レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

一定周期でブームがやってくるレコード。レコードの醍醐味はそのリアルな音質。最近のプレーヤーは、USB搭載でPC接続したり、アンプ内蔵でBluetoothスピーカーに接続してワイヤレス再生したりすることもできます。

本記事では、レコードプレーヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介。おしゃれな商品やBluetooth対応モデルまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


この記事を担当するエキスパート

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

レコードプレーヤーとは

レコードプレーヤーのイメージ画像
Pixabayのロゴ

CDが世に登場する前は、レコードが普及していました。そんなレコードを再生するためのオーディオプレーヤーをレコードプレーヤーと言います。

現在では、レコードの新規発売はほとんどないため、プレーヤー自体も減っており、なおかつ、レコードを聞く用途でしか使用できないと思われています。しかし、ターンテーブルやトーンアームなど、各部品を変えることで音質をカスタムできるなど、音楽好きには魅力の多いデバイスです。

さらに、デザイン自体がレトロであるため、近年ではインテリアとしても人気が高く、購入数も増えています。デバイスのデジタル化もされており、まだまだ魅力のあるオーディオプレーヤーです。

レコードプレーヤーの選び方

レコードを再生してくれる「レコードプレーヤー」。レトロなデザインの商品も多く、部屋のインテリアとして使用できるなど、再生以外の用途もあります。この記事では、レコードプレーヤーの基本的な選び方をご紹介。ポイントは下記の7つです。

【1】回転方式
【2】SPレコード対応か
【3】カートリッジ(針の部分)
【4】トーンアーム
【5】フォノイコライザーの有無
【6】スピーカー内蔵かどうか
【7】デジタル機能が使用できるか


上記の7つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『レコードプレーヤーのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】回転方式をチェック

レコードプレーヤーには、「ベルトドライブ式」と「ダイレクトドライブ式」の2種類の回転方式があります。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

▼ベルトドライブ式

 

ベルトドライブ式は、レコードの回転盤とモーターが別々になったタイプ。ベルトがモーターの振動を吸収し、なめらかな回転になるのが特徴です。

ただし、レコードの音質劣化につながる回転ムラが起きやすいのが欠点で、また、ベルト部分は経年劣化するため、定期的に交換が必要です。

▼ダイレクトドライブ式

 

モーター軸に直接ターンテーブルを置いて回転させるタイプがダイレクトドライブ式です。回転ムラや故障が少なく、安定しているのが特徴です。音質重視の方は、ダイレクトドライブ式をおすすめします。

一方で、モーターに直接つながっている分、振動対策が問題となる点と高価な点がデメリットでもあります。

【2】SPレコード対応かチェック

レコード
Pixabayのロゴ

レコードには、録音時間の長い「LP」と片面約5分程度の「SP」レコードがあります。LPレコードの回転数は33回転ないしは45回転なのに対し、SPレコードは毎分78回転。

最近ではほとんど見かけなくなりましたが、古いSPレコードを再生するようなら、SP対応かどうかもチェックしておきましょう。

【3】カートリッジ(針の部分)をチェック

 

アナログ信号を読み取るうえで重要なのがカートリッジ。「ムービング・マグネット型(MM型)」と「ムービング・コイル型(MC型)」の2種類に分けられます。

MM型はVM型とも呼ばれ、比較的安価で使いやすいのですが、より微細な音を精密に読み取れるMC型も人気です。

安価なプレーヤーですとカートリッジを取り外すことができないようになっているモデルや、専用カートリッジしか使えないモデルが多いのですが、高価なプレーヤーですとカートリッジが交換可能な場合が多いです。

しかし、選択肢が増える分、最適なカートリッジの選び方が難しくなります。初めて購入する場合には、カートリッジが付属しているものや一体型のモデルをおすすめします。

【4】トーンアームをチェック

 

トーンアームとは先端にカートリッジを付けて針をおとすためのアームです。また、針がレコードの溝を正確になぞれるように安定させる働き、そして、かける圧力の調節もできたりします。

トーンアームには、「インテグレーテッドタイプ」と「ユニバーサルタイプ」の2種類があります。インテグレーテッドタイプは、カートリッジとアーム一体型で安価なのが特徴です。

また、ユニバーサルタイプは、アームとカートリッジが別々のタイプです。ユニバーサルタイプは、カートリッジを交換して音質の変化を楽しみたい方におすすめのタイプです。

【5】フォノイコライザーの有無をチェック

 

レコードプレーヤーはレコードに刻まれた溝から、カートリッジ(レコード針)がアナログ音声信号を読み取りますが、記録された信号はそのまま増幅してもまともに聴くことができません。そのため、フォノイコライザー(フォノアンプ)と呼ばれる機器で信号を整える必要があります

しかし、一般的に高級なレコードプレーヤーはフォノイコライザーを内蔵していない(そもそもレコードプレーヤーではなく、アナログターンテーブルと呼ばれることが多いです)ため、別途購入する必要があります。

初めて購入する人や、昔集めたアナログレコードを手軽に楽しみたいという人は、フォノイコライザー内蔵モデルがおすすめです。

【6】スピーカー内蔵かどうかをチェック

 

スピーカー内蔵のプレーヤーであれば、フォノイコライザーも搭載しており、本体1つあれば手軽にレコードを再生することができます。また、製品によっては、コンパクトに持ち運べるものもあり、手軽にレコードを楽しみたい人におすすめです。

【7】デジタル機能が使用できるかチェック

最近のレコードプレーヤーには、USB対応やBluetooth機能が搭載されたモデルも登場しています。ここでは、USB搭載モデルとBluetooth対応モデルそれぞれの特徴についてご紹介します。

▼USB搭載

 

USBポートを搭載したプレーヤーであれば、PCやスマホとも接続することができ、アナログ音源をデジタル音源に録音することもできます

また、一度録音すれば、次からはレコードに針を落とさなくともデジタル再生できるという手軽さ。また、レコードの摩耗も防げるため、一挙両得です。

▼Bluetooth対応

 

Bluetoothに対応したプレーヤーであれば、ワイヤレスでコンポやスピーカー、またはイヤホンやヘッドフォンで音楽を楽しむことができます。また、Bluetooth受信機能とスピーカーを内蔵したプレーヤーなら、スマホや別のプレーヤーから送信した音源データを再生することもできます。

エキスパートのアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

オールインワンとカスタマイズ性のバランスが重要

レコードプレーヤーはカートリッジやフォノイコライザーの性能など、さまざまな要素が組み合わさっています。

また、カートリッジの針が、少なからずうねりを持ったレコードの盤面に沿って読み取っていくためには、細かいセッティングも重要となります。

とはいえ、初心者がいきなりすべてのパーツをそろえるのは至難の業ですので、まずは一体化したエントリーモデルが扱いやすくておすすめです。

ただし、カートリッジが交換できなかったり、フォノイコライザーをオフにできない仕様となると、もう少し深くまで踏み込んでみたいときに物足りなく感じます。

そこでどこの部分がどの程度のカスタマイズができるかという点に着目することで、より自分に適した一台に出会えるはずです。

レコードプレーヤーおすすめ8選

それでは、レコードプレーヤーのおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』

デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM デノンDenonDP-400MMカートリッジ対応フォノイコライザー搭載本格マニュアルレコードプレーヤーブラックDP-400-BKEM
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

本格的なアナログレコード体験ができる

アナログレコードは「ジャケ買い」という言葉があるように、大きな盤面とジャケット自体のデザインが大きな要素のひとつになっています。

そのため、プレーヤーのデザイン性も重要な要素になります。光沢仕上げのブラックやホワイトのキャビネットは、高級感だけでなくスタイリッシュさも演出しており、リスニングルームを彩ってくれます。

ターンテーブルの下に配置した速度センサーで回転速度を常時検知し、動作を制御する本格派機能を搭載しているのも大きな魅力です。

エキスパートのおすすめ

TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』

ティアックベルトドライブ・ターンテーブルTN-400BT-SE ティアックベルトドライブ・ターンテーブルTN-400BT-SE ティアックベルトドライブ・ターンテーブルTN-400BT-SE ティアックベルトドライブ・ターンテーブルTN-400BT-SE ティアックベルトドライブ・ターンテーブルTN-400BT-SE
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能

MM型フォノイコライザーを内蔵し、カートリッジを付属させたままでヘッドシェル交換が可能なユニバーサル式ヘッドシェルを採用した、本格派のレコードプレーヤーです。

また、Bluetoothスピーカーへのワイヤレス出力にも対応。Bluetoothの標準規格であるSBCだけでなく、さらに高音質なAACやaptXにも対応しているので、対応スピーカーとつなげばより高音質で楽しめます。

天然木目のウォルナット突板をオイル仕上げにした、柔らかい印象のデザインも魅力。USBケーブル経由でパソコンにデジタル出力する機能も備えており、さまざまなデジタル的な楽しみ方ができます。

エキスパートのおすすめ

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』

オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7 オーディオテクニカレコードプレーヤーベルトドライブAT-LP7
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

徹底的に試行錯誤して音を楽しめる

比較的低価格なMM型だけでなく、高価ながら音質のよさに定評のあるMC型カートリッジの両方に対応するフォノイコライザー内蔵のレコードプレーヤーです。

オーディオテクニカが開発したVM型(MM型を独自改良した方式)のカートリッジが付属していますが、汎用的なユニバーサル式トーンアームを採用しているため、付属カートリッジ以外の数多くのカートリッジを取り付けられます。

さらに、フォノイコライザーのオン・オフもできるので、外部フォノイコライザーとの違いを試すことも可能です。興味に応じてより深掘りできる奥行きの深さが魅力です。

ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』

IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目 IONAudioレコードプレーヤーUSBヘッドホン端子スピーカー内蔵レコードの音をUSB接続でPCに録音可能アイオンMaxLP木目
出典:Amazon この商品を見るview item

オールインワンのUSBレコードプレーヤー

天然木パネルとピアノブラック仕上げの2色展開しているレコードプレーヤー。USB端子経由でレコード音声をデジタルファイルに変換が可能なソフトウェアSDを付属しています。

また、外部入力端子も装備しているため、カセットデッキなどの外部ソースのデジタル化も可能です。見た目もスタイリッシュでオシャレなため、どんなお部屋にも馴染みます。

SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』

ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT ソニーステレオレコードプレーヤーBluetooth対応USB出力端子搭載PS-LX310BT
出典:Amazon この商品を見るview item

Bluetooth対応機器と接続可能!

アナログのレコードをワイヤレスで楽しめるこちらのレコードプレーヤーは、STARTボタンを押すだけで、ペアリング済みの機器と接続&レコードの再生停止を自動で行ってくれるすぐれもの。

背面にUSB端子を搭載しており、付属のUSBケーブルを使ってお持ちのパソコンと接続し、レコードの再生音をデジタル録音することもできます。 組み立ても操作もかんたんで、シンプルだけれど高級感も感じさせるデザインです。

audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』

オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM オーディオテクニカフルオートレコードプレーヤーダークガンメタリックAT-LP60XDGM
出典:Amazon この商品を見るview item

フルオート再生でアナログ初心者でも使いやすい

スタートボタンを押すだけでレコードの再生・停止を行う初心者でもOKな自動再生モデルのレコードプレーヤー。

プラッターにアルミニウム合金ダイキャストを採用しており、クリアな音で音楽が再生できます。また、専用のトーンアームベースとヘッドシェルによりトラッキング性能の向上と不要な振動をなるべく抑え、コスパも良く、快適なレコードライフを楽しむことができます。

VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』

ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド) ベルソスマルチレコードプレーヤー【レコードカセットCDラジオUSBSD外部音源】再生/録音可能ステレオブラウンウッド調MP9260(シャンパンゴールド)
出典:Amazon この商品を見るview item

家中の音楽メディアの再生が可能!多機能プレーヤー

ベルソスのマルチレコードプレーヤーは、レコードはもちろんのこと、カセットテープやCD、USB、SDカードなどの多数の音楽メディアの再生もでき、更にラジオも聴くことができる多機能レコードプレーヤーです。

なめらかな木目のデザインで高級感と重厚感を醸し出し、レコード特有の暖かみのある音質で、お部屋を素敵に演出します。面倒な配線や接続が不要な一体型プレーヤーで設置場所にも困らず、メーカー保証も1年付いているので安心です。

VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』

見た目がレトロでお洒落なレコードプレーヤー

天然木を使用したVOKSUNのレコードプレーヤー。レトロなデザインの実木構造で、純手作りPVC革塗装で高級感もあり、おうちのインテリアとしても馴染みます。

MP3データなども聞くことができ、2つのステレオスピーカ内蔵で別途スピーカーも必要なし。スーツケース型で重さも3kg程度のため、持ち運びもラクラクです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』
TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』
Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』
ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』
SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』
VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』
VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』
商品名 DENON(デノン)『レコードプレーヤー(DP-400)』 TEAC(ティアック)『アナログターンテーブル(TN-400BT)』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ベルトドライブターンテーブル(AT-LP7)』 ION Audio(アイアンオーディオ)『Max LP レコードプレーヤー』 SONY(ソニー)『ステレオレコードプレーヤー(‎PS-LX310BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『フルオートレコードプレーヤー(‎AT-LP60X DGM)』 VERSOS(ベルソス)『マルチレコードプレーヤー(MP9260)』 VOKSUN『レコードプレーヤー スーツケース型』
商品情報
特徴 本格的なアナログレコード体験ができる 本格仕様ながらワイヤレス再生や録音も可能 徹底的に試行錯誤して音を楽しめる オールインワンのUSBレコードプレーヤー Bluetooth対応機器と接続可能! フルオート再生でアナログ初心者でも使いやすい 家中の音楽メディアの再生が可能!多機能プレーヤー 見た目がレトロでお洒落なレコードプレーヤー
本体サイズ 幅414×奥行342×高さ105mm 幅420×奥行356×高さ117mm 幅450×奥行352×高さ157mm 幅343x奥行254x高さ114mm 幅430x奥行367×高さ108mm 幅359.5x奥行373.3×高さ97.5mm 幅325x奥行310x高さ170mm 幅350x奥行255x高さ125mm
重量 5.6 kg 4.9kg 8.3kg 2.72kg 3.5kg 4.35kg 3.82kg 3.5kg
ベルトドライブ ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 - ベルトドライブ方式 ベルトドライブ方式 ベルトドライブ式 -
フォノイコライザー 内蔵、MM型 内蔵、MM型 内蔵 - 内蔵、MM型 内蔵 - -
回転数 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45、78rpm 33-1/3、45rpm 33-1/3、45rpm 33、45、78rpm 33-1/3、45、78rpm
対応カートリッジ MM型 VM型 VM型 - MM型 VM型 - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レコードプレーヤーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレコードプレーヤーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レコードプレーヤーランキング
楽天市場:レコードプレーヤーランキング
Yahoo!ショッピング:レコードプレーヤーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

再生以外の用途にも!

この記事では、レコードプレーヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。いかがでしたか?

現在では、レコード自体が少ないため、昔のレコードを再生することが多いでしょう。しかし、近年の商品は、Bluetoothでスピーカーに接続できたり、レトロな部屋のインテリアとして使用できるなど、再生以外の用途もあります。

ぜひ本記事を参考に、予算なども含めて自分にピッタリの商品を選んでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


CDラジカセおすすめ13選|おしゃれでコンパクトなBluetooth接続タイプも

CDラジカセおすすめ13選|おしゃれでコンパクトなBluetooth接続タイプも

音楽CDやカセットを聞くことができるCDラジカセ。使い勝手のよさから、いまだに現役で使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、昔にくらべて主要メーカーから新モデルも販売中止にともない、おすすめのCDラジカセといってもこのモデル! というのを思いつく人も少ないのでは。そこで、ガジェットライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、選び方やいまだからこそおすすめできるCDラジカセを教えていただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

tag icon オーディオプレーヤー , オーディオ , CD・楽曲

中華アンプおすすめ11選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

中華アンプおすすめ11選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、中華アンプの選び方や、メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。Bluetooth対応から高音質なものまで幅広く紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカーアクセサリ , AVアクセサリ , オーディオプレーヤー

ポータブルヘッドホンアンプおすすめ17選|高音質を追求するなら

ポータブルヘッドホンアンプおすすめ17選|高音質を追求するなら

ポータブルヘッドホンアンプは、ヘッドホン中心に音楽を楽しんでいる方に、ぜひ注目していただきたい機器です。デジタル音楽は、アナログ音楽と比べてデジタルをアナログに変換するプロセスが多く、その分コストがかかります。逆に、コストカットされて音質が十分発揮されないケースもあります。そのような欠点を解消してくれるのが、ポータブルヘッドホンアンプです。本記事では、ポータブルヘッドホンアンプのおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ9選|高音質で遅延がない製品も!

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ9選|高音質で遅延がない製品も!

Bluetoothは代表的な無線の規格ですが、Bluetoothに対応していればどんな機器でもBluetoothヘッドホンなどと接続できるわけではありまたとえば、Bluetoothオーディオに対応していないテレビやゲーム機などはBluetooth機能を内蔵していてもBluetoothヘッドホンと接続できるわけではないのです。しかし、そうした機器でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うことでBluetoothヘッドホンと接続できるようになります。この記事では、Bluetoothオーディオトランスミッターの選び方とおすすめの商品をご紹介しています。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう

tag icon パソコン周辺機器 , オーディオ

パワーアンプおすすめ15選|パワフルでクリアなサウンドを楽しむ

パワーアンプおすすめ15選|パワフルでクリアなサウンドを楽しむ

本格的な音響システムを組んだり、ライブや講演会などで大きな音をきれいに出す際に役に立つのがパワーアンプ。オーディオに内蔵されたアンプではなく、パワーアンプがあると、たとえば自宅で音楽や映画を楽しむときに、自分の好きな音質で音を出しやすくなります。今回は、そんなパワーアンプの選び方とおすすめ商品15選を、家電総合アドバイザーの福田満男さんとお伝えします。

tag icon スピーカーアクセサリ , スピーカー , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。