PR(アフィリエイト)

ランタンスタンドおすすめ20選|一脚・三脚式、軽量モデルも

ランタンスタンドおすすめ20選|一脚・三脚式、軽量モデルも
ランタンスタンドおすすめ20選|一脚・三脚式、軽量モデルも

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年09月10日に公開された記事です。

サイト全体を明るくし、キャンプの雰囲気を演出してくれるランタンスタンド。スノーピークやコールマンをはじめ、一脚(ポール)、三脚、トライポッドなど多数の種類が人気メーカーから発売されています。

この記事では、一脚・三脚式、軽量モデルなどランタンスタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。

後半には、通販サイトの人気ランキングもあるのであわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM
キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

ランタンスタンドの役割

キャンプをはじめとしたアウトドアでランタンを使用する際、ランタンを吊るしておくためのスタンドが「ランタンスタンド」です。

組み立て式で持ち運びも便利なものも多く、薄暗いキャンプ場などで、光源として使用できます。またそれ以上に、キャンプでランタンを吊るしておくと、とてもおしゃれです!

しかし、それ以外にもランタンスタンドを使用するメリットがあるんです。

1.キャンプ場全体を照らせる

 
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

ランタンスタンドの長さは250cmくらいで、商品によっては300cmになるものもあります。そこにランタンを吊るすことができるので、上部にあるランタンの光が広がり、キャンプ場全体をやさしく照らすことができます。

また、熱くなったランタンは上部にあるので、火傷の防止にもなります。

2.離れた場所に虫をおびき寄せられる

 
【Amazon.co.jp 限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンスタンド アルミスライドランタンスタンド Type2 収納バッグ・プラスチックペグ3本付き UF-25
【Amazon.co.jp 限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンスタンド アルミスライドランタンスタンド Type2 収納バッグ・プラスチックペグ3本付き UF-25

虫は光に集まる習性があります。そのため、ランタンスタンドを使用することで、高い所や離れた場所に虫をおびき寄せ、テントに虫を近づかせない効果もあります。

特にキャンプ場には、羽虫やコバエなどをはじめとしたさまざまな虫がいるので、虫が苦手な方にとっても嬉しいポイントです。

3.物干しとしても使える

 
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002

ランタンスタンドは言ってしまえば、長い棒です。そのため、タオルや洋服を引っかけたりといった物干し竿として使用することができます。

また、洋服以外にも、軽めのバッグや食器を入れたカゴなど、置く場所がないときに一時的な吊るし場所にもなります。あるとキャンプがより便利に感じるアイテムです!

ランタンスタンドの種類・タイプ

ランタンスタンドの形式は、主に一脚式(ポール)、三脚式、三本足式(トライポッド式)の3種類があります。一つひとつ解説していきます。

一脚式(ポール)

 
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

一脚式(ポール)のランタンスタンドは、地面にそのまま打ち込むタイプ。

代表的なタイプで、場所を取らないメリットがあるため、人気のタイプです。しかし、一度打ち込んでしまうとその場所に固定されるので移動が少々大変なのがデメリットです。

三脚式

 
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002

三脚式は、1本のスタンドを三脚で支えるタイプのランタンスタンド。固定方式は、ペグを打ち込んで固定するタイプと、打ち込む必要のない自立式のものと2種類あります。

設置も移動も簡単でビギナー向けのタイプです。しかし、脚の設置部分が邪魔になるという欠点もあります。

三本足式(トライポッド式)

 
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンロ グリル 焚火台 焚火三脚 収納バッグ付き CSブラックラベル UG-9
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンロ グリル 焚火台 焚火三脚 収納バッグ付き CSブラックラベル UG-9

トライポッド式は、三本の脚でバランスを取るタイプのランタンスタンド。固定方式は、ペグを打ち込んで固定するタイプと、打ち込む必要のない自立式のものと2種類あります。使い方によっては、地面に三本の脚を差し込む固定も可能です。

ランタンだけでなく、鍋なども吊るすことができ、主に料理などに使用されます。

手元を照らすなら「クランプタイプ」も

ランタンをテーブルに固定して使用するクランプタイプは、安定性もすぐれており、省スペースで光を照らすことができます。広範囲を照らすには劣りますが、食事やちょっとした作業の際に卓上を照らすなど、ポイントライトとして使うにはぴったりです。

打ち込み式とクランプ式のどちらにも対応できる2WAY商品も販売されており、シーンにあわせて使い分けするのもよいでしょう。

ランタンスタンドの選び方

それでは、ランタンスタンドの基本的な選び方を見ていきましょう。

【1】ランタンの設置方式
【2】スタンドの固定方式
【3】調節方法
【4】その他の機能性


上記のポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ランタンの設置方式をチェック

 
テンマクデザイン ダズリング ランタンスタンド
テンマクデザイン ダズリング ランタンスタンド

現在のランタンスタンドでは、ランタンの設置はクリップフック型が主流。ランタンを挟み込む様にしてフックに引っ掛けるタイプです。

耐荷重が設定されており、その範囲内であれば、倒れにくく安定しており、安全にランタンを使用することができます。また、フックに引っ掛けるので、ランタンも落ちにくいです。

基本的には、ガソリンランタン・ガスランタンの耐荷重は2kgほど、電池式ランタンの耐荷重は1kgほどです。安定性を重視するために、ランタンの設置位置は確認しましょう。

【2】スタンドの固定方式をチェック

 
FLYFLYGO ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー ランタンフック付き ペグ付き(ブラック)
FLYFLYGO ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー ランタンフック付き ペグ付き(ブラック)

前述しましたが、ランタンスタンドを支える地面への固定方式は主に、地面にスタンドを打ち込むタイプと、ペグを打ち込んで固定するタイプ、打ち込む必要のない自立式のものと3種類あります。

一脚式は地面に打ち込むタイプが多く、三脚式・トライポッド式はペグ固定タイプや自立式タイプ、使い方によっては地面に打ち込むことも可能です。

もっとも安定感があるのはペグ固定型で、打ち込みの深さによっては強風にも耐えられるため、風対策をしたい方におすすめです。しかし、打ち込みが浅かったり、固定がなされていないとすぐに倒れてしまうので、ペグの打ち込みにしっかり気を遣いましょう。

それぞれのキャンプスタイルと求める安定感に合わせて、ランタンスタンドの種類と合わせて選ぶようにしましょう。

【3】調節方法をチェック

 
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンハンガー ランタンスタンド テーブル用 アタッチランタンハンガー 収納袋付き UC-541
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンハンガー ランタンスタンド テーブル用 アタッチランタンハンガー 収納袋付き UC-541

たいていのモデルはポールの長さを可変することでランタンの高さ位置を調節できるようになっています。

無段階で位置を変えることができるねじ式や、本体のグリップを回転させて絞め込み位置を調整する形式、また段階式に調節するより安定度が高いプッシュロック式などモデルによってさまざまです。細かい点ですが事前に調べておきましょう。

【4】その他の機能性をチェック

本項では、選び方以外に、あると便利な機能についてご紹介いたします。こちらもぜひ参考にしてください。

ランタンのデザインにあわせて選ぼう

 
テンマクデザイン ダズリング ランタンスタンド
テンマクデザイン ダズリング ランタンスタンド

ランタンスタンドは本来機能的なキャンプ道具といえますが、最近ではサイト全体の見栄えやデザイン性のつりあいも選択における重要な要素になっています。

ランタン自体がデザイン性の高いものが多いため、そのデザイン性に劣らないスタンドであるか、邪魔をしないデザインであるか、などもランタンスタンドを選ぶ際のポイントに加えておくといいでしょう。

重量や収納性を確認

 
MRG キャンピング ミニトライポッド 収納バッグ付き 耐荷重25kg コンロ グリル 焚き火台 焚き火 ランタン 三脚 ハンディ スタンド キャンプ アウトドア (シルバー)
MRG キャンピング ミニトライポッド 収納バッグ付き 耐荷重25kg コンロ グリル 焚き火台 焚き火 ランタン 三脚 ハンディ スタンド キャンプ アウトドア (シルバー)

持ち運びを考えると「軽量なものがいい」と思いがちですが、ランタンスタンドにおいては重量がある方がおすすめ。重量があることで安定感があるからです。

目安としては2kg程度の商品がおすすめ。その上でアウトドアでは、車で持ち運ぶのか、徒歩で持ち歩くのかなども考慮し、商品を選びましょう。

また、持ち運ぶ上での収納性も大切。収納用のバッグや、コンパクトになる設計のものも販売されているので、こちらもぜひチェックしましょう。

お手入れのしやすい素材を確認

 
FLYFLYGO ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー ランタンフック付き ペグ付き(ブラック)
FLYFLYGO ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー ランタンフック付き ペグ付き(ブラック)

ランタンスタンドのお手入れのしやすさを考え、素材もチェックしておきましょう。例えば、アルミ・スチール・ステンレスは錆びにくく、耐久性があるため扱いやすいです。その中で、耐久性ならステンレス、持ち運びしやすいものはアルミなどです。

素材ごとに重量や耐久性、手入れのしやすさが変わるので、しっかり確認しましょう。

人気メーカー・ブランドの特徴

アウトドアのアイテムでは、様々なブランドから商品が販売されています。ランタンスタンドでもブランドごとに特徴が変わってきます。本項では、メーカー・ブランドの特徴を解説いたします。

コールマン(Coleman)

 
コールマン(Coleman) ランタンスタンド4 2000031266
コールマン(Coleman) ランタンスタンド4 2000031266

コールマンは高品質な製品を世界中に展開するアメリカのアウトドアメーカー。幅広い商品数と価格帯で、初心者から玄人まで数多くのファンがいます。アフターサービスも充実しており、品質だけでなく、満足度の高いメーカーでもあります。

スノーピーク(snow peak)

 
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

スノーピークはハイクオリティな製品が連なるアウトドアブランド。金属加工の職人の技術を取り入れ、アウトドア製品を製造し、高級感のある、高品質な製品が多いです。また、デザイン性もおしゃれなものが多く、国内外でも高い評価を集めています。

ロゴス(LOGOS)

 
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL 71905002

ロゴスは様々な製品を扱うアウトドアブランド。機能性の高い商品が多く、そして価格帯も安価なものから高価なものまで幅広いです。個性的でおしゃれなデザインが多く、世界中にファンがいます。

ランタンスタンドおすすめ|一脚式(ポール) スノーピーク、DODなど

それでは、上記で紹介した選び方のポイントをふまえ、おすすめのランタンスタンドをご紹介します。

まずは、一脚式(ポール)のランタンスタンドです。ぜひ参考にしてください。

snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』

snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』 snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』 snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』 snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』 snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』
出典:Amazon この商品を見るview item

ランタンスタンドの代名詞

snowpeak(スノーピーク)ブランドには数々の名品がありますが、こちらの「パイルドライバー」はブランドファンのみならず多くのキャンパーに使われ続けているまさしく名品中の名品といえるでしょう。一本のポールのみで支え、しかも自身で地面に打ち付けられるという画期的な仕組みです。キャンプ道具史上に残る発明品といってもいいのではないでしょうか。

すっきりとしたデザインがお好みの方にとくにおすすめです。場所をとらないうえ安定度が高く、立ち姿も美しいので、筆者も長年愛用しその便利さを楽しんでいます。

垂直に柱を打ちこむ際に多少の力が必要になるため、女性には若干扱いにくいかもしれません。また、強く打ち込みすぎると曲がりや部品のつぶれにつながることもあるので、取り扱いは常に慎重に行なってください。

サイズ 最長240cm、収納時110cm
重量 1.7kg
付属品 保護キャップ1個

サイズ 最長240cm、収納時110cm
重量 1.7kg
付属品 保護キャップ1個

DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンドRX』

DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』 DOD(ディーオーディー)『アンコウスタンドRX』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトで個性的なブラックカラー

まず固定部だけをペグのように打ち込み、あとづけでポールを挿して固定するというユニークな一脚式です。ランタンを吊るすハンガーもあとづけでポールにひっかけて完成させます。バラバラなパーツを組み立ててひとつにしていく形式ですが、設営や撤収が苦になるわけではありません。

コンパクトに収納でき、重量は1kgを下回る880gと軽量です。なかなかほかにはないブラックカラーを展開していますので、個性的なカラーのランタンスタンドをお探しの方におすすめです。

サイズ 最長170cm、収納時45cm
重量 約0.88kg
付属品 ポール、ランタンハンガー、キャリーバッグ

サイズ 最長170cm、収納時45cm
重量 約0.88kg
付属品 ポール、ランタンハンガー、キャリーバッグ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグ テーブル用 アタッチランタンハンガー』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグテーブル用アタッチランタンハンガー』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグテーブル用アタッチランタンハンガー』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグテーブル用アタッチランタンハンガー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

手もとを照らしてくれるテーブル用ランタンスタンド

直径25mmのテーブル脚に取りつけることができる画期的なランタンスタンド! 三脚タイプのように広がる脚がないので、場所をとらずに設置できます。

組み立てはポールをはめ込んでいくだけ。高さだって2段階で調整可能です。小さく収納できるので、気軽に持ち運びができますよ。料理や読書など、手もとに集中した明るさがほしいときにぴったりです。

サイズ 最長132cm、収納時58cm
重量 約0.45kg
付属品 収納バッグ

サイズ 最長132cm、収納時58cm
重量 約0.45kg
付属品 収納バッグ

5050WORKSHOP『2WAY STAND』

5050WORKSHOP『2WAYSTAND』 5050WORKSHOP『2WAYSTAND』 5050WORKSHOP『2WAYSTAND』 5050WORKSHOP『2WAYSTAND』 5050WORKSHOP『2WAYSTAND』 5050WORKSHOP『2WAYSTAND』
出典:Amazon この商品を見るview item

柔軟に使える2wayスタンド

2通りの使い方が可能なランタンスタンドです。地面にペグを打ち込んで固定できるのはもちろん、クランプによってテーブルを挟み込むことで固定することも可能!団らんの場を穏やかに照らしたい時や、作業のために手元を明るくしたい時など、シチュエーションに応じて使い分けることができますよ。
フックが二つあるため、片方にランタンを、もう片方に小型の扇風機やその他のキャンプギアを吊るすといった柔軟な使い方ができるのも嬉しいポイントです。

サイズ ‎39 x 10 x 0.5 cm
重量 500g
付属品 ハンガー、ジョイント(3本)、ペグ、クランプ、収納バッグ

サイズ ‎39 x 10 x 0.5 cm
重量 500g
付属品 ハンガー、ジョイント(3本)、ペグ、クランプ、収納バッグ

Coleman(コールマン)『パックアウェイ ランタンスタンド』

Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『パックアウェイランタンスタンド』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトかつ軽量

軽量かつコンパクトなコールマンブランドのランタンスタンドです。重量はわずか640g、サイズも折りたたむと約8×5.5×37cmとなるため、持ち運びはラクラク!軽い気持ちでリュックサックに入れて持っていくことができます。地面に差し込むことができるほか、32mm以下の天板のテーブルにも取りつけ可能!コールマンのバタフライテーブルやリビングテーブルをお持ちの方であればぜひ持っておきたい商品です。

サイズ 約25×3.5×124/93/62/31(h)cm
重量 約640g
付属品 -

サイズ 約25×3.5×124/93/62/31(h)cm
重量 約640g
付属品 -

YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド 7075高強度アルミ製』

YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド7075高強度アルミ製』
出典:Amazon この商品を見るview item

耐荷重1kg!強じんなランタンスタンド

最高に楽しいアウトドアライフを提案するブランドヤエイワーカーズのランタンスタンドです。最大の特徴はその強度!本体には7075アルミニウムが、ペグの部分にはステンレスが、それぞれ採用されており、最大1kgまでの荷重に対応してくれます。錆にも強いため、繰り返し使用したい方にもぴったりです。

サイズ 組立時146cm/収納時40.5×8×5.5cm
重量 550g
付属品 -

サイズ 組立時146cm/収納時40.5×8×5.5cm
重量 550g
付属品 -

Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド 収納袋付き』

Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド収納袋付き』
出典:Amazon この商品を見るview item

わずか220g!

ネイチャーハイクの定番ランタンスタンドです。材質はアルミニウム合金製で、重量は何とわずか220g!軽量なものが多い同タイプの商品の中でも圧倒的に軽いのが特徴となっています。キャンプなどの時はもちろん、夜桜を眺めたい時などにも気軽に持っていけますよ。ポールは3段式となっており、シチュエーションに応じて細かく高さを調節できるのも嬉しいポイントです。

サイズ 組立時:約4x1.2x98cm/収納時:約4x1.2x32cm
重量 220g
付属品 -

サイズ 組立時:約4x1.2x98cm/収納時:約4x1.2x32cm
重量 220g
付属品 -

FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式 コンパクトランタンスタンド 収納ケース付』

FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式コンパクトランタンスタンド収納ケース付』
出典:Amazon この商品を見るview item

高さを無段階で調節可能!

様々な場所に設置可能な、フィールドアのクランプ式ランタンスタンドです。天板の厚さが27mmまでのテーブルやラックなどに対応しており、ランタンの位置は無段階で調節可能!キャンプギア置き場を照らしたい時や暗い環境で食事をとりたい時など、色々な環境で自由自在に使用することができますよ。

サイズ 使用時: 91.5cm×13.5cm×3cm 収納時:(約)35cm×10cm×4cm
重量 250g
付属品 -

サイズ 使用時: 91.5cm×13.5cm×3cm 収納時:(約)35cm×10cm×4cm
重量 250g
付属品 -

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリング ランタン スタンド』

tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリングランタンスタンド』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリングランタンスタンド』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリングランタンスタンド』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

キャンドルランタンをたくさん吊るしてみたい

Dazzlingのdazzleとは「眩しい」という意味。こちらは、別売のワイヤーを増やすことで多数のランタンを吊るすことができるユニークなモデルです。実際には、大きなガソリンランタンやガスランタンをたくさん吊るすというよりは、軽くて小さいキャンドルランタンを多数飾ったほうが雰囲気がでるでしょう。

また、ポールの一部分にわざわざウッドが使われているのは、さすがデザインに凝るtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ならでは。どちらかといえば、雰囲気を大切にするキャンプのベテランのみなさんにおすすめです。

サイズ ステンレス本体80cm、Woodポール(ロング)141.5cm、Woodポール(ショート)71.5cm
重量 約3.4kg
付属品 収納ケース(大+小)

サイズ ステンレス本体80cm、Woodポール(ロング)141.5cm、Woodポール(ショート)71.5cm
重量 約3.4kg
付属品 収納ケース(大+小)

UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』

UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』 UJack(ユージャック)『ハンマーランタンスタンドダブルフリー』
出典:Amazon この商品を見るview item

ダブルでランタンを吊るせる一脚式

パイルドライバーとよく似た、一本のポールで支える一脚式ですが、こちらは「ダブルフリー」というランタンを2つ同時に吊ることができるタイプです。

実用的な意味は別として、異なるデザインの2基のランタンが並んでいる姿はなかなか素敵な演出。オシャレな雰囲気をつくりつつ、道具をたくさん展開したい人におすすめです。

サイズ 最長225cm、収納時110cm
重量 2.3kg
付属品 ケース

サイズ 最長225cm、収納時110cm
重量 2.3kg
付属品 ケース

FLYFLYGO『ランタンスタンド』

FLYFLYGO『ランタンスタンド』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』
出典:Amazon この商品を見るview item

超軽量260g! 場所を取らない一本脚式

重量わずか260gと、超軽量化を実現した一本脚タイプ。ポールを組み立て地面に打ち込むだけなので、初心者の方でもスムーズに設置できます。場所をとらないため見た目もとってもスマートです。

収納時は幅10cm、高さ34cmとかなりコンパクト。軽量かつ小さく収納できるので、ソロキャンプでも大活躍してくれるでしょう。

サイズ 最長124cm、収納時34cm
重量 約0.26kg
付属品 ペグ、収納袋

サイズ 最長124cm、収納時34cm
重量 約0.26kg
付属品 ペグ、収納袋

ランタンスタンドおすすめ|三脚式 コールマン、ロゴスなど

続いては、三脚式のランタンスタンドです。こちらもぜひチェックしてください。

Coleman(コールマン)『ランタンスタンド Ⅳ』

Coleman(コールマン)『ランタンスタンドⅣ』 Coleman(コールマン)『ランタンスタンドⅣ』 Coleman(コールマン)『ランタンスタンドⅣ』 Coleman(コールマン)『ランタンスタンドⅣ』
出典:Amazon この商品を見るview item

独自構造で三脚式の欠点を解消

こちらは、ビギナーにおすすめしたい一品。品質がよく設置がかんたんなランタンスタンドです。一般的な三脚式は足を引っかけやすいといった欠点がありますが、このモデルは地面いっぱいに開かせることでそれを解消したユニークな構造をしています。

安定感を損なわないために、念のため3点ペグ打ちをしておくといいでしょう。コールマンらしい赤がアクセントになっているので、コールマンの赤いオールドランタン系がとくにマッチします。

サイズ 最長226cm、収納時90cm
重量 約1.4kg
付属品 アルミ製ピンペグ3本、収納ケース

サイズ 最長226cm、収納時90cm
重量 約1.4kg
付属品 アルミ製ピンペグ3本、収納ケース

LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』

LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』
出典:Amazon この商品を見るview item

簡単、多機能の三脚式定番モデル

三脚式の定番のひとつです。脚がすぐに開き、長さはロックナットでかんたんに調整ができます。また、ランタンを吊るすフックは本体から引き出すだけ。扱いやすいため、ビギナーの方におすすめです。

立てた状態のまま自由に移動させることができるのが特徴です。風や足をひっかけて転倒させないように、三脚の先にペグを打ち込んで固定して安全性を高めてください。最長240cmまで延びることを活かし、タープに雨がたまらないようにするためのプッシュアップポールとしても使うことができます。マルチに活躍できるスタンドといえるでしょう。

サイズ 最長245cm、収納時99cm
重量 約2kg
付属品 ペグ3本、ゴムボール、収納バッグ

サイズ 最長245cm、収納時99cm
重量 約2kg
付属品 ペグ3本、ゴムボール、収納バッグ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』
出典:Amazon この商品を見るview item

自分好みの高さに変えられる

持ち運びの負担にならない軽さがポイント。三脚タイプかつ重さ約1kgなので、女性の方でもラクに取り扱えます。

高さは107〜190cmの間で自由に調整が可能。手もとに明るさがほしいときは低めに、サイト全体を照らしたいときは高めに設定するなど、高さによって雰囲気が変わるのを楽しんでみるのもいいかもしれません。

サイズ 最長190cm、収納時60cm
重量 約1.2kg
付属品 -

サイズ 最長190cm、収納時60cm
重量 約1.2kg
付属品 -

Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』

Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』 Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』 Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ランタン以外も吊るせる二股フックつき

アウトドア用品メーカーのハイランダーが手掛ける商品。三脚タイプですが、付属のペグで固定してしまえば、風が吹いても倒れにくくなりますよ。

2本のアームは、食事で使ったコップや打ち込み時に使ったペグハンマーなど、ランタン以外のアイテムも吊るすことができます。実用的なランタンスタンドをお探しの方におすすめです。

サイズ 最長250cm、収納時92cm
重量 約1.2kg
付属品 ペグ3本、収納袋

サイズ 最長250cm、収納時92cm
重量 約1.2kg
付属品 ペグ3本、収納袋

North Eagle(ノースイーグル)『ランタンスタンド2』

最大250cmまで高さ調整可能!

高さ250cmからランタンのやさしい灯りがテントサイトを照らしてくれます。その高さはキャンプ場で目印にもなってくれるはず。2カ所の調節ねじを操作するだけなので、微調整もカンタンです。

倒れてしまわないか心配な方は、脚元をペグで固定するのも〇。三脚とペグで安定感ばっちりです。シーンにあわせてお好みの高さに設定し、すてきなキャンプタイムをお過ごしください。

サイズ 最長250cm、収納時119cm
重量 約2.4kg
付属品 ABSペグ3本、収納ケース

サイズ 最長250cm、収納時119cm
重量 約2.4kg
付属品 ABSペグ3本、収納ケース

ランタンスタンドおすすめ|三本足式(トライポッド式) ユニフレーム、キャプテンスタッグなど

最後は、三本足式(トライポッド式)のランタンスタンドです。こちらもぜひ参考にしてください。

UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド』

ユニークなトライポッド形式

三本足で自立するトライポッド式です。細い3本のポールを組み立てて黄色いセッティングテープに差し込み、その3点をペグ打ちして地面に固定させます。

ポールが細いので影ができにくいのが美点で、3点で支えるしなやかな安定感も特徴。背の高いトライポッドスタイルが美しいモデルです。デザインの美しさにこだわる方におすすめです。

サイズ 最長195cm、収納時55cm
重量 約1.3kg
付属品 ペグ3本、収納ケース

サイズ 最長195cm、収納時55cm
重量 約1.3kg
付属品 ペグ3本、収納ケース

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 三脚』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル三脚』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル三脚』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル三脚』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

日本初のトライポッド

日本ではじめてキャンプ用焚き火三脚を作ったのがキャプテンスタッグ。

オリジナルは鉄にクロムメッキを施していますが、こちらは人気のブラック焼きつけ塗装でキャンプサイトをピリッと引き締めます。

脚はジョイントされている上部と下部の2分割で、持ち運び・組み立てはカンタンですし、耐荷重は20kgなので気軽にダッチオーブン料理を楽しみたい人向けのトライポッドとなっています。

サイズ 幅70.0×奥行60.0×高さ143.5cm
重量 2.4kg
付属品 チェーン、キャップ、収納バッグ

サイズ 幅70.0×奥行60.0×高さ143.5cm
重量 2.4kg
付属品 チェーン、キャップ、収納バッグ

LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』

LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイポジション派待望のスタンド

焚き火での調理でいちいちしゃがむことなく立ったまま作業しやすいので、ツーバーナーでの料理と焚き火料理を並行していくつも調理を進行したい人は特に便利な機能です。

使用時の高さは175cmですが、4分割でコンパクトに持ち運べますし、1本抜けば通常のトライポッドと同じ高さになります。

特筆すべきは静止耐荷重。スチール製で、分割式でありながら約100kgとなっています。

サイズ 約幅98×奥行98×高さ175cm
重量 約5.2kg
付属品 チェーン、収納バッグ

サイズ 約幅98×奥行98×高さ175cm
重量 約5.2kg
付属品 チェーン、収納バッグ

MRG(エムアールジー)『キャンピング ミニ トライポッド』

MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピングミニトライポッド』
出典:Amazon この商品を見るview item

焚き火料理も楽しめるトライポッド式スタンド

超軽量なのにもかかわらず、耐荷重は25kgというから驚き。チェーンの長さを短くすればランタンスタンドに、長く調整すれば中央にケトルやダッチオーブンといった少し重いギアも、問題なく吊るすことができます。

収納時は幅7cm、高さ34cmまでコンパクトになるのも魅力的。ランタンスタンドとしてはもちろん、料理時にも活躍してくれる万能アイテムです。

サイズ 最長80cm、収納時34cm
重量 約0.47kg
付属品 収納袋

サイズ 最長80cm、収納時34cm
重量 約0.47kg
付属品 収納袋

「ランタンスタンド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』
DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンドRX』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグ テーブル用 アタッチランタンハンガー』
5050WORKSHOP『2WAY STAND』
Coleman(コールマン)『パックアウェイ ランタンスタンド』
YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド 7075高強度アルミ製』
Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド 収納袋付き』
FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式 コンパクトランタンスタンド 収納ケース付』
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリング ランタン スタンド』
UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』
FLYFLYGO『ランタンスタンド』
Coleman(コールマン)『ランタンスタンド Ⅳ』
LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』
Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』
North Eagle(ノースイーグル)『ランタンスタンド2』
UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 三脚』
LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』
MRG(エムアールジー)『キャンピング ミニ トライポッド』
商品名 snowpeak(スノーピーク)『パイルドライバー』 DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンドRX』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『キャプテンスタッグ テーブル用 アタッチランタンハンガー』 5050WORKSHOP『2WAY STAND』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ ランタンスタンド』 YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)『ランタンスタンド 7075高強度アルミ製』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ランタンスタンド 収納袋付き』 FIELDOOR(フィールドア)『クランプ式 コンパクトランタンスタンド 収納ケース付』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『ダズリング ランタン スタンド』 UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』 FLYFLYGO『ランタンスタンド』 Coleman(コールマン)『ランタンスタンド Ⅳ』 LOGOS(ロゴス)『システムランタンポール-PSL』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『アルミスライドランタンスタンド』 Hilander(ハイランダー)『ランタンスタンド』 North Eagle(ノースイーグル)『ランタンスタンド2』 UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 三脚』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド』 MRG(エムアールジー)『キャンピング ミニ トライポッド』
商品情報
特徴 ランタンスタンドの代名詞 コンパクトで個性的なブラックカラー 手もとを照らしてくれるテーブル用ランタンスタンド 柔軟に使える2wayスタンド コンパクトかつ軽量 耐荷重1kg!強じんなランタンスタンド わずか220g! 高さを無段階で調節可能! キャンドルランタンをたくさん吊るしてみたい ダブルでランタンを吊るせる一脚式 超軽量260g! 場所を取らない一本脚式 独自構造で三脚式の欠点を解消 簡単、多機能の三脚式定番モデル 自分好みの高さに変えられる ランタン以外も吊るせる二股フックつき 最大250cmまで高さ調整可能! ユニークなトライポッド形式 日本初のトライポッド ハイポジション派待望のスタンド 焚き火料理も楽しめるトライポッド式スタンド
サイズ 最長240cm、収納時110cm 最長170cm、収納時45cm 最長132cm、収納時58cm ‎39 x 10 x 0.5 cm 約25×3.5×124/93/62/31(h)cm 組立時146cm/収納時40.5×8×5.5cm 組立時:約4x1.2x98cm/収納時:約4x1.2x32cm 使用時: 91.5cm×13.5cm×3cm 収納時:(約)35cm×10cm×4cm ステンレス本体80cm、Woodポール(ロング)141.5cm、Woodポール(ショート)71.5cm 最長225cm、収納時110cm 最長124cm、収納時34cm 最長226cm、収納時90cm 最長245cm、収納時99cm 最長190cm、収納時60cm 最長250cm、収納時92cm 最長250cm、収納時119cm 最長195cm、収納時55cm 幅70.0×奥行60.0×高さ143.5cm 約幅98×奥行98×高さ175cm 最長80cm、収納時34cm
重量 1.7kg 約0.88kg 約0.45kg 500g 約640g 550g 220g 250g 約3.4kg 2.3kg 約0.26kg 約1.4kg 約2kg 約1.2kg 約1.2kg 約2.4kg 約1.3kg 2.4kg 約5.2kg 約0.47kg
付属品 保護キャップ1個 ポール、ランタンハンガー、キャリーバッグ 収納バッグ ハンガー、ジョイント(3本)、ペグ、クランプ、収納バッグ - - - - 収納ケース(大+小) ケース ペグ、収納袋 アルミ製ピンペグ3本、収納ケース ペグ3本、ゴムボール、収納バッグ - ペグ3本、収納袋 ABSペグ3本、収納ケース ペグ3本、収納ケース チェーン、キャップ、収納バッグ チェーン、収納バッグ 収納袋
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

各通販サイトの最新人気ランキングを見る ランタンスタンドの売れ筋をチェック

Amazonでのランタンスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ランタン用アクセサリーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スタンドと相性のいいランタン ガソリン、LED、ガスなど

エキスパートからのアドバイス 形式はキャンプスタイルに合わせて選ぼう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®:SAM

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンスタンドは、配置位置によって照明効果を高めることができます。所有のテント、タープをどうレイアウトするかに合わせて設置位置を考えましょう。

一カ所にスタンドを固定する場合もありますし、途中で移動させて使う場合もあります。このような使用スタイルによって、選ぶスタンドの形式が異なりますので注意が必要です。普段どういうキャンプスタイルかを振り返ることが、ランタンスタンド選びの一歩めになります。

特徴を把握してお好みのものを探しましょう

本記事ではランタンスタンドについて、そもそもの役割や、種類・タイプごとの特徴、選び方、そしてタイプごとのおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、一脚式、三脚式、三本足式のそれぞれの特徴をしっかり把握した上で、固定方式やランタンの設置方法、ランタンの調節やその他の機能性などに着目して選ぶと、キャンプ場でも雰囲気があり、扱いやすい商品を選ぶことが可能です。

ランタンはキャンプの夜に活躍する主役ともいえる道具のひとつ。それを支えるベストパートナーがランタンスタンドです。夜の照明を活かすキャンプの必需品とも言えますので、使い勝手やデザイン性をよく比較して、お好みのものを見つけてみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button