【フィールドスコープ】おすすめ商品5選! IT・テックライターが選び方を解説

【フィールドスコープ】おすすめ商品5選! IT・テックライターが選び方を解説

IT・テックライター:石井 英男
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

野鳥観察など、対象物にあまり近寄れないものを見るときには双眼鏡や望遠鏡などが欠かせません。双眼鏡と違ってフィールドスコープは片目でしか見られませんが、その代わりにデジタルカメラの装着や接眼レンズの交換など、双眼鏡にはない機能が備わっています。そこで、IT・テックライターの石井英男さんにお話をうかがい、フィールドスコープの選び方を解説するとともに、おすすめの商品を紹介していただきました。フィールドスコープになにができるのか、自分の用途にはどんな商品が合っているのかなど、商品選びの参考にしてください。


フィールドスコープを選ぶ際のポイント|IT・テックライターによる解説

IT・テックライターの石井さんに、フィールドスコープを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。商品選びをスムーズにできるように、必要な機能と不要な機能をあらかじめ整理しておきましょう。

フィールドスコープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フィールドスコープを使えば、遠くにあるものを手前に引き寄せて観察できます。

覗き方のタイプで選ぶ

IT・テックライター

フィールドスコープ(スポッティングスコープ)は、接眼レンズの取りつけ方によって、直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類に大別できます。

直視型は、フィールドスコープ本体と接眼レンズが直線的に配置されているタイプ。対象物にフィールドスコープをまっすぐ向ければいいので、初心者でも使いやすいことが特徴です。デジタル一眼レフなどと合体させて写真を撮りたい場合も直視型が向いています。

傾斜型は、接眼レンズがフィールドスコープ本体に対して上向き・斜めに配置されているタイプ。高い場所の鳥や天体などを観測するときに、無理な姿勢をとる必要がないのでらくに観察できることが利点です。

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

デジタル一眼レフと合体させたい場合は、こちらの直視型が向いています。こうしたデジタルカメラを装着できる機種なら、超望遠撮影ができます。

対物レンズの有効径で選ぶ

IT・テックライター

対物レンズの有効径(口径)が大きいほど、たくさんの光を集められるので、より明るくシャープな像を得ることが可能。とくに高倍率になるほど、対物レンズの有効径が大きいフィールドスコープのほうが有利です。

その半面、対物レンズの有効径が大きくなると、本体が大きく重くなるので持ち運びがたいへんになります。気軽に使いたいのなら、有効径50~60mmの製品がおすすめです。

倍率で選ぶ

IT・テックライター

倍率が大きいほど、遠くの対象物を大きく見ることができますが、その分、一度に見える範囲が狭くなり明るさも暗くなります。用途によって最適な倍率が異なり、野鳥観察なら20~40倍、天体観測なら10~30倍が使いやすい倍率です。

またフィールドスコープによっては、接眼レンズを交換できるものや接眼レンズが別売りのものがあり、そうした製品なら、接眼レンズを交換することで倍率を変更可能です。倍率を可変できるズームレンズを備えた製品もありますが、ズームレンズでは同じ倍率でも、固定レンズに比べると視野が狭くなるので注意しましょう。

ニコン『ED50』

接眼レンズが別売になっている機種は目的に合った接眼レンズを購入しましょう。メリットとしては、接眼レンズを交換することで倍率の変更が可能になります。

防水機能やアイレリーフもチェックしよう

IT・テックライター

フィールドスコープはその名のとおり、屋外で使われることが多いので、防水機能を備えた製品のほうが安心して利用できます。また、アイレリーフの長さも使い勝手に影響します。

アイレリーフとは、接眼レンズを覗いたときに「視野全体を見渡せる」眼の位置から、レンズまでの距離のこと。眼鏡をかけながらフィールドスコープを使うのなら、アイレリーフが長い製品(15mm以上)がおすすめです。アイレリーフが15mm以上の製品は、ハイアイポントと呼ばれることもあります。

フィールドスコープおすすめ5選|IT・テックライターによる厳選商品

上で紹介したフィールドスコープの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分の使い方に一番近いものはどの製品なのか、それぞれを比較しながら購入する製品を検討してください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『アロマ 52‐A』

出典:Amazon

倍率
25倍
対物レンズ有効径
52mm
実視界
2.1度
ひとみ径
2.1mm
アイレリーフ
12.0mm
重量
460g
防水性
×
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は52mmで、付属の接眼レンズでの倍率は25倍です。接眼レンズを交換することで倍率を変更できます。アイレリーフは12mmと標準的ですが、重量が460gと軽いので、気軽に持ち運べます。ボディが伸縮式で、収納時は長さが17.7cmまで縮まるのも便利な点。

倍率も標準的なのでさまざまな目的に利用でき、とくに高い位置にある対象物を見るのに向いています。レンズやプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施されているので、コントラストが高く、シャープに見えます。防水仕様ではありませんが、お手ごろな価格なのではじめてフィールドスコープを買う人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『ED50』

出典:Amazon

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
50mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
455g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

防水仕様でアウトドアでも安心

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、接眼レンズは別売りです。本格的な防水仕様で、内部に窒素ガスが充填(じゅうてん)されているので、雨天時の観察や気温差が大きい場所で使用しても、レンズ内部が曇りにくくなっています。

対物レンズにはEDガラスを採用。レンズとプリズム、防塵ガラスの全面は多層膜コーティングされているので、明るくコントラストの高い視野になります。

重量も455gと軽く、バードウォッチングはもちろん、スポーツなどで使いたい人におすすめ。接眼レンズの種類が豊富なので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

出典:Amazon

倍率
27倍
対物レンズ有効径
82mm
実視界
2.6度
ひとみ径
3.0mm
アイレリーフ
18.0mm
重量
1330g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

有効径82mmの大型高性能モデル

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径が82mmと大きく、集光力にすぐれています。対物レンズには色にじみの少ないEDレンズを採用し、ピント調整がデュアルフォーカス式なので、こまかくピントを合わせられます。

また野鳥を素早く視野に入れる際に役立つ、素通しファインダーを装備しています。付属の接眼レンズの倍率は27倍ですが、別売りの接眼レンズに替えれば倍率を変更できます。眼鏡をかけたままでも見やすい、アイレリーフ18mmのハイアイポント設計。窒素ガス充填による本格的な防水設計も魅力です。重量は1330gと重いので三脚は必須ですが、じっくり観察したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』

出典:Amazon

倍率
20~40倍
対物レンズ有効径
50mm
実視界
2.3度~1.6度
ひとみ径
2.5mm~1.3mm
アイレリーフ
14mm~12.5mm
重量
400g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

ズームレンズ搭載のコンパクトモデル

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、本体がコンパクトなことが魅力です。接眼レンズは20~40倍ズームの固定式なので交換はできません。特徴は、ポリカーボネート製のボディを採用しているため、重量が400gと非常に軽いこと。

また防水設計で、内部には窒素ガスが充填されているので、雨天時などでもレンズの内側が曇りにくくなっています。コンパクトで軽量化された、持ち運びやすいフィールドスコープを探している人におすすめです。バードウォッチングやアーチェリー、トレッキングなどさまざまなシーンで活躍するでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

出典:Amazon

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
65mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
1050g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

50mmクラスでは物足りなくなった人に

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は65mmで、接眼レンズは別売りです。JIS保護等級の6級相当の防水仕様で、窒素ガス充填によりレンズ内部の曇りを防ぎます。また対物レンズにEDガラスを採用することで、クリアな視界を実現しています。

接眼レンズは、ズームタイプと固定倍率タイプが用意されているほか、同社の天体望遠鏡用の接眼レンズ(アイピース)も利用できます。倍率は最大60倍までの接眼レンズが用意されているので、高倍率での観察にも向いています。重量は1050gと比較的に重いタイプなので、三脚を使って腰をすえて観察したい人におすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ビクセン『アロマ 52‐A』
ニコン『ED50』
ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』
コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』
リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

商品

ビクセン『アロマ 52‐A』 ニコン『ED50』 ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』 コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』 リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

特徴

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ 防水仕様でアウトドアでも安心 有効径82mmの大型高性能モデル ズームレンズ搭載のコンパクトモデル 50mmクラスでは物足りなくなった人に

価格

Amazon : ¥ 15,344
楽天市場 : ¥ 16,867
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,868
※各社ECサイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 25,597
楽天市場 : ¥ 38,372
Yahoo!ショッピング : ¥ 33,352
※各社ECサイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 76,220
楽天市場 : ¥ 76,950
Yahoo!ショッピング : ¥ 76,950
※各社ECサイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 30,150
楽天市場 : ¥ 29,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 33,200
※各社ECサイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 42,969
楽天市場 : ¥ 57,094
Yahoo!ショッピング : ¥ 55,558
※各社ECサイトの 2019年6月19日時点 での税込価格

倍率

25倍 接眼レンズは別売 27倍 20~40倍 接眼レンズは別売

対物レンズ有効径

52mm 50mm 82mm 50mm 65mm

実視界

2.1度 接眼レンズは別売 2.6度 2.3度~1.6度 接眼レンズは別売

ひとみ径

2.1mm 接眼レンズは別売 3.0mm 2.5mm~1.3mm 接眼レンズは別売

アイレリーフ

12.0mm 接眼レンズは別売 18.0mm 14mm~12.5mm 接眼レンズは別売

重量

460g 455g 1330g 400g 1050g

防水性

×

商品情報

IT・テックライターの"ここがポイント"|デジタルカメラに装着して使うことも想定すべし!

IT・テックライター

フィールドスコープは、屋外でバードウォッチングをするなど、自分の目で覗いて楽しむことが基本の使い方ですが、通称「デジスコ」と呼ばれる使い方も人気があります。デジスコは、フィールドスコープをデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラと合体させて、フィールドスコープを超望遠レンズとして活用する方法です。

一眼レフ用の超望遠レンズは非常に高価なので、フィールドスコープ+接続アダプターのほうがリーズナブルなことが多いです。デジスコとして使うことが多いなら、直視型の製品をおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連するタグ


双眼鏡・単眼鏡

関連する記事


オペラグラスの選び方とおすすめ5選|小物王が解説

オペラグラスの選び方とおすすめ5選|小物王が解説

観劇やコンサート、バードウォッチングなどにあると便利なオペラグラス。ただ、倍率や視野角など商品によって異なり、どれを選んでいいのか迷いますよね。そこで、フリーライター、小物王の納富廉邦さんにオペラグラスを買うときの選ぶポイントと、おすすめの商品を取材しました。ぜひ、目的に合ったオペラグラスを見つけてくださいね。


厳選!【単眼鏡】選び方&おすすめ商品5選|目利きライターに聞く

厳選!【単眼鏡】選び方&おすすめ商品5選|目利きライターに聞く

大きな美術館や博物館で活躍する単眼鏡。双眼鏡に比べてマイナーなので、情報が少ないアイテムです。単眼鏡とは小型の望遠鏡のようなものになります。同じ性能の双眼鏡と比べても半分の大きさのため、より軽くて持ち歩きやすく、散歩やハイキング、旅行などにも気軽に持っていけるおすすめアイテムです。今回は、目利きライターの納富廉邦さんへの取材をもとに、単眼鏡の選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介します。


【双眼鏡】おすすめ商品5選&選び方!|IT・テックライターが厳選

【双眼鏡】おすすめ商品5選&選び方!|IT・テックライターが厳選

バードウォッチングやライブ会場など、遠くのものをよく見る場面で双眼鏡は非常に役に立ちます。最近の双眼鏡はシーンに合わせた多彩な機能がついているのが特徴。しかし、それがかえって用途に最適な双眼鏡を選ぶことをむずかしくしているかもしれません。ガジェット関連に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、目的に合わせた双眼鏡がみつけられるよう、双眼鏡の選び方とおすすめ商品をご紹介します。


バードウォッチング向き【双眼鏡】おすすめ5選! IT・テックライター石井英男さんによる選び方

バードウォッチング向き【双眼鏡】おすすめ5選! IT・テックライター石井英男さんによる選び方

警戒心の強い野鳥を観察するバードウォッチング用に双眼鏡を購入するなら、できるだけ高性能な双眼鏡を用意したいものです。かといって、あまり大きすぎる双眼鏡では持ち運びしにくく、使っているときの疲労が大きくなってしまいます。バードウォッチング用の双眼鏡を選ぶときにはどういったポイントを重視するべきなのか、IT・テックライター石井英男さんへの取材をもとにご紹介します。


スポーツ観戦【双眼鏡】のおすすめ人気商品5選|IT・テックライターによる選び方

スポーツ観戦【双眼鏡】のおすすめ人気商品5選|IT・テックライターによる選び方

現地でのスポーツ観戦を楽しむのに便利な双眼鏡。双眼鏡があれば、席が遠くても選手や試合の動きをよく確認することができるので、よりいっそう楽しんで観戦できるでしょう。ですが、双眼鏡は倍率や口径、「見かけ視界」など耳慣れない用語が多いので、どれを選んでいいか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はIT・テックライターの石井英男さんに、おすすめの双眼鏡を選ぶポイントや注意点などを取材しました。おすすめのスポーツ観戦向け双眼鏡もあわせてご紹介いたします!


最新の記事


【動物病院の院長が教える】キャットタワーのおすすめ9選と選び方

【動物病院の院長が教える】キャットタワーのおすすめ9選と選び方

猫の生活を快適にサポートしてくれるキャットタワーは、さまざま種類が販売されており、選び方がよくわからない方もいるのではないでしょうか。この記事ではふくふく動物病院の院長である平松育子さんへ取材をし、失敗しないキャットタワー選びのポイントとおすすめのキャットタワーを教えて頂きました。ぜひ参考にしてみてください。


IH対応の土鍋|ライフアレンジニストに聞く選び方とおすすめ商品10選

IH対応の土鍋|ライフアレンジニストに聞く選び方とおすすめ商品10選

鍋料理はもちろん、炊飯など多様な用途に使える土鍋ですが、最近はIH対応の商品も増えています。材質も昔ながらの陶器製や、セラミック、アルミのものなどさまざまで、売り場にいってもどの商品を選べばいいのか迷う方も多いのでは。この記事では、そんなIH対応土鍋の選び方をライフアレンジニストとして活躍されている有賀照枝さんに取材して聞きました。おすすめの商品も教えてもらいましたので、実際に使ってみたいIH対応土鍋があれば購入も検討してみましょう。


【ペットドクターの視点で選ぶ】うさぎ用トイレおすすめ5選|サイズもいろいろ

【ペットドクターの視点で選ぶ】うさぎ用トイレおすすめ5選|サイズもいろいろ

うさぎ用トイレ……うさぎを飼うためには必須ともいえるアイテムながら、形や材質など、意外と注目すべきポイントが多くあります。三角形と四角形はどちらがよいのか、プラスチック、陶器、メラミンなど、容器の材質はどう違うのか、手入れしやすいスノコはどんなタイプかなど、購入するときに迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。口コミも大切ですが、まず参考になるのは、やはりプロフェッショナルである獣医師の声。この記事ではエキゾチックアニマル(犬や猫以外の飼育動物)専門のペットドクターである霍野晋吉さんに教えてもらったうさぎ用トイレの選び方や、おすすめの商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【亀水槽用フィルター】ペットドクターのおすすめ6選&選び方解説!

【亀水槽用フィルター】ペットドクターのおすすめ6選&選び方解説!

亀は熱帯魚よりも、排泄物や食べかすによって水を汚しやすいため、頻繁に水換えが必要です。そのため水換えをらくにするアイテム「亀水槽用フィルター」があると便利です。しかしフィルターの種類は多く、どう選べばいいかわからなくなってしまいますよね。この記事では、エキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉(つるのしんきち)先生への取材をもとに、フィルターごとの特徴や選ぶポイントとおすすめ商品をご紹介します。


30代メンズ【カーゴパンツ】おすすめ商品6選|ファッション誌編集者が選び方を解説

30代メンズ【カーゴパンツ】おすすめ商品6選|ファッション誌編集者が選び方を解説

貨物船の船員がはいていたワークパンツが起源のカーゴパンツ。丈夫な生地で作られていてポケットがたくさんついているのが特徴的なパンツです。昔はカジュアルファッションの代表のような存在でしたが、現在は定番アイテムに。どのブランドでも売られているアイテムな分、選び方が難しく感じますよね。そこで、ファッションアイテム選びのエキスパートである、ファッション誌編集者の和洲太郎さんに、カーゴパンツの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!