【2022年】DJ用ヘッドホンおすすめ10選|DJ初心者でも使用しやすいモデルも紹介

V-MODA(ブイ・モーダ)『Crossfade M-100』
出典:Amazon

クラブハウスやライブなどで、DJが使用するDJヘッドホン。

通常のヘッドホンを使うよりも使いやすく、機能も十分のモデルが多いです。しかし、DJ初心者の方にとっては、どの機能が使いやすく、どのポイントに注目すればいいかわかりませんよね。

本記事では、DJ用のヘッドホンの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

DJ用ヘッドホンとは

 

DJヘッドホンとは、DJが使用しやすいように改良されたヘッドホンのこと。主に次に流す曲を聴いており、フロアに流れる音楽とうまく繋がるようにリズムなどを調整するための機材です。

もともとはオーディオテクニカ製スタジオモニターなど、DJが使用しやすいプロ向けのモニターヘッドホンのことを指していましたが、オーディオテクニカやパイオニアなどがDJユースを前提とした専用のヘッドホンを開発。その後、DJヘッドホンという商品ジャンルが確立していきました。

音質だけでなく、形状や機能などがDJ用に特化したヘッドホンとなっています。

DJ用ヘッドホンの選び方

それでは、DJ用ヘッドホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】遮音性の高い「密閉型」を選ぶ
【2】装着タイプを選ぶ
【3】イヤーカップが動き、片耳で聴けるタイプを選ぶ
【4】本体とケーブルの耐久性をチェック
【5】音質をチェック

上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】遮音性の高い「密閉型」を選ぶ

 

ヘッドホンには、密閉型と開放型の2種類があります。密閉型は、耳に当てるイヤーカップにフタがしてあり、外部の音を遮り、音漏れを防ぐのが特徴。一方、開放型はイヤーカップがメッシュ状で音を逃がすことで広がりのある音を楽しむことができます。

DJ用は密閉型です。大きな音が流れるクラブで正確に音を聴くためには遮音性の高い密閉型を選びましょう。

【2】装着タイプを選ぶ

耳を包み込むオーバーイヤー型と、耳の上にのせるオンイヤー型の2種類があります。それぞれメリットがあるので、チェックしていきましょう。

フロアの音を遮る「オーバーイヤー型」

 

耳よりひと回り大きいイヤーパッドが備わっており、耳を包み込むのがオーバーイヤー型。外の音をしっかり遮断する仕様なので、密閉性が高く、DJ用として使うのに適しているタイプです。

また、耳を覆うので、頭を前後に振ってリズムをとっても外れにくいのも特徴。ただ、締め付けが強いと耳や頭が痛くなってくるので、適度な締め付け具合の製品を選ぶことをおすすめします。

携帯性を重視するなら「オンイヤー型」

 

耳の上にのせて使うのがイヤーパッド型です。コンパクトで軽量なモデルが多くラインナップされているので、持ち運んで使うことが多いならこちらも選択肢に入れてみてください。折りたためるものもありますよ。ただ、サイズが小さい分、遮音性はオーバーイヤー型に劣ります。

【3】イヤーカップが動き、片耳で聴けるタイプを選ぶ

 

DJはフロアで流れている曲と次に流す曲のテンポやリズムを合わせるために、両方の音を聴く必要があります。そのため片耳で曲を聴くことができるタイプをおすすめします。

片耳リスニングに対応していなくても、着ける位置をずらせば片耳で聴くこともできますが、わずらわしいのでイヤーカップが動くものを選びましょう。動かせる角度は90度から180度まで、アイテムによってまちまちです。

【4】本体とケーブルの耐久性をチェック

 

プレイをしている最中は、ヘッドホンを着けたり、外したり、片耳だけ着けたり、と動かすことが多いので、耐久性に優れたモデルを選ぶことが大切です。DJ用として販売されている製品の多くは問題ないと思いますが、重さや着け心地などを考慮して選びましょう。

それとケーブルの耐久性も必ずチェック。どうしてもプレイ中にコードを引っかけたりして故障することがありますので、ケーブルのみを交換できるリケーブルに対応したモデルがおすすめ

また、伸縮するカール型のケーブルであることも重要です。引っかけてもイヤホンジャックが外れる心配もなく耐久性も高まりますよ。

【5】音質をチェック

 

トラックメイキング中に細やかな表現もしっかり聴けることが大切になってきます。ポイントは原音の再現度です。高音や低音に注力したモデルだと、音を正確につかむことが難しいので、楽曲の音をしっかり再現してくれるヘッドホンを選びましょう。

また、メリハリの効いたクリアなサウンドなら、DJプレイもスムーズに行えますよ!

DJ用ヘッドホンのおすすめメーカー

DJ用ヘッドホンには老舗が存在します。それぞれ特徴のあるメーカーなのでチェックしてみてください。

Pioneer(パイオニア):DJ専門ブランドを持ち、シェアトップ!

 

パイオニアは、カーオーディオやスピーカーなどを製造し、音響機器にも強い日本の電機メーカーです。「Pioneer DJ」というブランドも持ち、DJコントローラーやDJミキサーなどもラインナップしています。

そんな専門ブランドを展開しているだけあって、ヘッドホンも信頼性は抜群。綿密に考えられた使い勝手の良さや、フロアでもしっかり音を聴ける本体仕様、音へのこだわりなどが詰まっていますよ。多くのDJプレイヤーが愛用しています。

audio-technica(オーディオテクニカ):老舗のヘッドホンは安心できる!

 

1962年に創業した、日本の老舗音響機器メーカーです。一般向けからプロ向けのヘッドホン・イヤホンを数多くそろえています。

もともとDJ用ヘッドホンというものは存在しておらず、オーディオテクニカのスタジオモニター用ヘッドホンを使っているDJが多くいました。そこから、オーディオテクニカなどがDJユースを前提とした専用のヘッドホンを開発し、今まで人気を集めています。

SHENNHEISER(ゼンハイザー):原音を忠実に再現することに強いこだわり

 

1945年にドイツで誕生したオーディオ機器メーカーで、音を忠実に再現する強いこだわりがあります。世界初の開放型ヘッドホンを開発したことでも知られており、革新的かつ高水準の技術で新しい音響機器を生み出しています。

原音の再現性が高いことから、音楽制作や映画制作などの場面でも使われることが多く、多くのプロフェッショナルをユーザーに抱えています。

DJ用ヘッドホンおすすめ10選

ここまで紹介したDJヘッドホンの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。それぞれの機種の特徴を比較しながら自分のプレイスタイルに合った1台を見つけてください。

エキスパートのおすすめ

audio-technica(オーディオテクニカ)『DJヘッドホン(ATH-PRO5X)』

audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK audio-technicaDJヘッドホンブラックATH-PRO5XBK
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

定番DJヘッドホンの最新バージョン

DJ向けヘッドホンにおける老舗メーカーのひとつである、オーディオテクニカのスタンダードクラスに位置するモデル。着脱式ケーブルを採用し、ストレートとカール、2タイプのケーブルが付属するなど、手の出しやすい価格帯の割に充実した内容をもち合わせています。音質についても、DJ用に新設計されたφ40mmドライバーを搭載するなど、しっかりした作り込みがなされています。

イヤーパッドが交換できるなど、メインテナンス性にも配慮されており、DJヘッドホン入門者におすすめしたいモデルです。

エキスパートのおすすめ

audio-technica(オーディオテクニカ)『プロフェッショナルモニターヘッドホン(ATH-M50x)』

オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック オーディオテクニカプロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50xスタジオレコーディング/ミキシング/DJ/トラックメイキングATH-M50xブラック
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

DJからトラックメイキングまで幅広く活用できる

スタジオモニターヘッドホンとして高い人気を誇る「M50」シリーズのモデルです。基本的にはレコーディングスタジオ向けの商品ですが、90度の反転モニター機構を採用して片耳モニタリングを可能とするなど、DJ用としても使い勝手のいい内容が盛り込まれています。

ケーブルは着脱式で、ストレートとカールタイプの2つを付属。ダイレクト感の高いストレートな表現のサウンドをもち合わせていますので、DJからトラックメイキングまで1台で済ませたい人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

Pioneer DJ(パイオニア・ディージェー)『HDJ-X10』

PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-X10-K PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-X10-K PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-X10-K PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-X10-K
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

人気ブランドのフラッグシップモデル

DJヘッドホンとして高い人気を集めるPioneer DJの最新フラッグシップモデル。ドライバーは50mm口径のユニットを搭載し、ワイドレンジで定位感のよい、広がり感のあるサウンドを実現しています。

また、 アメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠した試験をクリアし、さらにイヤーパッドやヘッドバンドの表面に撥水効果の高いナノコーティング加工を表面に施すなど、耐久性の高さも追求されています。

ケーブルは着脱式で、1.2mカールコード(伸長時 約3.0 m)と1.6 mストレートの2種類が付属しています。1台ですべてをこなし、かつ、ずっと使い続けたい高級DJヘッドホンがほしい人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature DJ』

ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ ULTRASONESignatureDJ
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

プロDJにも人気の高いシグネチャーモデル

ULTRASONE商品中最大のSPL(Sound Pressure Level=音圧)を誇る、DJユースをメインに据えたシグネチャーモデル。メリハリのしっかりしたスピード感溢れるサウンドが好評で、プロDJやミュージシャンの間でも高い人気を集めています。

独自特許のS-Logic PLUSテクノロジーにより、定位感のしっかりした音場をもち合わせているのもこの商品の大きな特徴となっています。ケーブルは着脱式で、リモコン付1.2mストレートと3mカールの2種類が同梱されています。

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature PULSE』

ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス ULTRASONESignaturePULSE【ULT-SIG-PULSE】ウルトラゾーンヘッドホンシグネチャーパルス
出典:Amazon この商品を見るview item

パワフルなサウンドを堪能しよう!

クリアで迫力あるサウンドを実現したDJヘッドホン。名機と呼ばれるSignature DJと同様の特大50mmドライバーを搭載しており、歪みの少ない音を聴くことができます。

また、自社工場の熟練のスタッフが組み立てているのもポイント。装着感や耐久性に優れており、長時間使っていても心地よいフィット感ですよ。

Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-CUE1)』

PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1 PioneerDJDJヘッドホンHDJ-CUE1
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパ抜群のDJヘッドホン!

40mmのドライバーにより、重量感のある低音とクリアな中音から高音域を実現しています。音の良さだけでなく、堅牢性にも優れており、可動部には厳密な耐久テストをクリアしたパーツを使用し、壊れにくいタフな仕上がり!

90度に動かせるイヤーカップに付くパッドはカスタマイズできて、オレンジやグリーン、ブルーなどイヤーパッドを同梱しています。

Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-S7)』

PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック PioneerDJプロフェッショナルDJヘッドホンHDJ-S7-Kブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

新開発ドライバーを採用したタフな1台

5Hzから40kHzまでの広い音域に対応し、圧倒的な解像度を実現しているのは、新しく開発した400mmのHDドライバーのおかげ。耳の上にのせるオンイヤー型ながら、フレキシブルなヘッドバンドなどでモニタリングしやすく、快適にプレイすることができますよ。


また、ミルスペックの耐久性を備えつつも軽量なので、気軽に持ち歩くこともできます。2年の保証が備わっているのも嬉しいポイント!

Marantz(マランツ)『MPH-1』

マランツプロモニターヘッドホン密閉型オーバーイヤーヘッドホン有線直径40mmドライバー楽器演奏配信DJゲームテレワークMPH-1 マランツプロモニターヘッドホン密閉型オーバーイヤーヘッドホン有線直径40mmドライバー楽器演奏配信DJゲームテレワークMPH-1 マランツプロモニターヘッドホン密閉型オーバーイヤーヘッドホン有線直径40mmドライバー楽器演奏配信DJゲームテレワークMPH-1 マランツプロモニターヘッドホン密閉型オーバーイヤーヘッドホン有線直径40mmドライバー楽器演奏配信DJゲームテレワークMPH-1 マランツプロモニターヘッドホン密閉型オーバーイヤーヘッドホン有線直径40mmドライバー楽器演奏配信DJゲームテレワークMPH-1
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量&コンパクトながら40mmドライバーを搭載!

マランツのベストセラーモデルで、片耳でモニタリングしやすい180度回転に対応。音漏れしにくいモニターヘッドホンで、外の音をシャットダウンして音を聴けます。

5000円未満という価格帯にもかかわらず、40mmのドライバーを搭載しコスパに優れているのもいいですよ。260gという軽さなので、持ち運びも楽チン!

エキスパートのおすすめ

SENNHEISER(ゼンハイザー)『HD 25 PLUS』

ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】 ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】 ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】 ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】 ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】 ゼンハイザーモニターヘッドホン密閉型HD25PLUS【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

根強い人気を持つ老舗メーカーのモニターヘッドホン

25年以上にわたって基本スタイルを変えず作り続けられている、モニターヘッドホン。もともとはスタジオヘッドホンとして定評を集めていたモデルですが、その軽量な作りや独自のハウジング部回転機構などにより、DJ用としても根強い人気を保ち続けているモデルです。

イヤーパッドはオンイヤータイプ。ケーブルは片出しの着脱式で、3mカールと1.5mストレートが付属しています。オンイヤーパッドで持ち運びしやすいヘッドホンがほしいという人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

V-MODA(ブイ・モーダ)『Crossfade M-100』

M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB M-100MA-MB
出典:Amazon この商品を見るview item
オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

パワフルでディープな低音、そしてデザインも魅力

もともとDJ用ではありませんが、50mm口径ドライバーによるパワフルな低域やヌケのいい高音などによって、DJ用としても高い人気を誇るヘッドホンです。ケーブルは着脱式で、スマートフォン用のリモコン付属タイプのほかに、音楽を2台のCrossfade M-100で楽しむことができるようになる分岐ケーブルも付属しています。

ゴリゴリのディープな低音を楽しみたい人や、ヘッドホンのデザインにもこだわりたい人にもおすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
audio-technica(オーディオテクニカ)『DJヘッドホン(ATH-PRO5X)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『プロフェッショナルモニターヘッドホン(ATH-M50x)』
Pioneer DJ(パイオニア・ディージェー)『HDJ-X10』
ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature DJ』
ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature PULSE』
Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-CUE1)』
Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-S7)』
Marantz(マランツ)『MPH-1』
SENNHEISER(ゼンハイザー)『HD 25 PLUS』
V-MODA(ブイ・モーダ)『Crossfade M-100』
商品名 audio-technica(オーディオテクニカ)『DJヘッドホン(ATH-PRO5X)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『プロフェッショナルモニターヘッドホン(ATH-M50x)』 Pioneer DJ(パイオニア・ディージェー)『HDJ-X10』 ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature DJ』 ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Signature PULSE』 Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-CUE1)』 Pioniner DJ(パイオニア ディージェー)『DJヘッドホン(HDJ-S7)』 Marantz(マランツ)『MPH-1』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『HD 25 PLUS』 V-MODA(ブイ・モーダ)『Crossfade M-100』
商品情報
特徴 定番DJヘッドホンの最新バージョン DJからトラックメイキングまで幅広く活用できる 人気ブランドのフラッグシップモデル プロDJにも人気の高いシグネチャーモデル パワフルなサウンドを堪能しよう! コスパ抜群のDJヘッドホン! 新開発ドライバーを採用したタフな1台 軽量&コンパクトながら40mmドライバーを搭載! 根強い人気を持つ老舗メーカーのモニターヘッドホン パワフルでディープな低音、そしてデザインも魅力
型式 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型
ドライバー φ40mm φ45mm φ50mm φ50mm 50 mm 40 mm 40 mm 40 mm - φ50mm
再生周波数帯域 5~35,000Hz 15~28,000Hz 5~40,000Hz 5~32,000Hz 5Hz~32kHz 5 - 30000 Hz 5 - 40000 Hz 15Hz~28kHz 16~22,000Hz 5~30,000Hz
イヤーパッド アラウンドイヤータイプ - - - プロテインレザー -- -- -- オンイヤータイプ アラウンドイヤータイプ
コード ロック機構つき着脱式コード ロック機構つき着脱式コード 着脱式コード ロック機構つき着脱式コード ロック機構つき着脱式コード 1.2 m カールコード (伸長時 約1.8 m) 1.2 m カールコード (伸長時約3.0 m)、1.6 m ストレートコード ステレオミニプラグ端子ケーブル(約2.7m)、標準ステレオプラグ変換アダプター 着脱式コード 着脱式コード
付属品 コード(着脱式):片出し1.2m、カールコード(着脱式):片出し(1.2m−3.0m)、φ6.3mm変換プラグアダプター ポーチ、カールコード:片出し1.2m、ストレートコード:片出し3.0m・片出し1.2m 1.2mカールコード(伸長時約3.0m)、1.6mストレートコード、Φ6.3mmプラグアダプター、キャリングケース 1.2mストレートケーブル(マイクロフォン/リモートコントロールつき)、3mカールケーブル、専用収納ボックス 1.2m着脱式ストレートケーブル3.5mmプラグ、3m着脱式カールケーブル6.3mmプラグ、ケース 1.2 m カールコード (伸長時 約1.8 m) Φ6.3 mm ステレオ標準プラグアダプター(ネジ式)、キャリングケース -- 1.5〜3mカールコード、1.5mストレートコード、6.3mm変換アダプター、ベロアイヤーパッド、キャリングポーチ SpeakEasyマイクロフォン・ケーブル、SharePlayオーディオ・ケーブル、専用セミハードケース、インプット・ジャック栓
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする DJ用ヘッドフォンの売れ筋をチェック

AmazonでのDJ用ヘッドフォンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:DJ用ヘッドフォンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのDJ機器に関連する記事はこちら

好みや場所によってヘッドホンの使い分けを

オーディオ・ビジュアル評論家

DJヘッドホンは騒音レベルの高い場所で使用することから、ヘッドバンドの側圧が高く、低域もかなりのボリュームがあります。そのため、自宅や屋外でのリスニング用や、トラックメイキング時のモニター用ヘッドホンとしては使いづらい時もあります。

装着感や音色傾向(とくに帯域バランス)が気になる方は、別にもうひとつヘッドホンを所有して、場所によって使い分けるようにしましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2022年】ソニーのヘッドホンおすすめ19選|ワイヤレス・有線も

【2022年】ソニーのヘッドホンおすすめ19選|ワイヤレス・有線も

SONY(ソニー)のヘッドホンは、ワイヤレスタイプや有線タイプ、ノイズキャンセリングにハイレゾ対応など、シリーズが豊富です。ここでは、SONY製ヘッドホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、比較一覧表や、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【価格別】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング22選|最強はどれ?

【価格別】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング22選|最強はどれ?

「地下鉄や電車などの環境音を感じず、音楽に集中したい」「騒音や雑音などを感じずに作業がしたい」そう考えている方にピッタリなのがノイズキャンセリングヘッドホン。外部からの音を無音に変換し、流れる音楽のみをしっかり感じられます。本記事では、300名へのユーザーアンケート調査を実施。騒音を消し、作業に集中できたり、音楽をより楽しめるノイズキャンセリングヘッドホンの選び方、おすすめ人気ランキングをご紹介します。本記事を読めば、ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方やおすすめ商品が分かるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【2022年】オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ21選|人気のワイヤレスも!

【2022年】オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ21選|人気のワイヤレスも!

オーディオテクニカは、1974年のAT-700シリーズ以来、45年以上にわたってヘッドホンをつくり続けている、老舗の国産オーディオメーカーです。現在のラインナップもエントリークラスからハイエンドモデル、有線からBluetoothワイヤレスまでと、数多くの商品を取りそろえています。本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、オーディオテクニカ製ヘッドホンの選び方とおすすめ商品を紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

ネックバンド型イヤホンおすすめ17選|高音質で機能性に優れたモデルも

ネックバンド型イヤホンおすすめ17選|高音質で機能性に優れたモデルも

耳への負担が少なく、快適に音楽を楽しめるネックバンド型イヤホン。最近はスマートフォンにイヤホンジャックがないモデルも増えてきています。本記事では、ネックバンド型イヤホンについて、メリットやデメリット、選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ノイズキャンセリング機能搭載や大容量バッテリーのものなど、幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【タイプ別】モニターヘッドホンおすすめ18選|スタジオ・普段使いの商品も紹介

【タイプ別】モニターヘッドホンおすすめ18選|スタジオ・普段使いの商品も紹介

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場でプロフェッショナル達に使われているヘッドホン。普通のヘッドホンとは異なり、録音された音の様子や変化、音質が劣化していないかその有無をチェックする際に重宝されます。しかし、どんな種類のモニターヘッドホンが、どんな音楽や音に向いているか・より楽しめるかは、専門知識がないとなかなかわかりませんよね。本記事では、モニターヘッドホンについて、基礎知識や選び方、そして、種類別のおすすめ商品をご紹介。本記事を読めば、DTMだけでなく、普段使いでも楽しめる商品をきっと選べるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。