【EDM用スピーカー】のおすすめ商品5選!!|音楽・オーディオ評論家に聞く選び方

【EDM用スピーカー】のおすすめ商品5選!!|音楽・オーディオ評論家に聞く選び方
音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー
岩田 由記夫

東京都生まれ。6歳でエルヴィス・プレスリーを聴き音楽ファンになる。 1960年代中期は渋谷、赤坂、六本木などの音楽スポットを遊び歩いて過ごす。 1970年代から文筆活動に入り、平凡パンチ、週刊プレイボーイ、ミュジックライフ、FMレコパル、週刊FMなど数多くの雑誌に執筆。また、FMラジオの制作フや音楽プロデューサーとしても活動を開始した。 1980年代からはラジオDJとしてもFM東京、ラジオ日本、NHK-FM,JFN、dateFM,FM COCOLOで番組を持つ。現在はbayFM「ライフスタイル・レシピ」のDJ。1990年代からオーディオ評論家としてもステレオサウンド、プロサウンド、月刊ステレオに執筆。

今回ご紹介するEDM制作用のモニタースピーカーは、DJや楽曲制作者にとっての必需品と言えます。では、EDMをDTMで制作するには、いったいどんなポイントをおさえたスピーカーが適しているのでしょうか。音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんにお話をうかがい、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)をDTM(デスクトップ・ミュージック)で制作する際に適したスピーカーの選び方と、おすすめのスピーカーを紹介していきます。


EDM制作用スピーカーの選び方|音楽・オーディオ評論家に聞く

音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんにEDM制作に適したスピーカーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。初めてスピーカーを購入するという人もぜひ参考にしてみてください。

EDM用スピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

EDMの制作に適したスピーカーとは?

目的のサウンドにあったスピーカーが重要!

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

EDMとはエレクトロニック・ダンス・ミュージックの略です。広い意味ではDTMのいちジャンル。DTMとはデスクトップ・ミュージックの略です。ここではパソコンやミュージック・ソフトを使って音楽制作するのに適したおすすめのスピーカーをご紹介します。

DTMとEDMに大切なのは、趣味や遊びとして音楽を制作するのか、SNSなどで広く公開しプロ・ミュージシャンになりたいと考え制作するのか、どちらを目的とするのかです。プロをめざすならそれなりのスピーカーや機材が必要になります。趣味の範囲内なら自分好みの音色のスピーカーを選べばよいでしょう。

このように目的にあったスピーカーを選ぶことが重要になります。

Roland『MA-22』

まずは、自分がスピーカーを利用する目的を確認しましょう。

>> Amazonで詳細を見る

パワード・スピーカー(アクティヴ)かスピーカーのみ(パッシヴ)かを決める

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

DTM(EDM)用スピーカーにはアンプ内蔵のパワード・スピーカー(アクティヴ)とアンプの入っていないスピーカー(パッシヴ)の2タイプがあります。

趣味としてEDMを制作するならアクティヴでじゅうぶんです。しかしプロを目指して自分なりのサウンドを作りたいならスピーカー、およびそれに適したアンプを用意することをおすすめします。プロにとって音色はとても大切で、アンプが内蔵されていてただ鳴ればよいというものではありません。自分好みのサウンドを制作するためには、それなりの環境が必要なのです。

まずEDMを始めたいという方はアクティヴ・スピーカーではじめて、徐々に機材をグレードアップしていけばよいでしょう。

モニター・スピーカーの音色は無色透明がよい!

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

モニター・スピーカーに要求されるのは無色透明の音質です。

たとえば、有名なJBLのスピーカーにはJBL固有の音色の味付けがされています。その鳴り方はロックやジャズに適していますが、クラシックにはあまり向きません。逆にクラシックで有名なタンノイのスピーカーは、ロックの再生にはあまり適していません。

真っ白な紙ならどんな色を塗っても識別でき映えますが、着色された紙だと色の識別がつきにくくなります。それと同様にスピーカーもできるだけ無色透明のものを選ぶべきなのです。

FOSTEX『PM0.3H』

音楽のジャンルによって、どのスピーカーの音色が適しているかもまた変わってきます。

>> Amazonで詳細を見る

まずは自分の好きな音楽を鳴らしてみて製品を決める

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

プロのスタジオには、ほぼ無色透明のモニター・スピーカーが用意されています。しかしDTM(EDM)初心者には、無色透明なモニター・スピーカーは値段的に敷居が高いかもしれません。

まずは、購入予定のモニター・スピーカーで自分の好きな音楽を鳴らしてみることをおすすめします。その音源が自分好みな音色で再生できたならそのスピーカーを選ぶのがいいでしょう。DTM(EDM)で自己制作した音が、自分好みに鳴ってくれるはずです。

それから徐々に学んで、プロを目指すならプロ用のモニター・スピーカーにグレードアップするのが最良の道です。

おすすめのEDM用スピーカー5選|音楽・オーディオ評論家が厳選

上で紹介したEDM用スピーカーの選び方のポイントをふまえて、実際に音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MACKIE『CR3』

MACKIE『CR3』 MACKIE『CR3』 MACKIE『CR3』 MACKIE『CR3』 MACKIE『CR3』 MACKIE『CR3』

出典:Amazon

低音
再生周波数帯域 80Hz~20KHz

Thumb lg b41bd060 2706 4005 a33b ba4124c213da

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

安価なアクティヴ・スピーカー

とにかく安価で入手できます。値段の割には外見も構造も良くできた2WAYスピーカーでこの価格にしては大容量と言える50Wのパワーアンプを搭載するアクティヴ・スピーカー。

デザインもブラック基調でプロ志向のものに仕上がっています。アンプが内蔵されている方のスピーカーを左右どちらでも設置できるようになっているのも親切です。入門者向けには最適と言えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Roland『MA-22』

Roland『MA-22』

出典:Amazon

低音
再生周波数帯域 80Hz ~ 20kHz

Thumb lg b41bd060 2706 4005 a33b ba4124c213da

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

プロも好むローランド! 入門者にもぴったりな商品

シンセサイザーやモニタースピーカーなどでプロも愛用する製品の多いローランドの入門的モニタースピーカー。完全な無色透明とは言えないまでも、入門者にはじゅうぶんな音質です。DTM(EDM)政策にシンセサイザーも使用している方ならさらにおすすめできます。

サイズも手ごろでデスクトップにはちょうど良いサイズです。いかにもメカっぽいデザインが好きな方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FOSTEX『PM0.3H』

FOSTEX『PM0.3H』 FOSTEX『PM0.3H』 FOSTEX『PM0.3H』 FOSTEX『PM0.3H』 FOSTEX『PM0.3H』 FOSTEX『PM0.3H』

出典:Amazon

低音
再生周波数帯域 110Hz〜40kHz

Thumb lg b41bd060 2706 4005 a33b ba4124c213da

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

明るい音色が特徴のスピーカー

家庭用高級スピーカーやスピーカー自作マニアに愛される、ユニット販売もするフォステックスのDTM(EDM)用スピーカー。無色透明ではありませんが、フォステックスならではの明るい音色にファンも多いスピーカーです。

アクティヴ・スピーカーで15W+15Wのアンプを内蔵しています。もう少しパワーがほしいところですが、入門者にはじゅうぶんな容量と言えるでしょう。明るい音色で制作したい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『HS5』

YAMAHA『HS5』

出典:Amazon

低音
再生周波数帯域 54Hz - 30kHz (-10dB) / 74Hz - 24kHz (-3dB)

Thumb lg b41bd060 2706 4005 a33b ba4124c213da

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

無色透明の音色が楽しめる名機

1980年代~90年代、世界中のスタジオでYAMAHAのモニターは標準装備として使われ、いまだに装備しているスタジオもあります。その名機の血を引く製品だけあって、音色はモニター向きの無色透明に近くなっています。

45W+25Wのバイアンプ構成というのも、値段の割には本格的です。ウーハーが真っ白なのはYAMAHAのモニターの伝統です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AURATONE『5C Super Sound Cube』

AURATONE『5CSuperSoundCube』 AURATONE『5CSuperSoundCube』 AURATONE『5CSuperSoundCube』 AURATONE『5CSuperSoundCube』

出典:Amazon

低音
再生周波数帯域 -

Thumb lg b41bd060 2706 4005 a33b ba4124c213da

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

プロ志向の人におすすめのスピーカー

YAMAHAが世界のスタジオ市場を席巻する前は、このスピーカーが世界標準モニター・スピーカーでした。1970年代末~1980年代、日本を含む世界中のスタジオに設置されていました。このスピーカーによって最終的な音決めをされたイーグルスやザ・ローリング・ストーンズの作品など歴史的名盤も数多くあります。

パワード(アクティヴ)でなくドライヴするには高出力のアンプが必要ですが、モニターとしては魅力的で、プロ志向のユーザーにぜひおすすめしたいスピーカーです。

「EDM用スピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MACKIE『CR3』
Roland『MA-22』
FOSTEX『PM0.3H』
YAMAHA『HS5』
AURATONE『5C Super Sound Cube』
商品名 MACKIE『CR3』 Roland『MA-22』 FOSTEX『PM0.3H』 YAMAHA『HS5』 AURATONE『5C Super Sound Cube』
商品情報
特徴 安価なアクティヴ・スピーカー プロも好むローランド! 入門者にもぴったりな商品 明るい音色が特徴のスピーカー 無色透明の音色が楽しめる名機 プロ志向の人におすすめのスピーカー
低音
再生周波数帯域 80Hz~20KHz 80Hz ~ 20kHz 110Hz〜40kHz 54Hz - 30kHz (-10dB) / 74Hz - 24kHz (-3dB) -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

音楽・オーディオ評論家からのアドバイス

モニタースピーカーの音色はできるだけ無色透明なものがベター

音楽/オーディオ評論家、音楽プロデューサー

DTM(EDM)用スピーカーには数千円から何十万円もするものまで数多くあります。初心者であれば、1万円台でアンプ内蔵型(アクティヴ)が設置も簡単なのでおすすめです。一方で、将来プロのミュージシャンをめざすのなら、最低でもオーラトーンなどのクラスを選びましょう。現代のオーディオ機器では、実際に手で持って重量がある方がいいという意見もあります。

趣味としてDTM(EDM)を楽しむなら、PCオーディオ用にも使えるものがいいでしょう。自分の好みの音色を選んでも問題ありませんが、人に聴かせるなら音色は無色透明がよいでしょう。聴いてもらう人のスピーカーと自分のスピーカーの相性が悪いと、良音で鳴ってくれないことがあるためです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:kazuya-shibata、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/28 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

本記事ではオーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、おしゃれなデザインで音質のいいコンポの選び方、おすすめ12選をご紹介していただきました。最近では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレス化、音質にこだわるなら欠かせないハイレゾ対応されたモデルが多く、性能や使い勝手が格段に向上しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

オーディオライターでAV機器に詳しい折原一也さんへの取材をもとに、2020年版ホームシアタースピーカー21選をご紹介します。初心者の方にも役立つバータイプスピーカーやサラウンドスピーカーの商品をご紹介しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

音楽・オーディオ評論家が選ぶ小型スピーカー5選をご紹介します。音楽を聴くのが趣味で、小型スピーカーを探している人はいませんか。小型スピーカーはさまざまなメーカーが出しており、ブックシェルフ型パッシブスピーカーやアンプ内蔵アクティブスピーカーなど、製品にもそれぞれの特徴があります。この記事では、音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんにお話をうかがい、おすすめの小型スピーカーについて教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2020最新】Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンおすすめ18選&選び方|高コスパから人気モデルまで!

【2020最新】Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンおすすめ18選&選び方|高コスパから人気モデルまで!

この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんへの取材をもとに、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめ商品18選をご紹介していきます! 最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます注目が高まる予感。高コスパ、高音質、長時間連続再生などおすすめの人気モデルを厳選! 通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る