アウトドアライターが選ぶ! おすすめの多用途用グリル5選

アウトドアライターが選ぶ! おすすめの多用途用グリル5選
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

キャンプでは、薪を使ってバーベキューや焚き火などさまざまなことが楽しめます。しかし、いろいろなことを楽しみたいとはいえ、荷物の量は増やしたくないですね。そんなときは、1台で複数の用途に使える多用途グリルがあると便利です。ただし、少しずつ特徴の異なる多用途グリルがたくさん発売されているため、どんなものを買えばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんへの取材をもとに、多用途グリルの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


多用途グリルの選び方! アウトドアライターに聞きました

アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんに、多用途グリルの選び方を3つ教えていただきました。どんな商品を選べばいいのか悩んでいる方は、アウトドアのエキスパートの視点を商品選びに生かしてみてください。

バーベキューで使用しているグリル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

多用途グリルを上手に使えば、バーベキューのほかにダッチオーブンを使った料理や、カマドを使った焼きものが楽しめます。楽しみの幅がグッと広がりますね。

調理器具を乗せたときの安定感をチェックしよう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

薪を使った野外料理こそ、多用途グリルのイチバンの楽しみといっていいでしょう。多用途グリルを選ぶ際には、多彩な調理器具(鍋、ケトル、フライパン、スキレット、ダッチオーブンなど)にいかに対応できるかがポイントになります。

とくに重要なのは安定感。まずはしっかりとした「五徳(ゴトク)」が採用されているかをチェックしてください。いわゆる焼き網だけでは、たわみをおこして安定がありません。

おもに、ステンレスを使用した丈夫なゴトクであるかどうかを事前に調べておきましょう。

ヨカ『COOKING FIRE PIT フルセット』

こちらの商品は、広めで耐荷重20kgの丈夫なロストルが魅力的な多用途グリル。調理器具を2つ乗せても、安定感がバツグンです。

>> Amazonで詳細を見る

薪をくべやすいかどうかをチェックしよう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

薪は炭火よりも火力の安定感がなく、こまかな継ぎ足しをして調整する必要があります。一見すると面倒ではありますが、むしろこの微妙なコントロールこそが薪での調理の醍醐味です。そのため、途中で薪をくべる作業がやりやすいかどうかは要チェックポイント。

多用途グリルの多くのモデルは、1つの方向があいていて、そこから薪をくべるように工夫されていますので、あとはそれがやりやすそうかどうかを事前に比較しておきましょう。

収納がコンパクトかどうかをチェックしよう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

多用途グリルは箱形のバーベキューグリルとは異なり、多くの焚き火台同様、基本的には折りたたんで平たくコンパクトになるように工夫されています。

ただし、その方法は各モデルの形式によって大きく異なります。

必要なオプションなども含めて、最終的にどのくらいの収納サイズになるのかを使いたい用途にあわせて、事前によく調べておきましょう。

キャプテンスタッグ『V型 スマートグリル』

こちらの商品は、収納時の厚みがたったの40mm。重量が2kg程度で、専用の収納バッグもついているため、かんたんに持ち運ぶことができます。

>> Amazonで詳細を見る

アウトドアライターが厳選! おすすめの多用途グリル5選

上でご紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんに選んでもらったおすすめ商品6選をご紹介します。キャンプでどんな使い方をしたいか思い浮かべながら、それにあった商品を見つけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス『LOGOS the KAMADO』

ロゴス『LOGOStheKAMADO』 ロゴス『LOGOStheKAMADO』 ロゴス『LOGOStheKAMADO』 ロゴス『LOGOStheKAMADO』 ロゴス『LOGOStheKAMADO』 ロゴス『LOGOStheKAMADO』

出典:Amazon

サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:515×510×570mm、収納時:485×390×125mm
重さ 8.5kg
材質 本体:ステンレス・スチール、ダッチオーブン:鋳鉄・ポリエステル、ウッドグリップリフター:スチール
形状 かまど型

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

昔ながらのカマドがキャンプ道具に

名前が示すとおり、昔ながらの「竈=カマド」からインスパイアされた、ユニークなキャンプ道具。その形状と数々の工夫を活かせば、オーブン料理、鍋料理、ダッチオーブン、バーベキューと多彩にモードチェンジできるのが魅力です。

このモデル最大のポイントは、鍋料理とオーブン料理が一緒に作れる点。カマドの上部では鍋やダッチオーブン料理、下部ではカマドの対流熱を活かしてピザなどを焼くことができます。カマド部分を取り外せばそのまま焚き火台に。

まさに多用途、多機能をそなえており、ファミリーやグループで使う方に向いているでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャプテンスタッグ『V型 スマートグリル』

キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』 キャプテンスタッグ『V型スマートグリル』

出典:Amazon

サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:350×260×280mm、収納時:470×350×40mm
重さ 2.0kg
材質 本体:ステンレス鋼、脚:鉄(焼付塗装)、ロックフレーム・ゴトク・アミ・ロストル:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル
形状 V字型

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

コンパクトで多用途。荷物を減らしたいキャンパーに

焚き火やバーベキュー、煮炊きなど、多用途に使えるコンパクトなグリル。組み立てが実にかんたんで、かなりコンパクトになるので、荷物を少しでも減らしたいキャンパーにおすすめです。

本体がV型で燃焼効率がよく、地面に灰が落ちにくい設計なのもうれしいポイント。ただし、このモデルのゴトクは、薪の継ぎ足しに困らないようやや小さめの作りで、10インチ以上の重いダッチオーブンに適していないので注意してください。

専用収納ケース、バーベキュー用の焼き網も付属します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ユニフレーム『薪グリル ラージ』

ユニフレーム『薪グリルラージ』 ユニフレーム『薪グリルラージ』 ユニフレーム『薪グリルラージ』 ユニフレーム『薪グリルラージ』

出典:Amazon

サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:680×400×400mm、収納時:355×560×80mm
重さ 約4.6kg
材質 ステンレス鋼
形状 背面V字型

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

さらに大きくなった人気モデル

ユニフレームというメーカーは、実にユニークな商品開発ステップがあり、まず標準型を先行して販売し、その評判をよく検証したうえで、「ラージ」「ミニ」のサイズ違いが後に登場します。この商品もまさにそれ。

基本構造はノーマルの『薪グリル』と同一で、横幅が約20cm大きくなっています。幅が広がってもフラット収納は同様で、想定よりもコンパクトにまとまるのもうれしい限りです。もともと頑強な作りですから、ラージになってダッチオーブン2個同時の調理が可能になりました。

冬場や、多人数のキャンパーで集まる機会のある方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルモント『焚き火台TOKOBI』

ベルモント『焚き火台TOKOBI』 ベルモント『焚き火台TOKOBI』 ベルモント『焚き火台TOKOBI』 ベルモント『焚き火台TOKOBI』 ベルモント『焚き火台TOKOBI』

出典:Amazon

サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:415×460×320mm、収納時:260×460×60mm
重さ 約2.2kg
材質 18-8ステンレス
形状 焚き火台型

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

軽量で頑丈なスタイリッシュモデル

デザイン性が高く、実用性ともどもアウトドアギア好きたちの心をくすぐるアイテムです。

耐荷重はなんと21kgを誇り、別売のゴトクを使えばダッチオーブン2個を同時に乗せることが可能。ゴトクをセットするシェルフは上下2段になっているので、火加減を調節するのに役立ちます。薪を乗せる部分にはメッシュ素材が使われ、本体の軽量化に貢献しつつ、薪の乾燥を防ぐ役割も担っています。

さらに専用パーツが開発中ということなので、機能の拡張を楽しみたい方はぜひ一度お試しください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヨカ『COOKING FIRE PIT フルセット』

ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』 ヨカ『COOKINGFIREPITフルセット』

出典:Amazon

サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:500×270×325mm、収納時:500×270×40mm
重さ 5.0kg
材質 鋼板
形状 焚き火台型

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ほかにはない独特なスタイルがワイルドでオシャレ

厚さ2mmの鉄板で作られた3つのパーツを差し込んで組み立てる、ほかとは一線を画す独特のスタイルが何よりの特徴。完成後はV字型に開いているおかげで、ロストル(グリルや焚き火などで使用する耐久性のある網)面が広くなり、調理器具をふたつ同時の乗せることが可能です。

6mmの鋼板をレーザーカットして作ったロストルは頑丈で、差し込むスリットを変えることで3段階の高さに調節できます。横の空間がじゅうぶんにあるので、薪の継ぎ足しも苦になりません。

炎に浮かび上がる「YOKA」の文字がカッコよく、ワイルドでオシャレなキャンプを目指す方におすすめです。

「多用途グリル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ロゴス『LOGOS the KAMADO』
キャプテンスタッグ『V型 スマートグリル』
ユニフレーム『薪グリル ラージ』
ベルモント『焚き火台TOKOBI』
ヨカ『COOKING FIRE PIT フルセット』
商品名 ロゴス『LOGOS the KAMADO』 キャプテンスタッグ『V型 スマートグリル』 ユニフレーム『薪グリル ラージ』 ベルモント『焚き火台TOKOBI』 ヨカ『COOKING FIRE PIT フルセット』
商品情報
特徴 昔ながらのカマドがキャンプ道具に コンパクトで多用途。荷物を減らしたいキャンパーに さらに大きくなった人気モデル 軽量で頑丈なスタイリッシュモデル ほかにはない独特なスタイルがワイルドでオシャレ
サイズ(幅×奥行×高さ) 使用時:515×510×570mm、収納時:485×390×125mm 使用時:350×260×280mm、収納時:470×350×40mm 使用時:680×400×400mm、収納時:355×560×80mm 使用時:415×460×320mm、収納時:260×460×60mm 使用時:500×270×325mm、収納時:500×270×40mm
重さ 8.5kg 2.0kg 約4.6kg 約2.2kg 5.0kg
材質 本体:ステンレス・スチール、ダッチオーブン:鋳鉄・ポリエステル、ウッドグリップリフター:スチール 本体:ステンレス鋼、脚:鉄(焼付塗装)、ロックフレーム・ゴトク・アミ・ロストル:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル ステンレス鋼 18-8ステンレス 鋼板
形状 かまど型 V字型 背面V字型 焚き火台型 焚き火台型
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

調理だけではない、多用途をこなせる新世代グリル! アウトドアライターのアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

焚き火を囲んでおいしい野外料理をいただくことは、アウトドアにおけるイチバンの楽しみといっても過言ではないでしょう。そのニーズを背景に登場したのが、「焚き火台」と「グリル」を一体化した多用途グリルです。

もともと多くの焚き火台が、炭を使ったバーベキューグリルとしての拡張機能をそなえていましたが、多用途グリルはより、薪での調理を意識しているのが特徴といえるでしょう。

薪を使った豪快な野外料理をしてみたい、調理から焚き火、焚き火から調理を一台でこなしたいと考えている方は、ぜひこの多用途グリルを検討してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


マルチツールおすすめ17選|アウトドアに必携! レザーマンも、ビクトリノックス

マルチツールおすすめ17選|アウトドアに必携! レザーマンも、ビクトリノックス

アウトドアやちょっとした日常の作業用にあると便利なマルチツール。ナイフやドライバーなど多くの機能が付いています。本記事では、アウトドアライター・高橋庄太郎さんと編集部が厳選したマルチツールのおすすめ商品とその選び方をご紹介します。


【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。さまざまな種類のクッカーが販売されているため、どれが自分に適した商品なのかわからなくなることもあります。そこで、山岳ライターの高橋庄太郎さんにお話をうかがい、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品について解説してもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークと聞くと難しそうなイメージがありますが、スモークウッドを使えば初心者でもかんたんに燻製を作ることができます。手頃な価格で購入できるスモークウッドも多いので、気軽に挑戦してみましょう。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表A-sukeさんと編集部が選んだおすすめのスモークウッドと選び方のポイントについてご紹介します。


【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんへの取材をもとに、トングの選び方とおすすめ商品をご紹介します。普段の調理やバーベキューなどのアウトドア、料理を取り分けたりと幅広い用途で使えるトング。シリコン素材でフライパンをキズつけにくいものや、食材をつかみやすい小さいトングなど、さまざまな種類の商品をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る