カホンのおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選び方も解説

カホンのおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選び方も解説
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

レコーディングエンジニアである小野寺孝樹さんに聞いた、カホン選びのポイントとおすすめの商品を掲載。穴の空いた長方形の木の箱を叩いて音を出す楽器「カホン」。ここ数年ストリートミュージシャンがドラム代わりに使ったり、小編成のアコースティックライブでアコギやピアノといっしょに演奏されたりして注目を集めてきました。そんなカホンにはいろんなサイズや響き線、素材があり、その違いで表現できる音もさまざま。小野寺孝樹さんのアドバイスを参考に、自分に合ったカホンを探してくださいね。記事の最後には、通販サイトのカホンランキングも紹介しています。


カホン選びのポイントは? レコーディングエンジニアが教える

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、カホンを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

カホンとギター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

カホンは叩けば叩くほどいろいろな音色を聞かせてくれますよ。

サイズで選ぶ

レコーディングエンジニア

叩き方や音量にも関係するカホンのサイズ

よく使われるカホンの大きさは縦30〜35cm、横30〜35cm、高さ50cmほどの製品が中心です。楽器本体が大きくなればなるほど、低音が豊かになっていきますが、サイズに比例して鳴らすのが難しくなっていきます。また、サイズにともない、音量も想像以上に大きくなっていくので、自宅などで演奏する場合には注意が必要です。

通常のカホン以外にも、ミニカホンなどあぐらをかいて足の上に乗せて演奏するものもあります。とはいえ、カホンは基本的に上にまたがり、座った状態で演奏するための楽器です。そのためサイズが小さすぎると演奏しづらくなりますので、演奏する環境と自分の体にあったサイズのものを選ぶのがよいでしょう。

MEINL Percussion(マイネルパーカッション)『MINI CAJONS(ミニカホン)』

こちらはサイズが小さくて持ち運びやすいので、屋外で演奏するのにはもってこいです。

>> Amazonで詳細を見る

響き線の種類で選ぶ

レコーディングエンジニア

抑えておきたいワイヤーとスナッピーの特徴

カホン・サウンドの重要な要素であるザラッという「バズ音」を出すのが、本体の内側に取りつけられた響き線です。おもに2種類の方式があり、スネアドラムと同じバネ状のものがついている「スナッピー・タイプ」と、ギターの弦のようなストレートなワイヤーがついている「ワイヤー・タイプ」に分けられます。

スナッピー・タイプは、サラサラとこまやかな音で繊細な演奏にも追従(ついじゅう)しますが、低音と高音でバズ音のニュアンスが変わり、メリハリのある演奏が可能。ワイヤー・タイプは、低音から高音までまんべんなく響き線の音がついてくるイメージで、素朴な響きが得られます。それぞれ得られるサウンドに特徴があるので、お好みのものを選びましょう。

素材ごとの違いは知っておきたい

レコーディングエンジニア

素材で変わる音や楽器の個性

カホンは、おもに木製の箱を叩いて音を出すという、きわめてシンプルでプリミティブ(原始的)な楽器ですから、それだけに大きさや素材次第で、得られるサウンドが大きく変わってきます。

よく使われるのはビーチ材、バーチ材、メイプル材などで、さらにマホガニー材、エボニー材、パイン材なども使われます。ビーチ材はバランスがよく、メープル材はやわらかいなど、それぞれ得られるサウンドに特徴がありますが、すべてを把握するのは難しいので、違いがあるということだけを覚えておけばよいでしょう。

ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』

こちらはなんと段ボール製! 木製のカホンとは違う独特な音だけでなく、オプションの響き線を使うことでなんともいえないユニークな音も楽しむこともできます。

>> Rakuten市場で詳細を見る

カホンのおすすめ5選! レコーディングエンジニアが厳選

うえでご紹介したカホンの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにおすすめのカホンを選んでいただきました。定番メーカーの商品から変わり種まで、幅広く紹介されていますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ラテンパーカッション アスパイア『LPA1331 NATURAL WIRE CAJON』

ラテンパーカッションアスパイア『LPA1331NATURALWIRECAJON』 ラテンパーカッションアスパイア『LPA1331NATURALWIRECAJON』 ラテンパーカッションアスパイア『LPA1331NATURALWIRECAJON』 ラテンパーカッションアスパイア『LPA1331NATURALWIRECAJON』

出典:Amazon

サイズ 幅30×奥行30×高さ44cm
素材 本体:ハードウッド(メイプル材)、打面:積層ハードウッド
響き線 スナッピータイプ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

アメリカのメーカーによる定番カホン

アメリカのメーカー「Latin Percussion(ラテンパーカッション)」の人気シリーズ「Aspire」の定番カホンです。ボディはネジ止めしてあり、締め方によって響きを変えることが可能。また響き線はスナッピー・タイプで、こちらも調節が可能なので、ある程度サウンドにバリエーションを持たせられます。

底面に大きめのゴム足がついていますが、これがあることで演奏しやすくなっており、座面の角を丸めた加工も演奏しやすさを高めるポイント。豊かな低音からやわらかでクリアな高音までのバランスもよく、ビギナーから上級者までおすすめできる製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シュラグベルクパーカッション『CP408 Cajon 2inOne Dark Oak』

シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』 シュラグベルクパーカッション『CP408Cajon2inOneDarkOak』

出典:Amazon

サイズ 幅30×奥行30×高さ50cm
素材 本体:バーチ材、打面:ダークオーク合板
響き線 スナッピータイプ(着脱可能)
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ドイツ打楽器専門メーカーの本格派カホン

SCHLAGWERK PERCUSSION(シュラグベルクパーカッション)は、ドイツの打楽器専門メーカーです。スナッピー・タイプの響き線が着脱可能で、音色のバリエーションも楽しめるのがこの製品の特徴。本体の素材は打面はダークオーク合板、側面はバーチ材で、厚めのものを使っています。

そのため、しっかりとしたアタックと、ほどよいサスティンの低音、スナッピーによるバズ音のヌケのよさなどのバランスがいい製品。そのヌケのいい響きをいかすためにも、パーカッションが特徴的な曲や、アコギやピアノとのコラボなどにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビンテージデザイン『ゲッコー スリム カホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』

ビンテージデザイン『ゲッコースリムカホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』 ビンテージデザイン『ゲッコースリムカホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』 ビンテージデザイン『ゲッコースリムカホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』 ビンテージデザイン『ゲッコースリムカホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』 ビンテージデザイン『ゲッコースリムカホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』

出典:Amazon

サイズ 幅30×奥行5×高さ30cm
素材 本体・打面:ライムウッド合板
響き線 スナッピータイプ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

日本製の最軽量カホン

和歌山県に工房があるオールハンドメイドメーカー「ビンテージデザイン」のゲッコーカホンです。軽量で持ち運びやすくできています。本体の材質はライムウッド合板というもので、一般的なハードウッド系の製品よりも、打ち込んだときの手へのアタリがやわらか。

強打を続けると手が痛くなることがあるのですが、楽器自体がよく鳴ってくれるので、弱いヒットでもじゅうぶんな低音が得られます。価格もお手ごろなので、演奏に慣れないビギナーの方にもおすすめの製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マイネルパーカッション『MINI CAJONS(ミニカホン)』

マイネルパーカッション『MINICAJONS(ミニカホン)』 マイネルパーカッション『MINICAJONS(ミニカホン)』

出典:Amazon

サイズ 幅14.5×奥行14.5×高さ22.0cm
素材 本体:バーチ材、打面:種類により変動
響き線 スナッピータイプ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

屋外での演奏にピッタリなミニカホン

非常にコンパクトなサイズで持ち運びにも便利な、ミニカホンです。ミニとはいえ、通常サイズのものと作りは変わらずしっかりとしたもので、フィンガーロールからスラップまで、レスポンスよく鳴ってくれます。サイズが小さいこともあり、音量は小さく低音は出ませんが、逆にその点が自宅での練習などには向いているでしょう。

また、持ち運びやすさをいかし、屋外でのパーティーやイベントなどで演奏するのにも適しています。演奏場所の問題や、車がなく持ち運びに制限があるなど、本格的なカホンを購入できない方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』

ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』 ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』 ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』

出典:楽天市場

サイズ 幅30×奥行30×高さ45cm
素材 強化ダンボールAA
響き線 スナッピータイプ(オプション)
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ちょっと変わった段ボール製のカホン

これは変わり種で、ダンボールでつくられたカホン。ダンボールという素材の質感により、見た目は木製より頼りなく感じてしまうかもしれませんが、軽くポコポコしたサウンドと相まって独特の音色になっています。

オプションのダンホン用スナッピー(響き線)を装着すると、バズ音が付加されてさらにユニークな音に。オーソドックスなものより、ほかの方と違ったイメージのカホンを求める方におすすめです。

「カホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ラテンパーカッション アスパイア『LPA1331 NATURAL WIRE CAJON』
シュラグベルクパーカッション『CP408 Cajon 2inOne Dark Oak』
ビンテージデザイン『ゲッコー スリム カホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』
マイネルパーカッション『MINI CAJONS(ミニカホン)』
ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』
商品名 ラテンパーカッション アスパイア『LPA1331 NATURAL WIRE CAJON』 シュラグベルクパーカッション『CP408 Cajon 2inOne Dark Oak』 ビンテージデザイン『ゲッコー スリム カホン・ビンテージ・SV01ベーシックモデル』 マイネルパーカッション『MINI CAJONS(ミニカホン)』 ヒダシキ『ダンホン(段ボールカホン)』
商品情報
特徴 アメリカのメーカーによる定番カホン ドイツ打楽器専門メーカーの本格派カホン 日本製の最軽量カホン 屋外での演奏にピッタリなミニカホン ちょっと変わった段ボール製のカホン
サイズ 幅30×奥行30×高さ44cm 幅30×奥行30×高さ50cm 幅30×奥行5×高さ30cm 幅14.5×奥行14.5×高さ22.0cm 幅30×奥行30×高さ45cm
素材 本体:ハードウッド(メイプル材)、打面:積層ハードウッド 本体:バーチ材、打面:ダークオーク合板 本体・打面:ライムウッド合板 本体:バーチ材、打面:種類により変動 強化ダンボールAA
響き線 スナッピータイプ スナッピータイプ(着脱可能) スナッピータイプ スナッピータイプ スナッピータイプ(オプション)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのカホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カホンランキング
楽天市場:カホンランキング
Yahoo!ショッピング:カホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

誰でも気軽に楽しめるのがカホンの魅力|レコーディングエンジニアより

レコーディングエンジニア

ハードルが低く奥が深い打楽器カホン

カホンは単純な楽器です。それゆえに誰でもかんたんに演奏できるハードルの低さと、素朴であたたかい音色が人気。一方、指先のこまかいニュアンスからスラップ(強打)の迫力まで表現でき、叩く場所の違いによってさまざまな音色が出せる奥深さと、飽きることない魅力があります。

また、ロビーのゲスト用イスとしてカホンが置いてあるスタジオなど、インテリアの一部としてカホンを取り入れている方も多くいらっしゃいます。このように楽器として以外にも、杢目(もくめ)の美しさを楽しむのもいいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/13 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

音楽機材選びのプロ、田澤 仁さんに初心者に最適なアコギを価格帯別、タイプ別に16本選んでもらいました。ヤマハ、モーリスからマーチン、テイラーまで、厳選ピックアップ! また、プロならではの選び方のコツも伝授していますので、ぜひ参考にしてください。


リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーと聞くと、小学校のころ音楽の授業で苦戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。覚えてしまえば吹き方もかんたんなものではありますが、実は意外と奥が深いのを知っていますか。この記事では、ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、リコーダーのおすすめ8選と、選び方を詳しく解説します。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る