スクラッチターンテーブルおすすめ5選|DJプレイ・レコードのリスニング用に!

Technics SL-1200MK7-K ダイレクトドライブターンテーブルシステム テクニクス
出典:Amazon

現在も、多くのDJやクラブで使われ続けているスクラッチターンテーブル「Technics SL-1200」。そして、2021年に発売されたモデル「SL-1200MK7」。

ここでは、漫画家としても活躍中の現役プロDJ・ムラマツヒロキさんと編集部が厳選したスクラッチターンテーブルのおすすめ商品と選び方をご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

DJ/漫画家
ムラマツヒロキ

漫画家でDJ。DJ漫画家。 DJとしてはオールヴァイナルのオールミックスDJとして様々なDJパーティーやイベントに出演。 漫画家&漫画編集者DJパーティー『DJ道』(渋谷オルガンバーにて不定期開催)、HR/HM DJパーティー『GRINDER』(渋谷Dimensionにて不定期開催)を主宰。 漫画家としては初心者からはじめるDJ漫画『DJ道』単行本が秋田書店チャンピオンREDコミックスで発売中。 リクルートのグルメwebサイト『メシ通』にてグルメDJ漫画『DJメシ』連載中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

スクラッチターンテーブルの選び方 機種・音質・デザイン

現役DJムラマツヒロキさんにスクラッチターンテーブルを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。どれを選べばいいかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

スクラッチターンテーブル
Pixabayのロゴ

90年代クラブミュージック全盛期ほどではないにせよ、今もなお多くの種類が販売されているターンテーブル。初心者はいったいどれを選べばいいのか……。

クラブで使われている機種またはそれに近いものを

 

DJをやるなら、やはり実際にクラブで使われているターンテーブルがほしいところです。DJ初心者・初級者でも、現場でも使われているターンテーブルで練習すれば実践時にうまく対応できるもの。

しかし、現場で多く使われているTechnicsのSL-1200シリーズをはじめとするターンテーブルは、2010年に販売を終了してしまったため、基本的には中古あるいは5月に発売されたSL-1200シリーズを手に入れるしかないのが現状です。

そこで、「実際にクラブで使われている」または「それに性能が近い」ものを選ぶという方法をおすすめします。

リスニングにも使える音のいいものを選ぶ

 

通常のレコードプレイヤーより高価なターンテーブル。なるべく安めのものといっても、安過ぎるものは正直DJには使えません。

では、どこで値段を抑えるのかといえば、手っ取り早いのはリスニング兼用にすることです。DJとリスニングの両方に使うことができればリスニング用のプレーヤー代が浮いて経済的。リスニングにも使える音のいいものを選びましょう。

インテリアになる見た目のいいものを選ぶ

 

ターンテーブルは、基本的に大きくて重たいもの。DJ用に2台そろえて真んなかにミキサーを置けば、それだけで部屋のかなりのスペースを割かれてしまうのは必然です。

ならばいっそ、ターンテーブルを部屋のインテリアとして積極的に活用したほうがいいでしょう。部屋のインテリアとして安っぽく見えないデザインのいいもの、部屋に合う自分好みのものを選んでください。

「スクラッチターンテーブル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic『Technics SL-1200MK7』
Pioneer DJ『PLX-1000』
Reloop『RP-7000 MK2』
Stanton『T.62 M2』
Neu『DD1200MK3』
商品名 Panasonic『Technics SL-1200MK7』 Pioneer DJ『PLX-1000』 Reloop『RP-7000 MK2』 Stanton『T.62 M2』 Neu『DD1200MK3』
商品情報
特徴 絶対のブランドであるSL-1200が復活! お手ごろなターンテーブル 初心者におすすめ! デザインがよくてリーズナブル これからはじめる方に、コスパよしのターンテーブル リスニングにも使える、コスパのいいターンテーブル
トルク 1.8kg・cm(0.18N・m) 4.5 kg・cm以上 1.6kg/cm - 4.5kg/cm 1.6 kgf.cm 以上 1.6 kgf.cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月15日時点 での税込価格

スクラッチターンテーブル5選 コスパのお手頃価格も

スクラッチターンテーブルの選び方のポイントをふまえて、現役DJムラマツヒロキさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

エキスパートのおすすめ

Panasonic『Technics SL-1200MK7』

絶対のブランドであるSL-1200が復活!

長年DJに現場で愛用され続けてきた「Technics SL-1200」シリーズがついに復活! 「値段が高い」と思う方もいるかもしれませんが、メーカー発表のスペックを考慮すれば、妥当な金額だといえます。

私としては一番のおすすめ商品がこちらです。 絶対のブランドに大いなる期待を込めて。

エキスパートのおすすめ

Pioneer DJ『PLX-1000』

PioneerDJPROFESSIONALターンテーブルPLX-1000 PioneerDJPROFESSIONALターンテーブルPLX-1000 PioneerDJPROFESSIONALターンテーブルPLX-1000 PioneerDJPROFESSIONALターンテーブルPLX-1000 PioneerDJPROFESSIONALターンテーブルPLX-1000
出典:Amazon この商品を見るview item

お手ごろなターンテーブル

「Technics SL-1200」シリーズに見た目が似ていて性能がよく、値段もお手ごろなのが、このPioneerのターンテーブル。このシリーズでこれより安い「PLX-500-K」もありますが、ある程度ちゃんとしたDJをやることを考えているなら、こちらのほうが断然おすすめです。

「Technics SL-1200シリーズ」の中古が値上がりしているせいなのか、最近ではクラブやDJバーなどの現場でも、このターンテーブルをわりと多く見かけるようになってきています。

エキスパートのおすすめ

Reloop『RP-7000 MK2』

Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者におすすめ! デザインがよくてリーズナブル

ドイツ生まれのDJ機器ブランド「Reloop」より発売した本商品。ヨーロッパでは上位のシェアを誇っています。

このターンテーブルも「SL-1200」にデザインが似ています。本体も重く音が安定していて、性能も悪くないうえに、「PLX-1000」よりも価格が安いのが魅力的。

初心者には、リーズナブルなこのターンテーブルを一番におすすめします。

エキスパートのおすすめ

Stanton『T.62 M2』

これからはじめる方に、コスパよしのターンテーブル

安いターンテーブルの最大の弱点は、トルク(回転力)が弱いこと。トルクが弱いと満足にレコードがまわらないため、はっきりいって、DJの練習には向いていません。

さらに、ターンテーブルには「ベルトドライブ」と「ダイレクトドライブ」の2種類があるので、購入の際には要注意です。「ベルトドライブ」方式のターンテーブルは、DJの練習をした際に壊れてしまうので論外だと言えます。このターンテーブルは、それなりにトルクも強く、「ダイレクトドライブ」方式なので、じゅうぶん練習に使えます。

「とにかく安いターンテーブルを」というDJ初心者におすすめな一台です。

エキスパートのおすすめ

Neu『DD1200MK3』

リスニングにも使える、コスパのいいターンテーブル

DJの練習にも使えてリスニングにも使えて、デザインも「SL-1200」に似ていて、しかも安いターンテーブルがほしい、という方におすすめなのがこのターンテーブルです。

リーズナブルなうえに、LINE出力を搭載しているので、アンプつきスピーカーに直接接続することも可能。コストパフォーマンスの高いターンテーブルです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ターンテーブルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのターンテーブルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ターンテーブルランキング
楽天市場:ターンテーブルランキング
Yahoo!ショッピング:ターンテーブルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スクラッチターンテーブルに関するQ&A よくある質問

question iconカートリッジはどのメーカーのものでも使用できる?

answer icon

どのメーカー、モデルのものでも取り付けが可能です。

question iconリスニング用でターンテーブルとスピーカーを直接つなぐことは可能?

answer icon

ターンテーブル側にPhono/LINEの出力切り替えがあれば、LINEに切り替えて接続してみてください。Phonoのみの場合、ミキサーまたはフォノイコライザーを介しての接続になります。

DJ関連のそのほかのおすすめはこちら 【関連記事】

スクラッチターンテーブルは『SL-1200』を基準に

DJ用のターンテーブルといえば、TechnicsターンテーブルSL-1200シリーズ。それ以外のターンテーブルを選ぶのならまずSL-1200を基準に考えて、性能やデザイン、練習用もしくはMIX録音などの実践用、そして値段など、それぞれの状況を加味して考慮すればいいでしょう。そうすればおのずと自分にとって必要なターンテーブルは決まってきます。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギタースタンドおすすめランキング10選|おしゃれな壁掛けや複数など紹介

ギタースタンドおすすめランキング10選|おしゃれな壁掛けや複数など紹介

本記事では、ギタースタンドの種類ごとの特徴とおすすめ商品ベスト10をご紹介。さらに、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アコースティックギター , 音楽機材

カポタストおすすめ18選&プロ厳選ランキング|アコギ・エレキ兼用も

カポタストおすすめ18選&プロ厳選ランキング|アコギ・エレキ兼用も

ギターのフレットに装着するアイテムである「カポタスト」。キーを変更したり、おさえるのが難しいコードを弾きやすくしたりといったことがかんたんにできるようになります。ここでは、元プロミュージシャンで音楽機材のプロ、田澤 仁さんと編集部が厳選したカポタストのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや、ウクレレ用のカポもあります。ぜひ最後までチェックして、自分の演奏スタイル、楽器に合うカポタストをさがしてみてくださいね。

tag icon エレキギター・エレキベース , アコースティックギター , ウクレレ

フルート教本のおすすめ8選|独学初心者から上級者まで! アルテ・タファネルも

フルート教本のおすすめ8選|独学初心者から上級者まで! アルテ・タファネルも

楽器の女王と呼ばれ、その奏者のことはフルーティストという美しい響きで呼ばれるフルート。優雅な音色と上品な見た目で、まるで歌を歌うように表現できるとあって人気の楽器です。この記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したフルート教本のおすすめと選び方をご紹介します。通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載していますので、売れ筋や口込みなども参考にしてみてください。

tag icon 教育・学習参考書 , 楽譜・スコア , 本・雑誌

サックスストラップのおすすめ11選|種類やフックの素材を徹底解説!

サックスストラップのおすすめ11選|種類やフックの素材を徹底解説!

サックスの演奏には欠かせないアイテム「ストラップ」。本記事では、サックスストラップの役割や選び方、おすすめの商品をご紹介。ハーネス・ショルダー・ネック3種類それぞれの特徴も徹底解説! 通販サイトの最新人気ランキングも掲載しているので、口コミとあわせてチェックしてみてください!

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

ギターピックおすすめ15選|形状や厚さの特徴からピッタリなものを選ぶ

ギターピックおすすめ15選|形状や厚さの特徴からピッタリなものを選ぶ

「ギターの演奏の際、ピックによって音の響きなどは変わるのか」そう疑問に思っている方も多いと思います。結論から言うと、ピックを変えることで、弾きやすさだけでなく、鳴る音も変わってきます。ピックは同じように見えて、先端の厚さやピック自体の面積、爪のような形状など、様々な種類あり、弾きやすさが劇的に変わります。そのため、ギターやアンプ、ミキサーといった楽器だけでなく、ピックにもこだわることが、いい音作りにつながるのです。本記事では、ギターで使用されるピックの種類や形状ごとの特徴、そしてその効果、さらにはおすすめ商品も形状別にご紹介いたします。本記事を読めば、ピックの基本的な知識を網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アコースティックギター , 楽器

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。