タイラバおすすめ8選|初心者必見!タイラバの入門的な知識も解説

タイラバおすすめ8選|初心者必見!タイラバの入門的な知識も解説

タイラバはライトタックルを使って手軽に真鯛(マダイ)が釣れることから、近年流行している人気の釣り方です。遊漁船も増えていますから、これからはじめる方もたくさんいるでしょう。

タイラバの種類やラインナップもどんどん増え続けていますが、最初は何を買ったらよいかまったくわからないケースも多いと思います。ロッドやリール、ラインなど基本タックルも気になりますよね。

本記事では、タイラバの特徴や選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

タイラバとは

 

タイラバとは、リールをただ巻き(一定の速度でリールを巻く)してマダイを釣るためのルアーの1種で、「ヘッド」「スカート」「ネクタイ」といった特徴的なパーツで構成されています。

ただ巻きすればいいというその手軽さから、近年では船釣り入門者を中心に人気が広がっています。その一方で、タイラバの豊富なカラーや種類、巻き方のスピードに応じて釣果を大きく左右することから、中上級者にも人気の釣り方です。

タイラバの種類・タイプ

タイラバはフック部とヘッド部を離すことができる遊動式が全盛です。これに対してヘッド部とフック部がセットになっている固定式もあります。

もっとも主流で人気の「遊動式」

 

遊動式は着底時のアピール力の高さや、ファイト中のタイの首振りによるバラシ軽減などメリットが多いですが、巻き上げ開始時にうまくユニット同士がかみ合わないと回転してしまうことがありますので注意が必要です。とはいえ、現在主流で釣り人に人気なのはこの遊動式です。

市場ではあまり見かけないツウ好みの「固定式」

 

固定式はいつでも安定して巻き上げができるためその点は安心です。現在の製品は巻き上げ開始時のデメリットを克服している製品がほとんどで、市場ではほぼ遊動式しか見かけなくなりました。もし固定式を見つけたら、どのような違いがあるかチェックしてみるとおもしろいですよ。

タイラバの選び方

それでは、タイラバの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】ヘッドの形状
【2】ヘッドの素材・重量
【3】ネクタイ部分
【4】カラー


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ヘッドの形状をチェック

 

ヘッドの形状によって、鯛へのアピールがかわってきます。比較的サイズの大きいひし形やスラローム形は鯛の動きが活発なときにおすすめです。タイラバじたいが大きく動き、食いつきをサポートしてくれるでしょう。

また丸形は、鯛の動きが落ち着いているときにおすすめです。その日の状況に応じて使い分けるようにしましょう。

【2】ヘッドの素材・重量をチェック

 

ヘッドの素材は鉛とタングステンの2種類になります。タングステンの方が鉛より高比重なため、同じサイズでも重くなります。そのため海中での落ちるスピードが速く、潮の流れが速いときなどにも最適です。

一方鉛はタングステンより体積が大きくなるため、海中での動きが大きくなります。アピール力という観点ではこちらの方が優れ、値段もタングステンと比べると安価になります。

(★)タイラバは違う重さのものをたくさん用意

キャンプ/釣りライター

タイラバは基本的に落として巻くだけのシンプルな釣りです。ただし、根まわりを流しますから、どうしてもロストは避けられません。

また、一日の中で潮の流れがコロコロ変わる日もあります。そんなときは流れに合わせてヘッドの重さを変えなくてはなりません。タイラバは重さ違いとその予備をいくつか用意しておくと、安心して遊ぶことができます。

【3】ネクタイ部分をチェック

 

タイラバを特徴づけているものの一つに、長くてひらひらとアピールする「ネクタイ」と呼ばれるパーツがあります。ネクタイの色や太さ、形状はこの釣りの大きな要素となっており、「ネクタイを変えただけで爆釣!」ということも珍しくありません。

▼豊富なカラーが魅力のシリコン製

ネクタイの素材にはゴムとシリコン製の2つにわけられます。タイラバのネクタイはその日の食いつき状況などによってよく変えるものですから、カラーバリエーションの豊富なシリコン製がおすすめです。

また、シリコンの方が耐久性にすぐれているため、交換する手間が削減できよりアタックする時間を長く楽しめるでしょう。

▼ダブルネクタイやワームを試してみるのもおすすめ

ダブルネクタイやワームといった工夫もおすすめです。ダブルネクタイとは、その名のとおりネクタイを2つ使用すること。異なるカラーのネクタイを使用することで、アピール力が高まります。

同じくワームもにおいでアピール力を高めてくれます。いまいち調整があがらない時の選択肢として覚えておくとよいでしょう。

(★)タイラバのネクタイは予備を必ず準備

キャンプ/釣りライター

そんな大切なパーツですが、日によってはタイやほかの魚が噛みついてすぐにボロボロになるときがあります。そんなときのためにも、なるべく多くの予備を持ち歩いたほうがよいです。専用製品が一番ですが、汎用タイプもたくさん売っているのでオリジナリティがほしい人はそういうアイテムを選ぶとよいです。

【4】カラーをチェック

 

カラーラインアップが非常に豊富なタイラバですが、実績カラーとして「オレンジ」を挙げる人がたくさんいます。わたしも一投目に結んでいるのはオレンジで釣果はとてもいいです。総合的にみても軸とするのに最適なヘッドカラーだと思いますので、まずはオレンジを中心に集めてみてください。

次いで多いのは赤、ピンクなどとなりますが、どんな色が釣れるかは誰にもわからないのが本当のところです。ベテラン、初心者問わず、アタリカラーを見つけるのも楽しみの一つですから、お気に入りのカラーから集めてみるのもいいですよ。

タイラバおすすめ8選

上記で紹介したタイラバの選び方のポイントをふまえて、おすすめの商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

マルシン漁具『GSKスライド 90g』

マルシン漁具ハイドラ(HI-DRA)GSKスライド[90g/ブルーゴールド](GSKSLIDE)/遊動式鯛ラバ マルシン漁具ハイドラ(HI-DRA)GSKスライド[90g/ブルーゴールド](GSKSLIDE)/遊動式鯛ラバ
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

コストパフォーマンス最高のタイラバ

この製品はタイラバとしての基本性能が高いうえに、価格がぐっと抑えられているのが魅力のハイコストパフォーマンスアイテムです。この点でこれからはじめる人には最適なおすすめタイラバで、一個でも多く予備や重さ違い、カラーバリエーションがほしいケースで強い味方になってくれます。

魚へのアピールも確かでバイトの数も多いです。ベテランにもファンが多い信頼できる製品です。

エキスパートのおすすめ

シマノ『炎月 タイガーバクバク 80g』

シマノ(SHIMANO)タイラバ炎月タイガーバクバク80gオレンジカーリーSP61TEJ-408Qルアー シマノ(SHIMANO)タイラバ炎月タイガーバクバク80gオレンジカーリーSP61TEJ-408Qルアー シマノ(SHIMANO)タイラバ炎月タイガーバクバク80gオレンジカーリーSP61TEJ-408Qルアー
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

安定のヘッドにネクタイアレンジで無限に釣れる

タイラバゲームで「ゴゴゴゴゴ!」と独特のバイトがあると、何回やっても心臓がバクバクしますが、その心境をよく表しているネーミングセンスが素晴らしいです。

この製品はスペアのネクタイのバリエーションが豊富で組み合わせの幅がとても広いのも面白いところです。ヘッド素材が鉛になって、コストパフォーマンスもよくなったので初心者にも安心しておすすめできます。このアイテムで、ネクタイ交換の楽しさをぜひ味わってください。

エキスパートのおすすめ

ダイワ(DAIWA)『紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー 80g』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

潮流れの速い日の切り札

タイラバゲームは広範囲を探るために船がどてら流しをするときがあり、潮抵抗が大きくなる場合があります。また、急流になっているときなどヘッドが大きいアイテムの中には、釣りがしづらくなるほど重く感じることもあるぐらいです。

この製品はそんなときでも水中姿勢がよくなるよう設計されているので、釣りがラクに組み立てられます。ピンチをチャンスに変えてくれるアイテムですから、切り札としてぜひ用意しておいてほしいタイラバです。

エキスパートのおすすめ

ジャッカル『鉛式ビンビン玉スライド 80g』

JACKALL(ジャッカル)鉛式ビンビン玉スライド80gF183グリーンゴールド/蛍光グリーンT+ JACKALL(ジャッカル)鉛式ビンビン玉スライド80gF183グリーンゴールド/蛍光グリーンT+
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

海老パウダーと海老オイル配合で使いやすく!

ルアー開発ではトップベンダーの「JACKALL(ジャッカル)」ならではのタイラバがコチラ。海老フレイバーのネクタイとスカートを持つタイラバはこれ以外見かけません。

もともとバランスのよいヘッドで実績が高い『ビンビン玉』ですから、これに加えて高いアピール力を手に入れたこの製品が釣れないわけがありません。ラインアップの中心として大活躍できるアイテムとしておすすめです。

エキスパートのおすすめ

ハヤブサ『無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル 90g』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

タングステンのよさを体感したいならコレ!

タングステンは鉛と比べて高価になってしまうのが難点ですが、その分高比重でヘッドを小型化できるという大きなメリットがあります。

アピール力を抑えつつ、ヘッドを重くするという難題に対する答えはこの製品が持っているといっても過言ではないです。引き抵抗も軽くなるので、速い流れでの釣りにも効果的です。

初心者からワンランクアップしたら、まずはこちらがおすすめ。最初に違いを感じてほしいアイテムです。

アブガルシア(Abu Garcia)『タイラバ カチカチ玉』

アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ. アブガルシア(AbuGarcia)タイラバカチカチ玉30g+5gSSKKD30+5-SHORシュリンプオレンジ.
出典:Amazon この商品を見るview item

カチカチ音でアピールする新発想のタイラバ

豊富なラインナップで、多彩な攻め方が釣果につながる、分離式のタイラバです。カチカチという音で食い気を誘う、これまでにないタイプ。小玉が大玉と当たるサウンドがマダイにアピールします。食わせ玉は段付きヘッドで、フッキングしやすく使い勝手も良好。5色のカラーは、シーンに合わせたお気に入りを選んでアタックしてみてくださいね。大玉はインナーチューブ式で糸に優しい設計です。2本のメインフックでしっかりとかけられる点もポイントです。

Major Craft『鯛乃実 遊動式タイラバ』

メジャークラフトメタルジグタイノミ60gTM-60/#5GOLD/ORANGE メジャークラフトメタルジグタイノミ60gTM-60/#5GOLD/ORANGE メジャークラフトメタルジグタイノミ60gTM-60/#5GOLD/ORANGE メジャークラフトメタルジグタイノミ60gTM-60/#5GOLD/ORANGE
出典:Amazon この商品を見るview item

遊動式タイラバの代名詞

ゆっくりただ巻きするだけで、驚きの食いつきを実感できるタイラバです。安定した姿勢で落下する低重心のヘッドが特徴。通称「タイタイの実」というだけあって、タイを効果的に引き寄せる実力派。バイトマーカーのグローボールや、抜群のフッキング性能などを備えたタイラバは、遊動式タイラバの代名詞ともいえる存在です。

初心者から中上級者まで、タイラバの魅力を感じたい人にはぜひおすすめですよ。フィールドや天候によって、最適なカラーをチョイスしてくださいね。

遠里『フライデータイラバ』

コスパ最強タイラバ3色セット!フライデータイラバ60g3色セット(ori-955450) コスパ最強タイラバ3色セット!フライデータイラバ60g3色セット(ori-955450) コスパ最強タイラバ3色セット!フライデータイラバ60g3色セット(ori-955450) コスパ最強タイラバ3色セット!フライデータイラバ60g3色セット(ori-955450) コスパ最強タイラバ3色セット!フライデータイラバ60g3色セット(ori-955450)
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者にもおすすめ、コスパのよいタイラバ

タイラバはどうしてもロストしやすいので、初心者は特に予備のタイラバを持っておきたいもの。『フライデータイラバ』は、タイラバ初心者にもおすすめの、コスパのよいタイラバ3色セットです。失くしてもお財布に響きにくいので、どんなものを買えばいいかよくわからなくて困ったら、このタイラバがおすすめですよ。

スライドタイプで、食いつきのよいレッド、グリーン、オレンジの3色入りです。まずは特に釣果がよいとされるオレンジから試してみたいですね。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
マルシン漁具『GSKスライド 90g』
シマノ『炎月 タイガーバクバク 80g』
ダイワ(DAIWA)『紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー 80g』
ジャッカル『鉛式ビンビン玉スライド 80g』
ハヤブサ『無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル 90g』
アブガルシア(Abu Garcia)『タイラバ カチカチ玉』
Major Craft『鯛乃実 遊動式タイラバ』
遠里『フライデータイラバ』
商品名 マルシン漁具『GSKスライド 90g』 シマノ『炎月 タイガーバクバク 80g』 ダイワ(DAIWA)『紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー 80g』 ジャッカル『鉛式ビンビン玉スライド 80g』 ハヤブサ『無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル 90g』 アブガルシア(Abu Garcia)『タイラバ カチカチ玉』 Major Craft『鯛乃実 遊動式タイラバ』 遠里『フライデータイラバ』
商品情報
特徴 コストパフォーマンス最高のタイラバ 安定のヘッドにネクタイアレンジで無限に釣れる 潮流れの速い日の切り札 海老パウダーと海老オイル配合で使いやすく! タングステンのよさを体感したいならコレ! カチカチ音でアピールする新発想のタイラバ 遊動式タイラバの代名詞 初心者にもおすすめ、コスパのよいタイラバ
ヘッド素材 - タングステン
重さ種類 60、75、90、105、120g 30、45、60、80、100、120、150、200g 60、80、100、120、150、200g 45、60、80、100、120g 30、45、60、75、90、125、160、220g 30、40、60、80、100g 45、60、80、100、130、160g 60g
カラー数 7カラー 16カラー 7カラー 8カラー 13カラー 5カラー 9カラー 3カラー
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする タイラバの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのタイラバの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:タイラバランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

タイラバのフックはこまめに研いで

タイラバゲームではヘッドを着底させるため、すぐ近くに落ちるフックも底をかすめることが多くあります。これが繰り返されるとフックのポイント(先端)はすぐに丸くなってしまうので、チェックはまめにおこないましょう。シャープナーを用意しておけば、交換せずとも研ぐことができるので必需品ですよ。

タイラバゲームは魚みずからフックに掛かるのを待つ釣りになるので、フックの鋭利さは釣果に直結します。いつでもキンキンに研いでチャンスをものにしてください!

【関連記事】タイラバのおすすめタックルは?

これまでタイラバの選び方とおすすめの商品を紹介しました。最後にタイラバの基本タックルを紹介しますので、参考にしてみてください。

・ロッド:7フィート前後でソリッドティップタイプの専用ベイトロッド
・リール:水深が把握できるベイトリール
・ライン:0.8号前後のPEライン(200m)に、フロロカーボン12lb(3号)のリーダー


以下の記事も参考にしてみてくだいさい。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メタルジグおすすめ11選|ショア・オフショア、青物から底物まで狙える

メタルジグおすすめ11選|ショア・オフショア、青物から底物まで狙える

釣りに欠かせない青物ルアーの一種、メタルジグ。海釣りからバス釣りなどの淡水魚まで使用できる万能ルアーです。釣りをする場所によって、ライトショアジギングやオフショアジギング、またシーンや時間帯、対象魚によって適したカラーも異なり、種類は豊富です。ここでは、フィッシングライターのお魚店長さんと編集部が厳選したメタルジグのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

ジグヘッドおすすめ13選【アジング・シーバス】種類や重さ選びを徹底解説

ジグヘッドおすすめ13選【アジング・シーバス】種類や重さ選びを徹底解説

アジングやメバリング、シーバスに欠かせない「ジグヘッド」。重りとフックが合体したシンプルな作りですが意外と奥が深そうです。ヘッド形状には丸型・矢じり型・円柱型、フックの軸の長さはショートシャンクとロングシャンク、フック形状にはオープンゲイブとストレートなどのタイプの違いがあります。本記事では、ライトソルトゲーム(アジやメバルなどの小型魚を狙うルアー釣り)で使うジグヘッドを解説してもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , ルアー , 釣り・フィッシング

ウキのおすすめ14選|種類別に紹介! サビキ釣り向け・セット商品も

ウキのおすすめ14選|種類別に紹介! サビキ釣り向け・セット商品も

ウキ釣りは初心者から上級者まで多くの人に親しまれている釣り方です。しかし、ウキにもいろいろな形状や特徴があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、山岳写真家でアウトドア・エキスパートの荒井裕介さんと編集部が厳選したおすすめのウキと選び方のコツをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ルアー , アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング

エギの人気おすすめ7選|絶対釣れるエギを釣りライターが厳選!初心者にもおすすめ

エギの人気おすすめ7選|絶対釣れるエギを釣りライターが厳選!初心者にもおすすめ

エギ(餌木)はアオリイカなどを釣るための専用ルアーで、漁具として使われてきたものが近年になり、釣り用に流用されたものです。この記事では、釣りライターの中山一弘さんにエギの最新事情、おすすめエギについてコメントをいただいています。初心者の方はぜひ参考にしてください。最後に、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon ルアー , 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

海釣りルアーおすすめ12選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

海釣りルアーおすすめ12選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

堤防や磯、サーフ、沖など、海のどこでも楽しめるルアー釣り。定番のミノーからワームまで種類はさまざまで、初心者の方は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、海釣りルアーの選び方やおすすめの商品についてうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。