園芸用ビニールシートおすすめ商品5選|白黒や透明なタイプも紹介

 第一ビニール 家庭菜園用ビニール 0.1 185X10m
出典:Amazon

園芸やガーデニング用のビニールシートは、その用途に応じてさまざまな種類があります。そのため、マルチ用フィルム、シートなどと呼ばれる、家庭菜園で畝(うね)などにマルチングしたいときにも使うものや、ビニールハウスなどを覆う場合や、園芸作業するときに周囲を汚さないために使うものあります。

この記事では、グリーンアドバイザーのふじえりこさんにお話をうかがい、園芸用ビニールシートのおすすめと選び方についてご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


目次

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士
ふじえりこ

『はじめてでもカンタン!多肉植物の育て方・楽しみ方』(コスミック出版)では文を担当。『土作りで決まる!とびきりおいしい野菜の作り方』(ブティック社)『ベランダ菜園 おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)では監修&執筆。『趣味の山野草』、エバーグリーンなどで連載執筆中。 豪華客船飛鳥のクルーズ講師、園芸教室Ceresを主宰するほか、都内植木市の園芸相談員歴20年以上。また、産業安全保健エキスパート、理科支援員・コーディネーター・アドバイザーの経歴を活かし『生き物たちのひみつ』(NHK)などのキッズライターととしての顔も持つ。 映画、漫画、健康分野にも精通し各種ライティング実績があるほか、『愛犬の選び方・飼い方・健康管理(主婦の友)』では取材ライターとしての実績あり。 多種多様、動物園の爬虫類館の植物管理経験も。植物はハーブを中心に、野菜、作物、多肉植物を栽培中。ハーブコーディネーター、植物文様研究家としても活動している。 ほかにも撮影現場のインテリアを手がける撮影インテリアコーディネーターとしても活動しており、植物を中心に現場を明るく彩るエキスパートでもある。

「園芸用ビニールシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
渡辺泰『園芸用ビニールシート』
第一ビニール『家庭菜園用ビニール』
岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』
チヤミ『園芸シート 防水 移植パッド ガーデニングトレーシート』
タカショー『ビニール温室 2段用 替えカバー(ASH−18CT)』
商品名 渡辺泰『園芸用ビニールシート』 第一ビニール『家庭菜園用ビニール』 岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』 チヤミ『園芸シート 防水 移植パッド ガーデニングトレーシート』 タカショー『ビニール温室 2段用 替えカバー(ASH−18CT)』
商品情報
特徴 その名もズバリ園芸用ビニールシート 大手園芸資材メーカーの商品だから安心 農業資材として知られているから、実力は保証付き 洗って繰り返し使える! サイズに合わせて購入を!
タイプ 園芸用シート、サニーシート ガーデニングシート、サニーシート、 雑草防止、地温抑制、水分保持 植え替えシート 温室カバー
サイズ 幅135cm×長さ10m×厚み0.1mm 幅185cm×長さ10m×厚み0.1mm 幅95cm×長さ50m×厚み0.02mm 幅100×奥行100cm(ボックス形状のとき) 幅72×奥行33×高さ96cm
材質 PVC PVC - PE防水布 塩化ビニル
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月5日時点 での税込価格

園芸用ビニールシートの選び方 グリーンアドバイザーに聞く

グリーンアドバイザー・ふじ えりこさんに、園芸用ビニールシートの用途にあった選び方を教えてもらいました。ポイントは以下です。

【1】マルチング資材として
【2】ビニールトンネルを作るため
【3】ミニ温室などで使用
【4】園芸作業時の汚れ防止


それぞれ詳しくみていきましょう。

園芸用ビニールシートを使っていない自家菜園
Pixabayのロゴ

家庭菜園では雑草に頭を悩ませてしまいがちです。園芸用ビニールシートを使うことで、雑草を防除できるので、植える植物に合わせて選びましょう。

【1】マルチング資材として選ぶ

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

ビニールシートの用途として多いのが、畝(うね)などの地温を上昇させるため、あるいは夏などは地温を下げるために使ったり、雑草防除のために覆うマルチング(畑の表面を紙やプラスチックフィルムで覆うこと)資材としての使い方ではないでしょうか。その場合のビニールシートは、地温の上昇などには透明、雑草防除や地温を下げる場合には白・黒を使うことが多いとされています。

また、苗などを植えつけやすいように穴をあけやすい工夫がされたものなどもあります。栽培する植物に合わせて選ぶようにしましょう。最近は畑で使ったあとに分解して自然に戻る素材のものなどもあり便利に使うことができます。

 

黒い面と白い面を組み合わせた園芸用ビニールシート。両面を使い分けることでしっかり地温の調節や雑草防除ができる。

【2】ビニールトンネルを作るために選ぶ

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

保温のためのビニールトンネル用としてビニールシートを選ぶ場合は、透過率を意識して選ぶようにしましょう。あまり分厚すぎるものは、日光の光を遮りすぎてしまうので注意。

作るトンネルの大きさに合わせてサイズを選ぶようにしましょう。トンネルフィルム、トンネルシート、トンネルビニールといった名称などで販売されています。

【3】ミニ温室などで使用するために選ぶ

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

庭先などのミニ温室の場合は、サイズにあったビニールシートを選ぶようにしましょう。せっかく購入しても異なったサイズだとまったく役に立たないこともありますので注意が必要です。

温室で使う場合には、主な目的が雨除けなのか保温なのかを考えてから購入しましょう。繰り返し使いたい場合には、透明の糸が織り込まれて強い素材のものを選ぶといいでしょう。

 

専用ラックと組み合わせて使う、ミニビニール温室用のカバー。園芸用カバーには多くの種類があるので、設置している温室に合うサイズの製品を選ぶことが大切。

【4】園芸作業で周囲が汚れないようにする目的で選ぶ

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

庭先やお部屋のなかで園芸作業をする場合や汚したくない机の上で作業をする場合に、四隅を留めることが可能な専用のビニールシートを使うことで片づけがらくになります。いろいろなサイズのものが売られていますので、使いやすいサイズを選ぶようにするといいでしょう。

もちろん、園芸作業以外でも工夫しだいで便利に使うこともできます。この手の園芸用シートは、ガーデニングシート、サニーシート、植え替えシート、プランティングシートなどの名前でも呼ばれています。

園芸用ビニールシートのおすすめ5選 タイプ・サイズ・材質もチェック!

ここまで紹介した園芸用ビニールシートの選び方のポイントをふまえて、グリーンアドバイザー・ふじ えりこさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

遮熱や耐熱、日よけなどの機能だけでなく、大きいもの、小さいもの、厚手、薄手などさまざまな特徴があるので、自分の使い方に合う園芸用ビニールシートはどれなのか、くわしく見ていきましょう。

渡辺泰『園芸用ビニールシート』

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

その名もズバリ園芸用ビニールシート

「えっ、メーカ―名が人の名前?」と思ってしまう方もいますが、この会社は創業者の名が渡辺泰助さん。関西の園芸資材の老舗です。この園芸用ビニールシートはトンネル資材、雨除け資材として用途に合わせて使える点がおすすめ。

もちろん防霜効果、防病などにも役立ち、トンネルで使用すれば保温の効果があるので植物の促成にも役立てることができます。

第一ビニール『家庭菜園用ビニール』

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

大手園芸資材メーカーの商品だから安心

国内大手の園芸資材メーカー、第一ビニール。農業現場で使われているビニール資材としても有名なので、商品の信頼性はピカイチです。そんなメーカーが開発した家庭菜園用ビニールは、地温上昇に役立ち、寒い時期には植物の成長促進にも効果的。トンネル栽培だけではなく、雨除けなどにも利用することができます。

多用途に使える園芸用ビニールシートをお探しの方におすすめです。

岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』

岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』 岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』 岩谷マテリアル『菜園用イワタニリバースマルチ白黒』

出典:Amazon

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

農業資材として知られているから、実力は保証付き

真夏の高温期の地温抑制におすすめなのがこの農業用多層フィルムです。表面は白色なので光を反射、内側は黒色となっているので熱気を遮断して地温の抑制に役立てることが可能。また、内側の黒色は雑草の防除にも役立ちます。

イワタニのマルチ用フィルムのシリーズには、そのまますきこむことができる生分解性「マルチフィルム・ナトゥーラ」や防虫効果に特化した「防虫メタリック」などの製品もあります。

チヤミ『園芸シート 防水 移植パッド ガーデニングトレーシート』

チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』 チヤミ『園芸シート防水移植パッドガーデニングトレーシート』

出典:Amazon

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

洗って繰り返し使える!

土づくりや移植、各種の園芸作業をしたいときなどにあると便利なのがこの商品です。4隅のボタンを使うことでシートボックスとして使うことができ、土などが飛び散らないように作業することができます。

また、PE防水塗装もされているので、使ったあとはさっと洗うだけでキレイになります。折りたたみもできるので持ち運びなどにも便利です。

タカショー『ビニール温室 2段用 替えカバー(ASH−18CT)』

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

サイズに合わせて購入を!

ミニビニール温室用のカバーです。温室用のビニールカバーは屋外で使用しますので、劣化し破れたりしてしまうことも少なくありません。破れてしまったら、そのまま使っても保温効果は半減してしまいます。そこで新しいものに交換することがおすすめ。フレームのサイズに合わせてつくられているのでかんたんに交換できます。

ミニビニール温室用のカバーは、各種の商品に合わせたサイズで販売されていますのでご自宅で使われているサイズにあったものを探すようにしましょう。もちろん、メーカーの確認もお忘れなく!

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 園芸用ビニールシートの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの園芸用ビニールシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:園芸用ビニールシートランキング
Yahoo!ショッピング:園芸用ビニールシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ビニールシートの種類

園芸用ビニールシートには、用途に合わせていくつかの種類があります。

土中の温度を上げるのであれば、ブラウン、透明、グリーン、黒、白黒パンダの順に効果的です。また、雑草防除の効果の高さでは、白黒パンダ、黒、グリーン、ブラウン、透明の順に高いです。

それぞれ特徴が異なりますので、目的に合ったものをえらんでみてください。

 

日光を99%遮断 光合成阻止、水・空気が通るのに草が生えない。

白黒パンダマルチ(表:白/裏:黒) サニーレタス・レタス など

特長:(白)土中の温度を上げない、(黒)日光をさえぎって雑草を生えにくくする。
使用時期:8月中旬~9月中旬

グリーンマルチ(緑) 主にレタス・ねぎ など

特長:土中の温度を上げる、雑草を生えにくくする。
使用時期:9月中旬~12月中旬、12月中旬~5月下旬

ブラウンマルチ(茶) 主にレタス など

特長:土中の温度を上げる。
使用時期:12月中旬~3月下旬

黒マルチ(黒) 主にサニーレタス など

特長:土中の温度を上げない、雑草を生えにくくする。
使用時期:9月中旬~12月中旬

透明マルチ(無色) 主にはくさい など

特長:土中の温度を上げる。
使用時期:12月中旬~3月下旬

用途に応じた呼び名を知っておくと選びやすい グリーンアドバイザーのアドバイス

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

園芸やガーデニングでビニールシートを使いたいと思ったら、使用目的を明確にしてから商品を探すようにしましょう。また、ひとくちに園芸用ビニールシートといっても使用目的によってさまざまな呼称があります。

園芸作業用なら「ガーデニングシート」、ビニールトンネル用なら「トンネルシート」といったように、用途に合った呼び名を知っておくと目的のビニールシートを見つけやすいです。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


防鳥網(ネット)のおすすめ12選|カラス・ハト・害虫対策に!

防鳥網(ネット)のおすすめ12選|カラス・ハト・害虫対策に!

鳥の被害から守ってくれる「防鳥網(ネット)」。ゴミ置き場や農作物を荒らしたり、ベランダに糞や羽をまき散らしたりと対策はしっかりと講じたいところ。しかし、貼り方やサイズ、強度、メッシュ構造などよくわからないですよね?本記事では、防鳥網(ネット)について、サイズ・用途別に選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介。目的に合った防鳥網を選んで、鳥害に悩まされずに快適に過ごしてくださいね。

tag icon 家庭菜園 , 野菜・きのこ , 園芸シート・保護ネット

庭砂利のおすすめ14選|砂利の種類やガーデニング施工例も紹介!

庭砂利のおすすめ14選|砂利の種類やガーデニング施工例も紹介!

ガーデニングとして庭をオシャレにしたり、雑草対策や防犯対策にもなる庭砂利。今回は初めて庭砂利を買おうか悩んでいる人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品を紹介します。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 家庭菜園 , DIY , ガーデニング用品

猫よけグッズおすすめ14選|庭や畑の糞尿対策に! 被害を軽減する方法も

猫よけグッズおすすめ14選|庭や畑の糞尿対策に! 被害を軽減する方法も

近年ではさまざまな猫よけグッズが販売されており、ソーラー式の超音波タイプ、猫の嫌いなニオイ成分が入っているスプレータイプ、マットタイプなどがあります。持続時間や素材も確認しておきたいところですよね。この記事では、グリーンアドバイザーのふじえりこさんと編集部が厳選した猫よけグッズのおすすめと選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ガーデニング用品 ,

発根促進剤おすすめ12選|挿し木・根の成長促進に! オーガニックタイプも

発根促進剤おすすめ12選|挿し木・根の成長促進に! オーガニックタイプも

植物の発根作用を高める発根促進剤。植え替え時や挿し木の成功率を上げたいときに重宝します。オーガニックタイプや肥料タイプなど形状が異なるため、発根促進剤を選ぶときのチェックポイントはたくさん。そこで、ガーデニング研究家のはたあきひろさんと編集部が選ぶ発根促進剤のおすすめ商品と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 家庭菜園 , 肥料・薬剤 , ガーデニング用品

高枝切りバサミおすすめ20選|超軽量・キャッチ機能・伸縮モデルも

高枝切りバサミおすすめ20選|超軽量・キャッチ機能・伸縮モデルも

剪定や収穫などさまざまな使い方ができる高枝切りバサミ。ここでは、ガーデニング研究家のはたあきひろさんと編集部が厳選した高枝切りバサミのおすすめと選び方をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon ガーデニング用はさみ , ガーデニング用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。