爬虫類用カルシウムおすすめ5選|パウダー・液体タイプなど厳選

ビバリア レップカル カルシウム ビタミンD3入 粗目 ペット用 156g
出典:Amazon

ペットとして飼われることが多くなった爬虫類ですが、市販のエサを与えるだけではどうしても栄養にかたよりがでてしまいます。とくにカルシウムは、室内飼育の爬虫類には不足しがちな栄養素のひとつ。不足すると「くる病」を引き起こしやすくなるため、カルシウムを補えるサプリメントを使って積極的に与えたいですね。本記事では、エキゾチックアニマルの専門医・霍野晋吉さんにお話をうかがい、爬虫類用カルシウムの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


目次

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~
霍野 晋吉(つるの しんきち)

皆さんはじめまして、私はエキゾチックアニマル専門獣医師の霍野(つるの)と言います。 えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。 23年前に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。症例数は月に400件を越えているベテラン獣医師しています。他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆を行っています。 もっとエキゾチックアニマルの情報を知りたい方は、<a href="https://exoroom.jp/" target="_blank" rel="nofollow">【Dr.ツルのエキゾチックアニマル情報室】</a>をご覧になってください。専門獣医師によるサイトですので、他にはない病気の記事も多く、とても役にたつこと間違いないです。 ウサギの専門家による<a href="http://jcrabbit.org" target="_blank" rel="nofollow">【一般社団法人日本コンパニオンラビット協会】</a>の理事長としても、2020年10月から活動をします。こちらも、ウサギ好きな方は必見ですよ。ウサギの検定を受けてみませんか? エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。

爬虫類にカルシウムが大切な理由とは? エキゾチックアニマルの専門医が解説

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

室内飼育の爬虫類はカルシウムが不足しがちになり、さまざまな病気になります。最も有名なのが「くる病」と呼ばれる病気です。骨が曲がったり、うすくなったりして、骨折が起きやすくなります。

昆虫を食べるフトアゴヒゲトカゲやヒョウモントカゲモドキなどは、エサとなる昆虫にカルシウムがあまり多く含まれていないことから、「くる病」にかかりやすい傾向にあります。また、産卵期の爬虫類は、卵をつくるためにカルシウムが不足することがあります。そのため普段のエサにカルシウムのサプリメントを添加することで、栄養を補ってあげたいですね。

与えるカルシウムの種類を吟味することも大切ですが、昼行性の爬虫類であれば、日光浴をおこなうことも大切です。紫外線を浴びることで、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが生成されます。

リクガメやイグアナは成長が早いので、とくに幼体のうちは、カルシウムを十分に摂取して日光浴をすることが大切です。

爬虫類用カルシウムの選び方 エキゾチックアニマルの専門医に聞く

エキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんに、爬虫類用カルシウムの選び方について聞きました。爬虫類に与えるカルシウムの購入を迷っている方や、選ぶときのポイントが分からない方は、エキスパートの視点をチェックしてみてください。

泳ぐカメ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

大切なペットの健康のために、サプリメントを利用してバランスよく栄養を与えたいですね。

製品に含まれるカルシウムの種類にも注意しよう 炭酸カルシウム、クエン酸カルシウム、乳酸カルシウム

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

爬虫類用カルシウムのサプリメントは、炭酸カルシウム、クエン酸カルシウム、乳酸カルシウムの3種類に分けられていますが、一般的には、カキ殻の成分の炭酸カルシウムが使われています。

カルシウムの吸収率がもっとも高いのは乳酸カルシウムですが、高価なためペット用にはあまり使用されていません。

価格と含まれている栄養素との兼ね合いをみて、商品を選ぶといいでしょう。

飼育中の生体が好む形状のサプリメントを与えよう 「ダスティング」とは?

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

カルシウムのサプリメントには、粉状のパウダータイプと液体のリキッドタイプがあります。爬虫類のエサに、カルシウムのサプリメントを添加する方法が一般的です。

市販されている爬虫類用カルシウムで多いのは、パウダータイプです。エサとして与える野菜、コオロギやミルワーム、マウスなどにまぶして与える「ダスティング」という方法がメインです。

一方、リキッドタイプだと、エサにかける以外に飲み水に入れて与えることもできますので、飼っている爬虫類の好みでタイプを選んであげてください。

色やにおいが気になりにくいものを選ぼう 人参や桑の葉などが配合されたものを! 色も重要

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

飼っている爬虫類によっては、カルシウム剤をまぶしたことでエサを食べなくなることもあります。その場合、カルシウム剤の見た目もしくはにおいが原因になっている可能性があります。

爬虫類は色の識別にたけており、カルシウム剤の色を警戒してエサを食べなくなることがあります。まて、一般的なカルシウム剤には独特の鉱物臭さがあり、そのにおいをきらって食べないことも考えられます。

そんなときは、通常の白いものではなく、人参や桑の葉などが配合され、赤や緑などの色がついたカルシウム剤を選んで与えてみてください。多くは嗜好性(しこうせい)が上がり、においも好みであれば、食べ渋りが減るかもしれません。

一般的なカルシウム剤のような白さがなく、桑の葉の香りでカルシウム剤特有の鉱物臭が気にならないため、見た目やにおいに敏感な爬虫類にはぴったりの商品です。

ビタミンD入りカルシウムは与える量に注意 夜行性の爬虫類はビタミンD少なめでOK

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

カルシウムの吸収を助ける栄養素にビタミンDがあります。そのため、ビタミンDが配合されたカルシウム剤が理想的と思われがちですが、ビタミンDを過剰に摂取すると、爬虫類の体にとってよくありません。体の各組織にカルシウムの沈着を起こしたり、腎臓にダメージを与えたりすることがあります。

過剰症を避けるためにも、ビタミンD入りのカルシウム剤を与える際は、与える量に注意が必要です。

また、日光を必要としない夜行性の爬虫類の場合、ビタミンDはさほど必要ないため、ビタミンD抜きのカルシウム剤を選ぶとよいでしょう。

リンとカルシウムの摂取量のバランスに気をつけよう リンが少ないものを

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

リンはカルシウムと同様に、骨を作るための重要な栄養素。カルシウムを体内に吸収するためには、リンとのバランスが大切です。爬虫類の多くのエサにおいては、リンは不足していません。

そのため、爬虫類用のカルシウム剤はリンが少ない、もしくは配合されていないものが理想。エサとカルシウム剤をあわせて与えたときに、結果的にリンが多くなると、カルシウムの吸収が阻害されてしまいますので注意しましょう。

おすすめの爬虫類用カルシウム5選 ビタミンD・リン配合の有無もチェック!

上で紹介した爬虫類用カルシウムの選び方のポイントをふまえて、エキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。製品それぞれの特徴とともに、使い方のコツも解説していただきました。大切なペットの健康のために、ぜひエキスパートが厳選した商品を活かしてみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(粗目)(RO-101)』

ビバリア『レップカルカルシウムビタミンD3入(粗目)(RO-101)』

出典:Amazon

タイプ パウダー
内容量 156g
ビタミンD配合
リン配合 ×

Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

エサにカルシウム臭がつきにくい粗めのパウダー

ビタミンD配合のカルシウム剤のパウダー。カルシウムの粒が大きくて粗いのが特徴です。

こまかい微粒のカルシウム剤をエサに振りかけると、表面が白くなりにおいもつきます。そうなると、なかなか爬虫類がエサを食べてくれない可能性があります。その点、この粗粒はエサの表面に点々とくっつくだけなので、色が気になりにくくあまりにおいがつきません。

野菜のほか、昆虫やマウスにまぶす際は、カルシウム剤がしっかりと表面につくように、濡らしてからまぶすといいでしょう。カルシウム剤の白色を避ける爬虫類を飼っている方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(微粒)(RO-201)』

ビバリア『レップカルカルシウムビタミンD3入(微粒)(RO-201)』

出典:Amazon

タイプ パウダー
内容量 93.5g
ビタミンD配合
リン配合 ×

Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

昆虫食、肉食の爬虫類向けのカルシウムパウダー

ビタミンD配合のカルシウム剤のパウダー。リンを含まないカキ殻由来の炭酸カルシウムを使用しています。人工添加物を使用していないため、安心して使えます。

既にご紹介した粗目タイプのものと比べると、色もにおいもつきやすいですが、微粒なぶん昆虫やピンクマウスなどのエサにまぶしやすくなっています。昆虫食・肉食の爬虫類を飼っている方向きの商品です。

ビタミンDが入っていないカルシウム剤も販売されておりますので、使い分けてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジェックス『エキゾテラ カルシウムチャージ』

ジェックス『エキゾテラカルシウムチャージ』

出典:Amazon

タイプ リキッド
内容量 120ml
ビタミンD配合 ×
リン配合 ×

Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

吸収率の高い乳酸カルシウム配合の液体サプリメント

液体タイプのカルシウムで、塩化カルシウムと吸収率の高い乳酸カルシウムが原料。骨の代謝を助けるマグネシウムも配合されている商品です。

カルシウムの吸収をじゃましてしまうリンは、こちらの商品には入っていません。ボトルタイプのパッケージなので、片手で扱いやすい点も魅力。飲み水に混ぜたり、エサに振りかけたりして使用できます。

パウダータイプのカルシウム剤を食べてくれない爬虫類に困っている方は、この商品を使ってみましょう。液体タイプで吸収率の高い乳酸カルシウムが含まれているので、「くる病」になってしまいエサを食べない爬虫類には、まずはこちらをなめさせてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

月夜野ファーム『マルベリーCa(k311)』

月夜野ファーム『マルベリーCa(k311)』

出典:Amazon

タイプ パウダー
内容量 250g、120g、詰替用:200g
ビタミンD配合 -
リン配合 -

Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

3種のカルシウムを配合した桑の葉風味のサプリ

パウダータイプのカルシウム剤。炭酸カルシウムだけでは吸収率が悪いということで、なんと3種類のカルシウムを配合し、吸収率アップを実現しています。

マルベリーの葉の香りで、カルシウムの鉱物臭が打ち消されている点が魅力的。マルベリーとは、すなわち桑のことで、封を開けるとお茶のような香りがします。とくにリクガメは桑の葉が大好きなので、ふりかけられたエサをバクバクと食べてくれることでしょう。

ビタミン、クロレラ、食物繊維まで配合され、栄養のことをしっかりと考えて作られています。内容量は120gと250gの2つがあり、詰め替え用もあるのでお求めやすい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

チャーム『カルシウムパウダー キャロットプラス』

チャーム『カルシウムパウダーキャロットプラス』 チャーム『カルシウムパウダーキャロットプラス』 チャーム『カルシウムパウダーキャロットプラス』

出典:Amazon

タイプ パウダー
内容量 45g
ビタミンD配合 ×
リン配合 ×

Thumb lg 08dfd587 b965 403c a837 1fb322f97f8c

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

6種の野菜パウダーラインナップで嗜好性をアップ

パウダー状のカルシウム剤で、特有のカルシウムの鉱物臭を減らすためにニンジン粉末を配合。そのためエサにふりかけても、多くの爬虫類は問題なく口にしてくれます。

ニンジンは、カロチンをはじめとするビタミンが豊富。過剰摂取に注意したいリンやビタミンDは含んでいませんので、安心して使えます。

キャロットプラスのほかにも、パンプキンプラスやほうれん草プラスなど、6種類のシリーズがありますので、白いカルシウム剤が嫌いな爬虫類を飼っている方にぜひ使ってみてほしい商品です。

「爬虫類用カルシウム」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(粗目)(RO-101)』
ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(微粒)(RO-201)』
ジェックス『エキゾテラ カルシウムチャージ』
月夜野ファーム『マルベリーCa(k311)』
チャーム『カルシウムパウダー キャロットプラス』
商品名 ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(粗目)(RO-101)』 ビバリア『レップカル カルシウム ビタミンD3入(微粒)(RO-201)』 ジェックス『エキゾテラ カルシウムチャージ』 月夜野ファーム『マルベリーCa(k311)』 チャーム『カルシウムパウダー キャロットプラス』
商品情報
特徴 エサにカルシウム臭がつきにくい粗めのパウダー 昆虫食、肉食の爬虫類向けのカルシウムパウダー 吸収率の高い乳酸カルシウム配合の液体サプリメント 3種のカルシウムを配合した桑の葉風味のサプリ 6種の野菜パウダーラインナップで嗜好性をアップ
タイプ パウダー パウダー リキッド パウダー パウダー
内容量 156g 93.5g 120ml 250g、120g、詰替用:200g 45g
ビタミンD配合 × - ×
リン配合 × × × - ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月25日時点 での税込価格

爬虫類用カルシウムに関するそのほかのおすすめ 【関連記事】

ペットにあわせて選んであげよう エキゾチックアニマルの専門医からのアドバイス

エキゾチックアニマルの専門医~犬猫以外のペットドクター~

爬虫類は、エサや紫外線不足が原因でカルシウム不足になり、「くる病」にかかりやすい生物です。

しかし、与えるカルシウムのサプリメントを色やにおいなどのせいで口にしなかったら、せっかくの栄養素を取りこませることができません。

カルシウム剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、よく中身を吟味して、飼っている爬虫類の口にあうカルシウムを探してあげてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島 祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/25 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


爬虫類用の砂おすすめ9選|【カメ・トカゲ・両生類】消臭効果がある床砂も

爬虫類用の砂おすすめ9選|【カメ・トカゲ・両生類】消臭効果がある床砂も

爬虫類の砂とは床砂のことです。爬虫類のケージに床砂を敷くと、生体の足が滑るのを防いだり、穴を掘るような生体の野生行動をうながしたりする効果もあるうえに、ケージの見た目もよくなります。ここでは、エキゾチックアニマルの専門医・霍野晋吉さんと編集部が厳選した爬虫類用砂の選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


爬虫類用ライトおすすめ12選|日光浴に! 紫外線・バスキング・兼用も

爬虫類用ライトおすすめ12選|日光浴に! 紫外線・バスキング・兼用も

イグアナやカメレオンといった爬虫類などの飼育の際、爬虫類の健康を保つために日光浴が欠かせないことをご存知でしょうか? 昼行性の爬虫類の屋内飼育では、日光浴の代わりに赤外線を多く含んだバスキングライト、紫外線を含んだライトが必要になります。そこで、爬虫類ほかエキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんと編集部が厳選した爬虫類用ライトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ザリガニの餌おすすめ13選|カルシウム、動・植物性原料配合の商品も

ザリガニの餌おすすめ13選|カルシウム、動・植物性原料配合の商品も

ザリガニの餌選びには、ザリガニの成長、カルシウムなどの成分、排泄物のニオイ、ザリガニの色など、意外と注意するポイントは多いんです。本記事では、ザリガニの餌のおすすめと選び方のポイントをご紹介。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


亀用紫外線ライトおすすめ10選|【電球・蛍光管タイプ】亀の日光浴に

亀用紫外線ライトおすすめ10選|【電球・蛍光管タイプ】亀の日光浴に

亀の飼育には、光と保温のためのバスキングライト以外に、骨や甲羅の形成のための紫外線ライトが必要です。紫外線はUV(Ultra Violet)と略記されますが、波長によって亀に与える効果が異なり、場合によっては亀の骨や甲羅がやわらかくなり病気になってしまいます。その予防や治療として、紫外線ライトが必要です。この記事では、エキゾチックアニマルの専門医である霍野晋吉さんと編集部が厳選した亀の飼育に適した紫外線ライトのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


亀水槽用フィルターおすすめ8選|水槽をきれいに、臭いもなくなる!

亀水槽用フィルターおすすめ8選|水槽をきれいに、臭いもなくなる!

ゆっくりながら一生懸命生きている姿がとてもかわいく励まされる亀。亀は熱帯魚よりも、排泄物や食べかすによって水を汚しやすいため、頻繁に水換えが必要です。そのため水換えをらくにするアイテム「亀水槽用フィルター」があると便利。しかしフィルターの種類は多く、どう選べばいいかわからなくなってしまいますよね。この記事では、フィルターごとの特徴や選ぶポイントとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。