おしゃれで明るいガソリンランタンおすすめ7選|選び方や点火の仕方も紹介

Coleman(コールマン)『パワーハウス ツーマントルランタン(290A740J)』
出典:Amazon

本記事では、ガソリンランタンの点火の仕方や選び方、おすすめ商品などを紹介また、各通販サイト売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


目次

ガソリンランタンとは|仕組みや注意点を解説

ガソリンランタンとは、ホワイトガソリンを燃料として、火をつけ、光を灯すランタンのこと。

ガソリンランタンで代表的なメーカーはコールマンで、レギュラーガソリンと兼用のものもありますが、基本的に使用するのはホワイトガソリンです。通常のランタンよりも強く、広く光を灯してくれるのが特徴。また、実際に燃やして光量を得ているため、ランタン周辺がふわりと暖かい、冬場のライトとしても活躍します。

【 メリット 】
ガソリンランタンのメリットは、安価で燃費のいいホワイトガソリンを燃料にしているという点です。とても着火性もいいので、ガスや灯油などを使用したランタンよりも厳しい状況下でも使いやすいという点も魅力です。山など過酷な状況で使用することが多い方にもガソリンランタンは人気です。火力も安定しており、広範囲を照らせますので、広い場所での使用にも適しています。

【 デメリット 】
一方でデメリットは使用前にポンピングや空焼きといった手間がかかるという点です。なので、旧に明かりが必要となった場合などにすこし不便かもしれません。とはいえ、慣れてしまえばそれほど手間に感じることはありませんので、それほど大きなデメリットというわけではないでしょう。

火が灯る仕組み


ガソリンランタンが灯る仕組みは、空焼きしたマントル(合成繊維でできた布のような覆い)に、内部へ注入したホワイトガソリンを吸い上げさせ、火をつけることで発酵させる仕組み。

そのため、光量の元になるのはマントルで、多ければ多いほど光が強くなります。また、燃料にホワイトガソリンを使用して燃やしているため、ランタン自体が非常に暑くなります。やけどなどに十分注意しましょう。

注意:燃料はホワイトガソリンです


ガソリンランタンは燃料に「ホワイトガソリン」を使います。自動車に使われる「レギュラーガソリン」とは別物。

前者の成分は基本的にはナフサのみで無色透明。後者はさまざまな添加物が入っており、オレンジ色をしています。基本的にガソリンランタンはホワイトガソリンをメインの燃料にしているため、通常のガソリンだと火がつかなかったり、事故の可能性もあるため、必ず取扱説明書は確認しましょう。

ガソリンランタンの点火の手順

ガソリンランタンの添加にはいくつかのステップがあります。しっかり確認しましょう。

【 Step.1 】
まず、最初にガソリンを入れましょう。

【 Step.2 】
続いてポンプノブを使ってポンピングをおこないます。ノブにあけられている穴を塞いでしっかりと圧をかけてください。ある程度ポンプの動きが固くなったらOKです。

【 Step.3 】
続いて、マントルを取り付け、空焼きを行います。全体をしっかり焼くようにするのがポイントです。ここまでで下準備は完了です。

【 Step.4 】
上記の準備が終わったら部品を組み直し、バルブを緩めて着火してください。バルブを操作することによって火の大きさを調整できます。

ガソリンランタンの選び方


それでは、ガソリンランタンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

・光量
・燃料の兼用が可能か
・容量
・持ち運びやすさ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】光量をチェック

"メインで使うガソリンランタンには、1,800ルーメン以上(130W相当)のものを。LEDランタンなら1,000ルーメン以上(70W相当)のものがおすすめです。

ガソリンランタンの明るさの素となるのがマントル。マントルとは、合成繊維でできた覆いのことで、ランタン内部の本体に装着して発光体の役割を果たします。ランタンのみならず、マントルを使うストーブなどの機器全体にいえることですが、マントルのサイズや個数によって光量が変わります。電球を思い出すとわかりやすいかもしれませんね。

また、より明るいガソリンランタンはそれだけマントルが大きいか、あるいは複数個必要になるため、ランタンのサイズも大きくなる傾向があります。ガソリンランタンを選ぶときには、デザインだけでなく、明るさを決めるマントルにも注目をして選ぶといいでしょう。

【2】燃料の兼用が可能かチェック

ガソリンランタンにもいくつかの種類がありますが、一般的にはホワイトガソリンを燃料として使用します。自動車などに使われるレギュラーガソリンとかなり近い成分で構成されていますが、ススなどがあまり発生しないという特徴があります。

基本的にガソリンランタンにはホワイトガソリンを使用しますが、中にはレギュラーガソリンに対応しているものもあります。レギュラーガソリンはより入手性がいいことから、使用できれば非常時などに便利です。

【3】容量をチェック

タンクの容量が大きければそれだけ長時間にわたって使用することができます。なので、一度の給油で長く使うという方の場合、できるだけタンク容量が大きいものを選びましょう。

1泊のキャンプであれば5〜8時間程度燃焼し続けてくれるもので十分ですが、2泊以上のキャンプを行う予定の場合はよりタンクの容量が大きいものを選ぶのがおすすめです。ただし、タンク容量があまりにも大きいとポンピングに時間がかかるという点は頭に入れておきましょう。

【4】持ち運びやすさをチェック

キャンプなどに持って行くのであれば、持ち運びやすさも重量なポイントです。ガソリンランタンは当然ガソリンを蓄えるタンクが必要ですので、近年増えているLEDランタンなどと比較するとサイズは大きく、重量も重くなってしまいがちです。

なので、持ちやすくなっているものを選ぶようにしましょう。また、安全に持ち運びができる専用ケースなどが付属しているとより良いでしょう。

ガソリンランタンおすすめ7選


それでは、ガソリンランタンのおすすめ商品をご紹介いたします。代表的なコールマンの製品だけでなく、コールマン以外のメーカーも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Coleman(コールマン)『パワーハウス ツーマントルランタン(290A740J)』

Coleman(コールマン)『パワーハウスツーマントルランタン(290A740J)』 Coleman(コールマン)『パワーハウスツーマントルランタン(290A740J)』 Coleman(コールマン)『パワーハウスツーマントルランタン(290A740J)』 Coleman(コールマン)『パワーハウスツーマントルランタン(290A740J)』

出典:Amazon

マントル数 2
使用可能燃料 ホワイトガソリン
明るさ 約300CP/190W相当
燃料タンク容量 約940cc
燃焼時間 約7~14時間
本体サイズ 直径18×35cm

2つのマントルでハイパワーを実現

マントルを2個装備することで190W相当の大光量を実現した製品。装着やメンテナンスにやや手間がかかるものの、どんな暗闇も明るく照らしてくれるとあって人気の高いランタンです。

キャンプにこのランタンがひとつあれば、メインライトとしてじゅうぶんに活躍してくれます。2マントルタイプとは言え、大きすぎないサイズ感も人気の理由。扱いやすいので、ビギナーを含めた幅広い層におすすめです。

Coleman(コールマン)『ノーススター チューブマントルランタン 2000-750J』

Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』 Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』 Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』 Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』 Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』 Coleman(コールマン)『ノーススターチューブマントルランタン2000-750J』

出典:Amazon

マントル数 1
使用可能燃料 ホワイトガソリン
明るさ 約360CP/230W相当
燃料タンク容量 約940cc
燃焼時間 約7~14時間
本体サイズ 直径17.3×34.3cm

ガソリンランタンなのに自動着火可能

ガソリンランタンを使いたいけれど着火が怖い……そんな人に使ってほしいのが、こちら。なんと乾電池を使って自動着火ができる新しいタイプのガソリンランタンなのです。電子着火式なのでライター不要! ダイヤル調整で簡単&安全に着火できるのが最大の特徴です。

また、袋状にくらべて大きなチューブタイプのマントルを使うため、シングルマントルながら230W相当のハイパワー。最大燃焼時間も14時間(光量の調整後)もあり、どんなシーンでも安心して使えます。装着もラクラクですよ。

Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』

Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』

出典:Amazon

マントル数 1
使用可能燃料 ホワイトガソリン
明るさ 約200CP/130W相当
燃料タンク容量 約590cc
燃焼時間 約7.5~15時間
本体サイズ 直径16×31cm

これぞ定番! シングルマントルランタン

2010年にロングライフデザイン賞を受賞している、コールマンの定番ガソリンランタンです。一晩中使える燃費の良さと扱いやすいシンプルなデザインで、ランタンビギナーにぴったり! もちろん、コールマンらしさもきっちり継承しているので、上級者でも満足できる仕上がりです。

ポンピ(圧縮)やプレヒート(余熱)といった工程など、ガソリンランタンならではの醍醐味を味わえます。コストパフォーマンスが抜群なのもうれしいところ。

Coleman(コールマン)『シーズンズランタン 2017』

Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン2017』

出典:Amazon

マントル数 1
使用可能燃料 ホワイトガソリン
明るさ 約190CP/約130W相当
燃料タンク容量 約590cc
燃焼時間 約7~15時間
本体サイズ 直径17×31cm

大人気ヴィンテージ風ランタン! 燃焼時間も長め

2005年から毎年販売されているコールマンの限定版ランタン。アメリカンヴィンテージをテーマに作られており、丸みのあるかわいらしいデザインなのでキャンプ女子にもおすすめです。130W相当のやわらかな光でキャンプシーンを優しく照らしてくれます。

本物のヴィンテージランタンと違って、買ってすぐにレストアする必要がなく、メンテナンスパーツが充実しているのもいいですね。ただし、毎年大人気の商品なので、入手するなら急ぎましょう。

YOGOGO『マルチフューエルランタン』

YOGOGO『マルチフューエルランタン』 YOGOGO『マルチフューエルランタン』 YOGOGO『マルチフューエルランタン』 YOGOGO『マルチフューエルランタン』 YOGOGO『マルチフューエルランタン』

出典:Amazon

マントル数 1
使用可能燃料 カーガソリン(オクタン価92以上※)、ホワイトガソリン、石油ナフサ、灯油
明るさ 150CP/120W相当
燃料タンク容量 500cc
燃焼時間 7時間
本体サイズ 直径18×高さ30cm

4種の燃料が使えるマルチフューエルタイプ

マルチフューエルとは、ホワイトガソリンのみならず、灯油やカーガソリン(オクタン価指定あり※)など、数種類の燃料が使用可能なタイプのこと。ペトロマックスやプリムスといったブランドに代表される「ケロシン(灯油)ランタン」のような圧力計を搭載していないため、自分の感覚を頼りにポンピング(圧縮)をおこなえるのがマルチフューエルの魅力のひとつです。

液体燃料の扱いに慣れてきたら、ぜひ試してほしいランタンです。ヴィンテージタイプのおしゃれなデザインなので、ステキな夜を演出したいときにもぜひ。

※オクタン価は、ガソリンの自動着火や、エンジン内での物理的な振動であるノッキングの起こりにくさを示す数値です。

Coleman『プレミアム デュアルフューエル ランタン』

Coleman(コールマン)プレミアムダブルフューエル光度調整機能付きランタンハードケース付き日本未発売[並行輸入品]

出典:Amazon

マントル数 2
使用可能燃料 ホワイトガソリン、レギュラーガソリン
明るさ 最大861ルーメン
燃料タンク容量 -
燃焼時間 最大7時間
本体サイズ -

レギュラーガソリンも使用できるタイプ

スタイルとしてはオーソドックスなガソリンランタンですが、こちらはホワイトガソリンのみでなくレギュラーガソリンも燃料として使用することができるという点が最大の特徴です。なので、キャンプやアウトドアではもちろんのこと、非常時などにも活躍してくれます。さまざまな用途で使用できるガソリンランタンを求めている方におすすめです。

ペトロマックス『HK500』

【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品] 【お1人様1点限り】Petromax[ペトロマックス]HK500圧力式灯油ランタンpx5mブラスPolishedオイルランプランタンカンテラアウトドアキャンプライト照明[並行輸入品]

出典:Amazon

マントル数 1
使用可能燃料 灯油
明るさ 500CP
燃料タンク容量 1L
燃焼時間 約8時間
本体サイズ 170×400mm

大人気の定番ランタン

アウトドアのメインライトとしても使用することができるほどの光量を誇るランタンです。高さは40cmほどもあり、200以上もの細かなパーツから構成されている本格派となっています。ドイツ製ならではの性能の高さやデザインも魅力的で世界中のファンから愛されているランタンです。本格的なランタンが欲しい方におすすめです。

ガソリンランタン向け消耗品おすすめ4選 Coleman製メンテナンス用品


ガソリンランタンは消耗品の交換など、お手入れが必要なアイテムです。ここでは日常的なメンテナンスで使用する消耗品や便利なアイテムをご紹介します。

Coleman(コールマン)『マントル 21A型(21A102J)』

Coleman(コールマン)『マントル21A型(21A102J)』

出典:Amazon

マントル数 -
使用可能燃料 -
明るさ -
燃料タンク容量 -
燃焼時間 -
本体サイズ -

予備に持っていて損はなし!

ガソリンランタンで明かりを灯すのに必要なマントル。マントルが破れてしまうとうまく発光しなくなるため、交換用にいくつか持っておくと安心です。純正なので品質面でも信頼がおけます。

購入の際は使用するガソリンランタンに合うサイズか確認をしましょう。コールマン製のガソリンランタンに合わせて作られているので、コールマン製品に合わせて型番をしっかり確認すれば初心者でもかんたんに必要サイズがわかります。

Coleman(コールマン)『エコクリーン 4L』

Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』 Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』 Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』 Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』 Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』 Coleman(コールマン)『エコクリーン4L』

出典:Amazon

マントル数 -
使用可能燃料 -
明るさ -
燃料タンク容量 -
燃焼時間 -
本体サイズ -

環境にもやさしい高純度ガソリン

純度が高く、高品質なホワイトガソリン。不純物が少ないため燃焼の際に発生する有害物質が少なく、人にも環境にも優しい製品です。それでもテントのなかやテーブルの上など、人の近くで使用する際には細心の注意を払いましょう。

燃焼も安定しやすく、勝手のよさはさすが大手メーカーと呼べるほど。使う燃料に迷ったら検討してみてはいかがでしょうか。

Coleman(コールマン)『フューエル ファネル』

Coleman(コールマン)『フューエルファネル』 Coleman(コールマン)『フューエルファネル』 Coleman(コールマン)『フューエルファネル』 Coleman(コールマン)『フューエルファネル』 Coleman(コールマン)『フューエルファネル』

出典:Amazon

マントル数 -
使用可能燃料 -
明るさ -
燃料タンク容量 -
燃焼時間 -
本体サイズ -

フィルターつきでゴミが入りにくいジョウゴ

ガソリンランタンに缶からそのまま燃料を入れようとすると、入れ口が小さくて入れづらい……なんてこともあるでしょう。それを解消するのがこのジョウゴ。入れ口が広がり、かんたんに燃料の補給が可能になります。

フィルターつきでタンクにゴミが入ることを防いでくれるため、屋外での補給でも気兼ねなく使えます。タンクが満タンになると自動で補給が止まる機能つきで便利です。

Coleman(コールマン)『リュブリカント』

Coleman(コールマン)『リュブリカント』

出典:Amazon

マントル数 -
使用可能燃料 -
明るさ -
燃料タンク容量 -
燃焼時間 -
本体サイズ -

使いやすいケース形状のポンプ潤滑油

ポンプのメンテナンスをするときの必需品。ポンプカップを滑らせるために必要で、定期的に塗る必要があります。注油を忘れるとポンプがうまく動かないなどのトラブルにもなるため、注意しましょう。

先細りの口形状で、コールマンのガソリンランタンの給油口にさしやすくなっています。持ち運びやすいサイズなので、家だけでなくキャンプ場でのメンテナンスも可能です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『パワーハウス ツーマントルランタン(290A740J)』
Coleman(コールマン)『ノーススター チューブマントルランタン 2000-750J』
Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』
Coleman(コールマン)『シーズンズランタン 2017』
YOGOGO『マルチフューエルランタン』
Coleman『プレミアム デュアルフューエル ランタン』
ペトロマックス『HK500』
Coleman(コールマン)『マントル 21A型(21A102J)』
Coleman(コールマン)『エコクリーン 4L』
Coleman(コールマン)『フューエル ファネル』
Coleman(コールマン)『リュブリカント』
商品名 Coleman(コールマン)『パワーハウス ツーマントルランタン(290A740J)』 Coleman(コールマン)『ノーススター チューブマントルランタン 2000-750J』 Coleman(コールマン)『ワンマントルランタン(286A740J)』 Coleman(コールマン)『シーズンズランタン 2017』 YOGOGO『マルチフューエルランタン』 Coleman『プレミアム デュアルフューエル ランタン』 ペトロマックス『HK500』 Coleman(コールマン)『マントル 21A型(21A102J)』 Coleman(コールマン)『エコクリーン 4L』 Coleman(コールマン)『フューエル ファネル』 Coleman(コールマン)『リュブリカント』
商品情報
特徴 2つのマントルでハイパワーを実現 ガソリンランタンなのに自動着火可能 これぞ定番! シングルマントルランタン 大人気ヴィンテージ風ランタン! 燃焼時間も長め 4種の燃料が使えるマルチフューエルタイプ レギュラーガソリンも使用できるタイプ 大人気の定番ランタン 予備に持っていて損はなし! 環境にもやさしい高純度ガソリン フィルターつきでゴミが入りにくいジョウゴ 使いやすいケース形状のポンプ潤滑油
マントル数 2 1 1 1 1 2 1 - - - -
使用可能燃料 ホワイトガソリン ホワイトガソリン ホワイトガソリン ホワイトガソリン カーガソリン(オクタン価92以上※)、ホワイトガソリン、石油ナフサ、灯油 ホワイトガソリン、レギュラーガソリン 灯油 - - - -
明るさ 約300CP/190W相当 約360CP/230W相当 約200CP/130W相当 約190CP/約130W相当 150CP/120W相当 最大861ルーメン 500CP - - - -
燃料タンク容量 約940cc 約940cc 約590cc 約590cc 500cc - 1L - - - -
燃焼時間 約7~14時間 約7~14時間 約7.5~15時間 約7~15時間 7時間 最大7時間 約8時間 - - - -
本体サイズ 直径18×35cm 直径17.3×34.3cm 直径16×31cm 直径17×31cm 直径18×高さ30cm - 170×400mm - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ガソリンランタンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのガソリンランタンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ガソリンランタンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ガソリンランタンの使用上の注意点

ガソリンランタンは火を使いますので、当然グローブ部分は高温になっています。そのため、触れるとやけどをしてしまいますので注意が必要です。

また、ホワイトガソリンは非常に揮発性が高く、引火しやすいという特徴があります。なので、取り扱いには注意しましょう。テント内で使用する場合は一酸化炭素中毒などのリスクもありますので注意が必要です。

まとめ


近年ではLEDなどの普及が進んだこともあって、キャンプにおける灯りの選択肢は大幅に増えました。しかし、ガソリンランタンもまだまだ根強い人気を誇っています。

サイズや重量などのデメリットもないわけではありませんが、気温の低い冬場などでも光が安定するといったメリットがいくつもあります。燃料は必要ですが、電気がないアウトドアのみでなく非常時などにも心強い存在となってくれます。

アウトドアが趣味の方のみでなく、いざという時のためにひとつ持っておくのもいいでしょう。

【関連記事】キャンドルランタン&ランタンスタンド

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正が必要と気付かれた場合は、ぜひ、記事下の「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/05 コンテンツ追加のため商品情報を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ハリケーンランタンおすすめ9選┃嵐がきても消えない耐久性が高いもの【デイツ・フュアハンドも】

ハリケーンランタンおすすめ9選┃嵐がきても消えない耐久性が高いもの【デイツ・フュアハンドも】

雨風に強く、耐久性にすぐれているハリケーンランタンは、キャンプの夜を過ごすのに大切なアイテム。揺れる炎が安らぎを与えてくれるのも魅力です。しかし、デイツやキャプテンスタッグなど製品も多くあり、ハリケーンランタンの選び方が分からないという方も多いですよね。この記事では、ハリケーンの選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


シュアファイアライトおすすめ10選|圧倒的光量と高い信頼性!

シュアファイアライトおすすめ10選|圧倒的光量と高い信頼性!

世界中の警察や軍に採用され、高い信頼性を実証しているシュアファイア(SUREFIRE)は日本でも人気のライトメーカーです。サバゲーではとくに有名なアイテムなので知っている人も多いと思いますが、安定した大光量や頑丈さはアウトドアで使うのにも向いています。この記事ではキャンプや山歩きなどにぴったりのシュアファイアのライトをキャンプライターの中山一弘さんに紹介してもらいます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


LEDデスクライトおすすめ人気21選|明るくて目に優しい! 作業用や子供の勉強用に

LEDデスクライトおすすめ人気21選|明るくて目に優しい! 作業用や子供の勉強用に

長持ちしやすく長時間使っても熱くなりにくい、LEDデスクライト。便利なだけでなく安全性も高いので、勉強や読書、在宅勤務やテレワークの際のデスクライトを選ぶならLEDを使用したタイプがおすすめです。この記事では、LEDデスクライトのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。


夜釣り用ライトおすすめ13選【ヘッドライト・チェストライト・ランタン】

夜釣り用ライトおすすめ13選【ヘッドライト・チェストライト・ランタン】

夜になると活発に動く魚もいるため、夜釣りをする方もいるでしょう。仕掛けをつくったり、エサをつけたりするのにライトは必須です。ヘッドライトやチェストライト(ネックライト)、ランタンなど種類が多くなにを選べばいいのでしょうか。この記事では、釣りライターの中山一弘さんにうかがった、釣り用ライトの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


マグライトおすすめ10選|ソリテールLEDなど人気モデルは?懐中電灯にも

マグライトおすすめ10選|ソリテールLEDなど人気モデルは?懐中電灯にも

金属削り出しのボディで痛みしらずのタフネスライトといえば「マグライト」です。信頼性の高さと頑強さから、世界中の警察や軍隊、消防、セキュリティ機関に採用されるなど、プロが使うライトとして広く認知されています。アウトドア用として使う人も多いのですが、どのように選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、キャンプライターの中山一弘さんに、マグライトの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。