【キャンプブロガーに聞く!】おすすめのランタンスタンド7選|安定かつおしゃれ

【キャンプブロガーに聞く!】おすすめのランタンスタンド7選|安定かつおしゃれ

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®:SAM
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®のSAMさんに、ランタンスタンドの選び方とおすすめのランタンスタンド7選を教えてもらいました。ランタンスタンドは高い位置にランタンを設置することで夜間の視界を広げるアイテムです。キャンプなどのアウトドアのときに利用し、snowpeak(スノーピーク)、LOGOS(ロゴス)、UNIFLAME(ユニフレーム)、Coleman(コールマン)などの製品があります。固定できるものや移動できるもの、一脚式(打ち込み式)や三脚式、三本足式などの立て方の形式、ポールによる高さ調節など、商品による違いがあります。こちらの記事を参考に、自分に合うランタンスタンドを探してみてください。


ランタンスタンドの選び方! キャンプブロガーが教えてくれました

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®・SAMさんに、ランタンスタンドを選ぶときのポイントを6つ教えてもらいました。ランタンスタンドを効果的に使うためにぜひ専門家のアドバイスを参考にしてみてください。

ランタンを照明がわりにしたグランピング
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ランタンスタンドは灯りをともし、キャンプの際に夜間の視界を確保するアイテムです。

キャンプスタイルにあわせて選ぶ

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンスタンドは、配置位置によって照明効果を高めることができます。所有のテント、タープをどうレイアウトするかに合わせて設置位置を考えましょう。

一カ所にスタンドを固定する場合もありますし、途中で移動させて使う場合もあります。このような使用スタイルよって、選ぶスタンドの形式が異なりますので注意が必要です。普段どういうキャンプスタイルかを振り返ることが、ランタンスタンド選びの一歩めになります。

snowpeak(スノーピーク) 『パイルドライバー(LT-004)』

スノーピークのパイルドライバーはランタンスタンドの代名詞と言える名品です。すっきりとしたデザインで使いやすいのが特徴です。

>> Amazonで詳細を見る

立て方の特徴を踏まえて選ぶ

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンスタンドの形式は、おもに3つに分かれています。代表的なのは一脚のスタンドをそのまま地面に打ち込む一脚式(打ち込み式)で、場所を取らないことから人気のタイプです。ただし、一度打ち込んでしまうとその場所に固定されるので移動が少々大変です。

1本のスタンドを三脚で支える三脚式は打ち込む必要のない自立式なので設置も移動も簡単でビギナー向け。しかし、脚の設置部分が邪魔になるという欠点もあります。これらとは別に、3本の脚を三又にして吊るす三本足式=トライポッド式もあり、それぞれの特徴をつかんでから購入を考えるといいでしょう。

高さ調節のやり方は自分にあったものをチェック

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

たいていのモデルはポールの長さを可変することでランタンの高さ位置を調節できるようになっています。

無段階で位置を変えることができるねじ式や、本体のグリップを回転させて絞め込み位置を調整する形式、また段階式に調節するより安定度が高いプッシュロック式などモデルによってさまざまです。細かい点ですが事前に調べておきましょう。

LOGOS(ロゴス) 『システムランタンポール-PSL(No.71905002)』

安定した設置が可能な三脚式のランタンスタンドです。立てた状態のまま持ち運びもできますし、付属のペグを打ち込み固定することもできます。

>> Amazonで詳細を見る

ランタンのデザインにあわせて選ぼう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンスタンドは本来機能的なキャンプ道具といえますが、最近ではサイト(※)全体の見栄えやデザイン性のつりあいも選択における重要な要素になっています。

ランタン自体がデザイン性の高いものが多いため、そのデザイン性に劣らないスタンドであるか、邪魔をしないデザインであるか、などもランタンスタンドを選ぶ際のポイントに加えておくといいでしょう。

※サイト・・・キャンプをする際にテントを張る場所のこと

キャンプブロガーおすすめのランタンスタンド7選

上で紹介したランタンスタンドの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター・SAMさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

snowpeak(スノーピーク) 『パイルドライバー(LT-004)』

出典:Amazon

サイズ
最長240cm、収納時110cm
重量
1.7kg
付属品
保護キャップ1個
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンスタンドの代名詞

snowpeak(スノーピーク)ブランドには数々の名品がありますが、こちらの「パイルドライバー」はブランドファンのみならず多くのキャンパーに使われ続けているまさしく名品中の名品といえるでしょう。一本のポールのみで支え、しかも自身で地面に打ち付けられるという画期的な仕組みです。キャンプ道具史上に残る発明品といってもいいのではないでしょうか。

すっきりとしたデザインがお好みの方にとくにおすすめです。場所をとらないうえ安定度が高く、立ち姿も美しいので、筆者も長年愛用しその便利さを楽しんでいます。

垂直に柱を打ちこむ際に多少の力が必要になるため、女性には若干扱いにくいかもしれません。また、強く打ち込みすぎると曲がりや部品のつぶれにつながることもあるので、取り扱いは常に慎重に行なってください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス) 『システムランタンポール-PSL(No.71905002)』

出典:Amazon

サイズ
最長245cm、収納時99cm
重量
約2kg
付属品
ペグ3本、ゴムボール、収納バッグ
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

簡単、多機能の三脚式定番モデル

三脚式の定番のひとつです。脚がすぐに開き、長さはロックナットでかんたんに調整ができます。また、ランタンを吊るすフックは本体から引き出すだけ。扱いやすいため、ビギナーの方におすすめです。

立てた状態のまま自由に移動させることができるのが特徴です。風や足をひっかけて転倒させないように、三脚の先にペグを打ち込んで固定して安全性を高めてください。最長240cmまで延びることを活かし、タープに雨がたまらないようにするためのプッシュアップポールとしても使うことができます。マルチに活躍できるスタンドといえるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』

出典:楽天市場

サイズ
最長225cm、収納時110cm
重量
2.3kg
付属品
ケース
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ダブルでランタンを吊るせる一脚式(打ち込み式)

パイルドライバーとよく似た、一本のポールで支える一脚式(打ち込み式)ですが、こちらは「ダブルフリー」というランタンを2つ同時に吊ることができるタイプです。

実用的な意味は別として、異なるデザインの2基のランタンが並んでいる姿はなかな素敵な演出。オシャレな雰囲気をつくりつつ、道具をたくさん展開したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンド (LP1-605)』

サイズ
最長170cm、収納時45cm
重量
約0.88kg
付属品
ポール、ランタンハンガー、キャリーバッグ
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

コンパクトで、個性的なブラックカラー

まず固定部だけをペグのように打ち込み、あとづけでポールを挿して固定するというユニークな一脚式です。ランタンを吊るすハンガーもあとづけでポールにひっかけて完成させます。バラバラなパーツを組み立ててひとつにしていく形式ですが、設営や撤収が苦になるわけではありません。

コンパクトに収納でき、重量は1kgを下回る880gと軽量です。なかなかほかにはないブラックカラーを展開していますので、個性的なカラーのランタンスタンドをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド(622049)』

出典:Amazon

サイズ
最長195cm、収納時55cm
重量
約1.3kg
付属品
ペグ3本、収納ケース
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ユニークなトライポッド形式

三本足で自立するトライポッド式です。細い3本のポールを組み立てて黄色いセッティングテープに差し込み、その3点をペグ打ちして地面に固定させます。

ポールが細いので影ができにくいのが美点で、3点で支えるしなやかな安定感も特徴。背の高いトライポッドスタイルが美しいモデルです。デザインの美しさにこだわる方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン) 『ランタンスタンド Ⅳ(2000031266)』

出典:Amazon

サイズ
最長226cm、収納時90cm
重量
約1.4kg
付属品
アルミ製ピンペグ3本、収納ケース
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

独自構造で三脚式の欠点を解消

こちらは、ビギナーにおすすめしたい一品。品質がよく設置がかんたんなランタンスタンドです。一般的な三脚式は足を引っかけやすいといった欠点がありますが、このモデルは地面いっぱいに開かせることでそれを解消したユニークな構造をしています。

安定感を損なわないために、念のため3点ペグ打ちをしておくといいでしょう。コールマンらしい赤がアクセントになっているので、コールマンの赤いオールドランタン系がとくにマッチします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) 『ダズリング ランタン スタンド』

出典:楽天市場

サイズ
ステンレス本体80cm、Woodポール(ロング)141.5cm、Woodポール(ショート)71.5cm
重量
約3.4kg
付属品
収納ケース(大+小)
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

キャンドルランタンをたくさん吊るしてみたい

Dazzlingのdazzleとは「眩しい」という意味。こちらは、別売のワイヤーを増やすことで多数のランタンを吊るすことができるユニークなモデルです。実際には、大きなガソリンランタンやガスランタンをたくさん吊るすというよりは、軽くて小さいキャンドルランタンを多数飾ったほうが雰囲気がでるでしょう。

また、ポールの一部分にわざわざウッドが使われているのは、さすがデザインに凝るtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ならでは。どちらかといえば、雰囲気を大切にするキャンプのベテランのみなさんにおすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

snowpeak(スノーピーク) 『パイルドライバー(LT-004)』
LOGOS(ロゴス) 『システムランタンポール-PSL(No.71905002)』
UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』
DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンド (LP1-605)』
UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド(622049)』
Coleman(コールマン) 『ランタンスタンド Ⅳ(2000031266)』
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) 『ダズリング ランタン スタンド』

商品

snowpeak(スノーピーク) 『パイルドライバー(LT-004)』 LOGOS(ロゴス) 『システムランタンポール-PSL(No.71905002)』 UJack(ユージャック) 『ハンマーランタンスタンド ダブルフリー』 DOD(ディーオーディー) 『アンコウスタンド (LP1-605)』 UNIFLAME(ユニフレーム)『コンパクト ランタンスタンド(622049)』 Coleman(コールマン) 『ランタンスタンド Ⅳ(2000031266)』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) 『ダズリング ランタン スタンド』

特徴

ランタンスタンドの代名詞 簡単、多機能の三脚式定番モデル ダブルでランタンを吊るせる一脚式(打ち込み式) コンパクトで、個性的なブラックカラー ユニークなトライポッド形式 独自構造で三脚式の欠点を解消 キャンドルランタンをたくさん吊るしてみたい

価格

Amazon : ¥ 4,286
楽天市場 : ¥ 5,724
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,724
※各社通販サイトの 2019年6月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,372
楽天市場 : ¥ 6,372
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,372
※各社通販サイトの 2019年6月16日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 7,352
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,067
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,549
※各社通販サイトの 2019年6月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,900
楽天市場 : ¥ 8,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,900
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,872
楽天市場 : ¥ 4,680
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,680
※各社通販サイトの 2019年6月16日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 13,824
※各社通販サイトの 2019年6月16日時点 での税込価格

サイズ

最長240cm、収納時110cm 最長245cm、収納時99cm 最長225cm、収納時110cm 最長170cm、収納時45cm 最長195cm、収納時55cm 最長226cm、収納時90cm ステンレス本体80cm、Woodポール(ロング)141.5cm、Woodポール(ショート)71.5cm

重量

1.7kg 約2kg 2.3kg 約0.88kg 約1.3kg 約1.4kg 約3.4kg

付属品

保護キャップ1個 ペグ3本、ゴムボール、収納バッグ ケース ポール、ランタンハンガー、キャリーバッグ ペグ3本、収納ケース アルミ製ピンペグ3本、収納ケース 収納ケース(大+小)

商品情報

ECサイトのランタンスタンドランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのランタンスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ランタンハンガーランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

視界を確保するためにランタンは高く設置しよう

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ランタンはキャンプの夜に活躍する主役ともいえる道具のひとつです。それを支えるベストパートナーがランタンスタンドです。ランタンはキャンプの夜に視界を助けてくれる大事な光源ですが、地面などに置いていてはその性能を活かすことができません。光源は高い場所にあったほうが周囲を照らす範囲が広がります。

ランタンスタンドは夜の照明を活かすキャンプの必需品とも言えますので、使い勝手やデザイン性をよく比較して、お好みのものを見つけてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。