ダンプポーチおすすめ9選|大容量でマガジンを取り出しやすいタイプも

ダンプポーチGen2 マルチカム
出典:Amazon

本記事では、アウトドアライターの中山一弘さんへの取材のもと、ダンプポーチを選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介いたします。大容量タイプやマガジンを入れやすいタイプ、おしゃれなタイプまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「アウトドア・キャンプ」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。学生の頃から国内海外問わず一人旅に夢中。旅・アウトドア関連グッツに精通している。趣味は筋トレや格闘技。まずは見た目からとモットーにスポーツ用具やウエア選びにも余念がない。

◆本記事の公開は、2019年09月20日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ダンプポーチとは

 

ダンプポーチとは、撃ち終えて空になったマガジン(エアガンの弾を入れる部品)を入れておくポーチのこと。

サバゲーで弾切れになった際、撃ち終えたマガジンはポイポイ捨てるわけにもいきません。かといって、マガジンをポケットなどに入れ替える暇もありません。そんなときに素早くマガジンを交換できるのがダンプポーチのメリット。

撃ち終えたマガジンをダンプポーチに投げ入れ、替えのマガジンを装填。すぐさま次の体勢を取る。といったように、サバイバルゲームではぜひとも用意しておきたい便利なアイテムのひとつです。

ダンプポーチの選び方 マガジン素早く交換し、隙を作らない

それでは、ダンプポーチの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】マガジンの数に応じたサイズをチェック
【2】どこへ着けるかチェック
【3】デザインや入れやすさをチェック


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】マガジンの数に応じたサイズをチェック

 

1ゲームで使い切るマガジンの量は、人それぞれです。使っているマガジンの装弾数にもよりますし、ゲーム内容によっても大きく異なるため、なかなか一概には言えません。

しかし、ノーマルマガジン派の人はマガジンを頻繁(ひんぱん)に交換するため、容量の大きなダンプポーチ、大容量マガジン派の人は交換が少ないのでコンパクトなダンプポーチが必要になるという傾向はあると思います。

よく行くフィールドのゲーム内容やルール、自分の好みなども考え、1ゲームで交換するマガジン数に応じたサイズのダンプポーチを選びましょう。

【2】どこへ着けるかチェック

 

ダンプポーチをどこに身に着けるかによっても、選ぶタイプが変わってきます。

一番オーソドックスなのは、動きを妨(さまた)げない腰ベルトの後ろにつけてお尻に垂らしておくスタイルか、マガジンを受け取る手が真下に降りる側の腰にとりつけ、腿(もも)に垂らすかだと思います。

モールシステム対応のものであれば、ベストなどの好みの場所に着けることができるので便利ですが、これはベストをつねに着用している人やモールシステム対応ベルトなどを使用している人向きになります。

自分がダンプポーチを着けたい位置に合わせられる製品を選びましょう。

【3】デザインや入れやすさをチェック

 

ダンプポーチを使うときは、開口部のデザインやサイズがよく話題になります。通常は巾着式で、口紐である程度の大きさに決めておくことが多いですが、そのサイズは人によってそれぞれです。

そのほか、チャック式で問題なく使える人もいれば、マガジン交換の頻度が少ないから必要なときだけ使うという人までさまざまです。

こればかりは自分で決めるしかないので、どんなダンプポーチが自分のプレイスタイルに合うのか、イメージしながら選びましょう。

ダンプポーチおすすめ4選|自衛隊スタイル 折り畳み式、大容量、初心者向けなど

上記で紹介したダンプポーチの選び方をふまえて、アウトドアライターの中山一弘さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介していきます。

まずは、自衛隊スタイルのダンプポーチです。ぜひ参考にしてください。

karrimor SF『ロールアップ ダンプポーチ』

karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン)) karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン)) karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン)) karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン)) karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン)) karrimorSFRollUpDumpPouch・カリマーSFロールアップダンプポーチ(オリーブ(グリーン))
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

伸縮開閉する開口部が決め手!

ふだんは小物入れぐらいのサイズにしか見えませんが、開いてみると大容量のダンプポーチになる製品です。折りたたみ式とはまたちょっと違う、「巻取り式」とでもいう感じのアイテムですが、この製品のすばらしいところは開口部です。

巾着式ではないのですが、伸縮性のある素材を使っているので出し入れはスムーズ。それでいて、動きで中身が飛び出てくるようなことがありません。アクティブに動くアタッカー向きのダンプポーチです。

WARRIOR ASSAULT SYSTEMS『ダンプポーチ ROLL UP GEN2』

収納口外周にインナーフレーム内蔵で型崩れ防止

マガジンを入れやすいように収納口外周にインナーフレームを内蔵し、型崩れを防止します。布巾着のふたとバンジーコードで開口の大きさを変更できるため、激しい運動をしても中身が落下しにくい構造です。使用しないときは巻き上げてストラップで固定可できます。

装着方法は3通り可能です。1つは2本のストラップをMOLLEに通し位置をさげ収納しやすさを優先する、もう1つはベルトループにベルトを直接とおす、最後の1つはベルトパックなどのMOLLEにしっかりと装着するです。

SHENKEL『ドロップマガジンダンプポーチ』

SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd SHENKELドロップマガジンダンプポーチマンドレイクpouch-012kmd
出典:Amazon この商品を見るview item

装着したときにごわつかない手頃なサイズ

M4マガジンなら4~5本は楽に入る大きさです。装着したときにごわつかない丁度いいサイズです。

開口部はゴムが入っているため、バンジーコードを引くことで丁度いいサイズに変更できます。底部にはドレインホールがあるため、湿度や水滴を逃がしてくれます。

FLYYE『Magazine Drop Pouch』

FLYYEMagazineDropPouchKH FLYYEMagazineDropPouchKH
出典:Amazon この商品を見るview item

口が広く使用したマガジンを放り込みやすい

ベルト等に取り付けてスムーズなマグチェンジをサポートします。口が広くマガジンを入れやすいデザインです。

使用しないときなどは省スペースに丸めておくことができます。1000Dコーディラナイロンを使用し、上質の使用感・安定の耐久性を実現します。

ダンプポーチおすすめ3選|米海兵隊スタイル

続いては、米海兵隊スタイルにピッタリのダンプポーチです。こちらもぜひ参考にしてください。

OneTigris『ダンプポーチ』

OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン) OneTigrisダンプポーチ自衛隊装備レプリカ腰袋マガジンポーチタクティカルギアアクセサリーポーチ小物収納エコ折りたたみモール対応(ブラウン)
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

折りたたみ式で使いやすい! 大容量のダンプポーチ

いつもは腰ベルトなどに折りたたんで着けておき、必要なときに開いて使用するタイプのダンプポーチです。モールシステムにも対応しているので、装着場所が選べるのもいいですね。

なお、折りたたみ時の留め具は「ベルクロ」なので、とても扱いやすいのも特長だと思います。たっぷりマガジンが入るので、たくさん使う人向きといえます。

『キャンバス ダンプポーチ』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

レッグに取り付けるタイプのダンプポーチ

腿に着けるタイプのダンプポーチです。ザクザク入れるというイメージとは違いますが、これで充分という人も多いと思います。そして何より、この製品は高密度キャンバス生地を使っているので質感が最高です。

ミリタリーっぽい雰囲気ですが、カジュアルにも使えるので、アウトドア全般で利用できそうな点も見逃せません。サバゲーにもおしゃれ心を持ちたい人にぴったりですね。

CONDOR『ドロップレッグダンプポーチ MA38』

コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック コンドルダンプポーチドロップレッグMA38ブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

空マガジンを素早く収納可能

収納部が頑丈なつくりとなっているため形状がキープされ、使用したマガジンや他の装備品などを簡単に素早く収納できます。

レッグストラップはクイックリリースバックル付きで滑り止めラバーライナーとなっています。

ダンプポーチおすすめ2選|その他のスタイル

最後は、黒をはじめとしたその他のスタイルのダンプポーチです。ぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

CP Technology『ダンプポーチ』

CPTechnology腰袋!マガジン収納ダンプポーチミリタリーポーチブラック旧式 CPTechnology腰袋!マガジン収納ダンプポーチミリタリーポーチブラック旧式 CPTechnology腰袋!マガジン収納ダンプポーチミリタリーポーチブラック旧式 CPTechnology腰袋!マガジン収納ダンプポーチミリタリーポーチブラック旧式 CPTechnology腰袋!マガジン収納ダンプポーチミリタリーポーチブラック旧式
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

コストバリュー最高! 最初のダンプポーチに最適

サイズ的にたっぷりとはいきませんが、少数のマガジンを入れるのにちょうどいいダンプポーチ。D管やメッシュポケットもあるので、小物を入れるのにもよさそうです。

この製品は、何よりも価格がびっくり! リーズナブルな価格なので、お試しに最適ですね。

これならゲームで使ってみて、いざダメだったとしてもチョークバッグやドリンクホルダーにも流用できそうです。ダンプポーチをはじめて使う人におすすめしたいですね。

エキスパートのおすすめ

CONDOR『タクティカルギア MA22』

未使用時はロールアップしベルクロで固定可能

使用しないときは折りたたんでおき、使用時に広げてマガジンを収納できるポーチです。

布巾着のため、激しい動きをしても中身が落ちにくい構造です。タクティカルベルトやバッグなどに簡単に取り付けることができます。

大きなコンパーメントにはスノウスカートやドローストリングのほか、底部に排水穴もついています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
karrimor SF『ロールアップ ダンプポーチ』
WARRIOR ASSAULT SYSTEMS『ダンプポーチ ROLL UP GEN2』
SHENKEL『ドロップマガジンダンプポーチ』
FLYYE『Magazine Drop Pouch』
OneTigris『ダンプポーチ』
『キャンバス ダンプポーチ』
CONDOR『ドロップレッグダンプポーチ MA38』
CP Technology『ダンプポーチ』
CONDOR『タクティカルギア MA22』
商品名 karrimor SF『ロールアップ ダンプポーチ』 WARRIOR ASSAULT SYSTEMS『ダンプポーチ ROLL UP GEN2』 SHENKEL『ドロップマガジンダンプポーチ』 FLYYE『Magazine Drop Pouch』 OneTigris『ダンプポーチ』 『キャンバス ダンプポーチ』 CONDOR『ドロップレッグダンプポーチ MA38』 CP Technology『ダンプポーチ』 CONDOR『タクティカルギア MA22』
商品情報
特徴 伸縮開閉する開口部が決め手! 収納口外周にインナーフレーム内蔵で型崩れ防止 装着したときにごわつかない手頃なサイズ 口が広く使用したマガジンを放り込みやすい 折りたたみ式で使いやすい! 大容量のダンプポーチ レッグに取り付けるタイプのダンプポーチ 空マガジンを素早く収納可能 コストバリュー最高! 最初のダンプポーチに最適 未使用時はロールアップしベルクロで固定可能
サイズ 幅290×奥行100×高さ190mm(使用時) 260x240x120mm 290x250mm 250x280mm 幅265×高さ285mm(折りたたみ時265×100mm) 幅230×奥行60×高さ320mm 7x7.5x3インチ 幅150×奥行80×高さ220mm 300x250mm
素材 KS-100e(布地:1000デニールナイロン、コーティング:シリコン・PUエストラーマー) 500D ナイロン 600デニールナイロン 1000D コーデュラ ナイロン ナイロン 軍用キャンバス - - 600D ナイロン
カラー展開 コヨーテ、ブラック、オリーブ(グリーン)、マルチカム オリーブドラブ、コヨーテタン、ブラック、マルチカム、レンジャーグリーン マルチカム / ACU / A-TACS AU / A-TACS FG / ブラック / オリーブドラブ 等 - ブラック、ブラウン ブラック、ブラウン、コーヒー、アーミーグリーンほか Olive Drab、Black、Tan、 Coyote Brown ブラック、タン、オリーブドラブ ほか ブラック、OD、TAN、コヨーテブラウン
重さ - 約210g 160g - - - - 約170g 170g
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年2月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ダンプポーチの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのダンプポーチの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ダンプポーチランキング
Yahoo!ショッピング:ダンプポーチランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】エキスパートのアドバイス

キャンプ/釣りライター

サバゲーに限らず使えるメリットもある

製品紹介のコメントでも少し触れましたが、ダンプポーチはサバゲーだけにとどまらず、キャンプや釣りなどのアウトドアでも使い勝手のよい製品です。気軽にどんどん物を入れられますから、ちょっとした汎用性のあるバッグとして機能してくれます。

見つけた木の実を入れてもいいですし、ゴミ箱代わりに使うこともできます。さまざまなシチュエーションに合わせて、アイデア次第で何にでも使えるのも魅力ですね。これを機に、みなさんも自分にぴったりの製品をみつけてみてください。

【関連記事】その他のサバゲーアイテムをチェック

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部