【AV評論家が選ぶ】AVアンプのおすすめ商品6選|選び方も徹底解説!

【AV評論家が選ぶ】AVアンプのおすすめ商品6選|選び方も徹底解説!

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

自宅で映画館さながらの迫力感あるサウンドを再現できる、AVアンプ。音を増幅させる働きを持つAVアンプは、ホームシアターを楽しむうえで不可欠なオーディオ機器であると同時に、ゲームや音楽鑑賞でも活躍してくれるアイテムです。いざAVアンプを買おうと思っても、どれを選ぶべきかわからない……という方も多いのではないでしょうか。そこで、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、専門用語の解説も交えながら、AVアンプの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。


AVアンプの選び方|AV評論家に聞く

AVアンプを選ぶ際に気をつけておきたいポイントを5つ、AV評論家である折原一也さんに教えていただきました。

AVアンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

チャンネル数で探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプのもっとも基本的なスペックは、搭載しているアンプのch(チャンネル)数です。映画やゲームのサラウンドを再現するホームシアターの最小構成は5.1chですが、上位モデルは7.1ch、9.1chのように、より多くのアンプを搭載しています。

立体音響技術に対応するホームシアターでは、最低でも7.1ch以上のAVアンプを選びましょう。日本の家庭では、スピーカー自体は最小の5.1chの構成で組むケースが多いのですが、アンプのch数に余裕があると、バイアンプやマルチルームといった方法で活用できます。

また、アンプのW(ワット)のスペックは、迫力あるサウンドを再生する性能の目安になりますよ。

ディーアンドエムホールディングス DENON『AVR-X4500H』

こちらは9.2ch対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

対応サラウンドフォーマットを確認

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

映画やゲームのサラウンド音声を楽しむAVアンプの最新トレンドは、劇場映画で採用例が増えている「Dolby Atmos」「DTS:X」といった立体音響技術。立体音響技術では、音の空間情報にオブジェクト方式を採用し、頭上から聴こえる音の情報も収録しています。

AVアンプを使った本格的なホームシアターでは、高さ方向を再現する天井スピーカーを含めた5.1.2chのようなスピーカー構成とすることで、劇場さながらの立体音響を再現。ほかにもいくつかの新方式が登場しています。

音楽リスニングのスタイルで探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、ホームシアターのためのものと思われがちですが、本来はAVレシーバーと呼ばれています。AVレシーバーは映画だけでなく、音楽リスニングも含めた家庭内のサウンドを一手に引き受けるためのものです。

アナログやデジタルの音声入力はすべての機種で搭載しており、最新のAVアンプはWi-FiやBluetoothのワイヤレスに対応する機種も増えています。

Wi-Fi対応であれば、自分が契約している定額音楽配信のサービスがきちんと使えるかどうかのチェックを忘れずに。Bluetoothを使用する場合、aptXやLDACといった高音質コーデックへの対応も確認しておきましょう。

HDMI端子の数や映像方式もチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、HDMI端子を使って、BDプレイヤーやゲーム機、FireTVなど、映像配信端末とさまざまな機器を繋げることが可能。必要に応じて切り替えるスイッチャーの役割を持っています。多数の機器を繋げて切り替えたい場合には、HDMI端子の数もチェックしておきましょう。

同時に、4KやHDRといった最新映像フォーマットをパススルーする機能の対応可否も確認することをおすすめします。4K 60p 4:4:4とHDCP 2.2、そしてHDR10、HLG、Dolby Visionに対応していれば最新です。

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

HDCP 2.3対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

サイズの確認も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、リビングの薄型TVと組み合わせたカジュアルシアターでも活用可能。そこで考えておきたいのは、AVアンプの本体サイズです。

AVアンプのほとんどはフルサイズと呼ばれる幅43cmのもので、高さも15cm以上のサイズがスタンダード。とはいえ、この寸法では一般的なTVラックのなかにうまくおさまらないこともあります。

そこで選びたいのが、薄型AVアンプと呼ばれる製品。こちらは、背の高さが10cm程度と低いため、TVラックのなかにも収まりやすくなります。また、クラシカルなAVアンプの見ためが気になる方も、薄型AVアンプを探してみるといいでしょう。

AVアンプ6選|AV評論家のおすすめ

前述してきたAVアンプの選び方をもとに、AV評論家である折原一也さんが選んだおすすめのAVアンプをご紹介していきます!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時)
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:4、出力:1
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

入門機種でも立体音響まで完備

AVアンプの人気ブランドのひとつがヤマハです。

支持される理由は、ホームシアターのサラウンド機能を充実させるのに積極的なこと。入門機種でも「Dolby Atmos」「DTS:X」をしっかりカバーしていますので、AVアンプをあまりよく知らない方にもおすすめです。

それだけでなく、ヤマハが独自に研究を続けている「シネマDSP 3D」の技術で、5.1chのスピーカーのみでも、9.1ch相当の高さのある立体音響空間を作り出します。

音楽再生についても、ハイレゾからWi-Fiまでそろうので、機能的にはこのクラスでまったく不満なしでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

marantz(マランツ)『NR1609』

出典:Amazon

サイズ
幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合)
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか
通信機能
Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:8、出力:1
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

薄型デザインが人気

AVアンプの世界に薄型デザインという発想を持ち込み、薄型テレビと組み合わせるリビングシアターの親和性を高めたモデルが「NR1609」です。

サラウンド機能としては、立体音響技術の「Dolby Atmos」「DTS:X」までカバーしたうえで、Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetoothの再生方法に対応。

マランツの提供している「HEOSテクノロジー」で、Wi-Fi再生やSpotify、Amazon Musicなども使えるなど、機能が充実しています。

省スペースだけでなく、音の質感を巧みにひき出すマランツのサウンドが魅力。音楽リスニング目的でAVアンプを探している方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『STR-DN1080』

出典:Amazon

サイズ
幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか
通信機能
Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay
HDMI端子
入力:6、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音響空間を極めたAVアンプ

本格派のホームシアターユーザーから高評価な、ソニーのミドルクラスAVアンプです。

「Dolby Atmos」「DTS:X」といった最新フォーマットをカバーするのはもちろんですが、ソニーは映画の音響の再現力が優秀。セットアップ時に実行される、自動音場補正機能「D.C.A.C.EX」の効果が的確で、部屋の環境に合わせた音響チューニングが可能です。

ソニーが独自に開発している「S-Force PROフロントサラウンド」も採用されており、2本のスピーカーだけでもバーチャルサラウンドを使える汎用性を備えています。ワイヤレスのBluetoothについてはLDACも対応しているので、Androidスマホのユーザーにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行約37.9×高さ約17.3cm
チャンネル数
7.2ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:X、D
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:7、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

「THX Certified Select」取得

劇場の認定でも用いられる、THXによる認証基準「THX Certified Select」を取得したAVアンプです。

「Dolby Atmos」「DTS:X」といった立体音響が再現できるフォーマットに対応しているだけでなく、映画の世界で認められる音質基準をクリアしたことは、映画ファンとして買いのポイント。

オンキヨーのサウンドは、映画ならではの迫力の演出に長けているので、とくに重低音を効かせた米国流シアター志向の方におすすめ。

「Dolby Atmos Height Virtualizer」(アップデート対応)により、2本のスピーカーでも映画の空間を再現でき、カジュアルな環境下でも使えるのが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行約37.0×高さ17.3cm
チャンネル数
9.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DSD ほか
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:7、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

「IMAX Enhanced」に対応

映画館の巨大スクリーンと迫力ある音響で人気のIMAXによる、「IMAX Enhanced」の専用モードにも対応したAVアンプです。

立体音響にも対応した9.1chの豪華な構成というだけでなく、パイオニア独自の自動音場補正「Advanced MCACC」を採用。映画をよく観る方、音質にこだわりたい方におすすめしたいAVアンプです。

さらに、コンテンツの低域の遅れを補正する「オートフェイズコントロールプラス」によって、とくにホームシアターの音空間の再現性と、音の見通しのよさが際立ちます。

こちらも「Dolby Atmos Height Virtualizer」(アップデート対応)の機能がついており、テレビ中心のシアターでも使えるモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DENON(デノン)『AVR-X4500H』

出典:Amazon

サイズ
幅43.4×奥行38.9×高さ16.7cm、幅43.4×奥行38.9×高さ23.6cm(アンテナを立てた場合)
チャンネル数
9.2ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DTS virtual:X、DSD、Auro-3D ほか
通信機能
Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:8、出力:3
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

9.2ch対応のハイパフォーマンスシアター

ホームシアターとして最高クラスである、9.2chのスピーカー構成に対応したAVアンプの上位モデルです。

最大の特徴は、「Dolby Atmos」「DTS:X」を5.2.4chのスピーカー構成で再現できるだけでなく、かなりマイナーな立体音響フォーマットである「Auro-3D」にも対応していること。

デノンのサウンドは、パワーと躍動感あるサウンドで、音楽リスニング用としても高音質。AVアンプの価格帯としては中級クラスですが、この水準だと家庭のホームシアターだけでなく、音楽リスニング目的でも充分な性能です。

映画に音楽にと使い倒せるAVアンプなので、幅広い用途で高性能を体感したい方におすすめしたいモデルですね。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』
marantz(マランツ)『NR1609』
SONY(ソニー)『STR-DN1080』
ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』
Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』
DENON(デノン)『AVR-X4500H』

商品

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 marantz(マランツ)『NR1609』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』 Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』 DENON(デノン)『AVR-X4500H』

特徴

入門機種でも立体音響まで完備 薄型デザインが人気 音響空間を極めたAVアンプ 「THX Certified Select」取得 「IMAX Enhanced」に対応 9.2ch対応のハイパフォーマンスシアター

価格

Amazon : ¥ 46,224
楽天市場 : ¥ 50,285
Yahoo!ショッピング : ¥ 46,224
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 97,200
楽天市場 : ¥ 75,521
Yahoo!ショッピング : ¥ 73,577
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 63,500
楽天市場 : ¥ 62,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 62,800
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 99,360
楽天市場 : ¥ 80,870
Yahoo!ショッピング : ¥ 80,870
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 129,600
楽天市場 : ¥ 112,860
Yahoo!ショッピング : ¥ 112,860
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 183,600
楽天市場 : ¥ 139,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 130,007
※各社通販サイトの 2019年6月5日時点 での税込価格

サイズ

幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時) 幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合) 幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm 幅43.5×奥行約37.9×高さ約17.3cm 幅43.5×奥行約37.0×高さ17.3cm 幅43.4×奥行38.9×高さ16.7cm、幅43.4×奥行38.9×高さ23.6cm(アンテナを立てた場合)

チャンネル数

7.1ch 7.1ch 7.1ch 7.2ch 9.1ch 9.2ch

対応フォーマット

Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:X、D Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DSD ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS virtual:X、DSD、Auro-3D ほか

通信機能

Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2

HDMI端子

入力:4、出力:1 入力:8、出力:1 入力:6、出力:2 入力:7、出力:2 入力:7、出力:2 入力:8、出力:3

映像方式

4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

商品情報

ECサイトのAVアンプランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのAVアンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:AVアンプランキング
楽天市場:AVアンプランキング
Yahoo!ショッピング:AVアンプランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

AV評論家から最後にアドバイス

アンプ

Photo by Tom Jablonski on Unsplash

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

映画だけでなく音楽にも

AVアンプは、専用室でホームシアターとして使うイメージが強いですが、今どきのコンセプトは、家中の映像機器・オーディオ機器もまとめて高音質に鳴らせるというもの。BDプレイヤーやゲーム機といった映像機器だけでなく、CDプレイヤーなどのオーディオ機器も接続できたりと、接続方法も豊富。

Wi-FiやBluetoothを利用して、スマホや定額音楽配信サービスから音楽を流すといった、今どきの音楽リスニングスタイルにも対応しています。購入の際には、ホームシアターのサラウンド用途だけでなく、音楽リスニング用途も兼ねて、マルチに使い倒すことを考えてみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/17 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

この記事では、家電ライターの渡辺まりかさんに拡声器の選び方や商品選びのコツを伺いました。また、おすすめ商品も紹介していただきました。発した声を大きな声に拡大する拡声器ですが、家電量販店ではあまり取り扱いがなく、スポーツ用品店などで時々売っている商品しか購入できないというジレンマがありました。しかし、実は見かけないだけでメーカーではいろいろと生産しているんです! ぜひプロの意見を参考にして、用途に合った拡声器をみつけてみてください。


ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶランニング用音楽プレーヤー6選をご紹介します。ランニング時の音楽再生は、ペース管理やモチベーションアップの観点で一般的になっています。でも、音楽プレイヤーといっても各社いろいろなモデルを販売しているため決めにくいですよね。そこで、自身でもマラソンや社会人のランニングの大会に出場するガジェットライターの東雲八雲さんに、おすすめの音楽プレイヤーや選び方についてうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothは代表的な無線の規格ですが、Bluetoothに対応していればどんな機器でもBluetoothヘッドホンなどと接続できるわけではありません。たとえば、Bluetoothオーディオに対応していないテレビやゲーム機などはBluetooth機能を内蔵していてもBluetoothヘッドホンと接続できるわけではないのです。しかし、そうした機器でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うことでBluetoothヘッドホンと接続できるようになります。本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときに見ておきたいポイントを解説し、おすすめ商品を紹介します。


【アンテナ分波器】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターが解説

【アンテナ分波器】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターが解説

マンションなどでBS/CSや地上波のアンテナからの信号を分ける「アンテナ分波器」。必要だけどどの製品がいいのかよくわからないという人に、アンテナ分波器の選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。また、アンテナ分波器のおすすめ製品5選も合わせて紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

ゲーミングイヤホンは、家族が寝静まった深夜や、敵の足音や銃声などが重要なFPSゲームに欠かせないアイテムです。また、ヘッドホンでありがちな、耳蒸れや側圧で頭が痛くなることがないのも嬉しいポイント。本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、ゲーミングイヤホンを選ぶうえでの選び方のポイント、おすすめの商品を紹介してもらいました。はじめてゲーミングイヤホンを買う方や、よりよいモデルを知りたい方はぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。