Bluetoothレシーバーおすすめ7選|小型軽量・ハイレゾ・コーデックにも対応

Bluetoothレシーバーおすすめ7選|小型軽量・ハイレゾ・コーデックにも対応

ワイヤードタイプのイヤホン、ヘッドホンでも、Bluetoothレシーバーに接続するだけで、スマホなどとワイヤレス接続できます。車に接続して、カーオーディオとして使えるなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

この記事では、Bluetoothレシーバーの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

Bluetoothレシーバーとは? 有線接続を無線接続に変換

 

Bluetoothレシーバーとは、Bluetooth機能をもたないスマホやスピーカーなどのデバイスにBluetooth機能を可能にさせるアイテムです。有線接続の製品を無線接続に変換させるのです。

車やテレビなど様々な使い方ができるのも特徴です。スマート家電も普及している中ではあると便利で、欠かせない機器になります。使用シーンをイメージしてご確認くださいね。

Bluetoothレシーバーの選び方 コーデックやバッテリーなど

Bluetoothレシーバーとイヤホン
Pixabayのロゴ

Bluetoothレシーバーを選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントは以下の7つです。

【1】対応のコーデック
【2】Bluetoothのバージョン
【3】クラス
【4】プロファイル
【5】サイズ・重量
【6】バッテリーの時間
【7】使用シーン


上記のポイントを押さえることで、あなたに合った商品を見つけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

【1】対応のコーデックを確認

 

コーデックとは、Bluetoothで音声を無線伝送する時に使う「音声圧縮変換方式」のことを指しています。対応コーデックは何を採用しているのかを確認してみましょう。

最新のデバイスまで使えるSBC

 

SBCは多くのBluetoothレシーバーで使われているタイプで、汎用性が高く様々なデイバスで使えるので、古いものから新しいものまで対応しています。また、SBCを採用しているものは価格の安いものが多い傾向にあるので、コスパを重視したい人にもおすすめです。

ただし、高音域が聞こえづらかったり無音の時のノイズが気になるときもあるようで、音質がとてもいいとは言えません。高音質で音楽を楽しみたい方は、他のコーデックを選んだほうがいいでしょう。

iOSデバイスにはAAC

AACはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで使われているものです。送信時のタイムラグがほとんどなく、動画やゲームなどでも快適に楽しむことができます。また、高音域をきちんと伝えてくれるので、音質にこだわる方も満足できることでしょう。

ただ、ACCはiOSを搭載したデイバスでないと使えないので、Androidを搭載しているものでは対応していない可能性があります。

AndroidにはaptX

 

aptXは、Androidを搭載したデイバスで使われており、圧縮率が小さいので高音域の音を伝えてくれる上に、音の遅延が少ないのが特徴です。音質が優れているので、音楽を高品質で楽しみたい人にもおすすめです。動画やゲームも快適に楽しめるのもポイントです。

ただ、ACCとは逆でAndroidを搭載していないと使えないため、iPhoneやiPadでは使えないので注意が必要です。

音が遅延しないaptX HD

 

aptX HDは、aptXを拡張したコーディックで、音の遅れが気にならないのが特徴です。ゲームや動画をストレスなく見たい方にはおすすめのタイプです。また、ハイレゾ相当の音源に対応しているので、高品質な音質で音楽を楽しむことができます。

ただ、受信側、送信側ともにaptX HDに対応していないと利用できないので、事前に確認しておきましょう。

【2】Bluetoothのバージョンで選ぶ

続いてBluetoothのバージョンをチェックしていきましょう。もちろんバージョンが最新になればなるほど、快適に音楽などを楽しむことができます。

高解像度・ハイレゾ音源はVer5.0

 

ストレスなく音楽を楽しみたい方におすすめで、従来のバージョンの約2倍の通信速度や高解像度のハイレゾ音源も快適に利用することができます。また、通信範囲が約4倍に拡大したことで、広い部屋などで移動しながら使うこともできるようになりました。音が遅れることも少ないため、ゲームや動画を楽しむのにも適しています。

ただし、新しいバージョンなので対応しているデイバスが限られており、対応していなかった場合低いバージョンが採用されてしまいます。対応しているのかは事前に確認してくことをおすすめします。

電池持ち重視ならVer4.0~

最近主流となっているバージョンで、多くのスマートフォンやタブレットで採用されています。従来のバージョンよりも省電力機能が充実しているので、デイバスの電池持ちがよくなっているのもポイントです。

ただし、全体的な性能はVer5.0よりは劣るので、通信速度や範囲を重視したい場合は満足できない可能性もあります。

コスパで選ぶならVer3.0~

 

Ver4.0の前に主流だったバージョンで、十分ストレスなく音楽を楽しめるレベルです。このバージョンを採用しているものは、価格が安いのでコスパを重視している方や、安く手に入れたい方におすすめです。

ただ、消費電力が大きく、長時間使うのには適していません。移動などの短時間での使用であれば問題はありませんが、省電力を求めるのであれば向いていないかもしれません。

【3】通信距離からクラスを選ぶ

Bluetoothは電波の有効範囲があらかじめ分けられています。現在使われているものだと、通信範囲が最大100mの「Class1」、最大10mの「Class2」、最大1mの「Class3」の3種類があります。ほとんどのBluetoothデイバスには、「Class2」が採用されているので、「Class1・2」を選ぶようにしましょう

Bluetoothレシーバーとスマートフォンなどの端末で、有効範囲が違っても、下位のものに合わせられるので、同じ範囲のものを選ばなくても問題ありません。

【4】プロファイルをチェック

プロファイルとは、Bluetooth通信時の動作や送受信の内容が定義されたものです。これはデイバスの種類が違うと異なってくるものなので、使う用途に合わせて選択しなくてはなりません。

例えば音声は「A2DP」、ハンズフリー通話は「HFP」、リモコン機能の制御をする「AVRCP」などがあります。Bluetoothレシーバーを正常に機能させるためにも、プロファイルもしっかりとチェックしておきましょう

【5】持ち運びしやすいサイズ、重量で選ぶ

Bluetoothレシーバーは、室内外を問わず、ヘッドホンやイヤホンと一緒に身につけて使用することになるでしょう。ポケットに入れたり、クリップで留めたり、首にぶら下げたり。やはり、サイズや重量はひじょうに重要です。

スマホなどよりはコンパクトで、軽いものを選びたいところです。おすすめは100g以下ですが、最近のものなら問題ないでしょう。

【6】バッテリーの時間で選ぶ

最大再生時間は、ふだんの使用時間を目安に、プラス1時間くらいの余裕がある機種が理想的でしょう。充電は、1日が終わり自宅で就寝中にしたいものです。外出先で頻繁に充電するのは、使いづらいですよね。

旅行の移動中など長時間連続して使いたい場合は、充電しながら使えるかどうかをあらかじめ確認しておくといいでしょう。

【7】使用シーンから選ぶ

どんな時に使いたいのかを考えてみましょう。通勤中や電車の中や車の中、自宅で音楽を楽しみたいなど、使うシーンによってどういったデイバスを選んだらいいのかも絞られてきます。

有線ヘッドホン・イヤホン

 

通勤中の電車内や外出時に音楽を楽しみたいのであれば、ヘッドホンやイヤホンがおすすめです。操作ボタンを搭載したものだと、利便性に長けているので快適に音楽を楽しむことができるでしょう。スマートフォンを操作しなくても音量調節や曲送りができるような機能があれば、満員電車でも好きな曲を好きな音量で聞くことができます。

また、ゲームをプレイしたいのであれば、出来るだけ遅延の少ないものを選びましょう。洋服などに取り付けられるクリップがついているものであれば、ゲーム中も邪魔に感じることなく使用できるはずです。

カーオーディオ

車で音楽を楽しみたいのであれば、カーオーディオがおすすめです。シガーソケットから電源を取れるタイプであれば、バッテリー残量を気にすることなく音楽を楽しめるので、ストレスのない空間が出来上がります。USBポートを搭載しているものであれば、スマートフォンなどの端末を充電することもできるので、利便性が高いです。

オーディオ機器

自宅で音楽を楽しみたい人におすすめなのは、オーディオ機器です。高音質なコーディックに対応したものだと、まるで自宅がライブ会場になったかの臨場感を味わうことができます。移動することは少ないと考えられるので、サイズが大きくなってもバッテリー持ちがいいものの方がおすすめです。

また、接続したい機器が光デジタル接続に対応しているのであれば、Bluetoothレシーバーも光デジタルに対応しているものを選びましょう。より高音質で音楽を楽しむことができるので、自宅での生活も豊かなものになるでしょう。

人気の主要メーカーから選ぼう! 高音質・高品質

迷った時には人気のメーカーから選ぶのが安心です。大手のメーカーであれば、種類が豊富で安全に使えるものばかりです。初めて購入する方も、有名なメーカーのものを検討してみるのがおすすめです。

ソニー(SONY)

 

ソニーはイヤホンやヘッドホンなど音楽製品を取り扱う大手家電メーカーです。Bluetoothレシーバーの種類も豊富で、自分のライフスタイルや使用するシチュエーションに合ったものが見つかることでしょう。高音質なモデルもたくさんあるので、質の高い音楽を楽しみたい方はチェックしてみましょう。

エレコム(ELECOM)

 

エレコムは、車載タイプやレシーバータイプの製品を取り扱っているメーカーです。対応機器をかざすとペアリングできるなど、便利で簡単な操作感が魅力的な商品が多いので、使い勝手の良さを重視したい方におすすめです。Apple製品との接続に適したモデルも多く販売されているので、iPhoneやiPadを使っているのであれば、チェックしてみましょう

Bluetoothレシーバーおすすめ7選 シンプルでコンパクトな軽量タイプも

ここまで紹介した、Bluetoothレシーバーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH24B)』

ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B ソニーワイヤレスイヤホンSBH24:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付き2017年モデルブラックSBH24B
出典:Amazon この商品を見るview item

クリップスタイルのコンパクトワイヤレス

正方形のスタイリッシュなレシーバーです。>コーデックはSBCとAACに対応し、約1.5時間の充電で約6時間の音楽再生が可能です。そのほかの基本仕様は、NFCペアリング、ハンズフリー通話、スマートアシスタント(Google、Siri対応)など。

AACに対応しているので、iPhoneなどAACでエンコードした音楽を再生できるコンパクトなモデルを探しているのなら、こちらの製品を候補に入れましょう。

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH56)』

ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B ソニーワイヤレスイヤホンSBH56:カナル型Bluetooth対応リモコン・マイク付きブラックSBH56B
出典:Amazon この商品を見るview item

スマホカメラのリモートもできる、異色のレシーバー

手持ちのヘッドホンのほか、付属のイヤホンも使えます。内蔵スピーカーでのハンズフリー通話に対応し、2時間充電で6時間の連続再生が可能となっています。

対応コーデックはSBCとAACです。スマートアシスタントはGoogle、Siriの両方に対応しています。ペアリングはNFCでかんたん接続。重量約17.4gと軽く、上着やカバンへクリップして使えます。

着信時はスマホの連絡帳の名前を読み上げてくれたり(Androidのみ)、専用アプリでスマホのカメラを起動し、撮影(セルフタイマー撮影も)が可能といったほかにはない、独特の便利機能が魅力。とくにスマホとの使い勝手がよい製品です。

SONY(ソニー)『ワイヤレスオーディオレシーバー(MUC-M2BT1)』

MMCXイヤホンユーザーには、イチオシ!

ハードタイプのネックバンドという、ソニー独特のデザイン。レシーバーがぶら下がっていないため、すっきりとした見た目です。ハンズフリー通話やワンタッチNFC接続などの基本仕様を押さえており、2.5時間の充電で約7.5時間の音楽再生が可能です。

ソニー独自開発のハイレゾ対応高音質コーデック「LDAC」対応(SBC、AAC、aptXも対応)。MMCX対応のイヤーレシーバーが必須ですが、音質にこだわる人には強くおすすめしたい製品です。イヤホンマニアには根強い人気を誇り、筆者も愛用しています。

ELECOM(エレコム)『マイク搭載Bluetooth(R)レシーバー(LBT-C/PAR02AV)』

エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD エレコムBluetoothオーディオレシーバーお手持ちのイヤホンを簡単無線化スティックタイプレッドLBT-PAR02AVRD
出典:Amazon この商品を見るview item

お手軽Bluetoothレシーバー

コーデックはSBCに対応し、約6時間の連続再生ができます。便利なマイク内蔵型で、音楽再生中にかかってきた電話にもハンズフリーで応答可能。マルチファンクションボタン(1~3回押し)だけで曲の再生や早送り、通話応答がシンプルに操作できます。本体は長さ6cm弱、重量約9gと小型で、シャツの胸ポケットや前立てにクリップして使用しても煩わしさを感じることはないでしょう。

お求めやすい価格でお手軽と、はじめてBluetoothレシーバーを使う人におすすめできる商品です。カラーも3色あり、好みで選べるのもうれしいポイントですね。

OHM(オーム電機)『ワイヤレスサウンドレシーバー(HP-W32N)』

OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く) OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く) OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く) OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く) OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く) OHMAudioComm簡単ワイヤレスレシーバーブラックHP-W32N-K幅58×高さ14×奥行11mm(突起物を除く)
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトで軽量! 持ち運びが便利

コンパクトなうえに、軽いので持ち運びが便利なBluetoothレシーバー。重さ7gにもかかわらず、音楽連続再生時間は50%音量時で4.5時間可能。通学・通勤時の音楽再生に活躍します。

リーズナブルな価格もお手頃さも魅力のひとつ。まだBluetoothレシーバーを試したことがないけれども、ワイヤレス再生をしてみたいという方にぴったりです。

LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Wireless Audio Adapter 受信機&送信機(LP-BTART01BK)』

iPhone/スマートフォンワイヤレスオーディオアダプタ「極の音域WirelessAudioAdapter受信機&送信機」ブラック iPhone/スマートフォンワイヤレスオーディオアダプタ「極の音域WirelessAudioAdapter受信機&送信機」ブラック iPhone/スマートフォンワイヤレスオーディオアダプタ「極の音域WirelessAudioAdapter受信機&送信機」ブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

iPhone/Androidに対応したレシーバー

iPhoneとAndroid両方に対応したBluetoothレシーバー。送信機の役割も果たし、TVやラジオの音声をBluetooth対応のイヤホンやスピーカーに送ることも。

Bluetooth接続で心配な音質劣化も、iPhoneはAAC、Androidはapt-Xとそれぞれ最適なコーデックに対応しています。高音質で劣化せず、クリアな音色が楽しめます。

RADSONE『EarStudio(ES100)』

EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒 EarStudioES100MK224bitポータブルBluetoothレシーバ/ヘッドフォンアンプ/DAC、AAC、aptX、aptXHD黒
出典:Amazon この商品を見るview item

パワフルで長時間連続再生が可能

14時間にもおよぶ長時間連続再生が可能なので、長距離の移動でもずっと楽しめるBluetoothレシーバー。そのパワフルさにもかかわらず、重さはわずか20gです。

DCTという特許技術を使用していることで、ノイズを見事除去。音楽が途中で途切れることもありません。さらに、16bitの音質も24bitにアップコンバートしてくれます。

「Bluetoothレシーバー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH24B)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH56)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスオーディオレシーバー(MUC-M2BT1)』
ELECOM(エレコム)『マイク搭載Bluetooth(R)レシーバー(LBT-C/PAR02AV)』
OHM(オーム電機)『ワイヤレスサウンドレシーバー(HP-W32N)』
LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Wireless Audio Adapter 受信機&送信機(LP-BTART01BK)』
RADSONE『EarStudio(ES100)』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH24B)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(SBH56)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスオーディオレシーバー(MUC-M2BT1)』 ELECOM(エレコム)『マイク搭載Bluetooth(R)レシーバー(LBT-C/PAR02AV)』 OHM(オーム電機)『ワイヤレスサウンドレシーバー(HP-W32N)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Wireless Audio Adapter 受信機&送信機(LP-BTART01BK)』 RADSONE『EarStudio(ES100)』
商品情報
特徴 クリップスタイルのコンパクトワイヤレス スマホカメラのリモートもできる、異色のレシーバー MMCXイヤホンユーザーには、イチオシ! お手軽Bluetoothレシーバー コンパクトで軽量! 持ち運びが便利 iPhone/Androidに対応したレシーバー パワフルで長時間連続再生が可能
サイズ/重さ 幅32.5×奥行13.7×高さ33.5mm/15g 幅59.2×奥行24.1×高さ15.2mm/17.2g -/33g 幅13×奥行100×高さ58.5mm/9g 幅57×奥行10.5×高さ13mm/7g 幅44×奥行12.5×高さ44mm/18g 幅30×奥行15×高さ53mm/20g
対応プロファイル HSP、HFP、A2DP、AVRCP HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID HSP、HFP、A2DP、AVRCP HFP、HSP、A2DP、AVRCP HSP、HEP、A2DP、AVRCP A2DP HFP、HSP、A2DP、AVRCP
対応コーデック SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC、aptX、LDAC SBC SBC SBC、AAC、apt-X LDAC、aptX-HD、AAC、aptX、SBC
充電時間 6時間 2時間 2.5時間 2時間 2時間15分 2時間 -
連続音声再生時間 6時間 6時間 7.5時間 6時間 4.5時間 12時間 14時間
充電端子 USB Type-C USB Type-C microUSB microUSB microUSB microUSB USB
NFC対応 - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Bluetoothレシーバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのBluetoothレシーバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ワイヤレスオーディオレシーバーランキング
楽天市場:受信機・レシーバーランキング
Yahoo!ショッピング:Bluetoothレシーバーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【番外編】車載用FMトランスミッターを紹介

音楽を車内でワイヤレスで楽しめる車載用トランスミッターをご紹介します。

ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター(LAT-FMBTB05)』

エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK エレコムFMトランスミッター重低音モードイコライザー付BluetoothUSB×2ポート2.4Aおまかせ充電リモコン付ブラックLAT-FMBTB05RBK
出典:Amazon この商品を見るview item

リモコンでも操作できて便利

リモコン操作も可能な車載用FMトランスミッター。音楽はもちろんのこと、スマホでナビや動画を利用しているときもその音声をワイヤレスで聴くことが可能です。

FMに変換することで、自身の音楽を楽しめるFMトランスミッターですが、送信周波数は76.0~90.0MHzの141chから選べるので、混信せずに安心です。スマホなどを充電できるUSBポートも2つ付きで、なにかと便利なアイテムです。

Bluetoothレシーバーが繋がらない時は??

Bluetoothレシーバーと接続ができない場合には、お手持ちの有線イヤホンを利用してチェックしてみましょう。有線イヤホンを差し込んでみて、音楽を流してみてください。

イヤホンから音が出るかの確認をして、利用できる状態なのかを確かめましょう。もし、音が流れない場合は各種メーカーに問い合わせてみることをおすすめします

Bluetoothレシーバーに関連する記事のご紹介! 【関連記事】

どんな風に使いたいのかを考えて

Bluetoothレシーバーを使うのはどこでどんな風に使いたいのかを考えると、自然とあなたにぴったりの機器が見えてくるはずです。通勤中の電車の中や車の中、自宅など使いたい場所はどこでしょうか。また、高音質で音楽を楽しみたいのか、ゲームや動画を楽しみたいのか、通話できるものがいいのかを考えてみてください。

自分のライフスタイルに合ったものを見つけるには、自分と向き合ってみることが大切です。あなたにぴったりのBluetoothレシーバーを見つけて、今よりも生活を豊かにしましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ヘッドホンスタンドおすすめ13選|劣化を防ぎ、おしゃれに収納【充電可能なモデルも】

ヘッドホンスタンドおすすめ13選|劣化を防ぎ、おしゃれに収納【充電可能なモデルも】

使った後はついついテーブルなどに置きっぱなしにしがちなヘッドホンですが、それでは見栄えも悪く、ヘッドホン本体・クッション部分の劣化にもつながります。そこで、スッキリ収納できる「ヘッドホンスタンド」を使ってみてはいかがでしょうか?この記事では、ヘッドホンスタンドの種類や選び方、おすすめ商品などをご紹介します。また、記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , AVアクセサリ

イヤホン延長ケーブルおすすめ9選|種類別に選び方も紹介

イヤホン延長ケーブルおすすめ9選|種類別に選び方も紹介

「タブレットやPCをテーブルに置いて椅子に座って映画を観たい、でもイヤホンのケーブルが短い……」なんてことはありませんか。イヤホン延長ケーブルを使えば、そんな状況でもより快適に楽しむことができます。そこで、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのイヤホン延長ケーブル10選と選び方をご紹介します。イヤホン延長ケーブルを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , AVアクセサリ

おしゃれなAirPodsケースおすすめ24選|人気モデルも多数紹介!

おしゃれなAirPodsケースおすすめ24選|人気モデルも多数紹介!

Apple社から発売されているワイヤレスイヤホンの「AirPods(エアーポッズ)」。AirPodsには真っ白でシンプルな充電ケースが付いていますが、「もっと個性を出したい」「傷がつくのを防ぎたい」という方も多いのでは? そこでこの記事では、AirPodsやAirPods Proのケースの選び方とおすすめの製品をご紹介! おしゃれでかわいいケースや、耐久性のある素材のものなど幅広い製品をピックアップしています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングや、AirPodsのスキンシールも紹介しています。ぜひ最後までチェックして、お気に入りのAirPodsケースを見つけてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

高音質にカスタムしたい方のための『イヤホンケーブルおすすめ11選』

高音質にカスタムしたい方のための『イヤホンケーブルおすすめ11選』

高音質にこだわりたい人や音楽を楽しみたい人におすすめな「イヤホンケーブル」。本記事では、そんなイヤホンケーブルの接続端子の種類や、選び方、そしておすすめ商品をご紹介します!さらに、記事後半には通販サイトの最新人気ランキングもあるので、口コミなども参考に、ぜひ、自分好みのケーブルを見つけてみてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

おしゃれで機能的なイヤホンケースおすすめ12選|失敗しない選び方も解説

おしゃれで機能的なイヤホンケースおすすめ12選|失敗しない選び方も解説

お気に入りのイヤホンがあれば日常が豊かになります。でも、イヤホンには、高いテクノロジーを持つデリケートなパーツが使われているので、大切に扱わなければ、すぐに壊れてしまったり、イヤーピースを紛失してしまったりしてしまいがちです。そんな問題の解決策には、イヤホンケースがぴったりです。カバンのなかでイヤホンのケーブルが絡まってしまうのを防止したり、持ち運んでいるときの外部からの衝撃から守ってくれたりして、イヤホンがより長持ちします。本記事では、イヤホンケースの購入を考えている方に向け、イヤホンケースを選ぶ際に重要な機能性と、持ち歩きで映えるデザイン性などの選び方、そしておすすめ商品を紹介。本記事を読めば、大まかな選び方のポイントがおさえられますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。