鋳鉄製ダッチオーブンで快適なアウトドアライフを! アウトドアライターに聞くおすすめ5選

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン26 CS-520
出典:Amazon
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドア料理に活躍する「ダッチオーブン」。煮る、焼く、蒸すなど、バラエティに富んだ調理ができる万能鍋です。最近はステンレス製や黒皮鉄板製など進化したダッチオーブンが数多く登場していますが、やはり元祖は「鋳鉄製」。アウトドア料理がぐっと本格的になりますよ! どれを選べばいいか分からないという人のために、アウトドアライターの夏野 栄さんに鋳鉄製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。サイズ感や鍋蓋、鍋底の形状を要チェックです! ぜひこの記事の選び方と記事後半では通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、それらを参考に、あなたにぴったりの商品を選んでみてくださいね。


鋳鉄製ダッチオーブンの選び方 アウトドアライターに聞いた!

アウトドアライターの夏野 栄さんに、鋳鉄製ダッチオーブンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ダッチオーブン
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

どのサイズを選ぶ? 8・10・12インチなど

作家/アウトドアライター

ダッチオーブンを選ぶうえで、まず注意したいのが鍋サイズ。メーカーにもよりますが、基本的にダッチオーブンのサイズはインチ展開で8、10、12インチの3種類です。

何人分の料理を作るのかという量の面にくわえ、「丸鶏を扱う」といった調理場面で必要となる鍋サイズを踏まえ、最適なサイズを探すと、ちょうどいいダッチオーブンが見つかります。

鍋蓋の形状をチェック

作家/アウトドアライター

ダッチオーブンはただの鍋ではなく、その名の通り「オーブン」としても使用できます。オーブンとして使う場合には、下部からの熱に加え、上部からの熱も調理に使います。

具体的な方法としては、鍋蓋に炭を載せることで上部からの熱を加えます。このように、オーブンとしてしっかり機能させるには、まずはしっかりした鍋蓋があり、上部の熱源となる炭が載せやすいという条件を満たしている必要があります。オーブンとして使うことを想定しているなら、蓋の形状は重要なチェックポイントです。

鍋底の形状も確認 フラット or 足つきなど

作家/アウトドアライター

鋳鉄製ダッチオーブンにはさまざまな形状の鍋底があります。一般的なコンロの五徳で調理することを想定した鍋底がフラットなタイプのほか、焚き火のなかに直接鍋を置いて調理することを想定した脚つきタイプもあります。

ダッチオーブンをどういう状況で使うことが多いのかを想定し、用途にあった形状の鍋底かどうかをチェックしておきましょう。

鋳鉄製ダッチオーブンのおすすめ5選 アウトドアライターが厳選!

上で紹介した鋳鉄製ダッチオーブンの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LODGE(ロッジ)『ロジック キャンプオーブン 12インチ Deep』

LODGE(ロッジ)『ロジックキャンプオーブン12インチDeep』 LODGE(ロッジ)『ロジックキャンプオーブン12インチDeep』 LODGE(ロッジ)『ロジックキャンプオーブン12インチDeep』

出典:Amazon

インチ 12インチ
サイズ 内径30×深さ12.5cm
容量 -
重量 8.72kg

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

グループキャンプでも活躍する大定番

120年以上の歴史がある鋳鉄製道具メーカーの「ロッジ」。ダッチオーブンやスキレットのシェアでは米国No.1で、世界中で親しまれています。ロッジのダッチオーブンの魅力はなんといっても基本性能もデザイン性もすぐれているという点。

なかでもこの12インチの深型なら、ダッチオーブン料理のほぼすべてをカバーできます。サイズが大きいため、ファミリーキャンプはもちろん、グループキャンプでも活躍してくれます。

鍋底には長く安定感のある三本脚があり、灰や炭片(たんぺん)が転がる焚き火の中に置いてもしっかり安定します。また、鍋同士を重ねて置くことも可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』

Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』

出典:Amazon

インチ 10インチ
サイズ 内径23.5×深さ11cm
容量 -
重量 6kg

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

万能サイズで初期シーズニング不要

「コールマン」のシンプルで快適なダッチオーブン。鍋底はフラットなタイプなので、一般的な五徳(ごとく)や家庭でも使用可能です。ダッチオーブンのサイズで迷ったら無難なのが10インチ。家庭でも扱えるサイズ感で、同時に多くの料理をカバーできる大きさです。

そしてこのダッチオーブンのうれしいポイントが、鍋を使い始める際に油で慣らす必要がないという点。ワックスやクリア塗装といったコーティングではなく、植物性オイル仕上げなため買ってからそのまま使えます。(定期のオイルメンテは必要)

また、直接鍋蓋に触れることなく持ち上げることができる「リッドリフター」が標準装備されています。シンプルで手軽、初心者の方にもおすすめのダッチオーブンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Snow Peak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン 26』

SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』 SnowPeak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン26』

出典:Amazon

インチ -
サイズ リッド:31.6×26.8×5.6cm、スキレット:31.6×26.8×5.9cm、ポット:内径26.8×深さ12cm
容量 スキレット:2.5L、ポット:5.3L (満水時)
重量 7.9kg

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

極薄で軽量、高機能型鋳鉄製ダッチオーブン

「スノーピーク」らしい革新的でスマートなダッチオーブン。既存の鋳鉄製の常識を超えた、新しいキャラクターのダッチオーブンです。

通常のダッチオーブンが約4mmの厚みがあるのに対して、側面の厚みが2.25mmと半分近い薄さ。本体ポットは大幅に軽く仕上げられています。表面は耐熱シリコン塗装が施され、鋳鉄ダッチオーブンとしては珍しいIH対応です。鋳鉄製でありながら、より快適で手軽に扱えるダッチオーブンとして設計されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブン ft1t 』

PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブンft1t』

出典:Amazon

インチ 6インチ
サイズ 直径18×高さ11.5cm
容量 1.7L
重量 2.8kg

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

少人数にぴったりの貴重な6インチサイズ

ドイツの灯油ランタンブランド「ペトロマックス」。ミリタリーテイスト溢れる男くさい焚き火ギアも人気で、ダッチオーブンもリリースしています。まず注目したいのは独自のデザインで、ペトロマックスらしいタフで無骨な世界観がしっかり落とし込まれています。

そして特徴的なのがそのサイズ。ダッチオーブンとしてはレアな6インチ。多くのダッチオーブンでラインナップされている8インチよりも小ぶりで、以前販売されていた「ユニフレーム」の6インチダッチオーブンが終売となった今では、かなり貴重な存在です。少人数で使うダッチオーブンとして最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ダッチオーブンセット<30cm>』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『ダッチオーブンセット<30cm>』

出典:Amazon

インチ 12インチ
サイズ 内径30×高さ13.5㎝
容量 -
重量 -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

良コスパな12インチセット

新潟県三条市からコスパのいいキャンプギアを発信する「キャプテンスタッグ」。こちらのダッチオーブンもリーズナブルで充実の内容です。

ほぼどんなダッチオーブン料理もカバーできる12インチサイズ。ダッチオーブン料理をする上で必要な道具がすべてそろったセットで、十分な基本性能を備えています。これからダッチオーブン料理に挑戦してみたいという方にぴったりです。

「鋳鉄製ダッチオーブン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
LODGE(ロッジ)『ロジック キャンプオーブン 12インチ Deep』
Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』
Snow Peak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン 26』
PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブン ft1t 』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ダッチオーブンセット<30cm>』
商品名 LODGE(ロッジ)『ロジック キャンプオーブン 12インチ Deep』 Coleman(コールマン)『ダッチオーブン10』 Snow Peak(スノーピーク)『和鉄ダッチオーブン 26』 PETROMAX(ペトロマックス)『ダッチオーブン ft1t 』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ダッチオーブンセット<30cm>』
商品情報
特徴 グループキャンプでも活躍する大定番 万能サイズで初期シーズニング不要 極薄で軽量、高機能型鋳鉄製ダッチオーブン 少人数にぴったりの貴重な6インチサイズ 良コスパな12インチセット
インチ 12インチ 10インチ - 6インチ 12インチ
サイズ 内径30×深さ12.5cm 内径23.5×深さ11cm リッド:31.6×26.8×5.6cm、スキレット:31.6×26.8×5.9cm、ポット:内径26.8×深さ12cm 直径18×高さ11.5cm 内径30×高さ13.5㎝
容量 - - スキレット:2.5L、ポット:5.3L (満水時) 1.7L -
重量 8.72kg 6kg 7.9kg 2.8kg -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

そのほかのダッチオーブンのおすすめ

アウトドアライターが選ぶステンレス製ダッチオーブン5選+番外編5選をご紹介します。本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがい、ステンレス製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品5選について解説していただきます。ダッチオーブンを使えば、煮る・炒めるなどの調理はもちろん、オーブン料...

気持ちよく晴れた青空の下で、ダッチオーブンを使った本格的な料理を楽しむ……。アウトドアレジャーにおける楽しみのひとつですね。しかし、ダッチオーブンもさまざまな種類やサイズの商品があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、アウトドアライターのSAMさんへの取材のもと、アウトドアやキャン...

1枚の鉄板を伸ばしてつくられる黒皮鉄板製ダッチオーブン。熱伝導がよくて錆びにくいため、さまざまな料理をつくることができるアイテムで、キャンプやアウトドアだけでなく、家庭でも大活躍のすぐれものです。しかし、黒皮鉄板製ダッチオーブンと言っても、ほかの鍋やほかの素材のダッチオーブンとなにがちがうのか...

アウトドアライターからのアドバイス 鋳鉄製ならではの魅力を楽しんで!

作家/アウトドアライター

ダッチオーブンといえば本来は鋳鉄製。最近ではステンレス製や黒皮鉄板製、カーボン製など進化したダッチオーブンが登場していますが、やはり元祖の鋳鉄製にも多くの魅力があります。

ステンレスに比べると熱伝導率が高く、プレヒート(余熱)が必要な料理でも楽です。また、油なじみがいいため焼きむらやこびりつきが少ないという強みもあります。求めるサイズ、鍋蓋と底の形状を踏まえて、「育てがい」のあるダッチオーブンを探してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/08/26 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも!

ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも!

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


スモークウッドおすすめ5選|【自家製燻製】食材との相性別に燻材を紹介

スモークウッドおすすめ5選|【自家製燻製】食材との相性別に燻材を紹介

スモークと聞くと難しそうなイメージがありますが、スモークウッドを使えば初心者でもかんたんに燻製を作ることができます。手頃な価格で購入できるスモークウッドも多いので、気軽に挑戦してみましょう。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表A-sukeさんと編集部が選んだおすすめのスモークウッドと選び方のポイントについてご紹介します。


固形燃料のおすすめ8選|バーベキューや炊飯、防災用などマルチに活躍

固形燃料のおすすめ8選|バーベキューや炊飯、防災用などマルチに活躍

キャンプやアウトドアで、手軽に調理を楽しめる「固形燃料」。旅館での料理や災害時の備えとしても人気のアイテムです。しかし、種類や燃焼時間、保存方法など、さまざまな固形燃料があるため何を選べばいいか悩んでしまいますね。そこで、キャンプライターの中山一弘さんに取材を行い、固形燃料の選び方とおすすめの商品を紹介します。いっしょに使いたい五徳やコンロ、受け皿など、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


トライポッドのおすすめ人気15選|安定して調理しやすい!アウトドアのプロが解説

トライポッドのおすすめ人気15選|安定して調理しやすい!アウトドアのプロが解説

アウトドア&旅ライターが選ぶトライポッド15選をご紹介します。たき火の上で鍋やケトルを吊るす役割の三脚、トライポッド。料理の際にたき火の火力調整ができますし、なんといっても安定した調理場の設営ができるので、たき火まわりがグッとグレードアップします。キャプテンスタッグ、コールマン、ロゴスなどのアウトドアメーカーから、よい商品がたくさん発売されていますが、自分にとって最適なのがどれかというと、なかなか判断がつかないものです。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんにお話をうかがい、トライポッドの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


シングルバーナーおすすめ12選|【SOTO・イワタニ・スノーピーク】厳選!

シングルバーナーおすすめ12選|【SOTO・イワタニ・スノーピーク】厳選!

キャンプなどで大活躍のシングルバーナー。荷物が多くなりがちなアウトドアレジャーでは、そのコンパクトさと軽さがとても魅力的です。そこで、アウトドアライター・SAMさんのアドバイスをもとに、選び方のポイントを解説するとともに、おすすめのシングルバーナーをご紹介します。


新着記事


使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

顔や手足などの気になる肌の乾燥。様々な部分をしっとり保湿でき、かつリーズナブルに乾燥ケアができると嬉しいですよね。そんな方におすすめなのが、幅広い世代に愛され続けている花王の『ニベアクリーム』。しっとりとした保湿力と、やさしい使い心地が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証します。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

毎日のスキンケア。しっかりと肌の保湿はしたいけれど、化粧水・乳液・クリームに美容液と、あれこれ重ねるスキンケアは時間もお金もかかってしまいますよね。とくに忙しい朝は、時短でしっとりと保湿ケアができると嬉しいもの。そんな方におすすめなのが、1つで5役の働きをしてくれる『素肌しずく ゲルSa』。オールインワンゲルなのでスキンケアを時短でき、コストカットにもなるのが魅力です。リーズナブルながらしっとりと潤いを閉じ込められる高コスパアイテムですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

結婚してから冠婚葬祭で家族以外の人と関わる機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。冠婚葬祭のイベントがあるたび、お金の包み方や包む金額、お返しのプレゼントはどうしようかと、頭を抱えてしまうこともありますよね。そんなときあると便利なのが、今回ご紹介する『KANKONSOUSAI』ノート。冠婚葬祭におけるいただき物や贈った物の品名や金額を記録できるのはもちろん、冠婚葬祭における正しいマナーやルールなども再確認できるので、いざというときに悩んだり困ったりすることが少なくなりますよ。今回は一家に1冊あると便利な『KANKONSOUSAI』ノートを実際に購入し、ノートの見た目や気になる中身を写真を交えながらご紹介します。


『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

ノートの金具にリングではなくディスクを使った、個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。自分にとって使いやすいか、リフィルがどんな感じなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? また、『FLEXNOTE』の使い方や活用方法がイマイチわからないと悩んでいる人もいるはず。そこで、ここでは『FLEXNOTE』を実際に購入し、使ってみた様子を写真を交えながらお伝えします。レビューだけでなく、少しわかりづらい組み立て方や、使い方の実例も紹介しています。『FLEXNOTE』について気になっている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

肌が乾燥してカサついてしまったり、乾燥が原因で化粧のノリが悪いなどという、肌のお悩み。とくに冬場の季節は、いつも以上にしっかりと乾燥対策をしたいものですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥による肌のピンチにアプローチしてくれる『アイムピンチ』。とろみのある濃厚な美容液で、しっとりとした保湿力が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に商品を使って特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る