PR(アフィリエイト)

弱酸性食器用洗剤のおすすめ7選|節約お掃除ブロガーが厳選【海外商品も紹介】

Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤 300mL』
出典:Amazon
Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤 300mL』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年05月28日に公開された記事です。

台所での洗い物による手荒れに悩んでいる方は少なくありません。そんな方は洗剤を弱酸性のものに変えてみると、手が乾燥しにくくなり洗い物がらくになるかもしれませんね。

最近は、環境に気を使って弱酸性の洗剤を選ぶ方もいるようです。手肌にも環境にもやさしい弱酸性の食器用洗剤を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事では、節約お掃除ブロガーのよしママさんへの取材をもとに、弱酸性の食器用洗剤の選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの食器用洗剤の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

節約お掃除ブロガー
よしママ
元小学校家庭科教諭のよしママです。 子どものハウスダストアレルギーをきっかけに掃除にはまりました。根っからのケチで追求しだすととまらない性格を生かして^^掃除、洗濯、節約ネタをブログで発信しています。よろしくお願いします。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品、住まい・DIY
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」「住まい・DIY」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

弱酸性食器用洗剤の選び方 配合成分や容器、香りの有無をチェック!

弱酸性の食器用洗剤
弱酸性の食器用洗剤
ペイレスイメージズのロゴ

できるだけ手肌にやさしい洗剤を使いたいですね。

節約お掃除ブロガーのよしママさんへの取材をもとに、弱酸性の食器用洗剤を選ぶときのポイントを紹介します。手肌にやさしい食器用洗剤選びの参考にしてみてくださいね。

手肌へのやさしさで選ぶ

食器洗いで手荒れやアカギレに悩んでいませんか? 手が荒れやすい方は、水回りの家事が負担になりますよね。弱酸性かどうかという点だけではなく、手肌へのやさしさにこだわった成分が配合されているかもチェックしましょう。

保湿成分配合・ノンアルコール処方だと安心

 

刺激が少ない「ノンアルコール処方」で手肌にやさしい洗剤です。

節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

弱酸性であることに加えて、保湿成分が配合されていたり、ノンアルコール処方だったりと、手肌にやさしいことを追求した食器用洗剤も販売されています。ボトルに「肌にやさしい」「マイルド」などと明記されていたら、「保湿成分をふくむ商品かな?」とチェックしてみると、洗剤を選びやすくなるでしょう。

食器用洗剤は毎日使うものなので、肌への負担が少しでも少ない製品がいいですね。

界面活性剤の少ないものを選ぼう

 

食器用洗剤を購入するときは裏面の成分表示をしっかりとチェックしましょう。

食器用洗剤に含まれている「界面活性剤」は、本来は混じり合わない水と油を混ぜ合わせる働きをします。そのため、食器洗いには欠かせない成分でもありますが、食器を洗う手肌の皮脂も分解し洗い流してしまうのです。

食器用洗剤を使用していて、手荒れが気になる方は界面活性剤の割合が少ないものを選んでみるとよいでしょう。

天然洗浄成分配合の洗剤も選択肢

 

ほのかな香りは植物由来のもの。合成香料や染料、石油系成分は一切使用していない環境に配慮した食器用洗剤です。

食器用洗剤には天然洗浄成分が配合されている商品があります。天然洗浄成分は洗い流した排水を生分解で水と二酸化炭素にわけ、環境へ負荷のかからない状態にして自然にかえします。海や川はもちろん、そこに住む生きものにもダメージを与えません。

毎日使うものだからこそ、環境に配慮した商品を選びたい方は天然洗浄成分が配合されている食器用洗剤を選びましょう。

容器の大きさや持ちやすさで選ぶ

節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

容器をつめかえる場合は粘度にあっているか注意

毎日使う食器用洗剤選びは、容器の大きさや持ちやすさも重要なポイントです。400ml前後のものだと少しサイズが大きすぎて、シンクに置いてもすべってしまうことがあります。シンクの置き場に合う小さいサイズのものを選ぶか、持ちやすい容器につめかえるといいでしょう。

また、弱アルカリ性や中性の洗剤に比べて弱酸性の洗剤は少し粘度が高いものが多いため、つめかえることで液が出にくくなる可能性があります。そのため、まずはつめかえずに使ってみることが重要です。

香りの有無で選ぶ

 

香りにもこだわって選べば、毎日の食器洗いも楽しくなります。

毎日使う洗剤がお気に入りの香りだと、家事が楽しくなりますね。香りを楽しみたい方は、天然成分配合タイプのものをおすすめします。においがきつくなく、さわやかな香りに気持ちがやすらぎます。

また、手荒れの原因のひとつに香料によるかぶれがあります。食器洗いで皮脂バリアのバランスがくずれている状態に香料の刺激はとても強く、かぶれたりかゆみを感じたりする人も多いものです。これが毎日くり返されると刺激に弱い状態となり、香料以外の刺激にも敏感に反応するようになってしまいます。

手袋を着用して洗う方法もありますが、手荒れが気になる人や、香りが苦手な方が食器用洗剤を選ぶときは、できるだけ刺激の少ない「無香料」タイプを選びましょう。

節約お掃除ブロガーのアドバイス 困ったらバランスのいい商品を選びましょう!

節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

手肌と環境にやさしい洗剤を選ぶことも大切

弱酸性の台所用洗剤。洗剤によって使いごこちは違います。

界面活性剤の割合は汚れ落ちのひとつの目安になります。割合が高いと汚れはよく落ちますが、手荒れしやすいというデメリットも。なかには界面活性剤の割合が低くても汚れ落ちがいいものもあるので、界面活性剤の量と汚れ落ちのバランスをよくチェックしましょう。

植物由来のもので作られ、「環境にやさしい」「手肌にやさしい」と明記している洗剤は、弱アルカリ性や中性の洗剤にくらべて汚れ落ちは少し劣りますが、ドレッシングや油汚れは古布で拭いとってから洗うなどの工夫をすることでカバーできます。サイズや香りにもこだわりながら、手肌や環境にやさしい洗剤を選んでみてください。

弱酸性食器用洗剤のおすすめ7選 香り付きや無香料タイプも!

上で紹介した弱酸性食器用洗剤の選び方のポイントをふまえて、節約お掃除ブロガーのよしママさんと編集部が厳選した、おすすめの商品を紹介します。

香りや洗浄力の目安になる界面活性剤の配合割合もお伝えするので、自分に合った食器用洗剤選びの参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤 300mL』

Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤300mL』
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

おしゃれなボトルに入ったドイツ生まれの食器用洗剤

環境に配慮したドイツ生まれのやさしい洗剤です。環境にやさしい洗剤はサイズが大きめの場合が多いですが、この商品はコンパクトで持ちやすいフォルムが特徴。容器にはかわいいカエルがプリントされており、デザインも楽しめる商品です。

中性の合成洗剤ほどの洗浄力はありませんが、油汚れはしっかり落ちます。手肌にやさしいノンアルコールなので、冬場の手荒れを避けたい方に重宝します。アロエヴェラの香りから無臭タイプまで、さまざまな香りが選べるのもうれしいですね。

香り アロエヴェラ、ザクロ、無香料
界面活性剤の割合 9%
容量 300ml

香り アロエヴェラ、ザクロ、無香料
界面活性剤の割合 9%
容量 300ml

エキスパートのおすすめ

ミマスクリーンケア『緑の魔女 キッチン(食器用洗剤)』

ミマスクリーンケア『緑の魔女キッチン(食器用洗剤)』 ミマスクリーンケア『緑の魔女キッチン(食器用洗剤)』
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

環境にもやさしいドイツのバイオ洗剤

環境にやさしいドイツの洗剤です。店舗では取り扱われていないことが多いです。洗剤を流した排水口の汚れも、バイオの力で少しずつきれいにしてくれる商品です。

洗剤はドロッとしているので、ゆっくり出てきます。あまり泡は立たないですが、油汚れはしっかり落としてくれます。無香料なので香りが苦手な方におすすめです。

香り 無香料
界面活性剤の割合 20%
容量 420ml

香り 無香料
界面活性剤の割合 20%
容量 420ml

エキスパートのおすすめ

ecover(エコベール)『食器用洗剤』

ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

しっかり汚れが落とせるベルギーの食器用洗剤

じわじわと日本でも有名になってきたベルギーの洗剤エコベール。少し大きめですが、クリアボトルがさわやかな印象です。

トロリとしていて、スポンジになじみやすく泡立てやすい商品。使いごこちは市販の合成洗剤に似ています。価格が少し高めの商品ですが、洗浄力は強く、たくさんの食器が洗えます。比較的手肌にもやさしいので、手荒れを避けたい方におすすめです。

香り レモン、カモミール、リリー&ロータス、ザクロ、ゼロ(無香料)
界面活性剤の割合 22%
容量 450ml

香り レモン、カモミール、リリー&ロータス、ザクロ、ゼロ(無香料)
界面活性剤の割合 22%
容量 450ml

エキスパートのおすすめ

ロケット石鹸『弱酸性フレッシュ ピンクグレープフルーツ』

節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

水垢も落とせる万能洗剤

店頭ではなかなか手に入らない商品です。梅エキス配合で水垢を分解します。弱アルカリ性や中性の洗剤よりは手肌にやさしいですが、特に肌の弱い方は炊事用手袋を着用して使用することをおすすめします。

値段が安くコスパがとてもいいので、手肌にも経済的にもやさしい洗剤を探している方にピッタリです。内容量が600mlと少し大きめサイズなので、使いやすさを追求するならつめかえをおすすめします。

香り ピンクグレープフルーツ
界面活性剤の割合 18%
容量 600ml

香り ピンクグレープフルーツ
界面活性剤の割合 18%
容量 600ml

ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュ リキッド グレープフルーツ』

ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュリキッドグレープフルーツ』 ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュリキッドグレープフルーツ』 ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュリキッドグレープフルーツ』 ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュリキッドグレープフルーツ』
出典:Amazon この商品を見るview item

スタイリッシュなボトルがおしゃれ

シンプルな形状のボトルに、モノクロの写真とフォントのみのスタイリッシュなボトルデザインが魅力的な食器用洗剤は、ニュージーランドのエコストアのもの。環境に配慮し、化学物質を使用しない製品づくりに努めています

こうした製品は洗浄力を心配する方もいることでしょう。しかし、こちらの商品はすぐれた洗浄力と泡切れに定評があります。キッチンアイテムは生活感が出やすいですが、こちらの商品ならおしゃれに演出できますね。

香り グレープフルーツ
界面活性剤の割合 20%
容量 500ml

香り グレープフルーツ
界面活性剤の割合 20%
容量 500ml

エキスパートのおすすめ

花王『キュキュット クリア除菌 緑茶の香り』

花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』 花王『キュキュットクリア除菌緑茶の香り』
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

まな板やスポンジの除菌もできる国産洗剤

日本製ではめずらしい弱酸性の台所用洗剤。クエン酸配合でまな板やスポンジの除菌ができるのがうれしいですね。梅雨や真夏など、除菌が必要な時期に最適です。

泡立ちや汚れ落ちがとてもよく、泡が長持ちするので少しの洗剤でたくさんのお皿が洗えて経済的。グラスのくすみや軽い茶渋ならかんたんに落とせます

弱酸性の洗剤とはいえ、界面活性剤の配合率が36%と少し高めなので、特に肌の弱い方は炊事用手袋を着用して洗うことをおすすめします。日本製の弱酸性台所用洗剤を探している方にはぴったりな商品です。

香り 緑茶
界面活性剤の割合 36%
容量 240ml

香り 緑茶
界面活性剤の割合 36%
容量 240ml

Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュ ソープ 475ml』

Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュソープ475ml』 Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュソープ475ml』 Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュソープ475ml』
出典:Amazon この商品を見るview item

ピュアエッセンシャルオイルの豊かな香り

Sapadilla(サパディーラ)は植物由来成分を主成分とし、環境に配慮した商品を作っています。合成香料を使用せず、ピュアエッセンシャルオイル100%の豊かな香りを3種類用意。お好みの香りをお選びください。

シンプルなデザインのボトルなので、水まわりに置いたままでもステキです。容量もたっぷりあるのもうれしいですね。

香り ローズマリー+ペパーミント、スイートラベンダー+ライム、グレープフルーツ+ベルガモット
界面活性剤の割合 -
容量 475ml

香り ローズマリー+ペパーミント、スイートラベンダー+ライム、グレープフルーツ+ベルガモット
界面活性剤の割合 -
容量 475ml

「弱酸性食器用洗剤」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤 300mL』
ミマスクリーンケア『緑の魔女 キッチン(食器用洗剤)』
 ecover(エコベール)『食器用洗剤』
ロケット石鹸『弱酸性フレッシュ ピンクグレープフルーツ』
ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュ リキッド グレープフルーツ』
花王『キュキュット クリア除菌 緑茶の香り』
Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュ ソープ 475ml』
商品名 Frosch(フロッシュ)『食器用洗剤 300mL』 ミマスクリーンケア『緑の魔女 キッチン(食器用洗剤)』 ecover(エコベール)『食器用洗剤』 ロケット石鹸『弱酸性フレッシュ ピンクグレープフルーツ』 ecostore(エコストア)『ディッシュウォッシュ リキッド グレープフルーツ』 花王『キュキュット クリア除菌 緑茶の香り』 Sapadilla(サパディーラ)『ディッシュ ソープ 475ml』
商品情報
特徴 おしゃれなボトルに入ったドイツ生まれの食器用洗剤 環境にもやさしいドイツのバイオ洗剤 しっかり汚れが落とせるベルギーの食器用洗剤 水垢も落とせる万能洗剤 スタイリッシュなボトルがおしゃれ まな板やスポンジの除菌もできる国産洗剤 ピュアエッセンシャルオイルの豊かな香り
香り アロエヴェラ、ザクロ、無香料 無香料 レモン、カモミール、リリー&ロータス、ザクロ、ゼロ(無香料) ピンクグレープフルーツ グレープフルーツ 緑茶 ローズマリー+ペパーミント、スイートラベンダー+ライム、グレープフルーツ+ベルガモット
界面活性剤の割合 9% 20% 22% 18% 20% 36% -
容量 300ml 420ml 450ml 600ml 500ml 240ml 475ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年7月5日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 弱酸性食器用洗剤の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での弱酸性食器用洗剤の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:食器用洗剤ランキング
楽天市場:キッチン用洗剤ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

弱酸性と弱アルカリ性、中性の違いとは

食器がたまっているシンク
食器がたまっているシンク
Pixabayのロゴ

性質の違いを知れば、汚れに適した食器用洗剤を選ぶことができます。

食器用洗剤の成分表記には液性として「弱酸性」「弱アルカリ性」「中性」のいずれかが記載されています。食器用洗剤など水溶液の性質は、0~14のpH値(水素イオン濃度)をもとにしています。

6.0未満で3.0以上は「弱酸性」、6~8までは「中性」、11.0以下で8.0超えは「弱アルカリ性」です。中性を中心に低くなれば酸性、高くなればアルカリ性となります。この数値は高すぎたり低すぎたりすると取り扱いに危険をともなうため、家庭用品品質表示法では成分表示への記載が定められています。

油汚れに有効な弱アルカリ性は皮脂も落としてしまう

弱アルカリ性の性質をもつ食器用洗剤は、高い洗浄力をうたっているものが多くあります。油汚れは「酸性」になるため、弱アルカリ性の食器用洗剤が効果的です。しかし、同じく皮膚表面の皮脂にも反応してしまうため、油汚れだけではなく、皮脂も落としてしまいます。

手荒れのリスクを高めてしまう可能性があるため、手袋を着用して洗うか洗浄後に保湿クリームを使いましょう。

中性でも界面活性剤の多いタイプは肌荒れの原因に

pH値が安定した中性は手肌への刺激も少ないですが、洗浄力にはあまり期待ができません。なかには中性でもすぐれた洗浄力を持つ商品もあります。こうした商品は界面活性剤の割合が比較的高くなっています。

界面活性剤は水と皮脂を混ざり合いやすくする働きがあるため、であっても界面活性剤の割合が高いタイプは、肌荒れの原因になる可能性があることを覚えておいてください。

弱酸性食器用洗剤でも油汚れは落ちる?

食器洗いをする子ども
食器洗いをする子ども
Pixabayのロゴ

弱酸性食器用洗剤は刺激が少ないぶん、汚れ落ちは気になりますね。

手荒れなどトラブルや年齢によってpH値は変化しますが、健やかな肌のpH値は6.0未満3.0以上の「弱酸性」です。そのため、手肌にやさしい食器用洗剤の液性は「弱酸性」となります。しかし、食器洗いでは酸性の油汚れも多く、弱酸性食器用洗剤でしっかり洗えるのか気になる方も多いと思いでしょう。

弱酸性でも界面活性剤の割合を調整したり、天然由来の洗浄成分を配合したりとさまざまな工夫が凝らされているので、チェックしてみてください。

性質的に苦手な汚れだが、つけ置き洗いが有効

汚れを落とすには洗剤と水(またはお湯)、物理的な力が必要です。性質的に苦手な油汚れを洗う場合、つけ置き洗いを試してみませんか? ぬるま湯に食器用洗剤を入れてかきまわし、軽く泡立ったなかに汚れものをつけ置きましょう。つけて置く時間は食器用洗剤によって異なるので事前にチェックしてください。

洗剤や水にふれる時間が短く、手荒れのリスクも減らせます。環境先進国ドイツでは一般的な洗い方なのです。ぜひ試してみてください。

そのほかの食器用洗剤の記事はこちら 【関連記事】

手肌と環境にやさしくしっかり洗える!

弱酸性食器用洗剤を使おう
弱酸性食器用洗剤を使おう
Pixabayのロゴ

環境にやさしい生活の一歩に弱酸性食器用洗剤を選んでみませんか?

節約お掃除ブロガーのよしママさんへの取材をもとに、弱酸性食器用洗剤の選び方とおすすめ商品をご紹介しました。弱酸性という性質上、汚れ落ちには心配する声も多く聞かれますが、洗い方を工夫すればすっきりときれいに洗えます。洗浄力をおぎなう界面活性剤や洗浄成分も配合された商品もあるので、購入前に成分表記をチェックしましょう。

最後にご紹介したよしママさんのアドバイスや、食器用洗剤の豆知識も参考にしてあなたが使ってみたい商品を選んでみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button