密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンは、さまざまなメーカーが発売しており、その機能や特性に細かな違いがあるため、どれを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、密閉型イヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ購入の参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

ガジェットライター
武者 良太

1989年にパソコン誌、ゲーム誌のライターとしてデビュー。 90年代初頭に株式会社三才ブックスに入社。編集職に就き、パソコン雑誌などを手がける。 退職の後にフリーライター/カメラマンとして活動。 現在のカバーエリアはIT、IoT、デジカメ、オーディオ機器、モビリティ、クラウドファンディングなど。 1971年生まれ。元Kotaku Japan編集長。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

密閉型イヤホンの選び方

それでは、密閉型イヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】イヤーピースのサイズ
【2】音漏れの少なさ
【3】リケーブルできるかどうか


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】イヤーピースのサイズをチェック

置いてある密閉型イヤホン
Pixabayのロゴ

現代のイヤホンの多くは、カナル型と呼ばれる耳栓タイプです。ゆえに密閉型イヤホン選びにおいて重視すべきは、付属するイヤーピースのサイズです。多くの商品はS、M、Lの3サイズが付属しますが、なかには小顔・小耳の方向けに、SS/XSサイズのイヤーピースが同梱されるモデルもあります。

外耳道(耳の入り口)が大きい方はLサイズのイヤーピースでも抜けやすいことがあるので注意が必要です。LL/XLサイズのイヤーピースが付属するモデルはきわめて少ないのですが、ソニーなどのようにオプションとして用意しているメーカーのモデルを選ぶといいでしょう。

【2】音漏れの少なさをチェック

 

密閉型イヤホンは構造上音漏れが少ないのですが、それでも聴いている音楽を周囲に漏らしてしまうことがあります。もし音漏れを低減したいのであれば、ウレタンタイプのイヤーピースのものを使いましょう。自分の耳穴よりも多少大きなサイズを選び、ウレタンを潰してから装着することで耳穴とイヤホンの隙間がなくなり音漏れしにくくなります。

ウレタンタイプのイヤーピースは普通のイヤーピースよりも高域の伸びが弱くなり、聴感上は重低音が大きくなったように聴こえてきます。音の変化が気になる方は、プレーヤーやスマートフォンのイコライザー機能を使って調節しましょう。

【3】リケーブルできるかどうかチェック

 

イヤホンのケーブルが断線したという経験を持つ方もいるでしょう。ていねいに扱えば長もちしますが、いつもキツめに巻いていたり、気温変化の著しいところで保管するとケーブルは切れやすくなります。ミドルレンジ以上のモデルはケーブルが交換できるような構造となっていますので、もしもケーブルが切れたとしてもリケーブルすれば大丈夫。

他社製ケーブルに交換すると音の傾向が変わるため、リケーブルをして好みのサウンドになるようチューニングにチャレンジするのもいいですね。

使い心地だけではなくデザインも気に入るものを エキスパートのアドバイス

ガジェットライター

公共交通機関での移動中や人の混み合う場所でも周囲に迷惑をかけずに使える密閉型イヤホン。ユーザーによっては毎日の通勤通学時に使うため、長く音楽と触れ合うアイテムとなるかもしれません。だからこそ、選ぶときは長時間つけ続けても負担にならないかを重視してください。

移動時間・使用時間が短い方であれば、デザインで選択するのもいいでしょう。カラーバリエーションも含めて、自分がもっとも気に入った見た目のモデルをゲットしてくださいね。

密閉型イヤホンおすすめ5選

上記で紹介した、密閉型イヤホンの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

Westone『Westone UM Pro10』

WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017 WestoneウェストンUMPro10ユニバーサルイヤホンイヤーモニター1バランスドアーマチュアドライバIEMWST-UMPRO10-2017
出典:Amazon この商品を見るview item

プロ用に乗り換えたいかたにおすすめの入門機

演奏しているアーティストの感情が伝わってくるかのような、音のニュアンスをダイレクトに聴けるバランスドアーマチュアドライバー搭載の密閉型イヤホン。ロングセラーモデルのリデザイン版ですが、すぐれたサウンドは時代を超えて魅力を放ちます。

リケーブルが可能なモデルで、コネクタはMMCX。数多くのイヤホン用交換ケーブルが使える仕様になっていますので、リケーブルを前提に考えている方におすすめです。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N』

ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM ソニーワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-C600N:Bluetooth対応/AmazonAlexa搭載/モデル/apt-x対応2019年モデル/マイク付き/ブラックWI-C600NBM
出典:Amazon この商品を見るview item

場面に合わせたノイズキャンセリング機能搭載

リーズナブルな価格でBluetoothワイヤレス&ノイズキャンセリングを実現した価値ある1機。ワイヤレスの密閉型イヤホンにしては珍しいネックバンドスタイルというのも注目のポイントです。携帯性はケーブルタイプの方が上ですが、普通のワイヤレスイヤホンよりも重量を感じない点が魅力的ですので、使ってみればそのよさがわかるでしょう。

軽くてストレスを感じないものを探している方におすすめです。

SONY(ソニー)『MDR-EX155』

ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W ソニーイヤホンMDR-EX155:カナル型ホワイトMDR-EX155W
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトでパワフル! つけ心地も快適なイヤホン

ソニーのカナル型イヤホン『MDR-EX155』は、バランスにこだわった高音質が楽しめるだけでなく、形にこだわったイヤーピースが耳に快適にフィットしてくれます。

耳になじんではずれにくく、快適な装着感と高密閉性を実現しています。先端のつぶれによる音質の変化を防いでくれるのもポイント。

コンパクトボディで持ち運びにも便利なうえに、パワフルな音が楽しめます。携帯性と音質、耳へのフィット感にこだわりのある方に向いているイヤホンです。

Pioneer(パイオニア)『SE-CH5T』

パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K パイオニアSE-CH5Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH5T-K
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパが良好なハイレゾの入門機

5,000円以内と比較的安価ながら、音の鮮明さや臨場感が魅力のハイレゾ音源に対応したコストパフォーマンスにすぐれたイヤホンです。

高密度なハイレゾ音源の低域から高域までの広帯域再生を新開発9.7mmドライバーで実現。また、「Airflow Control Port」というチューブポートを側面に配置することで、クリアな中域再生を実現しています。

ハイレゾ音源を存分に味わうことができます。お手ごろ価格で高音質を楽しむことができるので、ハイレゾ入門機として適しています。

beats by dr.dre『Beats Flex 』

BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

約5分の充電で2時間再生できる素早い対応力

高速充電対応のイヤホン。約10分で1.5時間再生できる素早い充電が可能で、急な外出に対応するのが魅力です。

マイク搭載のケーブルに話しかければ、「Siri」を操作して通話や音楽切り換えなどができます。

マグネットつきで首元がスタイリッシュに見えるデザインなのでおしゃれに気を使っている方にも向いているでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Westone『Westone UM Pro10』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N』
SONY(ソニー)『MDR-EX155』
Pioneer(パイオニア)『SE-CH5T』
beats by dr.dre『Beats Flex 』
商品名 Westone『Westone UM Pro10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N』 SONY(ソニー)『MDR-EX155』 Pioneer(パイオニア)『SE-CH5T』 beats by dr.dre『Beats Flex 』
商品情報
特徴 プロ用に乗り換えたいかたにおすすめの入門機 場面に合わせたノイズキャンセリング機能搭載 コンパクトでパワフル! つけ心地も快適なイヤホン コスパが良好なハイレゾの入門機 約5分の充電で2時間再生できる素早い対応力
スピーカータイプ バランスドアーマチュア型 ダイナミック型 - - -
インピーダンス 19Ω - - - -
再生周波数帯域 20Hz~16KHz 50Hz~8kHz - - -
出力音圧レベル 114dB - - - -
最大入力 - - - - -
コードの長さ 128cm - 1.2m 1.2m -
ケーブル端子の規格 Φ3.5mm - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 密閉型イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの密閉型イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホンランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホンランキング(カナル型)ランキング
Yahoo!ショッピング:イヤホン本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

密閉型イヤホンに関連する記事のご紹介

密閉型イヤホンでサウンドにのめり込もう

本記事では、密閉型イヤホンの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

通勤時や音楽鑑賞など、様々な面で使用される密閉型イヤホン。音漏れもしづらく、さらに音楽にのめり込めるため、今や当たり前の存在となりました。

値段やスペックによって、求める音質や使い勝手が大きく変わりますので、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2022年】ソニーのヘッドホンおすすめ19選|ワイヤレス・有線も

【2022年】ソニーのヘッドホンおすすめ19選|ワイヤレス・有線も

SONY(ソニー)のヘッドホンは、ワイヤレスタイプや有線タイプ、ノイズキャンセリングにハイレゾ対応など、シリーズが豊富です。ここでは、SONY製ヘッドホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、比較一覧表や、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【価格別】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング22選|最強はどれ?

【価格別】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング22選|最強はどれ?

「地下鉄や電車などの環境音を感じず、音楽に集中したい」「騒音や雑音などを感じずに作業がしたい」そう考えている方にピッタリなのがノイズキャンセリングヘッドホン。外部からの音を無音に変換し、流れる音楽のみをしっかり感じられます。本記事では、300名へのユーザーアンケート調査を実施。騒音を消し、作業に集中できたり、音楽をより楽しめるノイズキャンセリングヘッドホンの選び方、おすすめ人気ランキングをご紹介します。本記事を読めば、ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方やおすすめ商品が分かるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【2022年】オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ21選|人気のワイヤレスも!

【2022年】オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ21選|人気のワイヤレスも!

オーディオテクニカは、1974年のAT-700シリーズ以来、45年以上にわたってヘッドホンをつくり続けている、老舗の国産オーディオメーカーです。現在のラインナップもエントリークラスからハイエンドモデル、有線からBluetoothワイヤレスまでと、数多くの商品を取りそろえています。本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、オーディオテクニカ製ヘッドホンの選び方とおすすめ商品を紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

ネックバンド型イヤホンおすすめ17選|高音質で機能性に優れたモデルも

ネックバンド型イヤホンおすすめ17選|高音質で機能性に優れたモデルも

耳への負担が少なく、快適に音楽を楽しめるネックバンド型イヤホン。最近はスマートフォンにイヤホンジャックがないモデルも増えてきています。本記事では、ネックバンド型イヤホンについて、メリットやデメリット、選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ノイズキャンセリング機能搭載や大容量バッテリーのものなど、幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【タイプ別】モニターヘッドホンおすすめ18選|スタジオ・普段使いの商品も紹介

【タイプ別】モニターヘッドホンおすすめ18選|スタジオ・普段使いの商品も紹介

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場でプロフェッショナル達に使われているヘッドホン。普通のヘッドホンとは異なり、録音された音の様子や変化、音質が劣化していないかその有無をチェックする際に重宝されます。しかし、どんな種類のモニターヘッドホンが、どんな音楽や音に向いているか・より楽しめるかは、専門知識がないとなかなかわかりませんよね。本記事では、モニターヘッドホンについて、基礎知識や選び方、そして、種類別のおすすめ商品をご紹介。本記事を読めば、DTMだけでなく、普段使いでも楽しめる商品をきっと選べるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

関連するブランド・メーカー


SONY(ソニー) Westone(ウェストン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。