1万円以下のPCスピーカーおすすめ6選|高コスパでお買い得なモデルを専門家が厳選

1万円以下のPCスピーカーおすすめ6選|高コスパでお買い得なモデルを専門家が厳選
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー
古賀 竜一

中小企業庁 ミラサポ専門家派遣 登録専門家。 ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。 オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。 個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。 メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

パソコンで映画を見たり、ゲームをしたりすることが増えています。そんなPCライフをより充実させてくれるのが、PCスピーカーです。バスレフ型やサブウーファー式、密閉型など、いろいろな種類のスピーカーがあり、クリエイティブメディアやJBL、サンワサプライほか、さまざまなメーカーの製品があります。この記事では、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんへの取材をもとに、コスパのよい1万円以下のPCスピーカーをとりあげます。選び方とおすすめの商品を紹介しますので、参考にしてください。


1万円以下のPCスピーカーの選び方|ITサポートエンジニアに聞く

PCスピーカーといってもたくさんの種類があるので、どれを選んだらよいかわからないという人は多くいます。そこで、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんから、1万円以下のPCスピーカーを選ぶときにおさえておきたいポイントを5つ教えてもらいました。

PCとスピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ゲームや映像など音にこだわりたいシーンも増えています。そんなときは、PCスピーカーを検討しましょう。

聴く音楽から再生方式を選ぼう

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

スピーカーには音を再生するさまざまな方式があり、それぞれに特性があるので、よく聴く音楽に合った再生方式を選ぶのがポイントです。

たとえば、重低音を重視する場合はバスレフ型やサブウーファー式、フラットな音が欲しい場合は密閉型など好みに応じて選択します。低音は高域の音より周囲に伝わりやすいので、マンションやアパートなどで音が気になる場合は、重低音のスピーカーよりもフラットな特性のスピーカーが良いでしょう。

クリエイティブ『Inspire T3300』

重低音で音楽を楽しみたい方はこちらがおすすめ。
聴く音楽によって好みのタイプを選びましょう。

>> Amazonで詳細を見る

操作性や取り回しの良さに気を配ろう

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

ボリュームなどのつまみやスイッチの操作性も気になる点です。スイッチやボリュームは頻繁に使用する部分なので、使いやすいものを選びます。

また、電源や音声などのケーブル類の仕様がACアダプタ式なのか、コンセントに直接さすタイプなのかも事前にチェックしておく必要があります。左右のスピーカーを結ぶ配線の長さも確認し、配置する場所に合うものを選びましょう。

スピーカー側でどれだけコントロールできるかを調べておこう

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

PCスピーカーの機能で意外と重宝するのが、ヘッドホンジャックや音質コントロールなどの機能です。デスクトップPCでオーディオの設定をする場合はPC側からでしか操作できないことが多く、設定が煩雑なうえすぐに変更ができず、ひじょうに面倒です。

スピーカー側の機能が充実していると面倒なPC操作がなくなり、音楽に集中できます。

クリエイティブメディア『Creative GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』

こちらの商品はスピーカー側にTREBLE、BASSのつまみがついているので、
細かく設定したい方におすすめ

>> Amazonで詳細を見る

周囲と調和するスピーカーを選ぼう

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

PCスピーカーをデスクに配置すると、大きさによってはそこそこスペースを取りますし、見た目も箱がたくさん並んでいるような感じになって机上がうるさくなってしまいます。

また、スタイリッシュなPCやモニタを使用しているのにPCスピーカーのデザインが悪いと、一気に部屋の雰囲気が損なわれてしまいます。

ですから、サイズやスタイルが気になる場合は、小型のものやスタイリッシュなデザインのものを選択することで、インテリアの一部としても機能させることができます。

音質にこだわるなら入力方式を知ろう

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

安くても良い音質にこしたことはありません。音質の決め手はまず、入力方式にあります。

USBスピーカーはデジタル信号を直接スピーカー側で変換するので、ノイズレスの良い音になります。USBによる電源供給で、ステレオミニプラグ入力のものはノイズが乗りやすい傾向にあります。また、高音用のスピーカーであるツイーターも安価であります。

一般的に、スピーカー口径が大きいものほど良い音を期待できますが、最近では口径が小さくても筐体やマグネット、コーン材質などにこだわったものがあり、音質が優れています。

JBL『Pebbles JBLPEBBLESBLKJN』

USBでパソコンと接続するタイプのスピーカーになります。
音質にこだわりたい方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

1万円以下のPCスピーカーを選ぶときはここも見逃さずに!

1万円以下のPCスピーカーを選ぶときには、スピーカーの出力についても理解を深めておきましょう。ここでは、これまで取り上げた以外にも、知っておくといいポイントを紹介します。

スピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コスパを求めても必要なスペックは妥協できません。しっかりと吟味しましょう。

出力W数で選ぶ

3Wあれば一般的な使用には問題なし

スピーカーのスペックを確認してみると、「サイズ」や「重量」「周波数特性」などのほかに「実用最大出力」という項目が目に留まります。これは、W(ワット)で表される、内蔵しているアンプの出力の大きさのことです。「3W+3W」と書かれている場合は、左右それぞれのスピーカーの出力が3Wずつで、合計6Wという意味です。出力が大きいスピーカーほど、大きな音を出すことができます。実用最大出力が音質の良し悪しに直接影響することはありませんが、どれだけ力強い音が鳴るかの指標になります。大音量で音楽を楽しみたい、映画館のように迫力のある雰囲気で映画を楽しみたいといった場合は、この実用最大出力をチェックしながら選ぶと良いでしょう。

小さな部屋で使用するなら出力が小さくても大丈夫

ポータブルのPCスピーカーは出力が小さいものが多く、1Wのものもあります。小さな部屋で使用する場合や、周囲に音を漏らしたくない場合などは、出力が小さいものでも十分でしょう。しかし、用途によっては物足りなく感じるケースもあります。基本的には、一般家庭で使用する場合には、3Wあればそれほど困ることはありません。音楽や映画、ゲームなどのボリュームを上げて、十分楽しむことができるでしょう。

1万円以下PCスピーカーおすすめ6選|ITサポートエンジニアが厳選

ここまでで取り上げてきたPCスピーカーの選び方のポイントをふまえて、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんが選ぶ、おすすめの1万円以下のPCスピーカーを6つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

クリエイティブメディア『Creative GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』

クリエイティブメディア『CreativeGigaWorksT20SeriesII(GW-T20-IIR)』 クリエイティブメディア『CreativeGigaWorksT20SeriesII(GW-T20-IIR)』 クリエイティブメディア『CreativeGigaWorksT20SeriesII(GW-T20-IIR)』 クリエイティブメディア『CreativeGigaWorksT20SeriesII(GW-T20-IIR)』

出典:Amazon

重量 約2.1kg
サイズ 幅84×奥行143×高さ230mm
カラー ブラック
スピーカー出力 14W、RMS×2チャンネル

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

パワフル、明瞭、キレのある音

PCスピーカーを周辺機器としてではなく、PCの一部分と捕らえて開発されたかのようなCreativeらしい製品です。

機能満載で、このサイズにしては重低音に迫力があり、中域から高域までパワフル。電源にDC27Vを必要としていることでもその音の良さは納得です。

そういった点から、このスピーカーは映画やゲームなど迫力サウンドを楽しむユーザーに適していると言えます。デザイン・サイズもゲームPCなどにマッチし、PC周りを格好良く演出できそうです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』

JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』

出典:Amazon

重量 1.4kg
サイズ 幅78×奥行150×高さ132mm
カラー ブラック
スピーカー出力 2.5W

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

JBLの音をPCでも

USBスピーカーのため音質が良く、JBLブランドロゴが入った丸いデザインで、パソコン周りを演出するインテリアにもなるスピーカーです。

せっかくスタイリッシュなパソコンを使っているのに、パソコン周辺機器がゴタゴタと並んでいるのを好まない方に適しています。操作や取り扱いも簡単で、webページには使い方の解説ページが用意されています。購入後のことが心配な方でも安心して使えるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロジクール『Z200ステレオ スピーカー(Z200BK)』

ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』 ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』 ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』 ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』 ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』 ロジクール『Z200ステレオスピーカー(Z200BK)』

出典:Amazon

重量 1.38kg
サイズ 幅90×奥行124×高さ241.2mm
カラー ブラック、ホワイト
スピーカー出力 5W(2.5W+2.5W)

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

さまざまなジャンルの音楽を聴く人に

ツインスピーカー搭載で、フラットで癖のない音のスピーカーです。重低音やシャリッとした高域ではなく、音の広がりやバランスが欲しいという場合に最適です。さまざまなジャンルの音楽を聴く人にはどの音楽も疲れにくい音で聴くことができます。

また、マンションやアパートなど周囲への音が気になる場合、このスピーカーならそこそこの音量でも音質が落ちることなく音楽を楽しむことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』

サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』

出典:Amazon

重量 0.33kg
サイズ 幅66×奥行60×高さ66mm
カラー ブラック
スピーカー出力 3W(1.5W+1.5W)

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

コンパクトでも良い音が楽しめる

ノートパソコンにおける内蔵スピーカーの多くは、音質が決して良いとは言えません。外付けスピーカーを購入しようとしても、せっかくノートパソコンで省スペースを実現できているのに周りに大きいスピーカーがあると邪魔ですし、サイズが小さいスピーカーだと音がよくない傾向があります。

そこで、ミニプラグを使わないUSB接続タイプでコンパクト、しかも音が良いスピーカーとしてこのモデルがおすすめです。大きさとしてはひじょうにコンパクトですが、サイズに反してとても良い音が出ます。配線が少なくパソコン周りもすっきりして、狭い机上でも良い音が楽しめます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

クリエイティブメディア『CREATIVE Inspire T3300(IN-T3300-R2)』

クリエイティブメディア『CREATIVEInspireT3300(IN-T3300-R2)』 クリエイティブメディア『CREATIVEInspireT3300(IN-T3300-R2)』 クリエイティブメディア『CREATIVEInspireT3300(IN-T3300-R2)』 クリエイティブメディア『CREATIVEInspireT3300(IN-T3300-R2)』

出典:Amazon

重量 約3.2kg
サイズ 幅240×奥行270×高さ260mm
カラー ブラック
スピーカー出力 フロントスピーカー 5.5W RMS(2チャンネル)、サブウーファー 16W RMS

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

重低音が必要ならこのモデル

映画や音楽を重低音で視聴したい方で住宅事情が許す場合、このサブウーファー付スピーカーがおすすめです。

もっさりした低音が多いサブウーファーですが、これは、はじけるような感じの重低音で、サブウーファーにして良かったと思うことができるスピーカーです。価格も手ごろでひじょうに入手しやすいため、サブウーファー初体験の方にもおすすめできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フリーウェイ『FREEWAY FW-SM-223AC』

フリーウェイ『FREEWAYFW-SM-223AC』 フリーウェイ『FREEWAYFW-SM-223AC』 フリーウェイ『FREEWAYFW-SM-223AC』

出典:Amazon

重量 2.1kg
サイズ 幅115×奥行150×高さ224mm
カラー ブラック
スピーカー出力 8W(4W×2)

Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

価格帯より数クラス上の音

パソコンBTOメーカー独自ブランドのスピーカーです。驚くのは、価格帯からは考えられない大きさとデザイン、機能、音です。奥行きが深く、重量もあるので、そのぶんだけ低音がしっかり出ます。

3ボリューム付きで、調整次第で倍以上の価格帯のスピーカーに匹敵する音が出ます。良い音を安くという方や、安くても見た目にはこだわりたい方に絶好のスピーカーです。

自分の曲の好みに合ったスピーカーを|ITサポートエンジニアより

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

PCスピーカーは品質だけでなく、製品の特徴によって音の好みや聴く曲などとの相性が出やすいので、それに合わせて選ぶ必要があります。

ゲームや映画などの用途で迫力が欲しい場合は、出力が大きく低音が出やすいものを選んだほうが良いでしょう。しかし、住環境の問題や、音楽の好み・種類などによっては、音の広がりを重視したタイプのPCスピーカーのほうが適している場合もあります。

PCスピーカーをどのような目的で使うのかを考えて、それにマッチするものを選びましょう。

有名メーカーだけじゃない! 1万円以下のPCスピーカー

PCスピーカーをたくさんの種類の中から、じっくりと比較して選びたいという人もいるでしょう。そこで、1万円以下のPCスピーカーをさらにいくつか紹介します。有名メーカーのもの以外にも、PCスピーカーはたくさんあります。

Muzili『Bluetoothスピーカー』

Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Muzili『Bluetoothスピーカー』

出典:Amazon

重量 約0.35kg
サイズ 幅180×奥行45×高さ60mm
カラー ブラック
スピーカー出力 3W

コスパ最高のエントリーモデル

Bluetoothに対応し、煩わしいコードの配線がないのが魅力的なエントリーモデルです。リーズナブルな価格ながら、音量・音質は十分。ノートPC本体のスピーカーでは物足りないものの、本格的なスピーカーを購入するのにはためらいがあるという人にも向いています。

Orulo-jp『Smalody スピーカー』

Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』 Orulo-jp『Smalodyスピーカー』

出典:Amazon

重量 約0.6kg
サイズ 幅90×奥行492×高さ88mm
カラー ブラック
スピーカー出力 最大6W

Orulo-jp 『Smalody スピーカー』

ブラックのボディに7色のLEDランプが光る、細くスタイリッシュなスピーカーです。スマートで持ち運びがしやすく、外出先で使いたいときにもぴったりです。USBポートから充電できるので、ACアダプタも不要です。

クリエイティブメディア『CreativeT15 Wireless(SP-T15W)』

クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』 クリエイティブメディア『CreativeT15Wireless(SP-T15W)』

出典:Amazon

重量 約0.94kg(左スピーカー)、約1.06g(右スピーカー)
サイズ 幅90×高さ200×奥行170mm(左スピーカー)、幅90×高さ200×奥行180mm(右スピーカー)
カラー ブラック
スピーカー出力 14W

スタンダードな優等生

左右に分かれたスピーカーで、高音域から中低音域まで幅広く、質の良い音を出してくれます。ヘッドホン出力もあり、夜間に音楽や映画を楽しみたい人も安心です。音響学的にデザインされた斜めのフロントパネルもおしゃれです。

「1万円以下のPCスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
クリエイティブメディア『Creative GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』
JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』
ロジクール『Z200ステレオ スピーカー(Z200BK)』
サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』
クリエイティブメディア『CREATIVE Inspire T3300(IN-T3300-R2)』
フリーウェイ『FREEWAY FW-SM-223AC』
Muzili『Bluetoothスピーカー』
Orulo-jp『Smalody スピーカー』
クリエイティブメディア『CreativeT15 Wireless(SP-T15W)』
商品名 クリエイティブメディア『Creative GigaWorks T20 Series II (GW-T20-IIR)』 JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 ロジクール『Z200ステレオ スピーカー(Z200BK)』 サンワサプライ『USBスピーカー(MM-SPU8BK)』 クリエイティブメディア『CREATIVE Inspire T3300(IN-T3300-R2)』 フリーウェイ『FREEWAY FW-SM-223AC』 Muzili『Bluetoothスピーカー』 Orulo-jp『Smalody スピーカー』 クリエイティブメディア『CreativeT15 Wireless(SP-T15W)』
商品情報
特徴 パワフル、明瞭、キレのある音 JBLの音をPCでも さまざまなジャンルの音楽を聴く人に コンパクトでも良い音が楽しめる 重低音が必要ならこのモデル 価格帯より数クラス上の音 コスパ最高のエントリーモデル Orulo-jp 『Smalody スピーカー』 スタンダードな優等生
重量 約2.1kg 1.4kg 1.38kg 0.33kg 約3.2kg 2.1kg 約0.35kg 約0.6kg 約0.94kg(左スピーカー)、約1.06g(右スピーカー)
サイズ 幅84×奥行143×高さ230mm 幅78×奥行150×高さ132mm 幅90×奥行124×高さ241.2mm 幅66×奥行60×高さ66mm 幅240×奥行270×高さ260mm 幅115×奥行150×高さ224mm 幅180×奥行45×高さ60mm 幅90×奥行492×高さ88mm 幅90×高さ200×奥行170mm(左スピーカー)、幅90×高さ200×奥行180mm(右スピーカー)
カラー ブラック ブラック ブラック、ホワイト ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック
スピーカー出力 14W、RMS×2チャンネル 2.5W 5W(2.5W+2.5W) 3W(1.5W+1.5W) フロントスピーカー 5.5W RMS(2チャンネル)、サブウーファー 16W RMS 8W(4W×2) 3W 最大6W 14W
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

ECサイトのPCスピーカー(1万円以下)ランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのPCスピーカー(1万円以下)の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:PCスピーカー(1万円以下)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのPCスピーカーのおすすめはこちら 【関連記事】

パソコンで音楽や動画、ゲームなどを楽しむときにこだわりたいのがスピーカー。出力ワット数やハイレゾ対応など音響はこだわりだすとキリがありませんが、それでも自分が納得できるレベルのものはそろえたいものです。

今更聞けない|Bluetoothのあの数字の意味

Bluetoothのバージョンの違いの意味は?

Bluetoothとは、近い距離の機器同士を電波によって接続するものです。1万円以下のPCスピーカーにも、Bluetoothに対応しているものがたくさん出ています。Bluetoothに対応したPCスピーカーのメリットは、PCとスピーカーを直接つなげなくても音を出せることです。PC周りに配線がたくさんあると雑然とした印象になってしまいますが、Bluetoothで接続すれば配線の必要はなく、すっきりした印象をキープできます。Bluetoothを接続できる範囲内であれば、スピーカーを自由に動かすこともできます。PCの設置場所とは関係なくスピーカーを動かして、好きな場所から音楽を楽しめるのです。

PCスピーカーのスペックを確認しているときに、Bluetoothのバージョンについて書かれているものがあることに気づくかもしれません。2019年2月現在、最新のバージョンはBluetooth5.0ですが、まだiPhoneなど一部の機器にしか使われていないのが実情です。主に普及しているのはBluetooth4.2というバージョンで、それまでのバージョンよりも転送速度が2.5倍向上しています。基本的にはBluetooth4.2に対応していれば、ほかの機器との接続で問題が発生することはありません。ただし、Bluetoothの接続にはバージョンだけでなく、機器同士の相性も関係しています。念のために、購入する前に接続方法についてしっかり確認しておきましょう。

この価格帯ならではの掘り出し物を見つける楽しさを満喫しよう

PCスピーカーは、音量や音質のバランスの取れたもの、スタイリッシュな外見のものなど、さまざまな選択肢から選べます。音楽の再生方式や操作性、周囲の機器との接続方法なども考えることが大切です。ゲームを楽しみたいのか、それとも音楽をじっくり聴きたいのかなど用途に合わせて、豊富な種類のなかからのセレクトを楽しみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/29 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】ワイヤレススピーカーおすすめ24選|アウトドアシーンでも使える防水タイプも!

【2020年版】ワイヤレススピーカーおすすめ24選|アウトドアシーンでも使える防水タイプも!

IT専門ライター・島田祥輔さんへの取材をもとに、2020年に調べたワイヤレススピーカー24選をご紹介します。屋外でも役立つワイヤレススピーカーおすすめをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


防水Bluetoothスピーカーおすすめ18選|高音質・高コスパモデルを厳選

防水Bluetoothスピーカーおすすめ18選|高音質・高コスパモデルを厳選

お風呂やキッチンなど水場で音楽が楽しめる防水Bluetoothスピーカー。機種ごとにIPXで示される防水性能や粉塵性能があります。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんとオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんら専門家2名が選んだ防水Bluetoothスピーカーのおすすめ、さらに選び方のポイントについてご紹介します。


重低音スピーカーおすすめ12選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

重低音スピーカーおすすめ12選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

映画や音楽、ゲームをより大迫力で臨場感を味わいたい場合に重要なのが、重低音域に特化したスピーカーかどうか。Bluetooth対応の有無なども重要な判断基準です。本記事では、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶ重低音スピーカーのおすすめ商品11選をご紹介します。


ロック向けスピーカーのおすすめ7選! 重低音重視やコンパクトなものなど選び方を解説

ロック向けスピーカーのおすすめ7選! 重低音重視やコンパクトなものなど選び方を解説

ロックミュージックを聴くときに重視するポイントは、ズンズンと鳴り響く重低音の深みや、シャリシャリしない高音域、ボーカルの声やギターの音が抜けやすい中音域、全体がバランスよく聴きやすいなどさまざま。とはいえ自分好みで最適なロックスピーカーを見つけるのは簡単なことではありません。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏と編集部が選ぶロックを聴くときにおすすめのスピーカーを紹介します。音質の特徴はもちろん、Bluetooth機能、設置のしやすさなどの機能性にも注目して選んでみてください。


【2020年版】ネットワークオーディオプレーヤーおすすめ9選|アンプ内蔵型も

【2020年版】ネットワークオーディオプレーヤーおすすめ9選|アンプ内蔵型も

音響機器メーカーCEOの眞壁征生さん監修のもと、ネットワークオーディオプレーヤーの選び方とおすすめの商品を紹介! デノンやマランツ、ティアックなどの有名音響機器メーカーの商品を厳選しました。ハイレゾ音源、アンプ内蔵、Wi-FiやBluetooth対応などほしい機能や対応入出力方式を確認することが大切です。記事の後半では、Amazonの人気売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る