ウォッシャー液おすすめ10選|フロントガラスを清潔に!撥水タイプや油膜取りタイプも

シュアラスター ウォッシャー液 ゼロウォッシャー [超純水クリアータイプ] 2L SurLuster S-103
出典:Amazon

「ウォッシャー液がなくなった」場合、液を切れたままにしないで補充や交換をしなければいけません。通常は同じものを継ぎ足して、補充のみでよいですが、撥水タイプから油膜タイプなど違う種類に変更する場合は、一度すべて空にしてから交換するほうが安心です。

ウォッシャー液は、原液での利用、希釈しての利用のほか、汚れを取るだけでなく、撥水や油膜取りなどの効果の違いもあり、用途に応じてさまざまなタイプがあります。もちろん、容量やコスパも重要です。

本記事では、ウォッシャー液の選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


この記事を担当するエキスパート

カージャーナリスト
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。 その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。 また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:自動車・バイク
大熊 武士

「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

『おすすめ商品』を今すぐ見る
『商品の比較一覧表』を今すぐ見る

ウォッシャー液の選び方

カージャーナリスト・松村 透さんに、ウォッシャー液を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。なにを基準に選ぶべきなのかわからないという方も、本記事を読めば選ぶポイントが理解できるはず。ぜひウォッシャー液選びの参考にしてみてください。

コスパ重視か機能重視か?

 

コスパを重視して、本来の役目である「フロントガラスの汚れを除去するだけ」のウォッシャー液を選んでもいいと思います。その一方で、値段は高くなりますが、撥水(はっすい)加工や油膜(ゆまく)取りなどの付随する性能を持ちあわせたウォッシャー液にこだわるのもありです。

もし、判断に迷ったときは、幅広い用途に対応できるコスパ重視のウォッシャー液を選ぶことをおすすめします。それで物足りないと感じたら、プラスアルファの性能を追求してもよいと思います。

撥水か油膜取りかなど、目的を事前に確認

ウォッシャー液にもさまざまな種類があります。たとえば、フロントガラスの水分をはじきたいのであれば撥水タイプを。とくに夜間など、フロントガラスがギラギラと反射して見えにくいときは油膜取りタイプを選んでください。

効果を持続させるため、用途を決めたらできるだけ同じ製品のウォッシャー液を使い続けることをおすすめします。置き場所が確保できるのであれば、気に入ったウォッシャー液を見つけたら、何本かまとめ買いをしてもいいかもしれません。

原液タイプか希釈タイプかを確認

 

原液タイプは、開封すればそのままウォッシャー液用の注入口に流し込めるので、外出先などですぐに使いたいときに薄める必要がなく便利です。一方、希釈タイプは基本的に水と混ぜ合わせて使うタイプなので、濃度を調整できるメリットはあります。

しかし、割合次第では本来の性能を発揮できないこともあるので、使用前に取り扱い説明書をよく確認してから使うようにしてください

冬季や寒冷地では凍結温度を確認

ウォッシャー液の凍結温度も、原液タイプと希釈タイプで異なります。原液タイプのほうがアルコール分が高いため凍結温度が低く、北国や高地など、冬場に外気温が低い場所でもウォッシャー液本来の性能を発揮します。

ラベルに「原液:−30℃まで、希釈:−10℃まで」と具体的な温度が記載されているので、使う前によく確認してください

フロントガラスを撥水加工している場合は成分を要確認

ディーラーやカー用品店などでフロントガラスに撥水加工を施している場合、専用のウォッシャー液を指定されることがあります。それ以外のウォッシャー液を使うと、ワイパーが作動しているときにビビリ音がしたり、折り返しの部分にワイパーの拭き取り跡が残ったりして、かえってフロントの視界を遮ることになりかねないので注意が必要です。

指定品の入手がむずかしい場合は、容器のラベルに「撥水加工対応」と記載されているものを選んでください

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Surluster(シュアラスター)『ゼロウォッシャー[超純水クリアータイプ](S-103)』
錦之堂 スーパーレイン・X『GTウォッシャー(8455)』
古河薬品工業(KYK)『解氷 スーパーウォッシャー液(ー60℃)(19-028)』
古河薬品工業(KYK) 『強力油膜取り スーパーウォッシャー液(17-026)』
プロスタッフ『ウインドウォッシャー液スーパー2L(A-41)』
SOFT99『ガラコウォッシャー液(04954)』
古河薬品工業(KYK)『ウインドウオッシャー液 (12-091)』
シーシーアイ『スマートビュー ウォッシャー液 (G-100)』
Holts(ホルツ)『ウォッシャー液 クルマの【激落ちくん】(MH70116)』
シーシーアイ『アメットビー 撥水型 ウインドウォッシャー液(G-49)』
商品名 Surluster(シュアラスター)『ゼロウォッシャー[超純水クリアータイプ](S-103)』 錦之堂 スーパーレイン・X『GTウォッシャー(8455)』 古河薬品工業(KYK)『解氷 スーパーウォッシャー液(ー60℃)(19-028)』 古河薬品工業(KYK) 『強力油膜取り スーパーウォッシャー液(17-026)』 プロスタッフ『ウインドウォッシャー液スーパー2L(A-41)』 SOFT99『ガラコウォッシャー液(04954)』 古河薬品工業(KYK)『ウインドウオッシャー液 (12-091)』 シーシーアイ『スマートビュー ウォッシャー液 (G-100)』 Holts(ホルツ)『ウォッシャー液 クルマの【激落ちくん】(MH70116)』 シーシーアイ『アメットビー 撥水型 ウインドウォッシャー液(G-49)』
商品情報
特徴 汚れ落としとクリアな視界にこだわりたい方へ フッ素系界面活性剤が耐久性と撥水を実現 原液なら「−60℃」まで使えるウォッシャー液 強力な油膜取りにこだわるならこのウォッシャー液 コスパ重視! 希釈しても使えるウォッシャー液 寒冷地でもオールシーズン使えるウォッシャー液 気化性洗浄剤VAC配合で、白いシミ跡が残らない 環境や車に優しい中性タイプ 「激落ちくん」シリーズのウォッシャー液 気温に合わせて希釈するタイプのウォッシャー液
容量 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,000ml 2,200ml
効果 液跡が残らない 撥水 解氷/油膜除去/塩カル除去 油膜除去 洗浄 液跡が残らない 液跡が残らない 中性タイプで車やワイパーゴムを痛めない 液跡が残らない 撥水
凍結温度 −30℃ −30℃ −60℃ −20℃ - -40℃ -30℃ -20℃ -30℃ -22℃
液体タイプ 原液 原液(希釈可) 原液 原液(希釈可) 原液(希釈可) 原液(希釈可) 原液 原液(希釈可) 原液 原液(希釈可)
ガラス撥水コート対応 - - × 対応 対応 - 対応 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月9日時点 での税込価格

ウォッシャー液おすすめ10選

それでは、ウォッシャー液のおすすめ商品を紹介します。それぞれ用途の異なるアイテムをご紹介いただいたので、ぜひ参考にしてみてください。

エキスパートのおすすめ

Surluster(シュアラスター)『ゼロウォッシャー[超純水クリアータイプ](S-103)』

シュアラスターウォッシャー液ゼロウォッシャー[超純水クリアータイプ]2LSurLusterS-103 シュアラスターウォッシャー液ゼロウォッシャー[超純水クリアータイプ]2LSurLusterS-103
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

汚れ落としとクリアな視界にこだわりたい方へ

中性タイプが多いなか、こちらは弱アルカリ性。不純物をほとんど含まない水質グレード「A3」相当の精製水を使用している超純水タイプのウォッシャー液です。噴射後に水分が乾いても、フロントガラスに跡が残らないのは魅力です。

撥水加工を施しているクルマや、マイナス30度まで凍らないため、冬場に気温が下がる地域やウインタースポーツを楽しむ方、ワイパー作動時の跡残りが気になる方にもおすすめです。

ただし、ほかのウォッシャー液と混ぜると超純水ではなくなるため、本来の性能が発揮されなくなります。最初に使うときはウォッシャータンクを空にする必要があるため注意が必要です。

エキスパートのおすすめ

錦之堂 スーパーレイン・X『GTウォッシャー(8455)』

スーパーレイン・Xウォッシャー20008021[HTRC3] スーパーレイン・Xウォッシャー20008021[HTRC3] スーパーレイン・Xウォッシャー20008021[HTRC3] スーパーレイン・Xウォッシャー20008021[HTRC3]
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

フッ素系界面活性剤が耐久性と撥水を実現

30年ほど前、ひんぱんにテレビCMがオンエアされていた時期があり、いまだに根強いファンが多いスーパーレイン・X。こちらの製品はフッ素系界面活性剤を採用したことにより、撥水被膜の耐久性が向上。また、コーティング被膜表面をなめらかにすることで、ワイパーのビビリを減少しています。

ガラスコーティングが施工されたクルマにも対応しており、耐久性と撥水性を重視したい人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

古河薬品工業(KYK)『解氷 スーパーウォッシャー液(ー60℃)(19-028)』

カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

原液なら「−60℃」まで使えるウォッシャー液

原液で「−30℃」まで使用可能というウォッシャー液が多いなか、こちらはなんと「−60℃」までOK! さらに、フロントガラスに付着した氷や霜を溶かしてくれるだけでなく、油膜取りや塩化カルシウムまで除去してくれるので、厳冬地にお住まいの方や、ウインタースポーツなどで出かける機会がある方にはとくにおすすめしたい商品です。

ただし、撥水効果はないので、その点は購入前に用途を確認してください。

エキスパートのおすすめ

古河薬品工業(KYK) 『強力油膜取り スーパーウォッシャー液(17-026)』

カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

強力な油膜取りにこだわるならこのウォッシャー液

いちどフロントガラスに油膜が付着すると、通常のウォッシャー液では除去できません。

そこでおすすめなのが、油膜取り機能を備えたこちらのタイプ。原液であれば「−20℃」まで使えますので、多くの厳冬地でフロントガラスに付着した塩化カルシウムを取り除く効果も期待できそうです。しかし、水分が乾くと跡が残るケースもあるので、やわらかいタオルなどで拭き取ってください。

エキスパートのおすすめ

プロスタッフ『ウインドウォッシャー液スーパー2L(A-41)』

カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

コスパ重視! 希釈しても使えるウォッシャー液

撥水や油膜取りなどの機能を持たないもっともシンプルなタイプのウォッシャー液。

原液のまま使えば強力に汚れを除去してくれますし、コスパ重視であれば、希釈して使えば長持ちさせることも可能です。汎用性と必要最低限の性能である、フロントガラスの汚れを除去してくれる機能をクリアしてくれたらそれでOKという人であれば、こちらの製品で充分です。

SOFT99『ガラコウォッシャー液(04954)』

寒冷地でもオールシーズン使えるウォッシャー液

原液は−40℃まで凍らないので、オールシーズン活躍。寒冷地でも季節によって入れ替える必要がないので、手間がかからないのがポイントのウォッシャー液です。パウチ容器入りで、液を注ぐときもラクラク。ゴミを捨てるのも簡単なエコ仕様です。

原液のままでも使用できますが、水で2倍、3倍に薄めても洗浄や撥水の効果は変わらず経済的ですね。車のボディに駅跡が残りにくく、ガラスをクリアにキープするため、視界が良好で安全です。ボディコーティング施工車での使用も可能です。

古河薬品工業(KYK)『ウインドウオッシャー液 (12-091)』

古河薬品工業(KYK)ウインドウオッシャークリアウオッシャー液2L12-091[HTRC3] 古河薬品工業(KYK)ウインドウオッシャークリアウオッシャー液2L12-091[HTRC3] 古河薬品工業(KYK)ウインドウオッシャークリアウオッシャー液2L12-091[HTRC3] 古河薬品工業(KYK)ウインドウオッシャークリアウオッシャー液2L12-091[HTRC3]
出典:Amazon この商品を見るview item

気化性洗浄剤VAC配合で、白いシミ跡が残らない

洗浄成分による白いシミが残らない、気化性洗浄剤VACを配合したウォッシャー液です。超純水を使用しているので、不純物の可能な限りの除去に成功。ウォッシャー液の跡が残らず、快適に使用できます。薄めずに使用するストレートタイプで、−30℃までは不凍のオールシーズン対応型。

フロントガラスの汚れをすっきり洗浄して、クリアな視界を保ちます。フロントガラスに撥水加工のコーティングをしている車にも、問題なく使用できるのが嬉しいですね。

シーシーアイ『スマートビュー ウォッシャー液 (G-100)』

シーシーアイ(CCI)スマートビューウォッシャー液撥水タイプ2LG-100 シーシーアイ(CCI)スマートビューウォッシャー液撥水タイプ2LG-100 シーシーアイ(CCI)スマートビューウォッシャー液撥水タイプ2LG-100 シーシーアイ(CCI)スマートビューウォッシャー液撥水タイプ2LG-100
出典:Amazon この商品を見るview item

環境や車に優しい中性タイプ

車の塗装やワイパーゴムを痛めず、環境にも優しい中性タイプのウォッシャー液です。ウォッシャータンクに入れるだけで、簡単に撥水効果を実感できます。雨の日の視界が良好になり、安全性が高まるでしょう。−20℃でも凍らないので、冬場にも使えて便利

ガンコな油膜をしっかり落として、撥水効果抜群。エコロジーパッケージ入りなので、捨てるときもかさばりません。人や環境にも優しいのが嬉しいですね。水で希釈しての使用も可能です。

Holts(ホルツ)『ウォッシャー液 クルマの【激落ちくん】(MH70116)』

ホルツウォッシャー液クルマの【激落ちくん】超純水ウォッシャー2LHoltsMH70116 ホルツウォッシャー液クルマの【激落ちくん】超純水ウォッシャー2LHoltsMH70116 ホルツウォッシャー液クルマの【激落ちくん】超純水ウォッシャー2LHoltsMH70116
出典:Amazon この商品を見るview item

「激落ちくん」シリーズのウォッシャー液

ガラスの撥水コーティングを施工している車に特におすすめ、「激落ちくん」シリーズのウォッシャー液です。不純物を含まない純水を使用しているため、ウォッシャー液の白い跡が残りにくいのが特徴。オールシーズン使用できて、−30℃まで凍結しません。

薄めずにそのままタンクに入れるタイプなので、手軽に使えるのが嬉しいですね。洗浄力の高いウォッシャー液が、ガラスの汚れをすっきり落として、雨の日でもクリアな視界で安全です。

シーシーアイ『アメットビー 撥水型 ウインドウォッシャー液(G-49)』

シーシーアイ(CCI)アメットビー撥水型ウインドウォッシャー液2.2LG-49 シーシーアイ(CCI)アメットビー撥水型ウインドウォッシャー液2.2LG-49 シーシーアイ(CCI)アメットビー撥水型ウインドウォッシャー液2.2LG-49 シーシーアイ(CCI)アメットビー撥水型ウインドウォッシャー液2.2LG-49 シーシーアイ(CCI)アメットビー撥水型ウインドウォッシャー液2.2LG-49
出典:Amazon この商品を見るview item

気温に合わせて希釈するタイプのウォッシャー液

利用する気温に合わせて希釈するタイプのウォッシャー液です。原液1:水2で−6℃、原液1:水2で−9℃、原液のまま−22℃まで凍結することなく利用できて便利。撥水型なので、雨の日でもウインドウの水滴が視界を邪魔することなく、快適で安全に走行できます。

油膜や汚れを落とし、常にガラスはクリアを状態に保ちます。塗装やワイパーゴムを痛めないのも嬉しいですね。ガラスの撥水コーティングをした後のメンテナンスとしても、効果を発揮します。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ウォッシャー液の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのウォッシャー液の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車用ウォッシャー液ランキング
楽天市場:ウォッシャー液ランキング
Yahoo!ショッピング:自動車用ウォッシャー液ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ウォッシャー液に関するQ&A 補充方法は? 水を入れるのはNG?

question iconウォッシャー液の補充方法はどうやるの?

answer icon

エンジンを開けてウォッシャータンクに注ぐだけ

フロントガラスが汚れた際、ワイパーレバーを手前に引くとウォッシャー液が噴出されます。エンジンオイルなどの油脂類よりも早くなくなることが多いので、ガソリンスタンドやディーラーなどで補充することもできますが、別途工賃がかかる場合があるので、自分で補充する方も多いと思います。

やり方はかんたんで、以下の2stepで完了です。
①エンジンを開いて半透明のタンクを探す(扇形に噴水のようなマークが描かれている)
②タンクが見つかったら、ウォッシャー液を目盛りに合わせて注ぐ


なお、基本的に補充だけで問題ありませんが、ウォッシャー液にはノーマルタイプや撥水タイプなどの種類があるので、大きく性質が異なる場合は交換する方がいいでしょう。

question iconウォッシャー液は水で代用できる?

answer icon

一概にNGとは言えないがおすすめはしない

先程もお伝えした通り、ウォッシャー液にはいくつかの種類があり、ガラスの表面やウォッシャータンク内部にある液の凍結を防いでくれます。なので、ウォッシャー液が無くなったタイミングで手元に補充できるものがない場合は水道水でも構いません。

しかし、寒冷地の場合は凍結の危険性が増すので、あまりおすすめしません。なお、ミネラルウォーター腐敗スピードが速いので、使わないようにしましょう。

最後に|エキスパートのアドバイス

カージャーナリスト

ウォッシャー液の液跡の残りにくさにも着目!

ウォッシャー液としては使い勝手がよかったとしても、噴射後、水分が乾いてきたときに跡が残ることがしばしばあるので注意が必要です。これがガラス面やボディなどに固着してしまうと、除去作業がさらに大変になり、費用もかかります。

ウォッシャー液を選ぶときの判断材料のひとつとして「液跡の残りにくさ」にも着目してみてください。多少、コストがかかってもいいとしたら、純水タイプを使用してみることをおすすめします。また最初に使うときは、ウォッシャータンクを空にして、それまで使っていた液剤をすべて使い切ってください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


レーダー探知機おすすめ17選|メーカー別に紹介【運転をしっかりサポート】

レーダー探知機おすすめ17選|メーカー別に紹介【運転をしっかりサポート】

レーダー探知機は、オービスと呼ばれる速度違反取装置の設置場所を事前に教えてくれます。車内に設置すればドライバーはスピード違反に気をつけ、事故を起こさず快適な運転ができます。この記事では、家電製品総合アドバイザー・福田満雄さんと編集部が、選び方、ユピテルやコムテックなど厳選したおすすめ商品を紹介します。購入するときの参考にしてください。

tag icon バイク用便利グッズ , カー用品 , メンテナンス用品(自動車・バイク)

接点復活剤おすすめ10選|楽器、ゲーム機、車など、用途別に紹介

接点復活剤おすすめ10選|楽器、ゲーム機、車など、用途別に紹介

電子機器や楽器などの動作不良、メンテナンスに潤滑油として使われる「接点復活剤」。ギターのノイズ解消や、車・バイクにも効果を発揮するスグレモノ。種類によって成分も違うため用途に合うものを選ぶ必要があります。本記事では、用途に合わせた接点復活剤の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、使い方や注意事項も解説していますので参考にしてください。また記事の最後には、楽天の最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてくださいね。

tag icon 工具 , 楽器 , DIY

フックレンチおすすめ11選|滑り止め防止やサイズ調整など、機能充実の商品も紹介

フックレンチおすすめ11選|滑り止め防止やサイズ調整など、機能充実の商品も紹介

自転車やオートバイなどの車高調整に便利なフックレンチ。フックレンチには「調整式」や「丸ピン」など、さまざまな種類があるのでいざ必要になったときになにを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。本記事では、フックレンチの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。

tag icon 工具 , 自動車・バイク用工具 , DIY

自転車用チェーンクリーナーおすすめ15選|スプレー・液状・泡タイプも

自転車用チェーンクリーナーおすすめ15選|スプレー・液状・泡タイプも

自転車のチェーンは走っているうちに少しずつ汚れていくもの。そこで活躍するのが自転車用チェーンクリーナー。汚れをそのままにするとギヤが摩耗して変速しにくくなったり、駆動効率が悪くなったりして、走りに悪影響を与えます。ここでは、自転車ライターの浅野真則さんが選ぶ自転車用チェーンクリーナーの選び方とおすすめ商品を紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 自転車 , メンテナンス用品(自動車・バイク)

パーツクリーナーおすすめ17選|車や自転車・ロードバイクを強力洗浄

パーツクリーナーおすすめ17選|車や自転車・ロードバイクを強力洗浄

パーツクリーナーは、車やバイク、自転車のブレーキパーツなど、各パーツを有機溶剤で洗浄することで、落としにくい油汚れを落とすことができる便利なアイテム。本記事では、パーツクリーナーの選び方とおすすめ商品を紹介。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 掃除用洗剤 , 自動車・バイク用掃除グッズ , 掃除グッズ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。