静電気ホコリ取りのおすすめ4選! 生活市場ウォッチャーが選び方を伝授

静電気ホコリ取りのおすすめ4選! 生活市場ウォッチャーが選び方を伝授

生活市場ウォッチャー/編集ライター:北川 聖恵
生活市場ウォッチャー/編集ライター
北川 聖恵

毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。 『日経トレンディネット』(日経BP)で、クルマ・アウトドア・ビジネスギア分野、飲食や生活用品を中心に取材。 『日経クロストレンド』(同)で、幅広い業界の速報記事とCM戦略連載を執筆中。 そのほか、Netflixで放送中の映画やドラマなどの映像翻訳も手掛ける。

この記事では、生活市場ウォッチャーの北川聖恵さんにお話を伺い、静電気ホコリ取りの選び方とおすすめアイテムを紹介していきます! 毎日掃除をしていても、気がつくとなぜかホコリが溜まってしまう……。そんなときには静電気ホコリ取りの出番です。静電気ホコリ取りは、静電気を起こしてホコリを吸着してくれるのでホコリが舞いにくく、毎日のちょっとしたお掃除にぴったりですね。とはいっても、商品によって「手入れがかんたん」や「家電向き」などさまざまな違いがあり、どれを選んだらいいのか迷ってはいませんか? ぜひこの記事を参考にして、使いやすい静電気ホコリ取りをみつけてみてくださいね。


静電気ホコリ取りの選び方|生活市場ウォッチャーに聞いた!

生活市場ウォッチャーの北川聖恵さんに、静電気ホコリ取りを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。重視したいポイントを知って、自分の暮らしに合った静電気ホコリ取りを選びましょう。

ハンディタイプのモップの画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

静電気ホコリ取りは、ホコリをサッと拭き取ってキレイにしてくれる掃除に欠かせないアイテムです。

掃除をしたい場所によって柄の長さを使い分けよう

生活市場ウォッチャー/編集ライター

天井照明やエアコンのうえなど手の届かない場所から、パソコンのキーボードまで、守備範囲の広い静電気ホコリ取り。だからこそ、用途に応じて柄の長さを使い分けると便利です。

一般的に、1~2mほどあれば自分の背より高い場所もラクに掃除ができるといわれています。床の間も、かがまずに掃除できますよ。一方、デスク周りや本棚など手元を掃除するのであれば、なるべく短いハンディタイプを選ぶといいでしょう。

アズマ工業『エレキャッチスター自在』

柄の長さが約114~164cmの間で自由に調整できるので、高いところもラクラク。ヘッドの角度も6段階で調整できます。

>> Amazonで詳細を見る

水洗いができるか、スペアを購入できるかをチェック

生活市場ウォッチャー/編集ライター

一般的な静電気ホコリ取りは、ホコリを絡め取るふさの部分を水洗いできるものがほとんど。しかし、なかには自宅でのお手入れができないものもありますので注意が必要です。

その場合は、ふさだけスペアが販売されており交換できる仕様か、本体ごと買い替えなければいけないのかを事前にチェックしておくのがおすすめです。

家電やOA機器に対応できるかどうか

生活市場ウォッチャー/編集ライター

静電気をきらう家電製品やテレビ、パソコンモニターなど、静電気を起こすと余計にホコリがつきやすくなる機器があります。とはいえ、溜まったホコリはキレイにしたいですよね。

そのようなときは、静電気を起こしにくい素材を使用した製品を選ぶようにするといいでしょう。

エレコム『除電クリーニングブラシ(ノーマルタイプ)』

ホコリだけではなく表面の静電気も除去してくれるタイプなので、ホコリが再付着しにくくなります。ディスプレイやOA機器にぴったりです。

>> Amazonで詳細を見る

静電気ホコリ取りのおすすめ4選! 生活市場ウォッチャーが厳選

うえで紹介した静電気ホコリ取りの選び方のポイントをふまえて、生活市場ウォッチャーの北川聖恵さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。家電向きの静電気ホコリ取りから車に使えるものまでたくさんの種類をピックアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダスキン『エレクトロン・エル-E ハンドル付き』

出典:Amazon

長さ
約47cm(ハンドルを含む)
材質
ポリプロピレン、導電性繊維
重量
-
Thumb lg 65e6bbbf 7b80 42d9 a6e5 3d9ea545a1c3
生活市場ウォッチャー/編集ライター

静電気の発生を抑える繊維を用いたホコリ取り

ハンディタイプの代表は、いわずと知れたダスキンの製品です。ダスキンの掃除道具を使うには一般的にレンタル契約が必要ですが、通販などで購入できるダスキン製品もあります。このホコリ取りもそのひとつです。

フロアモップなどで清掃能力が高いことは周知の事実かと思いますが、こちらのホコリ取りは静電気をできるだけ抑える繊維を使っているので、静電気の発生を避けたい電化製品やOA機器にも安心して使えます。価格は一般的な静電気ホコリ取りより若干高めな点と、洗うことができないので汚れが目立ってきたら買い替える必要がある点に注意です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アズマ工業『エレキャッチスター自在』

出典:Amazon

長さ
全長約115~164(cm)
材質
穂:ポリプロピレン、本体:ABS樹脂、柄:アルミ
重量
約310g(パッケージ込)
Thumb lg 65e6bbbf 7b80 42d9 a6e5 3d9ea545a1c3
生活市場ウォッチャー/編集ライター

最長164cmで高所も思いのままに掃除できる

静電気ホコリ取りを複数展開するアズマ工業の『エレキャッチスター自在』は、高い位置の掃除の強力な助っ人です。

柄の長さが約114~164cmの間で自由に調整でき、ヘッド角度も180度の間で6段階にも調節できるので、天井の照明器具や梁(はり)、エアコンのうえなどの届きにくい場所も、三脚に乗らずに隅々までキレイにできます。ふさは表面積が広く、しっかりと汚れを吸着するので、一度取ったホコリが舞ったりする心配もありません。また、汚れがひどい場合は水洗いができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エレコム『除電クリーニングブラシ(ノーマルタイプ)』

出典:Amazon

長さ
31cm
材質
柄:ABS、毛材:帯電防止繊維、ポリエステル
重量
72g
Thumb lg 65e6bbbf 7b80 42d9 a6e5 3d9ea545a1c3
生活市場ウォッチャー/編集ライター

静電気まで除去してホコリをつきにくくしてくれる

PC周辺機器メーカーのエレコムの『除電クリーニングブラシ』は、帯電防止繊維を使ったやわらかいブラシでホコリや指紋、皮脂汚れなどをキレイにしてくれると同時に静電気まで取り除くので、ホコリを付着しにくくしてくれます。

ハンディタイプながらふさが大きく、テレビやPCモニターなどの広い面も掃除しやすいです。さらに、ぬるま湯で丸洗いができるので長く使い続けることができ、コスパも良好といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

グローリー『ほこり取り羊毛ダスター』

出典:Amazon

長さ
約78~166cm
材質
羊毛、樹脂、柄:アルミ
重量
-
Thumb lg 65e6bbbf 7b80 42d9 a6e5 3d9ea545a1c3
生活市場ウォッチャー/編集ライター

デリケートな家具の掃除にもやさしく使える羊毛製

静電気ホコリ取りではめずらしい、羊毛を使った製品です。

値段はほかの商品に比べかなり高めですが、デリケートな材質を使用した家具などキズが心配なものを掃除するときには、やさしく掃除できるこちらがおすすめです。汚れもしっかりと吸着してくれます。78~166cmまで調節可能で、高いタンスの上などもしっかり届きます。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ダスキン『エレクトロン・エル-E ハンドル付き』
アズマ工業『エレキャッチスター自在』
エレコム『除電クリーニングブラシ(ノーマルタイプ)』
グローリー『ほこり取り羊毛ダスター』

商品

ダスキン『エレクトロン・エル-E ハンドル付き』 アズマ工業『エレキャッチスター自在』 エレコム『除電クリーニングブラシ(ノーマルタイプ)』 グローリー『ほこり取り羊毛ダスター』

特徴

静電気の発生を抑える繊維を用いたホコリ取り 最長164cmで高所も思いのままに掃除できる 静電気まで除去してホコリをつきにくくしてくれる デリケートな家具の掃除にもやさしく使える羊毛製

価格

Amazon : ¥ 1,197
楽天市場 : ¥ 1,344
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,466
※各社通販サイトの 2019年10月3日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,530
楽天市場 : ¥ 2,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,880
※各社通販サイトの 2019年10月3日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 822
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,370
※各社通販サイトの 2019年10月3日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,106
※各社通販サイトの 2019年10月3日時点 での税込価格

長さ

約47cm(ハンドルを含む) 全長約115~164(cm) 31cm 約78~166cm

材質

ポリプロピレン、導電性繊維 穂:ポリプロピレン、本体:ABS樹脂、柄:アルミ 柄:ABS、毛材:帯電防止繊維、ポリエステル 羊毛、樹脂、柄:アルミ

重量

- 約310g(パッケージ込) 72g -

商品情報

通販サイトの静電気ホコリ取りランキングを参考にする

Amazonでの静電気ホコリ取りの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:はたき・ほこり取りランキング 

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

静電気ホコリ取りは複数を使い分け、お手入れもまめに|生活市場ウォッチャーからのアドバイス

生活市場ウォッチャー/編集ライター

エアコン上部に積もった大量のホコリを掃除したホコリ取りで、パソコンのモニターを掃除するなど、1本を使い回すことは避けたほうがいいです。最初に取ったホコリが次の場所で広がり、二度手間になりかねません。また、あまり大量のホコリを一度に取ろうとすると、いくら大きなふさでも取り切れずに、ホコリが舞ってしまうことも。用途別に長さや素材に分けて、複数の商品を使い分けるのがベストでしょう。

また、手入れはこまめにすることを忘れずに。もし汚れが溜まってしまった場合は、はたきのように下に落としてから掃除機でキレイにするような使い方をするといいですよ。

棚の上に積もったホコリを取り除くなど、ちょっとしたお掃除に便利なのが「はたき」。しかしはたきといっても、さまざまな素材や形状のものがあり、どういった違いがあるのか、どう使い分ければいいのかが分からない方も多いでしょう。本記事では、収納コンサルタント・ライフアレンジニスト有賀照枝さんへの取材をもとに、はたきを選ぶときはどんな点に気をつけるべきかを解説し、おすすめ商品を紹介をしていきます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


おしゃれ着洗剤おすすめ7選【ニットや制服もおうちで洗濯!】家事ライターに取材

おしゃれ着洗剤おすすめ7選【ニットや制服もおうちで洗濯!】家事ライターに取材

家事ライターの東海林ミノルさんに聞いた、おしゃれ着洗剤のおすすめ7選と選び方を掲載。おしゃれ着洗剤は、ニットや傷みやすい生地、薄手のブラウス、型崩れが気になる衣類などを自宅で洗えます。カシミヤウール専用の洗剤なども販売されていて、クリーニング店に行く手間や時間、コストを考えると、おしゃれ着洗剤があると便利ですよね。抗菌・除菌成分が入っているか、香りはついているかなど気になるポイントがたくさん! 本記事を参考に、使い勝手のよいおしゃれ着洗剤を見つけてくださいね。記事の最後には通販サイトのランキングも紹介しています。


ピンチハンガーのおすすめ8選|ライフアレンジニストが選び方も解説!

ピンチハンガーのおすすめ8選|ライフアレンジニストが選び方も解説!

ライフアレンジニストの出口知子さんに、タオルや下着類を一度にたくさん干せる「ピンチハンガー」の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。購入の際は、ピンチ(洗濯バサミ)の数や間隔のほか、プラスチックやステンレスなど素材をチェックすることが大切です。この記事では、数あるピンチハンガーの中から出口さんが厳選した商品を8つ紹介。最後には各ショッピングサイトの売れ筋ランキングもありますので、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


食器洗い手袋おすすめ10選【暮らしスタイリストが選ぶ】冬場の水仕事や手荒れ対策に

食器洗い手袋おすすめ10選【暮らしスタイリストが選ぶ】冬場の水仕事や手荒れ対策に

暮らしスタイリストで料理家でもある河野真希さんへの取材をもとに、食器洗いに使う手袋のおすすめ商品をご紹介します。冬場に水を使うときや、乾燥肌・敏感肌で手荒れしやすい方には強い味方の食器洗い手袋ですが、材質や厚さ、フィット感など種類はさまざまです。この記事では選び方のポイントのほか、各ショッピンサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


【トイレハンターが選ぶ】トイレットペーパーおすすめ5選|使い心地いろいろ

【トイレハンターが選ぶ】トイレットペーパーおすすめ5選|使い心地いろいろ

トイレハンターのマリトモさんに、トイレットペーパーのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。トイレに必要不可欠なトイレットペーパーですが、シングルやダブルといった違いはもちろん、香り付きのもの、さらには芯に消臭成分が配合されたものなど種類はさまざまです。本記事では数あるトイレットペーパーの中から厳選した商品をご紹介し、最後には通販サイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてみてください。


【繰り返し使える】充電池のおすすめ7選|モノレビュアーが選び方も解説

【繰り返し使える】充電池のおすすめ7選|モノレビュアーが選び方も解説

アダプターに電池を入れて充電することで繰り返し使える「充電池」。デジタルカメラやラジオなど、身のまわりにあるもので電池を使う機器はたくさんありますよね。せっかく充電池を購入するなら、なるべく繰り返し使えて、1度の充電で長く使えるものがほしいものです。そこで本記事では、モノレビュアーの松本レイナさんに、充電池の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。乾電池から乗り換えを考えている方、充電池を買い替えようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。