【フィールドスコープ】おすすめ商品5選! IT・テックライターが選び方を解説

【フィールドスコープ】おすすめ商品5選! IT・テックライターが選び方を解説

IT・テックライター:石井 英男
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

野鳥観察など、対象物にあまり近寄れないものを見るときには双眼鏡や望遠鏡などが欠かせません。双眼鏡と違ってフィールドスコープは片目でしか見られませんが、その代わりにデジタルカメラの装着や接眼レンズの交換など、双眼鏡にはない機能が備わっています。そこで、IT・テックライターの石井英男さんにお話をうかがい、フィールドスコープの選び方を解説するとともに、おすすめの商品を紹介していただきました。フィールドスコープになにができるのか、自分の用途にはどんな商品が合っているのかなど、商品選びの参考にしてください。


フィールドスコープを選ぶ際のポイント|IT・テックライターによる解説

IT・テックライターの石井さんに、フィールドスコープを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。商品選びをスムーズにできるように、必要な機能と不要な機能をあらかじめ整理しておきましょう。

フィールドスコープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フィールドスコープを使えば、遠くにあるものを手前に引き寄せて観察できます。

覗き方のタイプで選ぶ

IT・テックライター

フィールドスコープ(スポッティングスコープ)は、接眼レンズの取りつけ方によって、直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類に大別できます。

直視型は、フィールドスコープ本体と接眼レンズが直線的に配置されているタイプ。対象物にフィールドスコープをまっすぐ向ければいいので、初心者でも使いやすいことが特徴です。デジタル一眼レフなどと合体させて写真を撮りたい場合も直視型が向いています。

傾斜型は、接眼レンズがフィールドスコープ本体に対して上向き・斜めに配置されているタイプ。高い場所の鳥や天体などを観測するときに、無理な姿勢をとる必要がないのでらくに観察できることが利点です。

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

デジタル一眼レフと合体させたい場合は、こちらの直視型が向いています。こうしたデジタルカメラを装着できる機種なら、超望遠撮影ができます。

>> Amazonで詳細を見る

対物レンズの有効径で選ぶ

IT・テックライター

対物レンズの有効径(口径)が大きいほど、たくさんの光を集められるので、より明るくシャープな像を得ることが可能。とくに高倍率になるほど、対物レンズの有効径が大きいフィールドスコープのほうが有利です。

その半面、対物レンズの有効径が大きくなると、本体が大きく重くなるので持ち運びがたいへんになります。気軽に使いたいのなら、有効径50~60mmの製品がおすすめです。

倍率で選ぶ

IT・テックライター

倍率が大きいほど、遠くの対象物を大きく見ることができますが、その分、一度に見える範囲が狭くなり明るさも暗くなります。用途によって最適な倍率が異なり、野鳥観察なら20~40倍、天体観測なら10~30倍が使いやすい倍率です。

またフィールドスコープによっては、接眼レンズを交換できるものや接眼レンズが別売りのものがあり、そうした製品なら、接眼レンズを交換することで倍率を変更可能です。倍率を可変できるズームレンズを備えた製品もありますが、ズームレンズでは同じ倍率でも、固定レンズに比べると視野が狭くなるので注意しましょう。

ニコン『ED50』

接眼レンズが別売になっている機種は目的に合った接眼レンズを購入しましょう。メリットとしては、接眼レンズを交換することで倍率の変更が可能になります。

>> Amazonで詳細を見る

防水機能やアイレリーフもチェックしよう

IT・テックライター

フィールドスコープはその名のとおり、屋外で使われることが多いので、防水機能を備えた製品のほうが安心して利用できます。また、アイレリーフの長さも使い勝手に影響します。

アイレリーフとは、接眼レンズを覗いたときに「視野全体を見渡せる」眼の位置から、レンズまでの距離のこと。眼鏡をかけながらフィールドスコープを使うのなら、アイレリーフが長い製品(15mm以上)がおすすめです。アイレリーフが15mm以上の製品は、ハイアイポントと呼ばれることもあります。

フィールドスコープおすすめ5選|IT・テックライターによる厳選商品

上で紹介したフィールドスコープの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分の使い方に一番近いものはどの製品なのか、それぞれを比較しながら購入する製品を検討してください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『アロマ 52‐A』

出典:Amazon

倍率
25倍
対物レンズ有効径
52mm
実視界
2.1度
ひとみ径
2.1mm
アイレリーフ
12.0mm
重量
460g
防水性
×
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は52mmで、付属の接眼レンズでの倍率は25倍です。接眼レンズを交換することで倍率を変更できます。アイレリーフは12mmと標準的ですが、重量が460gと軽いので、気軽に持ち運べます。ボディが伸縮式で、収納時は長さが17.7cmまで縮まるのも便利な点。

倍率も標準的なのでさまざまな目的に利用でき、とくに高い位置にある対象物を見るのに向いています。レンズやプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施されているので、コントラストが高く、シャープに見えます。防水仕様ではありませんが、お手ごろな価格なのではじめてフィールドスコープを買う人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『ED50』

出典:Amazon

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
50mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
455g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

防水仕様でアウトドアでも安心

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、接眼レンズは別売りです。本格的な防水仕様で、内部に窒素ガスが充填(じゅうてん)されているので、雨天時の観察や気温差が大きい場所で使用しても、レンズ内部が曇りにくくなっています。

対物レンズにはEDガラスを採用。レンズとプリズム、防塵ガラスの全面は多層膜コーティングされているので、明るくコントラストの高い視野になります。

重量も455gと軽く、バードウォッチングはもちろん、スポーツなどで使いたい人におすすめ。接眼レンズの種類が豊富なので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

出典:Amazon

倍率
27倍
対物レンズ有効径
82mm
実視界
2.6度
ひとみ径
3.0mm
アイレリーフ
18.0mm
重量
1330g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

有効径82mmの大型高性能モデル

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径が82mmと大きく、集光力にすぐれています。対物レンズには色にじみの少ないEDレンズを採用し、ピント調整がデュアルフォーカス式なので、こまかくピントを合わせられます。

また野鳥を素早く視野に入れる際に役立つ、素通しファインダーを装備しています。付属の接眼レンズの倍率は27倍ですが、別売りの接眼レンズに替えれば倍率を変更できます。眼鏡をかけたままでも見やすい、アイレリーフ18mmのハイアイポント設計。窒素ガス充填による本格的な防水設計も魅力です。重量は1330gと重いので三脚は必須ですが、じっくり観察したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』

出典:Amazon

倍率
20~40倍
対物レンズ有効径
50mm
実視界
2.3度~1.6度
ひとみ径
2.5mm~1.3mm
アイレリーフ
14mm~12.5mm
重量
400g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

ズームレンズ搭載のコンパクトモデル

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、本体がコンパクトなことが魅力です。接眼レンズは20~40倍ズームの固定式なので交換はできません。特徴は、ポリカーボネート製のボディを採用しているため、重量が400gと非常に軽いこと。

また防水設計で、内部には窒素ガスが充填されているので、雨天時などでもレンズの内側が曇りにくくなっています。コンパクトで軽量化された、持ち運びやすいフィールドスコープを探している人におすすめです。バードウォッチングやアーチェリー、トレッキングなどさまざまなシーンで活躍するでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
65mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
1050g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

50mmクラスでは物足りなくなった人に

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は65mmで、接眼レンズは別売りです。JIS保護等級の6級相当の防水仕様で、窒素ガス充填によりレンズ内部の曇りを防ぎます。また対物レンズにEDガラスを採用することで、クリアな視界を実現しています。

接眼レンズは、ズームタイプと固定倍率タイプが用意されているほか、同社の天体望遠鏡用の接眼レンズ(アイピース)も利用できます。倍率は最大60倍までの接眼レンズが用意されているので、高倍率での観察にも向いています。重量は1050gと比較的に重いタイプなので、三脚を使って腰をすえて観察したい人におすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ビクセン『アロマ 52‐A』
ニコン『ED50』
ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』
コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』
リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

商品

ビクセン『アロマ 52‐A』 ニコン『ED50』 ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』 コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』 リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

特徴

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ 防水仕様でアウトドアでも安心 有効径82mmの大型高性能モデル ズームレンズ搭載のコンパクトモデル 50mmクラスでは物足りなくなった人に

価格

Amazon : ¥ 15,344
楽天市場 : ¥ 16,867
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,868
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 25,597
楽天市場 : ¥ 38,372
Yahoo!ショッピング : ¥ 33,352
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 76,220
楽天市場 : ¥ 76,950
Yahoo!ショッピング : ¥ 76,950
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 30,150
楽天市場 : ¥ 29,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 33,200
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 42,969
楽天市場 : ¥ 57,094
Yahoo!ショッピング : ¥ 55,558
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格

倍率

25倍 接眼レンズは別売 27倍 20~40倍 接眼レンズは別売

対物レンズ有効径

52mm 50mm 82mm 50mm 65mm

実視界

2.1度 接眼レンズは別売 2.6度 2.3度~1.6度 接眼レンズは別売

ひとみ径

2.1mm 接眼レンズは別売 3.0mm 2.5mm~1.3mm 接眼レンズは別売

アイレリーフ

12.0mm 接眼レンズは別売 18.0mm 14mm~12.5mm 接眼レンズは別売

重量

460g 455g 1330g 400g 1050g

防水性

×

商品情報

ECサイトのフィールドスコープランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィールドスコープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィールドスコープランキング
楽天市場:フィールドスコープランキング
Yahoo!ショッピング:フィールドスコープランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT・テックライターの"ここがポイント"|デジタルカメラに装着して使うことも想定すべし!

IT・テックライター

フィールドスコープは、屋外でバードウォッチングをするなど、自分の目で覗いて楽しむことが基本の使い方ですが、通称「デジスコ」と呼ばれる使い方も人気があります。デジスコは、フィールドスコープをデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラと合体させて、フィールドスコープを超望遠レンズとして活用する方法です。

一眼レフ用の超望遠レンズは非常に高価なので、フィールドスコープ+接続アダプターのほうがリーズナブルなことが多いです。デジスコとして使うことが多いなら、直視型の製品をおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/18 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは登山では不便です。ではどのようなカメラが適しているか、カメラマンの山下大祐さんに伺いました。登山カメラ選びで気をつけたいポイント、おすすめの機種をていねいな解説といっしょに教えていただきました。


【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

ネットオークションやブログなどに掲載する商品や小物、料理の写真。自宅のテーブルに置いて撮影しただけでは、あまり雰囲気のある写真にならないことも。かといって、プロのような本格的なライティングをしての撮影も難しい。そんなときに役立つのが「撮影ボックス」です。撮影ボックスは、周囲の光を被写体に均一に拡散させることができるもの。組み立て式のものが多く、ふだんは折りたたんだ状態でしまっておくことができるので邪魔になりません。部屋の照明だけで撮影するよりも、被写体全体に光が回った状態で撮影できるので、ワンランク上の写真に仕上がります。この記事では、カメラマン・三浦一紀さんへの取材をもとに、撮影ボックスの選び方とおすすめ商品を5つ紹介します。


【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレス一眼カメラにおける選び方のポイントとおすすめ機種6選をご紹介します。誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったりのカメラです。レンズを交換することでさまざまなニュアンスの写真を撮ることができます。おすすめの機種としてキヤノン、ソニー、オリンパス、ライカ、パナソニック、富士フイルムから商品を紹介しています。自分が使いやすいミラーレス一眼カメラを購入して、素敵な写真をたくさん撮影しましょう! ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

フォトグラファーが選ぶカメラグリップ5選をご紹介します。カメラの扱いに慣れ、さまざまな場所で撮影するようになってくると、理想的な撮影姿勢を守ることが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレることのない撮影が可能になります。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんに、カメラグリップの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。多くの撮影現場を経験してきたプロならではの視点、きっと参考になりますよ。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

プロカメラマンが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格のこと。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためにどのレンズを選ぶべきかだけ。そこで、フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんに、レンズの選び方とおすすめのEマウントレンズについて紹介していただきました。ぜひ参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。