ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介

ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。テント泊では食料や燃料も持参しなければならないので、そのあたりも軽量化を図りたいものです。そんなとき注目なのが、少ない燃料で効率的にお湯を沸かしたり調理できる『ジェットボイル』というアウトドア用バーナーです。そんなジェットボイルの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみましたので、ご紹介します。


キャンプライターが解説|ジェットボイルを選ぶポイント

キャンプライターの中山一弘さんに、ジェットボイルを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

バーナーで調理している様子

Photo by wild vibez on Unsplash

小さな火力でスグに沸騰! 独創的なデザインも魅力のジェットボイル(JETBOIL)で、アウトドアをもっと楽しく、おいしく!

厳冬期や高所までカバーするか、使う環境を想定する

キャンプ/釣りライター

ジェットボイルには同じようなデザインのモデルが複数ありますが、実はそれぞれ得意とする環境や特徴が違います。最適なモデルを選択するには、実際に自分がアウトドアで使用する環境をイメージすることが大切です。

まず考えたいのが、厳冬期や高所など低温が予想される環境が含まれるかどうか。もし氷点下の環境になりそうなのであれば、マイナス6度まで対応する「サーモレギュレーター」を搭載したモデルがよいでしょう。

ちなみに、ジェットボイル専用のガスカートリッジは、もともとオールシーズン対応のプロパン・イソブタン・ノルマルブタン混合タイプなので、モデルや時期を選ばず共通に利用できるようになっています。

JETBOIL『マイクロモ』

氷点下でも安定した火力を発揮する「サーモレギュレーター」を搭載したジェットボイル。沸騰到達時間は2分15秒(0.5L)、とろ火にも対応しています。

>> Amazonで詳細を見る

収納性にもかかわるクッカーのサイズもチェック

キャンプ/釣りライター

ジェットボイルを利用する人の多くが、「少ない燃料で早くお湯が沸く」ことを選択した理由にあげると思います。ジェットボイル調べでは、ジェットボイルは一般的な他社製バーナーと比較して、約半分程度の燃料でお湯が沸かせるとされています。装備重量を少なくしたい山行などでは、持ち込む燃料を減らせるということが大きなメリットです。

ジェットボイルの各モデルは、基本的にクッカーがセットになっていて、内部にバーナーやガスカートリッジが収納できます。つまり、ザックにしまうときには、クッカーが入る場所さえあればよいのです。自分のザックにパッキングすることを想定して、実際のサイズ感を確かめてみましょう。

調理メニューが決まれば最適なモデルがわかる

キャンプ/釣りライター

テント泊山行などでは、かさばりがちな食料や燃料の軽量化を図ることも多いもの。最近では軽いフリーズドライ食品を中心にして、お湯さえ沸かせればいいという人もいるでしょう。また、日帰り山行やキャンプでは、コーヒーやカップラーメン用のお湯だけあればいい、ということもあります。そんなとき、ジェットボイルは最適です。

ただ、ジェットボイルもモデルによっては、とろ火に対応するものがあります。お湯を沸かすだけでなく、とろ火が必要な煮込み料理なども楽しみたい、といった場合にはそういうモデルを選択しましょう。食事はテント泊の大きな楽しみですから、自分の嗜好にあったメニューが作れるモデルを選びたいものです。

JETBOIL『ミニモ』

とろ火、強火での急速沸騰など、火加減をこまかく調整できる調理用に適したモデル。サーモレギュレーターも搭載しています。

>> Amazonで詳細を見る

ジェットボイルのおすすめ5選|キャンプライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、キャンプライターの中山一弘さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JETBOIL『フラッシュ』

JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』

出典:Amazon

容量 1リットル
重量 約440g (ガスカートリッジを除く)
サイズ(収納時) Φ10.4×18cm
沸騰到達時間 1分40秒(0.5リットル)
火力 2,269kcal/h
自動点火装置 あり
サーモレギュレーター -

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

とにかく早くお湯を沸かしたいときに最適

縦長のクッカー搭載モデルとしてはもっとも高火力で、0.5リットルの水をわずか100秒で沸騰させるとされます(カタログ値)。

意外にもバーナーの出力自体は、実は他社製バーナーと比較してもそれほど大きくありません。しかし風の影響を受けにくく、バーナーの熱を逃がさない特徴的なフラックスリングによって、素早く沸騰させることができます。これは同時に、燃料消費量の低減にも貢献しています。さらに、燃料消費量が少ないということは、ガスカートリッジが奪われる気化熱も小さいということ。そのため、長時間使ってもドロップダウンが起きにくく、安定した火力が維持しやすいのです。基本モデルとして、『フラッシュ』はおすすめだといえます。

JETBOIL『マイクロモ』

JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』

出典:Amazon

容量 0.8リットル
重量 約400g(ガスカートリッジを除く)
サイズ(収納時) Φ10.4×16.5cm
沸騰到達時間 2分15秒(0.5リットル)
火力 1,512kcal/h
自動点火装置 あり
サーモレギュレーター

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

とろ火も使えるコンパクトな寒冷地対応モデル

マイナス6度まで対応する「サーモレギュレーター」を搭載したモデルで、標準のクッカー容量は0.8リットルです。ソロでも使いやすいサイズなので、冬季も含めて1年中活用できるモデルだといえます。

こちらもバーナーの出力自体は大きくないのですが、それでも0.5リットルの水を約2分15秒で沸騰させる能力があります。他のモデルも共通ですが、クッカー本体はネオプレン製の断熱カバーで覆われています。

はじめて見たときは燃えないのかと思ったくらいですが、このおかげでバーナーから外して食事をするときも、冷めにくくなっています。『マイクロモ』はとろ火も使えるので、煮込み料理や炊飯など細かい火加減の調節が必要な料理にも最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JETBOIL『ジップ』

JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』

出典:Amazon

容量 0.8リットル(調理容量は0.5リットル)
重量 約400g(ガスカートリッジを除く)
サイズ(収納時) Φ10.4×16.5cm
沸騰到達時間 約2分30秒(0.5リットル)
火力 1,134kcal/h
自動点火装置 なし
サーモレギュレーター -

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

コスパがよくシンプルな使い勝手が魅力

ジェットボイルとしての基本的な性能はそのままに、コンパクトで購入しやすい価格を実現したのがこの『ジップ』というモデルです。

ガスカートリッジを除いた総重量は約400gと、マイクロモと同程度になっていますが、自動点火装置も省くことでコストダウンを果たしています。このため、ライターなどの着火用具が別に必要です。Amazonなどでの実売価格をみると、かなり買いやすい価格になっているようなので、はじめてのジェットボイルとしても最適でしょう。

最初に『ジップ』を買って使ってみて、気に入ったらステップアップとしてサーモレギュレーターを搭載したモデルを追加して、山行スタイルで使い分けるというのもアリだと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JETBOIL『ミニモ』

JETBOIL『ミニモ』 JETBOIL『ミニモ』 JETBOIL『ミニモ』 JETBOIL『ミニモ』

出典:Amazon

容量 1リットル
重量 約500g(ガスカートリッジを除く)
サイズ(収納時) Φ12.7×15.2cm
沸騰到達時間 2分15秒(0.5リットル)
火力 1,512kcal/h
自動点火装置 あり
サーモレギュレーター

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

広口浅型のクッカーで調理しやすい

ジェットボイルといえば、縦型クッカーが印象的だという人が多いでしょう。そのなかで『ミニモ』は、直径を2センチメートル以上広くし高さは5センチメートル近く抑えた、広口浅型のクッカーと組み合わせたモデルです。

もともとジェットボイルの各モデルには、スタビライザーが標準で付属していますが、さらに重心を下げることでより安全に使えるように設計されています。たとえば具だくさんのラーメンやポトフなどの汁物をつくっても、かなり調理しやすく食べやすいでしょう。一般的なスプーンで底をすくうようなときにも、使いやすいことが実感できます。サーモレギュレーターも搭載しとろ火も可能なので、調理重視の人にはいいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JETBOIL『マイティーモ』

JETBOIL『マイティーモ』 JETBOIL『マイティーモ』 JETBOIL『マイティーモ』 JETBOIL『マイティーモ』 JETBOIL『マイティーモ』

出典:Amazon

容量 -
重量 約95g(ガスカートリッジ、スタビライザーを除く)
サイズ(収納時) Φ5.1×7.6cm
沸騰到達時間 3分(1リットル) ※1.5Lクッキングポット(別売)使用時
火力 2,519kcal/h
自動点火装置 あり
サーモレギュレーター

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ジェットボイル初のシングルバーナーモデル

ジェットボイルは基本的にネオプレン製のコジー付きクッカーとのセットなのですが、この『マイティーモ』ははじめてシングルバーナー単体で販売されたモデルです。出力もモデル最大の2,519kcal/hとなっていて、普段は一般的なクッカーと組み合わせて使えます。

もちろんそれだけではなく、オプションのフラックスリング付き専用クッカー(別売)と組み合わせれば、従来のジェットボイルのスタイルで強力な火力を持つモデルとなります。サーモレギュレーターも搭載するため、もっともオールマイティなモデルといえるでしょう。大型の1.5Lクッキングポットにも対応するので、グループでの使用などにも向いています。

「ジェットボイル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JETBOIL『フラッシュ』
JETBOIL『マイクロモ』
JETBOIL『ジップ』
JETBOIL『ミニモ』
JETBOIL『マイティーモ』
商品名 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ミニモ』 JETBOIL『マイティーモ』
商品情報
特徴 とにかく早くお湯を沸かしたいときに最適 とろ火も使えるコンパクトな寒冷地対応モデル コスパがよくシンプルな使い勝手が魅力 広口浅型のクッカーで調理しやすい ジェットボイル初のシングルバーナーモデル
容量 1リットル 0.8リットル 0.8リットル(調理容量は0.5リットル) 1リットル -
重量 約440g (ガスカートリッジを除く) 約400g(ガスカートリッジを除く) 約400g(ガスカートリッジを除く) 約500g(ガスカートリッジを除く) 約95g(ガスカートリッジ、スタビライザーを除く)
サイズ(収納時) Φ10.4×18cm Φ10.4×16.5cm Φ10.4×16.5cm Φ12.7×15.2cm Φ5.1×7.6cm
沸騰到達時間 1分40秒(0.5リットル) 2分15秒(0.5リットル) 約2分30秒(0.5リットル) 2分15秒(0.5リットル) 3分(1リットル) ※1.5Lクッキングポット(別売)使用時
火力 2,269kcal/h 1,512kcal/h 1,134kcal/h 1,512kcal/h 2,519kcal/h
自動点火装置 あり あり なし あり あり
サーモレギュレーター - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

オプションと上手に組み合わせて料理の幅を広げよう|キャンプライターのアドバイス

キャンプ/釣りライター

ジェットボイルの純正オプションには、各モデルに付属するクッカーに適合するネオプレン製の交換用コジーや、クッカーに入れて使うコーヒーや紅茶を淹れるためのコーヒープレスなどがあります。また、ほかにもフラックスリングのついたフライパンや、スキレットなども揃えるとできる料理の幅が広がります。

料理好きなユーザーのためには、公式サイトにレシピ集もありますし、ジェットボイルを使ったレシピ本まであるのも面白いところです。スペアクッカーもあるので、人数分用意して食器を兼用するといったこともできます。オプション品にもぜひ注目してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/04/28 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


家庭用無煙ロースターのおすすめ10選|自宅でも本格焼き肉が楽しめちゃう!

家庭用無煙ロースターのおすすめ10選|自宅でも本格焼き肉が楽しめちゃう!

夏が近づくにつれて、大人数でのバーベキューや焼き肉が楽しみになりますよね。しかし家庭での焼き肉やバーベキューは、煙やにおいが悩みのタネ。いくら注意していても、部屋や衣類に吸着してしまいます。そんなときに活躍してくれるのが無煙ロースター。一般的な鉄板にはない仕組みで、煙やにおいの悩みを解決できます。今回は、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が厳選した家庭用無煙ロースターの10選をご紹介。選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。


ガストーチおすすめ商品5選|料理・溶接・キャンプに!

ガストーチおすすめ商品5選|料理・溶接・キャンプに!

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークと聞くと難しそうなイメージがありますが、スモークウッドを使えば初心者でもかんたんに燻製を作ることができます。手頃な価格で購入できるスモークウッドも多いので、気軽に挑戦してみましょう。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表A-sukeさんと編集部が選んだおすすめのスモークウッドと選び方のポイントについてご紹介します。


キャンプ用薪ストーブおすすめ商品11選|【窓・煙突付き】冬キャンプに! 調理も

キャンプ用薪ストーブおすすめ商品11選|【窓・煙突付き】冬キャンプに! 調理も

最近ではキャンプ用薪ストーブの種類が増えて入手しやすくなりました。キャンプ用の薪ストーブは収納性もよく、持ち運びしやすいのが特長です。ここでは、キャンプライター・中山一弘さんと編集部が選んだ薪ストーブおすすめ商品11選と選び方のコツについてご紹介します。


関連するブランド・メーカー


JETBOIL(ジェットボイル)

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セットにした【3日間満足セット】』。使う日が来ないのが一番ですが、安心を買うと思えば安いもの!?


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る