトになります。

収納は横型でサドルとハンドルを下側にするタイプです。素材は撥水加工されたナイロンで、自動車関連パーツを製作するパワーアップジャパンが担当しています。

エキスパートのおすすめ

OSTRICH(オーストリッチ)『OS-500 トラベルバッグ』

OSTRICH(オーストリッチ)輪行バッグ[OS-500]トラベルバッグブラック OSTRICH(オーストリッチ)輪行バッグ[OS-500]トラベルバッグブラック OSTRICH(オーストリッチ)輪行バッグ[OS-500]トラベルバッグブラック
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ジャーナリスト:菊地 武洋

自転車ジャーナリスト

日本のトップアスリート御用達

日本代表チームや国内プロチームが遠征用に採用する、実績豊富な輪行バッグです。厚さ10mmのウレタンでバイクを保護し、不使用時は3つ折りにして保管できます。横幅が広いため在来線の輪行には適しませんが、飛行機用としてはトップクラスのコストパフォーマンスを誇ります。

プラスチック製のハードケースよりは保護性能が劣るものの、筆者の経験では海外メーカーのセミハードケースよりもトラブルが少ない商品と言えます。

mont-bell(モンベル)『コンパクトリンコウバッグ(1130424)』

[モンベル]コンパクトリンコウバッグ1130424GRPH [モンベル]コンパクトリンコウバッグ1130424GRPH [モンベル]コンパクトリンコウバッグ1130424GRPH
出典:Amazon この商品を見るview item

登山用品でおなじみのモンベルは、サイクルグッズでも数多くのすぐれた商品をリリースしています。こちらの「コンパクトリンコウバッグ」もそのひとつ。随所にモンベルらしさを感じさせてくれる、使い勝手のよい輪行袋です。一般的なシートを広げて自転車を置く収納の仕方とは異なり、筒状のシートをたたんだ自転車にかぶせるシンプルで親切な設計。ファスナーによる開け閉めもなく、素早く自転車を収納できるのが特徴です。内側のポケットが収納ケースになるポケッタブルデザインなのもいいですね。

「輪行袋」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OSTRICH(オーストリッチ)『SL-100 輪行袋』
OSTRICH(オーストリッチ)『ロード320 輪行袋』
R250(アールニーゴーマル)『縦型軽量輪行袋』
TIOGA(タイオガ)『ロード ポッド』
GORIX(ゴリックス)『輪行袋 縦タイプ(Ca4)』
Pocket in(ポケットイン)  ファルコン『PI-1 超軽量コンパクト 輪行バッグ ロードバイク/クロスバイク用』
OSTRICH(オーストリッチ)『OS-500 トラベルバッグ』
mont-bell(モンベル)『コンパクトリンコウバッグ(1130424)』
商品名 OSTRICH(オーストリッチ)『SL-100 輪行袋』 OSTRICH(オーストリッチ)『ロード320 輪行袋』 R250(アールニーゴーマル)『縦型軽量輪行袋』 TIOGA(タイオガ)『ロード ポッド』 GORIX(ゴリックス)『輪行袋 縦タイプ(Ca4)』 Pocket in(ポケットイン) ファルコン『PI-1 超軽量コンパクト 輪行バッグ ロードバイク/クロスバイク用』 OSTRICH(オーストリッチ)『OS-500 トラベルバッグ』 mont-bell(モンベル)『コンパクトリンコウバッグ(1130424)』
商品情報
特徴 携帯性にすぐれた縦型最軽量モデル バランスのとれた人気モデル 必要な付属品がすべてセットされた輪行袋 薄くて強度のある70デニールナイロンを使用 輪行ビギナーにも安心の説明書つき ポケットに入る超軽量バッグ 日本のトップアスリート御用達
サイズ 1,100×950×250mm 1,070×830×200mm 1100×250×950mm 850×200×900mm 1,000×950×250mm 120×100×70mm 輪行時のサイズ : 1,350×950mm 1,350×820×210mm 1,000×1,400mm
重量 200g 500g 350g(付属品をすべて含む) 395g 370g 200g 2,000g 297g
カラー ブラック グレー、ネイビーブルー、シルバー ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック
付属品 ショルダーベルト、中締ベルト リア用エンド金具、ショルダーベルト、中締ベルト、フレームカバー小 外袋・外袋、ストラップ、エンド金具、フレームカバー、スプロケットカバー 固定用ストラップ×4、ショルダー ストラップ、チェーン カバー、収納ポーチ ショルダーストラップ、ホイール固定用ベルト×4、専用収納袋、説明書 肩掛けベルト、固定用結束バンド×3 ショルダーベルト -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 輪行袋の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの輪行袋の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:輪行バッグランキング
楽天市場:輪行バッグランキング
Yahoo!ショッピング:輪行グッズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

輪行袋に関するQ&A

question icon使いやすいのは、縦置きと横置きのどっち?

answer icon

それぞれメリットがあるので、使い分けがベスト

縦置きは接地面積と回転半径が小さいので、ほかの乗客の邪魔になりにくいのがメリット。横置きは自転車を立てるエンド金具を装着する必要がないので、早く袋に入れられるのがメリットになります。

それぞれにメリットがあるので、使い分けができるとベスト。

question icon鉄道で使うことができないものもある?

answer icon

実はある!

冒頭でもお伝えした通り、輪行袋は鉄道や船、飛行機で移動する際に必要になります。しかし、中には現在の規定から外れている輪行袋が販売されている場合も。

ただ、輪行サイズは昔から変わっていないので、ロードバイクを運ぶ場合、前後のホイールを外してしまうタイプ以外は鉄道会社の規定から外れてしまうので、注意しよう。

そのほかのロードバイク用アイテムの記事はこちら 【関連記事】

規則に応じた製品を選んでトラブル防止!


輪行というのは、日本固有の運搬方法であり、海外に競合製品が多くありません。そのためオーストリッチの製品が多くなりましたが、他社製品は自転車の一部が露出してしまうなど、JRグループの定める「旅客営業規則 – 無料手回り品」に抵触する粗悪な製品が多いのが現状なので、注意が必要です。

また、輪行時のキズの多くはホイールとフレームの接触が原因です。袋の中で自転車がしっかりと固定されているか、フレームとホイールが接触しないように完全に区切られているのが望ましい状態です。エンド金具、フレームカバー、養生テープ、タイラップなどを上手に使うことで、価格の安い輪行袋でもキズを防ぐことはできます。

価格の安いものは耐久性が著しく劣り、数回の使用で穴が空く製品もあります。置き場所や移動するときに細心の注意を払えば、これも防ぐことができます。初心者は丈夫なものを、慣れてきたら軽量の輪行袋を使ってみましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ロードバイク用チューブおすすめ10選|軽量・高耐久モデルも

ロードバイク用チューブおすすめ10選|軽量・高耐久モデルも

インナーチューブはロードバイクの走行性能をグッと引き出す重要なパーツ。ここでは、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんと編集部が厳選したロードバイクに適したチューブのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ロードバイク , クロスバイク , マウンテンバイク

サイクルコンピューターおすすめ9選|スマホ連動やGPS付も

サイクルコンピューターおすすめ9選|スマホ連動やGPS付も

サイクルコンピューター(サイコン)は自転車にとりつけることで速度やカロリーなど数字で可視化してくれるアイテムです。自転車が趣味の人はサイコンを取り付けることでサイクリングがより楽しむことができ、体力アップのためにトレーニングもしやすくなるでしょう。今回は自転車ライターで現役ロードレーサーの浅野真則さんへの取材をもとに、おすすめのサイクルコンピューターと選び方のポイントをご紹介いたします。初心者でも扱いやすいスマホ連動タイプなどご紹介します。通販サイトの人気ランキングもありますので参考にしてみてくださいね。

tag icon ロードバイク , クロスバイク , マウンテンバイク

ロードバイク空気入れおすすめ16選|パナレーサー、トピークほか軽量携帯タイプも

ロードバイク空気入れおすすめ16選|パナレーサー、トピークほか軽量携帯タイプも

ロードバイクに必須の空気入れ。この記事では、自転車ライター・浅野真則さんと編集部が厳選したロードバイク用空気入れのおすすめと選び方のポイントについてご紹介。フロア・携帯ポンプ・両用、CO2インフレーターや仏・米・英式全バルブ対応商品など、それぞれの種類と特徴について解説していきます。後半に通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、口コミなどあわせて参考にしてみてください。

tag icon 工具 , ロードバイク , DIY

ロードバイク用サドルバッグおすすめ12選|バッグの選び方と特徴をタイプ別に紹介

ロードバイク用サドルバッグおすすめ12選|バッグの選び方と特徴をタイプ別に紹介

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。記事後半には、おすすめ商品の比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon ロードバイク , クロスバイク , マウンテンバイク

ロードバイク用パワーメーターおすすめ9選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別に紹介

ロードバイク用パワーメーターおすすめ9選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別に紹介

ロードバイク用パワーメーターは、自転車のペダルを踏みこんだときの力をW(ワット)数で測定してくれる装置です。自転車に装着することで走行データを知ることができ、トレーニングにいかせます。この記事では自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、製品の選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon ロードバイク , 自転車

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。