花用肥料おすすめ5選|オーガニック肥料など、お花が元気になる商品を紹介

花用肥料おすすめ5選|オーガニック肥料など、お花が元気になる商品を紹介

花の発育促進や、状態維持に役立つ「花用肥料」。比較的においの少ない「化成肥料(かせいひりょう)」や、原料にこだわった「有機肥料」、そのなかでも液体タイプや固形タイプなどさまざまな種類があります。そんな花用肥料、花を植える季節や肥料を使うタイミングなどで必要になるものが異なるんです。

本記事では、ガーデニング研究家のはたあきひろさん監修のもと、花用肥料の選び方とおすすめ商品をご紹介。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ガーデニング研究家
はたあきひろ

1967年生。兵庫県西宮市出身。1991年に大手住宅メーカーに入社し、研究所(造園研究室)、マンション事業、本社設計部などを経験。現在は独立し、人と人、人と自然の繋がりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する『庭暮らし研究所』を設立。 奈良市で草屋根の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜をつくり、自給生活を送る。NHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」では、野菜づくり講師として10年間毎月出演。NHK出版WEBサイト「みんなの趣味の園芸」でブログ担当。YouTubeチャンネル「園芸研究家はたさんの野菜づくりチャンネル」を発信。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

花用肥料の選び方

それでは、花用肥料の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】使用する場所
【2】使用する季節
【3】使用するタイミング


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】使用する場所をチェック

 

マンションの室内やベランダでガーデニングをおこなう場合や、都市部の狭小地などの住宅密集地で草花の栽培を楽しむ場合、においの少ない肥料を使用するとよいでしょう。

「化成肥料(かせいひりょう)」(化学的な操作を加えて作られた肥料)は、においが少なくおすすめです。化成肥料のなかでも、とくに液体肥料は即座に土に染み込み、においが気になりません。一方、「有機肥料」は油粕(あぶらかす)や骨粉(こっぷん)などの原材料そのものに、においがあります。醗酵(はっこう)油粕など醗酵済みの肥料はにおいが少ないですが、気になる方もいらっしゃるので屋外で使うとよいでしょう。

また、戸建ての場合も近隣へのにおいの配慮は必要です。化成肥料は問題ありませんが、有機肥料の場合は比較的においの少ない醗酵油粕等、醗酵済みの肥料を使うことをおすすめします。

【2】使用する季節をチェック

 

肥料の形状には大きく分けて「固形肥料」と「液肥(液体肥料)」があります。

固形肥料は、水やりすると土のなかに肥料成分が溶けだす仕組みとなっています。そのため、水やり頻度の多くなる夏場などに使用するのが向いています。

一方、液肥は水やり頻度の少ない冬場でも、水のなかに肥料成分が溶けているので、根が肥料成分を吸収しやすいようになっています。水やり頻度が少ない季節は、液肥を使用するのがおすすめです。

【3】使用するタイミングをチェック

 

花を植えつける前に土に肥料を入れる「元肥(もとごえ)」の場合は、土に混ぜ込む肥料を選んでください。花が成長する過程や花を継続的に咲かせるために施す「追肥(ついひ)」の場合は、地表面に置いたり、バラまく肥料を選んだりするとよいでしょう。即効性を期待する場合は液肥を使用するようにしてください。

全ての肥料は、説明書き通りの量で使うようにしましょう。量が多いと肥料障害の可能性が高まるので、注意が必要です。

花用肥料おすすめ5選

肥料の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

ハイポネックス『ハイポネックス原液』

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

観葉植物や野菜にも使える定番商品

ガーデニング歴の長い方なら、一度は使ったことがある商品だと思います。花はもちろん観葉植物や野菜にも使用できますよ。お手頃な価格なので、たくさんの植物を管理されている方によいでしょう。固形肥料が効きにくい冬場でも肥料効きがよいのでおすすめです。

この商品は原液を水で薄めて使うタイプですが、水で薄めずにそのまま使うことのできるストレートタイプもあります。

エキスパートのおすすめ

ハイポネックス『マグァンプK』

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

元肥(もとごえ)向きの混ぜ込む肥料

50年前から販売され、ガーデニング愛好家に使われてきた商品なので、信頼性と実績があります。

この肥料は、水に溶ける成分と溶けない成分が入っています。まず最初に水に溶ける成分が水やりなどで溶け出し、次に溶けない成分が根から出る酸などによってゆっくり溶け出します。

植物が肥料を必要とするときは、根から多くの酸を出して肥料をしっかり吸収するのです。この商品は植物の求めに応じる賢い肥料といえるでしょう。また、一度土に混ぜると数か月間効くので、追肥作業が面倒な方にはとくにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』

住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』

出典:Amazon

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

地表面にバラまくお手軽肥料

この商品は、植つけ前に混ぜ込んで使うことも出来ますが、植えつけ後、地表面にバラまくこともできるので便利です。一般的な化成肥料は白色や灰色が多いのですが、この商品は土の色に近いので、地表面に見えていても違和感がありません。肥料を目立たせたくない方は、この商品がおすすめです。

この商品には、土壌の保水性や通気性を高める成分も含まれているので、土壌改良効果も期待できます。

エキスパートのおすすめ

ハイポネックス『プロミック 草花・鉢花用』

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

土の上に置くだけ! ガーデニング初心者向きの肥料

鉢やプランターの大きさに合わせて置くだけの肥料なので、初心者にぴったりです。

肥料が少しずつ崩れていく様子を目視できるので、「肥料が効いてるな~」という安心感があります。水やりをするときに成分が溶けて土に染み込むので、肥料に直接水をかける必要がありますが、早い場合は2週間ほどで効果が確認できますよ。

また、においも少ないので室内での使用にも向いています。観葉植物にも使うことができますが、観葉植物用の商品があるので、そちらをお買い求めいただくことをおすすめします。

エキスパートのおすすめ

花ごころ『オーガニック肥料 花ちゃんプレミオ』

花ごころ『オーガニック肥料花ちゃんプレミオ』 花ごころ『オーガニック肥料花ちゃんプレミオ』

出典:楽天市場

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

有機100%! 栄養を与え、土壌改良も行う肥料

有機100%の肥料です。有機肥料のよいところは、育てている草花に栄養を与える科学的な作用と、草花を育てている土の保水性や通気性など物理的な土壌改良を、同時におこなうところです。また、適量の有機肥料で育てた草花は一般的に病害虫にも強くなります。

有機肥料にこだわりたい方には、この肥料がおすすめです。ただ、化成肥料に比べてにおいがすることがあります。とくに、水やり直後はにおうので注意しましょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ハイポネックス『ハイポネックス原液』
ハイポネックス『マグァンプK』
住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』
ハイポネックス『プロミック 草花・鉢花用』
花ごころ『オーガニック肥料 花ちゃんプレミオ』
商品名 ハイポネックス『ハイポネックス原液』 ハイポネックス『マグァンプK』 住友化学園芸『マイガーデン花・野菜用』 ハイポネックス『プロミック 草花・鉢花用』 花ごころ『オーガニック肥料 花ちゃんプレミオ』
商品情報
特徴 観葉植物や野菜にも使える定番商品 元肥(もとごえ)向きの混ぜ込む肥料 地表面にバラまくお手軽肥料 土の上に置くだけ! ガーデニング初心者向きの肥料 有機100%! 栄養を与え、土壌改良も行う肥料
内容量 800ml 1.3kg 700g 350g 1kg
肥料タイプ 化成肥料 化成肥料 化成肥料 化成肥料 有機肥料
形状タイプ 液肥 固形肥料 固形肥料 固形肥料 固形肥料
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 花用肥料の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの花用肥料の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:肥料・土壌改良剤ランキング
楽天市場:肥料ランキング
Yahoo!ショッピング:花用肥料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

ガーデニング研究家

肥料成分もしっかり確認しよう!

肥料の成分でもっとも重要なものは、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)です。肥料袋に書かれている3つの数字でたとえば「8-8-8」とある場合は、それぞれNPKの重量が8%ずつということになります。

一般的に「N」は葉や茎の成長をうながす葉肥(はごえ)、「P」は花や実つきをよくする実肥(みごえ)、「K」は根や茎を丈夫にする根肥(ねごえ)と言われています。花に効果のある肥料は、まんなか「P」(リン酸)の数字が大きい商品、ということです。

また、化成肥料のみを使い続けると土が固くなってくるので、1年に1回程度は完熟バーク堆肥(たいひ)など堆肥を全体の1割混ぜることをおすすめします。一方、有機肥料は土壌改良効果もあるのですが、こちらも1年に1回程度は完熟バーク堆肥など堆肥を全体の1割混ぜるとよいでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者向けハーブの苗おすすめ16選|カモミールやミント、パセリなど幅広く紹介

初心者向けハーブの苗おすすめ16選|カモミールやミント、パセリなど幅広く紹介

ガーデニングでも人気のあるハーブですが、香り(アロマ)を楽しむだけでなく、料理やハーブティー、ポプリなど幅広く使うことができます。本記事では、グリーンアドバイザーのふじ えりこさん監修のもと、初心者向けハーブの苗の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、Amazonや楽天市場など大手通販サイトランキングも掲載していますので、参考にしてみてください。

tag icon 家庭菜園 , ガーデニング用品

すくすく育つ!野菜用肥料おすすめ10選|種類ごとの特徴や成分も解説

すくすく育つ!野菜用肥料おすすめ10選|種類ごとの特徴や成分も解説

本記事では、ガーデニング研究家であり樹木医でもある、はたあきひろさん監修のもと、野菜用肥料の選び方とおすすめ商品をご紹介。含まれている成分や効果の持続期間など、さまざまな特徴をもった商品を厳選しているので、よく比較して最適な肥料を選んでくださいね。

tag icon 家庭菜園 , 肥料・薬剤 , ガーデニング用品

防虫ネットおすすめ7選|ベランダ・プランター菜園の虫除けにピッタリ!

防虫ネットおすすめ7選|ベランダ・プランター菜園の虫除けにピッタリ!

プランター菜園を害虫から守る防虫ネット。ガーデニング用品のなかでもとくに情報が少ないジャンルです。それだけに、網目の細かさやサイズなど、どういったものを選ぶといいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。本記事では、グリーンアドバイザーのふじえりこさん監修のもと、防虫ネットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。さらに、記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 家庭菜園 , 園芸シート・保護ネット , 収納グッズ

家庭菜園用プランターおすすめ8選|はじめての野菜作りでも安心の商品を紹介

家庭菜園用プランターおすすめ8選|はじめての野菜作りでも安心の商品を紹介

おしゃれな庭やベランダの家庭菜園として使う「プランター」。バジルやミニトマト、大葉など、料理で使う野菜を自分で栽培してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、ガーデニング研究家・はた あきひろさん監修のもと、家庭菜園用プランターの選び方とおすすめの商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon トマト , 家庭菜園 , 鉢・プランター

水耕栽培キットおすすめ9選|室内やベランダで手軽に育てられる野菜も紹介

水耕栽培キットおすすめ9選|室内やベランダで手軽に育てられる野菜も紹介

自宅で手軽に植物を育てられる水耕栽培キット。庭やベランダがなくても室内で栽培ができるため、誰でも楽しめるのが魅力です。しかし、市販されている水耕栽培キットは、サイズや機能などの違いにより、さまざまな種類があります。本記事では、水耕栽培キットの選び方とおすすめ商品をご紹介。使いやすさや置きやすさに注目して、自分の使い方に合う水耕栽培キットを手に入れましょう。

tag icon 家庭菜園 , ガーデニング用品

関連するブランド・メーカー


HYPONeX(ハイポネックス) 住友化学園芸

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。