ジェットボイルおすすめ5選|コンパクトで火力が強いモデルも紹介

ジェットボイル (JETBOIL) アウトドア 登山 キャンプ バーナー スタッシュ 【日本正規品】 1824400 グレー 13cm
出典:Amazon

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。

そんなとき便利なのが『ジェットボイル』。少ない燃料で効率的にお湯を沸かしたり、または調理などもできるアウトドアの便利アイテムです。

一見、全て同じに見えますが、実は、用途や調理するものなどによって、機能が変わるため、選び方がとても重要です。

そこで本記事では、ジェットボイルの種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品ご紹介。本記事を読めば、ジェットボイルを選ぶ際のポイントを一通り網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。


キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
JETBOIL『フラッシュ』
JETBOIL『マイクロモ』
JETBOIL『ジップ』
ジェットボイル『スモー(1824382)』
JETBOIL『ミニモ』
商品名 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『ジップ』 ジェットボイル『スモー(1824382)』 JETBOIL『ミニモ』
商品情報
特徴 とにかく早くお湯を沸かしたいときに最適 とろ火も使えるコンパクトな寒冷地対応モデル コスパがよくシンプルな使い勝手が魅力 大人数で使うのにぴったり 広口浅型のクッカーで調理しやすい
容量 1リットル 0.8リットル 0.8リットル(調理容量は0.5リットル) 約1.8L 0.8L
重量 約440g (ガスカートリッジを除く) 約400g(ガスカートリッジを除く) 約400g(ガスカートリッジを除く) 約550g 約415g(ガスカートリッジを除く)
サイズ(収納時) Φ10.4×18cm Φ10.4×16.5cm Φ10.4×16.5cm φ125mm×高さ210mm 直径12.7×高さ15.2cm
沸騰到達時間 1分40秒(0.5リットル) 2分15秒(0.5リットル) 約2分30秒(0.5リットル) 1Lで約4分15秒 2分15秒(0.5リットル)
火力 2,269kcal/h 1,512kcal/h 1,134kcal/h 1512kcal/h 1404kcal/h
自動点火装置 あり あり なし あり
サーモレギュレーター - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月30日時点 での税込価格

ジェットボイルのメリット

 

ジェットボイルのメリットは、通常のバーナーの約半分の時間でお湯が沸かせること。おおよそ100秒で500mlのお湯が沸きます。アウトドアなどで飲みものを飲みたくなったとき、すぐに作ることが可能です。

カートリッジや五徳などは本体に収納できるのでコンパクトに持ち運びでき、アウトドアライフには便利です。いろいろなモデルがあり、湯沸かしと調理が同時にできるものなど、用途によって選べます。

値段は高めですが、機能や使い勝手からすればジェットボイルは必要なアイテムです。

ジェットボイルの種類・モデル

ジェットボイルはいろいろなモデルがあります。選ぶときは使い方や用途に合わせてください。湯沸かし用や調理用など、自分に合ったものを探しましょう。

湯沸かし重視とコスパなら「フラッシュ」か「ジップ」を

 

ジェットボイルを湯沸かし専用で使いたいなら「フラッシュ」か「ジップ」を選んでください。フラッシュはライターのような点火装置があり、ジップは点火装置がないのでライターやマッチで点火します。

どちらも短時間でお湯を沸かせるのが特徴。商品によって沸かせる量が異なるので、人数によって選びましょう。コスパ重視なら「ジップ」が適しています。

火力調整が必要なら「マイクロモ」「スモー」「ミニモ」を

 

低温環境で長時間使用するのなら、火力調整ができる「マイクロモ」「スモー」「ミニモ」「マイティーモ」が適しています。湯沸かしと調理を同時に行なえるのが特徴です。

火力を調整しながらとろ火で煮物やスープが作れ、料理の幅が広がります。自動的に火力をたもってくれるサーモレギュレーターがついているので、アウトドアで料理を作るのに適したジェットボイルです。

(★)ポイント:環境・状況によって選ぶ基準が変わります

キャンプ/釣りライター

ジェットボイルには同じようなデザインのモデルが複数ありますが、実はそれぞれ得意とする環境や特徴が違います。最適なモデルを選択するには、実際に自分がアウトドアで使用する環境をイメージすることが大切です。

まず考えたいのが、厳冬期や高所など低温が予想される環境が含まれるかどうか。もし氷点下の環境になりそうなのであれば、マイナス6度まで対応する「サーモレギュレーター」を搭載したモデルがよいでしょう。

ちなみに、ジェットボイル専用のガスカートリッジは、もともとオールシーズン対応のプロパン・イソブタン・ノルマルブタン混合タイプなので、モデルや時期を選ばず共通に利用できるようになっています。

ジェットボイルの選び方

それでは、ジェットボイルの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】自動点火装置の有無
【2】サーモレギュレーターの有無
【3】オプションパーツ対応か
【4】クッカーのサイズ
【5】調理のしやすさ


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】自動点火装置の有無をチェック

コンロでお湯を沸かす
Pixabayのロゴ

ジェットボイルを選ぶときに快適性・操作性を重視するなら自動点火装置があるものを候補にしてください。自動点火装置があれば点火する際にマッチやライターを使わずにすみます。ヤケドすることもなくなるでしょう。

ただし、自動点火装置つきのモデルはなしのものより重たいです。使いやすさと携帯性のどちらを優先するかで決めてください。自動点火装置つきでも、万一のことを考えてライターは必要です。

【2】サーモレギュレーターの有無をチェック

カップを持つ手
Pixabayのロゴ

自動的に火力をたもつ機能がサーモレギュレーターですが、冬の登山や寒い季節のアウトドアライフには重宝します。マイナス温度の低温下でも、スペックの表示どおりにお湯が沸くので便利です。

寒い環境のなかで、温かい飲み物をなるべくはやく作りたいときでも、サーモレギュレーターつきなら可能。「マイクロモ」「スモー」「ミニモ」などははじめから搭載されているので、選択候補になります。

【3】オプションパーツ対応かチェック

スキレット
Pixabayのロゴ

ジェットボイルを楽しく使うには、オプションパーツもそろえてください。コーヒーを淹れるコーヒープレス、収納ボックスなどいろいろなオプションが別売りで用意されています。持っているジェットボイルに対応しているかチェックして選びましょう。

愛用のジェットボイルにオプショナルパーツを加えれば、アウトドアライフがより充実したものになります。

【4】クッカーのサイズをチェック

 

ジェットボイルを利用する人の多くが、「少ない燃料で早くお湯が沸く」ことを選択した理由にあげると思います。ジェットボイル調べでは、ジェットボイルは一般的な他社製バーナーと比較して、約半分程度の燃料でお湯が沸かせるとされています。装備重量を少なくしたい山行などでは、持ち込む燃料を減らせるということが大きなメリットです。

ジェットボイルの各モデルは、基本的にクッカーがセットになっていて、内部にバーナーやガスカートリッジが収納できます。つまり、ザックにしまうときには、クッカーが入る場所さえあればよいのです。自分のザックにパッキングすることを想定して、実際のサイズ感を確かめてみましょう。

【5】調理のしやすさをチェック

 

テント泊山行などでは、かさばりがちな食料や燃料の軽量化を図ることも多いもの。最近では軽いフリーズドライ食品を中心にして、お湯さえ沸かせればいいという人もいるでしょう。また、日帰り山行やキャンプでは、コーヒーやカップラーメン用のお湯だけあればいい、ということもあります。そんなとき、ジェットボイルは最適です。

ただ、ジェットボイルもモデルによっては、とろ火に対応するものがあります。お湯を沸かすだけでなく、とろ火が必要な煮込み料理なども楽しみたい、といった場合にはそういうモデルを選択しましょう。食事はテント泊の大きな楽しみですから、自分の嗜好にあったメニューが作れるモデルを選びたいものです。

エキスパートのアドバイス

キャンプ/釣りライター

オプションと上手に組み合わせて料理の幅を広げよう

ジェットボイルの純正オプションには、各モデルに付属するクッカーに適合するネオプレン製の交換用コジーや、クッカーに入れて使うコーヒーや紅茶を淹れるためのコーヒープレスなどがあります。また、ほかにもフラックスリングのついたフライパンや、スキレットなども揃えるとできる料理の幅が広がります。

料理好きなユーザーのためには、公式サイトにレシピ集もありますし、ジェットボイルを使ったレシピ本まであるのも面白いところです。スペアクッカーもあるので、人数分用意して食器を兼用するといったこともできます。オプション品にもぜひ注目してみてください。

ジェットボイルおすすめ5選

上記で紹介した選び方のポイントをふまえ、おすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

JETBOIL『フラッシュ』

JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』 JETBOIL『フラッシュ』

出典:Amazon

とにかく早くお湯を沸かしたいときに最適

縦長のクッカー搭載モデルとしてはもっとも高火力で、0.5リットルの水をわずか100秒で沸騰させるとされます(カタログ値)。

意外にもバーナーの出力自体は、実は他社製バーナーと比較してもそれほど大きくありません。しかし風の影響を受けにくく、バーナーの熱を逃がさない特徴的なフラックスリングによって、素早く沸騰させることができます。これは同時に、燃料消費量の低減にも貢献しています。

さらに、燃料消費量が少ないということは、ガスカートリッジが奪われる気化熱も小さいということ。そのため、長時間使ってもドロップダウンが起きにくく、安定した火力が維持しやすいのです。基本モデルとして、『フラッシュ』はおすすめだといえます。

JETBOIL『マイクロモ』

JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』 JETBOIL『マイクロモ』

出典:Amazon

とろ火も使えるコンパクトな寒冷地対応モデル

マイナス6度まで対応する「サーモレギュレーター」を搭載したモデルで、標準のクッカー容量は0.8リットルです。ソロでも使いやすいサイズなので、冬季も含めて1年中活用できるモデルだといえます。

こちらもバーナーの出力自体は大きくないのですが、それでも0.5リットルの水を約2分15秒で沸騰させる能力があります。他のモデルも共通ですが、クッカー本体はネオプレン製の断熱カバーで覆われています。

はじめて見たときは燃えないのかと思ったくらいですが、このおかげでバーナーから外して食事をするときも、冷めにくくなっています。『マイクロモ』はとろ火も使えるので、煮込み料理や炊飯など細かい火加減の調節が必要な料理にも最適です。

JETBOIL『ジップ』

JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』 JETBOIL『ジップ』

出典:Amazon

コスパがよくシンプルな使い勝手が魅力

ジェットボイルとしての基本的な性能はそのままに、コンパクトで購入しやすい価格を実現したのがこの『ジップ』というモデルです。

ガスカートリッジを除いた総重量は約400gと、マイクロモと同程度になっていますが、自動点火装置も省くことでコストダウンを果たしています。このため、ライターなどの着火用具が別に必要です。Amazonなどでの実売価格をみると、かなり買いやすい価格になっているようなので、はじめてのジェットボイルとしても最適でしょう。

最初に『ジップ』を買って使ってみて、気に入ったらステップアップとしてサーモレギュレーターを搭載したモデルを追加して、山行スタイルで使い分けるというのもアリだと思います。

ジェットボイル『スモー(1824382)』

JETBOIL(ジェットボイル)バーナーSUMOCARBカーボン1824382【日本正規品】PSマーク取得品 JETBOIL(ジェットボイル)バーナーSUMOCARBカーボン1824382【日本正規品】PSマーク取得品 JETBOIL(ジェットボイル)バーナーSUMOCARBカーボン1824382【日本正規品】PSマーク取得品 JETBOIL(ジェットボイル)バーナーSUMOCARBカーボン1824382【日本正規品】PSマーク取得品 JETBOIL(ジェットボイル)バーナーSUMOCARBカーボン1824382【日本正規品】PSマーク取得品

出典:Amazon

大人数で使うのにぴったり

1.8Lと大容量なのが特徴のジェットボイルです。家族や友人と大人数でキャンプに行く際には、欠かせない商品でしょう。大容量ながら火力を細かく設定できるバルブが搭載されているので、じっくり煮込む料理も作ることができます。キャンプ先での料理の幅が広がるでしょう。大人数でキャンプに行くことが多い方や、凝った料理を作りたい方などにおすすめです。

JETBOIL『ミニモ』

JETBOIL(ジェットボイル)JETBOILMiniMO(ジェットボイルミニモ)PSマーク取得ガス検承認1824381SNST【日本正規品】 JETBOIL(ジェットボイル)JETBOILMiniMO(ジェットボイルミニモ)PSマーク取得ガス検承認1824381SNST【日本正規品】 JETBOIL(ジェットボイル)JETBOILMiniMO(ジェットボイルミニモ)PSマーク取得ガス検承認1824381SNST【日本正規品】 JETBOIL(ジェットボイル)JETBOILMiniMO(ジェットボイルミニモ)PSマーク取得ガス検承認1824381SNST【日本正規品】 JETBOIL(ジェットボイル)JETBOILMiniMO(ジェットボイルミニモ)PSマーク取得ガス検承認1824381SNST【日本正規品】

出典:Amazon

広口浅型のクッカーで調理しやすい

ジェットボイルといえば、縦型クッカーが印象的だという人が多いでしょう。そのなかで『ミニモ』は、直径を2センチメートル以上広くし高さは5センチメートル近く抑えた、広口浅型のクッカーと組み合わせたモデルです。

もともとジェットボイルの各モデルには、スタビライザーが標準で付属していますが、さらに重心を下げることでより安全に使えるように設計されています。たとえば具だくさんのラーメンやポトフなどの汁物をつくっても、かなり調理しやすく食べやすいでしょう。一般的なスプーンで底をすくうようなときにも、使いやすいことが実感できます。サーモレギュレーターも搭載しとろ火も可能なので、調理重視の人には最適なモデルです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ジェットボイルの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのジェットボイルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ジェットボイルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアやキャンプにおすすめの商品を紹介

キャンプケトルはコーヒーのお湯を沸かしたり、バーベキューやキャンプ飯を作るのに欠かせないキャンプ道具です。ここでは、ソロキャンプにおすすめのコンパクトなキャンプケトルを中心にご紹介します。

本記事では、ステンレス製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

本記事では、焚き火台の選び方とおすすめ商品を、アウトドアカフェBASE CAMPの代表で幅広い経験と知識があるエキスパート、A-sukeさんへの取材のもと、ご紹介します。

自分にピッタリの商品を選ぼう

本記事では、ジェットボイルの種類ごとの特徴や選び方、そして、おすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、用途に合わせて種類(モデル)をしっかり選んだ後、自動点火装置の有無、サーモレギュレーターの有無、オプションパーツが対応可能かといったポイントを抑えると、キャンプ先でも使いやすいジェットボイルを選べるはずです。

その上で、クッカーのサイズはコンパクトか、調理がしやすい設計になっているかなど、移動や使用中のことも考えると、より使いやすい商品を見つけられるはずです。


ジェットボイルは、早く、便利にお湯を沸騰させたり、調理ができるアイテム。しかし、用途に合わせて商品選びをしないと、逆に使いにくくなる場合もあります。そのため、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を選んで、購入してくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


ガストーチおすすめ10選【人気のSOTOやイワタニも】キャンプの火起こしや料理・溶接に!

ガストーチおすすめ10選【人気のSOTOやイワタニも】キャンプの火起こしや料理・溶接に!

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの火起こしや調理の際にあるととても便利です。肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめとガストーチの種類など選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用バーナー・ツーバーナー , 工具 , 登山・トレッキング

黒皮鉄板製ダッチオーブンのおすすめ4選【アウトドアライターが厳選】

黒皮鉄板製ダッチオーブンのおすすめ4選【アウトドアライターが厳選】

1枚の鉄板を伸ばしてつくられる黒皮鉄板製ダッチオーブン。熱伝導がよくて錆びにくいため、さまざまな料理をつくることができるアイテムで、キャンプやアウトドアだけでなく、家庭でも大活躍のすぐれものです。しかし、黒皮鉄板製ダッチオーブンと言っても、ほかの鍋やほかの素材のダッチオーブンとなにがちがうのかわかりにくく、どれを選ぶべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。本記事では、アウトドアライターであるSAMさんへの取材をもとに、黒皮鉄板製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。黒皮鉄板製ダッチオーブンの特徴や長所にもスポットを当てているので、ぜひ参考にしてみてください。通販サイトのランキングもご参考に!

tag icon キャンプ用フライパン・鍋・ダッチオーブン , 調理器具 , キャンプ用調理器具

シングルバーナーおすすめ14選|SOTO・イワタニ・スノーピークなど厳選

シングルバーナーおすすめ14選|SOTO・イワタニ・スノーピークなど厳選

キャンプなどで大活躍のシングルバーナー。荷物が多くなりがちなアウトドアレジャーでは、そのコンパクトさと軽さがとても魅力的です。ここでは、アウトドアライター・SAMさんと編集部が厳選したシングルバーナーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用バーナー・ツーバーナー , 登山・トレッキング携行品 , 登山・トレッキング

登山用クッカーおすすめ24選|アルミ・ステンレス・チタン製、フッ素加工も

登山用クッカーおすすめ24選|アルミ・ステンレス・チタン製、フッ素加工も

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。さまざまな種類のクッカーが販売されているため、どれが自分に適した商品なのかわからなくなることもあります。そこで、山岳ライターの高橋庄太郎さんにお話をうかがい、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品について解説してもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon キャンプ用フライパン・鍋・ダッチオーブン , キャンプ用バーナー・ツーバーナー , 登山・トレッキング

シェラカップおすすめ11選|スノーピーク、ベルモントほか/チタン、ステンレス製も

シェラカップおすすめ11選|スノーピーク、ベルモントほか/チタン、ステンレス製も

シェラカップとは取っ手がついた金属製カップのこと。キャンプなどアウトドアシーンに便利なアイテムで、食器やマグカップとしての使い方や、炊飯や調理鍋代わりなど、さまざまな用途に使えるのが魅力です。取っ手の位置や形状に特徴があり、軽量でサイズも豊富。この記事では、シェラカップの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半ではシェラカップを使ったレシピなども掲載!また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用皿・コップ・カトラリー , キャンプ用調理器具 , ソロキャンプ

関連するブランド・メーカー


JETBOIL(ジェットボイル)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。