ロードバイク用ペダルおすすめ5選|着脱がかんたんなものや軽量な商品も!

ロードバイク用ペダルおすすめ5選|着脱がかんたんなものや軽量な商品も!
自転車ライター
浅野 真則

自転車専門誌やウェブサイトなどで活動する自転車専門のライター。 ロードバイクやサイクルパーツ、サイクルアパレル、自転車用デジタルデバイスなどのインプレッション記事、トレーニング系の記事、ロングライドの実走レポートなどを得意とする。 執筆活動の傍ら、Jエリートツアーの選手としてロードレースやタイムトライアル、ヒルクライムなど幅広いレースに参戦。 自転車版の耐久レース・エンデューロも好きでよく出場している。

ロードバイクの乗り心地を左右する要素のひとつが、どんなロードバイク用のペダルを使うかということ。これからロードバイクを始める人も、もうロードバイクに乗っているという人もペダル選びのポイントは知っておきたいものです。そこで、ロードバイクに精通し自転車ライターとしても活躍されている浅野真則さんにロードバイク用ペダル選びのポイントをうかがいました。


ロードバイク用ペダルの選び方

自転車ライターの浅野真則さんに、ロードバイク用ペダルを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。参考になるポイントばかりですので、商品選びにぜひ活用してくださいね。

ロードバイク
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自分に合ったペダルを選ぶのもロードバイクに乗るなら必須のポイント。

効率よくペダリングできるビンディングがおすすめ

自転車ライター

ロードバイクのペダルは、大きくビンディングペダルとフラットペダルに分かれます。ビンディングペダルは、サイクリングシューズにクリートという部品をつけて、シューズとペダルを固定するタイプ。踏むときだけでなく、ペダルを引き上げるときにも力が伝わり、速く楽に走ることができます

一方、フラットペダルは普通の自転車と同じようにスニーカーで乗ることのできる気軽さが魅力。ただし、ペダルを踏むときしかバイクの推進力が生まれないので、長時間走ると疲労がたまりやすくなります。

まずは、早い段階でビンディングペダルに慣れることをおすすめします。

ビンディングペダルにはふたつのタイプがある

自転車ライター

ひと口にビンディングペダルといっても、大きく分けてふたつのタイプがあります。

ひとつはロードバイク向けのロードペダルで、シマノのSPD-SLペダルがその代表格です。もうひとつはMTBやロードのツーリング向けモデルに採用されるもので、シマノのSPDペダルがその代表格。これらはシューズとペダルを固定するクリートという部品が違うため、互換性がありません。

また、それぞれ得意とするシーンがあるので、目的に合ったペダルを選びましょう

快適性重視か歩きやすさ重視か

自転車ライター

シマノのSPD-SLに代表されるロードペダルは、踏み面の大きなペダルと大型のクリートが特徴。ペダルとシューズの接触面積が大きく、ペダルにしっかりと足の力を伝えることを重視した設計になっています。レースやロングライドなど、速く走ることや長時間走ることを想定するなら第1候補です

ただ、シューズのつま先側の底に大型のクリートが装着されるため、歩きにくさを感じるかもしれません。とくにぬれたタイルやコンクリートの上を歩く際は、滑りやすいため、転倒に注意が必要。また、ぬかるんだ土の上を歩くと泥がつまり、クリートがはまりにくくなることもあるので気をつけましょう。

ロードツーリングペダルはロードタイプに比べてクリートが小さく、ロードツーリングシューズやシティライド向けのSPD対応シューズを使うと、アウトソール(靴底)のくぼみにクリートが隠れるため歩きやすいことが特徴。ビンディングペダルの特徴であるペダリング効率の高さと歩きやすさを両立できるのが魅力で、サイクリングの途中で町歩きも楽しみたいという人におすすめです。

クリートはブランドによって異なる

自転車ライター

シューズとペダルを固定する部品のクリートは、メーカーによって異なり、基本的に互換性はありません。また、同じブランドでもペダルのモデルによっては互換性がない場合もあります。

タイプが異なる数種類のクリートが用意されているケースもあり、クリートをペダルにはめたあとにシューズの左右方向の遊びがあるか、完全に固定されるかなどもロードバイクを楽しめるかどうかの決め手となります。

初心者や膝に故障を抱えている人は、固定後にも若干の遊びがあるフローティングタイプのクリートを選ぶのがおすすめです。また、ペダリング時のダイレクト感を求める人は、フローティングのない固定式クリートを選ぶといいでしょう。

ロードバイク用ペダルおすすめ5選

上で紹介したロードバイク用ペダルの選び方のポイントをふまえて、自転車ライターの浅野真則さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。商品を一つひとつ見比べていけば、きっと使ってみたいと思える商品に出会えるはず!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SHIMANO(シマノ)『PD-R7000』

シマノ(SHIMANO)PD-R7000EPDR7000 シマノ(SHIMANO)PD-R7000EPDR7000 シマノ(SHIMANO)PD-R7000EPDR7000

出典:Amazon

素材 カーボンで補強された樹脂
軽量性 4アーム構造

Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5

自転車ライター

シマノの定番ロードペダル

シマノのロードレーシングコンポーネントのベーシックグレード・105シリーズのロードペダル。

形状は最上位モデルのデュラエースのものを受け継ぎながら、ペダルボディをカーボンで補強された樹脂製とすることで、上位モデルゆずりの機能と求めやすい価格を両立しているのが魅力です。

重量も先代モデルより軽くなっているのがポイント。トレーニングやロングライド、レースまで、幅広いシーンで安心して使えます。こちらの商品を買っておけばまず間違いないという定番です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SHIMANO(シマノ)『ULTEGRA PD-ES600』

シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600 シマノ(SHIMANO)SPDロードツーリングペダルPD-ES600SMSH51クリート付属EPDES600

出典:Amazon

素材 -
軽量性 片面SPDペダル

Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5

自転車ライター

ロードバイクにマッチするSPDペダル

SPDペダルというとMTBのイメージが強いですが、このモデルは一般的なSPDペダルとは違ってビンディング機構が片面にしかなく、279gというロードペダル並みの軽さとロードバイクに合うスマートなルックスを実現しています。

ロードツーリングシューズと組み合わせることで、全身のコーディネートもロードバイクにマッチさせることが可能なのが魅力。旅先での歩きやすさとビンディングペダルならではのペダリングのしやすさも両立できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

look(ルック) 『KEOブレード』

look(ルック)KEOBLADEBLK8_12ビンディングペダル

出典:Amazon

素材 コンポジット素材
軽量性 -

Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5

自転車ライター

カーボンの板バネを生かした独自のビンディング機構

ビンディング固定用のバネに、ルックが特許をもつカーボンブレードという板バネを採用していることからその名前がついたKEOブレードシリーズ。

このモデルはペダルボディにコンポジット素材を採用したケオブレードのベーシックモデルで、上位モデル同様の機能を求めやすい価格で実現しているのが特徴です。カーボンブレードを変更することで、シューズをペダルから外すときに必要な力の大きさを変更することができます。

ガッチリとした固定感を求める人や、クリートをすぐ外せた方が安心な人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TIME(タイム) Xpresso 15』

TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004 TIME(タイム)自転車ロードバイク軽量フロートビンディングビンディングペダルXPRESSOエクスプレッソ15セラミックスピードベアリング71g(片側)T2GR004

出典:Amazon

素材 カーボン/アルミニウム
軽量性 カーボンボディとチタンシャフト

Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5

自転車ライター

圧倒的な軽さと回転性能を実現したハイエンドモデル

タイムは、自転車のビンディングペダルのクリート装着時に適度に遊びをもたせるフローティング機構を採用したブランドです。

タイムのフローティング機構は、ペダリング中に足が常にペダルのセンターに戻るように機能するセルフセンタリング機能を搭載し、関節に優しく、適切なペダリングもできるのが特徴。とくに膝に不安を抱えるサイクリストにおすすめします。

このモデルは、タイムのロードペダルXpressoシリーズの最高峰モデルになっています。カーボンボディとチタンシャフトによる圧倒的な軽さに加え、回転部にセラミックスピード社のセラミックベアリングを搭載し、圧倒的な回転性能を実現しています。ここ一番のレースで使いたいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SPEEDPLAY)(スピードプレイ)『ウルトラライトアクション』

スピードプレイ(SPEEDPLAY)ウルトラライトアクションブラックウォーカブルクリートセットクロモリシャフト

出典:Amazon

素材 クロモリ(クロムモリブデン鋼)
軽量性 -

Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5

自転車ライター

カラフルで軽量、着脱も簡単なビンディングペダル

カラフルで個性的なデザインのスピードプレイのペダルです。

特徴は、軽い力で着脱できること。ビンディング固定時に足の左右方向の角度が固定されないため膝に優しく、それでいてしっかり固定されるため、ビンディングペダル初心者にもレースでハードに走るようなアスリートにもおすすめです。

クリートはこのモデル専用に開発され、裏面が凹凸加工を施したラバーになっていてグリップ力が高く、歩きやすくなっているのも魅力。また、クリート中央部の穴を塞ぐ専用のふたも付属し、土の上などを歩くときに異物が侵入してクリートやペダルを痛めるのを防いでくれるので安心です。

「ロードバイク用ペダル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SHIMANO(シマノ)『PD-R7000』
SHIMANO(シマノ)『ULTEGRA PD-ES600』
look(ルック) 『KEOブレード』
TIME(タイム) Xpresso 15』
SPEEDPLAY)(スピードプレイ)『ウルトラライトアクション』
商品名 SHIMANO(シマノ)『PD-R7000』 SHIMANO(シマノ)『ULTEGRA PD-ES600』 look(ルック) 『KEOブレード』 TIME(タイム) Xpresso 15』 SPEEDPLAY)(スピードプレイ)『ウルトラライトアクション』
商品情報
特徴 シマノの定番ロードペダル ロードバイクにマッチするSPDペダル カーボンの板バネを生かした独自のビンディング機構 圧倒的な軽さと回転性能を実現したハイエンドモデル カラフルで軽量、着脱も簡単なビンディングペダル
素材 カーボンで補強された樹脂 - コンポジット素材 カーボン/アルミニウム クロモリ(クロムモリブデン鋼)
軽量性 4アーム構造 片面SPDペダル - カーボンボディとチタンシャフト -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ロードバイク用ペダルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロードバイク用ペダルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ロードバイク用ペダルランキング
楽天市場:ロードバイク用ペダルランキング
Yahoo!ショッピング:ロードバイク用ペダルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ライドスタイルと着脱時の好みで選ぼう 自転車ライターからのアドバイス

自転車ライター

ロードバイクは、速く走ることを追求したバイクなので、そのよさを最大限に生かすならビンディングペダルがおすすめです。

さらに走りを重視するなら、ペダルにもっとも脚力を伝えやすいロードペダルが最適。ツーリングやロングライドなどで、旅先で自転車を止めておいて町歩きを楽しむ場合はロードツーリングシューズとSPDペダルを選ぶのもいいでしょう。

また、ロードペダルはメーカーによってクリートの着脱時の感覚や装着時のフローティングの動き方などが違います。ショップにはビンディングペダルを体験できる什器(じゅうき)を備えつけているところもあるので、気になる方は購入前に試してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/21 タイトル修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/08/25  コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

自転車が趣味という方も多いですね。さまざまなサイクリングコースの走行を楽しんだり、体力アップのためにトレーニングに励んだりと、自転車ライフを楽しむために装備しておきたいのがサイクルコンピューター(サイコン)。しかし、機能や計測内容、通信方法など、いろいろな種類があり、どれを選んだらよいのか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで、自転車ライターで現役ロードレーサーの浅野真則さんへの取材をもとに、おすすめのサイクルコンピューターと選び方のポイントをご紹介いたします。


ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

自転車のペダルを踏みこんだときの力をW(ワット)数で測定してくれる、ロードバイク用パワーメーター。クランクまわりやペダルに装着することで、走っているときの状態を客観的に知ることができ、トレーニングに生かすことができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用パワーメーターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイクで走ると、体の水分はどんどん失われていきます。適度な水分補給をして、体に無理のない範囲で楽しみたいですね。自分にあった機能的なロードバイク専用のボトルを使用すると、余分な力を使わずにスムーズに水分補給をすることができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用ボトルの選び方とおすすめ商品を紹介します。


ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。軽量化されているロードバイクには荷物を入れるカゴがついていないことが多いです。リュックなどを背負って乗ると、動きのじゃまになったり背中が蒸れたりして快適に乗れません。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。この記事では、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんがロードバイク用のサドルバッグの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用工具の選び方とおすすめ商品を紹介します。サイクリングを楽しんでいる最中、万が一トラブルに見舞われてしまったときのためにロードバイク用の工具を用意しておくと安心です。いくつかの工具をセットにした携帯工具があれば、その場で応急処置をほどすことができます。安心してロードバイクを楽しむためにも、いざというときにそなえて携帯用の工具を準備しておきたいですね。商品を選ぶ際に注目したいポイントも解説していただいたので、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


SHIMANO(シマノ)

新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


スポーツ・自転車の人気記事


>>もっと見る