【アウトドアライターに聞く】おすすめのマリンシューズ5選|水辺を快適に歩く

【アウトドアライターに聞く】おすすめのマリンシューズ5選|水辺を快適に歩く
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんに失敗しないマリンシューズ(ウォーターシューズ)の選び方とおすすめ商品5選を教えていただきました。マリンシューズで大切なポイントは、ホールド力、水抜けのよさ、ソールのタイプと解説されています。マリンシューズは1足あると、海でのアクティビティやアウトドアシーンで活躍するでしょう。定番のKEEN(キーン)やColumbia(コロンビア)といったメーカーのほか、いろいろな商品が販売されています。各ショッピングサイトのランキングもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


アウトドアライターが解説|マリンシューズ選びのポイント

アウトドアライターの夏野 栄さんに、マリンシューズを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

海辺のブロックにおかれた2足のマリンシューズ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

マリンシューズやウォーターシューズには、ビーチサンダルとは違った特徴があります。

ホールド力から選ぶ

作家/アウトドアライター

水辺で履くマリンシューズですが、水辺で履くフットウェアといえば代表的な履きものはビーサンですよね。なにが一番違うのか? 最大のポイントは足にフィットする「ホールド力」です。ここがまさにマリンシューズたるゆえん。水中でも脱げず、ビーチで走れるマリンシューズの最重要ポイントはホールド力になります。

ホールド力のないマリンシューズはマリンシューズとして使えません。靴なのでジャストサイズを選ぶのはもちろんのこと、ホールド力がある靴かどうか? その部分を重視して選んでみてください。

KEEN(キーン)『エヴォフィット 1』

独自のシューレースシステムによって高いホールド力を実現。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

>> Amazonで詳細を見る

水抜けのよさから選ぶ

作家/アウトドアライター

ビーサンと違ってホールド力がマリンシューズの特徴であるというお話をしましたが、ホールド力のある一般的なスニーカーともまた大きく違う特性があります。それが「水抜け」です。

スニーカーや普通の靴で水中に入ったことがある方ならわかると思いますが、水の抵抗でスニーカーは脱げます。この水の抵抗を逃がし、水中でも脱げることなく、らくに足を動かせるためには「水抜けのよさ」がポイントになります。

すべてのマリンシューズが水抜けがよいわけではありません。かんたんに脱げてしまう靴もあります。その靴は水抜けがよいか? この部分も重視して選んでみてください。

REEF TOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』

シュノーケリングメーカーが展開するマリンシューズ。サイドメッシュが大きくとられているので水抜けは抜群です。

>> Amazonで詳細を見る

ソールのタイプから選ぶ

作家/アウトドアライター

マリンシューズやウォーターシューズといっても、現在では幅広いタイプの商品がリリースされています。水中を歩くだけでなく泳げる靴下に近いようなソフトなタイプから、アスファルトはもちろん、岩場も安心して歩ける頑丈なタイプまであります。

その大きな違いはソールです。たとえば砂浜メインで泳ぐことも想定しているならソフトなソールを、もしくはそのまま街も歩きたいという方ならしっかりした厚みのあるソールのマリンシューズを選びましょう。磯歩きや渓流で履くことを想定しているなら、ラバーソールのような頑丈なソールは必須です。

Columbia(コロンビア)『ドレインメーカー3D 』

軽快軽量のシューズでありながら、しっかりとした厚いソールを採用。そのまま街歩きにも使いたい方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

マリンシューズおすすめ5選|アウトドアライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの夏野 栄さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEEN(キーン)『エヴォフィット 1』

KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』 KEEN(キーン)『エヴォフィット1』

出典:Amazon

サイズ 25.0~30.0cm
素材 エンジニアードニット、PUミッドソール、アクアグリップラバーアウトソール、EVAフットベッド
ソール アウトソール:アクアグリップラバー/ミッドソール:PU
重量 -
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ホールド力抜群でカラバリ豊富

夏の水辺のフットウェアといえば「KEEN」。こちらはKEENらしい異素材を融合させたマリンシューズ。アッパーはKEEN独自のしなやかかつ排水性の高いエンジニアードニット。くるぶし部分に靴下のようにフィットし、独自のシューレースシステムとあいまって高いホールド力を実現しています。

ラバーソールがトゥ部分まで覆っているため、アッパーはソフトでありながらかたい路面や岩場でも安心感あり。洗濯機で気軽に洗える(メーカー推奨)点も魅力です。夏に幅広く使いまわせる水陸両用シューズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Columbia(コロンビア)『ドレインメーカー3D 』

Columbia(コロンビア)『ドレインメーカー3D』

出典:Amazon

サイズ 25.0~29.0cm
素材 メッシュ、シンセティックレザー、TPU
ソール アウトソール:TPU
重量 240g(片足 27.0cmの場合)
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

軽量軽快でしっかりソール

アウトドアブランド「コロンビア」のマリンシューズ。アッパーはほぼ全面ハニカムメッシュという大胆なつくりで水抜けは最高。速乾性にも非常にすぐれています。そしてほぼスニーカースペックのシューレースを装備しているためホールド力も間違いなし。ミッドソールとインソールを合体させることで、高いクッション性と水抜けのよさを実現させています。

軽快なシューズですがソールは厚くしっかりしているため安心。スポーツシューズのようなデザインで、水辺も街もそのまま歩きたいという方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

REEF TOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』

REEFTOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』 REEFTOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』 REEFTOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』 REEFTOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』

出典:Amazon

サイズ 21.0~28.0cm
素材 ナイロン、ポリエステル、ゴム
ソール アウトソール:合成底(ゴム)
重量 -
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

良コスパで水中で動きやすい

こちらはシュノーケリングメーカーのマリンシューズ。コードはないものの、筒高でくるぶし部分が密着するため脱げることなく砂などの侵入も防げます。大きくとられたサイドメッシュにより水抜けも抜群。

ソールが薄めでソフトなため、水中での活動はもちろん、そのまま泳いでも問題ありません。アッパーもソールもソフトなため、磯での激しい動きやアスファルトを歩く際には注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEEN(キーン)『リヴァーポート』

KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』

出典:Amazon

サイズ 25.0~30.0cm
素材 ポリエステル、ナイロン、EVAミッドソール、ノンマーキングラバーアウトソール、速乾性ライニング、EVAフットベッド
ソール アウトソール:ノンマーキングラバー/ミッドソール:圧縮成型EVA
重量 390g(片足 27.0cmの場合)
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

歩行性能が高く幅広く使える

こちらは水陸両用ながらマリンシューズの域を超えた歩行性能。スタビリティシャンク(ソール芯材)が効いていてねじれを抑制、一般的なマリンシューズにありがちなふにゃふにゃ感がありません。水辺だけでなくスニーカーとして長い時間歩いても疲れません。

同時にメッシュアッパーは効率よく排水するため水抜けも問題なし。落ち着いたカラーとデザインなのでコーデの一部としても履ける貴重なマリンシューズともいえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Caligen『水陸両用 マリンシューズ』

Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』 Caligen『水陸両用マリンシューズ』

出典:Amazon

サイズ 23.0~28.5cm
素材 ポリエステル、ほか
ソール -
重量 約110g(片足)
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ロープライスで泳げる水陸両用

こちらはロープライスモデルながら水陸両用シューズとして機能充分。まずコードでアジャストできるためホールド力は問題なし。サイドからリアにいたる広範囲のメッシュで排水性もOK。さらにソールに穴が開いているため泳げるレベルで水の抵抗を逃がします。

また、穴があいているものの厚みのあるしっかりソールなのでアスファルトはもちろん、軽い磯遊び程度なら充分こなせます。夏の幅広いリゾートにとりあえず一足ほしいという方におすすめです。

「マリンシューズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
KEEN(キーン)『エヴォフィット 1』
Columbia(コロンビア)『ドレインメーカー3D 』
REEF TOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』
KEEN(キーン)『リヴァーポート』
Caligen『水陸両用 マリンシューズ』
商品名 KEEN(キーン)『エヴォフィット 1』 Columbia(コロンビア)『ドレインメーカー3D 』 REEF TOURER(リーフツアラー)『マリンシューズ』 KEEN(キーン)『リヴァーポート』 Caligen『水陸両用 マリンシューズ』
商品情報
特徴 ホールド力抜群でカラバリ豊富 軽量軽快でしっかりソール 良コスパで水中で動きやすい 歩行性能が高く幅広く使える ロープライスで泳げる水陸両用
サイズ 25.0~30.0cm 25.0~29.0cm 21.0~28.0cm 25.0~30.0cm 23.0~28.5cm
素材 エンジニアードニット、PUミッドソール、アクアグリップラバーアウトソール、EVAフットベッド メッシュ、シンセティックレザー、TPU ナイロン、ポリエステル、ゴム ポリエステル、ナイロン、EVAミッドソール、ノンマーキングラバーアウトソール、速乾性ライニング、EVAフットベッド ポリエステル、ほか
ソール アウトソール:アクアグリップラバー/ミッドソール:PU アウトソール:TPU アウトソール:合成底(ゴム) アウトソール:ノンマーキングラバー/ミッドソール:圧縮成型EVA -
重量 - 240g(片足 27.0cmの場合) - 390g(片足 27.0cmの場合) 約110g(片足)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

ECサイトのマリンシューズランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのマリンシューズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウォーターシューズランキング
楽天市場:ウォーターシューズランキング
Yahoo!ショッピング:マリン、ウォーターシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

脱げず、排水性にすぐれたシューズが狙い目!

作家/アウトドアライター

マリンシューズの本質は「走れて脱げない」ところだと思います。ビーサンと違う部分です。そのポイントは「ホールド力」と「水抜け」。このどちらの要素が欠けても期待どおりの「走れて脱げない」マリンシューズとして機能してくれないので必ずチェックしてみてください。

そして足を守るという点で重要なのはソールです。最適なソールの靴を選ぶには、どういうシーンをメインに使用するかという点から考えると間違いありません。

もともとニッチな商品でしたが現在ではラインアップも増えています。コーデ面も含め、こだわりの一足を探してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【ランニングウォッチ】おすすめ48選|GARMIN/SUUNTO/POLAR

2020年【ランニングウォッチ】おすすめ48選|GARMIN/SUUNTO/POLAR

マラソンなどの陸上競技で活躍するランニングウォッチ。タイムの計測や心拍、運動能力や健康状態も把握できます。そこで、マラソン完走請負人の牧野 仁さんと編集部が選ぶガーミン・スント・ポラールのおすすめランニングウォッチ48選+番外編4選をご紹介します。選び方の解説もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


トレブルフックおすすめ5選|ルアー釣りの釣果がアップする!

トレブルフックおすすめ5選|ルアー釣りの釣果がアップする!

ルアーについている3本錨(いかり)の形をした釣り針を知っていますか? これは「トレブルフック(トリプルフック)」といって、プラグ類によく使われるフックです。360度、どこから食いつかれてもフッキングしやすい形状は重量バランスもよいため、さまざまな製品に使われています。しかし、フックはそもそも消耗品。古くなったトレブルフックは定期的に交換しなければなりません。この記事では釣りライターの中山一弘さんに、トレブルフックの選び方とおすすめ商品を聞いてみました。


タックルボックスおすすめ6選|バス釣りで大活躍の商品もご紹介!

タックルボックスおすすめ6選|バス釣りで大活躍の商品もご紹介!

アウトドアライターが選ぶタックルボックス5選をご紹介します。タックルボックスは、道具を収納するために使う便利なアイテムです。たとえば釣り用具を使いやすいように分類したり、保管するのにおすすめ。ですが、タックルボックスは大きさや機能がメーカーや商品によってさまざまなので、どう選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで、アウトドアライター・夏野 栄さんにおすすめのタックルボックスと選び方のポイントをについてお話をうかがいました。タックルボックスを比較検討する時にぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。


浮き輪のおすすめ11選【大人用から子ども向けまで】SNS映えやかわいいキャラクターも!

浮き輪のおすすめ11選【大人用から子ども向けまで】SNS映えやかわいいキャラクターも!

海水浴やプール遊びを盛り上げてくれる浮き輪。ユニークなデザインの浮き輪があれば、ビーチやプールサイドでも注目を集めますよ。この記事では、保育士の河井恵美さんにお話をうかがい、浮き輪の選び方とおすすめ11選についてご紹介していきます。大人用も子ども用も、幅広く紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。


ダイバーズウォッチおすすめ5選|国産から海外ブランドまでご紹介!

ダイバーズウォッチおすすめ5選|国産から海外ブランドまでご紹介!

ダイバーズウォッチと普通の時計との一番の違いは防水性能の高さ。そしてもうひとつの特徴は、逆回転防止ベゼルです。これは正確な潜水時間を知るためのもので、ダイバーズウォッチには必須の機能。そこで、元『monoマガジン』編集長で現在、同誌の編集ディレクターを務める土居輝彦さんへの取材をもとに、おすすめのダイバーズウォッチをご紹介していきます。ぜひ、購入される際の参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


Columbia(コロンビア) KEEN(キーン)

新着記事


外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装は、施工を依頼する会社によって工事費が大幅に異なります。しかも、仕上がり具合もまちまちであるため、どこの塗装会社に依頼していいのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今注目されているのが、外壁塗装会社一括検索サイトです。このサイトを活用することで、条件にぴったりマッチした優良な塗装会社を選択することができるのです。建築基準適合判定資格者の切塗よしをさんの解説とともに、外壁塗装会社一括検索サイトをご紹介します。


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る