【2020年】Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズを厳選

SONY(ソニー)『FE 50mm F1.8(SEL50F18F)』
出典:Amazon
フリーランスライター/カメラマン
武石 修

1981年生まれ。2006年からインプレスのニュースサイト「デジカメ Watch」の編集者として、カメラ・写真業界の取材や機材レビューの執筆などを行う。 2018年からフリー。雑誌やWebサイトでの執筆の他、作品撮影も行い、ストックフォトサイトでの販売も行っている。 2019年はデジタルシネマカメラを導入し、ミュージックビデオなどの撮影・編集も手がけている。

Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。この記事では、プロカメラマンの武石 修さんが選んだEマウントレンズおすすめ6選と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ソニーEマウントレンズとは?

ソニーの「Eマウント」レンズとは、ソニーのミラーレス一眼カメラに対応したレンズの規格を指します。

ソニーはミラーレス一眼カメラのパイオニア的存在で、ミラーレスに対応したEマウントレンズもフルサイズ、APS-Cともに豊富なラインナップです。

ソニー製のカメラとレンズには、ほかに「Aマウント」という規格がありますが、これは、ソニーがコニカミノルタのカメラ事業を引き継いだことで残っているコニカミノルタ時代のマウント規格です。Aマウント対応レンズをソニーのミラーレス一眼カメラに装着するには、マウントアダプターが必要になります。

Eマウントレンズの選び方 プロカメラマンが解説

プロカメラマンの武石 修さんに、Eマウントレンズを選ぶときのポイントを教えてもらいました。レンズ選びに関わるカメラ用語もていねいに説明していただいています。

SONYのフルサイズミラーレス一眼カメラα7
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

旅行先できれいな背景と人物を一緒に撮影をしたいときなどに、Eマウントレンズは活躍します。

イメージセンサーのサイズに合わせて選ぶ

イメージセンサーのサイズ一覧
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

イメージセンサーのサイズ一覧

ソニーのイメージセンサーには、「フルサイズ」と「APS-C」の2種類のサイズが存在します。どのレンズがフルサイズでAPS-Cかは次のレンズの型番で区別されています。

・「a7」「a9」シリーズなどのフルサイズ……「FE~」のレンズ
・「a+4桁の数字」で始まるAPS-C……「E~」のレンズ

フルサイズ用の「FE」で始まるレンズであれば、APS-Cサイズのセンサーにも対応するため、こちらがおすすめです。ちなみに、フルサイズのカメラボディにAPS-C用の「E」で始まるレンズを付けると、APS-Cサイズの画角でしか写りません。

ソニーブランドのレンズを選ぶ

ソニーブランドのレンズとは、それぞれソニー独自の技術を生かして開発された次の3つの高性能レンズになります。

・「G Master(GM)」シリーズ……すぐれた解像性能
・「Gレンズ(G)」シリーズ……美しいボケ味
・「ZEISS レンズ(ZA)」シリーズ……はっきりしたコントラスト

被写体に合わせて選ぶ

レンズを選ぶ際は、撮るものに合わせて選ぶのがポイントです。ポートレートなど背景をきれいにぼかした人物写真なら「F値の小さいレンズ」、風景など画面いっぱいに映したいときは「広角レンズ」、遠くのものを撮りたいときは「望遠ズームレンズ」を選ぶとよいでしょう。

望遠ズームレンズ

動物や運動会など遠くにいるものを撮りたいときは、「E」や「FE」で始まる数字が「85mm」以上のものを選びましょう。おおよその目安は次の通りです。

・中望遠レンズ……85mm以上
・望遠レンズ……135mm以上
・超望遠レンズ……400mm以上

なお、望遠レンズは遠くのもの撮ろうとすればするほど手ブレをおこしやすくなります。そんなときは、光学式手ブレ補正「OSS」(Optical Steady-Shot)の表記があるレンズがおすすめです。

F値の小さいレンズ

人の目の画角に近い50mmの単焦点レンズ。F値1.8の明るさと単焦点ならではのボケ味を堪能できる。

ポートレート写真などでよく背景がきれいにボケた写真がありますが、そうした写真を撮るときは「F~」で始まるF値の低いレンズを選んでください。目安として、「F2.8」を基準に小さいレンズといえます。

フリーランスライター/カメラマン

レンズの明るさをあらわす「F値」。この数字が小さいほど明るく撮れるレンズで、多くの光を取り込めます。焦点距離が同じレンズならF値が小さいほど背景を大きくボカすことが可能です。

ただし、F値が小さくなるほどレンズは大きく重くなる傾向にあり、価格も上昇します。たとえば、50mmレンズであればF1.4のタイプは高級品で10万円を超える製品も見られますが、F1.8になると比較的求めやすい価格になるので狙い目。

単焦点レンズはズームレンズよりもF値が小さいのが一般的ですから、50mmレンズならF1.8でもじゅうぶんに背景をボカして撮ることが可能です。

広角レンズ

旅行に行った際、風景写真などを撮る機会ありますよね。そうしたときには、画面に映しこめる範囲が広い広角レンズがおすすめです。選ぶ際は、「FE」や「E」のあとに続く数字が「35mm」より小さいものを目安に選びましょう。

接写(マクロ)撮影には最短撮影距離が短いものを

撮影距離とは、イメージセンサーから被写体までの距離のことを指します。料理などの物撮りなど被写体に限りなく近づいて撮る際には、「最短撮影距離が35cm以下」の短いレンズを選びましょう。考え方としては広角レンズと同じで、「FE」や「E」で始まる数字が小さいレンズを選べば自ずと最短距離も短いレンズとなります。正確な最短撮影距離を知るには、スペック表を確認してみてください。

芸術的な写真に仕上がる魚眼レンズ

ボンダイビーチと家並み
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

魚眼レンズを使えば、水平線を地球のカーブのように演出することができる。

「コンバーターレンズ」(別売り)を装着すると「21mmの超広角レンズ」や「16mmの魚眼レンズ」としても使える。

魚眼レンズ(フィッシュアイ)は、最短撮影距離が短く、広い範囲の景色を写せるという意味では、接写レンズや超広角レンズの仲間ともいえます。しかし、広角レンズとの大きな違いであり最大の特徴は、中心が盛り上がったような180度以上の写真を撮ることができる点です。この面白さからアート写真でよく用いられる遊び心のあるレンズともいえます。

オートフォーカスかマニュアルフォーカスか

基本的にはAFだが、自分でピントリングを回しMFでも撮影できるレンズ。別売りコンバーターレンズが2種使用でき、多彩な絵作りが楽しめる。

フリーランスライター/カメラマン

交換レンズにはピントが自動で合う「オートフォーカス」(AF)タイプと、自分でピントリングを回して合わせる「マニュアルフォーカス」(MF)タイプがあります。

ソニー純正のEマウントレンズはすべてAF対応です。また、社外品のEマウントレンズも多くがAFに対応しています。

一方で、数は少ないながらMFのEマウントレンズも存在します。これらは描写性能を追求した高級レンズなどに見られ、プロやハイアマチュア向けがほとんど。MFレンズならではのピント合わせの楽しさがあるのも確かですが、使いこなすにはそれなりのスキルが必要です。

カメラをはじめたばかりであれば、AFレンズを選ぶのが無難といえます。なお、今回取り上げるのはすべてAFレンズです。

「焦点距離」で変わる画角とボケ量 プロカメラマンからのアドバイス

フリーランスライター/カメラマン

交換レンズを選ぶ際にまずチェックしたいのが「焦点距離」です。

焦点距離はレンズに「○○mm」と記載してある数字で、この数字が小さいレンズほど広い範囲を写すことができます。反対にこの数字が大きいレンズは写る範囲が狭くなりますが、遠くのものを引き寄せて写すことが可能です。

焦点距離の分類は厳密に決まっているものではありませんが、フルサイズカメラでは一般的に35mmくらいまでを「広角レンズ」、50mm前後を「標準レンズ」、85mm以上を「望遠レンズ」と呼んでいます。

焦点距離が長いほうが背景をボカしやすいので、大きく背景をボカしたいなら標準レンズや望遠レンズを選びましょう。

Eマウトレンズのおすすめ10選 焦点距離・開放F値・最短撮影距離もチェック!

ここまでで紹介したEマウントレンズの選び方のポイントをふまえて、プロカメラマンの武石 修さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。レンズの特徴とともに、使いどころもわかりやすく解説いただいたので、ぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『FE 50mm F1.8(SEL50F18F)』

SONY(ソニー)『FE50mmF1.8(SEL50F18F)』

出典:Amazon

焦点距離 50mm
開放F値 F1.8
最短撮影距離 0.45m
フィルターサイズ φ49mm
最大径×長さ φ68.6×59.5mm
重量 186g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

キットレンズの次に手に入れたい定番単焦点レンズ

50mmレンズは人間の目に近い画角になることから「標準レンズ」と呼ばれており、この種類のレンズを使いこなすことは写真上達の近道でもあります。

本レンズは明るさをF1.8に押さえた廉価版(れんかばん)に当たり、購入しやすいのがポイントです。また、上位のF1.4のタイプ(Planar T* FE 50mm F1.4 ZA)に比べて大幅に小型、軽量となっているのもうれしいところでしょう。

ズームレンズの場合、高級品でもF2.8程度ですからF1.8はじゅうぶんに明るく、背景をボカした写真が手軽に撮れます。ポートレートや散歩がてらのスナップにぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SAMYANG OPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF 50mm F1.4 FE』

SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』 SAMYANGOPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF50mmF1.4FE』

出典:Amazon

焦点距離 50mm
開放F値 F1.4
最短撮影距離 0.45m
フィルターサイズ φ67mm
最大径×長さ φ73.5×97.7mm
重量 585g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

社外品なら「F1.4」が比較的安価で手に入る

上で紹介したF1.8タイプでもじゅうぶんな明るさですが、高級品とされプロにも愛用者が多いF1.4の50mmレンズがほしいという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがSAMYANGのAF 50mm F1.4 FEです。

F値が小さいほど高額になりがちなレンズですが、このレンズはF1.4でも比較的安価に購入することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『FE 85mm F1.8(SEL85F18)』

SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『FE85mmF1.8(SEL85F18)』

出典:Amazon

焦点距離 85mm
開放F値 F1.8
最短撮影距離 0.8m
フィルターサイズ φ67mm
最大径×長さ φ78×82mm
重量 371g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

人物を撮るなら外せない「ポートレートレンズ」

85mmのレンズは人物を撮る際に適度な距離で大きく背景をボカすことができるため、通称「ポートレートレンズ」と呼ばれています。

こちらも高級品としてF1.4タイプがラインナップされており、比較的高価です。その点、本レンズはF1.8としたことで純正レンズながらも手に入れやすい価格を実現しています。

F1.4タイプに比べて小型軽量なこともあり、実はプロにも愛用者が少なくありません。人物撮影で差をつけたいなら、まずこのレンズを検討してみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)』

SONY(ソニー)『SonnarT*FE35mmF2.8ZA(SEL35F28Z)』 SONY(ソニー)『SonnarT*FE35mmF2.8ZA(SEL35F28Z)』 SONY(ソニー)『SonnarT*FE35mmF2.8ZA(SEL35F28Z)』 SONY(ソニー)『SonnarT*FE35mmF2.8ZA(SEL35F28Z)』 SONY(ソニー)『SonnarT*FE35mmF2.8ZA(SEL35F28Z)』

出典:Amazon

焦点距離 35mm
開放F値 F2.8
最短撮影距離 0.35m
フィルターサイズ φ49mm
最大径×長さ φ61.5×36.5mm
重量 120g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

α7シリーズとベストマッチのコンパクトレンズ

35mmは広角レンズのなかでは比較的背景をボカしやすく、風景や人物など幅広い被写体に対応できることから、単焦点レンズのなかでも人気がある焦点距離です。

本レンズは明るさがF2.8と少々暗めの設計ですが、わずか120g程度という軽さでスナップ撮影などにもってこいの1本といえます。全長も36.5mmと短く、α7シリーズに装着すればかさばらずに持ち運ぶことが可能です。

35mm F2.8というスペックのレンズはさらに安いものもサードパーティーから出ていますが、このレンズは高品位レンズの代名詞ともなっている「ZEISS」ブランドを冠しているのが大きなポイント。画質は折り紙つきです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シグマ『35mm F1.4 DG HSM』

シグマ『35mmF1.4DGHSM』

出典:Amazon

焦点距離 35mm
開放F値 F1.4
最短撮影距離 0.3m
フィルターサイズ φ67mm
最大径×長さ φ77×94.0mm
重量 665g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

キレッキレの写りがほしいならこの1本

35mmレンズも高級版として各社からF1.4タイプが出ています。焦点距離が短くなるほど背景はボケにくくなりますから、とくに広角レンズでボケ量を確保したいと思えば少しでも明るいレンズを使うに越したことはありません。

広角ならではの画角で、じゅうぶんにボカすことができるレンズを手軽に手に入れたい人にはこれ。もともと一眼レフカメラ用として登場し、高い解像力で人気を博したモデルです。

今回紹介したレンズのなかでは高額な部類ですが、画質を求めるなら一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『FE 28mm F2(SEL28F20)』

SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』 SONY(ソニー)『FE28mmF2(SEL28F20)』

出典:Amazon

焦点距離 28mm
開放F値 F2
最短撮影距離 0.29m(AF時)/0.25m(MF時)
フィルターサイズ φ49mm
最大径×長さ φ64×60mm
重量 200g

Thumb lg d0443cc1 b23c 4660 adee be401ce4580c

フリーランスライター/カメラマン

コンバーターレンズで楽しめる本格的な広角レンズ

28mmは35mmよりも広々と写せることから、本格的な広角レンズとして風景やスナップ撮影で多用されています。本レンズの明るさはF2で、一般的なズームレンズよりも明るいのがポイント。それでいながら、重さは約200gと軽いのも◎。

このレンズは2種類の「コンバーターレンズ」と呼ばれるオプションが用意されている変わり種で、これを装着すると「21mmの超広角レンズ」または「16mmの魚眼レンズ」としても使えます。

21mmのレンズも魚眼レンズも単体で購入するととても高価なレンズですが、それらを手軽に楽しめるのは大きな魅力といえるでしょう。

タムロン 『28-75mm F/2.8 DiIII RXD』

[3年保険付]タムロン28-75mmF/2.8DiIIIRXD(ModelA036)フルサイズ対応ソニーEマウント大口径標準ズームレンズ[02P05Nov16] [3年保険付]タムロン28-75mmF/2.8DiIIIRXD(ModelA036)フルサイズ対応ソニーEマウント大口径標準ズームレンズ[02P05Nov16] [3年保険付]タムロン28-75mmF/2.8DiIIIRXD(ModelA036)フルサイズ対応ソニーEマウント大口径標準ズームレンズ[02P05Nov16]

出典:楽天市場

焦点距離 28-75mm
開放F値 F2.8
最短撮影距離 -
フィルターサイズ -
最大径×長さ -
重量 550g

ボケ味と高画質の両立が可能

タムロン 『28-75mm F/2.8 DiIII RXD』は、美しいボケ味と高画質を両立している高性能なレンズです。日常の風景やスナップ写真などなども味のある仕上がりになります。撥水性・撥油性に優れたフッ素化合物によるコートが使われており、レンズに汚れが付くのを防ぎます。柔らかい描写からシャープな描写まで、思いのままに表現できますよ。

ソニー 『E PZ 18-105mm F4 G OSS』

ソニーSONYズームレンズFE24-105mmF4GOSSEマウント35mmフルサイズ対応SEL24105G ソニーSONYズームレンズFE24-105mmF4GOSSEマウント35mmフルサイズ対応SEL24105G ソニーSONYズームレンズFE24-105mmF4GOSSEマウント35mmフルサイズ対応SEL24105G

出典:Amazon

焦点距離 27-157.5mm
開放F値 F4
最短撮影距離 0.45m(ワイド端)/0.95m(テレ端)
フィルターサイズ φ72mm
最大径×長さ -
重量 427g

手ブレ補正機能で暗闇でも綺麗

ソニー 『E PZ 18-105mm F4 G OSS』は、電動ズームが搭載されており高性能中倍率ズームレンズとなっています。手ブレ補正効果で暗闇での撮影も綺麗に行えるのが特徴。静かで滑らかなズームとフォーカスを実現しています。静止画撮影はもちろん、動画撮影をすることが多い方にもおすすめのレンズですよ。

ソニー 『FE 135mm F1.8』

焦点距離 135mm
開放F値 F1.8
最短撮影距離 0.7m
フィルターサイズ -
最大径×長さ -
重量 1.44kg

黒が締まった仕上がりになる

ソニー 『FE 135mm F1.8』は、フローティングフォーカス機構を導入することで撮影距離による収差の変動を抑制することに成功しています。コントラストが高く、高い描写性能を誇ります。従来のものよりも軽量で堅牢性に優れて長時間の撮影にも適しています。レンズ最前面にフッ素コーティングがされているので、屋外での撮影も耐えられる状態になっていますよ。

ソニー『E 70-350mm F4.5-6.3 OSS』

【9/21〜26日買いまわりでポイント最大17倍】SONYE70-350mmF4.5-6.3GOSSSEL70350Gソニー望遠ズームレンズ単体新品

出典:楽天市場

焦点距離 70mm
開放F値 F4.5
最短撮影距離 -
フィルターサイズ Φ67mm
最大径×長さ -
重量 625g

超望遠撮影が楽しめる

ソニー 『E 70-350mm F4.5-6.3 OSS』はコンパクトなのに高画質なのが特徴です。シャープな描写と美しいボケが相まって、最高の作品が撮れるはず。自然や動物など、どんな被写体でも思いのままに写せるでしょう。超望遠撮影を楽しみたい方にぴったりのレンズと言えますよ。防塵・防滴に配慮した設計なので、野外の撮影も問題なく行えます。

「Eマウントレンズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『FE 50mm F1.8(SEL50F18F)』
SAMYANG OPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF 50mm F1.4 FE』
SONY(ソニー)『FE 85mm F1.8(SEL85F18)』
SONY(ソニー)『Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)』
シグマ『35mm F1.4 DG HSM』
SONY(ソニー)『FE 28mm F2(SEL28F20)』
タムロン 『28-75mm F/2.8 DiIII RXD』
ソニー 『E PZ 18-105mm F4 G OSS』
ソニー 『FE 135mm F1.8』
ソニー『E 70-350mm F4.5-6.3 OSS』
商品名 SONY(ソニー)『FE 50mm F1.8(SEL50F18F)』 SAMYANG OPTICS(サムヤン・オプティクス)『AF 50mm F1.4 FE』 SONY(ソニー)『FE 85mm F1.8(SEL85F18)』 SONY(ソニー)『Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)』 シグマ『35mm F1.4 DG HSM』 SONY(ソニー)『FE 28mm F2(SEL28F20)』 タムロン 『28-75mm F/2.8 DiIII RXD』 ソニー 『E PZ 18-105mm F4 G OSS』 ソニー 『FE 135mm F1.8』 ソニー『E 70-350mm F4.5-6.3 OSS』
商品情報
特徴 キットレンズの次に手に入れたい定番単焦点レンズ 社外品なら「F1.4」が比較的安価で手に入る 人物を撮るなら外せない「ポートレートレンズ」 α7シリーズとベストマッチのコンパクトレンズ キレッキレの写りがほしいならこの1本 コンバーターレンズで楽しめる本格的な広角レンズ ボケ味と高画質の両立が可能 手ブレ補正機能で暗闇でも綺麗 黒が締まった仕上がりになる 超望遠撮影が楽しめる
焦点距離 50mm 50mm 85mm 35mm 35mm 28mm 28-75mm 27-157.5mm 135mm 70mm
開放F値 F1.8 F1.4 F1.8 F2.8 F1.4 F2 F2.8 F4 F1.8 F4.5
最短撮影距離 0.45m 0.45m 0.8m 0.35m 0.3m 0.29m(AF時)/0.25m(MF時) - 0.45m(ワイド端)/0.95m(テレ端) 0.7m -
フィルターサイズ φ49mm φ67mm φ67mm φ49mm φ67mm φ49mm - φ72mm - Φ67mm
最大径×長さ φ68.6×59.5mm φ73.5×97.7mm φ78×82mm φ61.5×36.5mm φ77×94.0mm φ64×60mm - - - -
重量 186g 585g 371g 120g 665g 200g 550g 427g 1.44kg 625g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Eマウントレンズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのEマウントレンズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用交換レンズランキング
楽天市場:カメラ用交換レンズランキング
Yahoo!ショッピング:交換レンズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】Eマウントレンズに関するそのほかの商品

50mm単焦点を入門にレンズを増やしてみよう プロカメラマンの「ここがポイント」

フリーランスライター/カメラマン

「こんな写真が撮りたい」と思ったら、その写真が撮られたレンズの焦点距離を確認してみましょう。まず、自分が撮りたい写真に合った焦点距離を把握することが重要です。

とはいえ、どんな写真が撮りたいのか定まっていない人もいるでしょう。その場合は、50mmレンズを単焦点レンズの入門にすることをおすすめします。撮り方次第で広角レンズ的にも望遠レンズ的にも使えて、汎用性が高いからです。

一方、同じ焦点距離だと明るいレンズのほうが高級品で高性能といえますが、現在は廉価版のレンズもじゅうぶんな性能をもっており、画質に大きな不満は出ないでしょう。それどころか小型軽量かつ安価というメリットを活かして、本数を増やして撮影に行けばより多くのバリエーションをものにでき、多くの傑作が生まれるかもしれませんね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/30 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キヤノン望遠レンズおすすめ11選【シグマ・タムロンなどサードパーティ製も】

キヤノン望遠レンズおすすめ11選【シグマ・タムロンなどサードパーティ製も】

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、望遠レンズの選び方やおすすめのキヤノン望遠レンズをご紹介します。キヤノンの一眼レフカメラやミラーレスカメラを使っている場合、「望遠レンズ」で撮影したいと考える方も多いでしょう。しかし、さまざまな望遠レンズがあるため、どれを使えばいいかわからないと迷ってしまうこともあります。本記事ではキヤノン純正レンズをはじめ、シグマやタムロンなどのサードパーティ製のレンズも紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


マクロレンズおすすめ10選【写真家が教える】キヤノン・ソニーなど人気メーカー

マクロレンズおすすめ10選【写真家が教える】キヤノン・ソニーなど人気メーカー

一眼レフでの撮影の際、花や昆虫など小さなものを拡大して撮影できるマクロレンズ。標準レンズや望遠レンズでは見られないような美しい景色を切り取ることができるので、カメラ好きなら興味をもったことがある人は多いでしょう。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、マクロレンズの選び方とおすすめレンズをご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズ。手ぶれ補正機能付きの望遠レンズなどは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ望遠レンズのおすすめと選び方についてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンをはじめとするレンズメーカーが展開する交換レンズのラインナップには、純正レンズにはない焦点距離をカバーしたものや、すぐれた描写性能のわりに価格が安く設定されているものなど、魅力的な製品がたくさんあります。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんが選んだタムロンの広角レンズのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る