レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

一定周期でブームがやってくるレコード。レコードの醍醐味はそのリアルな音質。最近のプレーヤーは、USB搭載でPC接続したり、アンプ内蔵でBluetoothスピーカーに接続してワイヤレス再生したりすることもできます。

本記事では、レコードプレイヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介。おしゃれな商品やBluetooth対応モデルまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


目次

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

レコードプレーヤーとは

レコードプレーヤーのイメージ画像
Pixabay license logo

CDが世に登場する前は、レコードが普及していました。そんなレコードを再生するためのオーディオプレーヤーをレコードプレーヤーと言います。

現在では、レコードの新規発売はほとんどないため、プレーヤー自体も減っており、なおかつ、レコードを聞く用途でしか使用できないと思われています。しかし、ターンテーブルやトーンアームなど、各部品を変えることで音質をカスタムできるなど、音楽好きには魅力の多いデバイスです。

さらに、デザイン自体がレトロであるため、近年ではインテリアとしても人気が高く、購入数も増えています。デバイスのデジタル化もされており、まだまだ魅力のあるオーディオプレーヤーです。

『レコードプレーヤーのおすすめ商品』を今すぐ見る

レコードプレーヤーの選び方

それでは、レコードプレーヤーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の7つ。

【1】回転方式
【2】SPレコード対応か
【3】カートリッジ(針の部分)
【4】トーンアーム
【5】フォノイコライザーの有無
【6】スピーカー内蔵かどうか
【7】デジタル機能が使用できるか


上記の7つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】回転方式をチェック

レコードプレーヤーには、「ベルトドライブ式」と「ダイレクトドライブ式」の2種類の回転方式があります。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

▼ベルトドライブ式

ベルトドライブ式は、レコードの回転盤とモーターが別々になったタイプ。ベルトがモーターの振動を吸収し、なめらかな回転になるのが特徴です。ただし、レコードの音質劣化につながる回転ムラが起きやすいのが欠点で、また、ベルト部分は経年劣化するため、定期的に交換が必要です。

▼ダイレクトドライブ式

モーター軸に直接ターンテーブルを置いて回転させるタイプがダイレクトドライブ式です。回転ムラや故障が少なく、安定しているのが特徴です。一方で、モーターに直接つながっている分、振動対策が問題となる点と高価な点がデメリットでもあります。

【2】SPレコード対応かチェック

レコードには、録音時間の長い「LP」と片面約5分程度の「SP」レコードがあります。LPレコードの回転数は33回転ないしは45回転なのに対し、SPレコードは毎分78回転。

最近ではほとんど見かけなくなりましたが、古いSPレコードを再生するようなら、SP対応かどうかもチェックしておきましょう。

【3】カートリッジ(針の部分)をチェック

アナログ信号を読み取る上で重要なのがカートリッジで、「ムービング・マグネット型(MM型)」と「ムービング・コイル型(MC型)」の2種類に分けられます。

MM型はVM型とも呼ばれ、比較的安価で使いやすいのですが、より微細な音を精密に読み取れるMC型も人気です。

安価なプレーヤーですとカートリッジを取り外すことができないようになっているモデルや、専用カートリッジしか使えないモデルが多いのですが、高価なプレーヤーですとカートリッジが交換可能な場合が多いです。

しかし、選択肢が増える分、最適なカートリッジの選び方が難しくなります。初めて購入する場合には、カートリッジが付属しているものや一体型のモデルをおすすめします。

【4】トーンアームをチェック

トーンアームとは先端にカートリッジを付けて針をおとすためのアームです。また、針がレコードの溝を正確になぞれるように安定させる働き、そして、かける圧力の調節もできたりします。

トーンアームには、「インテグレーテッドタイプ」と「ユニバーサルタイプ」の2種類があります。インテグレーテッドタイプは、カートリッジとアーム一体型で安価なのが特徴です。

また、ユニバーサルタイプは、アームとカートリッジが別々のタイプです。ユニバーサルタイプは、カートリッジを交換して音質の変化を楽しみたい方におすすめのタイプです。

【5】フォノイコライザーの有無をチェック

レコードプレーヤーはレコードに刻まれた溝から、カートリッジ(レコード針)がアナログ音声信号を読み取りますが、記録された信号はそのまま増幅してもまともに聴くことができません。そのため、フォノイコライザー(フォノアンプ)と呼ばれる機器で信号を整える必要があります。

しかし、一般的に高級なレコードプレーヤーはフォノイコライザーを内蔵していない(そもそもレコードプレーヤーではなく、アナログターンテーブルと呼ばれることが多いです)ため、別途購入する必要があります。

初めて購入する人や、昔集めたアナログレコードを手軽に楽しみたいという人は、フォノイコライザー内蔵モデルがおすすめです。

【6】スピーカー内蔵かどうかチェック

スピーカー内蔵のプレーヤーであれば、フォノイコライザーも搭載しており、本体1つあれば手軽にレコードを再生することができます。また、製品によっては、コンパクトに持ち運べるものもあり、手軽にレコードを楽しみたい人におすすめです。

【7】デジタル機能が使用できるかチェック

最近のレコードプレーヤーには、USB対応やBluetooth機能が搭載されたモデルも登場しています。ここでは、USB搭載モデルとBluetooth対応モデルそれぞれの特徴についてご紹介します。

▼USB搭載

USBポートを搭載したプレーヤーであれば、PCやスマホとも接続することができ、アナログ音源をデジタル音源に録音することもできます。

また、一度録音すれば、次からはレコードに針を落とさなくともデジタル再生できるという手軽さ。また、レコードの摩耗も防げるため、一挙両得です。

▼Bluetooth対応

Bluetoothに対応したプレーヤーであれば、ワイヤレスでコンポやスピーカー、またはイヤホンやヘッドフォンで音楽を楽しむことができます。また、Bluetooth受信機能とスピーカーを内蔵したプレーヤーなら、スマホや別のプレーヤーから送信した音源データを再生することもできます。

エキスパートのアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

オールインワンとカスタマイズ性のバランスが重要

レコードプレーヤーはカートリッジやフォノイコライザーの性能など、さまざまな要素が組み合わさっています。

また、カートリッジの針が、少なからずうねりを持ったレコードの盤面に沿って読み取っていくためには、細かいセッティングも重要となります。

とはいえ、初心者がいきなりすべてのパーツをそろえるのは至難の業ですので、まずは一体化したエントリーモデルが扱いやすくておすすめです。

ただし、カートリッジが交換できなかったり、フォノイコライザーをオフにできない仕様となると、もう少し深くまで踏み込んでみたいときに物足りなく感じます。

そこでどこの部分がどの程度のカスタマイズができるかという点に着目することで、より自分に適した一台に出会えるはずです。

レコードプレーヤーおすすめ8選

それでは、レコードプレーヤーのおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

Ex oa

DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』

DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』

出典:Amazon

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

本格的なアナログレコード体験ができる

アナログレコードは「ジャケ買い」という言葉があるように、大きな盤面とジャケット自体のデザインが大きな要素のひとつになっています。

そのため、プレーヤーのデザイン性も重要な要素になります。光沢仕上げのブラックやホワイトのキャビネットは、高級感だけでなくスタイリッシュさも演出しており、リスニングルームを彩ってくれます。

ターンテーブルの下に配置した速度センサーで回転速度を常時検知し、動作を制御する本格派機能を搭載しているのも大きな魅力です。

Ex oa

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』

出典:Amazon

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能

MM型フォノイコライザーを内蔵し、カートリッジを付属させたままでヘッドシェル交換が可能なユニバーサル式ヘッドシェルを採用した、本格派のレコードプレーヤーです。

また、Bluetoothスピーカーへのワイヤレス出力にも対応。Bluetoothの標準規格であるSBCだけでなく、さらに高音質なAACやaptXにも対応しているので、対応スピーカーとつなげばより高音質で楽しめます。

天然木目のウォルナット突板をオイル仕上げにした、柔らかい印象のデザインも魅力。USBケーブル経由でパソコンにデジタル出力する機能も備えており、さまざまなデジタル的な楽しみ方ができます。

Ex oa

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』

出典:Amazon

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

徹底的に試行錯誤して音を楽しめる

比較的低価格なMM型だけでなく、高価ながら音質のよさに定評のあるMC型カートリッジの両方に対応するフォノイコライザー内蔵のレコードプレーヤーです。

オーディオテクニカが開発したVM型(MM型を独自改良した方式)のカートリッジが付属していますが、汎用的なユニバーサル式トーンアームを採用しているため、付属カートリッジ以外の数多くのカートリッジを取り付けられます。

さらに、フォノイコライザーのオン・オフもできるので、外部フォノイコライザーとの違いを試すことも可能です。興味に応じてより深掘りできる奥行きの深さが魅力です。

SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』

ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT

出典:Amazon

Bluetooth対応機器と接続可能!

アナログのレコードをワイヤレスで楽しめるこちらのレコードプレーヤーは、STARTボタンを押すだけで、ペアリング済みの機器と接続&レコードの再生停止を自動で行ってくれる優れもの。

背面にUSB端子を搭載しており、付属のUSBケーブルを使ってお持ちのパソコンと接続し、レコードの再生音をデジタル録音することもできます。
組立ても操作も簡単で、シンプルだけれど高級感も感じさせるデザインです。

audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』

audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM audio-technicaフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM

出典:Amazon

フルオート再生でアナログ初心者でも使いやすい

スタートボタンを押すだけでレコードの再生・停止を行う初心者でもOKな自動再生モデルのレコードプレーヤー。

プラッターにアルミニウム合金ダイキャストを採用しており、クリアな音で音楽が再生できます。また、専用のトーンアームベースとヘッドシェルによりトラッキング性能の向上と不要な振動をなるべく抑え、コスパも良く、快適なレコードライフを楽しむことができます。

VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』

Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン Voksunレコードプレーヤースーツケース型33/45/78回転対応スピーカー内蔵MP3録音3.5mmヘッドホンRCA音声出力端子ビニール台付き天然木制ブラウン

出典:Amazon

見た目がレトロでお洒落なレコードプレーヤー

天然木を使用したVOKSUNのレコードプレーヤー。レトロなデザインの実木構造で、純手作りPVC革塗装で高級感もあり、おうちのインテリアとしても馴染みます。

MP3データなども聞くことができ、2つのステレオスピーカ内蔵で別途スピーカーも必要なし。スーツケース型で重さも3kg程度のため、持ち運びもラクラクです。

VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』

ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド)

出典:Amazon

家中の音楽メディアの再生が可能!多機能プレーヤー

ベルソスのマルチレコードプレーヤーは、レコードはもちろんのこと、カセットテープやCD、USB、SDカードなどの多数の音楽メディアの再生もでき、更にラジオも聴くことができる多機能レコードプレーヤーです。

なめらかな木目のデザインが高級感と重厚感を演出し、レコード特有の暖かみのある音質で、お部屋を素敵に演出。面倒な配線や接続が不要な一体型プレイヤーで設置場所にも困らず、メーカー保証も1年付いているので安心です。

ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』

IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵 IONAudioMaxLPレコードプレーヤーUSB端子スピーカー内蔵

出典:Amazon

オールインワンのUSBレコードプレーヤー

天然木パネルとピアノブラック仕上げの2色展開しているレコードプレーヤー。USB端子経由でレコード音声をデジタルファイルに変換が可能なソフトウェアSDを付属しています。

また、外部入力端子も装備しているため、カセットデッキなどの外部ソースのデジタル化も可能です。見た目もスタイリッシュでオシャレなため、どんなお部屋にも馴染みます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』
TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』
Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』
SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』
VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』
VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』
ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』
商品名 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』 VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』 VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』 ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』
商品情報
特徴 本格的なアナログレコード体験ができる 本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能 徹底的に試行錯誤して音を楽しめる Bluetooth対応機器と接続可能! フルオート再生でアナログ初心者でも使いやすい 見た目がレトロでお洒落なレコードプレーヤー 家中の音楽メディアの再生が可能!多機能プレーヤー オールインワンのUSBレコードプレーヤー
本体サイズ 幅414×奥行342×高さ105mm 幅420×奥行356×高さ117mm 幅450×奥行352×高さ157mm 幅430x奥行367×高さ108mm 幅359.5x奥行373.3×高さ97.5mm 幅350x奥行255x高さ125mm 幅325x奥行310x高さ170mm 幅343x奥行254x高さ114mm
重量 5.6 kg 4.9kg 8.3kg 3.5kg 4.35kg 3.5kg 3.82kg 2.72kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 - ベルトドライブ式 -
フォノイコライザー 内蔵、MM型 内蔵、MM型 内蔵 内蔵、MM型 内蔵 - - -
回転数 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45、78rpm 33、45、78rpm 33-1/3、45、78rpm
対応カートリッジ MM型 VM型 VM型 MM型 VM型 - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月5日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レコードプレイヤーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレコードプレイヤーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レコードプレイヤーランキング
楽天市場:レコードプレイヤーランキング
Yahoo!ショッピング:レコードプレイヤーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ

本記事では、レコードプレーヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の7つのポイントを抑えておきましょう。

【1】回転方式
【2】SPレコード対応か
【3】カートリッジ(針の部分)
【4】トーンアーム
【5】フォノイコライザーの有無
【6】スピーカー内蔵かどうか
【7】デジタル機能が使用できるか


レコードを再生してくれるレコードプレーヤー。現在では、レコード自体が少ないため、昔のレコードを再生することが多いでしょう。しかし、近年の商品は、Bluetoothでスピーカーに接続できたり、レトロな部屋のインテリアとして使用できるなど、再生以外の用途もあります。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を選んでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


イヤホンジャックカバーおすすめ9選|ホコリの侵入防止! iPhoneやAndroid用

イヤホンジャックカバーおすすめ9選|ホコリの侵入防止! iPhoneやAndroid用

イヤホンジャックカバーは、iPhoneやAndroidの携帯にあるイヤホンジャックにホコリの侵入を防ぐのがおもな目的。また、チャームなどアクセサリーをつけて、スマホのワンポイントとして楽しんだり、ボタンとして機能させることも可能です。ここでは、ITライターの島田祥輔さんと編集部が厳選したイヤホンジャックカバーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , イヤホン・ヘッドホンアクセサリ

AirPodsケースおすすめ21選【Pro用も】おしゃれでかわいい人気のデザインを厳選!

AirPodsケースおすすめ21選【Pro用も】おしゃれでかわいい人気のデザインを厳選!

Apple社から発売されているワイヤレスイヤホンの「AirPods(エアーポッズ)」。AirPodsには真っ白でシンプルな充電ケースが付いていますが、「もっと個性を出したい」「傷がつくのを防ぎたい」という方も多いのでは? そこでこの記事では、AirPodsやAirPods Proのケースの選び方とおすすめの製品をご紹介! おしゃれでかわいいケースや、耐久性のある素材のものなど幅広い製品をピックアップしています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングや、AirPodsのスキンシールも紹介しています。ぜひ最後までチェックして、お気に入りのAirPodsケースを見つけてくださいね。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , イヤホン・ヘッドホンアクセサリ

フォノイコライザーおすすめ11選|レコード再生に必須のアイテム

フォノイコライザーおすすめ11選|レコード再生に必須のアイテム

レコードプレーヤーは、音質の面でCDより広い周波数の音が収録されています。しかし、プレーヤーとアンプをつなぐだけでは音は出ません。そこで必要となるのがフォノイコライザーという機材。本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選んだおすすめ商品を、特徴や選び方を交えてご紹介していきます。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , AVアクセサリ , オーディオプレーヤー

【2022年】ゲーミングヘッドセットおすすめ24選|TPS・FPSに! ワイヤレスも

【2022年】ゲーミングヘッドセットおすすめ24選|TPS・FPSに! ワイヤレスも

ヘッドホンとマイクが一体になったヘッドセットは、オンラインゲームで仲間と情報をやり取りする際の必需品。なかでも、サラウンド(立体音響)効果がある高性能の製品は、かすかな物音ももらさず聞こえるため、ゲームを有利に進められます。ここでは、IT・テックライターの石井英男さんと編集部が厳選したゲーミングヘッドセットのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

Icon mini tag パソコン , ホビー・ゲーム , パソコン周辺機器

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ35選|高音質・ノイキャン・高コスパ

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ35選|高音質・ノイキャン・高コスパ

近年増え続けている完全独立型のワイヤレスイヤホン。防水タイプやノイズキャンセリング機能付きの商品、高音質の商品から1万円以下の高コスパの商品まで用途や予算に合わせて選ぶことができます。この記事では、オーディオ・ビジュアル評論家/野村ケンジさんにお話をうかがい、完全ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。スポーツにも役立つ防水・防塵タイプや高性能・高音質な商品もピックアップ。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。