中型・大型電動ドライバーおすすめ5選|パワー・スピードのある商品も紹介

中型・大型電動ドライバーおすすめ5選|パワー・スピードのある商品も紹介

電動ドライバーでの中型、大型というのは長さや重さといった大きさでなく、パワーを指しています。

もちろんパワーがあればあるほど、その分工具も大きくなるわけですが、中型のドライバーのトルクはいくつからいくつまでという決まった基準はありません。

本記事では、中型・大型電動ドライバーの選び方とおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター
神村 さゆり

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と現場代理人女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。 住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。 整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として800名余の資格者を認定。また資格試験対策として二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。手描き図面やイラストでのプレゼンにも定評があり、多くの文具を試してきた。 多趣味が高じて醗酵教室や手抜き家事教室を開催し好評を得ている。 子ども3人。A型・獅子座

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

中型・大型電動ドライバーの選び方

それでは、中型・大型電動ドライバーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】トルク(パワー)
【2】サイドハンドルがあるか
【3】取り回しの良さ・耐久性
【4】電源


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】トルク(パワー)をチェック

 

パワー表示として確かなモノは「トルク(※)」です。トルクが大きいほど回す力が大きいということですから、大きなビスも回せます。

また、大型のドライバーがねじ回しだけの機能ということはありえません。当然ドリル機能が付随しています。トルクの大きなドリルでは、コンクリートや金属などの固いものへの穴あけや径の大きな穴開けも可能になります。

※ トルク=回す力×距離のこと。単位はN.m(ニュートンメートル)。

【2】サイドハンドルがあるかチェック

 

中型・大型の電動ドライバーは強いパワーがありすぎて、片手で安定して使うのが難しくなります。このクラスの電動ドライバーであればサイドハンドル付きを選ぶとよいでしょう。

大型のドライバーは購入時に標準で付属しているのがほとんどです。ないモデルでも別売りで購入可能ですのであまり心配しないでください。両手で本体のハンドルとサイドハンドルを持ち、材料にビットを当てます。このとき、力の入れ具合がしっくりこなければサイドハンドルを調整します。サイドハンドルはバンドで固定しているので、向きの変更や取り外しが可能です。

また、小型のドライバーであっても市販されているサイドハンドルの取り付けが可能です。

【3】取り回しの良さ・耐久性をチェック

電動ドライバーを使う男性
ペイレスイメージズのロゴ

中型、大型とはいえ取り回しのしやすさはやはり重要です。

パワーがあるほど大きさや重量も増してきますが、ある程度以上になるとトルクと大きさが比例しなくなります。必要トルクが確認できたら、その範囲内でドライバーを選ぶといいでしょう。

その他、耐久性も気になるところですが、紹介する商品はすべてプロ用なので、多少荒っぽく連続使用してもビクともしません。DIY用の廉価タイプの中には5分以上の連続使用を推奨しないものもあります。

【4】電源をチェック

 

充電式はバッテリーを工具に取り付けて持ち運ぶので、コンセントがないところでもどこでも使用できます。しかし、バッテリー供電量には限りがあるので、長時間の作業はできません。また、バッテリーの分だけ重くなってしまいます。

一方、電源式は充電切れのおそれはありませんが、電源コンセントがあることが必須になります。当然、停電のときは使用できません。

中型・大型電動ドライバーおすすめ5選

上で紹介した中型・大型電動ドライバーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』

HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』
出典:Amazon この商品を見るview item
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター:神村 さゆり

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

ハイパワーとハイスピードが自慢

ドリルドライバーとして最大トルク138N.mを誇ります。とにかくパワー重視の方におすすめ。

当該ビットを装着することでサイディング(※1)やALC(※2)などの穴あけも実現します。うれしいことに二層成形の大形クラッチダイヤルを採用しているので文字がはっきり見えます。使い込んでくるごとに摩耗(まもう)して文字が見づらくなることも多いのですが、この気配りはいいですね。

全長204mmと取り回しのよさもポイント高いです。

※1 サイディング=外装材の一種。セメントを固めたものや金属板などが多い。
※2 ALC=軽量気泡コンクリートのこと。外装材や一部間仕切りにも使用される。

エキスパートのおすすめ

Makita(マキタ)『充電式ドライバドリル(DF481DRGX)』

マキタ(Makita)充電式ドライバドリルDF481DRGX マキタ(Makita)充電式ドライバドリルDF481DRGX マキタ(Makita)充電式ドライバドリルDF481DRGX マキタ(Makita)充電式ドライバドリルDF481DRGX マキタ(Makita)充電式ドライバドリルDF481DRGX
出典:Amazon この商品を見るview item
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター:神村 さゆり

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

防滴・防塵のAPT仕様でハードな現場で性能発揮

プロ仕様で最大トルク125N.mを誇っています。全長205mmとやはり取り回しのよさもあり、高パワーと相まって過酷な現場で重宝されます。

また、バッテリーの残容量表示と故障表示もユニークでいいですね。バッテリーが途中で無くなるとその後の作業に支障をきたします。これを防いでくれるということは、結果的に後戻りを回避できるので助かります。バッテリー切れを防ぎたいならこちらがおすすめです。

エキスパートのおすすめ

BOSCH(ボッシュ)『コードレス振動ドライバードリル(GSB 18VE-EC)』

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター:神村 さゆり

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

EC(ブラシレス)モーター搭載でメンテナンス軽減

ボッシュ独自のEC(ブラシレス)モーター採用です。完全メンテナンスフリーとはいいませんが、かなりの手間を軽減してくれます。

最大トルクは75N.mですのでよい仕事を期待できますね。大型サイドハンドルは安定性がよく、バランスも取りやすいので初心者や力の弱い方にもおすすめできます。

バッテリーは熱対策済ですので、連続使用も安心です。

エキスパートのおすすめ

Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』

Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』
出典:Amazon この商品を見るview item
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター:神村 さゆり

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

セントラル換気システム用の大径穴あけに特化

最大締付トルクは42N.m。中型の代表としてもよいかと思います。

セントラル換気システム用の大径穴あけに特化しているので、大穴を空けることが多い方におすすめします。もちろん振動ドリルなのでサイディングやちょっとしたモルタルなどの穴あけなどにも使用できます。

LEDライトが付いているので多少の暗がりでも大丈夫。バッテリーは55分でフル充電します。もちろんIP56(※)対応で防塵耐水もあります。

エキスパートのおすすめ

HiKOKI(ハイコーキ)『オイルパルスドライバ(WP12VA)』

HiKOKI(ハイコーキ)『オイルパルスドライバ(WP12VA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『オイルパルスドライバ(WP12VA)』
出典:Amazon この商品を見るview item
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター:神村 さゆり

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

電源コード式で残量の心配なし

充電式だけでなく電源式も紹介します。電源式はバッテリー切れの心配がありません。バッテリー残量を気にすることなくバンバン作業したい方に断然おすすめ。前もっての充電を確認する必要はありません。ただし、コンセントに繋がなければいけないので、コード自体が邪魔だ、という方もいます。

最大締付トルクは30N.mとかなり小型に近いのですが、安定性は抜群です。コードとフックを除く本体部分の重量が1.4kgとバッテリーがない分軽量です。オイルパルス機構(※)で打撃音を軽減しています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』
Makita(マキタ)『充電式ドライバドリル(DF481DRGX)』
BOSCH(ボッシュ)『コードレス振動ドライバードリル(GSB 18VE-EC)』
Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』
HiKOKI(ハイコーキ)『オイルパルスドライバ(WP12VA)』
商品名 HiKOKI『36V振動ドライバードリル(DV36DA)』 Makita(マキタ)『充電式ドライバドリル(DF481DRGX)』 BOSCH(ボッシュ)『コードレス振動ドライバードリル(GSB 18VE-EC)』 Panasonic(パナソニック)『振動ドリル&ドライバー(EZ7960)』 HiKOKI(ハイコーキ)『オイルパルスドライバ(WP12VA)』
商品情報
特徴 ハイパワーとハイスピードが自慢 防滴・防塵のAPT仕様でハードな現場で性能発揮 EC(ブラシレス)モーター搭載でメンテナンス軽減 セントラル換気システム用の大径穴あけに特化 電源コード式で残量の心配なし
サイズ W204×D262×H78mm W205×D266×H79mm W204×D255mm W245×D255×H75mm W194×D211mm
重量 2.3kg(BSL36A18装着時) 2.3kg(バッテリー含む) 2.3kg(バッテリー含) 2.5kg 1.4kg(コード、フック除く)
最大トルク 低速:138N.m、高速:80N.m 125N.m 剛性体締付トルク:75N.m(ドリルポジション)、弾性体締付トルク:47N.m(ドリルポジション) 低速:42N.m、高速:15N.m 30N.m
サイドハンドル あり あり あり あり なし
電源方式 充電式 充電式 充電式 充電式 コード式(長さ10m)
充電時間 約25分(UC18YDL使用時) 約55分 約35分(空~75%ターボ充電)、 約55分(空~フル充電) 実用充電で約42分、フル充電で約55分 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 中型・大型電動ドライバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での中型・大型電動ドライバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:中型・大型電動ドライバーランキング
楽天市場:中型・大型電動ドライバーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

純粋にドライバーのみの機能では中型や大型電動ドライバーの必要はないでしょう。必要なのはドリル機能があるからなんですね。

ビス穴を開けるだけでなく、配管やダクトなど大きく穴あけを必要とする際に大型トルクのドリルドライバーが必要となります。

大きな穴は切り口も見えてしまいます。美しく抜くためにも手がブレブレでは困ります。しっかりとサイドハンドルを持って固定させましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

正確にきれいな穴をあけるのに便利なボール盤。DIY用からプロ用までさまざまな機種があり、ねじ切り加工やリーマ加工など、どのような加工をするかによって選ぶべき機種がかわってきます。本記事では、ボール盤の選び方とおすすめの商品をご紹介。マキタやハイコーキなど、日本製メーカーの特徴についても詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

コンクリートの穴あけにおすすめなドリルビット10選|形状ごとの違いも解説

コンクリートの穴あけにおすすめなドリルビット10選|形状ごとの違いも解説

コンクリート用ドリルビットとは、コンクリート材やタイル材などに穴を開けるために使用するドリルの先端に取り付けるパーツです。ハンマードリルや振動ドリルに取りつけて使います。本記事では、コンクリート用のドリルビットの選び方とおすすめ商品をご紹介。形状ごとの違いを解説した上で、振動ドリル用やンマードリル用、セット商品までピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

木材や金属の穴あけに!ドリルビットおすすめ13選|繊細な作業・大サイズ向けも

木材や金属の穴あけに!ドリルビットおすすめ13選|繊細な作業・大サイズ向けも

ドリルビットとは、いわゆる電動ドライバーの先端に取りつける刃のこと。本格的にDIYを始めるのには欠かせない工具です。ドリルビットの種類はひじょうに多く、DIYで何をしたいのかによって選び方が変わってきます。本記事では、DIYアドバイザーの野口僚さん監修のもと、初心者向けにドリルビットの種類や選び方、そして、おすすめ商品を素材別にご紹介。プラモデル向けの繊細な穴あけ用や、日用大工で使用できる木材の穴あけ用まで、幅広くピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

トルクスドライバーセットおすすめ5選|T型の使いやすい商品を紹介

トルクスドライバーセットおすすめ5選|T型の使いやすい商品を紹介

精密機器などに使われている星型のねじを「トルクス」と呼びます。本記事では、トルクス(ヘクサロビュラー・インターナル、ヘックスローブ)ドライバーが使用される場面やネジの特徴、選び方とおすすめをご紹介。さらに、記事後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

パワー重視モデル・操作性重視モデルまで厳選!振動ドリルおすすめ13選

パワー重視モデル・操作性重視モデルまで厳選!振動ドリルおすすめ13選

振動ドリルとは、軸方向に打撃力をプラスした電動ドリルのこと。コンクリートやモルタルなどに穴開けをするとき、回転のみのドリルでは目詰まりしてしまうために振動を加えます。本記事では、振動ドリルの選び方とおすすめをご紹介。パワー重視で硬いコンクリにも使えるタイプや、コンパクトで操作しやすいタイプまで幅広くピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。