ゲーミングスピーカーのおすすめ5選&選び方|ガジェットレビュアーに聞く!

ゲーミングスピーカーのおすすめ5選&選び方|ガジェットレビュアーに聞く!
家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー
東雲 八雲

ブルータス、テッカブル、インプレス、ゲットナビ、モノマガジンなどで編集を行うモノ系ライター。 ファッションや家電のスペックだけでなく、ストーリーやブランド性まで加味して良い品を探すのが好き。 週6日の秋葉原・銀座ウォッチや、海外製品の調査まで、とにかく人よりいい品を探すのが大好き。(今まで購入した家電で家が1軒建つとか建たないとか。)

ゲームの音を楽しむのに最適なゲーミングスピーカー。テレビに繋いで遊ぶゲームだけでなく、携帯ゲーム機やスマホで楽しめるゲームでもスピーカーが違うだけで没入(ぼつにゅう)感が高まります。本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんへの取材をもとに、ゲーミングスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。よりリアルなゲーム体験をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。


ゲーミングスピーカーはどう選ぶ? ガジェットレビュアーに聞いた

ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、ゲーミングスピーカーを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

机に並んだスピーカー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

リアリティのあるゲーム体験、臨場感あふれる音を楽しみたい人に最適なゲーミングスピーカー。各メーカーからさまざまな商品が販売されています。

FPSやアクションゲームには有線接続のものを

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

音楽を楽しむのと異なり、ゲームをプレイしながら音を楽しむゲーミングスピーカーは、遅延の発生は致命的です。有線接続は無線接続と比べて遅延の発生が少ないです。なるべく有線接続ができるゲーミングスピーカーを選びましょう。

無線接続がいいという場合は、aptXというコーデックに対応しているものがおすすめです。遅延で起こるゲームのミスやストレスを減らしてくれます。

JBL『バスパワードスピーカー』

USBに繋ぐだけでかんたんに使用できるゲーミングスピーカー。ノートパソコンを置くようなコンパクトスペースでも高音質で楽しめます。

>> Amazonで詳細を見る

使用する環境に合わせた商品を選ぶ

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

ゲームを楽しむ環境によって、適切なゲーミングスピーカーは変わってきます。ある程度の音が出せる環境であれば、低音もしっかりと響くスピーカーがおすすめです。これにより効果音やゲーム音楽に厚みが増し、没入感がアップします。

たとえばFPSでは、ゲームの勝敗を左右する「足音」や「射撃音」がハッキリ伝わってきます。スマートフォンや携帯ゲーム機であれば、コンパクトなゲーミングスピーカーがおすすめ。本体と近い距離でもしっかりと音の広がりを感じられますよ。

臨場感のある音を楽しむにはch数が大切!

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

よりリアリティのある、臨場感あふれる音を楽しみたいときには、スピーカーのチャンネル数を確認しましょう。2.1chや3.1chといったスピーカーには、サブウーファーがプラスされています。これにより重低音が効いた迫力のある音が楽しめるようになります。

また、5.1chといった後ろにもスピーカーを配置できるタイプは、立体的に音を感じることができます。サラウンドと呼ばれるのがこのタイプです。

ch数が増えるごとにスピーカーの数が増えるため、設置場所が必要になります。設置場所が限られている場合は、バーチャルサラウンドに対応した商品を選ぶのがおすすめです。後ろの音もリアルに感じられますよ。

CREATIVE『Sound BlasterX Kratos S5 (SBX-KTS-S5)』

最大120Wとハイパワーな出力ができるゲーミングスピーカー。USB接続でバーチャル7.1サラウンドに対応するため、よりリアルなゲーム音を楽しむことができます。

>> Amazonで詳細を見る

ゲーミングスピーカーのおすすめ5選! ガジェットレビュアーが厳選

上で紹介したゲーミングスピーカーの選び方のポイントをふまえて、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic『4Kパススルー対応 シアターバー(SC-HTB01)』

Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic『4Kパススルー対応シアターバー(SC-HTB01)』

出典:Amazon

サイズ 約幅430×高さ52×奥行130mm
重量 約1.8kg
チャンネル数 2.1ch
アンプ出力 フロント25W+25W、サブウーハー30W
Thumb lg 07716920 5e9a 4e22 974a 97ed4a25b598

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

ゲームジャンルに合わせて3つのサウンドから選べる

スクウェア・エニックスとPanasonicの共同開発した3つのゲームモードを搭載したスピーカーです。RPG、FPS、ボイスシーンのそれぞれに適した音響に自動で調整してくれます。音質面ではドルビーアトモス、DTS:X、/Virtual:Xの3つの先進技術を市販のシアターバーとしてはじめて採用。

MMOゲームで大人気のファイナルファンタジーXIV推奨となっており、クラシカルなオーケストラサウンドも得意です。従来のサラウンドよりも包み込まれるような迫力ある音を体感できるようになりました。これだけの機能が詰め込みながら、本体の高さは5.2cmと非常に薄型。ディスプレイの下など、置き場所に制限がある方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Logicool G『LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカー(G560)』

LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』 LogicoolG『LIGHTSYNCPCゲーミングスピーカー(G560)』

出典:Amazon

サイズ サテライトスピーカー:約幅166×高さ148×奥行118mm 、サブウーファー:約幅255×高さ404×奥行207mm
重量 サテライトスピーカー(2基):1.79kg、サブウーファー:5.5kg
チャンネル数 2.1ch
アンプ出力 120〜240W(最大)
Thumb lg 07716920 5e9a 4e22 974a 97ed4a25b598

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

ゲームに合わせた光の演出でゲームを盛り上げる

ワンランク上の迫力あるゲームが楽しめるLogicool Gのゲーミングスピーカー。最大240Wのハイパフォーマンスなドライバーで、臨場感のある音を届けてくれます。LIGHTSYNC対応のゲームタイトルであれば、音と光が融合した演出を楽しむことも。

USB、3.5mmジャック、Bluetoothと接続形式が幅広いのも、本機のおすすめポイントです。PC利用だけでなく、テレビや対応スマホでも活用できますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Creative『Creative Inspire T6300(IN-T6300)』

Creative『CreativeInspireT6300(IN-T6300)』 Creative『CreativeInspireT6300(IN-T6300)』 Creative『CreativeInspireT6300(IN-T6300)』 Creative『CreativeInspireT6300(IN-T6300)』 Creative『CreativeInspireT6300(IN-T6300)』

出典:Amazon

サイズ フロントスピーカー:約幅86×高さ177×奥行93mm、センター/リアスピーカー:約幅72×高さ147×奥行79mm ほか
重量 フロントスピーカー、センター/リアスピーカー:約0.3kg、サブウーファー:約3.3kg
チャンネル数 5.1ch
アンプ出力 フロント/サテライトスピーカー7W、サブウーファー 22W
Thumb lg 07716920 5e9a 4e22 974a 97ed4a25b598

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

5.1chサウンドを気軽に楽しめます

サラウンド環境を作るのは難しそう、そろえるのが費用がかかりそうとお考えの方に。お手ごろ価格でもパワフルに鳴らしてくれるゲーミングスピーカーです。DSEデザインにより豊かな中音域の再生、IFP機能により重厚な音を楽しむことができます。

低音の調整は好みに合わせてできるため、マンション住まいの方でも安心です。有線のリモコンが付属しますので、手元で電源のオンオフ、ボリュームの調整もおこなえますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』

SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』

出典:Amazon

サイズ 約幅210×高さ75×奥行205mm
重量 約0.3kg
チャンネル数 -
アンプ出力 1W+1W(最大)
Thumb lg 07716920 5e9a 4e22 974a 97ed4a25b598

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

肩に乗せるだけ! 音に包まれる新たな体感を

首の後ろから肩にかけて使う、まったく新しいスタイルのスピーカーです。どこにいても包まれるような音を味わえます。専用に開発されたフルレンジスピーカーユニットで、立体音響を身にまとうことができます。

左右のスピーカーにはパッシブラジエーターという振動板を加えたことで、ゲームのサウンドと面白さを増強してくれるスピーカーです。首もとから音を発するため、深夜にゲームを遊ぶ方にぴったりなゲーミングスピーカーといえるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Soundcore『Soundcore Motion+』

Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』 Soundcore『SoundcoreMotion+』

出典:Amazon

サイズ -
重量 約1,05kg
チャンネル数 -
アンプ出力 30W
Thumb lg 07716920 5e9a 4e22 974a 97ed4a25b598

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

aptX対応で遅延の少ない無線接続に対応

ハイレゾ音源に対応した、最大30Wの迫力あるサウンドが体験できるゲーミングスピーカーです。ゲーム音の重厚感を再生するのに大切な低音部分は、BassUpテクノロジーで力強く、鮮明に響かせてくれます。

低遅延がウリのaptXコーデックに対応するため、Bluethooth接続でもゲームや映画のレスポンスは非常によいです。コードをつなげるとプレイフィールに影響が出るという方にぴったりの一台といえます。

「ゲーミングスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic『4Kパススルー対応 シアターバー(SC-HTB01)』
Logicool G『LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカー(G560)』
Creative『Creative Inspire T6300(IN-T6300)』
SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』
Soundcore『Soundcore Motion+』
商品名 Panasonic『4Kパススルー対応 シアターバー(SC-HTB01)』 Logicool G『LIGHTSYNC PC ゲーミング スピーカー(G560)』 Creative『Creative Inspire T6300(IN-T6300)』 SONY『ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)』 Soundcore『Soundcore Motion+』
商品情報
特徴 ゲームジャンルに合わせて3つのサウンドから選べる ゲームに合わせた光の演出でゲームを盛り上げる 5.1chサウンドを気軽に楽しめます 肩に乗せるだけ! 音に包まれる新たな体感を aptX対応で遅延の少ない無線接続に対応
サイズ 約幅430×高さ52×奥行130mm サテライトスピーカー:約幅166×高さ148×奥行118mm 、サブウーファー:約幅255×高さ404×奥行207mm フロントスピーカー:約幅86×高さ177×奥行93mm、センター/リアスピーカー:約幅72×高さ147×奥行79mm ほか 約幅210×高さ75×奥行205mm -
重量 約1.8kg サテライトスピーカー(2基):1.79kg、サブウーファー:5.5kg フロントスピーカー、センター/リアスピーカー:約0.3kg、サブウーファー:約3.3kg 約0.3kg 約1,05kg
チャンネル数 2.1ch 2.1ch 5.1ch - -
アンプ出力 フロント25W+25W、サブウーハー30W 120〜240W(最大) フロント/サテライトスピーカー7W、サブウーファー 22W 1W+1W(最大) 30W
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

購入後のチューニングも重要な要素! ガジェットレビュアーより

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

本体の大きさやスピーカーの数はスペックなどから確認ができます。ですが、本当の自分に合う音かどうかは、ゲームごとに合わせてみるまでわかりません。本当に自分に合う音を追求するためには、PCであれば自分でチューニングするのもひとつの方法です。

とくにFPSであれば、低音部分やSEを上手に調整してみてください。プレイ感覚だけでなく、ゲームの結果にも影響が出ると思いますよ!

PCゲームを快適にプレイするためには、ゲームをプレイすることに特化するために高速なグラフィックボードなどを搭載した「ゲーミングPC」が必要です。特に、3Dグラフィックを使ったゲームではハイスペックなマシンが求められることも少なくありません。こういったことを踏まえると、どのような点に着目してゲー...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/10 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


JBLスピーカーのおすすめ10選|アウトドアでも活躍!【Bluetooth対応・AIスピーカー】

JBLスピーカーのおすすめ10選|アウトドアでも活躍!【Bluetooth対応・AIスピーカー】

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。この記事では、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのJBLスピーカー10選と選び方を紹介します。


シアターバーおすすめ5選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

シアターバーおすすめ5選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

AV評論家の折原一也さんへの取材のもと、シアターバーを選ぶポイントと、映画やゲームのサラウンド再現を重視したおすすめ製品を紹介していきます。「シアターバー」は、薄型TVと組み合わせて、映画やゲームで採用されているサラウンド音響を家庭で再現できるアイテム。「サウンドバー」と呼ばれる製品と一部重複しますが、とくにシアターバーは、バーチャルサラウンド技術5.1ch、7.1chのサラウンドや最新の立体音響に対応していて、本格的に映画やゲームのサラウンドの再現を目指した製品を指します。シアターバーを導入して迫力あるサウンドをぜひ楽しんでください。後半ではちょっと視点を変えた製品も紹介していますので、そちらも参考に!


【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


高音質で使いやすいテレビワイヤレススピーカーおすすめ11選|機能的&ワイヤレス

高音質で使いやすいテレビワイヤレススピーカーおすすめ11選|機能的&ワイヤレス

IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、テレビ用ワイヤレススピーカーのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ちょっとテレビから離れたところから見ているので、テレビの画面は見えるけど音が聴こえづらい。けれども、ボリュームを大きくするのは家中に音が鳴り響くので困る。そんな時に便利なのがテレビワイヤレススピーカー。スピーカーが自分の近くにあるのでよく聴き取れるようになります。手元で音量調節できるものなどさまざまな機種が展開されています。本記事ではテレビ用ワイヤレススピーカーを選ぶうえでおさえておきたいポイントを解説。ぜひ参考にしてくださいね。


センタースピーカーおすすめ10選|低・中・高音域まで高音質商品をご紹介

センタースピーカーおすすめ10選|低・中・高音域まで高音質商品をご紹介

画面の大きいテレビと相性がいいセンタースピーカー。テレビ中央に置けば、中抜けしがちな中央付近音を補強し、より臨場感のあるサウンドを楽しめます。今回はセンタースピーカーの選び方と音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。タイプや機能、接続の仕方などに焦点を当てながら厳選した商品を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る