【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選

【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、露出計の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。光に左右されず思ったとおりの写真を撮るために、ぜひ本記事を参考に露出計を選んでみてください。


そもそも露出計ってなに?

露出計
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

同じ被写体を撮影しても、光の加減によって仕上がりが良くも悪くもなります。露出計を使って、光を上手に取り入れた写真を撮ってみてください。

露出計とは、被写体の明るさを測定する機材です。露出計を用いて明るさを把握することで、撮影する際に最適なシャッター速度や絞りの値を求めることができます。

最近のカメラは露出計が標準搭載されているため、写真を撮るだけなら露出計がなくても撮影は可能です。しかし、自然光とフラッシュ光が混在しているような状況では、カメラに内蔵されている露出計だけでは正確な露出値を測りきれません。

よりクオリティの高い写真を撮るためには、露出計を上手に使うことが大切なのです。

露出計の選び方! フォトグラファーに聞きました

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、露出計を選ぶときのポイントを教えてもらいました。どんな点に注目して商品を選べばいいか悩んでいる方は、エキスパートの視点を商品選びに活かしてみてください。

バッテリー式か、バッテリーなしか

バッテリー式タイプ

セコニック『スピードマスター(L-858D)』より

バッテリーなしタイプ

セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』より

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

露出計は本体にバッテリーが必要なものと、バッテリーがなくても駆動するタイプに大別されます。

バッテリーが必要な機種にはデジタル表記や演算など便利な機能がありますが、バッテリーなしの機種はメーター表記のアナログ式になります。

バッテリーで駆動する機種のほうが便利に使えそうですが、バッテリーなしの機種は電源の残量を気にすることなく使用できるというメリットがあります。

それぞれ使用する状況に応じて選択するのがよいでしょう。

フラッシュメーターの有無による選択

ケンコー・トキナー『フラッシュメーター(KFM-2200)』より

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

露出計で測る光の種類は、大きく自然光とフラッシュ光の2つに分けることができます。自然光とは太陽や照明などの光で、フラッシュ光とは発光したフラッシュの光を指します。

通常の露出計では、自然光の測光が可能です。しかし、フラッシュ光の測光には、フラッシュ測光機能をそなえた露出計が必要になります。

自然光とともにフラッシュ光の測光も行なう場合は、フラッシュメーター機能のある露出計を選択しましょう。

受光面の可動領域による選択

セコニック『スピードマスター(L-858D)』より

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

露出計にある白い球体の部分は、光を受ける受光面です。

多くの露出計は、この部分が本体とは別に動くようになっています。可動範囲は機種によりそれぞれで、受光面を回して測光したい方向に向けて使用します。

受光面が自由に動かせることで、本体の数値表記画面を見ながら測光が可能。また横や下など不規則な方向から入ってくる光の測光もしやすくなります。

露出計を選ぶ際には、受光面の可動領域もチェックしてください。

露出計おすすめ5選 フォトグラファーが厳選

セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』より

上記でご紹介した露出計の選び方のポイントをふまえて、フォトグラファーの瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

商品ごとに異なる特徴をチェックして、使用目的や環境にあった自分に最適な1台を選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』

セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』 セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』 セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』 セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』 セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』

出典:Amazon

バッテリー 不要
フラッシュメーター なし
サイズ(幅×高さ×奥行) 58×112×34mm
重さ 190g

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

電池なしで駆動するアナログ式のロングセラー機

アナログ式露出計のロングセラー機種。バッテリー不要で自然光の測光ができます。

光を直接測光する直射光式と、被写体からの跳ね返ってきた光を測光する反射光式の両方の測光が可能で、ダイヤルリングにレンズの絞りやISOなどの設定値をあわせて露出値を読み取ります。

露出の理論を学ぶのにも適しているので、カメラを本格的に習得していきたいという方にもおすすめの露出計といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』

セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』

出典:Amazon

バッテリー 必要(単3形乾電池1本)
フラッシュメーター あり
サイズ(幅×高さ×奥行) 63×110×22mm
重さ 80g(電池含む)

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

コンパクトな本体に写真と動画のモードを搭載

デジタル式の露出計で、単3形乾電池1本で駆動します。

自然光の測光のほか、フラッシュメーター機能もそなえています。表示画面にバックライトを内蔵しているので、暗い場所でも数値を読み取ることが可能。

露出機能では写真撮影モードに加えて、シネカメラモードも搭載しているため、動画撮影用の露出計としても活用できる機種です。

写真と動画の両方を撮る方には、便利に使える露出計でしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンコー・トキナー『フラッシュメーター(KFM-2200)』

KenkoフラッシュメーターKFM-2200入射式/反射式露出計KFM-2200 KenkoフラッシュメーターKFM-2200入射式/反射式露出計KFM-2200 KenkoフラッシュメーターKFM-2200入射式/反射式露出計KFM-2200 KenkoフラッシュメーターKFM-2200入射式/反射式露出計KFM-2200

出典:Amazon

バッテリー 必要(単3形乾電池1本)
フラッシュメーター あり
サイズ(幅×高さ×奥行) 66×175×31mm
重さ 185g(電池別)

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

被写体の一部分の光を測るスポット測光を装備

自然光とフラッシュ光を測光できるデジタル式の露出計です。

通常の測光機能に加えて、被写体の一部分を測光するスポット測光機能をそなえているのが特徴。スポット測光は、風景撮影などで明暗差のある部分の光を測るときなどに使います。

室内、野外どちらでも、露出計を使いこなして本格的な撮影をおこないたいという方に適した機種のひとつといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンコー・トキナー『オートデジメーター(KFM-1100)』

ケンコー・トキナー『オートデジメーター(KFM-1100)』

出典:Amazon

バッテリー 必要(単3形乾電池1本)
フラッシュメーター あり
サイズ(幅×高さ×奥行) 57×157×26mm
重さ 135g(電池別)

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

フラッシュとシンクロさせての測光が可能

自然光とフラッシュ光を測定できるデジタル式の露出計で、閃光(せんこう)時間の測定にも対応しています。

動きの速い被写体の一瞬の動きをとらえる撮影では、フラッシュの閃光時間が大事な要素に。たとえば、虫の羽ばたきの動きのような、肉眼ではとらえられない動きを写すときに、目安となる値が閃光時間です。

特殊な被写体でフラッシュ撮影を行なうため、閃光時間を読み取りたい方には必須の露出計です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

セコニック『スピードマスター(L-858D)』

セコニック『スピードマスター(L-858D)』 セコニック『スピードマスター(L-858D)』 セコニック『スピードマスター(L-858D)』 セコニック『スピードマスター(L-858D)』

出典:Amazon

バッテリー 必要(単3形乾電池2本)
フラッシュメーター あり
サイズ(幅×高さ×奥行) 94×176×49mm
重さ 240g(電池別)

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

オールマイティに使えるフラッグシップ機

露出計のトップメーカーであるセコニック社のフラッグシップ機です。

自然光測光、フラッシュ測光、スポット測光はもちろんのこと、フラッシュ閃光時間の測定も可能。写真や動画、映画などほとんどの撮影場面で活用できる機能をそなえています。液晶タッチパネルでの操作に対応しており、使いやすくなっています。

生活防水機能もそなえているので、タフな野外シーンでの使用を検討している方におすすめしたい機種です。

「露出計」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』
セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』
ケンコー・トキナー『フラッシュメーター(KFM-2200)』
ケンコー・トキナー『オートデジメーター(KFM-1100)』
セコニック『スピードマスター(L-858D)』
商品名 セコニック『スタジオデラックスIII(L-398A)』 セコニック『フラッシュメイト(L-308X)』 ケンコー・トキナー『フラッシュメーター(KFM-2200)』 ケンコー・トキナー『オートデジメーター(KFM-1100)』 セコニック『スピードマスター(L-858D)』
商品情報
特徴 電池なしで駆動するアナログ式のロングセラー機 コンパクトな本体に写真と動画のモードを搭載 被写体の一部分の光を測るスポット測光を装備 フラッシュとシンクロさせての測光が可能 オールマイティに使えるフラッグシップ機
バッテリー 不要 必要(単3形乾電池1本) 必要(単3形乾電池1本) 必要(単3形乾電池1本) 必要(単3形乾電池2本)
フラッシュメーター なし あり あり あり あり
サイズ(幅×高さ×奥行) 58×112×34mm 63×110×22mm 66×175×31mm 57×157×26mm 94×176×49mm
重さ 190g 80g(電池含む) 185g(電池別) 135g(電池別) 240g(電池別)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

ECサイトの露出計ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの露出計の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:撮影用露出計ランキング
楽天市場:露出計ランキング
Yahoo!ショッピング:露出計ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】フォトグラファーからのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

露出計自体はカメラ本体にも搭載されているので、単体の露出計がなくても撮影は可能です。しかし、写真撮影でのこまかな光の表現や、動画での均一的な露出での撮影では、単体の露出計が必要になります。

単体の露出計は、こだわった画質や光を写真や映像に写し出すのに不可欠な道具といえるでしょう。これから画質にこだわる本格的な写真や動画を撮影したいという方には、単体の露出計を使うことをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/30 商品情報の更新を行いました。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 加藤 佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


フィルムスキャナーのおすすめ10選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

フィルムスキャナーのおすすめ10選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

デジタルカメラが広く普及した2000年代より前、写真はフィルムを使って撮影していました。フィルムが不要になったのは、まだここ10年程度でしかないのです。それ以前に撮影した思い出の写真がフィルムで残っているという方も多いでしょう。プリントされた写真は時間が経つと劣化していってしまいますが、フィルムスキャナーを使ってデジタルデータ化すると、文字どおりいつまでも色あせずに保管できるようになります。IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、フィルムスキャナーの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ビデオカメラ用三脚のおすすめ11選|コンパクト・軽量・使いやすいモデル

ビデオカメラ用三脚のおすすめ11選|コンパクト・軽量・使いやすいモデル

フォトグラファーの林 孝典さんに、ビデオカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてお話をうかがいました。ビデオカメラ用三脚は、各社さまざまな商品が販売されており、高さ調節ができるものや持ち運びしやすいものなど、どれを買えばいいのか迷ってしまいませんか。この記事で紹介する選び方とおすすめ商品を参考にしてみて下さい。


雲台おすすめ17選|小型の一眼レフ&大型望遠レンズ対応モデルなど紹介

雲台おすすめ17選|小型の一眼レフ&大型望遠レンズ対応モデルなど紹介

今回はフォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめの雲台をご紹介します。カメラを固定して撮影する際に使う雲台。三脚や一脚とセットで販売されていることが多いこともあり、雲台についてあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。雲台は天体撮影や野鳥撮影などで活躍します。ただし、撮りたい写真や使用するカメラによって使い分けが必要な雲台を、ご自分で正しく選ぶというのは難しいと思うかもしれません。プロの雲台選びをもとに、あなたにあったものを見つけてみましょう。


【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

レンズフィルターを使って写真撮影する人のなかには、レンズフィルターケースの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、レンズフィルターケースといっても、収納枚数や携帯性や取り出し方法など、さまざまな違いがあるので商品選びに悩んでしまいますよね。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、レンズフィルターケースの選び方のポイントと注意点を教えていただきました。おすすめの商品も合わせてご紹介いたします!


カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

フォトグラファーの瀬川陣市さんが解説する選び方とカメラグリップのおすすめ商品を紹介します。さまざまな場所で撮影するようになってくると、姿勢を維持することが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレの少ない撮影が可能になります。多くの撮影現場を経験してきたプロが紹介する選び方とおすすめ商品を参考に、ご自身にぴったりなカメラグリップを探してみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る