音響にこだわる人のための『PCオーディオのおすすめ11選』

音響にこだわる人のための『PCオーディオのおすすめ11選』

これまでCDやレコードで行っていた音源の保管、管理をPCで行うのがPCオーディオです。

USB DACなどの登場で、アンプやスピーカーなど選択肢が多くなり、どれを選べばいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、PCオーディオについて、選び方とおすすめ商品をご紹介。ハイスペックなモデルも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


目次

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

PCオーディオの選び方

ITジャーナリストの安蔵靖志さんに、PCオーディオを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

【1】USB DAC内蔵アンプかUSB DAC単体かを選ぶ
【2】対応フォーマットをチェック
【3】入力端子をチェック
【4】Bluetoothやネットワークオーディオ機能などにも注目


上記のポイントを押さえることで、あなたに合った商品を見つけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

【1】USB DAC内蔵アンプかUSB DAC単体かを選ぶ

PCオーディオのイメージ写真
Pixabayのロゴ

一般的なオーディオアンプはアナログ音声を取り扱う機器です。PCオーディオを楽しむときは、パソコンとアナログオーディオ機器を接続するための「USB DAC(USB接続のデジタル・アナログコンバーター)」というインターフェースが必要。

しかし、パソコンと接続できるUSB端子やデジタル入力端子を備えるアンプも増えています。オーディオシステムを新規に導入する場合は、デジタル入力に対応する「インテグレーテッドアンプ(プリメインアンプ)」がおすすめです。

インテグレーテッドアンプとスピーカーなどによるオーディオシステムがすでにある場合は、USB DACを購入するだけでオーディオシステムと接続ができます。

【2】対応フォーマットをチェック

PCオーディオのイメージ写真
Pixabayのロゴ

PCオーディオはデジタル音源だけでなく、高音質を実現した「ハイレゾ音源」なども取り扱えるのが魅力です。音楽配信サービスの音源によって、その音声記録方式が異なります。

フォーマットはCDなどに用いられるもっとも一般的な「リニアPCM方式」と、SACD(スーパーオーディオCD)などに用いられる「DSD方式」に大きく分かれます。どちらも対応する数字(リニアPCMの場合は192kHz/24bit、384kHz/32bitなど、DSDの場合は2.8MHz、5.6MHz、11.2MHzなど)が大きいほど対応する音源の幅が広がります。

数字が大きければ高音質というわけではありませんが、確認するべきポイントのひとつです。

【3】入力端子をチェック

 

入力端子はUSBのほか、光デジタルや同軸デジタルなどの端子を備えるモデルも多くあります。入力端子が多いほど接続できる機器も増えるので、なるべく多くの端子を備えるモデルのほうが楽しみ方が広がります。

インテグレーテッドアンプの場合、最近人気のアナログレコードからの入力も可能なフォノ端子が搭載されているかどうかもポイントです。

【4】Bluetoothやネットワークオーディオ機能などにも注目

 

オーディオアンプというともともとアナログ入出力しかないものが主流でしたが、最近ではUSB DACを内蔵したものや、デジタル入力端子を搭載するモデルなどもあります。

こうしたことから、AVアンプのようにスマホなどから音声を出力できるBluetoothや、ネットワーク経由でデジタル音源を再生できるAirPlay、DLNAなどの機能を搭載するモデルも増えています。

Bluetoothやネットワークオーディオ機能などを搭載するモデルは比較的カジュアルなものが中心ですが、より多くの音源を楽しみたい人にはおすすめです。

多数の組み合わせで試聴してみよう! ITジャーナリストからのアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

ひとくちにPCオーディオといっても、DACやオーディオアンプ、スピーカーと、選ぶポイントはたくさんあります。どれかひとつでも好みに合わないと、PCオーディオシステムを組んだとしてもお望みの音質にたどり着かないかもしれません。

オーディオ専門店や家電量販店などに行けば、オーディオアンプとスピーカー、それぞれ多数の組み合わせで試聴できる場合もありますので、さまざまなパターンを試して、自分の好みのモデルを見つけてほしいです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
CHORD『Qutest』
クリエイティブ(Creative)『GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』
Bose(ボーズ)『Companion 2 Series III multimedia speaker』
FOSTEX(フォステクス)『アクティブ・スピーカー PM0.3H』
JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』
クリエイティブ(Creative)『Inspire T10 R3』
サンワダイレクト『PCスピーカー(400-SP091)』
Logicool(ロジクール)『Z533スピーカーシステム』
ヤマハ『パワードスピーカー (HS5W)』
TASCAM 『パワードモニタースピーカー(VL-S3)』
Edifier『ブックシェルフ型スピーカー(ED-S880DB)』
商品名 CHORD『Qutest』 クリエイティブ(Creative)『GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』 Bose(ボーズ)『Companion 2 Series III multimedia speaker』 FOSTEX(フォステクス)『アクティブ・スピーカー PM0.3H』 JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』 クリエイティブ(Creative)『Inspire T10 R3』 サンワダイレクト『PCスピーカー(400-SP091)』 Logicool(ロジクール)『Z533スピーカーシステム』 ヤマハ『パワードスピーカー (HS5W)』 TASCAM 『パワードモニタースピーカー(VL-S3)』 Edifier『ブックシェルフ型スピーカー(ED-S880DB)』
商品情報
特徴 シンプルなデザインと高音質が魅力のUSB DAC 汎用性の高さが特徴、便利な変換アダプター付き AUX入力をふたつ備えた使いやすいPCスピーカー 低音から高音域まで美しく再現できるハイレゾ対応 USB DAC内蔵! 劣化しない高品質な音質 自分好みの音域に調整ができる!トーン付スピーカー 接続方法を選べるのが使いやすい製品 重低音を余さず楽しめるサブウーファーつきセット 音圧のコントロールもできるスピーカー パワフルな音質がリアルな音場を楽しめる ハイレゾでありながらBluetooothも対応し
製品サイズ W160×H42×D72mm W84.6×H230×H143mm W80×H190×D(R)150(L)145mm W100×H185×D130mm W78×H132×D150mm W88×H194×D132mm W90×H168×D100mm サテライトW100×H170×D85mm、サブウーファーW255×H265×D195 W170×H285×D222mm W110×H170×D138mm W138xH230xD168mm
USB DAC 搭載 非搭載 非搭載 非搭載 搭載 非搭載 搭載 非搭載 - - 搭載
DSD/PCM/FLAC 対応 DSD~22.5MHz / PCM~768kHz・32bit -- -- -- PCM~48kHz・16bit -- 2.0chLPCM2ch ~96kHz/LPCM2ch ~48kHz -- - - -
入力端子 アナログ(BNC)x2 / デジタル(USB、光デジタル端子)×2 アナログ(LINE IN ステレオミニジャック、AUX ステレオミニジャック)×2 アナログ(AUX ステレオミニジャック)×2 アナログ(RCAピンジャック、ステレオミニジャック)×2 USBコネクタ×1 / 外部入力(Φ3.5mmステレオミニジャック)×1 アナログ(LINE IN ステレオミニジャック、AUX ステレオミニジャック)×2 アナログ(φ3.5mmステレオミニジャック)×1、デジタル(microUSB)×1 アナログ(RCAピンジャック、Φ3.5mmステレオミニジャック)×3 アナログ(XLR、Phone)x2 アナログ(RCAピンジャック/ステレオ、φ3.5mmステレオミニジャック)×2 アナログ(RCA×2)×1、デジタル(Bluetooth、Optical/光角型プラグ、Coaxial、USB2.0)×4
Bluetooth 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 対応 非対応 - - 対応
出力端子 RCA×1 ヘッドフォン(ステレオミニジャック)×1 ヘッドホン端子×1 LINE IN -- ヘッドフォン(ステレオミニジャック)×1 - ヘッドフォン(Φ3.5 mmステレオミニジャック)×1 - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年9月5日時点 での税込価格

PCオーディオおすすめ11選

上記で紹介したPCオーディオの選び方のポイントをふまえて、実際にITジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

CHORD『Qutest』

CHORDD/AコンバーターQutest CHORDD/AコンバーターQutest CHORDD/AコンバーターQutest CHORDD/AコンバーターQutest

出典:Amazon

シンプルなデザインと高音質が魅力のUSB DAC

パソコンからのUSB入力のほかに、光デジタル入力と同軸デジタル入力を備えるUSB DAC。別途オーディオアンプが必要になるものの、解像感の高い圧倒的な描写力が大きな魅力です。

すでにオーディオシステムを持っている人、徹底的に高音質を追求したい人は、このモデルのようなUSB DACを選ぶとさらに音質を追求できるかもしれません。

クリエイティブ(Creative)『GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』

CreativeステレオスピーカーGigaWorksT20SeriesII2.0ch【ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアWindows版推奨】GW-T20-IIR CreativeステレオスピーカーGigaWorksT20SeriesII2.0ch【ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアWindows版推奨】GW-T20-IIR CreativeステレオスピーカーGigaWorksT20SeriesII2.0ch【ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアWindows版推奨】GW-T20-IIR CreativeステレオスピーカーGigaWorksT20SeriesII2.0ch【ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアWindows版推奨】GW-T20-IIR

出典:Amazon

汎用性の高さが特徴、便利な変換アダプター付き

低音域と中音域のバランスが良いスピーカー。BasXportテクノロジーによる低音域のクリア感の向上、グラスファイバーコーンを使ったドライバーの中音域の安定感が特徴です。RCAピンジャック - ステレオミニプラグ変換アダプターが付属しているので、映像機器やゲーム機との接続にも対応しています。

サブウーファー用の出力が用意されていないため、重低音より中音域の安定性を求める人に向いています。

Bose(ボーズ)『Companion 2 Series III multimedia speaker』

BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D) BoseCompanion2SeriesIIImultimediaspeakersystemPCスピーカー19cm(H)x8cm(W)x右:15cm左:14.5cm(D)

出典:Amazon

AUX入力をふたつ備えた使いやすいPCスピーカー

ふたつ用意されたAUX入力のうち、ひとつはPCに常時接続し、もう片方は音楽プレーヤーなどと適宜接続するなど自由度の高い使い方ができる点が特徴です。抜き差しの手間が少なくなるだけでなく、スピーカーへの電気的な負担も軽減されます。

ボリューム端子が前面についており、手元で音量調整ができる利便性の高さもポイント。PCを使いながら手を伸ばせる距離におくことで、メリットを最大限引き出すことができます。

FOSTEX(フォステクス)『アクティブ・スピーカー PM0.3H』

【納期情報:納期未定】【代引き不可】FOSTEXPM0.3H/B(ブラック・2本1組)アクティブスピーカーフォステクスPM0.3H 【納期情報:納期未定】【代引き不可】FOSTEXPM0.3H/B(ブラック・2本1組)アクティブスピーカーフォステクスPM0.3H

出典:楽天市場

低音から高音域まで美しく再現できるハイレゾ対応

再生周波数帯域が最大40kHzのハイレゾ対応スピーカー。幅広い音域の再現性を高めるため、低音域用のウーファーには音の伝達バランスがいいグラスファイバー振動板を採用。高音域用のツイーターには、ミッドレンジ付近の音をきれいに表現できるシルクドームを採用しています。

ボリューム調整が背面にあるのが惜しい点。しかしそれを補うほどアンプ内蔵型ハイレゾ対応スピーカーとして使いやすい商品です。

JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』

JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN JBLPebblesバスパワードスピーカーUSB/DAC内蔵ブラックJBLPEBBLESBLKJN

出典:Amazon

USB DAC内蔵! 劣化しない高品質な音質

USBでPCと接続できるUSB DAC内蔵スピーカー。アナログ信号変換を経由しないため、高品質で音源を再現できます。外部のACアダプターを必要とせず、本体サイズも小さいのでPCまわりをすっきりとさせたい人向きです。

外部入力に3.5mmステレオミニジャックが用意されているので、手持ちの音楽プレーヤーからも再生できるのがうれしいポイント。さらに、縦置きでも横置きでも使えるため、さまざまな場面で活躍できるスピーカーとなっています。

クリエイティブ(Creative)『Inspire T10 R3』

CreativeInspireT10R3スピーカーIN-T10-R3 CreativeInspireT10R3スピーカーIN-T10-R3 CreativeInspireT10R3スピーカーIN-T10-R3 CreativeInspireT10R3スピーカーIN-T10-R3 CreativeInspireT10R3スピーカーIN-T10-R3

出典:Amazon

自分好みの音域に調整ができる!トーン付スピーカー

BasXPortにより低音域もしっかりと伝わるスピーカー。ツイーターとミッドレンジドライバーが採用されており、中~高音域をきれいに聞きたい人向きです。ウーファーは非搭載ですが、独自の構造により深みのある低音を表現しているのがポイント。トーンつまみを使い低音域を強調するなど、自分好みの音域に調整できるスピーカーです。

サンワダイレクト『PCスピーカー(400-SP091)』

サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091 サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091 サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091 サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091 サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091 サンワダイレクトPCスピーカー3WAY接続(Bluetooth/3.5mm/USB)10Wツイーター搭載アンプ内蔵400-SP091

出典:Amazon

接続方法を選べるのが使いやすい製品

こちらの商品は、高音域を再生するツィーターと低音再生に向いているバフレフポートを装備しています。PCからの音源を忠実に再現できる2chスピーカーです。Bluetoothにも対応しているのでPCだけでなく、スマートフォンやゲーム機でも使えます。

有線接続でなくワイヤレスなので場所を選ばず置けます。電源供給はUSBケーブルを使ってできるのでPCから充電することが可能です。

Logicool(ロジクール)『Z533スピーカーシステム』

LogitechZ533 LogitechZ533 LogitechZ533 LogitechZ533

出典:Amazon

重低音を余さず楽しめるサブウーファーつきセット

サブウーファーがセットになった、重低音をしっかりとカバーしてくれる2.1chスピーカーです。音質にこだわりはじめると、どうしても気になるのが重低音のもの足りなさ。後から購入して統一感のない環境を作るより、セットで購入したほうが相性やインテリアとしての見栄えもよくなります。

野外でも使える120Wの大出力も魅力的。映画や音楽を大音量で楽しみたい人にぴったりです。

ヤマハ『パワードスピーカー (HS5W)』

音圧のコントロールもできるスピーカー

音楽に関するさまざまな製品を取り扱っているヤマハが作り出したスピーカーです。スピーカー部には多くの工夫があり、音がよく聞こえるようにスピーカーからの音を何度も調節して、もとの音源の再現度を上げています。

かんたんなイコライジングも可能です。重厚感のある音をコンパクトなボディで作り出していて、PC周辺の少しのスペースに設置することができます。

TASCAM 『パワードモニタースピーカー(VL-S3)』

パワフルな音質がリアルな音場を楽しめる

音楽家もじゅうぶんに使えるとしているパワードスピーカーになります。小さいながらもパワフルな音質を体感可能です。ツィーターとウーハーユニットで広音域において再現性のよい製品で全体の音がよく聞こえるので音楽作成が進みます。

入力端子もステレオミニプラグとRCAピンジャックと選べるので、PC以外でもかんたんに使いやすいです。

Edifier『ブックシェルフ型スピーカー(ED-S880DB)』

【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB

出典:Amazon

ハイレゾでありながらBluetooothも対応し

Edifier ED-S880DBはさまざまな音響環境に対応できるスピーカーとなっています。音へのこだわりが強く、チタンやアルミニウムといった金属材料によって作られたスピーカー部は今までのスピーカー音質と違って、再現度がよいでしょう。

ハイレゾ対応音源にも対応しており、有線で接続した場合に楽しむこともできます。 Bluetoothにも対応しているので置き場を選ばず、自分の好きなレイアウトでスピーカーを設置できるところもポイントです。

PCオーディオに関連する記事のご紹介

PCオーディオでクリアな音を楽しもう

ITジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、PCオーディオの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。アンプ、USB DAC、スピーカーなど揃えたいものがたくさんあるため、大変に思うかもしれません。

しかし、それぞれをきちんと理解することで、音量をしっかり出すにはどんなアンプが必要なのか、ノイズを減らすにはどうすればいいのかなど、よりよい再生環境を作ることができます。

どんなに高音質の音楽を手に入れても、アンプやスピーカーが対応していなければ宝の持ち腐れ。あなた好みの再生環境を手に入れて音楽をさらに楽しんでください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


CDラジカセおすすめ16選|おしゃれでコンパクトなBluetooth接続タイプも

CDラジカセおすすめ16選|おしゃれでコンパクトなBluetooth接続タイプも

音楽CDやカセットを聞くことができるCDラジカセ。使い勝手のよさから、いまだに現役で使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、昔にくらべて主要メーカーから新モデルも販売中止にともない、おすすめのCDラジカセといってもこのモデル! というのを思いつける人も少ないのでは。そこで、ガジェットライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、選び方やいまだからこそおすすめできるCDラジカセを教えていただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

tag icon オーディオプレーヤー , オーディオ , CD・楽曲

レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

レコードプレーヤーおすすめ8選|レトロでおしゃれなモデルやBluetooth対応も紹介

一定周期でブームがやってくるレコード。レコードの醍醐味はそのリアルな音質。最近のプレーヤーは、USB搭載でPC接続したり、アンプ内蔵でBluetoothスピーカーに接続してワイヤレス再生したりすることもできます。本記事では、レコードプレーヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介。おしゃれな商品やBluetooth対応モデルまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon オーディオプレーヤー , オーディオ

音質とデザインにこだわる方のための『コンポの選び方&おすすめ11選』

音質とデザインにこだわる方のための『コンポの選び方&おすすめ11選』

最近では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレス化、音質にこだわるなら欠かせないハイレゾ対応されたモデルが多く、性能や使い勝手が格段に向上しています。この記事では、おしゃれなデザインで音質のいいコンポの選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカー , オーディオプレーヤー , オーディオ

中華アンプおすすめ11選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

中華アンプおすすめ11選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、中華アンプの選び方や、メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。Bluetooth対応から高音質なものまで幅広く紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカーアクセサリ , AVアクセサリ , オーディオプレーヤー

プリメインアンプおすすめ19選|小型・高音質・高コスパ商品を厳選

プリメインアンプおすすめ19選|小型・高音質・高コスパ商品を厳選

入力切替や音質のカスタマイズ、電圧の増幅を行う「プリアンプ」、音声信号をさらに増幅させる「パワーアンプ」の両方の機能を搭載しているのが、プリメインアンプになり、これ1台で、ボリュームや音質調整、入力切替などを行うことが可能になります。本記事では、プリメインアンプについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon AVアクセサリ , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。