スタッフバッグおすすめ14選|登山や旅行に便利! 防水・軽量・耐久性で厳選

[ザ・ノース・フェイス] パーテックス スタッフバッグ5L メンズ NM91901 TNFイエロー
出典:Amazon

登山や旅行などでバックパックに荷物を詰めるために使うスタッフバッグ。量性、防水性、耐久性にすぐれた製品が多く、荷物量に合わせたサイズやカラーリングも豊富。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したスタッフバッグのおすすめ商品と選び方のポイントについてご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

スタッフバッグとは 小分けにパッキングできて普段使いにも

シートゥーサミット『ウルトラSIL パックライナーS』

スタッフバッグは、登山やキャンプでパッキングをするときに、荷物を小分けにしたり、用途別に収納したりするために使うバッグです。アウトドアでの利用のほか、旅行時や普段使いにも便利に利用できます。

おもにアウトドアシーンで利用されることから、軽量性、防水性、耐久性にすぐれた製品が多く、荷物量に合わせたサイズやカラーリングも豊富にあります。

スタッフバッグの選び方 サイズ・軽量性・素材・防水性など

ここからは、サイズや軽量性と素材、防水性、耐水圧といったスタッフバッグを選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

スタッフバッグとカメラ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アウトドアライフはつねに天候に左右されるもの。万一に備え、バックパックはもちろんスタッフバッグにも防水性がほしいところ。

バッグの種類・防水機能の有無で選ぶ スタッフバッグとドライバッグ

まずは、防水機能の有無などスタッフバッグとドライバッグの選び方のポイントについてご紹介していきます。

スタッフバッグ 普段使いに!

EXPED(エクスペド)『Fold Drybag UL』

スタッフバッグは、巾着袋のように紐を引っ張って開口部を閉じる形になっているため、開け閉めが簡単です。素材はメッシュ素材のものや防水性の高い素材などがあり、埃や砂、水から荷物を保護します。 荷物を小分けにしたい方や簡単に使いたいという方はスタッフバッグを選ぶとよいでしょう。

ドライバッグ アウトドアに!

Sea to Summit(シートゥサミット)『ライトウェイト70D ドライサック』

ドライバッグは、スタッフバッグに防水性能がついたバッグです。素材はポリエステル素材のものなどあり、開口部をロールトップ型(袋の上部をクルクルと巻いて閉じるタイプ)になっているのが特徴です。ロールトップにすることで、水の侵入を防ぐようになっているほか、生地自体にも防水加工が施されています。

サイズで選ぶ 荷物の量に合わせて

オクトス『スタッフバッグ3L/6L/10L 3枚セット (バリエーション5)』

スタッフバッグは、入れる荷物に合ったサイズ・容量を選ぶことが重要です。なかには、1サイズしか展開されていない商品やサイズ表記がS・M・Lとなっているものもあります。

素材で選ぶ 用途に合わせて

ここでは、素材の違いについてご紹介します。それぞれ特徴が異なりますので、用途に合わせて選びましょう。

ナイロン 破れにくく軽量

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』

ナイロン製はスタッフバッグで最もよく使われている素材です。生地が薄くて軽いにもかかわらず破れにくいのが特徴です。耐久性にも優れているため、頻繁に使うという方に適した素材です。

ポリエステル 防水性・耐久性で選ぶなら

Marmot(マーモット)『Staff Bag/スタッフバッグ STAFF BAG』

ポリエステルは、生地が丈夫で耐久性に優れているのが特徴です。また、防水性が高く、水を吸収しにくい性質を持っているため、濡れても重くなりません。釣りやキャンプなどアウトドア向きの素材です。

ゴアテックス/イーベント 防水透湿素材なら

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)『スタッフバッグ ジーアールヘックススタッフバッグL NM91909 ブラック2』

ゴアテックスは、水を通さずに水蒸気や空気を通す性質がある素材です。防水透湿素材とも呼ばれます。着替え用の衣類など蒸れるのを防ぎたい場合や通気性をよくしたい場合におすすめの素材です。

パッキングのしやすさで選ぶ すぐに取り出せるか

PaaGo WORKS(パーゴワークス)『W-FACE STUFF BAG』

たくさん荷物が積み込めるのはいいけれど、いざ取り出すときに取り出したいものが取り出せないというのはよくある話です。スタッフバッグを選べばそんな心配はいりません。

まず、形の大きなものを入れる場合は、底面積が広い円柱形を選びましょう。また、コンパクトにパッキングしたい場合には、底面が長方形のものを選ぶとバッグのなかをスッキリさせることができます。

スタッフバッグのおすすめ14選 耐水圧もチェック! 高コスパ商品から人気アウトドアブランドまで

上記の選び方のポイントをふまえ、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sea to Summit(シートゥサミット)『ライトウェイト70D ドライサック』

SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』 SeatoSummit(シートゥサミット)『ライトウェイト70Dドライサック』

出典:Amazon

サイズ 1L:幅11×高さ24cm、2L:幅13×高さ29cm、4L:幅15×高さ33cm ほか
メイン素材 70Dナイロン
耐水圧 10,000mm
重量 1L:30g、2L:38g、4L:44g ほか
容量 1L~35L
防水 あり

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

抜群のコスパで高い汎用性

こちらは高コスパでマルチに使えるバランスのよいスタッフバッグ。70Dナイロン使用で、薄すぎず耐久性があります。またシームテープ処理とロールトップにより、防水面も意識されています。同時に比較的軽量で、価格面を考えると高コスパといえます。

幅広いパートの荷の収納におすすめできる汎用性の高いスタッフバッグです。「ドライ」という名ですが、精密機器などを収納する際は二重にするか、さらに防水性の高いバッグを別途用意することをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EXPED(エクスペド)『Fold Drybag UL』

EXPED(エクスペド)『FoldDrybagUL』

出典:Amazon

サイズ S:幅17×高さ31cm、M:幅19×高さ35cm、L:幅22×高さ44cm ほか
メイン素材 15Dリップステトップナイロン
耐水圧 1,500mm
重量 S:20g、M:23g、L:29g ほか
容量 1L(XXS)~40L(XXL)
防水 あり

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

超軽量で高い防水性

こちらは軽量性と防水性にすぐれたスタッフバッグ。衣類をまとめたり、とにかく軽量なスタッフバッグがほしいという方におすすめです。

15Dリップストップナイロンという薄手の素材なため、軽量かつごつごつしていない荷物を収納するパート用のスタッフバッグとして使いましょう。またパッキングの際、すぐうえにかたい荷や角のある荷物を乗せるのも避けたほうが無難です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ISUKA(イスカ)『じょうぶなスタッフバッグ D21』

ISUKA(イスカ)『じょうぶなスタッフバッグD21』

出典:楽天市場

サイズ D15:幅15×高さ54.5cm、D18:幅18×60cm、D21:幅21×65cm
メイン素材 21Dナイロン(コーティング)
耐水圧 -
重量 D15:40g、D18:55g、D21:70g
容量 -
防水 なし

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

その名のとおり「丈夫」で長尺の荷にピッタリ

こちらもキャラの立った見逃せないスタッフバッグのひとつ。21Dのコーティングナイロン採用で、その名のとおり非常に丈夫です。重量のある荷や、角があったり干渉に注意したい荷、またデリケートな荷をしっかり保護したいというケースにもおすすめです。

さらに独特の長い形状から、「長尺の荷」のパートをまとめるスタッフバッグとしてとても有用です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GRANITE GEAR(グラナイトギア)『エアペアー』

GRANITEGEAR(グラナイトギア)『エアペアー』

出典:Amazon

サイズ S:幅11.6×高さ28cm、M:幅14.5×高さ32cm、L:幅16.5×36cm、XL:幅18.3×高さ40cm
メイン素材 30Dシルナイロンコーデュラ
耐水圧 -
重量 S:14g、M:16g、L:19g、XL:21g
容量 2L(S)~6L(XL)
防水 あり

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

二気室使えるユニークなストレージ

こちらはひとつで二気室を備えたユニークなスタッフバッグです。また軽量化を強く意識し、コードやコードロックからグロメット部まで軽量パーツを採用しています。ふたつスタッフバッグを用意すればいいのでは? という主張に対してはたしかにそのとおりですが、「緩やかにひとつのまとまりのパートでありつつふたつに分けたい」そんな荷物の収納にピッタリです。

また、ボトム面は二枚布で共有のため、わずかですが軽量化にもつながっています。いずれにせよ基本性能はじゅうぶんで「ユニーク」という点からも、視野に入れていいスタッフバッグです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MAMMUT(マムート)『Drybag Light(ドライバッグライト)』

MAMMUT(マムート)『DrybagLight(ドライバッグライト)』 MAMMUT(マムート)『DrybagLight(ドライバッグライト)』 MAMMUT(マムート)『DrybagLight(ドライバッグライト)』

出典:Amazon

サイズ 5L:幅17×高さ42cm、10L:幅19×高さ51cm、15L:幅22×高さ58cm
メイン素材 75Dナイロン(TPUコーティング)
耐水圧 10,000mm
重量 -
容量 5L~15L
防水 あり

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

耐水圧10,000mmで高い耐久性

こちらはTPUコーティングをほどこした70Dナイロンを使用したうえに連続溶接構造の高耐久。耐水圧は10,000mmとスタッフバッグとしては上位の防水性能です。

口部分もしっかりとしたロールトップタイプで安心。「絶対に濡れてはいけない」精密機器や着替えの衣類、貴重品等を収納する用途におすすめのスタッフバッグです。

mont-bell(モンベル)『GORE-TEX スタッフバッグ』

サイズ 1L:直径9×高さ16.5cm、1.5L:直径10×高さ20cm、2L:直径11×高さ22.5cm ほか
メイン素材 ゴアテックスファブリクス3レイヤー
耐水圧
重量
容量 1〜15L
防水 あり

ゴアテックス素材で防水性と耐久性を兼備

素材にゴアテックスを採用した製品。ゴアテックスは1平方センチメートルに約14億個の孔を有する、防水透湿性素材です。高品質なマウンテンパーカーやレインパーカーに採用されることもあり、超耐久撥水性も兼ね備えています。

開口部が巾着状で完全密閉ではないものの、シームシーリング処理が施されているため、縫い目から水が侵入することもないでしょう。アウトドアにはもちろん、日常使いにも役立ちそうです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』

出典:Amazon

サイズ 2L:幅11×高さ21cm、3L:幅13×高さ25cm、5L:幅15×高さ30cm
メイン素材 PERTEX Quantum(ナイロン100%)
耐水圧
重量 2L:5g ほか
容量 2〜7L
防水

軽くて丈夫な生地を使用したスタッフバッグ

軽さと高耐久を兼ね備えるパーテックスナイロン生地を採用。軽量ながらも、重たいアイテムを収納できる丈夫さを誇ります。コンパクトになるのでザックに忍ばせておいて、濡れたレインウェアなどを入れるのにも重宝しそうですね。

ブランドロゴを大々的に配置した、ノースフェイスらしいデザインも特徴的。底面にもロゴマークがプリントされています。カラーバリエーションが豊富なので、複数枚用意してアイテムの収納ごとに色分けして使うことも可能です。

PaaGo WORKS(パーゴワークス)『W-FACE STUFF BAG』

PaaGoWORKS(パーゴワークス)『W-FACESTUFFBAG』 PaaGoWORKS(パーゴワークス)『W-FACESTUFFBAG』 PaaGoWORKS(パーゴワークス)『W-FACESTUFFBAG』

出典:Amazon

サイズ 0.3L:幅12×高さ23cm、7L:幅16×奥行12×高さ36cm、13L:幅23×奥行13×高さ45cm ほか
メイン素材 30Dシルナイロン、ポリメッシュ
耐水圧
重量 0.3L:15g、7L:35g、13L:75g ほか
容量 0.3〜13L
防水

フレキシブルな2ルーム構造で荷物の仕分けが便利

13リットルの収納量で、インフレータブルマットやアウター類などボリューミーなアイテムを収納可能。荷室をふたつ備えた2ルーム構造で仕切りが可動式になっているので、荷物に合わせて臨機応変にアイテムを仕分けることができるのも魅力的。

生地はナイロンとメッシュの2種類を採用。ナイロン素材で撥水性を確保しながら、メッシュ素材によって通気性と中身の見やすさも考慮されています。同シリーズでさまざまなサイズのラインナップがありますので、荷物に統一感をもたせたい方にぴったりです。

caravan(キャラバン)『SILICコーデュラ・ドライサック』

caravan(キャラバン)『SILICコーデュラ・ドライサック』

出典:Amazon

サイズ 2L:直径13×高さ23cm、15L:直径22×高さ48cm、25L:直径27×高さ53cm
メイン素材 30D SILICONEコーデュラナイロン(シリコン透過撥水加工)
耐水圧 2,000mm
重量 2L:約26g、15L:約53g、25L:約64g
容量 2〜25L
防水 あり

開口部から水が侵入することも防ぐ防水設計

30デニールのコーデュラナイロン素材を採用することで、軽さと高強度を実現。シリコン透過撥水加工が施されていて、耐水性にもすぐれています。縫い目の裏側はフルシームテープ加工されているので、水の侵入も防止。

巾着型のスタッフバッグが多いなか、ロールクロージャー式を採用していて、開口部から水の侵入を防ぐことができるのもポイントです。とにかく耐水性を考えた設計なので、天候を問わず登山する方や、汗をかいた服を収納したい方にはとくに重宝するでしょう。

oxtos(オクトス)『スタッフバッグ 3L~10L(3枚セット)』

oxtos(オクトス)『スタッフバッグ3L~10L(3枚セット)』

出典:Amazon

サイズ 3L:幅13×高さ23.5cm、6L:幅16×高さ33cm、10L:幅17×高さ42cm(平置き時)
メイン素材 40デニールリップストップナイロン 2.5層防水(透湿)コーティング
耐水圧 10,000mm
重量 3L:21g、6L:28g、10L:35g
容量 3L、6L、10L
防水 あり

3枚セットでバックパックをすっきり整頓

3L、6L、10Lの3枚セット。荷物の大きさに合わせて使い分けられます。数泊のキャンプや本格的な登山では、スタッフバッグ1枚だとなかなか心もとないもの。別々のメーカーのスタッフバッグを買い集めるより、荷物に統一感が生まれます。

耐水圧は約10,000mmと防水性も確保。リーズナブルながら、防水シームテープ加工が施されているなど、こまかい配慮がうれしいですね。

イスカ『スタッフバッグキット』

イスカ(ISUKA)スタッフバッグキット(4マイセット)357000 イスカ(ISUKA)スタッフバッグキット(4マイセット)357000 イスカ(ISUKA)スタッフバッグキット(4マイセット)357000 イスカ(ISUKA)スタッフバッグキット(4マイセット)357000 イスカ(ISUKA)スタッフバッグキット(4マイセット)357000

出典:Amazon

サイズ 1枚目21×7×43.5cm   2枚目22×6×38cm    3枚目17×5×31.5cm   4枚目19×29cm
メイン素材 -
耐水圧 -
重量 110g
容量 -
防水 あり

使いやすいサイズ違いの4枚セット

さまざまな用途で使用することができるサイズ違いの4枚セットとなっています。

寝袋などでも知られるイスカブランドのアイテムだけあって、十分な厚みのあるナイロン生地に防水コーティングが施されていますので中に入れたものをしっかりと保護してくれます。いろんな用途で使えるスタッフバッグが欲しいという方におすすめです。

イスカ『ウルトラライトスタッフバッグ』

イスカ(ISUKA)ウルトラライトスタッフバッグ3グリーン362102 イスカ(ISUKA)ウルトラライトスタッフバッグ3グリーン362102 イスカ(ISUKA)ウルトラライトスタッフバッグ3グリーン362102 イスカ(ISUKA)ウルトラライトスタッフバッグ3グリーン362102

出典:Amazon

サイズ 20×45cm
メイン素材 ナイロン
耐水圧 -
重量 60g
容量 10L
防水 あり

軽量かつコンパクトで使いやすい

シリコナイズドコーデュラを使用することによって、超軽量かつコンパクト収納を実現したスタッフバッグです。

表面はとてもすべりがいいのでザックなどへの出し入れも簡単で、引裂強度にも優れていますので、さまざまな用途で使用できるアイテムとなっています。見た目はとてもシンプルなスタッフバッグですが、名門ブランドならではのノウハウがしっかりと活かされた高性能スタッフバッグです。

シートゥーサミット『ウルトラSIL パックライナーS』

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILパックライナーSブルー6601700028 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILパックライナーSブルー6601700028 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILパックライナーSブルー6601700028 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILパックライナーSブルー6601700028

出典:Amazon

サイズ 49×79cm
メイン素材 ポリウレタン
耐水圧 -
重量 74g
容量 50L
防水 あり

防水性能の高い大容量タイプ

急な天候の悪化などにもしっかりと対応することのできる高い防水性脳を誇るスタッフバッグです。容量も大きいので濡らしたくない衣類などをたっぷりと収納できます。

袋口にはベルクロを採用することによってワンタッチで確実に閉じることができるという点もポイント。容量に余裕があって使いやすいスタッフバッグを求めている方におすすめのアイテムです。

スタッフバッグにもなるウォッシュバッグ 【番外編】

スタッフバッグのようなバッグインバッグとして持ち運びができるだけでなく、ポータブルな洗濯袋として使える便利なアイテムをご紹介します。

Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』

Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』

出典:Amazon

サイズ 幅54×奥行32cm(広げたとき)
メイン素材
耐水圧
重量 142g
容量 13L
防水 あり

アウトドアや旅行先などで重宝する洗濯バッグ

内部に洗濯板がわりの突起を搭載しており、衣類やタオルをもみ洗いすることが可能。汚れ具合に合わせて軽く洗うなら30秒間、本格的に選択するなら3分程度こするようにして洗うことで、手だけで洗うよりも高い洗浄力を発揮します。

空気を抜きやすいエアーリリース・バルブを使用して、コンパクトに折りたたんで収納することができるのもうれしい点。洗濯しないときは防水ドライバッグとして、一石二鳥で使える便利な商品です。

「スタッフバッグ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Sea to Summit(シートゥサミット)『ライトウェイト70D ドライサック』
EXPED(エクスペド)『Fold Drybag UL』
ISUKA(イスカ)『じょうぶなスタッフバッグ D21』
GRANITE GEAR(グラナイトギア)『エアペアー』
MAMMUT(マムート)『Drybag Light(ドライバッグライト)』
mont-bell(モンベル)『GORE-TEX スタッフバッグ』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』
PaaGo WORKS(パーゴワークス)『W-FACE STUFF BAG』
caravan(キャラバン)『SILICコーデュラ・ドライサック』
oxtos(オクトス)『スタッフバッグ 3L~10L(3枚セット)』
イスカ『スタッフバッグキット』
イスカ『ウルトラライトスタッフバッグ』
シートゥーサミット『ウルトラSIL パックライナーS』
Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』
商品名 Sea to Summit(シートゥサミット)『ライトウェイト70D ドライサック』 EXPED(エクスペド)『Fold Drybag UL』 ISUKA(イスカ)『じょうぶなスタッフバッグ D21』 GRANITE GEAR(グラナイトギア)『エアペアー』 MAMMUT(マムート)『Drybag Light(ドライバッグライト)』 mont-bell(モンベル)『GORE-TEX スタッフバッグ』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『パーテックススタッフバッグ』 PaaGo WORKS(パーゴワークス)『W-FACE STUFF BAG』 caravan(キャラバン)『SILICコーデュラ・ドライサック』 oxtos(オクトス)『スタッフバッグ 3L~10L(3枚セット)』 イスカ『スタッフバッグキット』 イスカ『ウルトラライトスタッフバッグ』 シートゥーサミット『ウルトラSIL パックライナーS』 Scrubba(スクラバ)『ウォッシュバッグ』
商品情報
特徴 抜群のコスパで高い汎用性 超軽量で高い防水性 その名のとおり「丈夫」で長尺の荷にピッタリ 二気室使えるユニークなストレージ 耐水圧10,000mmで高い耐久性 ゴアテックス素材で防水性と耐久性を兼備 軽くて丈夫な生地を使用したスタッフバッグ フレキシブルな2ルーム構造で荷物の仕分けが便利 開口部から水が侵入することも防ぐ防水設計 3枚セットでバックパックをすっきり整頓 使いやすいサイズ違いの4枚セット 軽量かつコンパクトで使いやすい 防水性能の高い大容量タイプ アウトドアや旅行先などで重宝する洗濯バッグ
サイズ 1L:幅11×高さ24cm、2L:幅13×高さ29cm、4L:幅15×高さ33cm ほか S:幅17×高さ31cm、M:幅19×高さ35cm、L:幅22×高さ44cm ほか D15:幅15×高さ54.5cm、D18:幅18×60cm、D21:幅21×65cm S:幅11.6×高さ28cm、M:幅14.5×高さ32cm、L:幅16.5×36cm、XL:幅18.3×高さ40cm 5L:幅17×高さ42cm、10L:幅19×高さ51cm、15L:幅22×高さ58cm 1L:直径9×高さ16.5cm、1.5L:直径10×高さ20cm、2L:直径11×高さ22.5cm ほか 2L:幅11×高さ21cm、3L:幅13×高さ25cm、5L:幅15×高さ30cm 0.3L:幅12×高さ23cm、7L:幅16×奥行12×高さ36cm、13L:幅23×奥行13×高さ45cm ほか 2L:直径13×高さ23cm、15L:直径22×高さ48cm、25L:直径27×高さ53cm 3L:幅13×高さ23.5cm、6L:幅16×高さ33cm、10L:幅17×高さ42cm(平置き時) 1枚目21×7×43.5cm   2枚目22×6×38cm    3枚目17×5×31.5cm   4枚目19×29cm 20×45cm 49×79cm 幅54×奥行32cm(広げたとき)
メイン素材 70Dナイロン 15Dリップステトップナイロン 21Dナイロン(コーティング) 30Dシルナイロンコーデュラ 75Dナイロン(TPUコーティング) ゴアテックスファブリクス3レイヤー PERTEX Quantum(ナイロン100%) 30Dシルナイロン、ポリメッシュ 30D SILICONEコーデュラナイロン(シリコン透過撥水加工) 40デニールリップストップナイロン 2.5層防水(透湿)コーティング - ナイロン ポリウレタン
耐水圧 10,000mm 1,500mm - - 10,000mm 2,000mm 10,000mm - - -
重量 1L:30g、2L:38g、4L:44g ほか S:20g、M:23g、L:29g ほか D15:40g、D18:55g、D21:70g S:14g、M:16g、L:19g、XL:21g - 2L:5g ほか 0.3L:15g、7L:35g、13L:75g ほか 2L:約26g、15L:約53g、25L:約64g 3L:21g、6L:28g、10L:35g 110g 60g 74g 142g
容量 1L~35L 1L(XXS)~40L(XXL) - 2L(S)~6L(XL) 5L~15L 1〜15L 2〜7L 0.3〜13L 2〜25L 3L、6L、10L - 10L 50L 13L
防水 あり あり なし あり あり あり あり あり あり あり あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スタッフバッグの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのスタッフバッグの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スタッフバッグランキング
Yahoo!ショッピング:スタッフバッグランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのアウトドア系バッグのおすすめ 【関連記事】

スタッフバッグ活用でパッキング効率大幅アップ! アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

重心を高くすると歩きやすくなる

スタッフバッグは荷物をパート分けする道具です。パッキングの際に使用することで大幅に効率が上がるため積極的に使ってみてください。この「パート分け」にはコツがあります。それぞれのパートごとに、収納する道具にテーマを持たせます。そのパートごとに上記の基準から、マッチしたスタッフバッグを選んでみてください。

パッキングのコツは「重い物を身体に近く、軽い物を身体から遠く」が基本です。以前は「上に重い荷を、下に軽い荷を」と言われていました。しかし、最近はザックの進化により少し変わっています。実際に重心を高くすると歩きやすくなります。重い荷を日常的に運ぶ部族が頭上に荷を載せるのと同じ原理です。

同時に、体制を崩しかけると修正しづらいというデメリットもあります。そのうえで、「使用頻度の高い荷」をなるべくアクセスしやすい上の層に収納します。

5つのポイントをおさらい スタッフバッグについて

1)スタッフバッグのおもな役割はバックパック内における「荷物のパート分け」
2)衣類なら大きめ、小物用なら小さめといったように、収納する荷物に合ったサイズを選ぶ
3)重いアイテムを収納するなら耐久性の高い素材がベター
4)軽さと耐久性は基本的に反比例する
5)精密機器など絶対に濡らしたくないものを入れるなら防水性も考慮する

「どのアイテムを小分けしたいか」によって必要となるサイズも変わってくるでしょう。荷物の量によってはスタッフバッグを複数用意すればパッキングや持ち運びが便利に。防水性や丈夫さも考慮しながら、用途に適したスタッフバッグを選んでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/01 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用ペグおすすめ20選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドア用ペグおすすめ20選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドアでテントやタープを設営する際、必ずお世話になるアイテムがペグ。丈夫な鋳造ペグ、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製など、形状や種類もさまざまです。ここでは、アウトドアライターの大森弘恵さんにお話をうかがい、ペグの選び方とおすすめ商品をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


トライポッドおすすめ13選|設置のメリットや選び方も詳しく解説

トライポッドおすすめ13選|設置のメリットや選び方も詳しく解説

キャンプの楽しみといえば、みんなで焚き火を囲みながらの食事でしょう。それに欠かせないツールがトライポッド。調理のときにお鍋などを吊して、焚き火の火加減を調整する便利なキャンプ用品です。本記事ではトライポッドを設置するメリットや選び方、そしておすすめ商品をご紹介。いろいろな商品が発売されているので、購入するときの参考にしてください。


アウトドア用蚊帳おすすめ10選|アウトドア時の大敵「蚊」から身を守る

アウトドア用蚊帳おすすめ10選|アウトドア時の大敵「蚊」から身を守る

アウトドアにつきものの「蚊」から身を守ってくれる蚊帳(かや)。メッシュのサイズなどがそれぞれ違うため、数ある蚊帳のなかからどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。夏場のキャンプでは活躍の機会が多いだけに、最適な一品を選びたいところです。本記事では、アウトドアに最適な蚊帳の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


エアーソファおすすめ11選|収納も持ち運びも簡単!【家やアウトドアで大活躍】

エアーソファおすすめ11選|収納も持ち運びも簡単!【家やアウトドアで大活躍】

この記事は、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が、エアーソファの選び方とおすすめのの商品をご紹介します。家で快適に過ごせるタイプから持ち運びに便利なアウトドア用まで種類も豊富。もちろん使い方もいたって簡単。空気を入れて口を閉じるだけです。クッションは空気なのでエアーソファは通常のソファよりも軽く、空気を抜けば収納や持ち運びも可能。簡易ベッドにもなるので、急な来客があっても安心ですよ。評判がよく人気があるのも納得の商品です。ぜひこの記事を参考に選らんでみてください。なお記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。


スパイダルコナイフおすすめ14選|特徴・シリーズ・刃のタイプで選ぶ

スパイダルコナイフおすすめ14選|特徴・シリーズ・刃のタイプで選ぶ

アメリカ発のメーカー「スパイダルコ」は、おもにアウトドア用の折りたたみナイフで知られています。しかし、いざ購入しようとしても、初心者だとどのポイントをチェックすれば良いのか分かりませんよね。本記事では、スパイダルコナイフの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。使いやすいモデルやキレ味など、ポイントをしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。