【サバイバルシート】のおすすめ商品10選|アウトドアカフェBASE CAMP代表が解説!

【サバイバルシート】のおすすめ商品10選|アウトドアカフェBASE CAMP代表が解説!
アウトドアカフェBASE CAMP代表
A-suke

アウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」の店主。 雑誌などのアウトドア系メディアで活躍中。幅広いアウトドア経験と知識を持ち、元プロダクトデザイナーという経歴を生かしてコトやモノをプロデュースしている。調理人でもあるので燻製やダッチオーブン料理などにも造詣が深い。

サバイバルシートはアルミ蒸着などを施した銀色および金色のフィルム状の商品で、体温を輻射(ふくしゃ)して保温することができるシートです。アウトドア以外に災害時や遭難時にも体温低下を防ぐためにエマージェンシーシートとして使用します。使い捨て用の薄手で安価なものから、タープやグランドシートなどマルチ使用が前提の耐久性のいいものまで商品によって幅があります。また、ポンチョやシュラフ状になっているものもあります。万一の時に用意しておきたいサバイバルシートについて、アウトドアカフェBASE CAMP代表のA-sukeさんに教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


サバイバルシートで迷ったら? アウトドアカフェBASE CAMP代表に聞いた選び方

アウトドアカフェBASE CAMP代表・A-sukeさんに、サバイバルシートを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。アウトドアで役立つだけでなく、災害時にも命を守ってくれるグッズなので、選ぶポイントに気をつけながら慎重に選んでくださいね。

雪山に建てられたテント
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

サバイバルシートは雪山に必須のアイテム。ただし、基本的にフィルムで透湿性や通気性はなく、結露や汗で体が濡れる危険性があります。そのため風が強かったり寒かったりする場合は使い方に注意が必要です。

使用目的に合ったサイズを選ぶ

アウトドアカフェBASE CAMP代表

ここでいうサイズとは、使用時のサイズと収納時のサイズの2つの視点です。

使用時のサイズでは、座って包まれるものから、寝袋のようにくるまって寝られるもの、ふたりで使うことが前提のものまであります。

収納時のサイズは、いざというときのためにいつでも持ち運べる小さいものから、厚い生地を使っているためそこまで小さくないものまであります。使用目的によって商品のサイズが違うので、自分に合ったものを選びましょう。

mont-bell(モンベル)『エマージェンシーシート』

大きすぎず、小さすぎないシートを選びたいもの。こちらは213×132㎝と大人用としてはちょうどよいサイズです。

>> Amazonで詳細を見る

素材と厚みなど生地に注目する

アウトドアカフェBASE CAMP代表

ポリエステル系かポリエチレン系か、使われている素材で耐久性や使い勝手が大きく変わってきます。ポリエステル系は、触れるとシャカシャカと音がするかための素材で、もう一度きれいに折りたたむことがひじょうに難しいです。ポリエチレン系は、しなやかで音も立ちにくく再び同じように折りたたみやすい性質があります。

サバイバルシートは厚みが増せば強度が上がる反面、収納サイズが大きくなり重量も増してしまいます。また、マルチに使うことを前提に複数の素材が何層かラミネートされているものも。どんな素材とラミネートされているかで性能も変わりますが、単体よりも強度が高いのが特徴です。

LOGOS(ロゴス)『LLL ストロングレスキューシート』

耐久性も選ぶときのポイントのひとつ。こちらは丈夫なフィルムで作られた耐久性に優れたサバイバルシートです。

>> Amazonで詳細を見る

形が違うと使い方が違う

アウトドアカフェBASE CAMP代表

多くのシートは四角いシート状。厚みが増すと、ひもなどを通すグロメットがついたものもあります。ポンチョ状になっていたりシュラフ状になっていたりするタイプは、使い方が限定されるものの快適性は高め。

たとえば、シュラフ状になっていると体温の逃げる場所も少ないので、いざというときも快適に過ごせます。寝るときだけに使うと割り切ることができればおすすめです。

サバイバルシートの選び方|アウトドアカフェBASE CAMP代表に聞く

上で紹介したサバイバルシートの選び方のポイントをふまえて、アウトドアカフェBASE CAMP代表・A-sukeさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。オーソドックスなものや通気性のよいもの、マルチに利用できるものなど5つの商品が選定されているので、購入する時の参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

mont-bell(モンベル)『エマージェンシーシート』

mont-bell(モンベル)『エマージェンシーシート』

出典:Amazon

サイズ 213×132㎝
収納サイズ 10×5×3㎝
重さ 50g
素材 アルミニウム蒸着ポリエステルフィルム
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

入門用のオーソドックスなサバイバルシート

アルミニウムを蒸着したポリエステルフイルムでできたオーソドックスなサバイバルシートです。サイズも大人が座って全身を包むのにちょうどいいくらいで、サバイバルシートの入門としておすすめ。緊急時にくるまると体温を反射して逃がさないようにしてくれるので、体温を奪われないで済みます。

ただ、シャカシャカと音がうるさく、肌触りもかたいので快適に過ごせるというものではありません。耐久性はあまりないので、何度も繰り返し使うものではないと割り切るならおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

mont-bell(モンベル)『コンパクトマルチシート』

サイズ 210×130㎝
収納サイズ 6.5×6.5×10㎝
重さ 115g
素材 アルミニウム蒸着ポリエチレンフィルム
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

シャカシャカ音が気にならないサバイバルシート

アルミニウムを蒸着したポリエチレンフィルムを採用。基本的な使い方は上記のエマージェンシーシートと変わりませんが、ポリエステル製のものと比べるとシャカシャカ音が抑えられていてかたさも少なく快適度が高いです。

また、耐久性も高くきれいに折りたためるので、繰り返し使いたい人におすすめ。ただ、透湿性はありませんので、結露や汗で体を濡らさないように気をつけましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Highmount(ハイマウント)『サバイバルシート ゴールド/シルバーⅡ』

Highmount(ハイマウント)『サバイバルシートゴールド/シルバーⅡ』

出典:Amazon

サイズ 約210×130㎝
収納サイズ -
重さ 約55g
素材 アルミ蒸着ポリエステル
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

状況によって使い分けができるサバイバルシート

オーソドックスなアルミ蒸着のポリエステルシート。片側が金色、もう片側が銀色になっているので、環境に応じて使い分けられる点がおすすめです。金色には光の熱を吸収する性質があるので、金色を外側にして使うと銀色のシートよりも効率的に温度を上げることができます。

反対に日差しの強すぎる場所では、銀色を外側にして使うことで体温の過度な上昇を防いでくれます。状況によってどちらを外側にすべきか覚えておかないと、いざというときに役に立ちませんので注意してください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Highmount(ハイマウント)『スペースヒートシートプレミアム ダブル』

Highmount(ハイマウント)『スペースヒートシートプレミアムダブル』

出典:楽天市場

サイズ 約170×140㎝
収納サイズ -
重さ 約160g
素材 アルミ4層構造(不織布+透明ポリエチレンフィルム+アルミ+透明ポリエチレンフィルム)
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

通気性のある丈夫なサバイバルシート

ポリエチレン製の商品ですが、不繊布・透明ポリエチレンフィルム・アルミ・透明ポリエチレンフィルムという4層構造になっています。そのおかげで普通の商品よりアルミ蒸着がはがれにくく、非常に丈夫。また、内側の生地が不織布なので肌触りも良好です。

さらに無数の小さな穴があいていて通気性を確保しているので、蒸れにくい特徴があります。通気性にすぐれるサバイバルシートを求める方におすすめですが、ややサイズが小さめなので体格が大きな方は窮屈に感じるかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Highmount(ハイマウント)『オールウェザーブランケット』

Highmount(ハイマウント)『オールウェザーブランケット』

出典:Amazon

サイズ 約152×213㎝
収納サイズ -
重さ 約325g
素材 プラスティックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・ブラスティックフィルムの4構造
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

長く使えるアウトドアの定番サバイバルシート

コチラも4層構造(プラスティックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・プラスティックフィルム)になった商品ですが、どちらかというと強度に重きをおいています。アウトドアマンならだれでも使ったことがあるのではないか、とえるほど昔からある定番商品です。

タープやグランドシートとして使うことを前提としていて四隅にグロメットもついています。サンドイッチされたポリエチレン繊維のおかげで、引っ張り強度にすぐれているため、タープとして使用しても伸びにくいのが特徴。収納サイズがそれなりにかさばるのが注意点ですが、長く使える高強度なサバイバルシートがほしい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『LLL ストロングレスキューシート』

LOGOS(ロゴス)『LLLストロングレスキューシート』 LOGOS(ロゴス)『LLLストロングレスキューシート』 LOGOS(ロゴス)『LLLストロングレスキューシート』 LOGOS(ロゴス)『LLLストロングレスキューシート』 LOGOS(ロゴス)『LLLストロングレスキューシート』

出典:Amazon

サイズ 約200×150㎝
収納サイズ 約26×19×3㎝
重さ 約200g
素材 ポリエステルフィルム(アルミ蒸着)、不織布
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

使い分けのできる丈夫なサバイバルシート

片側が不織布になっているアルミ蒸着ポリエステルフィルムのシートです。不織布側は肌触りがいいですが、体温を逃がさない目的で使うときは銀色側を内側にする必要があります。強い日光から身を守りたいときは不織布側を内側にして使用しましょう。

従来よりも丈夫なフィルムを使うことで耐久性が向上。ただ、収納サイズはややかさばります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOL(ソル)『サバイバルブランケット 2人用』

SOL(ソル)『サバイバルブランケット2人用』 SOL(ソル)『サバイバルブランケット2人用』 SOL(ソル)『サバイバルブランケット2人用』 SOL(ソル)『サバイバルブランケット2人用』

出典:Amazon

サイズ 152×244㎝
収納サイズ 20×11×2㎝
重さ 91g
素材 ポリエチレン(アルミ蒸着加工)
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

二人でも一人でも使えるオレンジのサバイバルシート


珍しくふたりで使う前提のサイズです。ひとりで使うよりもふたりで使うと体温を維持しやすいのでおすすめ。

もちろん大は小を兼ねるので、ひとりでも使用可。倍のサイズというわけではないので、体の大きな方にもおすすめです。ひとり用と違いオレンジの面に緊急時のサバイバルテクニックが日本語を含む4か国語で記されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOL(ソル)『ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット』

SOL(ソル)『ヘビーデューティエマージェンシーブランケット』

出典:Amazon

サイズ 213×142㎝
収納サイズ 17×20×3.5㎝
重さ 210g
素材 ポリエチレン(アルミ蒸着)
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

厚みがあって多目的に使えるサバイバルシート

ポリエチレン系の商品ですが厚みが従来品の2.5倍あり、多目的に使うことができます。ただのフィルムなので、ハイマウントのオールウェザーブランケットのようにタープとして使うには難があります。

グランドシートとして使うなら申しぶんない強度で繰り返し使えます。じゅうぶんに軽量で非常用としても常用としても使いやすい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』

SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』 SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』 SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』 SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』

出典:Amazon

サイズ 横142×縦(フード先端から下側)112㎝
収納サイズ 8.5×14×3㎝(パッケージサイズ)
重さ 77g
素材 ポリエチレン製(裏面はアルミ蒸着加工)
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

ザックを背負ったまま使えるサバイバルシート

同社のエマージェンシーブランケットをポンチョ化したもの。行動しながら使えるのが利点ですが、汎用性はありません。しかし、くるまるという意味では一般的なエマージェンシーシートと同じように使うことができます。

ザックを背負ったまま着られるサイズなのもおすすめのポイントです。収納袋はついていませんので別に用意してください。なお、行動すると体温が上がり結露しやすいので、その点には注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOL(ソル)『エマージェンシー ヴィヴィ』

SOL(ソル)『エマージェンシーヴィヴィ』 SOL(ソル)『エマージェンシーヴィヴィ』 SOL(ソル)『エマージェンシーヴィヴィ』

出典:Amazon

サイズ 91×213㎝
収納サイズ 径6.5×9㎝
重さ 108g
素材 ポリエチレン(内側はアルミ蒸着加工)
Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

シュラフ型なので保温性にすぐれている

同社のエマージェンシーシートをシュラフ状にしたもの。寝るために使うのであれば、シート状のものよりもかくだんに使いやすく、はだけにくいので保温性や防風性などにもすぐれています。

ただし、通気性はありませんので、結露にはじゅうぶんに注意しましょう。使い方を間違えると重大な事態になる恐れもあります。収納袋がつきですので、別途用意する必要はありません。

「サバイバルシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
mont-bell(モンベル)『エマージェンシーシート』
mont-bell(モンベル)『コンパクトマルチシート』
Highmount(ハイマウント)『サバイバルシート ゴールド/シルバーⅡ』
Highmount(ハイマウント)『スペースヒートシートプレミアム ダブル』
Highmount(ハイマウント)『オールウェザーブランケット』
LOGOS(ロゴス)『LLL ストロングレスキューシート』
SOL(ソル)『サバイバルブランケット 2人用』
SOL(ソル)『ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット』
SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』
SOL(ソル)『エマージェンシー ヴィヴィ』
商品名 mont-bell(モンベル)『エマージェンシーシート』 mont-bell(モンベル)『コンパクトマルチシート』 Highmount(ハイマウント)『サバイバルシート ゴールド/シルバーⅡ』 Highmount(ハイマウント)『スペースヒートシートプレミアム ダブル』 Highmount(ハイマウント)『オールウェザーブランケット』 LOGOS(ロゴス)『LLL ストロングレスキューシート』 SOL(ソル)『サバイバルブランケット 2人用』 SOL(ソル)『ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット』 SOL(ソル)『ヒートリフレクティブポンチョ』 SOL(ソル)『エマージェンシー ヴィヴィ』
商品情報
特徴 入門用のオーソドックスなサバイバルシート シャカシャカ音が気にならないサバイバルシート 状況によって使い分けができるサバイバルシート 通気性のある丈夫なサバイバルシート 長く使えるアウトドアの定番サバイバルシート 使い分けのできる丈夫なサバイバルシート 二人でも一人でも使えるオレンジのサバイバルシート 厚みがあって多目的に使えるサバイバルシート ザックを背負ったまま使えるサバイバルシート シュラフ型なので保温性にすぐれている
サイズ 213×132㎝ 210×130㎝ 約210×130㎝ 約170×140㎝ 約152×213㎝ 約200×150㎝ 152×244㎝ 213×142㎝ 横142×縦(フード先端から下側)112㎝ 91×213㎝
収納サイズ 10×5×3㎝ 6.5×6.5×10㎝ - - - 約26×19×3㎝ 20×11×2㎝ 17×20×3.5㎝ 8.5×14×3㎝(パッケージサイズ) 径6.5×9㎝
重さ 50g 115g 約55g 約160g 約325g 約200g 91g 210g 77g 108g
素材 アルミニウム蒸着ポリエステルフィルム アルミニウム蒸着ポリエチレンフィルム アルミ蒸着ポリエステル アルミ4層構造(不織布+透明ポリエチレンフィルム+アルミ+透明ポリエチレンフィルム) プラスティックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・ブラスティックフィルムの4構造 ポリエステルフィルム(アルミ蒸着)、不織布 ポリエチレン(アルミ蒸着加工) ポリエチレン(アルミ蒸着) ポリエチレン製(裏面はアルミ蒸着加工) ポリエチレン(内側はアルミ蒸着加工)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

ECサイトのサバイバルシートランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのサバイバルシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ビバークザック・シートランキング
Yahoo!ショッピング:サバイバルシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアカフェBASE CAMP代表の「ここがポイント」|使用スタイルを考えて選ぶのがコツ

アウトドアカフェBASE CAMP代表

サバイバルシートは、自分の使用スタイルや用途を考えて選んでください。たとえば、防災用品として使いたいなら、ポリエステルでもポリエチレンでもかまいませんので、とにかくシンプルなものを選びましょう。

登山でビバーク用に保険として持って行くなら、ポンチョ型や寝袋型がおすすめ。いくら安価でもポリエステルは避けてください。

また、タープやグランドシートなどとしていろんな場面で使いたいなら、ラミネートされているものや厚手のものがおすすめ。その際、重量やサイズを選ぶ基準にするとよいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


ランニングタイツの選び方とおすすめ7選【マラソン完走請負人に取材】

ランニングタイツの選び方とおすすめ7選【マラソン完走請負人に取材】

ランニングにチャレンジするときに付きまとうのが、膝などの脚のトラブル。ランニング専用のスポーツタイツには、股関節や膝関節などをサポートするタイプや、コンプレッションタイツという段階的に着圧をかけるタイプがあります。ランニングタイツは膝などのケガのリスクを軽減してくれるので、ランニングシューズと同じように重要なアイテムともいえます。そこで、マラソン完走請負人の牧野 仁さんへの取材をもとに、プロ目線によるランニングタイツの選び方とおすすめ商品をご紹介します。2020年5月、商品情報を更新しています。


【チャムス】の財布おすすめ12選|素材・耐久性・サイズ・タイプで選ぶ

【チャムス】の財布おすすめ12選|素材・耐久性・サイズ・タイプで選ぶ

アウトドアシーンに映えるカラフルな色使いが人気のアウトドアブランドのチャムス。本記事では高橋禎美さんと編集部で選んだチャムスの財布を12点ご紹介します。コインケースやカードがたくさん収納できるロングウォレットなど、素材やサイズにも着目しながら、好みの財布を探してみてください。


ドライネットおすすめ11選|キャンプの食器乾燥用に【干し野菜や干物にも!】

ドライネットおすすめ11選|キャンプの食器乾燥用に【干し野菜や干物にも!】

ドライネットはアウトドアで食器を乾かすものですが、小物の収納や食材の保管、ドライフルーツ作りなど、シーンに合わせて使える便利なアイテムです。使いやすさやサイズなど、商品選びに迷うこともあると思います。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、ドライネット選びのポイントや、おすすめ11選をご紹介します。ぜひ、便利なドライネットを活用してみてください。


アウトドアピザ窯おすすめ11選┃自宅やキャンプで活躍!【本格的なドーム型も】

アウトドアピザ窯おすすめ11選┃自宅やキャンプで活躍!【本格的なドーム型も】

アウトドアピザ窯は、キャンプやバーベキューなどでピザを焼いたり、自宅の庭でピザを焼くのに活躍するアイテム。炭や薪などの燃料で高温で焼くため、外がカリッとなかがモチモチしたおいしいピザが焼き上がるのが魅力です。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、アウトドアピザ窯の選び方、据え置き型と移動型、手作りキットのなかからおすすめ11選をご紹介します。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る