レコードプレーヤーおすすめ4選|家電ジャーナリストが選び方を詳しく解説

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』
出典:Amazon

家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材をもとに、レコードプレイヤーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。旧来的なレコード再生だけではなく、Bluetoothスピーカーに接続してアンプなしでワイヤレス再生したり、ハイレゾ音質でデジタル出力したり、楽しみ方も変わってきています。


目次

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

レコードプレーヤーの選び方 家電ジャーナリストはここに注目!

家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、レコードプレーヤーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

レコードプレーヤーのイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

デジタル全盛の時代だからこそアナログ音源の良さを堪能できるのかもしれませんね。必要な機材をチェックしてみましょう。

フォノイコライザー(フォノアンプ)内蔵の有無で選ぶ 初心者さんにはフォノイコライザー内蔵モデルがおすすめ

IT・家電ジャーナリスト

レコードプレーヤーはレコードに刻まれた溝から、カートリッジ(レコード針)がアナログ音声信号を読み取りますが、記録された信号はそのまま増幅してもまともに聴くことができません。

そのためフォノイコライザー(フォノアンプ)と呼ばれる機器で信号を整える必要があります。

しかし一般的に高級なレコードプレーヤーはフォノイコライザーを内蔵していない(そもそもレコードプレーヤーではなく、アナログターンテーブルと呼ばれることが多いです)ため、別途購入する必要があります。

初めて購入する人や、昔集めたアナログレコードを手軽に楽しみたいという人は、フォノイコライザー内蔵モデルがおすすめです。

レコードプレーヤーの回転方式から選ぶ 「ダイレクトドライブ方式」or「ベルトドライブ方式」

IT・家電ジャーナリスト

レコードプレーヤーは、ターンテーブルの下に直接モーターを配置して回転させる「ダイレクトドライブ方式」と、アナログレコードを載せるターンテーブルとモーターをベルトでつなぎ、ベルトを使ってモーターの動力を伝える「ベルトドライブ方式」の2つに分かれます。

立ち上がりが早いDJプレイなどに用いられるダイレクトドライブ方式は、直接ターンテーブルを回すため、より精度の高いモーターが必要となり、高価になりやすいです。

一方、ベルトドライブ方式は採用している機種も多く、比較的安価で購入できます。

レコードプレーヤーの音質にこだわるのなら 「ムービング・マグネット型」or「ムービング・コイル型」

IT・家電ジャーナリスト

アナログ信号を読み取る上で重要なのがカートリッジで、「ムービング・マグネット型(MM型)」と「ムービング・コイル型(MC型)」の2種類に大きく分かれます。

MM型は比較的安価で使いやすいのですが、より微細な音を精密に読み取れるMC型も人気です。

安価なプレーヤーですとカートリッジを取り外すことができないようになっているモデルや、専用カートリッジしか使えないモデルが多いのですが、高価なプレーヤーですとカートリッジが交換可能な場合が多いです。

しかし、選択肢が増える分、最適なカートリッジの選び方が難しくなります。初めて購入する場合には、カートリッジが付属しているものや一体型のモデルをおすすめします。

Bluetooth対応、スピーカーなどのデジタル機能が使用できるか デジタル出力できるモデルも

IT・家電ジャーナリスト

アナログオーディオ機器であるレコードプレーヤーは、フォノイコライザーやアンプ、スピーカーを内蔵した本体だけで音楽を楽しめるモデルや、USBケーブル経由でデジタル出力できるモデルがあります。

またBluetoothスピーカーに音楽を出力できるモデル、光デジタルケーブルなどでデジタルアンプに出力できるモデルなどがあります。

おすすめレコードプレーヤー4選 家電ジャーナリスト・安蔵靖志さんが選ぶ

上で紹介したレコードプレーヤーの選び方のポイントをふまえて、家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに選んでもらった、おすすめ機種5つを紹介します。

レコードを再生する人のイメージ画像

Photo by Crew on Unsplash

今どきのレコードプレイヤーは、お部屋のインテリアにもなるかっこいいモデルがたくさんあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 おすすめレコードプレーヤーその1

DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅414×奥行342×高さ105mm
重量 5.6 kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式
フォノイコライザー 内蔵、MM型
回転数 33-1/3、45、78rpm
対応カートリッジ MM型

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

本格的なアナログレコード体験ができる

アナログレコードは「ジャケ買い」という言葉があるように、大きな盤面とジャケット自体のデザインが大きな要素のひとつになっています。

そのため、プレーヤーのデザイン性も重要な要素になります。光沢仕上げのブラックやホワイトのキャビネットは、高級感だけでなくスタイリッシュさも演出しており、リスニングルームを彩ってくれます。

ターンテーブルの下に配置した速度センサーで回転速度を常時検知し、動作を制御する本格派機能を搭載しているのも大きな魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』 おすすめレコードプレーヤーその2

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅420×奥行356×高さ117mm
重量 4.9kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式
フォノイコライザー 内蔵、MM型
回転数 33-1/3、45、78rpm
対応カートリッジ VM型

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能

MM型フォノイコライザーを内蔵し、カートリッジを付属させたままでヘッドシェル交換が可能なユニバーサル式ヘッドシェルを採用した、本格派のレコードプレーヤーです。

また、Bluetoothスピーカーへのワイヤレス出力にも対応。Bluetoothの標準規格であるSBCだけでなく、さらに高音質なAACやaptXにも対応しているので、対応スピーカーとつなげばより高音質で楽しめます。

天然木目のウォルナット突板をオイル仕上げにした、柔らかい印象のデザインも魅力。USBケーブル経由でパソコンにデジタル出力する機能も備えており、さまざまなデジタル的な楽しみ方ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 おすすめレコードプレーヤーその3

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅450×奥行352×高さ157mm
重量 8.3kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式
フォノイコライザー 内蔵
回転数 33-1/3、45rpm
対応カートリッジ VM型

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

徹底的に試行錯誤して音を楽しめる

比較的低価格なMM型だけでなく、高価ながら音質のよさに定評のあるMC型カートリッジの両方に対応するフォノイコライザー内蔵のレコードプレーヤーです。

オーディオテクニカが開発したVM型(MM型を独自改良した方式)のカートリッジが付属していますが、汎用的なユニバーサル式トーンアームを採用しているため、付属カートリッジ以外の数多くのカートリッジを取り付けられます。

さらに、フォノイコライザーのオン・オフもできるので、外部フォノイコライザーとの違いを試すことも可能です。興味に応じてより深掘りできる奥行きの深さが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』 おすすめレコードプレーヤーその4

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅420x奥行355×高さ131.5mm
重量 9.0kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式
フォノイコライザー 内蔵、MM型
回転数 33-1/3、45rpm
対応カートリッジ VM型

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

ハイスペックで洗練されたデザインが魅力

レコードプレーヤーのデザインにもいろいろな方向性がありますが、一つの極致まで達した感のある洗練されたデザインが魅力のモデルです。

人造大理石を用いたマーブル模様と、透明なアクリル製プラッターによるゴージャス感は圧倒的。

光学センサーでターンテーブルの回転を測定し、指定した回転速度との違いを検出してモーター制御するシステムを搭載するなど、本格的な機能も備えています。

光デジタル出力とUSB出力を搭載しているのも大きな特徴で、光デジタル出力ならCDの音質を超える「ハイレゾ」でデジタルアンプなどに出力することもできます。

アナログをデジタルで楽しむという、これまでとは違った楽しみ方を試せるのが大きな魅力です。

「レコードプレーヤー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』
TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』
Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』
TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』
商品名 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-570)』
商品情報
特徴 本格的なアナログレコード体験ができる 本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能 徹底的に試行錯誤して音を楽しめる ハイスペックで洗練されたデザインが魅力
本体サイズ 幅414×奥行342×高さ105mm 幅420×奥行356×高さ117mm 幅450×奥行352×高さ157mm 幅420x奥行355×高さ131.5mm
重量 5.6 kg 4.9kg 8.3kg 9.0kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式
フォノイコライザー 内蔵、MM型 内蔵、MM型 内蔵 内蔵、MM型
回転数 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45rpm
対応カートリッジ MM型 VM型 VM型 VM型
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レコードプレイヤーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレコードプレイヤーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レコードプレイヤーランキング
楽天市場:レコードプレイヤーランキング
Yahoo!ショッピング:レコードプレイヤーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オールインワンとカスタマイズ性のバランスが重要 自分にぴったりなレコードプレーヤーに出会うために

あせって買うのは失敗のもと。自分に必要な機材は何かを考えてじっくり検討しましょう。

IT・家電ジャーナリスト

レコードプレーヤーはカートリッジやフォノイコライザーの性能など、さまざまな要素が組み合わさっています。

また、カートリッジの針が、少なからずうねりを持ったレコードの盤面に沿って読み取っていくためには、細かいセッティングも重要となります。

とはいえ、初心者がいきなりすべてのパーツをそろえるのは至難の業ですので、まずは一体化したエントリーモデルが扱いやすくておすすめです。

ただし、カートリッジが交換できなかったり、フォノイコライザーをオフにできない仕様となると、もう少し深くまで踏み込んでみたいときに物足りなく感じます。

そこでどこの部分がどの程度のカスタマイズができるかという点に着目することで、より自分に適した一台に出会えるはずです。

レコードプレーヤーのおすすめに関するQA

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799レコードプレーヤーはどのようにして選べば良いですか?

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

レコードプレーヤーを選ぶ時に注目したいポイントは主に4つ。【1】フォノイコライザー(フォノアンプ)内蔵の有無 【2】レコードプレーヤーの回転方式 【3】音質 【4】デジタル機能が使用できるか です。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが、こちらでそれぞれのポイントを詳しく解説しています。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799おすすめのレコードプレーヤーを教えてください。

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが厳選したおすすめのレコードプレーヤーをこちらにまとめました。それぞれの特徴を考えて、自分にぴったりなレコードプレーヤーを見つけてください。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799レコードプレーヤーを一覧で比較したいです

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが厳選した「レコードプレーヤー」を、本体サイズ・重量・回転数など特徴ごとに比較できるように一覧を作成しました。分かりやすい比較表はこちらから確認できます。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799レコードプレーヤーの人気ランキングが知りたいです

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

おすすめナビの各記事では、各ECサイトのテーマに沿ったランキングページを調査してこちらからすぐにアクセスできるようにしています。随時ランキングは変更されるので注目商品を見逃さないようチェックしましょう。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799レコードプレーヤーを選ぶ際、そのほかに気を付けるべき点はありますか?

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

レコードプレーヤーを初めて買う際、いきなり全てのパーツをそろえるのは難しいもの。まずは一体化したエントリーモデルが扱いやすくおすすめですが、どの程度カスタマイズできるか、それが自分の理想に合っているかはじっくり検討する必要があります。こちらからIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんの解説をチェックして、より自分に適したレコードプレーヤーを選んでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/17 コンテンツを追加しました。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中華アンプおすすめ15選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

中華アンプおすすめ15選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、中華アンプの選び方や、メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。Bluetooth対応から高音質なものまで幅広く紹介します。ぜひ参考にしてください。


【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ19選|高コスパから人気モデルまで

【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ19選|高コスパから人気モデルまで

この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんへの取材をもとに、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめ商品19選をご紹介していきます! 最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます注目が高まる予感。高コスパ、高音質、長時間連続再生などおすすめの人気モデルを厳選! 通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね。


PS4スピーカーおすすめ11選|サブウーファー・サラウンド環境で楽しむ!

PS4スピーカーおすすめ11選|サブウーファー・サラウンド環境で楽しむ!

高音質・高画質でプレイできるPS4は、ゲームのみならず、臨場感のある音楽、実写のような映像を楽しむことができます。そのポテンシャルをより引き出すには、周辺機器の充実が欠かせません。この記事では、SONYから発売されているPS4に最適なスピーカーの選び方とおすすめ11選を紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


ハイレゾ対応プレーヤーおすすめ10選|特徴からファイル形式まで基礎も詳しく解説

ハイレゾ対応プレーヤーおすすめ10選|特徴からファイル形式まで基礎も詳しく解説

本記事では、ハイレゾ対応プレーヤーについて、特徴やファイル形式、そして選び方やおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。


サラウンドヘッドホンおすすめ14選|映画やゲームを最高に楽しめるモデルを紹介

サラウンドヘッドホンおすすめ14選|映画やゲームを最高に楽しめるモデルを紹介

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、「サラウンドヘッドホン」を選ぶときのポイントとおすすめ製品をシアター向け・ゲーム向け別に紹介!サラウンドヘッドホンでお手軽に5.1chや7.1chの音響効果でコンテンツを楽しみましょう!


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。