JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|オーディオ・ビジュアル評論家が厳選!

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|オーディオ・ビジュアル評論家が厳選!
オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんが選ぶJBLのヘッドホン・イヤホン5選をご紹介します。日本では高級オーディオ、高級スピーカーのイメージが強いJBLですが、本国アメリカではカジュアルな価格帯やサウンドキャラクターの商品も幅広くラインナップしていて、親しみのあるオーディオブランドとなっています。そのいっぽうで、劇場用スピーカーなどプロフェッショナル向け商品も得意としていることから、聴かせ方のツボを心得た良質なサウンド表現ももち合わせています。そこで、野村さんにJBLのヘッドホンやイヤホンの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


JBLのヘッドホン・イヤホンの選び方|オーディオ・ビジュアル評論家に聞く

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、JBLのヘッドホン・イヤホンを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。比較的廉価とはいえ、そこはやはりJBL。安い買い物ではありませんから、事前の情報収集をしっかりおこなって後悔のない買い物ができるようにしておいてください。

JBLヘッドホン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

JBLのヘッドホンやイヤホンは同社のオーディオ機器のなかでは比較的廉価ですが、しっかりとしたJBLサウンドを堪能できます。

JBLヘッドホンは低価格モデルが狙い目

オーディオ・ビジュアル評論家

JBLブランドのイヤホン、ヘッドホンはスタンダードからハイクラスまで、幅広いラインナップをもち合わせていますが、こと「ヘッドホン」に関しては、もっともスタンダードな製品が要チェックとなっています。というのも、たしかに上位モデルに対してサウンドクオリティでは不利なところはありますが、はつらつとした歌声、躍動感に満ちた演奏など、大いに魅力あるサウンドを聴かせてくれるからです。

JBLヘッドホンがほしい、と考えている人は、まずスタンダードクラスの製品から音をチェックしてみましょう。

キーワードは「EVEREST」

オーディオ・ビジュアル評論家

音質や機能性を重視したモデルがほしい、という人におすすめしたいのが商品名に「EVEREST」をもつ商品です。こちら、JBL製の超高級スピーカーにもつけられているネーミングで、イヤホン/ヘッドホン商品も同様に、上級モデルにつけられています。

音質にこだわりたい人であれば、「EVEREST」の名をもつ商品をまずは聴いてみましょう。

JBL(ジェイビーエル)『EVEREST 110GA』

安定した品質の「EVEREST」シリーズのイヤホン。防水性能やマルチポイント接続機能で安心と便利さを提供してくれるコストパフォーマンスの高いモデル。

>> Amazonで詳細を見る

機能性は利用するシチュエーションによって取捨選択

オーディオ・ビジュアル評論家

完全ワイヤレスイヤホンからノイズキャンセリングヘッドホン、スポーツモデルまで、JBL製イヤホン/ヘッドホンは多彩なラインナップが用意されています。自分がどういったシチュエーションで利用したいかに配慮しつつ、機能性や好みに応じて商品を選びましょう。

たとえば電車内などでのリスニングがメインの人には、完全ワイヤレスイヤホンがベストの人もいるでしょうが、ノイズキャンセリング機能を優先したい、という人もいるでしょう。そのあたりはユーザーのお好み次第。デザインや装着感で選ぶのもひとつの手です。

JBL(ジェイビーエル)『Free X』

左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスイヤホン。ケーブルがいっさいないため、ケーブルをどこかにひっかけてイヤホンが耳から外れたり、ケーブルを断線させてしまったりということがない。

>> Amazonで詳細を見る

どの商品を選んでも満足できる安定感

オーディオ・ビジュアル評論家

現在のJBL製イヤホン/ヘッドホンは、Bluetoothワイヤレスモデルをメインに幅広いラインナップを用意しています。また、商品の価格帯も1万円前後が多く、音質面でのコストパフォーマンスも良好と、文句のないラインナップが取り揃えられています。そのため、どの価格帯の商品、どの機能性を持つ商品を選んでも、充分に満足できるようになっています。ことJBL商品については、機能性や予算を重視してチョイスしても大丈夫です。

ただし、上位モデルになればなるほど音質はよくなっていきますので、商品選びの際にはぜひ試聴していただき、どの商品の音が一番のお気に入りになるか、チェックすることをおすすめします。

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|オーディオ・ビジュアル評論家による厳選商品

ここまで紹介したJBLのヘッドホン・イヤホンの選び方のポイントをふまえて、野村ケンジさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。使用シーンや好んで聞く音楽の系統に合わせて自分に合った1台を選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェイビール)『Free X』

出典:Amazon

重量 15g
再生時間 24時間(本体+充電ケース)
再生周波数帯域 10~22,000Hz
ドライバ φ5.6mm
ブルートゥースVer 4.2
機能 完全ワイヤレス、ハンズフリー通話、防水(IPX5相当)
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d
オーディオ・ビジュアル評論家

接続安定性や装着感にこだわった完全ワイヤレス

5.6mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。装着感の良好なイヤホン本体に加え、日本国内で徹底チェックした接続安定性の高さが特徴となっています。

本体の連続再生時間は4時間ですが、専用ケースを合わせると24時間使用し続けることが可能となっています。また、15分で1時間音楽を楽しめるクイックチャージ機能をもっている点も便利です。JBLらしいメリハリのいいサウンドをいつでもどこでも楽しみたい人におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』

出典:Amazon

重量 155.0g
再生時間 16時間
再生周波数帯域 20~20,000Hz
ドライバ φ32mm
ブルートゥースVer 4.1
機能 ハンズフリー通話、折りたたみ可能、マルチポイント接続
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d
オーディオ・ビジュアル評論家

音質とコスパが見事にバランスしたヘッドホン

高い人気を誇っていた『JBL T450BT』の後継と呼べる、エントリークラスのBluetoothワイヤレスヘッドホン。5000円以下の価格、Bluetoothワイヤレス接続とは思えない、パワフルで活き活きとしたサウンドを持ち合わせているのが最大の特徴となっています。

良コストパフォーマンスのBluetoothワイヤレスヘッドホンを手軽に楽しみたい、という人におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『EVEREST ELITE 750NC』

出典:Amazon

重量 約280g
再生時間 15時間
再生周波数帯域 10~22,000Hz
ドライバ φ40mm
ブルートゥースVer 4.0
機能 アダプティブノイズキャンセリング、TruNoteTMオートサウンドキャリブレーション
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d
オーディオ・ビジュアル評論家

ノイズキャンセリング機能を搭載した上級モデル

アダプティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothワイヤレスヘッドホン。JBL独自のスマートフォン用アプリや、イヤーカップのボタンから、環境音の取り入れや除外、その音量レベルを調整することが可能となっています。また、「TruNoteオートキャリブレーション」という機能が搭載されていて、ユーザーに合わせた最適なサウンドチューニングを作り出すことができるのも大きな特徴です。

3時間でフル充電、15時間の連続再生が可能なバッテリー持続時間もうれしいポイントです。

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェイビーエル)『Under Armour True Wireless Flash - Engineered by JBL』

出典:Amazon

重量 16g
再生時間 25時間(本体+充電ケース)
再生周波数帯域 20~22,000Hz
ドライバ φ5.8mm
ブルートゥースVer 4.2
機能 防水(IPX7相当)、トークスルー機能・アンビエントアウェア機能
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d
オーディオ・ビジュアル評論家

定番として人気の高いイヤーモニターの最新版

Under Armourとのコラボレーションによって作り上げられたスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。運動の状況がチェック/管理できる専用のアプリを用意するなど、スポーツ用途をメインにしたモデルとなっていますが、さすがはJBL、サウンドもしっかりと作り込まれていて、パワフルな低音をもつ、勢いのあるサウンドを楽しむことができます。

やや大柄なイヤホン本体が多少ユーザーを選ぶかもしれませんが、スポーツ時に利用したい人にとっては、音質も機能性も大いにおすすめできる商品です。

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェイビーエル)『EVEREST 110GA』

出典:Amazon

重量 15.3g
再生時間 8時間
再生周波数帯域 10~22,000Hz
ドライバ φ5.8mm
ブルートゥースVer 4.1
機能 Googleアシスタント、ハンズフリー通話、エコーキャンセリングマイク、マルチポイント接続
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d
オーディオ・ビジュアル評論家

軽快で良音質なバランスモデル

「EVEREST」の名をもつ、JBLならではのサウンドにこだわって作り上げられたヌードルタイプ(左右イヤホンをケーブルで繋いでいる)のBluetoothワイヤレスイヤホン。ケーブルにはリモコン部分が付属しているのみ(バッテリー搭載の別ブロックがない)の軽快さを採用しながらも、8時間という連続再生時間を確保しています。また、イヤーフィンが付属していますので、装着感も良好です。

ときどきトレーニングするので、音質も装着感も良好な商品がほしいという人におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

「JBL製ヘッドホン・イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JBL(ジェイビール)『Free X』
JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』
JBL『EVEREST ELITE 750NC』
JBL(ジェイビーエル)『Under Armour True Wireless Flash - Engineered by JBL』
JBL(ジェイビーエル)『EVEREST 110GA』
商品 JBL(ジェイビール)『Free X』 JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』 JBL『EVEREST ELITE 750NC』 JBL(ジェイビーエル)『Under Armour True Wireless Flash - Engineered by JBL』 JBL(ジェイビーエル)『EVEREST 110GA』
特徴 接続安定性や装着感にこだわった完全ワイヤレス 音質とコスパが見事にバランスしたヘッドホン ノイズキャンセリング機能を搭載した上級モデル 定番として人気の高いイヤーモニターの最新版 軽快で良音質なバランスモデル
価格 Amazon : ¥9,882
楽天市場 : ¥ 10,076
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,376
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥4,838
楽天市場 : ¥ 7,595
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,432
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥17,998
楽天市場 : ¥ 27,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,837
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥17,647
楽天市場 : ¥ 17,879
PayPayモール : ¥ 17,872
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥10,670
楽天市場 : ¥ 9,210
Yahoo!ショッピング : ¥ 9,220
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
重量 15g 155.0g 約280g 16g 15.3g
再生時間 24時間(本体+充電ケース) 16時間 15時間 25時間(本体+充電ケース) 8時間
再生周波数帯域 10~22,000Hz 20~20,000Hz 10~22,000Hz 20~22,000Hz 10~22,000Hz
ドライバ φ5.6mm φ32mm φ40mm φ5.8mm φ5.8mm
ブルートゥースVer 4.2 4.1 4.0 4.2 4.1
機能 完全ワイヤレス、ハンズフリー通話、防水(IPX5相当) ハンズフリー通話、折りたたみ可能、マルチポイント接続 アダプティブノイズキャンセリング、TruNoteTMオートサウンドキャリブレーション 防水(IPX7相当)、トークスルー機能・アンビエントアウェア機能 Googleアシスタント、ハンズフリー通話、エコーキャンセリングマイク、マルチポイント接続
商品情報

ECサイトのJBLのヘッドホン・イヤホンランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのJBLのヘッドホン・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:JBL イヤホン・ヘッドホンランキング 
Yahoo!ショッピング:JBL ヘッドホン・イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオ・ビジュアル評論家の「ここがポイント」|イヤホンの装着感にはご注意を

オーディオ・ビジュアル評論家

JBL製イヤホン/ヘッドホンは活き活きとしたサウンドや良好なコストパフォーマンスなど、魅力的な特徴がいくつもありますが、唯一心配なのがイヤホンの装着感です。メーカーとしては装着感についてかなりこだわっているはずなのですが、やや大柄なイヤホン本体をもつ商品もあり、耳孔の小さい人などは、フィット感が良好でない場合があります。

JBLに限ったことではありませんが、イヤホン商品を購入する場合は、事前に装着感などをチェックしておくことをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/10 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【開放型イヤホン】選び方&おすすめ5選|有線・ワイヤレス/リモコンの有無に注目

【開放型イヤホン】選び方&おすすめ5選|有線・ワイヤレス/リモコンの有無に注目

IT・家電ジャーナリストが選ぶ開放型イヤホンおすすめ商品5選をご紹介します。イヤホンはその形状によって音質が変わるのをご存じですか? 移動や通勤時に音楽やラジオを聴く人も多いと思います。最近のイヤホンは耳栓タイプのカナル型が主流ですが、開放型イヤホンはカナル型では味わえない音を楽しむことができるんです。本記事では、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに開放型イヤホンの選び方について解説していただきます。最後に、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。ウォークマンなどの専用プレーヤーよりもスマートフォンで音楽を聴くことが主流となった現在は、ヘッドホンは有線モデルよりもBluetoothワイヤレスが多数を占めるようになりました。しかし、ワイヤレスゆえに気をつけるポイントがいくつかあります。そこで、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんにBluetoothヘッドホンの選び方のコツについて教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ウォークマン向けのイヤホンおすすめ6選【ハイレゾ音源・リケーブル対応製品も】

ウォークマン向けのイヤホンおすすめ6選【ハイレゾ音源・リケーブル対応製品も】

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、ウォークマン向けイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。いまやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の代表的な存在となっているウォークマンですが、そのラインナップにはさまざまなモデルが用意されています。そのなかでも、特に人気を集めているのがハイレゾ音源に対応したモデルです。この記事では、ハイレゾ対応モデルの新製品「A100」シリーズ、「ZX500」シリーズにあうイヤホンを選ぶときのポイントやおすすめの商品を紹介していますので参考にしてみてください。


パッシブスピーカーの選び方とおすすめ7選【初心者向け|接続の基本知識も解説】

パッシブスピーカーの選び方とおすすめ7選【初心者向け|接続の基本知識も解説】

オーディオ&ビジュアルライターである折原一也さんへの取材のもと、おすすめのパッシブスピーカーをご紹介していきます。自宅に置いた本格的なオーディオシステムから音楽を流す……。そのように高音質を追求した音楽リスニングをする機器はHi-Fiオーディオと呼ばれています。Hi-Fiオーディオで用いるスピーカーは、スピーカーを駆動するアンプを内蔵せずに、スピーカーユニットと筐体による音の響きをコントロールして音楽を流す役割を担う、非常に重要な役割を持つアイテムです。本記事を参考にパッシブスピーカーを選び、快適な音楽空間を作り出してください!


おしゃれなBluetoothスピーカーおすすめ6選【インテリアにもピッタリ】

おしゃれなBluetoothスピーカーおすすめ6選【インテリアにもピッタリ】

オーディオ・ビジュアル評論家の野村健司さんにおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品について聞きました。最近では、さまざまなデザインのスピーカーがたくさん登場していて、どれを買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。インテリアとしても、アウトドアに使えるものもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!


新着記事


ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

助産師の河井恵美さんに、ベビーマットについて詳しくお話をうかがいました。ベビーマットには、寝返り前の赤ちゃんを寝かせるマットや、転倒したときの衝撃を軽くする目的で床に敷く大きめのマットなど、さまざまなタイプのものがあります。家庭の環境やメンテナンスのしやすさなども考えながら、用途に合ったものを選びたいですね。この記事では助産師であり、保育士の資格もお持ちの河井さんに、ベビーマットの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半に掲載した各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるマット選びにお役立てください。


キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

紫外線から肌を守り、ケガの予防にもなるラッシュガード。海やプールのレジャーはもちろん、子どもたちは水泳の授業でも着用することが多くなりました。さまざまなタイプがあるラッシュガードですが、購入するにはどのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事では保育士ライターのすぎ けいこさんに、キッズ用のラッシュガードの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。子どもにぴったりのラッシュガードを選ぶ参考にしてみてください。


バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、バスライトの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。備え付けの照明と違って、落ち着いた空間にもきらびやかな空間にもしてくれるバスライト。デザインやカラーもさまざまで、1つ買うといろいろな種類を試してみたくなるバスグッズのひとつです。興味はあるけれども、どの商品を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、自分好みの商品を見つけてみてください。


スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、スイッチングハブのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。自分の家にはどの商品があっているのか、ぜひ本記事を参考にして選んでみてください。


【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

塩料理研究家の青山志穂さんに聞いた、ミネラル豊富な塩を選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。塩を構成する主たるミネラルには、「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」があります。塩の主成分である塩化ナトリウムもミネラルですが、本記事では「ナトリウム以外のミネラル」を多く含んだ塩にスポットを当てました。記事後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて塩選びの参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る