山岳写真家がおすすめするアウトドア用蚊帳5選|空間たっぷり、設営かんたん!

山岳写真家がおすすめするアウトドア用蚊帳5選|空間たっぷり、設営かんたん!
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

アウトドアにつきものの「蚊」から身を守ってくれる蚊帳(かや)。メッシュのサイズなどがそれぞれ違うため、数ある蚊帳のなかからどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。夏場のキャンプでは活躍の機会が多いだけに、最適な一品を選びたいところです。そこで、山岳写真家の荒井祐介さんに取材し、アウトドアに最適な蚊帳の選び方とおすすめ商品をご紹介いたします!


アウトドア用蚊帳の選び方|山岳写真家の荒井裕介さんに聞く

テントの横でくつろぐ女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

山岳写真家の荒井裕介さんに、アウトドア用蚊帳を選ぶときのポイントを3つ、教えてもらいました。

害虫を防ぎ、風通しもよいメッシュのサイズで選ぶ

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

蚊帳を使うシーンでは、タープやツエルトを利用することがほとんどです。蚊帳は、蚊やダニなど吸血性の昆虫や毒虫の侵入を防いで、快適に眠るための道具ですが、メッシュの目が大きいものでは昆虫の侵入を防ぎきれない場合もあります。

また、目がこまかすぎると密閉度が高くなり、暑さで寝苦しく感じることも。蚊帳を選ぶ際には、適切なメッシュのサイズを判断することが大切です。

SEA TO SUMMIT『ナノモスキートネット シングル』

15Dウルトラ-ヴィス素材で通期性を確保。

>> Amazonで詳細を見る

タープのサイズに合わせて快適なスペースを確保

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

メッシュのサイズが決まったら、次は蚊帳のサイズ選びです。使用するタープのサイズに合わせたものをチョイスしましょう。蚊帳の長さは、タープより左右ともに10cmほど短いと、安心して使用できます。大きすぎると悪天候時に蚊帳を伝って雨が侵入し、不快になってしまうかもしれません。

所有しているタープや張り方を考慮して選び、快適なスペースが確保できるようにしてください。

設営の方法と居住空間で選ぶ

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

蚊帳には、スクエア・フロアつき・吊り下げ式・ポップアップタイプなどいくつかの種類があります。スクエアタイプやフロアつきモデルは居住空間を最大限に活かせますが、設営に手間がかかる点がデメリット。吊り下げ式は設営がかんたんですが、空間が狭くなってしまいます。ポップアップタイプは使い方が限定されるものの、居住が快適です。

収納サイズや運搬方法、併用アイテムをクリアすれば設営がかんたんなものがおすすめ。このように、サイズだけではなく設営方法も重要なポイントとなります。

COGHLANS 『B.W.モスキートネット』

スクエアタイプで開放あり。

>> Amazonで詳細を見る

アウトドア用蚊帳5選|山岳写真家の荒井裕介さんのおすすめ

ここまでに紹介したアウトドア用蚊帳の選び方のポイントをふまえて、山岳写真家の荒井裕介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』

SeatoSummit『ナノモスキートピラミッドネットシングル』

出典:Amazon

サイズ 120×220×100cm
重量 82g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

虫除け加工がされたソロネット

Sea to Summitが提供する、バグネットシリーズのソロタイプ。一本吊りタイプなので設営がかんたんです。4辺ともに折り返しがあり、裾から侵入する虫を防ぎます。82gと軽量で、タープやツエルトに付加しても、じゅうぶん軽量といえるサイズが魅力的。晴天時であれば単体での使用も可能で、まさに夏の必需品といえる蚊帳です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』

COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』

出典:Amazon

サイズ 81×200×150cm
重量 280g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

コットからタープまで幅広くカバー

スクエアタイプで高さもあり、コットやキャンプベッド、タープ泊と幅広く対応しているタイプ。重量はありますが通気性がよく、夏場でも快適に過ごせます。高さがあるので頭や顔にまとわりつくこともなく、動きで裾を持ち上げてしまう心配も少ないので安心。

虫除け成分は塗布されていませんので、虫除け成分にアレルギーのある方でも、安心して利用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』

SeatoSummit『ナノモスキートピラミッドネットダブル』

出典:Amazon

サイズ 170×240×130cm
重量 137g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ふたり用でも軽量のモスキートネット

ソロタイプと仕様は変わりませんが、ふたり用の大型サイズでありながら137gと軽量。収納時のサイズもコンパクトで、大型のタープと相性がいいのも特徴です。家族やカップルでの使用にもこれがおすすめ。ソロタイプを2張り使用するよりも軽量で、装備の重量軽減にも最適です。また、虫除けスプレーが使えない小さなお子さんがいる場合にもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Lixada 『モスキートネット 蚊帳』

Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』 Lixada『モスキートネット蚊帳』

出典:Amazon

サイズ 200×65×60cm
重量 252g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

フロアつきのモスキートネット

フロアにジッパーがついた蚊帳は、まるでテントのインナーのような安心感があり、快適な睡眠を与えてくれます。さまざまなタープに設営が可能で、スペースが最小限ですむ点も魅力的。

蚊帳のなかに必要な装備を持ち込んでもフロアにじゅうぶんな広さがあるので、ネットの裾を気にする必要がなく安心して使用できます。価格もリーズナブルなため、蚊帳をはじめて使う方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

The Friendly Swede『モスキートネット』

TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』 TheFriendlySwede『モスキートネット』

出典:Amazon

サイズ 120×220×100cm
重量 160g

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ハニカムメッシュのモスキートネット

すべてのメッシュにいえることですが、ハニカム構造は各方向にかかる重力がスクエアタイプより分散するとされています。こちらは六角形のハニカムメッシュで、吊り下げタイプのモスキートネット。なんといっても魅力なのは価格です。夏場にしか使わないアイテムだからリーズナブルな商品がいい、という方にはまさにおすすめの商品です。

ペグも必要数が付属しており、吊り下げればすぐに使えるのも魅力。また、コンパクトになり携帯にも便利なスタッフサックも付属しています。使用頻度が少ない人にもおすすめできる価格帯と装備です。

「アウトドア用蚊帳」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』
COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』
Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』
Lixada 『モスキートネット 蚊帳』
The Friendly Swede『モスキートネット』
商品名 Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット シングル』 COGHLANS(コフラン)『B.W.モスキートネット』 Sea to Summit『ナノモスキートピラミッドネット ダブル』 Lixada 『モスキートネット 蚊帳』 The Friendly Swede『モスキートネット』
商品情報
特徴 虫除け加工がされたソロネット コットからタープまで幅広くカバー ふたり用でも軽量のモスキートネット フロアつきのモスキートネット ハニカムメッシュのモスキートネット
サイズ 120×220×100cm 81×200×150cm 170×240×130cm 200×65×60cm 120×220×100cm
重量 82g 280g 137g 252g 160g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

ポイントをおさえて快適なアウトドアライフを|山岳写真家からのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

蚊帳を選ぶときは、メッシュの大きさと全体のサイズを重視しましょう。次に、フロアの有無や自分の装備にコットなどがあるかどうか。さらに、小さいお子さんがいる場合は、虫除け効果の有無も追加しておくと安心です。蚊帳は春から秋まで長く使える装備なので、しっかりと選びましょう。

近年マダニの被害もあるため、アウトドアではマストのアイテムといってもいいでしょう。蚊帳を上手に利用して、より快適なアウトドアライフに役立ててください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


軽量登山用テントおすすめ7選|高コスパから本格的なモデルまで! 1000g以下も

軽量登山用テントおすすめ7選|高コスパから本格的なモデルまで! 1000g以下も

軽量でのアウトドアや登山を行うときにあると快適なのが、軽量登山用テントです。ただし、用途に合った選び方をしていないと、天候によっては役に立たなかったり、無駄にオーバースペックで運搬の邪魔になったりすることもあります。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだ軽量登山用テントのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。この記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野 栄さんへにお話をうかがい、レクタタープの選び方とおすすめの商品について解説していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ドームテントおすすめ12選|キャンプ初心者・ファミリーや大人数でも使える!

ドームテントおすすめ12選|キャンプ初心者・ファミリーや大人数でも使える!

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ドームテントを選ぶうえで知っておきたいポイントとおすすめ商品をうかがいました。大人数でのキャンプで活躍するドームテント。ひとつのテントにみんなで泊まれば、より一層仲が深まりそうですね。プロの目線からみたおすすめのドームテントをぜひチェックしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る