【コンプレッションバッグのおすすめ5選】アウトドアライターに聞く

【コンプレッションバッグのおすすめ5選】アウトドアライターに聞く

作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、コンプレッションバッグの選び方とおすすめ商品をご紹介します。アウトドアに行くとき、どうしても荷物がかさばってしまいがちです。圧縮できるコンプレッションバッグを使えば、衣服やシュラフといったかさばりやすいものをコンパクトにまとめることができます。サイズのほか、収縮性能、軽量性や耐久性の違いで幅広いアイテムがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、自分のニーズにぴったりのバッグを見つけてください。


コンプレッションバッグ選びの着眼点 | アウトドアライターに聞きました

アウトドアライターの夏野 栄さんに、コンプレッションバッグを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。サイズや収縮性能など、どれも荷物のパッキングに大きく関係するポイントなので、しっかりチェックしてくださいね。

キャンプでまとめた荷物
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コンプレッションバッグを活用して、できるだけコンパクトに荷物をまとめましょう

サイズから選ぶ

作家/アウトドアライター

コンプレッションバッグはシュラフや衣類のような、特定のかさばってしまう荷物を圧縮するバッグです。まずは圧縮したい荷物の容量にあわせて選びましょう。

コンプレッションバッグのサイズ表記は各社で違います。あるブランドでSサイズと表記されているものが、別のブランドのMサイズ相当であることも。選び方のポイントとして、まずはブランドごとのサイズ表記ではなく、容量(リットル)と実寸(縦×直径)を確認し、収納したいシュラフや衣類にマッチするサイズを探します。荷の大きさにあわせて該当するサイズから選びましょう。

シートゥサミット『ウルトラシル コンプレッションサック(ST83354)』

サイズは18×40cm、重さ66gの計量なタイプです。サイズ表記と実際の容量がメーカーによって異なるため、必ず数値をチェックしてください。

>> Amazonで詳細を見る

収縮性能から選ぶ

作家/アウトドアライター

コンプレッションバッグ最大の特徴は「荷物を収縮させて収納する」という点です。荷をしっかり収縮できるか、あるいはどのような収縮形式かなどの収縮性能を確認しましょう。

大きく分けて縦に荷を収縮するタイプと横に荷を収縮するタイプがあります。まずは該当の荷物を、自身のザック内部のどこにどの向きでパッキングするかという点を事前に明確にすることで、「縦か横か」「長方形に近い荷物の塊をつくりたいか、正方形に近い荷物の塊をつくりたいか」どちらに圧縮できるとより効率的かを考えます。

どちらの方向に荷物をコンパクトにしたいかという点を踏まえ、合致する収縮性能のコンプレッションバッグを選びましょう。

軽量性と耐久性から選ぶ

作家/アウトドアライター

「軽さと耐久性」はあらゆるアウトドアギアで争点となりますが、コンプレッションバッグも同様です。

スタッフバッグと違い、重いものやかたいものではなく、圧縮ができてやわらかく、比較的軽いものを入れるという特徴があるので、さほどデリケートに耐久性を気にする必要はないといえます。とはいえ、圧縮する際はナイロンテープやコードでテンションをかけるため、コンプレッション周辺の耐久性はしっかり確認する必要があります。

いずれにせよ軽さを意識しつつも、実用上心配のない耐久性のあるアイテムを選びましょう。

イスカ『ウルトラライト コンプレッションバッグM』

耐久性がしっかりしたコンプレッションバッグもあります。

>> 楽天市場で詳細を見る

コンプレッションバッグのおすすめ商品 | アウトドアライターが厳選

うえで紹介したコンプレッションバッグの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。いろいろな商品をピックアップしていただいているので、初心者でもきっとニーズにあったアイテムに出会えると思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シートゥサミット『ウルトラシル コンプレッションサック(ST83354)』

出典:Amazon

サイズ
18×40cm
重量
66g
容量
3.3〜10L
素材
30デニールダイヤモンドリップストップシリコンコートコーデュラ
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

軽さと耐久性のバランスが良く総合力が高い

軽さと扱いやすさのバランスがいい、30D(デニール)ナイロンをボディに使用したコンプレッションバッグ。心配になるほど生地を薄くせずに、トップとボトム面のコンプレッション用生地を取り除くことで、耐久性を確保。サイズと重さは18×40cmで66gと、同サイズのコンプレッションバッグとしてはかなり軽量に仕上げられています。さらにお値段もお手頃。

隙がなく総合力が高いコンプレッションバッグで、エントリー層からベテランまで幅広い方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エクスペド『ウォータープルーフコンプレッションバッグ UL(397214)』

出典:Amazon

サイズ
42×20cm
重量
42g
容量
13L
素材
15デニールリップトップナイロン、シリコーン/ PUコーティング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

横収縮で超軽量、防水性も高い

42×20cmで42gと、サイズを考えると最軽量級の軽さ。その軽さを実現しているのが15デニールリップトップナイロンと、縦型収縮タイプと同じトップとボトム、ナイロンテープの機構を取り除いたボディ一の横型コンプレッション方式です。かなり薄手の素材なので扱いにはやや気を配る必要があります。

とにかく軽量なコンプレッションバッグをお探しの方、また横型収縮タイプをお探しの方におすすめのコンプレッションバッグです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

イスカ『ウルトラライト コンプレッションバッグM』

出典:楽天市場

サイズ
18×48cm
重量
140g
容量
-
素材
胴部:シリコナイズド・コーデュラを施したナイロン
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

要所にコーデュラナイロンを配した高い実用性

パッキングに使える優良なアクセサリー類を多数発信するイスカ。こちらはイスカらしいメリハリの効いた実用的なコンプレッションバッグです。

Mサイズで140gと総重量としてはさほど軽量ではないものの、トップとボトムに厚手のコーデュラナイロンを使用し、高い耐久性を確保しています。いくら軽くても実用強度が心配になるレベルでは長期的にはイマイチという商品もあるなか、しっかりした作りに重きを置くのはいい戦略だと思います。

しっかり圧縮できて価格はお手頃、エントリー層からベテランまで、幅広い方におすすめのコンプレッションバッグです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AEGISMAX『ウルトラライトコンプレッションバッグ』

出典:Amazon

サイズ
XS:15×35cm、S:18×40cm、M:20×46cm、L:23×50cm、XL:27×58cm
重量
XS:41±5g、S:53±5g、M:61±5g、L:70±5g、XL:85±5g
容量
XS:2〜6L、S:3.3〜10L、M:4.5〜14L、L:6.7〜20L、XL:10〜30L
素材
収納部分:20デニールシリコンコーデュラ(撥水加工、軽量コンパクトなナイロン)、フタ部分:75デニールナイロン
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

良コスパでシンプル設計

こちらはあまりポピュラーではない中国ブランドですが、必要じゅうぶんの性能で良コスパ。しかもその名の通り、3.3~10Lサイズで55g程度となかなかの軽さです。

シンプル設計の縦型収縮タイプでサイズ展開も充実しています。ボディ部分は20デニールナイロンとやや薄手なため、やわらかいものや比較的重さのないものの収納におすすめです。まずはひとつコンプレッションバッグを使ってみたいというエントリー層にもおすすめなコンプレッションバッグです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シートゥサミット『eVentコンプレッションドライサック』

出典:Amazon

サイズ
XS/6L:15×35、S/10L:18×40、M/14L:20×46、L/20L:23×50、XL/30L:27×58cm
重量
XS:107g、S:129g、M:148g、L:168g、XL:210g
容量
XS=2~6L、S=3.3~10L、M=4.5~14L、L=6.7~20L、XL=10~30L
素材
底部:防水透湿素材eVent、ボディ・リッド:70Dナイロン
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

耐水圧10,000mm

70デニールナイロンを使用したタフなコンプレッションバックで、耐水圧は10,000mm。ダブルステッチにバータック補強、テープシームシーリングにロールトップなど耐久性と防水面に力が注がれています。バルブはなく、ボトム部分に防水透湿素材「eVent(イーベント)」を使用することで空気を逃がすシステムです。

濡れてはいけない荷物やデリケートなものを収納する際におすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

シートゥサミット『ウルトラシル コンプレッションサック(ST83354)』
エクスペド『ウォータープルーフコンプレッションバッグ UL(397214)』
イスカ『ウルトラライト コンプレッションバッグM』
AEGISMAX『ウルトラライトコンプレッションバッグ』
シートゥサミット『eVentコンプレッションドライサック』

商品

シートゥサミット『ウルトラシル コンプレッションサック(ST83354)』 エクスペド『ウォータープルーフコンプレッションバッグ UL(397214)』 イスカ『ウルトラライト コンプレッションバッグM』 AEGISMAX『ウルトラライトコンプレッションバッグ』 シートゥサミット『eVentコンプレッションドライサック』

特徴

軽さと耐久性のバランスが良く総合力が高い 横収縮で超軽量、防水性も高い 要所にコーデュラナイロンを配した高い実用性 良コスパでシンプル設計 耐水圧10,000mm

価格

Amazon : ¥ 2,700
楽天市場 : ¥ 2,750
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,750
※各社通販サイトの 2019年10月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,300
楽天市場 : ¥ 3,300
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,300
※各社通販サイトの 2019年10月2日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 3,410
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,348
※各社通販サイトの 2019年10月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,750
楽天市場 : ¥ 2,622
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,770
※各社通販サイトの 2019年10月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,916
楽天市場 : ¥ 2,750
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,750
※各社通販サイトの 2019年10月3日時点 での税込価格

サイズ

18×40cm 42×20cm 18×48cm XS:15×35cm、S:18×40cm、M:20×46cm、L:23×50cm、XL:27×58cm XS/6L:15×35、S/10L:18×40、M/14L:20×46、L/20L:23×50、XL/30L:27×58cm

重量

66g 42g 140g XS:41±5g、S:53±5g、M:61±5g、L:70±5g、XL:85±5g XS:107g、S:129g、M:148g、L:168g、XL:210g

容量

3.3〜10L 13L - XS:2〜6L、S:3.3〜10L、M:4.5〜14L、L:6.7〜20L、XL:10〜30L XS=2~6L、S=3.3~10L、M=4.5~14L、L=6.7~20L、XL=10~30L

素材

30デニールダイヤモンドリップストップシリコンコートコーデュラ 15デニールリップトップナイロン、シリコーン/ PUコーティング 胴部:シリコナイズド・コーデュラを施したナイロン 収納部分:20デニールシリコンコーデュラ(撥水加工、軽量コンパクトなナイロン)、フタ部分:75デニールナイロン 底部:防水透湿素材eVent、ボディ・リッド:70Dナイロン

商品情報

通販サイトのコンプレッションバッグランキングを参考にする

Amazonでのコンプレッションバッグの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用圧縮バッグランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使わないと損なパッキングのお助けアイテム|アウトドアライターより

作家/アウトドアライター

シュラフや衣類のような容積をとってしまう荷物は、積極的にコンプレッションバッグに収納しましょう。大幅に荷をコンパクトにできてまさにパッキングのお助けアイテムになってくれます。

まずは入れる荷にマッチしたサイズの商品であること。次にザック内のどこにどの向きでパッキングするかという点を明確にすることで、「縦か横か」どちらに圧縮できるとより効率的かが見えてきます。合致する収縮性能、軽さと耐久性のバランスを踏まえてコンプレッションバッグを選んでみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ピカルディ修士、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにバラクラバ(目出し帽)のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。防寒性に優れ、ウィンタースポーツやロードバイクなどで使用することも多いバラクラバですが、夏場に嬉しいUVカット機能付きのタイプや、花粉をカットしてくれるタイプなど種類がさまざまです。この記事では、数あるバラクラバの中から厳選した商品をご紹介します。最後に各ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。