アウトドア用蚊帳おすすめ9選|アウトドア時の大敵「蚊」から身を守る

The Friendly Swede 蚊よけ網 モスキートネット アウトドア 蚊よけ 固定用ペグ4本付き グリーン
出典:Amazon


アウトドアにつきものの「蚊」から身を守ってくれる蚊帳(かや)。メッシュのサイズなどがそれぞれ違うため、数ある蚊帳のなかからどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。夏場のキャンプでは活躍の機会が多いだけに、最適な一品を選びたいところです。

本記事では、アウトドアに最適な蚊帳の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


目次

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

アウトドア用蚊帳とは

蚊帳を使うシーンでは、タープやツエルトを利用することがほとんどです。蚊帳は、蚊やダニなど吸血性の昆虫や毒虫の侵入を防いで、快適に眠るための道具ですが、メッシュの目が大きいものでは昆虫の侵入を防ぎきれない場合もあります。

また、目がこまかすぎると密閉度が高くなり、暑さで寝苦しく感じることも。蚊帳を選ぶ際には、適切なメッシュのサイズを判断することが大切です。

アウトドア用蚊帳の選び方

テントの横でくつろぐ女性
Pixabay license logo


それでは、アウトドア用蚊帳の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】タープと一体化しているアウトドア用蚊帳
【2】ソロキャンプにも便利なひとり用の蚊帳
【3】設営の方法と居住空間で選ぶ


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】タープと一体化しているアウトドア用蚊帳


アウトドア用蚊帳にはいろいろな種類があります。各タイプごとの特徴をしっかり確認していきましょう。

▼開放感のあるタープタイプ

夏キャンプのイメージ画像
Pixabay license logo

タープタイプのアウトドア用蚊帳は、スクリーンタープとも呼ばれています。タープの全面がメッシュになっているアイテムです。日陰を作って雨をしのげ、荷物置き場としても活躍するタープを使いつつ、虫除け対策ができます。

4~5人ほどの十分なリビングスペースを確保できる大きさがあるものも多いです。メッシュスクリーンをすべて巻き上げると、一般的なスクエアタープとしても使用できます。

▼設営がかんたんなドームタイプ

ドームテントのイメージ画像
Pixabay license logo

ドーム状の居住空間に、全面メッシュが採用されたアウトドア用蚊帳が、ドームタイプです。タープタイプよりも設営しやすいメリットがあります。ドームの大きさもさまざまあり、使用するシーンや人数に応じて選べます。また、タープタイプよりも風に強いのも魅力です。

リビングや就寝場所として使えます。ドームのパネルをフルオープンにすると開放的な眺めも楽しめます。

【2】ソロキャンプにも便利なひとり用の蚊帳


アウトドア用蚊帳には、ソロキャンプなどひとりで使用するときにも使いやすいものがあります。ひとり用のアウトドア蚊帳を紹介します。

▼蚊帳付きのワンタッチテント

キャンプのイメージ画像
Pixabay license logo

かんたんに設営できるワンタッチテントは、ソロキャンプでも多く活用されるアイテムです。ひとり用のワンタッチテントに、全面メッシュで蚊帳仕様になっているものもあります。

収納袋から取り出して広げるだけで設営できるポップアップタイプから、フレームを組まずに設営できるワンタッチタイプまであります。収納もコンパクトにできるので、限られた荷物量に抑えたいソロキャンプでも活躍します。

▼リラックスできる蚊帳つきのハンモック

ハンモックのイメージ画像
Pixabay license logo

アウトドア用蚊帳のなかには、テントやタープのほかにもハンモックに蚊帳がついているものもあります。ハンモックの上部に蚊帳がついているので、ハンモックに揺られてリラックスしながら、虫対策ができます。

また、蚊帳の部分が自立しているのでハンモックが揺れるのを邪魔しないのも魅力です。ひとりでのんびりハンモックに揺られたいときに向いています。

【3】設営の方法と居住空間で選ぶ

蚊帳には、スクエア・フロアつき・吊り下げ式・ポップアップタイプなどいくつかの種類があります。スクエアタイプやフロアつきモデルは居住空間を最大限に活かせますが、設営に手間がかかる点がデメリット。吊り下げ式は設営がかんたんですが、空間が狭くなってしまいます。ポップアップタイプは使い方が限定されるものの、居住が快適です。

収納サイズや運搬方法、併用アイテムをクリアすれば設営がかんたんなものがおすすめ。このように、サイズだけではなく設営方法も重要なポイントとなります。

ポイントをおさえて快適なアウトドアライフを エキスパートのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

蚊帳を選ぶときは、メッシュの大きさと全体のサイズを重視しましょう。次に、フロアの有無や自分の装備にコットなどがあるかどうか。さらに、小さいお子さんがいる場合は、虫除け効果の有無も追加しておくと安心です。蚊帳は春から秋まで長く使える装備なので、しっかりと選びましょう。

近年マダニの被害もあるため、アウトドアではマストのアイテムといってもいいでしょう。蚊帳を上手に利用して、より快適なアウトドアライフに役立ててください。

アウトドア用蚊帳おすすめ9選


ここまでに紹介したアウトドア用蚊帳の選び方のポイントをふまえて、山岳写真家の荒井裕介さんおすすめ商品などを紹介します。

Ex oa

Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』

SeatoSummit『ナノモスキートピラミッドネットシングル』

出典:Amazon

サイズ 120×220×100cm
重量 82g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

虫除け加工がされたソロネット

Sea to Summitが提供する、バグネットシリーズのソロタイプ。一本吊りタイプなので設営がかんたんです。4辺ともに折り返しがあり、裾から侵入する虫を防ぎます。82gと軽量で、タープやツエルトに付加しても、じゅうぶん軽量といえるサイズが魅力的。晴天時であれば単体での使用も可能で、まさに夏の必需品といえる蚊帳です。

Ex oa

COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』

COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』

出典:Amazon

サイズ 81×200×150cm
重量 280g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

コットからタープまで幅広くカバー

スクエアタイプで高さもあり、コットやキャンプベッド、タープ泊と幅広く対応しているタイプ。重量はありますが通気性がよく、夏場でも快適に過ごせます。高さがあるので頭や顔にまとわりつくこともなく、動きで裾を持ち上げてしまう心配も少ないので安心。

虫除け成分は塗布されていませんので、虫除け成分にアレルギーのある方でも、安心して利用できます。

Ex oa

Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』

SeatoSummit『ナノモスキートピラミッドネットダブル』

出典:Amazon

サイズ 170×240×130cm
重量 137g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ふたり用でも軽量のモスキートネット

ソロタイプと仕様は変わりませんが、ふたり用の大型サイズでありながら137gと軽量。収納時のサイズもコンパクトで、大型のタープと相性がいいのも特徴です。家族やカップルでの使用にもこれがおすすめ。ソロタイプを2張り使用するよりも軽量で、装備の重量軽減にも最適です。また、虫除けスプレーが使えない小さなお子さんがいる場合にもよいでしょう。

Ex oa

Lixada 『モスキートネット 蚊帳』

Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』

出典:Amazon

サイズ 200×65×60cm
重量 252g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

フロアつきのモスキートネット

フロアにジッパーがついた蚊帳は、まるでテントのインナーのような安心感があり、快適な睡眠を与えてくれます。さまざまなタープに設営が可能で、スペースが最小限ですむ点も魅力的。

蚊帳のなかに必要な装備を持ち込んでもフロアにじゅうぶんな広さがあるので、ネットの裾を気にする必要がなく安心して使用できます。価格もリーズナブルなため、蚊帳をはじめて使う方にもおすすめです。

Ex oa

The Friendly Swede『モスキートネット』

TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』

出典:Amazon

サイズ 120×220×100cm
重量 160g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ハニカムメッシュのモスキートネット

すべてのメッシュにいえることですが、ハニカム構造は各方向にかかる重力がスクエアタイプより分散するとされています。こちらは六角形のハニカムメッシュで、吊り下げタイプのモスキートネット。なんといっても魅力なのは価格です。夏場にしか使わないアイテムだからリーズナブルな商品がいい、という方にはまさにおすすめの商品です。

ペグも必要数が付属しており、吊り下げればすぐに使えるのも魅力。また、コンパクトになり携帯にも便利なスタッフサックも付属しています。使用頻度が少ない人にもおすすめできる価格帯と装備です。

FLYFLYGO『モスキートネット 蚊帳』

FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』 FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』 FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』 FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』 FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』 FLYFLYGO『モスキートネット蚊帳』

出典:Amazon

サイズ 200×125×110cm
重量 640g

出入りがラクラク◎ランタンもかけられる優れもの

正面と側面に出入り口が配置された蚊帳なので、使い勝手がよく便利です。フロアがついていますので、荷物を持ち込んで中で横になることも可能。底面は防水に優れたポリエステル素材のシートなので、直接湿った芝生や地面に置いても問題ありませんよ。また、底部分の四隅に補強がされていますので、破れにくいことも特徴。上部分の両端にそれぞれフックがついていますので、ランタンなどをかけられます。

収納時には、小さくまとめられることも魅力的です。ポールがなくても蚊帳は張れますが、あれば強度が上がるので、必要な方は別途購入を検討しましょう。

Orange Ari『ワンタッチ蚊帳 底ネット付き』

ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き ワンタッチ蚊帳底ネット付きテント式1.8*1.5*2m大空間折り畳み式収納便利両面にドアー付き

出典:Amazon

サイズ 200×180×150cm
重量 900g

設営を簡単にするならワンタッチ蚊帳がおすすめ

キャンプ時は、テントにタープの設営、火起こしなどやることが多いので、できることなら簡単に済ませたい部分もあるのではないでしょうか。ワンタッチ式の蚊帳なら、パッと広げて完成なので、キャンプ時間を有意義に過ごせますよ。

こちらのワンタッチ蚊帳は、底から高さ20cmのところまで布でガードされており、ムカデなどの虫の侵入を防いでくれます。また、網目も細かいので蚊も入りにくいです。展開すると空間が広いので、快適に過ごせますよ。

Magarrow『アウトドア 蚊帳』

Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』 Magarrow『アウトドア蚊帳』

出典:Amazon

サイズ 198×88×180cm
重量 -

吊すタイプの蚊帳は自由自在に使用できてgood!

木の枝やタープにかけて吊すタイプの蚊帳です。チャックやワイヤーなどがついていませんので、自由自在に広げられ、車中泊の際も快適に使用できるでしょう。

素材は通気性のいい50Dメッシュ、小さな網目なので、蚊やハエなどの侵入を心配する必要がありません。また、高さが180cmもありますので空間が広く、視野を妨げにくいことも特徴です。地面にレジャーシートなどを敷いて横になれば、虫を気にすることなく、星空を眺められますよ。

Lenzai『ハンモック 蚊帳付き』

Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き Lenzai最新型ハンモック蚊帳付き虫対策パラシュート通気快適軽量4点セット収納袋付きカラビナ付き野営ソロキャンプハイキング蚊帳付きハンモック日本語説明書付き

出典:Amazon

サイズ 290×140cm
重量 780g

蚊帳付きのハンモックで虫とはさようなら

蚊帳とハンモックが一緒についているタイプです。ハンモックを広げると、自動的に蚊帳も広がり、簡単に設営できるので便利です。ハンモックのみで過ごしたい方は、蚊帳を収納することも可能。素材はパラシュートなどでも使用されるもので、丈夫で破れにくく通気性にも優れていますので、快適なキャンプを過ごせることでしょう。

付属品として、日本語説明書、ハンモックベルト、D型カラビナ、固定ループ、固定ペグ、収納袋がついていますので、買えばすぐにでも使用できます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』
COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』
Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』
Lixada 『モスキートネット 蚊帳』
The Friendly Swede『モスキートネット』
FLYFLYGO『モスキートネット 蚊帳』
Orange Ari『ワンタッチ蚊帳 底ネット付き』
Magarrow『アウトドア 蚊帳』
Lenzai『ハンモック 蚊帳付き』
商品名 Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』 COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』 Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』 Lixada 『モスキートネット 蚊帳』 The Friendly Swede『モスキートネット』 FLYFLYGO『モスキートネット 蚊帳』 Orange Ari『ワンタッチ蚊帳 底ネット付き』 Magarrow『アウトドア 蚊帳』 Lenzai『ハンモック 蚊帳付き』
商品情報
特徴 虫除け加工がされたソロネット コットからタープまで幅広くカバー ふたり用でも軽量のモスキートネット フロアつきのモスキートネット ハニカムメッシュのモスキートネット 出入りがラクラク◎ランタンもかけられる優れもの 設営を簡単にするならワンタッチ蚊帳がおすすめ 吊すタイプの蚊帳は自由自在に使用できてgood! 蚊帳付きのハンモックで虫とはさようなら
サイズ 120×220×100cm 81×200×150cm 170×240×130cm 200×65×60cm 120×220×100cm 200×125×110cm 200×180×150cm 198×88×180cm 290×140cm
重量 82g 280g 137g 252g 160g 640g 900g - 780g
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月20日時点 での税込価格

アウトドア用蚊帳に関連する記事のご紹介

まとめ


本記事では、アウトドア用蚊帳の選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の4つのポイントを抑えておきましょう。

【1】タープと一体化しているアウトドア用蚊帳
【2】ソロキャンプにも便利なひとり用の蚊帳
【3】設営の方法と居住空間で選ぶ


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいワッフルメーカーを選べるはずです。

アウトドアは自然を感じられる楽しい機会。しかし、いざ泊まる際は、虫などが気になってしまいますよね。そんな時に便利なのがアウトドア用蚊帳です。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


スクリーンタープおすすめ15選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

スクリーンタープおすすめ15選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープが人気です。スノーピーク、コールマン、ロゴスなどをはじめ種類や機能はさまざま。本記事では、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , テント , テント・タープ

スノーピークテントおすすめ11選|人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか

スノーピークテントおすすめ11選|人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。初心者もベテランのキャンプファンもうれしいラインナップがそろっているメーカーです。この記事では、スノーピークのテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介しています。動画による組み立て方のコツもあります。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , テント

ペグハンマーおすすめ7選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

ペグハンマーおすすめ7選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ペグハンマー選びのポイントとペグハンマーのおすすめ商品をうかがいました。キャンプに欠かせないペグハンマーは、テントやタープを地面に固定する専用のハンマーです。ペグとはテントのロープを地面に固定する掛け釘で、硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると素早くかんたんに作業ができてラクになります。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認にしてみよう。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , テント

ツーリングテントおすすめ18選|【1人用・2人用】軽量で簡単に設営可能

ツーリングテントおすすめ18選|【1人用・2人用】軽量で簡単に設営可能

バイクや自転車、車でのツーリング旅行の際に野外で寝泊りするときに使うツーリングテント。ここでは、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選したツーリングテントのおすすめと選び方をご紹介します。 記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , テント , テント・タープ

ワンタッチタープおすすめ9選|DOD・ロゴス・コールマンほか防水・換気機能付きも

ワンタッチタープおすすめ9選|DOD・ロゴス・コールマンほか防水・換気機能付きも

張り綱やポールを組み立てることなく立ち上げるだけで簡単に設営ができ、特別な知識がなくても快適な空間が作り出せるワンタッチタープ。軽量のアルミ素地材を使用しているものが多く、一人でも運搬設営も可能で、男性はもちろん女性キャンパーにもおすすめです。ここでは、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が厳選したおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , テント

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。