スクラッチターンテーブルのおすすめ4選|現役DJによる選び方

スクラッチターンテーブルのおすすめ4選|現役DJによる選び方
DJ/漫画家
ムラマツヒロキ

漫画家でDJ。DJ漫画家。 DJとしてはオールヴァイナルのオールミックスDJとして様々なDJパーティーやイベントに出演。 漫画家&漫画編集者DJパーティー『DJ道』(渋谷オルガンバーにて不定期開催)、HR/HM DJパーティー『GRINDER』(渋谷Dimensionにて不定期開催)を主宰。 漫画家としては初心者からはじめるDJ漫画『DJ道』単行本が秋田書店チャンピオンREDコミックスで発売中。 リクルートのグルメwebサイト『メシ通』にてグルメDJ漫画『DJメシ』連載中。

現在も、多くのDJやクラブで使われ続けているスクラッチターンテーブル、TechnicsターンテーブルSL-1200。でも残念ながら生産中止の現在、手に入れるのは中古あるいは今年5月に登場するという新作を待つしかない状況です。そんななか、DJ初心者~中級者からすればSL-1200に近い性能を持っていて現場で実践できる、レコードのリスニング用としても活用できて、比較的値段の安いターンテーブルがほしいところ。そこでそんなスクラッチターンテーブルのおすすめ商品と選び方を漫画家としても活躍中の現役プロDJ・ムラマツヒロキさんにうかがいました。購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


スクラッチターンテーブルの選び方|現役DJに聞く

現役DJムラマツヒロキさんにスクラッチターンテーブルを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。どれを選べばいいかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

スクラッチターンテーブル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

90年代クラブミュージック全盛期ほどではないにせよ、今もなお多くの種類が販売されているターンテーブル。初心者はいったいどれを選べばいいのか……。

クラブで使われている機種またはそれに近いものを

DJをやるなら、やはり実際にクラブで使われているターンテーブルがほしいところです。DJ初心者・初級者でも、現場でも使われているターンテーブルで練習すれば実践時にうまく対応できるもの。

しかし、現場で多く使われているTechnicsのSL-1200シリーズをはじめとするターンテーブルは、2010年に販売を終了してしまったため、基本的には中古あるいは5月に発売される予定のSL-1200シリーズ最新作を手に入れるしかないのが現状です。

そこで、「実際にクラブで使われている」または「それに性能が近い」ものを選ぶという方法をおすすめします。

Pioneer DJ 『PLX-1000』

迷ったら、実際にクラブで使われているものに近い商品を選びましょう。

>> Amazonで詳細を見る

リスニングにも使える音のいいものを選ぶ

通常のレコードプレイヤーより高価なターンテーブル。なるべく安めのものといっても、安過ぎるものは正直DJには使えません。

では、どこで値段を抑えるのかといえば、手っ取り早いのはリスニング兼用にすることです。DJとリスニングの両方に使うことができればリスニング用のプレーヤー代が浮いて経済的。リスニングにも使える音のいいものを選びましょう。

インテリアになる見た目のいいものを選ぶ

ターンテーブルは、基本的に大きくて重たいもの。DJ用に2台そろえて真んなかにミキサーを置けば、それだけで部屋のかなりのスペースを割かれてしまうのは必然です。

ならばいっそ、ターンテーブルを部屋のインテリアとして積極的に活用したほうがいいでしょう。部屋のインテリアとして安っぽく見えないデザインのいいもの、部屋に合う自分好みのものを選んでください。

Reloop『RP-7000 MK2』

ターンテーブル2台とミキサーのセットがあれば、部屋が一気におしゃれに。ターンテーブルは、DJプレイやリスニング用だけでなく、インテリアとしても使えるのです。

>> Amazonで詳細を見る

スクラッチターンテーブル4選|現役DJが選ぶおすすめ

上で紹介したスクラッチターンテーブルの選び方のポイントをふまえて、現役DJムラマツヒロキさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer DJ『PLX-1000』

PioneerDJ『PLX-1000』 PioneerDJ『PLX-1000』 PioneerDJ『PLX-1000』

出典:Amazon

トルク 4.5 kg・cm以上

お手ごろなターンテーブル

「Technics SL-1200」シリーズに見た目が似ていて性能がよく、値段もお手ごろなのが、このPioneerのターンテーブル。このシリーズでこれより安い「PLX-500-K」もありますが、ある程度ちゃんとしたDJをやることを考えているなら、こちらのほうが断然おすすめです。

「Technics SL-1200シリーズ」の中古が値上がりしているせいなのか、最近ではクラブやDJバーなどの現場でも、このターンテーブルをわりと多く見かけるようになってきています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic Technics『SL-1200MK7』

PanasonicTechnics『SL-1200MK7』

出典:jp.technics.com

トルク 1.8kg・cm(0.18N・m)

SL-1200の最新作! 今年5月発売の大本命

長年DJに現場で愛用され続けてきた「Technics SL-1200」シリーズが、今年5月についに復活! 「 値段が高い」と思う方もいるかもしれませんが、メーカー発表のスペックと「新品」ということを考慮すれば、妥当な金額だといえます。

私としては一番のおすすめ商品がこちらです。 しかし、おすすめ順位を2番目にしたのは「まだ世に出ていない」という点。絶対のブランドに大いなる期待を込めて。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Reloop『RP-7000 MK2』

Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』 Reloop『RP-7000MK2』

出典:Amazon

トルク 1.6kg/cm - 4.5kg/cm

初心者におすすめ! デザインがよくてリーズナブル

ドイツ生まれのDJ機器ブランド「Reloop」より発売した本商品。ヨーロッパでは上位のシェアを誇っています。

このターンテーブルも「SL-1200」にデザインが似ています。本体も重く音が安定していて、性能も悪くないうえに、「PLX-1000」よりも価格が安いのが魅力的。

初心者には、リーズナブルなこのターンテーブルを一番におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Neu『DD1200MK3』

Neu『DD1200MK3』 Neu『DD1200MK3』

出典:楽天市場

トルク 1.6 kgf.cm

リスニングにも使える、コスパのいいターンテーブル

DJの練習にも使えてリスニングにも使えて、デザインも「SL-1200」に似ていて、しかも安いターンテーブルがほしい、という方におすすめなのがこのターンテーブルです。

リーズナブルなうえに、LINE出力を搭載しているので、アンプつきスピーカーに直接接続することも可能。コストパフォーマンスの高いターンテーブルです。

「スクラッチターンテーブル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Pioneer DJ『PLX-1000』
Panasonic Technics『SL-1200MK7』
Reloop『RP-7000 MK2』
Neu『DD1200MK3』
商品名 Pioneer DJ『PLX-1000』 Panasonic Technics『SL-1200MK7』 Reloop『RP-7000 MK2』 Neu『DD1200MK3』
商品情報
特徴 お手ごろなターンテーブル SL-1200の最新作! 今年5月発売の大本命 初心者におすすめ! デザインがよくてリーズナブル リスニングにも使える、コスパのいいターンテーブル
トルク 4.5 kg・cm以上 1.8kg・cm(0.18N・m) 1.6kg/cm - 4.5kg/cm 1.6 kgf.cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

DJ関連のそのほかのおすすめはこちら 【関連記事】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、DJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介します。好きな曲を選曲して次々に再生していくことを基本に、次の曲を選曲し好きなところからつなげて再生したり、テンポを合わせたり、音量を調整したり……といったDJプレイ特有の操作をつまみやレバーなどでかんた...

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ターンテーブルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのターンテーブルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ターンテーブルランキング
楽天市場:ターンテーブルランキング
Yahoo!ショッピング:ターンテーブルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スクラッチターンテーブルは『SL-1200』を基準に|現役DJがアドバイス

自分のレベルにあった値段、性能、デザインを

DJ用のターンテーブルといえば、TechnicsターンテーブルSL-1200シリーズ。それ以外のターンテーブルを選ぶのならまずSL-1200を基準に考えて、性能やデザイン、練習用もしくはMIX録音などの実践用、そして値段など、それぞれの状況を加味して考慮すればいいでしょう。そうすればおのずと自分にとって必要なターンテーブルは決まってきます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:kazuya-shibata、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/28 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バイオリンケースのおすすめ15選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンケースのおすすめ15選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンを購入する際に一緒に選ぶことが多いバイオリンケース。形や木製から樹脂加工まで素材もさまざまです。持ち運びの便利さや保管性能など、気になるポイントもたくさん。そこで本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のあるピアノ講師の山野辺祥子さんに取材し、バイオリンケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【ピアノ教本のおすすめ10選】ピアニストと編集部が厳選|初心者、独学でも!

【ピアノ教本のおすすめ10選】ピアニストと編集部が厳選|初心者、独学でも!

ピアニストで音楽教室の主宰もされている神田朝子さんへの取材をもとに、大人がピアノをはじめるときに最適なおすすめの教本と選び方をご紹介します。まずはプロのアドバイスを読んで、楽しくがんばれる教本を見つけてください。


シルバーポリッシュおすすめ11選|アクセサリーから楽器まで長もちさせるコツとは?

シルバーポリッシュおすすめ11選|アクセサリーから楽器まで長もちさせるコツとは?

黒ずんでしまった銀製品の輝きをよみがえらせるシルバーポリッシュ。クロス、液状、クリーム状、スプレーなど、さまざまなタイプがあります。また、銀製品の種類によっても、使うべきシルバーポリッシュの種類が異なるもの。この記事では、シルバーポリッシュの選び方のポイントと、サックスプレイヤーの加度克紘さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。


ガンマイクのおすすめ12選|映像作品の録音に必須!【ソニー、ゼンハイザーなど】

ガンマイクのおすすめ12選|映像作品の録音に必須!【ソニー、ゼンハイザーなど】

録音したい音をしっかりととらえて収録できるガンマイクは、映像作品のための録音には欠かせない道具のひとつ。この記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんに聞いた、ガンマイク選びのポイント、厳選したおすすめのガンマイク12選をご紹介します。記事後半には、Amazonの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますのでぜひチェックしてみてください。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


新着記事


マインドフルネス本おすすめ12選【CDつきも!】初心者でも分かりやすい本をご紹介

マインドフルネス本おすすめ12選【CDつきも!】初心者でも分かりやすい本をご紹介

気分を穏やかにしたり、生産性を高めたりするとされる「マインドフルネス」。座禅や瞑想、科学的な根拠など、さまざまな内容の本が出版されているので、選び方がよくわからないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、司書教諭のyokoさんにお話をうかがい、マインドフルネス本の選び方とおすすめ商品をご紹介します。


コンタクトケースおすすめ18選【ソフト・ハード別】おしゃれで個性的なデザインも!

コンタクトケースおすすめ18選【ソフト・ハード別】おしゃれで個性的なデザインも!

コンタクトケースはコンタクトレンズを使用する人の必需品。いろいろなデザインやタイプのケースがあり、迷ってしまいます。ここでは、医療ライターの宮座美帆と編集部で選んだソフト・ハードレンズ別のコンタクトケース18選と選び方をご紹介。おしゃれでユニークなデザインもピックアップしました。後半には通販サイトの人気ランキングも載せているので、ぜひ参考にしてください。


初心者ゴルフクラブセットおすすめ12選|メンズ・レディース別に使いやすいもの厳選

初心者ゴルフクラブセットおすすめ12選|メンズ・レディース別に使いやすいもの厳選

おとなの趣味を身につけたい方や、付き合いでとりあえず始めてみようかという方も、初心者ゴルフクラブセットがあれば、必要な一式をかんたんにそろえられます。ゴルフライターのtoyaさんと編集部が選んだメンズ・レディース別の12選の初心者ゴルフクラブセットを紹介します。後半には、通販サイトの人気ランキングも載せていますので、ぜひ参考にしてください。


シルバーポリッシュおすすめ11選|アクセサリーから楽器まで長もちさせるコツとは?

シルバーポリッシュおすすめ11選|アクセサリーから楽器まで長もちさせるコツとは?

黒ずんでしまった銀製品の輝きをよみがえらせるシルバーポリッシュ。クロス、液状、クリーム状、スプレーなど、さまざまなタイプがあります。また、銀製品の種類によっても、使うべきシルバーポリッシュの種類が異なるもの。この記事では、シルバーポリッシュの選び方のポイントと、サックスプレイヤーの加度克紘さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。


魚ベースのドッグフードおすすめ12選|シニア犬やアレルギー持ちのワンちゃんにも

魚ベースのドッグフードおすすめ12選|シニア犬やアレルギー持ちのワンちゃんにも

肉アレルギーの愛犬の場合、魚ベースのドッグフードを選ぶ方も多いでしょう。肉よりも消化しやすく、ダイエットにも向いています。魚はDHAやEPAを含むため、老犬の健やかな毎日のためにも取り入れたいですね。ペット専門ライター・井手綾子さんと編集部でおすすめ12商品を紹介します。フィッシュ系ドッグフードを選ぶときはぜひ参考にしてください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る