グラフィックボードのおすすめ10選【ゲームや動画編集を快適に】

玄人志向 GF-GTX1650-E4GB/OC/DF [GTX1650/GDDR5 4GB] GeForce GTX 1650 搭載グラフィックカード デュアルファンモデル
出典:楽天市場
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライター・海老原 昭さんに、2万円程度の価格帯を中心としたミドルレンジ(ミドルクラス)のグラフィックボードを選ぶ際のポイントや注意点をわかりやすく教えてもらいました。3D描写をするゲームや建築などの設計ソフト、動画編集・映像編集ソフトなどのなかには、コンピューターに一定のグラフィック機能を要求するものがあります。しかし、いざグラフィックボードの交換や増設を考えても、グラフィックボードは新型製品が次々に発売されるため、使い方や見分け方、自分の用途に対しての向き不向きもわからずに、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。本記事では、おすすめのグラフィックボードも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


グラフィックボードの選び方 動画編集や3Dゲームをスムーズに

ITライター・海老原 昭さんに、グラフィックボードを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

グラフィックボード
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

処理の重い3Dゲームをプレイするならグラフィックボードが必須です。

グラフィック性能で選ぶ 3Dの表示能力

ITライター

グラフィックボードには、上はウルトラハイエンドから下はローエンドまで、価格も性能も大きく異なる製品があります。ここでいう「性能」はおもに3Dグラフィックの表示能力のことです。

今回ご紹介する2〜3万円前後の製品は主にミドルレンジと呼ばれる層ですが、このなかにも何段階かの性能差があり、価格も異なります。

いまどきの重いゲームを動かしたいなら、予算内でできるだけ性能が高いものを選ぶのがベストですが、ゲームにこだわりがなく、動画編集での利用がメインという人であれば、性能が低めのカードでも構いません。

GIGABYTE『GTX 1050 Ti Windforce OC 4G (GV-N105TWF2OC-4GD)』

ゲーム用のグラフィックボードは、長く使うつもりならゲームの要求スペックより少し上のクラスを選びましょう。こちらは、メモリクロックが7,008Mhz、思うままにモニターやチューニングができる商品。効果的な熱の放散の仕組みにより、高いパフォーマンスを低い温度で実現できます。

>> Amazonで詳細を見る

カードのサイズで選ぶ ハーフレングス・ロープロファイル

ITライター

ミドルタワーやフルタワー型ケースであればフルサイズのカードが収納できますが、奥行きに余裕がないケースの場合、「ハーフレングス」(6.6インチ)のカードでなければ利用できないことがあります。また同様に、スリムタイプのケースでは利用できるカードの高さに制限があり、「ロープロファイル」のカードでなければ利用できません。

こうした短い・低いカードは部品配置の余裕などの点から、性能が低い場合もあるので注意しましょう。またフルサイズケースでも、カード側の空冷ファンに強力なものを採用している場合、2スロット以上のスペースを占有することもあるので、購入時はサイズをよく確認しましょう。

インターフェースの種類と数で選ぶ Display Port・HDMI・DVI-Dなど

ITライター

最近のグラフィックボードは出力インターフェースに「Display Port」や「HDMI」といったインターフェースを搭載しています。これらは4K出力に必須のインターフェースで、最近のディスプレイは大体どちらかを搭載していますが、古いディスプレイには「DVI」や「VGA」といったインターフェースにしか対応していないものもあります。もしセカンドディスプレイとして古めのディスプレイをつなぎたい場合は、DVI-Dを搭載した製品を選ぶと便利です。

また、インターフェースの数が多ければ、接続するディスプレイも増やせます。中には1枚で4画面まで対応するものもあるので、マルチディスプレイ環境にしたい場合はおすすめです。

GIGABYTE『GTX 1050 OC Low Profile 3G (GV-N1050OC-3GL)』

マルチディスプレイ環境を構築するなら出力ポートの数と種類に気をつけましょう。こちらは、冷却性能が高い省電力設計のグラフィックボード。ワット数は500、 大きさは幅6.9×高さ3.7cmで、耐久性もすぐれています。

>> Amazonで詳細を見る

消費電力の少なさで選ぶ 補助電力を要するかどうか

ITライター

グラフィックボードは性能によって消費電力が違います。ハイエンドな製品は消費電力がCPUよりも高く、PCIeスロット(PCI Express:コンピューターの拡張ボードを挿入するためのスロット)からの電力では足りないため、電源ユニットから直接補助電力を引く必要があります。

ミドルレンジ以下の製品は消費電力が低めなので、こうした補助電力が不要なものが多く、とくにローエンド製品は電源容量の小さなスリムタイプのPCで利用したい場合に便利です。ただしミドルレンジでも、オーバークロックしたものや独自の空冷ファンを搭載している場合、補助電力を要求することがあるので要注意です。

使用するソフトで選ぶ GPGPU対応の有無

ITライター

最近は動画エンコードなど一部の重い処理をGPUが受け持つ「GPGPU」という考え方が普及してきていますが、ソフト側の対応が必要になります。また、対応していても、NVIDIAの『GeForce』系の「CUDA」にしか対応していないケースもあり、中にはCPU内蔵GPUの機能しか使わない、といったケースまであります。

事前にどのカードをサポートしているのか、よく確認しましょう。また、ローエンドのカードはGPGPUに対応していないケースもあるので要注意です。逆にゲームの場合、カードの種類に関わらずサポートしている機能の多くは共通なので、種類の違いや対応機能を気にする必要はほとんどありません。

グラフィックボードのおすすめ10選 【人気のメーカー】ゲーム向けや補助電源不要な商品も

うえで紹介したグラフィックボードの選び方のポイントをふまえて、ITライター・海老原 昭さんがおすすめする商品と編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』

玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』

出典:Amazon

GPU NVIDIA GeForce GTX 1650
コアクロック/メモリクロ Boost:1,680MHz/8,000MHz
メモリサイズ/メモリ規格 4GB/GDDR5
出力 DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1
バス PCI-Express 3.0(×16)
冷却/スロット 空冷ファン/2スロット占有
本体サイズ 幅33×高さ97×奥行181mm

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ハイコストパフォーマンスで万能の1枚

低価格なPCパーツを提供する「玄人志向」ブランドから発売中の『GeForce GTX』シリーズの最新モデル(2019年6月現在)で、『GTX 1050』シリーズの後継となる『GTX 1650』を搭載したカードです。

新しいGPUなので価格帯はやや高くなりますが、『GTX 1050Ti』と比べて20%以上の性能アップを果たしており、さらにオーバークロックも施されているため、ゲーミング用途としては重めの最新タイトルでなければフルHDでもかなり快適に動作します。

補助電源を使用しないため、電源容量が300W程度のPCでも動作する点は魅力です。もちろん動画編集にはじゅうぶんな性能を持っています。ライトゲーマー向けの製品としてはベストな1枚になるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GIGABYTE『GTX 1050 Ti Windforce OC 4G (GV-N105TWF2OC-4GD)』

GeforceGTX1050Ti4GDDPOC GeforceGTX1050Ti4GDDPOC GeforceGTX1050Ti4GDDPOC GeforceGTX1050Ti4GDDPOC GeforceGTX1050Ti4GDDPOC

出典:Amazon

GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
コアクロック/メモリクロ OC Mode(Base):1354MHz、Gaming(Base):1328MHz/7008MHz
メモリサイズ/メモリ規格 4GB/GDDR5
出力 Dual-link DVI-D×1、HDMI2.0b×3、DisplayPort-1.4×1
バス PCI-Express 3.0(×16)
冷却/スロット 空冷ファン/2スロット占有
本体サイズ 幅40×高さ118×奥行229mm

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

マルチディスプレイ&パフォーマンスを両立

グラフィックボードの定番メーカー、GIGABYTE社からリリースされている、『GeForce GTX 1050Ti』を約3%オーバークロックさせたモデルです。

オーバークロックにともない拡張スロットを2スロット占有する巨大なツインファンも搭載するため、補助電源が必要になった点は残念ですが、ゲーム向けにも使えるパフォーマンスを発揮します。

最大の特徴は、インターフェースがDisplay Port、HDMIx3、DVI-D(Dual Link対応)の5ポートもあり、最大で4台のディスプレイに表示できる点。ハイコストパフォーマンスとマルチディスプレイ環境を両立させたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GIGABYTE『GV-N1050OC-3GL GTX1050』

GPU NVIDIA GeForce GTX 1050
コアクロック/メモリクロ OC Mode(Base):1430MHz、Gaming(Base):1404MHz/7008MHz
メモリサイズ/メモリ規格 3GB/GDDR5
出力 Dual-link DVI-D×1、HDMI2.0b×2、DisplayPort-1.4×1
バス PCI-Express 3.0(×16)
冷却/スロット 冷却ファン/2スロット占有
本体サイズ 幅37×高さ68.9×奥行167mm

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ロープロファイルでも最大4画面に対応

ギガバイトの『GeForce GTX 1050』搭載カードです。名前のとおり、メモリが標準の1.5倍にあたる3GB登載されているオーバークロックモデルで、付属のユーティリティーソフトからブーストモードではクロックを上げて標準より高いパフォーマンスを発揮します。

またロープロファイル対応&カードの長さがハーフレングス(6.6インチ:167mm)のため、スリムケースや、奥行きの狭いケースにも搭載できます。最大で4台のディスプレイに表示できるため、スリムケースでマルチディスプレイ環境をお手頃価格で充実させたい人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PowerColor『AXRX 570 8GBD5-3DHD/OC』

PowerColorレッドドラゴンRadeonRX570 Axrx570 8 gbd5 – 3dhd/OC

出典:Amazon

GPU AMD Radeon RX 570
コアクロック/メモリクロ 1250MHz/7000MHz
メモリサイズ/メモリ規格 8GB/GDDR5
出力 Dual-link DVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×3
バス PCI-Express 3.0(×16)
冷却/スロット 冷却ファン/2.5スロット占有
本体サイズ 幅47×高さ137×奥行255mm

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

RADEON搭載カードの大定番

RADEON系グラフィックボードをメインに扱うPowerColorのRADEON RX570登載カード。ビデオメモリーを8GB登載している上にオーバークロックも施されており、ライバルとなる『GeForce GTX 1650』に匹敵する性能を実現します。また、DisplayPortx3、HDMI、DVI-Dと5つのインターフェースを備えており、同時に4画面表示可能という点も魅力的です。

もちろん、RADEON系の特徴である「Fluid Motion」などの機能も利用可能。補助電源が必要な点は残念ですが、RADEON系でハイコストパフォーマンスとマルチディスプレイ環境を両立したいならこのカードで決まりでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSI『GeForce GT 1030 2G LP OC』

MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』 MSI『GeForceGT10302GLPOC』

出典:Amazon

GPU NVIDIA GeForce GT 1030
コアクロック/メモリクロ ブーストクロック:1518MHz、ベースクロック:1265MHz/6008MHz
メモリサイズ/メモリ規格 2GB/GDDR5
出力 HDMI2.0×1、DisplayPort1.4×1
バス PCI-Express 3.0(×16)
冷却/スロット 冷却ファン/1スロット占有
本体サイズ 幅19×高さ69×奥行159mm

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

4Kマルチディスが可能

世界有数のグラフィックボードやマザーボードメーカーであるMSI社の『GeForce GT 1030』登載ロープロファイルカード。

『GeForce GT 1030』は『GeForce GT 1000』シリーズではローエンドの入門モデルですが、本カードはオーバークロックでやや性能がアップしているのに加え、インターフェースがDisplay Port 1.4とHDMI 2.0で、どちらも4K出力に対応しています(Display Portは8K対応)。安価に4Kデュアルディスプレイ環境を揃えたい場合にはもってこいの1枚といえるでしょう。

ゲーム用としてはいささか頼りない性能ですが、3D処理が比較的ライトなMMORPG系タイトルなどは、設定を低めにすればじゅうぶん遊べます。なお、『GT 1030』を搭載した製品のうち、メモリが「DDR4」のものは、速度がかなり遅いので要注意です。「DDR5」を使っている製品を選びましょう。型番の最後に「D4」とある場合はDDR4を搭載しているものなので、購入時にはよく確認しましょう。

ZOTAC『GAMING GeForce GTX 1650 OC』

ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269 ZOTACGeForceGTX1650OCグラフィックスボードZT-T16520F-10LVD7269

出典:Amazon

GPU GeForce GTX 1650
コアクロック/メモリクロ Boost: 1695 MHz
メモリサイズ/メモリ規格 4GB/GDDR6
出力 DisplayPort 1.4 HDMI 2.0b Dual Link DVI-D
バス PCI Express 3.0
冷却/スロット 空冷ファン/2スロット占有
本体サイズ 151mm x 111.15mm x 38.8mm

小型で幅広いシステムに柔軟に対応

ゲーミングPC「MEK」や、ミニPC「ZBOX」を展開するZOTAC社のグラフィックボード。

全長が151mmとひじょうにコンパクトなサイズに『GeForce GTX 1650』を搭載。冷却ファンはシングルで、補助電源が不要なタイプなので、小型のPCケースでも組み込みやすいモデルとなっています。

ASUS『Phoenix GeForce GTX 1650 OC(PH-GTX1650-O4G)』

ASUSNVIDIAGTX1650搭載シングルファンモデル4GPH-GTX1650-O4G ASUSNVIDIAGTX1650搭載シングルファンモデル4GPH-GTX1650-O4G ASUSNVIDIAGTX1650搭載シングルファンモデル4GPH-GTX1650-O4G

出典:Amazon

GPU GeForce GTX 1650
コアクロック/メモリクロ Boost Clock : 1680 MHZ , Base Clock : 1485 MHz/8002 MHz
メモリサイズ/メモリ規格 4GB/GDDR5
出力 DisplayPort×1 (DisplayPort 1.4) HDMI×1 (HDMI 2.0b) DVI(DVI-D×1)
バス PCI Express 3.0
冷却/スロット 空冷ファン/2スロット占有
本体サイズ 約190 mm×110 mm×38 mm

初めてPCを作成する人にも

マザーボードやノートパソコンなどでおなじみのASUS社のグラフィックボード。初めてPCを組み立てる方やPCゲームを始める方にも導入しやすいモデルです。

耐久性にすぐれたデュアルボールベアリング設計のファンが搭載され、ほこりの侵入を防ぐIP5Xの防塵性能が認定されています。

MSI『RADEON RX 570 ARMOR 8G J』

MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード MSIRadeonRX570ARMOR8GOCグラフィックスカード

出典:Amazon

GPU AMD Radeon RX 570
コアクロック/メモリクロ 1,244MHz/7,000MHz
メモリサイズ/メモリ規格 8GB/GDDR5
出力 DisplayPort(1.4a)×3、HDMI(2.0b)×1、DVI-D×1
バス PCI-Express Gen3(×16)
冷却/スロット -
本体サイズ 幅130×高さ39×奥行246mm

滑らかで高精細、色鮮やかな映像を楽しめる

VRゲームなどの最新ゲーム向けのグラフィックボードで、滑らかで色鮮やかな映像を再現可能。ウルトラハイビジョンに対応しているため、メリハリのある高精細さも魅力です。通常使用でファンが回ることはあまりなく、回っても静かなままです。

モノトーンデザインがクールで高級感があり、色合いを揃えてパーツを組みたいなど、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。使用時にはドライバを更新し、RX570と認識されたことを確認しましょう。

GIGABYTE『NVIDIA GeForce RTX2060(GV-N206SWF2OC-8GD)』

GIGABYTENVIDIAGeForceRTX2060Super搭載グラフィックボードGDDR68GB【国内正規代理店品】GV-N206SWF2OC-8GD GIGABYTENVIDIAGeForceRTX2060Super搭載グラフィックボードGDDR68GB【国内正規代理店品】GV-N206SWF2OC-8GD GIGABYTENVIDIAGeForceRTX2060Super搭載グラフィックボードGDDR68GB【国内正規代理店品】GV-N206SWF2OC-8GD GIGABYTENVIDIAGeForceRTX2060Super搭載グラフィックボードGDDR68GB【国内正規代理店品】GV-N206SWF2OC-8GD GIGABYTENVIDIAGeForceRTX2060Super搭載グラフィックボードGDDR68GB【国内正規代理店品】GV-N206SWF2OC-8GD

出典:Amazon

GPU NVIDIA GeForce RTX 2060 Super
コアクロック/メモリクロ Boost clock 1,680MHz/14Gbps
メモリサイズ/メモリ規格 8GB/GDDR6
出力 HDMI×1、DisplayPort×3
バス PCI Express 3.0(×16)
冷却/スロット WINDFORCE STACK 3X/-
本体サイズ 幅121×高さ40×奥行265mm

高負荷時のみファンを動かすセミパッシブ冷却

GeForce RTX2070は、8cmほどのファンを3基搭載した独自形状を採用。乱気流を減らして空気の圧力を上昇させ、放熱効率の低下を防いでいます。

「WINDFORCE 2Xクーリングシステム」は、システム負荷が低いときにはファンを動かさないセミパッシブ冷却のため、GPUパワーの必要のないタイミングであれば、静かにパソコンを扱えます。3Dゲームを頻繁にプレイするような、ハイエンドなゲーミングパソコンにおすすめです

SAPPHIRE『NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G(11293-03-40G VD7077)』

SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077 SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077 SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077 SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077 SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077 SAPPHIRENITRO+RADEONRX5700XT8Gグラフィックスボード11293-03-40GVD7077

出典:Amazon

GPU Radeon RX 5700 Graphics
コアクロック/メモリクロ 1,770MHz/14,000MHz
メモリサイズ/メモリ規格 8GB/GDDR6
出力 HDMI×2、DisplayPort×2
バス PCI-Express 4.0
冷却/スロット -/2スロット占有
本体サイズ 幅135×高さ49×奥行306mm

交換可能なファンを3つ搭載、冷却性能の高さが特徴

3つのファンにより、効率的なエアフロー設計がされています。正確なファンコントロールで熱を拡散して冷却性能を向上。ユーザがファン交換するのも容易で、取り寄せたファン部品はネジ1本回すだけで脱着可能です。

ヒューズ保護が組み込まれているので、安全面にも配慮されています。ゲーミングパソコン用途に特化した性能で、最新タイトルにも対応できます。本体サイズが大きめなので、購入前にはケース等との組み合わせを確認しておきましょう。

「グラフィックボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』
GIGABYTE『GTX 1050 Ti Windforce OC 4G (GV-N105TWF2OC-4GD)』
GIGABYTE『GV-N1050OC-3GL GTX1050』
PowerColor『AXRX 570 8GBD5-3DHD/OC』
MSI『GeForce GT 1030 2G LP OC』
ZOTAC『GAMING GeForce GTX 1650 OC』
ASUS『Phoenix GeForce GTX 1650 OC(PH-GTX1650-O4G)』
MSI『RADEON RX 570 ARMOR 8G J』
GIGABYTE『NVIDIA GeForce RTX2060(GV-N206SWF2OC-8GD)』
SAPPHIRE『NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G(11293-03-40G VD7077)』
商品名 玄人志向『GF-GTX1650-E4GB/OC/DF』 GIGABYTE『GTX 1050 Ti Windforce OC 4G (GV-N105TWF2OC-4GD)』 GIGABYTE『GV-N1050OC-3GL GTX1050』 PowerColor『AXRX 570 8GBD5-3DHD/OC』 MSI『GeForce GT 1030 2G LP OC』 ZOTAC『GAMING GeForce GTX 1650 OC』 ASUS『Phoenix GeForce GTX 1650 OC(PH-GTX1650-O4G)』 MSI『RADEON RX 570 ARMOR 8G J』 GIGABYTE『NVIDIA GeForce RTX2060(GV-N206SWF2OC-8GD)』 SAPPHIRE『NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G(11293-03-40G VD7077)』
商品情報
特徴 ハイコストパフォーマンスで万能の1枚 マルチディスプレイ&パフォーマンスを両立 ロープロファイルでも最大4画面に対応 RADEON搭載カードの大定番 4Kマルチディスが可能 小型で幅広いシステムに柔軟に対応 初めてPCを作成する人にも 滑らかで高精細、色鮮やかな映像を楽しめる 高負荷時のみファンを動かすセミパッシブ冷却 交換可能なファンを3つ搭載、冷却性能の高さが特徴
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti NVIDIA GeForce GTX 1050 AMD Radeon RX 570 NVIDIA GeForce GT 1030 GeForce GTX 1650 GeForce GTX 1650 AMD Radeon RX 570 NVIDIA GeForce RTX 2060 Super Radeon RX 5700 Graphics
コアクロック/メモリクロ Boost:1,680MHz/8,000MHz OC Mode(Base):1354MHz、Gaming(Base):1328MHz/7008MHz OC Mode(Base):1430MHz、Gaming(Base):1404MHz/7008MHz 1250MHz/7000MHz ブーストクロック:1518MHz、ベースクロック:1265MHz/6008MHz Boost: 1695 MHz Boost Clock : 1680 MHZ , Base Clock : 1485 MHz/8002 MHz 1,244MHz/7,000MHz Boost clock 1,680MHz/14Gbps 1,770MHz/14,000MHz
メモリサイズ/メモリ規格 4GB/GDDR5 4GB/GDDR5 3GB/GDDR5 8GB/GDDR5 2GB/GDDR5 4GB/GDDR6 4GB/GDDR5 8GB/GDDR5 8GB/GDDR6 8GB/GDDR6
出力 DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1 Dual-link DVI-D×1、HDMI2.0b×3、DisplayPort-1.4×1 Dual-link DVI-D×1、HDMI2.0b×2、DisplayPort-1.4×1 Dual-link DVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×3 HDMI2.0×1、DisplayPort1.4×1 DisplayPort 1.4 HDMI 2.0b Dual Link DVI-D DisplayPort×1 (DisplayPort 1.4) HDMI×1 (HDMI 2.0b) DVI(DVI-D×1) DisplayPort(1.4a)×3、HDMI(2.0b)×1、DVI-D×1 HDMI×1、DisplayPort×3 HDMI×2、DisplayPort×2
バス PCI-Express 3.0(×16) PCI-Express 3.0(×16) PCI-Express 3.0(×16) PCI-Express 3.0(×16) PCI-Express 3.0(×16) PCI Express 3.0 PCI Express 3.0 PCI-Express Gen3(×16) PCI Express 3.0(×16) PCI-Express 4.0
冷却/スロット 空冷ファン/2スロット占有 空冷ファン/2スロット占有 冷却ファン/2スロット占有 冷却ファン/2.5スロット占有 冷却ファン/1スロット占有 空冷ファン/2スロット占有 空冷ファン/2スロット占有 - WINDFORCE STACK 3X/- -/2スロット占有
本体サイズ 幅33×高さ97×奥行181mm 幅40×高さ118×奥行229mm 幅37×高さ68.9×奥行167mm 幅47×高さ137×奥行255mm 幅19×高さ69×奥行159mm 151mm x 111.15mm x 38.8mm 約190 mm×110 mm×38 mm 幅130×高さ39×奥行246mm 幅121×高さ40×奥行265mm 幅135×高さ49×奥行306mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする グラフィックボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのグラフィックボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:グラフィックボードランキング
楽天市場:グラフィックボードランキング
Yahoo!ショッピング:グラフィックボード、ビデオカードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

GPUの種類はあまり気にしないでOK! 「GeForce」か「Radeon」か

ITライター

グラフィックボードが搭載するGPUは、NVIDIA製の「GeForce」シリーズとAMD製の「Radeon」シリーズの2系統あります。両者の違いは、ゲームならGeForceが最適化されていて有利、Radeonは発色が鮮やかで動画再生時に有利という特徴がありますが、実質的な性能差は、同じ価格帯ならほぼないと考えていいでしょう。

どちらを選ぶかは純粋に好みで選んで構いません。

その他のゲーミングPC関連の記事はこちら 関連記事

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/21 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

※2020/09/04  商品情報の追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ホテルルーター】おすすめ商品5選|ITサポートエンジニアが厳選!

【ホテルルーター】おすすめ商品5選|ITサポートエンジニアが厳選!

出張先などの出先で仕事をする際、まず考えたいのがインターネット環境の確保です。ただ、ホテルによっては有線LANしか用意されておらず、無線LANしか使えないノートパソコンやタブレットではインターネット接続ができないこともあります。そうしたシーンで役立つのが、有線LANを無線LANに変換できるホテルルーター。そこで、どういった点に着目してホテルルーターを選べばいいのか、ITサポートエンジニア・古賀竜一さんへの取材をもとにご紹介します。ホテルルーターをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。


【2020年新作】VRヘッドマウントディスプレイおすすめ8選! Oculus Quest 2も! スマホ、PC、PS4用を紹介!

【2020年新作】VRヘッドマウントディスプレイおすすめ8選! Oculus Quest 2も! スマホ、PC、PS4用を紹介!

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の選び方と、おすすめの製品を紹介します。アプリでゲームをしたり、映画鑑賞できるサービスもあります。記事後半にはAmazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


【2020年最新】Mac液晶モニターおすすめ12選|在宅作業でも効率をあげたい方に【5K・接続方法も】

【2020年最新】Mac液晶モニターおすすめ12選|在宅作業でも効率をあげたい方に【5K・接続方法も】

使っているMacのモニターが小さいと感じたり、デスクトップ型Macのメインモニターがほしい人は多いかと思います。しかし、Mac用の液晶モニターは普通のパソコンやゲーム機との違いがわからず、どうやって選んでいいかわからないのではないでしょうか。この記事ではIT・サイエンスライターの島田祥輔さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|写真や文書をキレイに仕上げる

【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|写真や文書をキレイに仕上げる

本記事では、家電製品・家電流通ライター近藤克己さん監修のもと、プリンターの選び方とタイプ別おすすめ人気ランキング16選をご紹介いたします。どんなタイプがあり、どんな用途で使用するのかなど、プリンターについての基礎知識をしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてください。


ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

家電ライターの秋葉けんたさんへの取材をもとに、ブラザーのプリンターの選び方とおすすめ商品を紹介します。ブラザーの商品は、ファックス機能を搭載した複合機やA3サイズの印刷に対応したプリンターなど、ラインナップが豊富です。また、ブラザーでは、購入後のユーザー登録で充実したカスタマーサービスが受けられます。製品についての問合せへの対応、万が一の故障による修理サービスもあります。本記事を参考にして、ブラザーのプリンターを検討してみてくださいね。


新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る